Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The gently rolling green landscape of  the Somme is no longer recognizable.  

  • It's become a wasteland, the long grass dotted  with craters, barbed wire and trenches. For the  

    クレーターや有刺鉄線や溝が点在する長い草原が荒れ地になっています。犠牲者のために

  • last several days the British army has unleashed  a methodical barrage of artillery on German  

    ここ数日、イギリス軍はドイツの大砲の規則的な弾幕を放っています。

  • trenches and positions, aiming to decimate  enemy forces before the ground war starts.

    塹壕や陣地を利用して、地上戦が始まる前に敵軍を壊滅させることを目的としています。

  • On July 1st, 1916 at 7:30 am the Anglo-French  armies attack. Private William 'Cyril' Jose is  

    1916年7月1日午前7時30分 英仏軍が攻撃したウィリアム'シリル'ホセ二等兵は

  • in the very first wave of men to  go over the top of the trenches.

    塹壕の上を行く男たちの第一波で

  • It's a chaotic bloodbath. The British artillery  has not destroyed the Germans as hoped.  

    混沌とした血の海だ。イギリスの大砲は期待したようにドイツ軍を破壊していない。

  • German snipers and machine gunners unleashhailstorm of bullets on the charging soldiers.  

    ドイツの狙撃手と機関銃手は、突撃してくる兵士たちに弾幕を浴びせる。

  • Less than 20 minutes into battle Cyril is wounded.

    戦闘開始から20分も経たないうちに、シリルは負傷した。

  • He's shot in the chest and left shoulder. Two  comrades grab Cyril's field pack. They rip open  

    胸と左肩を撃たれている。2人の仲間がシリルの野戦用パックを掴んで彼らは引き裂いて

  • his uniform and drench Cyril's wounds with iodineThey help Cyril press dressing to his chest,  

    彼の制服を着て シリルの傷口にヨードをかけて 彼らはシリルがドレッシングを 胸に押し付けるのを助ける

  • trying to staunch the blood. However, in minutes  his bandages are soaked through. In the mayhem,  

    血を止めようとしていたしかし、数分後には包帯が貫通してしまう。騒乱の中で

  • he's left for dead near the German wirePrivate Cyril Jose is only 16 years old.

    彼はドイツ線の近くに 置き去りにされた シリル・ホセ二等兵はまだ16歳だ

  • He spends the next few hours drifting in  and out of consciousness. Eventually he  

    彼はそれからの数時間を意識の中に漂って過ごしています。最終的に彼は

  • goes beyond fear and reaches a calm state  of mind, thinking that he might survive.

    恐怖を超えて、生き延びるかもしれないと思いながら冷静な心境に達する。

  • It's a cloudless, hot summer day and Cyril's  thirsty. Agonizingly slow, Cyril reaches for his  

    雲ひとつない暑い夏の日、シリルはのどが渇いている。苦し紛れにゆっくりと シリルは手を伸ばす

  • water bottle. He dares not move fast, he doesn't  want to alert the Germans that he's still alive.  

    水筒だ彼はあえて速く動かず、ドイツ軍に自分が生きていることを警告したくない。

  • It's many long minutes before Cyril is  able to move the water bottle to his mouth  

    シリルが水筒を口に運ぶことができるようになるまで、それは何分もの長い時間です。

  • and take a sip. The day wears  on. When Cyril runs out of water,  

    と一口飲む。日が暮れる。シリルが水を使い果たすと

  • he slowly retrieves the water bottles  of fallen comrades who lie near him.

    彼は近くに横たわっている倒れた同志の水筒をゆっくりと回収する。

  • Night falls. The stench of  death hangs heavy in the air.  

    夜が更けていく。死の悪臭が重くのしかかっている。

  • By now the battlefield is covered in  thousands of dead and dying soldiers.  

    今頃になって戦場は何千人もの死者と死にかけの兵士で埋め尽くされている。

  • Germans patrols search among the  fallen, taking wounded men prisoner.  

    ドイツ軍のパトロール隊が負傷者を捕虜にして 犠牲者を捜索しています

  • Cyril lies clutching a grenade, ready at  any moment to pull the pin with his teeth.

