Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Almost everyone online has heard of the Russian  Sleep Experiment. It's a terrifying story about  

    ネット上ではほとんどの人がロシアの睡眠実験を聞いたことがあります。についての恐ろしい話です

  • a group of political dissidents forced to take  an experimental chemical by the Soviets - a  

    ソビエトの実験薬を強制的に服用させられた反体制派の政治家たち。

  • chemical that takes away their ability to  sleep. Over the following days and months,  

    睡眠能力を奪う化学物質それからの数日と数ヶ月の間に

  • the subjects of this brutal experiment go insanemany die, and some even take on otherworldly or  

    この残酷な実験の被験者は正気を失い、多くの人が死に、何人かは異世界や他の世界のものになってしまう。

  • demonic qualities. Thankfully, the Russian Sleep  Experiment is just an Internet creepypasta,  

    悪魔のような性質ありがたいことに ロシアの睡眠実験は ただのインターネットのクリープパスタだ

  • but the nine sleep deprivation experiments  we're discussing today are horrifyingly real.

    しかし、今日ご紹介する9つの睡眠遮断実験は恐ろしいほど現実的です。

  • Today, we're going to explore all of them, from  least to most crazy. Some of these impressive  

    今日は、少なくともから最もクレイジーなものまで、そのすべてを探求していきます。これらの印象的なもののいくつかは

  • acts of sleep-deprivation were done for scienceothers for more practical reasons, and some even  

    睡眠遮断の行為は、科学のために行われたものもあれば、より現実的な理由で行われたものもあります。

  • just because they could. And at the very endwe're going to tell you about a real disease  

    できるからといってそして最後の最後に、実際の病気の話をします

  • which can cause you to never sleep again, to  frightening and deadly results. So pour yourself  

    二度と眠れない原因になります 恐ろしくて致命的な結果になりますだから自分自身に

  • a cup of coffee and crack open the red bull: These  are nine Horrific Real Life Sleep Experiments.

    コーヒーを一杯飲んで レッドブルを割るこれらは9つの恐ろしい現実の睡眠実験です。

  • 9. Peter Tripp's 201 Hour DJ Set

    9.ピーター・トリップの201時間DJセット

  • The year is 1959. American Radio DJ Peter Tripp  has decided he wants to raise money for children  

    年は1959年。アメリカのラジオDJピーター・トリップは、子供たちのためにお金を集めたいと決めました。

  • in need, and what's more, he's thought of  the perfect way to do it: Locking himself  

    彼は完璧な方法を考えました自分自身をロックして

  • in a glass box in the middle of Time's Square and  spinning records for 201 hours straight while the  

    タイムズスクエアの真ん中にあるガラスの箱の中で201時間レコードを紡ぎ続けている間に

  • general public looked on in. To save you the maththat's over eight straight days of hardcore DJing.  

    一般の人たちが見ていました計算を節約するために、8日間連続でハードコアDJをしたことになります。

  • How he planned to bathe or go to the bathroom in  that time without breaking public indecency laws  

    公然わいせつ法を破らずに、その時にどのように入浴やトイレに行こうと計画したのか

  • we'll just leave to your imaginationHe entered his giant goldfish bowl on  

    ご想像にお任せします 彼の巨大な金魚鉢に入ったのは

  • day one in high spirits, ready to undertake  this crazy feat of human endurance.

    初日は気合いを入れて、人間の持久力という異常な偉業を引き受ける準備をしています。

  • However, by day three, the lack of sleep  was really starting to get to Mr. Tripp.  

    しかし、3日目になると、睡眠不足がトリップ氏を苦しめ始めていた。

  • He began experiencing severe hallucinationslike believing there were spiders in his shoes.  

    靴の中にクモがいると信じているようなひどい幻覚を見始めた。

  • He would also become irritable, paranoid, and  confused, cursing at the people around him.  

    また、イライラしたり、猜疑心が強くなったり、混乱したりして、周りの人を罵倒するようになる。

  • Sleep scientists observing this charitable act  of masochism found that Tripp's hallucinations  

    睡眠科学者がこのマゾヒズムの慈善行為を観察していて トリップの幻覚を発見しました

  • often occurred during the 90 minute REM  sleep cycle, the stage in sleep that people  

    90分間のレム睡眠サイクルの間に発生したことが多い。

  • tend to experience dreams. Tripp was so sleep  deprived he was literally dreaming while awake.

