Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Despite conflicts such as the Vietnam War, the  Iran-Iraq war, and the second US invasion of Iraq,  

    ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、アメリカの第二次イラク侵攻などの紛争があったにもかかわらず。

  • the world has enjoyed relative peace and quiet  for almost eighty years. While these and other  

    世界はほぼ80年間、相対的な平和と静けさを享受してきました。しかし、これらの

  • conflicts may seem like anything but peacefulthe truth is that the long and almost unbroken  

    紛争は平和的ではないように見えるかもしれませんが、真実は、長い間、ほとんど途切れることなく

  • chain of major wars between large powers was  at last broken by the end of World War II.  

    大国間の大戦争の連鎖は、第二次世界大戦の終わりまでにようやく断ち切られた。

  • Yet as we swing into the new year, the likelihood  of another world war only grows by the day.  

    しかし、私たちが新年を迎えるにつれて、また世界大戦が起こる可能性は日に日に高まっていくばかりです。

  • Here are the places that World War III  could actually break out in the new year.

    第三次世界大戦が実際に新年度に勃発する可能性がある場所をご紹介します。

  • Turkey

    トルコ

  • Turkey has been a steadfast  ally of NATO for decades,  

    トルコは何十年もの間、NATOの不動の同盟国である。

  • and yet in recent years that commitment  to the alliance has wavered significantly.  

    しかし、近年、同盟へのコミットメントは大きく揺らいでいる。

  • Ongoing tensions between Greece and Turkeyboth NATO members, have put severe strain  

    NATO加盟国であるギリシャとトルコの間で緊張が続いていることが、深刻な負担となっている。

  • on the alliance, with Turkey claiming islands  in the Mediterranean which belong to Greece.  

    トルコがギリシャに属する地中海の島々を主張していることで、同盟について

  • While violence has so far been avoided, numerous  airborne interceptions of Turkish fighters by the  

    暴力は今のところ回避されているが、トルコ軍の戦闘機を多数の空挺で迎撃している。

  • Greek air force have taken place, and just this  last summer the situation reached a boiling point.

    ギリシャの空軍が行われており、ちょうどこの昨年の夏、状況は沸騰点に達しました。

  • In defiance of Greek maritime claimsTurkey dispatched a small force of warships  

    ギリシャの海上請求に反抗して、トルコは軍艦の小部隊を派遣した。

  • along with a survey vessel exploring for  oil and gas reserves. As the survey ship  

    石油・ガス埋蔵量を調査する調査船とともに調査船として

  • was followed by both Greek and Turkish vessels,  a collision between a Greek and Turkish ship  

    は、ギリシャ船とトルコ船の衝突事故に続いて、ギリシャ船とトルコ船の衝突事故

  • nearly led to shots being fired. As the two  nations continue to clash politically over  

    発砲されそうになりました両国は政治的に衝突を続けています

  • massive oil and gas reserves of the island of  Cyprus, a confrontation only grows more likely.  

    キプロス島の巨大な石油とガスの埋蔵量は、対立はより可能性が高くなるだけです。

  • For its part, the US, long the bulwark  of the NATO alliance, has decided to  

    その一方で、NATO同盟の防波堤として長い間活躍してきた米国は

  • remain silent on the issue as President Trump  decided the issue was best handled by the EU.

    トランプ大統領は、問題は最高のEUによって処理されたことを決めたように、この問題に沈黙のまま。

  • So what could happen in the  future to spark a world war?

    では、今後世界大戦に火をつけるためにはどうすればいいのでしょうか?

  • Turkey and the US's own relationship is already  severely strained after Trump gave Turkey's  

    トルコと米国自身の関係は、トランプ氏がトルコの

  • Erdogan the green light to attack US-backed Kurds  in one of the greatest betrayals in history.  

    エルドガンは、史上最大の裏切り者の一人である米国の支援を受けたクルド人を攻撃するための緑色の光を持っています。

  • After massive backlash from the American public  and the US senate, Trump pulled an about face  

    アメリカ国民とアメリカ上院からの大規模な反発の後、トランプ氏はアバウトな顔をした。

  • and threaten to level massive sanctions  against Turkey. This in turn drew threats  

    トルコに対して大規模な制裁を行うと脅しました。これは、今度は脅しを受けました

  • from President Erdogan who has publicly stated  ambitions to possibly seize large stockpiles  

    大量の備蓄品を押収する野心を公言している エルドガン大統領からです

  • of American nuclear weapons currently stored  at Incirlik Air Force Base inside of Turkey.

