Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • April 1942 Germans.

    1942年4月 ドイツ軍

  • Vicious blitzkrieg continues to push deep into Soviet territory in the north.

    凶悪な電撃戦は、北のソ連領に深く押し寄せ続けています。

  • The German armies air pushing forward with the ultimate goal being the sacking of Moscow, the seat of Soviet power in the south, that German offensive pushes for strategically important oil fields.

    ドイツ軍は、最終的な目標は南方のソビエト勢力の拠点であるモスクワを陥落させることであり、ドイツ軍の攻撃は戦略的に重要な油田のために押し進めている。

  • If the Germans reach Moscow, the Soviet will, the fight could crumble and the nation lost.

    ドイツ軍がソ連の意志でモスクワに到達すれば、戦いは崩壊し、国家は失われる可能性がある。

  • If the Germans reached the southern oilfields, no amount of will power will be enough to stop a German offensive.

    ドイツ軍が南の油田に到達した場合、いくら意志の力があってもドイツの攻勢を止めることはできない。

  • When the oil is dried up, the Soviet Union is in dire straits.

    油が枯渇すると、ソ連は窮地に陥る。

  • Indeed, American shipments of food, clothing, equipment and ammunition are keeping the Red Army on its feet.

    実際、アメリカの食料、衣類、装備品、弾薬の出荷は、赤軍の足元を固めている。

  • In fact, most Red Army soldiers hitch a ride to the front on American built trucks.

    実際、赤軍の兵士のほとんどはアメリカ製のトラックに乗って前線に向かっています。

  • Every week, thousands of tons of American aid arrives in the Soviet ports still able to receive the ships.

    毎週、何千トンものアメリカの援助が、まだ船を受け取ることができるソ連の港に到着します。

  • But the one thing America can't provide for the Soviet Union is soldiers with the will toe win.

    しかし、アメリカがソ連に提供できないのは、つま先で勝つ意志を持った兵士たちだ。

  • Luckily for the Soviets, mother Russia has at least one aviator who doesn't know the meaning of the word.

    ソビエトにとっては幸いなことに、母なるロシアには少なくとも一人は意味を知らない飛行士がいる。

  • Quit high above the front lines.

    前線より高いところで辞めろ

  • Now only a couple 100 kilometers from Moscow Soviet aviator Alexey Morrissey f scans the skies for enemy aircraft.

    今、モスクワからわずか100キロの距離にある ソビエトの飛行士アレクセイ・モリッシーが 敵機を探しに空をスキャンしています。

  • He's a relatively young pilot, having been flying combat missions for only a few months.

    彼は比較的若いパイロットで、数ヶ月間しか戦闘任務に就いていない。

  • But already Morrissey F has distinguished himself with three enemy aircraft down in as many months, the Soviet air forces up against the legendary love to offer combat veterans from the skies over Western Europe, many of them veterans.

    しかし、すでにモリッシーFは、多くの月のようにダウン3つの敵機と自分自身を区別している、西ヨーロッパの空から戦闘のベテランを提供するために伝説的な愛に対してソ連空軍は、それらの多くは、ベテラン。

  • The failed Battle of Britain, the campaign to subdue Britain from the sky and prepare it for an invasion may have failed.

    失敗したイギリス戦、空からイギリスを制圧して侵略に備える作戦は失敗したかもしれない。

  • But the German air force has cut its teeth on British Spitfires, and now many of its most veteran aces prowl the skies over the Soviet homeland.

    しかし、ドイツ空軍はイギリスのスピットファイヤーに歯を食いしばり、今では最もベテランのエースの多くがソ連の祖国の空を徘徊しています。

  • Marissa flies Yakovlev Yak one, a comparatively primitive aircraft versus the German Messerschmitt 109 The German Messerschmitt features a liquid cooled engine and an all metal construction second only to the Japanese zero.

    マリッサは、ドイツのメッサーシュミット109と比較して比較的原始的な機体であるヤコブレフ・ヤックワンを操縦します。ドイツのメッサーシュミットは、日本のゼロに次ぐ水冷エンジンとオールメタル構造を特徴としています。

  • In performance at the start of the Second World War, the Soviets have been fighting a losing war with shrinking resource is and are short on everything but men.

