Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • October 22, 1962.

    1962年、10月22日。

  • US President John F Kennedy deploys a fleet of warships to Cuba.

    アメリカ大統領のJ・F・ケネディはキューバに戦艦を派遣します。

  • To intercept Soviet cargo ships, which are already on the way, transporting nuclear missiles to the island.

    これは核兵器を積んですでに同国に向かっていたソ連の貨物船を止めるためのものでした。

  • Kennedy strategically called the impending showdown:

    ケネディ大統領はこの差し迫った決戦を称して、

  • "A strict quarantine of all offensive military equipment.”

    「全ての兵器に対する厳格な隔離」と呼びました。

  • What it really was, was a blockadewhich is an act of aggression.

    実際のところは、正当な理由のない攻撃である封鎖行為でした。

  • One wrong move on either side would trigger an all out nuclear war.

    まさに両者一触即発、世界核戦争の一歩手前まで行ったのです。

  • And it all started here, a week earlier.

    それは1週間前のここから始まりました。

  • With an aerial photograph that doesn't seem to show much, unless you're looking for something specific.

    この空中写真は一見何とも無いように見えますが、じっくり見るとあるものが見えてきます。

  • Pretty much immediately following the allied victory in World War II, the United States and Soviet Union became bitter enemies,

    第二次世界大戦で同盟を組み勝利したほぼすぐ後に、アメリカとソ連は敵対関係に入り込みました。

  • kicking off a decades-long struggle for global influence known as theCold War”.

    その結果何十年にも渡る「冷戦」状態が続き、世界中に大きな影響を与えました。

  • Espionage and intelligence were at the center of this conflict, most crucially surrounding the mutual buildup of nuclear arsenals capable of unprecedented levels of destruction.

    諜報行為や機密情報管理がこの冷戦の中心となりましたが、特に双方が未曽有の破壊行為を実現させる可能性を持つ核兵器の開発を行っている事に関して緊張が高まっていたのです。

  • But the US initially had a hard time keeping track of their nemesis.

    しかし、アメリカは当初ライバル国の現状を把握するのに苦労していました。

  • The Soviet Union was notoriously secretive, and hid itself, and its actions from the world.

    ソ連は徹底した秘密主義で知られており、国家活動そのものを世界から隠していました。

  • "An iron curtain has descended across the continent."

    「この大陸に鉄のカーテンが引かれました」

  • Nobody knows what Soviet Russia intends to do in the immediate future."

    「近い将来、ソビエトロシアが何を企てているのか、誰にも分からない状況です」

  • Then-US President Dwight D Eisenhower saw a solution that built on experimental intelligence gathering from World War II:

    当時のアメリカ大統領、ドワイト・D・アイゼンハワーは第二次世界大戦中に収集した実験的情報を基に解決策を編み出しました。

  • Aerial photo analysis.

    それが空中写真です。

  • In the late 1950s, the new high-altitude U-2 spy plane took photo reconnaissance to the next level.

    1950年代後半に登場した、新型高度U-2スパイ飛行機が写真偵察活動のレベルを上げたのです。

  • It was equipped with a powerful camera and could fly at a staggering height of 70,000 feet or roughly 13 miles above Earth's surface.

    高性能カメラを搭載し、高度は驚異の7万フィートまで飛行が可能ですが、これは地表面からおよそ13マイルの高さです。

  • These cameras are described as capable of spotting a golf ball on a putting-green from 40,000 feet.”

    「このカメラは、4万フィートの高さからグリーン上のゴルフボールを映し出すことができるとされています」

  • In 1961, Eisenhower authorized the creation of a new surveillance arm of the CIA:

    1961年、アイゼンハワーはCIAに新しく監査部署の設立を認定し、

  • the National Photographic Interpretation Center, or NPIC.

    これは国家写真判読センター、通称NPICと呼ばれました。

  • This small team of photo interpreters was trained in photogrammetry the science of determining measurements from photographs.

    写真測量の専門家が集まった小規模のチームが、写真を科学的に分析するための部署でしたが

  • Using this method, an expert photo interpreter could identify specific equipment hidden in the tiny details of photographs

    この方法を使って、写真解析の専門家が、写真の中に潜んだ小さな情報から特定の設備を割り出すことが可能になったのです。

  • and recognize signs of nuclear missile site construction.

    そして、核兵器開発施設の兆候も見逃すことがないと期待されたのです。

  • So what's all this got to do with Cuba?

    では、これとキューバと何の関係があるのでしょうか?

  • After the failed Bay of Pigs invasion in 1961, where the US attempted to overthrow Cuba's communist government, ties between the Soviet Union and Cuba strengthened.

    アメリカがキューバの共産政府打倒を試みた1961年のピッグス湾事件の失敗の後、ソ連とキューバのつながりは強まりました。

  • The US worried that the Soviets might use Cuba as a nuclear missile base.

    それを見て、アメリカはソ連がキューバを核ミサイル基地として利用するかも知れないと危惧したのです。

  • If so, they would suddenly have the Western Hemisphere within range of nuclear weapons.

    そうなると、あっという間に西半球が核兵器の照準範囲内に入ってくるのです。

  • The CIA began flying U-2 missions over Cuba and bringing the imagery to the NPIC,

    CIAはU-2飛行機のミッションをキューバ上空で実行し、撮影した画像をNPICに持ち込みました。

  • whose photo interpreters pored over every detail, searching for evidence of Soviet presence on the island.

    そこで写真判別専門家がキューバ国内におけるソ連の存在を裏付ける証拠を探していったのです。

  • It was like looking for a needle in a mile-long haystackthat's how much film a single U-2 mission yields, covering huge amounts of land.

