Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • It was December the 20th, 1943 and in the freezing air high above Germany,

    それは1943年12月20日で、ドイツの上空の凍えるような空気の中、

  • 2nd Lieutenant CharlesCharlieBrown struggled to keep

    チャールズ・チャーリー・ブラウン二等少尉は爆撃機を維持することに苦労していました。

  • his mortally damaged American bomber on course.

    彼の爆撃機は航路上で致命的な損傷を受けていました。

  • Brown had been wounded in the shoulder,

    ブラウンは肩を負傷しており、

  • his tail gunner Sergeant HughEckyEckenrode was dead,

    尾部銃手であるヒュー・エッキー・エッケンローデ軍曹は戦死していました。

  • and several other members of the crew were wounded, some severely.

    乗組員の他の数人が負傷し、一部は重傷を負っていました。

  • Their aircraft, B-17 Ye Olde Pub, had been hit twice by flak as it approached its target,

    彼らの搭乗しているB-17「イェ・オルデ・パブ」は目標に近づいた際に高射砲で2回撃たれ、

  • the Focke-Wulf plant in the German city of Bremen, forcing the crew

    ドイツのブレーメンにあるフォッケウルフの工場を爆撃し、

  • to shut down one of the engines and throttle back on another.

    エンジンの一つが動かなくなり、他の残ったエンジンで帰還することとなりました。

  • This had left it lagging behind the main formation of aircraft from the 379th Bombardment Group

    これにより、第379爆撃飛行群の主要な航空機編隊に遅れをとっていました。

  • and groups of German fighters had closed in like sharks sensing blood in the water.

    そして、ドイツの戦闘機隊は水中の血を感知するサメのように爆撃機を包囲していました。

  • Up to fifteen fighters had attacked the bomber and the whole tail section was shot to pieces,

    15機の戦闘機が爆撃機を攻撃し、尾部全体がばらばらに撃たれ、

  • the nosecone was missing, the electrical, hydraulic and oxygen systems were damaged,

    ノーズコーンが欠落し、電気、油圧および酸素システムが破損、

  • the radio was out and the entrails of the crippled bomber flapped in

    無線機が出て行き、爆撃機の中身は空へと羽ばたき

  • the slipstream through gaping rents in the fuselage.

    胴体に開いた大きな穴からスリップストリームが発生していました。

  • But B-17s are tough old birds and this one somehow kept on flying despite the damage.

    しかし、B-17は頑丈な老兵であり、これほどの損傷にも関わらずどうにか飛行し続けました。

  • Brown blacked out for a short time due to pain, loss of blood

    痛みと失血のために、ブラウンは少しの間気絶してしまいました。

  • and a lack of oxygen and the bomber spiraled towards the ground.

    そして酸素不足のまま爆撃機が螺旋を描いて地面に向かって墜ちていきました。

  • Brown came to and realized that the B-17 was only a few hundred feet above the ground.

    ブラウンは、B-17が地上数百フィート(100フィート=30.48m)の高度にいることに気がつきました。

  • He somehow managed to get it back under control and turned west,

    彼はどういうわけか、それを制御して西に向け、

  • towards England and safety, two hundred and fifty miles away.

    250マイル(約402km)先の安全なイングランドに向かいました。

  • Brown wasn't able to coax the B-17 much above one thousand feet

    ブラウンはB-17を1000フィート以上の高度で飛ばすことが出来ませんでした。

  • and he was vaguely aware that he had passed close to the perimeter of a German airfield.

    そして、彼はドイツ軍飛行場の近くを通ったことを漠然と認識していました。

  • Soon after he realized that a German Messerschmitt Bf 109

    彼は、ドイツのメッサーシュミットBf 109が

  • was flying in close formation beside him.

    彼のそばで編隊飛行を行っていることに気がつきました。

  • It was so close that Brown could see the German pilot

    ブラウンとBf 109との距離は、ドイツのパイロットの顔が分かるほどに近かったのです。

  • as he gestured towards the ground, telling Brown to set the bomber down.

    彼は地面に向かってジェスチャーをし、ブラウンに爆撃機を着陸させるように言いました。

  • Most of the B-17's gunners were wounded, only a few guns were still working

    B-17のほとんどの銃手は負傷していましたが、数基の機銃はまだ射撃可能でした。

  • and none were able to shoot at the enemy fighter alongside.

    しかし、それでは敵の戦闘機を撃墜出来ませんでした。

  • Brown could only look at the German pilot and shake his head.

    ブラウンはただ、ドイツのパイロットに向かって頭を振るしかありませんでした。

  • For a short time the Messerschmitt flew beside the bomber.

