Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's the Fifth Century, and you're a Roman guard posted outside the city of Serdicanow

    それは5世紀のことで、あなたはローマの警備員だ セルディカの街の外に配置されています。

  • Sofia, the modern capital of Bulgaria.

    ブルガリアの近代的な首都ソフィア。

  • It's been an uneventful day, overseeing the passage of citizens and traders through

    何事もなかった一日だった市民と商人の通過を監督して

  • the city limits, and you're settling into the night shift.

    市街地で夜勤明けの生活に落ち着くんだな

  • But that's when you hear itit sounds like thunder, but the sky is clear.

    しかし、それはあなたがそれを聞いたときです - それは雷のように聞こえますが、空は晴れています。

  • In the distance, something is getting closer: Horsemen, thousands of them, armoured with

    遠くでは何かが近づいてきている 何千人もの騎馬兵が

  • thick, tanned leather, wielding bows and swords.

    弓や剣を振るう、厚手のななめし革。

  • Your blood runs cold.

    あなたの血は冷たくなっている

  • At the head of the army rides a warrior so legendary he can strike terror into the heart

    軍隊の先頭には伝説の戦士が乗っている彼は心に恐怖を叩き込むことができる

  • of any soldier in Europe: Attila the Hun.

    ヨーロッパのどの兵士よりもフン族のアッティラ

  • He's a man with a near-perfect record in battle.

    戦闘ではほぼ完璧に近い成績を残している人です。

  • He slaughters men, women, and children alike, showing no mercy.

    彼は男も女も子供も虐殺し、慈悲を示さない。

  • Rumour has it that the sword he wields was left to him by Mars, the God of War himself.

    噂によると、彼が振るっている剣は、戦神マルスが彼に残したものだそうです。

  • Any city sacked by the Hunshis legendary nomadic warrior people, and perhaps one of

    フン族に略奪された都市 - 彼の伝説的な遊牧民の戦士の人々、そしておそらくそのうちの1つ。

  • the most iconic and brutal cavalries of all timeis destined to be pillaged and burned

    史上最も象徴的で残忍な騎馬隊は、略奪され、焼かれる運命にある

  • to the ground.

    地面に

  • To many in the territories of the Roman Empireincluding the Greeks, the Balkans, the

    ローマ帝国の領土の多くの人々に - ギリシャ人、バルカン半島、バルカン半島を含む。

  • Goths, and the Gaulshe's known by an even more frightening name: Flagellum Dei,

    ゴート人やガリア人はもっと恐ろしい名前で知られています。

  • the Scourge of God.

    神の惨劇。

  • You pray to your pantheon of Gods as Attila and his barbarian army approaches your city

    アッティラとその蛮族の軍勢が街に近づいてきた時、あなたは神々のパンテオンに祈りを捧げる。

  • gates.

    ゲート。

  • There will be no escape.

    逃げ場はありません。

  • While this is a nightmare scenario for any Roman soldier, for Attila the Hun, it was

    これはローマの兵士にとっては 悪夢のシナリオだが フン族のアッティラにとっては

  • a Tuesday.

    火曜日

  • During his tenure as the King of the Hunnic people, between 434 CE and 453 CE, he sacked

    434年から453年の間にフン族の王として在任していた時、彼は略奪した。

  • over a hundred cities, leaving death and destruction in his wake.

    百以上の都市で死と破壊を残した

  • He earned a reputation as a fierce and terrifying warrior, a preternaturally skilled tactician,

    獰猛で恐るべき戦士としての評価を得ており、戦術に長けていた。

  • and a well-respected ruler among his people.

    そして、彼の民の間で尊敬されている支配者である。

  • But who really was this mysterious Fifth Century figure?

    しかし、この謎の5世紀の人物は本当に誰だったのでしょうか?

  • And in a history filled with bloody rulers, what singled this Hunnic King out as one of

    そして、血なまぐさい支配者で埋め尽くされた歴史の中で、何がこのフン族の王をその一人として選んだのか

  • the most evil men who ever lived?

    史上最も邪悪な男?

  • To truly understand the so-called Scourge of God, we need to go back to the beginning.

    いわゆる「神の惨劇」を真に理解するためには、初心に戻る必要があります。

  • While the exact date of Attila's birth is unknown, historians generally agree that it

    アッティラの生誕の正確な日付は不明ですが、歴史家は一般的にそれが誕生日であることに同意しています。

  • happened sometime between the year 400 AD and the year 410 AD.