    第二次世界大戦開始時のパフォーマンスでは、ソビエトは縮小した資源で負け戦を戦ってきたし、人以外のすべてのものが不足している。

  • The Jack one represents this reality, with metal being a precious resource.

    ジャック・ワンは、金属が貴重な資源であるという現実を表しています。

  • The jack, one features would imply would wings the lack of standardized equipment and scarcity of resource is means that each aircraft is built with incredibly loose tolerances.

    ジャックは、1つの特徴は、標準化された装備の欠如と資源の希少性は、各航空機が信じられないほど緩い公差で構築されていることを意味するだろう翼を意味します。

  • After coming off the assembly line, a jack one could have landing gear of different lengths, and the wing set it on equal angles.

    組み立てラインを降りた後、ジャッキ1は異なる長さの着陸装置を持つことができ、翼はそれを等角に設定します。

  • Final adjustments have to be made right before delivery to the front lines.

    最終的な調整は、最前線に納品する直前に行わなければなりません。

  • The shoddy construction leads to many accidents and yet also makes the jack one extremely light and maneuverable.

    粗悪な構造は多くの事故につながりますが、ジャッキ1は非常に軽く、操縦性にも優れています。

  • Skilled Soviet pilots like Marie CF learned to use this to their advantage against the superior, armed and armored Messerschmitts they face.

    マリーCFのような熟練したソ連のパイロットは、彼らが直面している優れた武装と装甲のメッサーシュミットに対して有利に使用するためにこれを使用することを学んだ。

  • Today, Morrissey F and his squadron find themselves against the flight of German fighters escorting light bombers.

    今日、モリッシーFと彼の戦隊は、軽爆撃機を護衛するドイツの戦闘機の飛行に対して自分自身を見つける。

  • Immediately, the Soviets leapt to the attack, but the Messerschmitts are built tough and could take a pounding.

    すぐにソビエトは攻撃に躍起になったが、メッサーシュミットはタフに作られており、打撃を受ける可能性があった。

  • To make matters worse, the Jack one features less and lighter machine guns, the Soviet philosophy being that they prefer accuracy from their pilots and maneuverability over brute strength.

    さらに悪いことに、ジャック1は、より少なく、より軽いマシンガンを特徴としており、ソ連の哲学は、彼らは彼らのパイロットからの精度を好むということであり、操縦性は、ブルートの強さよりも、より正確である。

  • Morrissey EVs Yak One is outgunned by the German fighters, and Sunni finds himself in a fiery dive to the frozen woods below, coaxing what little control is left in the aircraft.

    モリッシーEVsヤク1はドイツの戦闘機に負けている、とスンニは、航空機に残されているものは少し制御を賺して、下の凍った森に激しいダイブで自分自身を見つけることができます。

  • He manages to bring the nose up just enough to avoid pancaking into the ground below, and the yak one crashes through the tall trees.

    彼は下の地面にパンケーキを避けるのに十分なだけの鼻を持って来ることに成功し、ヤク1は高い木を通ってクラッシュします。

  • Morrissey, of his violently thrown out of his cockpit, losing consciousness instantly as he comes to a dull pain, shoots up his legs.

    モリッシーは、激しく彼のコックピットから放り出された彼の、鈍い痛みに来るように瞬時に意識を失い、彼の足を撃ち上げる。

  • He's surprised to be alive.

    生きていることに驚いている。

  • But with the Soviet winter still not relinquishing its hold on the land to spring, he won't be alive for much longer if he doesn't move fast.

    しかし、ソビエトの冬がまだ春への大地の支配を手放さない中、彼は早く動かないと長くは生きられないだろう。

  • To make matters worse, he's crash landed behind enemy lines, and no doubt a German patrol will eventually come looking for a survivor.

    さらに悪いことに、彼は敵陣の後ろに不時着していて、ドイツ軍のパトロールが生存者を探しに来るのは間違いない。

  • After having seen the dramatic crash, Morrissey have attempts to stand up and immediately regrets it.

    劇的なクラッシュを見た後、モリッシーは立ち上がってすぐにそれを後悔しようとしています。

  • His legs refused to cooperate, dragging them out of the thick snow.