    トルコ国内のインシルリク空軍基地に保管されているアメリカの核兵器のうち

  • Should Turkey make a move on the American  weapons stored at Incirlik Air Force Base,  

    トルコはインシルリク空軍基地に保管されているアメリカの兵器に手を出すべきです。

  • it would completely overwhelm local American  forces and get its hands on a sizable nuclear  

    地元の米軍を完全に圧倒して、かなりの核を手に入れることになるだろう。

  • stockpile. The US would have no option  but to respond with full military force.  

    を備蓄しなければならない。アメリカは全面的な軍事力で対応するしかないだろう。

  • This could potentially lead to a splintering of  NATO, and possibly the end of the alliance itself.  

    これは潜在的にNATOの分裂につながる可能性があり、同盟自体が終わる可能性もある。

  • With President Trump giving a cold shoulder  to Turkey, the nation has drawn much closer  

    トランプ大統領がトルコに冷たい肩を与えると、国ははるかに近づいている

  • to Russia, and if Putin believes that the US may  not have the backing of other European powers,  

    ロシアに、そしてプーチンが米国が他の欧州列強の支持を得られないかもしれないと考えているのであれば。

  • could potentially join the conflict  and kick the US out of Europe for good.

    紛争に参加し、米国を欧州から永久に追い出す可能性がある。

  • Iran-Israel

    イラン・イスラエル

  • Over the last several months several Arab nations  have formally announced diplomatic ties with  

    ここ数ヶ月の間に、いくつかのアラブ諸国が、正式に

  • Israel, a massive step forward for middle east  peace. Perhaps the most significant step forward  

    イスラエル、中東和平への大きな一歩を踏み出すおそらく最も重要な前進は

  • however may have been the United Arab Emirate's  normalization of ties with Israel. However, not  

    しかし、アラブ首長国がイスラエルとの関係を正常化したのは、そのためかもしれません。しかし、そうではなく

  • every neighbor is growing chummy with Israel, and  Iran has pushed back hard on recent developments.

    隣人は皆イスラエルと仲良くなってきており、イランは最近の動きに強く反発している。

  • Currently, Iran continues to finance, trainand sometimes even directly lead anti-Israel  

    現在、イランは資金提供、訓練を続け、時には直接反イスラエルを指導しています。

  • militias and terrorist groups across the regionwhile Israel has been openly striking at Iranian  

    民兵やテロリスト集団が地域全体で活動しているのに対し、イスラエルは公然とイランを攻撃してきました。

  • military targets outside of Iran itself. While  Israel slowly builds an anti-Iran coalition  

    イラン以外の軍事目標イスラエルがゆっくりと反イラン連合を構築している間に

  • across the Middle East, Iran has responded  by engaging with various terror groups and  

    中東全域で、イランは様々なテログループや

  • militias. Iran's increasing isolation  only makes the country more dangerous.

    民兵ですイランの孤立化は国をより危険にするだけだ

  • Should Iran decide it is in danger of  being encircled by pro-Israel states,  

    イランが親イスラエル国家に包囲される危険性があると判断すれば

  • it may decide to strike preemptively either  directly at Israel or at a neighbor such  

    攻めてもおかしくない

  • as Saudi Arabia. This would likely come as an  unconventional attack using terrorist forces,  

    サウジアラビアのようにテロリストの力を利用した型破りな攻撃になりそうです。

  • and serve as a warning that nations  should continue to distance themselves  

    諸国が距離を置き続けるべきであることを警告するものである。

  • from Israel or else. Israel may  feel it has no choice but to respond  

    イスラエルからでなければイスラエルは対応するしかないと 感じているかもしれません

  • or see its diplomatic efforts evaporateleading to strikes inside Iran itself.