    メッサーシュミットは短い間、B-17の横を飛びました。

  • Then it slid away, above and behind.

    それから、後ろに向かって上昇していきました。

  • Brown waited for the gunfire that must mean the end of Ye Olde Pub.

    ブラウンは、爆撃機が撃墜されるはずの銃撃をただ待ちました。

  • But nothing happened.

    しかし、銃撃されることはありませんでした。

  • He realized to his astonishment that the German fighter was flying escort on the B-17.

    彼は、メッサーシュミットがB-17の護衛として飛んでいることに気がつき、驚きました。

  • As they crossed the coastline and flew out over the North Sea

    彼らが海岸線を越えて北海上空に飛び出してもなお

  • the fighter remained on station.

    戦闘機はB-17とともに飛行しました。

  • Only when they were well out from the German coast

    彼らがドイツの領海から抜け出した時、

  • did the fighter slide in again, close to the bomber.

    B-17の横にメッサーシュミットが滑り込んできました。

  • Brown looked acrossthe German pilot looked back at him,

    ブラウンはドイツのパイロットを見ました。ドイツのパイロットも彼を見ました。

  • raised a gloved hand in salute

    ドイツのパイロットは、手袋をはめた手で敬礼をしました。

  • and then swung his aircraft away, back towards the east.

    そしてB-17から離れ、ドイツに向かって行きました。

  • Brown managed to put Ye Olde Pub on the ground,

    ブラウンは爆撃機をなんとか飛行させ、

  • not at their home base in Cambridgeshire

    母基地ではありませんでしたが、

  • but at an airbase of the 448th Bomb Group near Norfolk in East Anglia.

    イースト・アングリアのノーフォーク近くの第448爆撃飛行群の基地に着陸しました。

  • He and all his crew other than the tail gunner survived.

    尾部銃手以外の全ての乗員は生き残りました。

  • At debriefing, Brown told his story about the German fighter which escorted him.

    報告会にて、ブラウンは彼を護衛したドイツの戦闘機についての話をしました。

  • It was decided that this should be kept secret

    その出来事は、機密事項となりました。

  • the notion of an honorable German pilot

    名誉あるドイツ人パイロットの意志は、

  • choosing not to shoot down a damaged American bomber

    破損した敵国の爆撃機を撃墜しませんでした。

  • just didn't fit with the message that the USAAF wanted to give out.

    その出来事は、USAAF(アメリカ陸軍航空隊)が知らしめたい出来事には合わなかったために封印されました、

  • Charlie Brown survived the war, went home to go to college,

    チャーリー・ブラウンは戦争を生き延び、大学に行くために実家へと帰り、

  • and then re-joined the Air Force in 1949.

    1949年に空軍にまた戻って行きました。

  • He served until 1965 when he retired as a colonel.

    彼は、1965年に大佐で退役するまで戦いました。

  • It wasn't until much later, in 1986, at a meeting of retired combat pilots

    彼は、1986年に開催された「鷲達の集まり(Gathering of the Eagles)」と呼ばれる

  • calledGathering of the Eaglesthat he first spoke about what had happened.

    パイロットたちの集会において、その出来事について初めて語りました。

  • The response was strong, though some questioned

    その事件が本当に起きたか疑問に思う人もいましたが、

  • whether the whole incident really happened.

    反応はとても強かったのです。

  • Even Brown began to wonderhis memories of that day in 1943

    ブラウンでさえ、不思議に思い始めていました。

  • were hazy due to his injuries, exhaustion and the stress of combat.

    1943年のあの日の記憶は、怪我や疲労、ストレスによってかすんでしまっていたのです。

  • Could he be remembering it all wrong?

    彼はそれを間違えて憶えているのだろうか?

  • Brown decided that he was going to find the German pilot involved,

    ブラウンは、ドイツのパイロットが関与していた事実をしっかりと見つけ出すことを決心しました。

  • if only to prove that he hadn't imagined the whole thing.

    彼が、全てが妄想ではなかったことを証明するために。

  • It took four years, but in 1990 Brown finally received a letter

    4年という歳月をかけ、1990年にブラウンはついに

  • from a man named Stigler who was living in Canada.

    カナダに住んでいたスティグラーという名前の男性からの手紙を受け取りました。

  • Stigler explained that he had been the pilot of the German fighter

    スティグラーは、自分がイェ・オルデ・パブを護衛した

  • who had escorted Ye Olde Pub.

    ドイツの戦闘機パイロットであったと説明しました。

  • On December 20, 1943, Franz Stigler had been a twenty-seven kill veteran pilot.