    彼の足は協力することを拒み、厚い雪の中から引きずり出した。

  • He realizes he shattered both of them in the crash.

    彼は事故で二人を粉々にしてしまったことに気づく。

  • The severe winter cold has thankfully numbed them, or else the pain would surely be enough to black him out again.

    厳冬の寒さはありがたいことに彼らを麻痺させてしまったのだが、そうでなければまた彼をブラックアウトさせてしまうほどの痛みがあることは間違いない。

  • Things don't look good for his legs.

    彼の足には良くないようだ

  • He doesn't get help.

    彼は助けを得られない

  • Soon, he doubts he'll be able to keep them.

    すぐに、彼は彼らを飼うことができるかどうか疑っている。

  • Luckily, his arms are relatively uninjured, and with incredible effort, Mauricio begins to crawl forward.

    幸いにも彼の腕は比較的怪我をしておらず、信じられないほどの努力をして、マウリシオは前に這い出します。

  • He thinks about the last thing he saw before crashing, building a mental picture of the landscape below his aircraft as he plots a direction of travel back to friendly lines.

    彼は墜落する前に最後に見たものを考え、友好的なラインに戻って進行方向を計画しながら、飛行機の下の風景の心象風景を作り上げる。

  • The mental exercise helps keep his mind off the incredible pain from what he could remember.

    精神的な運動をすることで、覚えていることから信じられないような痛みを抑えられるようになります。

  • If the landscape he's now crawling through he needs to travel North East to reach friendly lines.

    今、彼が這いずり回っている風景が、友好的なラインに到達するためには、北東に移動する必要があります。

  • Bad news is he can't walk, and he's gonna have to crawl every agonizing inch of the way back to safety.

    悪いニュースは 彼が歩けないことだ 安全な場所まで 苦痛を感じながら 這うことだ

  • Murray CF has only a few emergency rations.

    マレーCFは非常食が少ない。

  • Luckily, the abundant snow gives him plenty of what he needs the most.

    幸いなことに、豊富な雪は、彼が最も必要とするものを十分に与えてくれます。

  • Though water, it's a major risk to eat snow, but he has little choice.

    水とはいえ、雪を食べるのは大きなリスクだが、彼には選択の余地がない。

  • The frozen snow may drop his core body temperature and bring him closer to hypothermia.

    凍った雪は彼の体温を下げ、低体温に近づけるかもしれません。

  • But if he doesn't get water into his body, blood loss and dehydration will kill him before starvation or German soldiers will.

    しかし、水分を体内に入れないと、飢餓やドイツ兵が死ぬ前に失血と脱水症状で死んでしまう。

  • The crawling is absolutely exhausting, the pain breathtaking.

    這うのは絶対に疲れるし、痛みは息を呑むほどだ。

  • Yet Morrissey have refuses to quit, and in the first day alone crawls a few 100 m.

    まだモリッシーは、辞めることを拒否しているし、初日だけでいくつかの100メートルをクロールします。

  • It's painfully slow going, but he only has a few miles to go to get back to friendly lines.

    痛いほど遅いが、友好的なラインに戻るにはあと数マイルしかない。

  • Morrissey have realizes he has yet another huge problem, though he can't crawl to any of the known Soviet positions as he'll be spotted by the Germans long before he gets there.

    モリッシーは、彼がそこに着くずっと前に、彼はドイツ軍によって発見されるだろうとして、彼は知られているソ連の位置のいずれかにクロールすることはできませんが、彼はまだ別の大きな問題を持っていることに気付いている。

  • Instead, he'll have to crawl through the forest to remain hidden.

    その代わり、彼は森の中を這って隠れていなければならない。

  • Then, once he believes he's behind, friendly lines, crawl out of the forest and toward where he hopes spread army positions will be.

    その後、一度彼は彼が後ろにいると信じて、友好的なラインは、森の中から這い出て、彼は軍の位置が広がることを期待している場所に向かって。

  • In essence, he's adding miles to his already difficult journey.

    本質的には、彼はすでに困難な旅にマイルを追加している。

  • But Morrissey F has no other choice.

    しかし、モリッシーFは他に選択肢がない。

  • It's officially do or die time, and Alexi Morrissey F has zero quit in him during the day.