    シリルは手榴弾を握りしめて 横たわっている いつでも彼の歯でピンを抜く準備ができている

  • Around 7 am the next day, almost  24 hours after he was wounded,  

    翌日の午前7時頃、負傷してからほぼ24時間。

  • Cyril thinks it's safe enough to move. He begins  a long, painful crawl on his belly through the  

    シリルは移動しても大丈夫だと思っている。彼は腹を這うようにして長く痛みを伴うクロールを始める

  • grass back towards the British trenches. His  activity causes his wounds to bleed a fresh.

    塹壕に向かって草を刈り返した彼の活動は彼の傷口から新鮮な血を流します。

  • During the excruciating, hazardous  journey, Cyril runs into Private Lamacraft,  

    耐え難い、危険な旅の間に、シリルはプライベートラマクラフトに遭遇します。

  • who's also badly wounded, but still clinging  to life. For an hour they crawl together,  

    同じく重傷を負いながらも 命にしがみついています一時間、彼らは一緒に這っていた

  • but make little progress. Both soldiers  are weak and suffering from blood loss.  

    しかし、ほとんど進展しない。どちらの兵士も弱っていて、出血に苦しんでいます。

  • Worse yet, the Germans see them  moving and start shooting at them.

    さらに悪いことに、ドイツ軍は彼らが動いているのを見て、彼らを撃ち始めます。

  • Cyril's in slightly better physical shape  and they decide that he should go on alone.  

    シリルの体調が少し良くなってきたので、二人は一人で行くことにしました。

  • Cyril spends precious time gathering nearby water  bottles for Lamacraft. Then he continues on,  

    シリルは、ラマクラフトのために近くの水筒を集めて貴重な時間を過ごす。そして、彼は続けます。

  • stiffly and painfully creeping through the  grass, detouring around the dead and avoiding  

    草むらの中を忍び寄り、死人を迂回して避けながらも、しつこく苦しそうに忍び寄る

  • craters. During part of his crawl the land slopes  upward and frequently Cyril has to stop to rest.

    クレーター。彼のクロールの一部の間に土地は上向きに傾斜し、頻繁にシリルは休むために停止しなければならない。

  • To quote Cyril, “an eternity later”  he finally reaches the British lines.  

    シリルの言葉を引用すると、「永遠の後に」彼はついにイギリスのラインに到達します。

  • Mustering all his strength, Cyril struggles  to his feet and quickly throws himself into  

    彼のすべての強さをかき集めて、シリルは彼の足にもがいて、すぐに自分自身を投げ入れます。

  • a trench. When he regains consciousnesstwo officers are trying to make him drink  

    塹壕。意識が戻った時、二人の将校が彼に飲ませようとしています

  • rum. It's taken him nearly 2 days  to crawl about ¼ of a mile (.40 km).

    ラムである。1/4マイル(.40km)を這うのに2日近くかかっています。

  • Cyril begs that they send someone to rescue  “Lammy”, but it's far too dangerous. However  

    シリルは、彼らは "ラミー "を救出するために誰かを送ることを懇願するが、それはあまりにも危険だ。しかし

  • Private Lamacraft is found alive 3 days latermost likely sustained by the water Cyril provided.

    ラマクラフトは3日後に生きたまま発見された シリルが提供した水に支えられた可能性が高い

  • Cyril is medically evacuated from the Somme and  

    シリルはソンメから医学的に避難して

  • spends nearly 6 months in  the hospital recuperating.

    半年近く入院して療養生活を送っています。

  • Cyril isn't the only underaged British  soldier at the Battle of the Somme.  

    ゾンメの戦いでの未成年のイギリス兵は シリルだけじゃない

  • Although the official age to join the military  in Britain is 18 and a soldier must be 19 to  

    イギリスの軍隊に入隊するための正式な年齢は18歳で、兵士は19歳でなければなりませんが

  • be shipped overseas, an estimated 250,000 boys  enlist into the British forces during World War I.