    1943年12月20日、フランツ・スティグラーハ27機を撃墜したベテランパイロットでした。

  • He had flown against American bombers

    彼はその日の朝、メッサーシュミットBf 109 G-6でアメリカの爆撃隊に向かって飛行し、

  • in his Messerschmitt Bf 109 G-6 that morning

    イェ・オルデ・パブが近くを通り過ぎたときには

  • and he was refueling on the ground when Ye Olde Pub passed close by.

    地上で燃料を補給していました。

  • He took off intending to shoot down the American bomber.

    彼は、イェ・オルデ・パブを撃墜するつもりで離陸しました。

  • However, as he closed with the limping aircraft,

    しかし、彼が近づいた時、その機体がどれほどに酷い損傷を受けているか見ることが出来ました。

  • he could see just how badly it had been hithe would later say that

    彼は後に言いました。

  • he had never seen a more severely damaged aircraft still flying.

    「あれほどの損傷を受けながらも飛行し続けた航空機をあれ以外に見なかった」と。

  • Stigler's commander had told his pilots never to fire at an enemy

    スティグラーの上官はスティグラーに、

  • who was descending on a parachute.

    パラシュートで降下してきた敵は決して攻撃しないように命じていました。

  • While the crew of Ye Olde Pub hadn't bailed out,

    イェ・オルデ・パブの乗組員は生きていましたが、

  • they were clearly no longer capable of fighting

    明らかに戦うことは出来ず

  • and Stigler decided that he could not bring himself to attack.

    スティグラーは攻撃しないことと判断しました。

  • Instead, he flew alongside and gestured to Brown to land.

    代わりに、彼はともに飛行してブラウンに着陸するようジェスチャーしました。

  • He just simply couldn't imagine that the crippled aircraft

    彼は単に、これほど損傷した機体が

  • could possibly make it back to England.

    イギリスに帰還することが出来ないと判断したからです。

  • When Brown refused, Stigler made an extraordinary decision.

    ブラウンがそれを拒否した時、スティグラーは驚くべき判断をしました。

  • Instead of shooting it down he flew close formation with the B-17,

    B-17を撃ち落とす代わりに、それと編隊を組んで飛行し、

  • hoping that this would deter flak batteries on the coast from firing at it.

    沿岸にある高射砲がB-17を撃ち落とさないようにしたのです。

  • He flew with the bomber well out over the North Sea

    ブラウンはドイツ領空から出るまで

  • until it was clear of German airspace,

    北海上空を飛び回り、

  • and then left it to continue towards England.

    その後、イギリスに向かって飛行を続けました。

  • Stigler never told anyone about what had happened

    スティグラーはこの出来事を誰にも話さなかった。

  • sparing an American bomber would likely have led to

    このような出来事がバレると罰を与えられる可能性が高かった

  • punishment and perhaps even execution,

    彼はそれが本当に基地に戻ったのではないかと

  • but he often wondered if it had made it back to base.

    しばしば疑問に思った。

  • Stigler continued flying fighters throughout the war.

    スティグラーは戦争中ずっと戦闘機で空を駆け回り続けました。

  • In 1953 he emigrated from Germany to Canada

    彼は1953年にドイツからカナダに移住し、

  • where he started a successful business.

    そこでビジネスを成功させました。

  • When he heard from Charlie Brown in 1990,

    1990年にチャーリーブラウンから話を聞いたとき、

  • Stigler confirmed every aspect of his story.

    スティグラーは彼の物語のあらゆる面を確認しました。

  • Franz Stigler and Charlie Brown were astonished to discover

    フランツスティグラーとチャーリーブラウンは、戦後ずっとずっと

  • that they had been living less than two hundred miles apart

    200マイル(321.869km)と離れていないところに

  • for much of the time since the war

    住んでいると知って驚きました。

  • Stigler had settled in Vancouver, British Columbia

    ブラウンはワシントン州シアトルにいたが、

  • while Brown was in Seattle, Washington.

    スティグラーはブリティッシュコロンビア州バンクーバーに定住していました。

  • In the later years the two men remained close friends,

    後年、2人の男性は親しい友人であり、

  • often visiting and talking to other fliers

    しばしば他のパイロットを訪問したりして、

  • about their shared experiences.

    経験したことについて話し合い、共有しました。

It was December the 20th, 1943 and in the freezing air high above Germany,

それは1943年12月20日で、ドイツの上空の凍えるような空気の中、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ブラウン 爆撃 ドイツ パイロット 飛行 撃墜

When a Bf-109 spared a stricken B-17

  • 16 0
    OolongCha に公開 2021 年 01 月 26 日
動画の中の単語