    夢を見る傾向があります。トリップは睡眠不足だったので、彼は文字通り起きている間に夢を見ていた。

  • Many of his family and friends claimed  the sustained sleep deprivation forever  

    彼の家族や友人の多くは、持続的な睡眠不足を永遠に主張していました。

  • changed Peter Tripp. Soon after, his marriage  broke down, and he left the radio business to  

    はピーター・トリップを変えた。その後すぐに結婚生活が破綻し、ラジオ事業を離れて

  • become a traveling salesman. Think this  is wild? It's nothing compared to...

    旅のセールスマンになるワイルドだと思う?それは比べ物にならない...

  • 8. Randy Gardner's sleep deprivation world record

    8.ランディ・ガードナーの睡眠不足世界記録

  • These days, the Guinness Book of World Records  doesn't observe world records related to sleep  

    最近ではギネスブックでも睡眠に関する世界記録は観測されていません。

  • deprivation, out of fear that it could lead  aspiring world record holders to commit  

    奪い合い

  • self-destructive acts. This was not the case in  1964, when high school student Randy Gardener  

    自己破壊的な行為1964年に高校生のランディ・ガーデナーが

  • managed to achieve the highest universally  agreed upon record for sleep deprivation:  

    睡眠不足のための最高の普遍的に合意された記録を達成することに成功しました。

  • 11 days and 24 minutes. This particular  study in sleep deprivation was so  

    11日と24分。睡眠不足のこの特定の研究はとても

  • special because it was closely observed and  documented by a large number of researchers,  

    多くの研究者によって綿密に観察され、記録されているため、特別なものとなっています。

  • including a sleep expert from Stanford University.

    スタンフォード大学の睡眠専門家を含む

  • Much like Peter Tripp, Randy began  to experience confusion, paranoia,  

    ピーター・トリップのように、ランディは混乱と被害妄想を経験し始めた。

  • and even hallucinations as his sleeplessness  progressed. However, he managed to stay lucid  

    睡眠不足が進行すると 幻覚を見ることもありましたがしかし、彼はなんとか明晰な状態を維持することができました

  • enough to win a pinball match against one of  his observers on the tenth day of no sleep.  

    眠らない10日目に彼の観察者の一人とのピンボールの試合に勝つのに十分な量だ。

  • If that doesn't make you feel insecure about  your pinball skills, I don't know what will.

    それでピンボールの技術に不安を感じないなら、何が起こるかわからない。

  • But losing sleep on your own is one thing. What  if, like the Russian Sleep Experiment itself,  

    しかし、自力で睡眠を失うことは一つのことです。もしロシアの睡眠実験そのもののように

  • a whole group of people were  deprived? This brings us to...

    集団の人々が奪われたのですか?これは私たちに...

  • 7. Shattered - a Reality TV show from 2004

    7.シャタード - 2004年のリアリティTV番組

  • This sleep deprivation experiment  brings us back to jolly old England,  

    この睡眠遮断実験は、私たちを陽気な昔のイギリスに連れ戻してくれます。

  • the world's chief exporter of  morally-questionable reality TV.  

    道徳的に疑問のあるリアリティTVの世界的な輸出大国。

  • Back in 2004, Shattered - a play on a common  British expression fortired” - decided to  

    2004年、Shatteredは、「疲れた」というイギリスの一般的な表現を使って、次のようなことを考えました。

  • pit 10 contestants against one another for a  £97,000 cash prize. What was the challenge?  

    ピット10人の出場者が 互いに競い合って£97,000の賞金を獲得します挑戦とは何だったのでしょうか?

  • Stay awake for seven days, while completingseries of increasingly difficult challenges.

    7日間起きていられるようにしながら、どんどん難しくなっていく課題をクリアしていきましょう。

  • In the end, contestant Clare Southern took home  the grand prize after remaining awake for 178  

    最終的には、クレア・サザンさんが178分間起きていたことで大賞を獲得しました。

  • hours. The rest were probably at leastlittle happy with the consolation prize:  

    時間。あとは慰安婦賞くらいは喜んでいたのではないでしょうか。

  • Getting the best night's sleep of  their entire lives. Thankfully,  

    一生のうちで最高の睡眠を得るためにありがたいことに

  • none of the contestants experienced  any kind of long-term negative side  

    出場者の誰一人として、長期的な負の側面を経験していません。

  • effects for their participation. But  for all the narcissists out there,  

    彼らの参加のための効果。しかし、そこにいるすべてのナルシストのために

  • our next Sleep Experiment answers a more troubling  question: Will sleep deprivation make you uglier?