    公式にはDO OR DIE TIMEとなっており、アレクシ・モリッシーFは日中の辞め方がゼロです。

  • Morrissey have digs himself into snow drifts in order to stay hidden.

    モリッシーは、隠された滞在するために雪のドリフトに自分自身を掘っている。

  • Snow is an incredibly good insulate er, and he manages to keep warm despite the grip that winter still has on the land.

    雪は信じられないほど良いインシュレートerであり、彼は冬がまだ土地に持っているグリップにもかかわらず、暖かさを保つために管理しています。

  • Traveling at night, he stays out of sight of any Germans that stray too close.

    夜間に旅をしていて、ドイツ人が近づきすぎても見えないようにしています。

  • Morrissey have rations what little food he has supplemented his meager diet with edible roots and even tree bark.

    モリッシーは、彼が食用の根や木の皮で彼の貧弱な食事を補っているものは少しの食べ物を配給しています。

  • He allows snow to melt in his mouth before swallowing the water so he can keep his core body temperature stable, and he treats his wounds as best he can during his frequent rests.

    水を飲み込む前に口の中で雪を溶かしてから水を飲ませることで体の芯温を安定させ、頻繁に休んでいる間にできるだけ傷口の治療をしている。

  • Surprisingly, he's in pretty good shape after a crash from 10,000 ft in the air.

    意外にも、1万フィートからの墜落でかなり調子がいい。

  • Other than his legs, that is, Even if he managed to receive immediate medical attention, it's doubtful he'd be able to keep both legs.

    足以外は、つまり、すぐに治療を受けられたとしても、両足を維持できるかどうかは疑問です。

  • With several days of crawling through the snow behind him, Morrissey F is growing increasingly confident that he'll end up losing both of his mangled legs.

    雪の中を何日も這って歩いてきたことで、モリッシーFは、自分の両足を失うことになるのではないかと、ますます自信を深めています。

  • Frostbite has set in on his feet, even as the cold helps numb the pain and keeps his infection from settling in.

    凍傷が足に定着していますが、寒さで痛みがしびれ、感染症が定着しないようにしています。

  • Yet the weather is slowly turning, and by the time Mauricio begins his nightly crawl, the snow is just barely starting to refreeze after turning the slush during the daytime sun.

    それでも天気はゆっくりと変わりつつあり、マウリシオが毎晩這い始める頃には、日中の太陽の下で雪はスラッシュになり、再凍結が始まるのがやっとの状態になっている。

  • All the moisture is not just pushing.

    すべての水分はただ押しているだけではありません。

  • Morrissey have closer to hypothermia but allowing infection to set in on his devastated legs.

    モリッシーは低体温症に近いが、感染症が彼の荒廃した足に設定することができます。

  • Alexi Morrissey F.

    アレクシー・モリッシーF

  • Has now been crawling to safety for over two weeks.

    2週間以上前から安全な場所へ這いつくばるようになりました。

  • His food has long since run out, and he continues to scavenge what he can.

    彼の食料はとっくに尽きており、できる限りのものを漁り続けている。

  • But the forest offers little more than tough tree bark to chew on.

    しかし、森には噛みしめるだけのタフな木の皮しかありません。

  • His legs are beyond saving.

    彼の足は救いようがありません。

  • Now Maurice CF can smell the sickly sweet smell of rot setting in.

    これでモーリスCFは腐ったような甘い匂いがするようになった。

  • He's put tourniquets on both his legs to prevent the infection from traveling to the rest of his body through the bloodstream.

    両足に止血帯をつけて血流を通した感染を防いでいる

  • But there's no telling how successful such crude measures air going to be.

    しかし、このような粗雑な対策がどれだけ成功するかは分からない。

  • Marcy F.

    マーシーF.

  • Has already accomplished to the impossible, surviving 18 days in the wilderness and crawling with serious injuries several miles across the frozen forest.

    荒野で18日間を生き延び、凍った森を越えて数マイルの重傷を負って這いつくばるという不可能なことをすでに達成している。

  • But he's not ready to quit just yet.

    しかし、彼はまだ辞める気にはなれない。

  • Not as long as there's invading Germans, destroying his homeland and killing his people.