    あるいは外交努力が蒸発し、イラン国内での攻撃につながるのを目の当たりにすることもあるでしょう。

  • With President Trump's ill-advised  cancellation of the Iran nuclear deal,  

    トランプ大統領の無策なイラン核取引中止で

  • the nation may once more pursue nuclear  weapons. While the Iran nuclear deal made it  

    核兵器を再び追求する可能性がある。イラン核取引では

  • nearly impossible for Iran to build nuclear  weapons covertly, now the nation has much  

    イランが秘密裏に核兵器を製造することはほぼ不可能に近いが、今では国ははるかに多くのことを持っている。

  • more breathing room to do so, and should  Israel feel that Iran is nearing the bomb,  

    イスラエルはイランが爆弾に近づいていると感じているかもしれません。

  • it may be forced to attack first. This would  doubtlessly lead to a catastrophic war which would  

    先制攻撃を余儀なくされるかもしれない。これは間違いなく壊滅的な戦争を引き起こし

  • threaten major parts of the world's oil supplyinevitably drawing in both the US and Russia.

    世界の石油供給の大部分を脅かすことになり、必然的にアメリカとロシアの両方を引き寄せることになる。

  • Kashmir

    カシミール

  • Ever since the creation of the  Indian and Pakistani states,  

    インドとパキスタンの国家が誕生して以来

  • the two have butted heads over the region  known as Kashmir. Things only took a turn for  

    2人はカシミール地方を巡って ぶつかり合ってきました事態は

  • the worse when China seized part of Kashmir  during the Indo-Chinese border war of 1962.

    1962年のインド中国国境戦争の間に中国がカシミールの一部を押収したときに悪化した。

  • To date, India and Pakistan have waged three wars  over Kashmir- along with a variety of other issues  

    今日まで、インドとパキスタンはカシミールをめぐって3度の戦争を繰り広げてきました。

  • that still sees the two countries holding on  to very long-running grudges. In recent years,  

    今でも二国は非常に長期的な恨みを持っていると見られています。近年では

  • China has grown much closer to Pakistan, much to  the chagrin of India who for its part, has chosen  

    中国はパキスタンとの距離を縮めてきたが、インドには悔しい思いをさせている。

  • to develop closer ties to the United States. The  situation has become a tinderbox that's ready to  

    米国との関係をより緊密にするために状況は準備ができている火薬箱になっています。

  • go up at any moment, and with both India and  Pakistan having ties to the two most powerful  

    インドとパキスタンは、最強の2つの国との関係を持っています。

  • nations in the world, a war between the two  would indubitably pull in both China and the US.

    世界の国々との戦争になれば、中国とアメリカの両方を引っ張っていくことは間違いないだろう。

  • In 2020 it seemed war between China and India was  all but inevitable. Starting in early summer 2020,  

    2020年には中国とインドの戦争は避けられないと思われていた。2020年の初夏に始まる

  • China began a series of incremental 'crawls',  pushing troops forward slowly to inevitably seize  

    中国は「這い回り」を始め、軍隊をゆっくりと前進させ、必然的に奪い取ることになる。

  • control of large swathes of territory. This led  to fist fights between Indian and Chinese troops,  

    領土の大部分を支配していた。これがインド軍と中国軍の間での殴り合いにつながった。

  • with one at Pangong Tso causing 72  injuries on the Indian side and an  

    インド側で72人の負傷者を出したPangong Tsoでの1人と

  • unknown amount of the Chinese sideChina then began to build helipads,  

    中国側の未知数 その後、中国はヘリパッドの建設を始めた。

  • pillboxes, and fortified bunkers while  reinforcing their troops already present.

    ピルボックス、要塞化されたバンカーなどを設置して、既に存在する部隊を強化しながら。

  • In a bid to prevent an all-out escalation  to war, both sides have agreed to only use  

    戦争が全面的にエスカレートするのを防ぐために、双方が合意したのは

  • firearms if fired on first. However, this  has led to a bizarre throwback to medieval  

    先に発砲された場合の銃器しかし、これにより、中世への奇妙な投げやりさが生まれています。

  • times as both sides now carry all manner  of improvised weapons such as clubs, rods,  

    今や双方がクラブやロッドなどの即席武器を持ち歩いているような時代です。

  • batons, and other melee weapons. On June 15th, a  massive 600 man skirmish between both sides led  