    次の睡眠実験はもっと厄介な質問に答えます睡眠不足はあなたを醜くするのでしょうか?

  • 6. SwedishBeauty SleepExperiment

    6.スウェーデンの「美睡眠」実験

  • We're in scenic Sweden for this sleep studyasking whether the old truism about needing  

    私たちは、この睡眠研究のためにスウェーデンの風光明媚な場所にいます。

  • beauty sleep actually holds any water. And  it turns out, according to a 2013 study  

    美容睡眠は実際に水を保持しています。そして、それは2013年の研究によると、判明した

  • into the correlation between fatigue and facial  expressions, it may actually be totally right.

    疲労と表情の相関関係を調べてみると、実は全く正しいかもしれません。

  • They photographed 5 men and 5 women  after a normal, healthy night's sleep,  

    普通に健康的な睡眠をとった後に、男女5人ずつ撮影したそうです。

  • and again after 31 hours of sleep deprivationAn impartial group of 40 people were then asked  

    と31時間の睡眠不足の後に再度質問しました その後、40人の公平なグループが

  • to judge the faces in the photos. They found  that the sleep deprived faced had, quote,  

    写真の顔を判断するために彼らは睡眠不足の顔を発見しました、引用します。

  • more hanging eyelids, redder eyes, more swollen  eyes, darker circles under the eyes, paler skin,  

    "まぶたが垂れ下がり、目が赤くなり、目が腫れ上がり、目の下のクマ、肌の色が薄くなる

  • more wrinkles/fine lines, and  more droopy corners of the mouth.”

    "より多くのシワ/小じわと口角の下垂"

  • This actually leads nicely into our nextand even more anxiety-inducing study:  

    これは、実際には私たちの次の段階へとつながり、さらに不安を煽るような研究へとつながっていきます。

  • Will people want to avoid you  if you look sleep deprived?

    睡眠不足に見えると人は避けたがるのでしょうか?

  • 5. 2017 Swedish Sleep Experiment

    5.2017年 スウェーデン睡眠実験

  • For some reason, the Swedish are really  interested in seeing how people react  

    なぜかスウェーデン人は人の反応を見たいと思っています

  • to the sleep deprived. In 2017, they performed  a study into how people perceive others with  

    を睡眠不足の人に2017年、彼らは他人をどのように知覚するかという研究を行いました。

  • sleep deprivation. 122 people rated photos  of 25 people after 2 days of not sleeping,  

    睡眠不足。122人が2日間寝ないで撮った写真を25人が評価しました。

  • and the scientists performing the study  found an interesting cluster of results.

    と研究を行っている科学者たちは、興味深い結果のクラスタを発見しました。

  • The subjects reported that they were less  inclined to socialize with the sleep-deprived  

    被験者は、睡眠不足の人との付き合いが少なくなったと報告した。

  • people. The sleep-deprived people were seen as  less healthy, and more sleepy. No surprise there.  

    の人たちのことを指しています。睡眠不足の人たちは 健康ではなく 眠いと見られていました驚きはありません

  • The subjects also reported that they found the  sleep-deprived people less attractive overall,  

    また、被験者は、睡眠不足の人は全体的に魅力がないと感じたと報告しています。

  • suggesting a good night's sleep  is key to protecting your mojo.  

    質の良い睡眠を提案することは、あなたのモジョを守るための鍵となります。

  • And in one minor positive for  the sleep-deprived, there were  

    そして、睡眠不足の方にはマイナーポジティブなことですが、以下のようなことがありました。

  • no reported changes in the trustworthiness of  Sleep-deprived people. So at least there's that.

    睡眠不足の人の信頼度に変化は報告されていませんだから少なくともそれはあります

  • But now it's time to look at a much more  horrifying and serious question: Can sleep  

    しかし、今はもっと恐ろしくて真面目な疑問を見てみましょう。睡眠は

  • deprivation kill you? It's a heavy question  indeed, but thankfully, we have the answers.

    剥奪はあなたを殺すのか?重い質問ですが、ありがたいことに、私たちは答えを持っています。

  • 4. Can sleep deprivation kill you?

    4.睡眠不足で死ぬことはあるのか?