    第一次世界大戦中、推定25万人の少年がイギリス軍に入隊します。

  • Cyril actually signed up when he was 15 years oldThe youngest known British World War I soldier was  

    シリルが実際にサインアップしたのは15歳の時でした。 最年少で知られているイギリスの第一次世界大戦の兵士は

  • 12. Wait a minute, didn't recruiters notice that  some of those enlisting looked suspiciously young?

    12.ちょっと待ってくれ 勧誘員は気づかなかったのか? 入隊者の何人かは 怪しいほど若く見えたのか?

  • During the early 20th century, many people  didn't have birth certificates and it was  

    20世紀初頭、多くの人が出生証明書を持っていなかったため、それは

  • a lot easier to lie about age. For recruitsBritain had a minimum height requirement of 5ft  

    年齢を嘘をつくのは簡単だイギリスでは新兵のために最低身長が5フィート(約5フィート)必要でした。

  • 3in (1.60m), and a minimum  chest size of 34in (0.86m).  

    3in(1.60m)、最小胸囲は34in(0.86m)。

  • Often if a young man met the physical criteriarecruiters ignored that he was baby faced.

    若い男性が身体的な基準を満たしていた場合、採用担当者は彼が赤ん坊のような顔をしていることを無視することがよくあります。

  • Beside, patriot fervor reigned in the countryGovernment propaganda pushed fighting for Britain  

    その横では、愛国者の熱狂が国内に君臨していた。 政府のプロパガンダは、イギリスのために戦うことを後押しした。

  • as a glorious adventure. In some areas, peer  pressure was strong and groups of boys would join  

    栄光の冒険としていくつかの地域では、ピア・プレッシャーが強く、少年たちのグループが

  • up together. Some enlisted to escape povertyunemployment or difficult home situations.

    一緒にアップします。貧困や失業、困難な家庭環境から逃れるために入隊した者もいます。

  • Also, when World War I broke out, the standing  German army was over 3 times bigger than the  

    また、第一次世界大戦が勃発した時、ドイツの常備軍は3倍以上の規模で

  • standing British army. A large number of soldiers  needed to be mobilized as quickly as possible.  

    イギリス軍の常備軍。一刻も早く大量の兵士を動員する必要があった。

  • If a healthy young lad was eager to go off  to fight, recruiters weren't gonna say no.  

    健康な若者が戦場に出たければ 勧誘員はノーとは言わなかっただろう

  • The bounty recruiters were paid didn't hurt  either. Recruiters earned two shillings and  

    リクルーターに支払われた懸賞金も悪くなかった勧誘員は2シリングと

  • sixpence for each new army recruit or  about £6 or $7.85 USD in today's money.

    各新しい軍隊の募集または今日のお金で約£6または$7.85米ドルのための6ペンス。

  • 14 year old Reginald St. John Battersby ran away  from home, enlisted in the army and was promoted  

    14歳のレジナルド・セント・ジョン・バターズビーは 家出して軍隊に入隊して昇進した

  • to lance corporal within a week. When his father,  a vicar near Manchester found out, he was upset.  

    1週間で伍長に昇進したそれを知った父親は動揺していた

  • Given their social standing in the community, he  thought that his son deserved a higher position.  

    地域社会での社会的地位を考えると、息子はもっと高い地位に値すると考えていた。

  • He sought support from the Lord Mayor  of Manchester and the headmaster of  

    彼は、マンチェスター市長とマンチェスター大学の校長に支援を求めた。

  • Middleton Grammar School where St. John  had been a pupil. They provided letters of  

    セント・ジョンが生徒だったミドルトン・グラマー・スクール。彼らは手紙を提供しました

  • reference to authorities regarding  St. John's leadership qualities.

    聖ヨハネの指導者としての資質に関する当局の言及

  • And so, St. John was commissioned as an  officer in the East Lancashire Regiment,  

    それでセント・ジョンは東ランカシャー連隊の将校に任命されました。

  • becoming the youngest known commissioned  officer of the British Army during WWI.  