    西暦400年と西暦410年の間に起こったことです。

  • He and his older brother Bleda were born into a powerful family, as his uncle, Rugila, was

    叔父のルギラのように、兄のブレダとともに豪族の家系に生まれた。

  • King of the Huns.

    フン族の王。

  • The origins of the Huns themselves are equally poorly documented.

    フン族の起源については、同様に文書化されていません。

  • They were a group of nomadic warriors based in and around Europe, but they likely descended

    彼らはヨーロッパを拠点とした遊牧民の戦士のグループであったが、彼らはおそらく子孫である。

  • from nomadic cavalrymen hailing from China or Kazakhstan, though historians dispute which

    騎馬兵の出身地は中国かカザフスタンであるが、どちらかは論争がある。

  • one is more likely.

    どちらかの方が可能性が高いです。

  • Nobody is even really sure what language the Huns spoke.

    フン族が何語を話していたのか、誰にも分からない。

  • That's probably because, to their enemies, the language they spoke most fluently was

    それはおそらく、敵にとって、彼らが最も流暢に話していた言語が

  • that of war and slaughter.

    戦争と虐殺のそれ。

  • Young Attila and his brother were groomed for battle and leadership from an early age,

    若きアッティラと弟は幼い頃から戦いとリーダーシップのために鍛えられていた。

  • being trained in the arts of horse riding, archery, and swordsmanship.

    馬術・弓術・剣術の修行

  • They would be taught Latin and Gothic, in order to properly interface with the Romans

    彼らはローマ人と適切に連携するために、ラテン語とゴシック語を学ぶことになります。

  • and the Goths, and attended Hun War Councils and negotiations to become well-versed in

    とゴート人との間で、フン戦争の協議会や交渉に参加して、フン戦争に精通するようになりました。

  • the art of conflict.

    葛藤の芸術。

  • While Attila would shape them into a living nightmare during his rule, the Huns were already

    アッティラが支配下にある間は 悪夢のような生活をしていたが フン族はすでに

  • terrifying warriors.

    恐るべき戦士たち

  • It's reputed that they were so geared towards battle that even their horses would pitch

    馬も投げるほどの戦闘志向だったと言われています

  • inbiting and beating enemy soldiers to death with their hooves.

    で - 敵兵に噛みつき、そのひづめで殴り殺すこと。

  • His Uncle Rugila had given Attila quite a reputation to live up toduring his reign,

    彼の叔父のルギラは、彼の治世の間、アッティラにかなりの評判を与えていた。

  • he terrorised the Eastern Roman Empire to such an extent that the Romans would give

    彼は東ローマ帝国を恐怖に陥れ、ローマ人が

  • the Huns an annual tribute to keep relations between the two kingdoms running smoothly.

    フン族に年貢を納めて両王国間の関係を維持しています。

  • So, when Rugila died in 433, while on campaign against Constantinopleknown these days

    ルギラが433年に死んだ時、コンスタンティノープルとの戦いの最中だった。

  • as IstanbulAttila and Bleda had their work cut out for them.

    イスタンブールとして - アッティラとブレダは、彼らのための仕事を持っていた。

  • The two Hunnic rulers shared leadership over their already vast territory, stretching across

    二人のフン族の支配者は、すでに広大な領土を支配していました。

  • most of Central Europe, but they wanted to consolidate these territories into a more

    中央ヨーロッパのほとんどの地域では、これらの領土をより強固なものに統合しようとしていました。

  • united fighting force.

    連合軍

  • Like a lot of new rulers, the Hunnic brothers needed a little outside helpwhich, for

    多くの新しい支配者のように、フンニック兄弟は少し外部の助けを必要としていました。

  • Attila and Bleda, came in the form of Aetius, the leading general of the Western Roman Empire.

    アッティラとブレダは、西ローマ帝国を代表する将軍アエティウスの形でやってきた。

  • You're probably thinking, “Wait, but I thought you said Attila the Hun terrorised

    待って、フン族のアッティラがテロを起こしたんじゃなかったっけ?

  • the Roman Empire?”

    "ローマ帝国?"

  • But the fact is, historical politics is rarely that simple.