    バトンやその他の近接武器を使用していました。6月15日、双方の間で600人の大規模な小競り合いが行われました。

  • to the deaths of 20 Indian soldiers and an unknown  number of Chinese soldiers, though US intelligence  

    20人のインド兵と未知数の中国兵が死亡しましたが、アメリカの諜報機関は

  • states that 35 Chinese soldiers were killed or  seriously injured. The incident directly led to  

    は、中国兵35人が死亡または重傷を負ったとしている。この事件が直接

  • the removal of restrictions on the Indian side on  the usage of firearms, and another such skirmish  

    インディアン側の銃器使用制限の撤廃と、そのような小競り合いがあった。

  • may now be met with lethal force, hopelessly  escalating the fighting into all out war.

    致死的な力をもって、絶望的に戦闘を全面戦争へとエスカレートさせているかもしれません。

  • If India were to find itself in a fight  with China, Pakistan would almost certainly  

    もしインドが中国との戦いの中で自分自身を見つけることになったら、パキスタンはほぼ間違いなく

  • see this as an opportunity to attack an India  forced to fight a two-front war. Even without  

    これを機会に、二正面戦争を強いられたインドを攻撃することができると考えています。なくても

  • the intervention of the United States, which  would surely back India, this would already be  

    インドを確実に支持する米国の介入は、これはすでに

  • a conflict between three nuclear powers, with  the outcome not looking good for the world.

    核保有国3国の対立で、世界のためにならない結果となった。

  • Korean Peninsula

    朝鮮半島

  • Despite an optimistic two meetings between  President Trump and Kim Jong Un, the historic  

    トランプ大統領と金正恩氏の楽観的な2回の会談にもかかわらず、歴史的な

  • talks between the two countries inevitably broke  down over the issue of nuclear disarmament. For  

    核軍縮問題をめぐって日米会談が決裂したのは必然だった。冒頭のように、核軍縮問題を巡って

  • North Korea, disarmament is a non-starter, as  the Kim regime believes nuclear weapons is the  

    北朝鮮、軍縮は無理だと金政権は核武装は

  • only way to guarantee the United States does not  oust it from power as it's done in other nations  

    アメリカが他国のように権力を追放しないことを保証する唯一の方法

  • such as Iraq, Afghanistan, and Libya. North Korea  sees nuclear weapons as the only guarantor of its  

    イラク、アフガニスタン、リビアなど。北朝鮮は核兵器を唯一の保証人と見なしています。

  • continued independence against the United States  and an international coalition of its allies.

    アメリカと同盟国の国際連合に対抗して独立を続けた。

  • On a personal level, Kim Jong Un is  himself dependent on nuclear weapons  

    個人的なレベルでは、金正恩氏自身が核兵器に依存している

  • for his own political survival. After failing to  deliver for years on a working nuclear weapon,  

    彼自身の政治的生存のために核兵器の開発に何年も失敗した後に

  • the Kim family hold on power was seriously  threatened during the transition from Kim  

    金一族の権力が脅かされた

  • Jong Il to Kim Jong Un. What might have  been a moment of temporary weakness  

    総書記から金正恩へ。一時的に弱っていたかもしれませんが

  • however was turned to strength as Kim Jong Un  immediately initiated a ruthless purging of  

    しかし、金正恩総書記がすぐに非情な粛清を開始したことで、それは力に変えられた。

  • senior military and political leadership  that he saw as a threat to his power.

    彼の権力を脅かすものと見なした上級軍人と政治的指導者。

  • Yet despite his success in developing nuclear  weapons, Kim Jong Un still faces a dicey political  

    しかし、核開発に成功したにもかかわらず、金正恩氏はいまだに政治的に困難な状況に直面している。

  • environment. As North Korea slowly grows and  expands, many of the North Korean elite grow tired  

    の環境を整えています。北朝鮮がゆっくりと成長・拡大していく中で、北朝鮮のエリートの多くは疲弊していきます。

  • of the extreme financial burden international  sanctions have placed on them. Incredibly,  

    国際的な制裁が彼らに課した極度の財政的負担のことです。信じられないほどです

  • President Trump may have himself inadvertantly  helped Kim Jong Un remain in power though. Despite  

    トランプ大統領は、うっかり金正恩が権力を維持するのを助けてしまったのかもしれない。にもかかわらず

  • the objection of every single adviser, the entire  Department of Defense, and most senior Democratic  