    第一次世界大戦中にイギリス陸軍の最年少の士官になったことで知られる。

  • Not long after his 15th birthday, he was  stationed near Serre in the Somme region  

    15歳の誕生日を迎えて間もなく、彼はソム地方のセレの近くに駐屯しました。

  • and placed in charge of a 60 man platoon, some  of whom were a decade or more older than him. T

    60人の小隊を担当し、その中には10年以上年上の者もいた。T

  • During the first day of the Somme offensive on  July 1, 1916, St. John was severely wounded by  

    1916年7月1日のソンメ攻勢の初日に、セント・ジョンは

  • German machine gun fire. As a result, he was  medically evacuated to England. Three months  

    ドイツ軍の機銃掃射。その結果、彼は医学的にイギリスに避難しました。3ヶ月後

  • later, St. John had recovered from his wounds and  was back at the Somme leading his men into battle.

    その後、聖ヨハネは傷から回復し、ソンメに戻って兵を率いて戦いに臨んでいた。

  • St. John actually could have made  the choice to stay in England.  

    セントジョンは実際にイギリスに残る選択をすることができました。

  • Parents of young soldiers alarmed  by newspaper reports of deaths  

    若い兵士の両親が新聞の死亡報道に警鐘を鳴らす

  • had lobbied the British government. By 1916,  the government bowed to public pressure  

    は英国政府に働きかけをしていた。1916年までには、政府は国民の圧力に屈しました。

  • and removed soldiers younger than 19 from the  front lines. However, experienced officers were  

    と19歳未満の兵士を前線から追い出した。しかし、経験豊富な将校は

  • in short supply and young officers such as StJohn were allowed the option to stay if they wish.

    人手が不足していたため、セント・ジョンのような若い将校には、希望すれば留まることが許されていました。

  • The underage soldiers were sent to special camps  where they remained until they turned 19 years old  

    未成年の兵士は特別な収容所に送られ、19歳になるまでそこに留まっていました。

  • and then they could return to fightingSome were glad to be away from battle,  

    そして戦いに戻ることができた 戦場から離れて喜んでいる者もいました

  • but others weren't fans of the young  soldier camps. Battle hardened teens,  

    しかし、他の人たちは若い兵士のキャンプのファンではなかった。戦いに疲れた十代の若者たち

  • some of whom had responsibilities far  beyond their years--some even having earned  

    その中には、自分の年齢をはるかに超えた責任を負っていた者もいて、その中には、自分が稼いでいた者もいました。

  • military medals for their heroic actionsbalked at being treated like boys again.

    彼らの英雄的な行動のための軍の勲章は、再び少年のように扱われることに嫌気がさした。

  • Some of the young soldiers, completely  disillusioned by the reality of war,  

    戦争の現実に完全に幻滅した若い兵士もいる。

  • took their own lives rather  than return to the front lines.

    前線に戻るのではなく、自ら命を絶ったのです。

  • Private Cyril was shipped to a young soldier's  camp. In the summer of 1918, when he was old  

    シリル二等兵は若い兵士の収容所に送られた。1918年の夏、彼が年老いた頃

  • enough to fight again, he returned to FranceCyril fought in the Hundred Days Offensive. He  

    再び戦うのに十分な、彼はフランスに戻った。 シリルは百日攻勢で戦った彼は

  • ended up surviving the war, but came home changedFor the rest of his life he became anti-authority.

    結局戦争を生き延びたが 変わって帰ってきた 残りの人生のために 彼は反権力者になりました

  • Compelled by a sense of duty, St. John returned  to the front lines and spent the next few months  

    義務感に駆られて、セント・ジョンは前線に戻り、その後の数ヶ月間を過ごした。

  • fighting in the trenches. On March 7, 1917  16 year old St. John and a few of his men  

    塹壕での戦い1917年3月7日、16歳のセント・ジョンと数人の部下が

  • were standing under a bridge across the British  trenches when they were hit by a German shell.  

    は、ドイツ軍の砲弾を受けたとき、イギリスの塹壕にかかる橋の下に立っていました。

  • Several soldiers were killed. A piece of shrapnel  mangled St. John's leg and it had to be amputated.  