    しかし、実際のところ、歴史的な政治はそう単純なものではない。

  • The Roman Empire during its golden centuries was obscenely huge, and as a result, Attila

    黄金時代のローマ帝国は、その結果、アッティラが

  • had violent relations with the Eastern Roman Empire while getting along smoothly with the

    東ローマ帝国との暴力的な関係を持ちながらも、順調に仲良くしていた。

  • Western Roman Empire.

    西ローマ帝国。

  • General Aetius had once been a hostage of the Huns, but through some carefully-planned

    エティウス将軍はかつてフン族の人質になっていたが、慎重に計画された計画によって

  • diplomacy, the Huns installed him into power in the Roman West.

    外交では、フン族はローマ西部の権力に彼をインストールしました。

  • Attila, Bleda, and Aetius lead their first ever military conquest into the territory

    アッティラ、ブレダ、アエティウスの3人は、史上初の軍事的な征服を率いて領土を征服した。

  • of Burgundians in France and Poland in order to solidify their grip on the region, almost

    フランスとポーランドのブルゴーニュ人をフランスとポーランドに派遣して、この地域の支配力を強化した。

  • entirely wiping them out in the process.

    その過程でそれらを完全に消去します。

  • Roman historian Prosper of Aquitaine would later write that the Huns and Aetius' forces

    ローマの歴史家であるアキテーヌのプロスパーは、後にフン族とエーティウスの軍勢について書いています。

  • had exterminated the roots and branches of the Burgundian people, leaving nothing in

    ブルゴーニュの人々の根と枝を絶滅させ、何も残っていなかった。

  • their wake.

    彼らの航跡のために

  • With the help of the Huns, Aetius was also able to stomp the Visigoths and the Franks,

    フン族の助けを借りて、アエティウスはまた、西ゴート族とフランク族を踏みつけることができました。

  • letting him maintain his rule over his territories with Attila's iron fist.

    アッティラの鉄拳で領土の支配を維持させた。

  • Meanwhile, Attila and Bleda had a major deal in the works.

    一方、アッティラとブレダは大きな取引をしていた。

  • Their first military conquests, as well as the sterling reputations of the Huns as a

    彼らの最初の軍事的な征服だけでなく、フン族が

  • group who should not be messed with, made the Eastern Roman Empire eager to appease

    東ローマ帝国をなだめることに躍起になったのは、「手を出してはいけないグループ」である。

  • the two brothers.

    二人の兄弟

  • Emperor Theodosius II formed the Treaty of Margus with Attila and Bledathe deal

    皇帝テオドシウス2世、アッティラとブレダとのマルグス条約を締結 - 取引

  • being to give Attila and Bleda seven hundred pounds of gold every year in exchange for

    アッティラとブレダに毎年100ポンドの金貨を渡すことになっていた

  • peaceful relations.

    平和的な関係。

  • It was basically the first Mafia protection racket, though Attila made your average mafioso

    アッティラはあなたの平均的なマフィオソを作ったが、それは基本的に最初のマフィアの保護ラケットでした。

  • look like a summer camp counsellor by comparison.

    夏合宿のカウンセラーみたいだな

  • Of course, the peace didn't lasthence why this video is calledmost evil man

    もちろん、平和は持続しませんでした - それゆえに、このビデオは "最も邪悪な男 "と呼ばれている理由です。

  • and notmost reasonable man.”

    "最も合理的な男 "ではなく

  • In 441, the Eastern Roman Empire moved their armies from the Balkans to North Africa in

    441年、東ローマ帝国はバルカン半島から北アフリカに軍を移して

  • a campaign against the Vandal-Alan kingdom.

    ヴァンダル・アラン王国との戦い。

  • While the treaty certainly seemed like a pretty sweet deal, without a heavy Roman military

    条約は確かにかなり甘い取引のように見えたが、ローマ軍の大規模な軍事力がなければ

  • presence, Attila saw the Balkans as free real estate.

    アッティラはバルカン半島を自由な不動産として見ていた。

  • He and Bleda began storming into the territory, sacking cities and bringing what little military

    彼とブレダは領土への襲撃を開始し、都市を略奪し、わずかな軍事力で

  • presence was left to their knees.

    存在感を放っていました。

  • The Eastern Roman Army, which had reached Sicily by this point, had to pull a 180 and

    この時点でシチリア島に到達していた東ローマ軍は、180度引いて

  • head back to face the Huns.