    すべての顧問、国防総省全体、民主党の最上級幹部の反対を押し切った。

  • and Republican leadership, President Trump agreed  to meet face-to-face with Kim Jong Un. What he  

    と共和党指導部は、トランプ大統領が金正恩との直接会談に合意しました。彼が言ったことは

  • may have seen as a potential diplomatic victory  however only helped to cement Kim Jong Un's hold  

    外交的勝利の可能性もあるが、金正恩氏のホールドを強化するのに役立っただけである。

  • on power, as his ministers spun the event into  state propaganda showing that at long last, Kim  

    閣僚たちが、このイベントを国家のプロパガンダにして、ついに金正恩が

  • Jong Un had forced the world's only superpower to  bend the knee and meet to discuss terms of peace.

    正恩は世界で唯一の超大国に膝を曲げて会談し、平和の条件を話し合うことを強要していた。

  • Now that the Kim family is sure to remain in  power, and yet refuses to dismantle its nuclear  

    金一族が政権を維持することが確実になった今、それでも核の解体を拒否している。

  • program, a confrontation between the US and  North Korea grows ever more likely. Japan, who  

    我が国は、米国と北朝鮮との対立がますます可能性を増しています。日本は

  • has for a long time been forced to suffer North  Korean missile tests flying directly overhead,  

    は、長い間、北朝鮮のミサイル実験が真上を飛んでいることを余儀なくされてきました。

  • may force the US's hand if it decides  North Korea presents an imminent threat  

    北朝鮮が差し迫った脅威と判断した場合には、米国の手を差し伸べるかもしれない

  • and launches preemptive strikes against  nuclear facilities and missile silos.

    と核施設やミサイルサイロへの先制攻撃を開始します。

  • A conflict between the US and North Korea would  inevitably see China dragged into the mix to  

    米国と北朝鮮の対立は、必然的に中国を巻き込んで

  • defend its longtime ally, as the one thing that  China fears most is a unified Korean peninsula  

    中国が最も恐れているのは朝鮮半島の統一であり、長年の同盟国を守るために

  • that is led by South Korea and very pro-USThis would be a strategic disaster for China,  

    韓国が主導している親米的な国だからです これは中国にとって戦略的な災害となるでしょう

  • and one that it cannot abide, leaving it  no choice but to join a war against the US.

    アメリカとの戦争に参加せざるを得ないのです。

  • Taiwan

    台湾

  • Finally we reach the most likely flash point  for World War III. The issue of Taiwan has  

    最後に、我々は第三次世界大戦の最も可能性の高いフラッシュポイントに到達します。台湾の問題は

  • plagued Chinese-American relations for decadesbut in recent years has escalated to a level  

    何十年にもわたって米中関係を悩ませてきたが、近年では、米中関係をエスカレートさせている。

  • reminiscent of the 1999 Taiwan Strait crisis. Shortly before taking office, President Trump  

    1999年の台湾海峡危機を彷彿とさせる。就任直前、トランプ大統領は

  • received a call from Taiwan's President, Tsai  Ing-wen, congratulating him on his election.  

    台湾の蔡英文総統から当選のお祝いの電話がかかってきた。

  • This greatly angered China, which has threatened  war should any nation formally recognize Taiwan  

    これは中国を激怒させ、台湾を正式に認めた国があれば戦争をすると脅した。

  • as independent, and was seen as a major snub  to the Chinese Communist Party. Historically,  

    を独立させ、中国共産党への大きな反感を買っていると見られていた。歴史的には

  • American Presidents have not taken  such congratulatory calls in order  

    アメリカの大統領は、このようなお祝いの電話をしたことはありません。

  • to not anger Beijing and potentially destabilize  cross-Strait relations between China and Taiwan.