    何人かの兵士が殺された榴散弾の破片がセント・ジョンの足を傷つけ、切断しなければならなかった。

  • He was evacuated to England again to convalesceThough asked to resign his commission, St.  

    彼は療養のために再びイギリスに避難した。 任務の辞任を求められたが、聖は、その任務を辞任した。

  • John was determined to continue to aid  in the war effort. He got a prosthetic  

    ジョンはこれからも戦争支援を続けようと決意していた。彼は義肢装具を手に入れました

  • leg and was declared fit for duty on March  13, 1918. Soon after he returned to service,  

    1918年3月13日、足を痛め、任務に就くことが宣言された。すぐに兵役に復帰した。

  • St. John joined the Royal Engineers Record Office  Transportation Branch and worked an administrative  

    セントジョンは、王立技術者記録局運輸支局に入社し、事務的な仕事をしていました。

  • job in Britain until September 1920 when he  resigned his commission. St. John then studied  

    彼は1920年9月にコミッションを辞任するまで、イギリスでの仕事に就いていました。その後、セント・ジョンは

  • theology in college and eventually became the  vicar of a small rural parish like his father.

    大学で神学を学び、最終的には父親と同じように田舎の小さな教区の牧師となりました。

  • As World War I raged overseas, the women of  Britain stepped up to take over jobs traditionally  

    第一次世界大戦が海外で激化する中、イギリスの女性たちは従来の仕事を引き継ぐために活躍しました。

  • done by men. Often it was teenage girls who took  on various jobs to help support their families and  

    男性が行っています。多くの場合、それは10代の少女が家族を養うために 様々な仕事に就いていました。

  • the war effort. Organizations sprang up to manage  and support the young women taking on new duties.

    戦時中には、若い女性たちの新しい任務を管理・支援する組織が生まれました。若い女性が新たな任務に就くのを管理・支援するために組織が立ち上がった。

  • The Women's Land Army (WLA), a civilian  organisation, was created in 1915 by the  

    民間組織である女性陸軍(WLA)は、1915年に

  • British Board of Agriculture. TheLand  Girlsor women who worked for the WLA  

    イギリスの農業委員会。WLAで働いていた「ランド・ガールズ」または女性たち

  • harvested crops and performed  other farm related tasks.

    作物の収穫や他の農場関連の作業を行っていました。

  • The Canary Girls worked in munitions manufacturing  TNT. They gained the nickname because exposure  

    カナリアガールズはTNTを製造する軍需品で働いていました。彼女たちがあだ名をつけたのは

  • to TNT was toxic, and repeated exposure  turned their skin an orange-yellow color.

    TNTは毒性があり、繰り返し浴びると肌がオレンジ色に変色します。

  • The Voluntary Aid Detachment (VAD) was a civilian  nursing unit that provided medical care for  

    任意援助部隊(VAD)は、以下のような医療ケアを提供する民間の看護ユニットでした。

  • military personnel. As the war wore on, young VAD  nurses were dispatched to work in field hospitals.  

    軍人戦争が進むにつれ、野戦病院で働くために若いVAD看護師が派遣されました。

  • Teenage girls as young as 17, who had only  completed basic training, were required to treat  

    基礎訓練を終えたばかりの17歳の少女たちは、治療のために

  • horrific war wounds and deal with death while  under constant threat of attack from the enemy.

    敵からの攻撃の脅威にさらされている間、恐ろしい戦傷と死に対処する。

  • While it's likely that during World War I, Britain  had the most soldiers under 18 years of age,  

    第一次世界大戦中、イギリスには18歳以下の兵士が最も多かったようです。

  • all the countries at war had underage  soldiers enlisted among their ranks.

    戦争中のすべての国には、未成年の兵士が入隊していた。

  • 8 year old Momčilo Gavrić of Serbia was the  youngest soldier to fight in World War I.  