    フン族と対峙するために戻ってくる

  • Funnily enough, Attila and Bleda still wanted their yearly tribute, because they didn't

    不思議なことに、アッティラとブレダはまだ年貢を欲しがっていた。

  • actually see this Balkan Invasion as a breach of the Treaty of Margus.

    このバルカン侵攻をマルグス条約の違反と見ている

  • The Bishop of Margus had stolen treasures from the Hun royal tombs, and there were certain

    マルグスの司教がフン族の王家の墓から宝物を盗んだことがありました

  • Hun prisoners that the Eastern Roman Empire hadn't freed, as per a condition in their

    東ローマ帝国が解放しなかったフン族の囚人たちが

  • deal.

    取引をします。

  • The Balkan Invasion was just a little tit for tat.

    バルカン侵攻はただのお仕置きだったんだよ

  • The Huns rampaged all the way to Constantinople, burning major Roman cities like Serdica and

    フン族はコンスタンティノープルまで暴れ回りセルディカやローマの主要都市を焼き尽くした

  • Naissus to the ground in the process.

    その過程で地に足をつけたナイサス。

  • Attila had grabbed the Roman Empire by the throat and dragged it back to the negotiation

    アッティラはローマ帝国の喉元をつかんで交渉に引きずっていた

  • table, and this time, he wanted a much more lucrative deal.

    今回はもっと有利な取引を望んでいた

  • The Romans would now give him 2,100 pounds of gold annually, they would free the Hun

    ローマ人は彼に毎年2100ポンドの金貨を与えてフン族を解放した

  • prisoners, as originally promised, and they would give him an additional sum of 6,000

    囚人たちは、当初の約束通りに、さらに6,000ドルを彼に渡すことになっていた。

  • pounds of gold on the spot.

    その場でポンドの金

  • He drove a hard bargain, but considering the alternative was having the Hun army sack more

    彼は強硬な交渉をしたが、代替案としてフン軍にもっと多くの軍を略奪させることを考えれば

  • cities and steal tons of gold anyway, they capitulated to his demands.

    街を訪れて金を大量に盗むと、彼らは彼の要求に屈服した。

  • Thanks to Attila and Bleda's new deal, the Huns just became a whole lot richer.

    アッティラとブレダの新しい取引のおかげでフン族は大金持ちになった

  • Of course, there's a reason you've heard about Attila the Hun and not Bleda the Hun.

    もちろん、アッティラ・ザ・フンの話を聞いたことがあって、ブレダ・ザ・フンではないのには理由があります。

  • That's because, in 445 AD, it's believed that Attila had his brother assassinated to

    それは、西暦445年にアッティラが弟を暗殺して

  • consolidate his power over the Hunnic Kingdom.

    フンニック王国の権力を強化する。

  • As a solo act, Attila immediately became the most powerful military commander in all of

    一人芝居として、アッティラは瞬く間に全世界で最も強力な軍司令官となりました。

  • Europe, and the true golden age of the Huns was about to begin.

    ヨーロッパ、そしてフン族の真の黄金時代が始まろうとしていた。

  • Well, for the Huns themselves it was goldfor everyone else this era is better remembered

    まあ、フン族にとっては金だったが、それ以外の人にとっては、この時代の方が記憶に残っている。

  • in a deep shade of blood red.

    深い血の赤の色合いで

  • You're about to find out how Attila earned a reputation as The Scourge of God.

    アッティラがどうやって "神の惨劇 "として 評判を得たかを知ることになる。

  • By 447 AD, Attila had once again thrown out his treaty with the Eastern Roman Empire.

    西暦447年までに、アッティラは再び東ローマ帝国との条約を破棄した。

  • Sure, being given gold was fun, but taking it was much more satisfying.

    確かに、金を貰うのは楽しいけど、それを貰った方がずっと満足感があった。

  • He mercilessly slaughtered the Roman forces during a battle on the River Utus in Bulgaria

    ブルガリアのウトゥス川の戦いでローマ軍を容赦なく虐殺した。

  • as they attempted to stop him invading further into Roman territory.

    ローマの領土に侵入するのを 止めようとしたからだ

  • He continued his bloody conquest into the city of Chersonesus, where he once again beat

    彼は血なまぐさい征服を続けて シャルソネソスの街を訪れた そこで彼は再び

  • the Roman forces into submission.

    ローマ軍を服従させる

  • With nothing standing in his way, Attila sacked over seventy cities in Greece and the Balkans,

    アッティラはギリシャとバルカン半島の 70以上の都市を略奪した

  • likely murdering hundreds of thousands and stealing literal tons of gold and other valuables.