    1回のU-2ミッションで大量に集められた国内全土に渡る映像をくまなくチェックしていったこの作業は、まるで藁の山の中に埋まった針を探すようなものでしたが、

  • But on October 15th, 1962, Dino Brugioni, a senior photo interpreter, found something.

    1962年10月15日、写真分析主任のディーノ・ブルジョーニがある発見をしました。

  • This photo proved, beyond doubt, that the Soviets were building nuclear missile sites in Cuba.

    この写真は、間違いなくソ連がキューバ国内に核ミサイル基地を建設していることを暴き出したのです。

  • Brugioni identified military tents and trucks, arranged in known-Soviet patterns.

    ブルジョーニは軍のテントやトラックが、ソ連式として知られているパターンで配置されているのに気付いたのです。

  • Launcher equipment.

    発射台施設があって

  • And, most critically, missile transport trailers measuring 65 feet in length.

    最も重要なのは、65フィートの長さを持つミサイル輸送トレーラーの存在も見られました。

  • Which, when compared to a photo taken in Moscow, made it a perfect match for the Soviet SS-4,

    これはモスクワで撮影された写真と比べてもSoviet SS-4ミサイルと完全に合致するのです。

  • which had a range of 1,100 nautical miles, meaning American cities as far as Washington, DC would be in reach.

    このミサイルは1100海里を射程距離に持ち、ワシントンDCまでも十分届くことになるのです。

  • When the NPIC briefed Kennedy on what they'd found, the president ordered a scaling up of U-2 missions to photograph and analyze all of Cuba.

    NPICがケネディにこの発見を伝えたところ、大統領はU-2ミッションの規模拡大を命令し、キューバの現状をより深く分析し始めました。

  • Photo analysts updated Kennedy daily and in secret on their progress, which gave them time to decide how to confront the Soviet Union.

    写真分析結果は毎日のようにケネディの元に極秘裏に届き、この情報を基にソ連への対峙方法が練られました。

  • Given the evidence, Kennedy was strongly advised to launch air strikes against the missile sites and invade Cuba.

    証拠があるのを踏まえ、ケネディにはミサイル基地を空爆してキューバに侵攻するアドバイスが与えられましたが、

  • But he took a more measured approach with his "strict quarantine of all offensive military equipment.”

    ケネディは「全ての兵器に対する厳格な隔離」ポリシーに則って、より思慮深いアプローチを取ったのです。

  • Which kicked off 6 intense days between the US and the Soviet Union,

    これがアメリカとソ連の緊張の6日間の始まりとなりました。

  • with Soviet Premier Nikita Krushchev calling Kennedy's movean act of aggression that pushes mankind to the abyss of world nuclear missile war.”

    ソ連の最高指導者ニキータ・フルシチョフは、このケネディの動きを指して「人類を深い核兵器戦争に陥れる攻撃的な行為だ」としました。

  • "Round the clock processing of their film shows that work on the missile sites is being accelerated."

    「時系列に示された映像では、ミサイル施設の建設に拍車がかかったことが見て取れます」

  • The damning photos were revealed to allies at the United Nations, as the US military rapidly mobilized and was placed on high alert, and Cuba prepared for another invasion.

    決定的証拠となった写真は国連同盟国にも配布され、アメリカ軍が迅速に動員され最高レベルの緊急事態が宣告される一方で、キューバ側も再度の侵攻に備え始めました。

  • But when Soviet freighters reached the quarantine line….

    ところが、ソ連の貨物船が検疫境界線に近づいたところ…

  • "A Soviet-chartered vessel Amaruchla is stopped, boarded, and inspected, then cleared to proceed to Cuba."

    「ソ連がチャーターしたアマルクラ号は停止されて船内検査が入りましたがそのままキューバへの入国が認められました」

  • "Apparently the Soviet vessels loaded with offensive weapons have turned back."

    「攻撃武器を積んだ船舶はソ連に引き返したとのことです」

  • A few days later, Kennedy received a message from Kruschev.

    数日後、ケネディはフルシチョフからメッセージを受け取りましたが、

  • The Soviet Union had agreed to withdraw from Cuba in exchange for the US removing missiles it had placed in Turkey and Italy.

    そこには、ソ連はアメリカがトルコとイタリアに設置したミサイル施設を撤去するのと引き換えにキューバから撤退する旨が記されていました。

  • So, the nuclear missile sites were dismantled and the Soviets left.

    こうして、ミサイル施設は解体され、ソ連は撤退したのです。

  • Transporting their nuclear missiles with them back across the Iron Curtain.

    核兵器も鉄のカーテン内へと戻っていきました。

  • In a personal thank you letter to the NPIC, Kennedy emphasized the importance of the analysis

    ケネディはNPICに送った手紙の中で個人的な感謝の意を表し、写真分析の重要さを強調しつつ、

  • and interpretation of the Cuban photography in advising the US's response in what is now called the Cuban Missile Crisis.

    いかにキューバの写真の解析が現在「キューバミサイル危機」と呼ばれる状況への対応に一役買ったかを述べています。

  • "In summary: the Soviet Union did embark upon a bold venture to establish clandestinely in the Western Hemisphere a major offensive weapons base."

    「まとめると、ソ連は確かに西側に対して攻撃的なミサイル基地を設立するという大胆な秘密工作を実施に移したのですが、

  • "That they were deterred in this effort is in large part attributable to the type of reconnaissance photography that we have just reviewed."

    我が国が講じた偵察写真プロジェクトが大きな貢献を果たしたことで、未然に災難の発生を防ぐことができました。」

October 22, 1962.

1962年、10月22日。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox ケネディ 戦艦 同国 大統領 無い

この写真で核戦争が始まってしまうところだった!?

  • 2194 94
    zoe に公開 2021 年 01 月 27 日
動画の中の単語