    セルビアの8歳のモムチロ・ガブリッチは、第一次世界大戦で戦った最年少の兵士である。

  • He was born into a large family--the  8th child out of 11. The Gavrićs lived  

    彼は大家族に生まれ、11人中8番目の子供として生まれました。 ガブリッチ家の人々は暮らしていました。

  • in the small village of Trbušnica in  the western region of the country.

    国の西部地域のTrbušnicaの小さな村にあります。

  • In August 1914, Austro-Hungarian soldiers of  the 42nd Croatian Home Guard Infantry Division  

    1914年8月、第42クロアチア内戦歩兵師団のオーストリア・ハンガリー人兵士が

  • murdered Momčilo's parents, grandmother, his  three sisters, and four of his brothers. The  

    モムチロの両親、祖母、3人の姉妹と4人の兄弟を殺害しました。殺害されたのは

  • invading soldiers also burned his home to the  ground. Momčilo survived because he wasn't at  

    侵略してきた兵士たちも 彼の家を燃やしましたモムチロは生き延びました

  • home when the attack happened. His fatheranticipating trouble, had sent him to his uncle's.

    襲撃があった時には家にいた彼の父親は トラブルを予想して 彼を叔父の家に送っていた

  • Momčilo returned home to a horrific scene which  was burned into his mind for the rest of his life.  

    モムチロは、一生心に焼き付いた恐ろしい光景を見て帰宅した。

  • With most of his family dead and nowhere to  live, Momčilo ran to a nearby town where the  

    彼の家族のほとんどが死んで、どこにも住むところがないので、Momčiloは近くの町に走った。

  • 6th Artillery Division of the Serbian army was  stationed. Upon hearing Momčilo's tragic news,  

    セルビア軍の第6砲兵師団が駐屯していました。モムチロの悲報を聞いて

  • Major Stevan Tucović, accepted him into  his unit. Another soldier in the unit,  

    スティーバン・トゥコビッチ少佐が 彼を受け入れました部隊内のもう一人の兵士。

  • Miloš Mišović, was assigned to look after  Momčilo. The same evening, Momčilo took  

    ミロシュ・ミショビッチは モムチロの世話をすることになりました。同じ日の夜、 モムチロは

  • revenge by going on a scouting mission with Miloš  and showing the Serbian Army the location of the  

    ミロシュと一緒に偵察に行き、セルビア軍に場所を教えて復讐する。

  • Austro-Hungarian soldiers. He also participated  in the subsequent bombardment of the invaders.

    オーストリア・ハンガリー軍の兵士。その後の侵略者の砲撃にも参加した。

  • After the Battle of Cer, when Momčilo was 8, he  was promoted to the rank of Corporal and given  

    セルの戦いの後、モムチロが8歳の時に伍長に昇格して

  • a military uniform. During the winter of 1914,  Momčilo fought along his unit in the Battle of  

    軍服1914年冬 モムチロは自分の部隊と一緒に 戦闘に参加しました。

  • Kolubara. In early 1915 when the Serbian army  crossed the snow-covered Albanian mountains,  

    コルバラ1915年初頭、セルビア軍が雪に覆われたアルバニアの山を越えたとき。

  • Momčilo marched right alongside  the rest of the soldiers.

    モムチロは残りの兵士たちと一緒に行進しました。

  • When his unit was sent to Thessaloniki in GreeceMajor Tucović sent Momčilo to a safe small town in  

    彼の部隊がギリシャのテッサロニキに派遣された時、トゥコビッチ少佐はモムチロをギリシャの安全な小さな町に派遣しました。

  • Macedonia where he quickly went through the  equivalent of 4 years of elementary school  

    マケドニアでは、小学校4年分の学校をあっという間に卒業してしまいました。

  • crammed into several months. Later Momčilo  was wounded during the Battle of Kajmakcalan.  

    数ヶ月の間に詰め込まれました。後にモムチロはカジュマクカランの戦いで負傷した。

  • At 10 years old he was promoted to Lance Sergeant.