  • Now, if we're simply talking about people innormal, healthy environment - I.e., somewhere  

    さて、単純に普通の健康的な環境にいる人たちの話をしているとしたら、つまりどこかで

  • you don't have soldiers with rather large, nasty  guns keeping you awake at all hours - studies have  

    兵士が大きくて厄介な銃を持っていて、四六時中目を覚ましているわけではないという研究結果が出ています。

  • shown that humans have evolved some biological  mechanisms that keep them from dying due to  

    人間は、以下の原因で死なないようにする生物学的メカニズムを進化させてきたことが示されています。

  • sleep deprivation. The body literally forces  you to sleep for brief, seconds-long periods  

    睡眠不足。体は文字通り、短時間、数秒から数秒の間、眠ることを強制します。

  • known asmicro-sleep”, allowing humans  to survive prolonged sleep deprivation.

    マイクロスリープ」として知られ、人間は長時間の睡眠不足を乗り切ることができます。

  • However, just because you can doesn't mean  you should. Chronic sleep deprivation has  

    しかし、できるからといって、やってはいけないというわけではありません。慢性的な睡眠不足は

  • been linked to everything from  high blood pressure to dementia,  

    高血圧から認知症に至るまでの全てに関連している。

  • so make sure you're catching those zees whenever  you can. There are other ways you can die from  

    可能な限りジーを捕まえるようにしてください他にも以下のような方法で死ぬことができます

  • lack of sleep - one such way being the reason  why heavy machinery has a “do not operate while  

    睡眠不足 - そのような方法の一つが、重機に「運転中は操作しないでください」という理由である。

  • tiredwarning. Tired drivers sadly causehuge number of car crashes every single year.

    疲れた」警告疲れたドライバーは悲しいことに毎年膨大な数の交通事故を引き起こしています。

  • While the answer to the question of whether  sleep deprivation can kill humans is actually  

    睡眠不足が人間を殺すかどうかという問いに対する答えは、実際には

  • pretty reassuring, our next set of studies  sadly don't have a very happy ending...

    心強いですね 次の勉強は悲しいかな ハッピーエンドではありませんが...

  • 3. Can sleep deprivation kill animals?

    3.睡眠不足は動物を殺すことができるのか?

  • It doesn't get any less horrifying from  here, folks. Two different studies - one  

    ここから先は、恐ろしいことにはならないよ、皆さん。2つの異なる研究 - 1つは

  • from 1983 and another from 1995 - basically  performed the Russian Sleep Experiment on rats,  

    1983年からと1995年からの別の - 基本的にはラットのロシアの睡眠実験を行った。

  • and found that they were extremely  susceptible to its effects. Unlike humans,  

    と、その影響を非常に受けやすいことがわかりました。人間と違って

  • the rats' ability to micro-sleep is quarantined  at any given time to a tiny part of the brain.  

    ネズミの能力であるマイクロスリープは、いつでも脳のごく一部に隔離されています。

  • As a result, it isn't nearly as effective at  preserving vital brain functions. Rats die  

    その結果、重要な脳の機能を維持する効果はほとんどありません。ネズミは死ぬ

  • as a result of this between 11 and 32 days, and  they're probably grateful for it at that point.

    11日から32日の間の結果として、その時点で感謝されているのでしょう。

  • At the tail end of the nineteenth centurythe Russians themselves got in on the action,  

    19世紀の終わりには、ロシア人自身が行動に参加した。

  • performing two studies in 1894 and 1898 -  conducted by some scientists who definitely  

    1894年と1898年の2つの研究を行っています。

  • weren't dog people. With the help  of a number of Italian scientists,  

    犬の人間ではありませんでしたイタリアの科学者の助けを借りて

  • they kept a group of dogs awake by  continually forcing them to walk. All  

    彼らは継続的に犬を無理やり歩かせることで、犬たちを目覚めさせていました。すべての

  • of these dogs died of sleep deprivation  and exhaustion within a two week period.

    の犬が2週間以内に睡眠不足と疲労困憊で死亡した。

  • Before we get into the darkest and  most horrifying sleep studies of  

    の暗くて恐ろしい睡眠研究に入る前に

  • all - and the disease that literally  kills you with a permanent lack of  

    すべて - そして、文字通り永久的な欠乏であなたを殺す病気。

  • sleep - let's take a quick break and  look at a slightly more useful study.