    北京を怒らせず、中国と台湾の両岸関係を不安定化させないようにするためにも、中国と台湾の両岸関係を不安定化させないようにする必要がある。

  • Things quickly escalated as Taiwan and the US  negotiated a multi-billion dollar arms sales deal  

    台湾と米国が数十億ドルの武器販売契約を交渉したため、事態は急速にエスカレートした。

  • that would see the Taiwanese military receive  weapon systems and upgrades that would pose a  

    台湾軍は、台湾軍の武器システムとアップグレードを受け取ることができます。

  • significant threat to a Chinese invasion of the  island. Tensions were heightened when despite  

    中国の島への侵攻に対する重大な脅威であった。緊張が高まったのは

  • massive Chinese interference in its electionsTaiwan re-elected President Tsai Ing-Wen who  

    選挙で中国の大規模な干渉を受け、台湾は蔡英文総統を再選した。

  • holds a staunch anti-reunification agendaTaiwan's support for pro-democracy protesters  

    反統一政策を掲げている。 台湾は親民主化デモ隊を支持しています

  • in Hong Kong during the months-long riots  only further embarrassed the Chinese mainland  

    香港での数ヶ月間の暴動の間に、中国大陸をさらに困惑させた。

  • as President Xi Jinping remained unable  to enforce control over the region.

    習近平国家主席が地域の統制を強化することができないままであった。

  • Today, the US is contemplating stationing  American Marines in Taiwan on a rotational basis,  

    今日、米国は台湾に米海兵隊をローテーションで駐留させることを考えている。

  • along with port visits by the US Navy. The US has  also ok'ed the construction of a massive computer  

    アメリカ海軍による港湾訪問と一緒に米国はまた、大規模なコンピュータの建設をOKしました。

  • chip manufacturing plant in Arizona owned and  operated by a Taiwanese firm, while simultaneously  

    台湾企業が所有し、運営するアリゾナのチップ製造工場で、同時に

  • blocking Chinese company Huawei global access  to critical chip-manufacturing equipment. These  

    中国企業の華為が、重要なチップ製造装置へのグローバルアクセスをブロックしています。これらの

  • actions have been seen as incredibly provocative  by China, who even now is rushing to bolster its  

    の行動は、今でさえもその強化を急いでいる中国によって信じられないほど挑発的なものとして見られています。

  • long-range attack capabilities with the goal of  throwing the US Navy out of the South Pacific.

    米海軍を南太平洋から追い出すことを目的とした長距離攻撃能力。

  • For President Xi Jinping, the Taiwan issue  is one of personal and party survival.  

    習近平国家主席にとって、台湾問題は個人と党の生き残りの問題である。

  • The Chinese Communist Party has for decades  promised to reunify the breakaway island nation,  

    中国共産党は何十年も前から離島国の統一を約束している。

  • and yet it has still failed to do so. This signals  to the world an inherent weakness in the Chinese  

    しかし、それはまだ失敗しています。このことは、世界に向けて中国の本質的な弱さを示しています。

  • nation, and China does not believe it can be taken  seriously as a global power if it can't even bring  

    の国であり、中国は、それすらできないのであれば、世界の大国として真剣に受け止められるとは思っていません。

  • a next-door neighbor into the fold again. For  growing voices of dissent within Chinese politics,  

    隣人を再び仲間に入れた。中国の政治の中で高まる反対の声のために

  • Taiwan's continued independence issign of the weakness within the CCP,  

    台湾が独立を続けているのは、中国共産党内の弱さの表れである。

  • and with his future hold  on the nation on the line,  

    そして、彼の将来をかけて国を守るためにも。

  • President Xi Jinping may be forced to at last  turn to the military option to reunify Taiwan.

    習近平国家主席は、ついに台湾統一のために軍事的な選択肢に転じることを余儀なくされるかもしれない。

  • Inevitably this would drag the US and its  allies into all-out conflict with China.

    これは必然的にアメリカとその同盟国を中国との全面的な対立に引きずり込むことになる。

  • Now check out Why You Wouldn't Survive World War  

    今すぐ、世界大戦を生き残れない理由を確認してください。

  • III, or click this other video  instead- while you still can!

    III、またはこの他のビデオをクリックしてください。

Despite conflicts such as the Vietnam War, the  Iran-Iraq war, and the second US invasion of Iraq,  

ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、アメリカの第二次イラク侵攻などの紛争があったにもかかわらず。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 イラン トルコ イスラエル 北朝鮮 インド 戦争

第3次世界大戦が始まる可能性のある7つのこと (These 7 Things Could Start a World War 3)

  • 4 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 25 日
動画の中の単語