    何十万人も殺して文字通りのトン数の金やその他の貴重品を盗む可能性が高い。

  • Attila was on a winning streak the likes of which the world had never seen.

    アッティラは連勝していた 世界が見たこともないような 勝利だった

  • His forces were only halted at Thermopylae in Greece – a setting you may remember from

    彼の軍はギリシャのテルモピレーでのみ停止しました。

  • the story of King Xerxes of Persia's forces facing off against a detachment of a few thousand

    クセルクセス物語

  • Greek warriors over 800 years earlier.

    800年以上前のギリシャの戦士たち

  • Though once again, Attila came out on top, setting another brutally one-sided treaty

    しかし、再びアッティラがトップに立って、またもや残酷な一方的な条約を結んだ。

  • with the Romans to score himself even more tributes.

    ローマ人と一緒に自分自身をさらに多くの賛辞を獲得するために。

  • At this point, it's clear that a treaty with Attila the Hun was about as valuable

    この時点で、フン族のアッティラとの条約の価値は、

  • as Chuck-E-Cheese tokens, but the Romans would take even a bad deal with Attila to stop his

    チャック・E・チーズ・トークンとして だがローマ人は アッティラとの悪い取引でも 彼を止めようとする

  • attacks for at least a few years.

    の攻撃を少なくとも数年は受け続けています。

  • Everything was coming up for Attila.

    アッティラのために全てが出てきていた。

  • Through his various conquests, the Huns had won dominion over Scythia, Germania and Scandinavia,

    彼の様々な征服を通して、フン族はスキタイ、ゲルマニア、スカンジナビアの支配権を獲得しました。

  • becoming more powerful, influential, and feared than they had ever been before.

    今まで以上に力を持ち、影響力を持ち、恐れられています。

  • Attila had taken multiple wives, and carefully groomed his reputation as a warlord who was

    アッティラは複数の妻を娶っており、武将としての名声を慎重に磨いていた。

  • virtually impossible to defeat.

    倒すのは事実上不可能

  • He spread the rumour that his sword was given to him by Mars, the Roman God of war, to add

    彼の剣はローマの戦争の神マルスから与えられたという噂を広めた。

  • to his warrior prestige.

    彼の戦士としての威信に

  • His enemies and his followers looked to him as a kind of demi-god who could do no wrong

    彼の敵と信奉者は彼を悪事を犯すことができない悪魔のように見ていた。

  • on the battlefield.

    戦場で

  • Ironically, despite his love for conquest and gold, Attila as a person was probably

    皮肉なことに 征服と金を愛していたにもかかわらず アッティラは人としてはおそらく

  • nothing like you'd expect.

    思ったようなことはありません。

  • He was described by even enemies who met him outside of battle as a quiet and humble man

    戦場の外で出会った敵からも、彼は静かで謙虚な男だと評された。

  • who refused luxury and adornment.

    贅沢と装飾を拒否した

  • While his underlings drank from golden goblets, Attila drank from a simple wooden cup.

    彼の部下が金色のゴブレットを飲んでいる間、アッティラはシンプルな木のコップを飲んでいた。

  • His clothes were simple, plain, and unadorned, and his palace was less a traditional castle

    彼の服は質素で無地で飾り気のないもので、宮殿は伝統的な城というよりも

  • and more a large log cabin.

    そして、より大きなログキャビン。

  • He was a ferocious ruler who'd kill an enemy without blinking, but he valued a personal

    瞬きもせずに敵を殺す獰猛な支配者だったが、個人的なことを大切にしていた。

  • sense of justice and honour.

    正義感と名誉感。

  • Though his loyalty only extended so far, and if you crossed him, you would, no doubt, find

    彼の忠誠心は遠くにまで及んでいたが もし彼に逆らえば 間違いなく見つけるだろう

  • yourself on the end of his sword.

    彼の剣の先に身を置いて

  • While his warm relationship with the Western Roman Empire had initially helped bring him

    西ローマ帝国との温かな関係が、当初は彼を

  • to power, an arrangement with Princess Honoria of Western Europe lead to a betrayal.

    西欧の王女ホノリアとの取り決めが裏切りにつながる。

  • He added Honoria to his collection of wives and demanded half of the Western Roman Empire

    彼はホノリアを妻のコレクションに加え、西ローマ帝国の半分を要求した。

  • as a dowry.