    10歳で槍軍曹に昇進した。

  • After the liberation of Belgrade in 1918, Major  Tucović helped Momčilo receive aid from a British  

    1918年にベオグラードが解放された後、トゥコビッチ少佐はモムチロがイギリスから援助を受けるのを助けた。

  • mission that was helping war orphans in  Serbia. Momčilo was sent to England for  

    セルビアの戦争孤児を助ける使命を担っていました。モムチロはイギリスに送られて

  • high school. In 1921 after graduating at age  15, Momčilo returned to Serbia per the orders  

    高校を卒業した。1921年 15歳で卒業した後 モムチロはセルビアに戻りました

  • of the Serbian Prime Minister who wanted all the  war orphans to return home. He was reunited with  

    戦争孤児を全員帰国させようとしたセルビア首相のと再会した。

  • his 3 older brothers who had already left  home before the family massacre in 1914.

    1914年の一家大虐殺の前にすでに家を出ていた3人の兄。

  • In 1929, 23 year old Momčilo was conscripted into  the army. He reported that he had already served  

    1929年、23歳のモムチロは軍隊に徴兵された。兵役に就いたことを報告しました。

  • in the army during WWI, had been wounded and had  even received an Albanian Commemorative Medal.

    第一次世界大戦中に軍隊に所属し、負傷し、アルバニア人記念メダルを受賞したこともあります。

  • An ethnic Croat officer in the Royal  Yugoslav Army tried to force Momčilo  

    ユーゴスラビア陸軍のクロアチア人将校がモムチロを強制しようとしました。

  • into signing a confession that he was  lying about his World War I service.  

    第一次世界大戦の兵役について嘘をついていたという自白に署名していた。

  • Momčilo refused to sign and ended up serving two  months in jail. After another stint in the army,  

    モムチロは署名を拒否して、2ヶ月間刑務所で服役することになりました。軍隊に入った後

  • Momčilo worked as a graphic designer and  got married. Years later, he was called  

    モムチロはグラフィックデザイナーとして働いていましたが、結婚しました。数年後、彼は

  • up and served in World War II. Momčilo ended up  being captured twice by German occupying forces.

    第二次世界大戦に参加しました。モムチロは結局 ドイツ占領軍に2回捕まりました

  • It's hard to estimate how many underaged soldiers  were killed while serving in World War I.  

    第一次世界大戦で兵役中に殺された未成年兵士の数を推定するのは難しい。

  • For those lucky enough to return home, the  horror of what they saw and experienced  

    運良く帰国できた人にとっては、見たもの、体験したものの恐ろしさ

  • often haunted them the rest of their lives.

    彼らはしばしば彼らの残りの人生に悩まされていました。

  • Sadly, underaged soldiers are not just  a phonomena that happened in the past.  

    悲しいことに、未成年の兵士は過去に起こった現象ではありません。

  • Today, thousands of children around  the world are forced into war  

    今日、世界中で何千人もの子供たちが戦争を余儀なくされています。

  • or forced to serve as menial or  slave labor to support fighters.  

    兵士を支援するために下働きや奴隷労働を強いられることもあります。

  • The United Nations Children's Fund (UNICEFand other organizations continue to work to  

    国連児童基金(ユニセフ)をはじめとする団体は、引き続き

  • improve the plight of child soldiers and remove  those under 18 from fighting wars altogether.

    子供兵士の窮状を改善し、18歳未満の人たちを戦争との戦いから完全に取り除く。

  • How and why did World Warstart? You can find out here:

    第一次世界大戦はどのように、そしてなぜ始まったのか?ここで知ることができます。

  • During World War I, a new kind  of fighting machine was created:  

    第一次世界大戦中、新種の戦闘機が誕生した。

  • the tank. However it took a while  to work out some kinks in design.  

    タンク。しかし、それは設計上の問題を解決するのに時間がかかりました。

  • Check out the story of Little Williethe most useless tank ever made here:

    今までで一番役に立たない戦車「リトル・ウィリー」のストーリーをここでチェックしてみてください。

The gently rolling green landscape of  the Somme is no longer recognizable.  

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 兵士 イギリス 大戦 セルビア ドイツ セント

第一次世界大戦の少年兵 (The Boy Soldiers of WWI (World War 1))

  • 4 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 19 日
動画の中の単語