    睡眠 - 少し休憩して、少しだけ役に立つ勉強を見てみましょう。

  • 2. Can controlled sleep deprivation  actually alleviate depression?

    2.コントロールされた睡眠遮断は、実際にうつ病を緩和することができるのか?

  • That's right. Typically, when you think  of sleep deprived people, you think of  

    その通りです。一般的に、睡眠不足の人といえば

  • the kinds of people we've described: Grumpyparanoid, and irritable. But for some people,  

    私たちが説明してきたような人たちです。不機嫌で偏執症で イライラしやすいしかし、一部の人にとっては

  • it seems that a little sleep deprivation can  actually help combat depressive episodes.  

    ちょっとした睡眠不足が、実は鬱病のエピソードに効くようです。

  • A study has shown that a single 24 hour period of  Sleep Deprivation Therapy (SDT) improves both mood  

    24時間の睡眠遮断療法(SDT)を1回行うだけで、気分の両方が改善されるという研究結果が出ています。

  • and behavior in people with treatment-resistant  depression or bipolar disorder.

    治療抵抗性のあるうつ病や双極性障害の人の行動と

  • These periods of improved mood and behavior have  been known to last up to 48 hours. Perhaps, with  

    このような気分や行動が改善される期間は、最大で48時間続くことが知られています。おそらく

  • further research, Sleep Deprivation Therapy can  be a valuable part of treatment plans for people  

    さらなる研究の結果、睡眠遮断療法は、人々の治療計画の貴重な一部となる可能性があります。

  • suffering from severe depressive mental disordersIn 2017, a review into 66 similar studies  

    重度のうつ病性精神障害に悩む 2017年、66の類似研究へのレビューでは

  • concluded: “These findings support a significant  effect of sleep deprivation and suggest the need  

    と結論づけた。"これらの知見は、睡眠不足の有意な効果を支持し、その必要性を示唆しています。

  • for future studies on the phenotypic nature of  the antidepressant response to sleep deprivation.”

    睡眠遮断に対する抗うつ反応の表現型の性質に関する今後の研究のために"

  • And now from depressive to depressing. Let's look  at the most horrifying sleep experiments of all,  

    そして今度はうつ状態からうつ状態へ。最も恐ろしい睡眠実験を見てみましょう。

  • and perhaps the closest to the events depicted  in the legendary Russian Sleep Experiment.

    とおそらく伝説のロシアの睡眠実験で描かれたイベントに最も近い。

  • 1. Sleep Deprivation as a form of Torture

    1.拷問の一形態としての睡眠遮断

  • Even if sleep deprivation can't normally  kill you, that doesn't mean it doesn't  

    睡眠不足で普通は死なないとしても

  • suck to experience it against your willAnd several world governments have taken  

    自分の意思に反して体験することは 吸いつくされます そしていくつかの世界政府は

  • advantage of this fact to use sleep deprivation  as a form of torture against their prisoners,  

    この事実を利用して、囚人に対する拷問の一形態として睡眠遮断を利用しています。

  • either in interrogation or just for sadistic funThe most infamous user of this particular kind  

    尋問でもサディスティックな楽しみでも この種の最も悪名高いユーザーは

  • of torture is actually the Central Intelligence  Agency, on behalf of the United States of America.

    拷問の正体は、実はアメリカを代表して中央情報局(CIA)です。

  • In 2005, the CIA admitted to authorizing up  to 180 hours of continuous sleep deprivation  

    2005年、CIAは最大180時間の継続的な睡眠不足を認めました。

  • during interrogations. That's over a week  without sleep. This was a common form of  

    尋問中に一週間以上も寝ていませんでしたこれは一般的な形で

  • torture used in the Abu Ghraib detention  facility in Iraq. In 2014, the US was even  

    イラクのアブグレイブ拘置所で使われた拷問2014年には、アメリカはさらに

  • criticized by the United Nations for their  use of sleep deprivation torture techniques.

    睡眠奪取拷問の手法を使っているとして、国連から批判された。

  • Though in what seems like another  nod to the Russian Sleep Experiment,  

    ロシアの睡眠実験への別のうなずきのように見えるが。

  • it's likely that the US was inspired  in their use of sleep deprivation  

    アメリカが睡眠不足を利用したことに触発されたのかもしれない

  • torture by the earlier actions of the  Soviets. It's a particularly grisly  

    ソ連の先の行動による拷問ですそれは特に悲惨な

  • example of cross-cultural exchange  from two international superpowers.