    ドイツ軍が侵攻して祖国を破壊して国民を殺すほどではない

  • The will is strong, but the body is failing.

    意志は強いが、身体は破綻している。

  • And just as Mauricio fears, he's going to lose consciousness for the last time, he surprised to discover several civilians rushing toward him.

    そして、マウリシオが最後に意識を失ってしまうのではないかと心配していた矢先、彼は何人かの民間人が彼に向かって殺到しているのを発見して驚く。

  • There, residents of a nearby village shocked and horrified to discover the down Soviet aviator, loading him up into a wooden sled.

    そこに、近くの村の住民がショックを受け、木のそりに彼をロードして、ダウンソビエトの飛行士を発見するためにゾッとした。

  • The Villagers rushed him to a nearby Soviet military camp.

    村人たちは彼を近くのソ連軍の収容所に急行させた。

  • Murray CF has done it.

    マレーCFがやってくれました。

  • He survived 18 days behind enemy lines and crawled miles back to safety.

    彼は敵陣に隠れて18日間を生き延び、何マイルも這って安全な場所に戻ってきました。

  • After his incredible feat of endurance and survival, Alexey Marcia would receive much needed medical care.

    彼の信じられないほどの忍耐と生存の偉業の後、アレクセイ・マルシアは非常に必要とされる医療を受けることになります。

  • Unfortunately, he would lose both legs to gangrene, but Morrissey F would refuse to allow his injuries to leave him out of the fight.

    残念ながら両足を壊疽で失うことになるが、モリッシーFは彼の怪我を放置することを拒否するだろう。

  • The Soviet union's toughest fighter pilots still had plenty more Germans to kill as soon as he was fitted with prosthetics.

    ソビエト連邦で最もタフな戦闘機パイロットは、義肢装具を装着した途端にドイツ人を殺すことができた。

  • Morrissey have demanded he be returned back to his old unit and allowed to fly again.

    モリッシーは、彼を元の部隊に戻し、再び飛行することを許可するよう要求しています。

  • Doubtful of his abilities.

    彼の能力を疑っている

  • Given his physical state, the Red Army would put Marissa back through ground and air training before, at last approving him for flight duty on June 1943.

    赤軍はマリッサを地上と航空の訓練に復帰させ、1943年6月にようやく飛行任務に就くことを認めた。

  • Morrissey have would once again be back in the cockpit of a Yak one, earning an additional seven kills by the end of the war and bringing his total count to 11 down enemy fighters.

    モリッシーは再びヤク1のコックピットに戻ってきて、戦争の終わりまでに追加の7つのキルを獲得し、11ダウンの敵戦闘機に彼の合計カウントを持って来るだろう。

  • Alexey Marie CF would go on to earn the Gold Star, the highest military honor in the Soviet Union, for his incredible feat of survival and battle prowess, both with no more Germans to shoot down.

    アレクセイ・マリーCFは、撃墜するドイツ軍がいなくなったことで、彼の信じられないほどの生存能力と戦闘能力が認められ、ソビエト連邦で最高の軍事的栄誉である金星を獲得することになります。

  • Morrissey have retired from the military one year after the war and would go on to live a relatively quiet and uneventful life, clearly having packed an entire lifetime's worth of excitement in trouble into an 18 day freedom track behind enemy lines.

    モリッシーは戦後1年で軍を退役し、比較的静かで何事もない生活を送っていたが、明らかに敵陣の裏での18日間のフリーダム・トラックに、トラブルに見舞われながらも一生分の興奮を詰め込んでいた。

  • A book written of his exploits, however, would go on to become mandatory reading in many Soviet schools lasting to this day.

    彼の功績について書かれた本は、しかし、今日まで続いている多くのソ連の学校で必読書になるために行くだろう。

  • Now go watch this.

    これを見てこい

  • The insanely crazy story of a tiny soldier or click this other video instead.

    小さな兵士の非常にクレイジーな物語、または代わりにこの他のビデオをクリックしてください。

April 1942 Germans.

1942年4月 ドイツ軍

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ドイツ ソ連 ソビエト 戦闘 飛行 意志

ドイツ軍が殺せなかった「ターミネーター」兵士 (The ‘Terminator’ Soldier the Germans Couldn't Kill)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 31 日
動画の中の単語