    持参金として

  • In 451, Attila stormed in to collect what he felt was rightfully his, engaging the Western

    451年 アッティラは自分のものだと思っていたものを 集めようと突撃してきて 西側の勢力を巻き込みました

  • Roman Armyincluding his old friend, General Aetiusin the Battle of Chalons.

    ローマ軍-旧友アエティウス将軍を含む-シャロンの戦いで。

  • While Attila slaughtered most of the Western Roman Army in this final decisive battle for

    アッティラが西ローマ軍の大部分を 虐殺したのに対して この最後の決戦では

  • the fate of the West, the combined forces of the Romans, Visigoths, Franks, Alans, and

    西洋の命運を握るローマ人、西ゴート人、フランク人、アラン人、そして

  • Burgundians managed to hold their ground, getting some semblance of revenge for all

    ブルゴーニュ人はなんとか踏ん張っていた。

  • the years Attila had bullied and terrorised their people.

    アッティラが民をいじめ 恐怖に陥れていた年月だ

  • The Huns retreated, fearing sickness and starvation would harm them further if they didn't,

    フン族は退却しました 病気と飢餓を恐れて そうしなければ 彼らはさらに害を受けるでしょう

  • in Attila's only recorded defeat.

    アッティラの唯一の記録的な敗北で

  • He'd hit his stride once again a year later, attacking Italy, and sacking Milan, Aquileia,

    1年後には再びイタリアを攻撃し、ミラン、アクイレイアをクビにして大躍進した。

  • and a number of other cities before a meeting with Pope Leo I persuaded him to stand down.

    と他の都市の数は、教皇レオとの会議の前に、彼が立ち去るように説得しました。

  • Sadly for the Huns, the story of Attila would end quite abruptly the year after thatnot

    フン族にとって不幸なことに アッティラの物語は その翌年に 突然終わることになった

  • with blood spilled on the battlefield, but on his wedding bed.

    戦場で血を流したが、彼の結婚式のベッドの上で。

  • After marrying his latest bride, Ildico, Attila engaged in celebration by feasting and drinking

    アッティラは最新の花嫁、イルディコと結婚した後、宴席と酒で祝杯をあげた。

  • heavily.

    重く

  • But perhaps he partied just a little too hard, because he died of a nose bleedbelieved

    しかし、おそらく彼は少しハードなパーティーをしすぎて、鼻血で死んでしまったのでしょう。

  • to have been caused by a severe brain hemorrhagelater that night.

    は、重度の脳出血を起こしていたことが原因であることが判明しました。

  • And so ends the story of Attila the Hun, the 5th century ruler who never saw a city he

    5世紀の支配者アッティラ・ザ・フンの物語はこれで終わりです。

  • didn't feel like burning to the ground.

    燃え尽きる気がしなかった。

  • He slaughtered his way through Romans, Visigoths, Franks, Alans, and Burgundians, pillaging

    彼はローマ人、西ゴート人、フランク人、アラン人、ブルゴーニュ人を虐殺し、略奪しました。

  • everything from land to gold to even women in his wake.

    土地から金塊、女まで全てが彼の後を追う。

  • From a battle record this successful and this brutal, it's easy to see why his enemies

    これだけの成功と残忍な戦いの記録を見れば、なぜ彼の敵が

  • would see this Hunnic King as the Scourge of God, and perhaps even the most evil man

    このフン族の王を神の惨劇と見なし、おそらく最も邪悪な男と見なすだろう

  • who ever lived.

    今まで生きてきた人の中で

  • Check outCaligula the InsaneMost Evil Man?” andMost Evil ManIvan

    狂気のカリギュラ-最凶の悪人?"と "最凶の悪人-イワン "をチェックしてみてください。

  • The Terriblefor more fascinating facts on some of history's greatest monsters.

    歴史上最も偉大なモンスターたちの魅力的な事実については、「The Terrible」をご覧ください。

It's the Fifth Century, and you're a Roman guard posted outside the city of Serdicanow

それは5世紀のことで、あなたはローマの警備員だ セルディカの街の外に配置されています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 フン ローマ 略奪 支配 領土 条約

最も邪悪な男 - アッティラ-ザ-フン (Most Evil Man - Attila The Hun)

  • 5 3
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 23 日
動画の中の単語