    2つの国際的な超大国からの異文化交流の例。

  • And there you have it, folks, nine  real sleep studies ranging from  

    皆さん、9つの実際の睡眠研究の範囲は

  • weird to utterly terrifyingSo you're probably wondering:  

    奇妙なものから恐ろしいものまで だから疑問に思っているでしょう

  • What's the horrifying condition that can cause  you to literally die from a lack of sleep,  

    寝不足で文字通り死んでしまう恐ろしい状態とは?

  • despite humans seemingly having biological  defence mechanisms against such a horrible  

    人間はそのような恐ろしいものに対する生物学的防御機構を持っているように見えるにもかかわらず

  • fate? Allow us to introduce you to the rare  condition of Fatal Insomnia - the disease that  

    運命的不眠症?致命的な不眠症という珍しい病気を紹介させてください。

  • keeps you awake until you go mad and die, just  like the victims of the Russian Sleep Experiment.

    ロシアの睡眠実験の犠牲者のように、気が狂って死ぬまで目を覚まし続ける。

  • There are two varieties of this chilling  illness: Fatal familial insomnia and sporadic  

    この冷え性の病気には2つの種類があります。致命的な家族性不眠症と散発的な

  • fatal insomnia. The former is a familial genetic  disease, and the latter could - in theory - happen  

    致命的な不眠症前者は家族性の遺伝病であり 後者は-理論的には-起こりうるものです

  • to anyone. The disease has no known cure, and  nobody who has ever contracted the disease  

    を誰にでも言えることです。この病気には治療法がなく 感染した人は誰もいません

  • has survived eighteen months beyond the first  onset of symptoms. Much like CreutzfeldtJakob  

    症状の最初の発症から18ヶ月も生き延びていますクロイツフェルト・ヤコブのように

  • disease, or Mad Cow Disease, this disorder  is caused by misfolded proteins in the brain  

    狂牛病と呼ばれるこの病気は、脳内のタンパク質が誤って折り畳まれてしまうことで引き起こされます。

  • known as prions. It's unlikely you'll even know  you're sick until it's already far too late.

    プリオンとして知られています病気だと気づくのは 手遅れになるまでは 難しい

  • The disease occurs in four stages: In the firstthe victim experiences prolonged insomnia,  

    この病気は4つの段階に分けて発症します。最初の段階では、被害者は長期の不眠症を経験します。

  • paranoia, and fear. In the second, they'll  experience increasing hallucinations and panic  

    被害妄想と恐怖第二の段階では 幻覚やパニックの増加を経験します

  • attacks. In the third, they'll begin to rapidly  lose weight as their physical health declines.  

    の攻撃を受ける。3つ目では、身体の健康状態が低下すると急激に体重が減り始めます。

  • Finally, in the fourth stage, the victim will slip  

    最後に、第四段階では、被害者が滑る

  • into a state of severe dementia and lose  their mind entirely. In this final stage,  

    重度の認知症状態に陥り、完全に精神を失ってしまいます。この最終段階では

  • they'll essentially be locked into their own  bodies, becoming completely mute and unresponsive.

    彼らは本質的に自分の体に閉じ込められて完全に無言で無反応になります。

  • Of course, things are well beyond  the point of no return by this point,  

    もちろん、この時点では、物事はすでにノーリターンの域をはるかに超えています。

  • and the victim of this horrifying  disease will die shortly afterwards.

    そして、この恐ろしい病気の犠牲者はまもなく死んでしまいます。

  • Sleep well. If you can...

    よく眠ってできれば...

  • Now check outRussian Sleep  Experiment - EXPLAINED”  

    今すぐ「ロシアの睡眠実験 EXPLAINED」をチェックしてください。

  • and “50 Insane Facts About  Sleep You Didn't Knowfor more!

    と「あなたが知らなかった睡眠についての50の非常識な事実」の詳細については!

Almost everyone online has heard of the Russian  Sleep Experiment. It's a terrifying story about  

ネット上ではほとんどの人がロシアの睡眠実験を聞いたことがあります。についての恐ろしい話です

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 睡眠 不足 実験 研究 遮断 恐ろしい

恐ろしい現実の睡眠実験 (Horrific Real Life Sleep Experiments)

  • 7 1
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 17 日
動画の中の単語