Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A few years ago a young American man took three  hits of ecstasy and then used a hammer to beat  

    数年前、アメリカ人の若者がエクスタシーを3回も飲んで、ハンマーで殴ったことがある。

  • his parents to death. After that, he announced  on Facebook that he was having a party. The guy  

    両親を死なせてしまった。その後、Facebookでパーティーをすることを発表しました。その男は

  • then got busy cleaning up the blood and hiding his  parents' bodies. 60 of his friends soon turned up  

    その後、血の後始末と両親の遺体の隠匿に忙しくなった。60人の友人がすぐに現れた

  • to play beer pong and smoke cigars. Little did  they know they were partying with a murderer

    ビールを飲みながら葉巻を吸っていた殺人犯と一緒にパーティーをしていたとは 思わなかった

  • It was an unforgivable crime. It washeinous crime, and that's why in the past  

    許されない犯罪でした。凶悪な犯罪だったからこそ、過去には

  • possibly the most unbelievable kind of punishment  was reserved for this special kind of killer

    おそらく最も信じられないような種類の罰は、この特別な種類の殺人者のために予約されていました。

  • Before we get to this most horrendous of  punishments, let's talk a little about the act  

    この最も恐ろしい罰を受ける前に、その行為について少し話そう。

  • itself, that is, the act of killing one's parents. The name for it is parricide. When a son or  

    それ自体、つまり親を殺す行為。その名も「親殺し」です。息子や

  • daughter kills the father it's called  patricide, and when it's the mother that  

    娘が父親を殺した場合は親殺しと呼ばれ、母親が殺した場合は

  • is murdered, we call it matricide. It can  also mean the killing of a close relative,  

    殺害されることを母性婚と呼びます近親者の殺害を意味することもあります

  • so siblicide- the murder of a sibling could fall  under that umbrella, as could avunculicide, which  

    兄弟殺しはその傘に該当する可能性があるので、兄弟殺しもその傘に該当する可能性があります。

  • means taking out your own uncle. A 3rd-century  Roman lawyer named Modestinus first laid down  

    自分の叔父を連れ出すことを意味するモデスティヌスという3世紀のローマの弁護士が 最初に定めたのは

  • the law regarding this crime and he said it covers  first cousins or even someone who isn't related by  

    この犯罪に関する法律では 一親等以内のいとこや 血縁関係のない人も対象になると言っていました。

  • blood but financially supports another person. You might not be surprised to hear that if you  

    血は繋がっていても金銭的には他人を支援していると聞いても驚かないかもしれません。

  • killed your parents a few hundred years  ago in Europe the outcome wasn't good,  

    数百年前のヨーロッパで親を殺したが結果は良くなかった

  • especially if your parents were of so-called noble  blood. In Italy in the 16th century, Beatrice  

    両親がいわゆる貴族の血を引いていた場合は特にね16世紀のイタリアでは、ベアトリーチェは

  • Cenci did just that to her father, a powerful  count who was a monster to his own children.  

    センシは自分の子供たちには怪物のような強大な伯爵の父親にそうしただけだ。

  • After suffering at the hands of her vile pop  for many years, with the help of her siblings  

    下劣なポップの手で長年苦しんだ後、兄弟の助けを借りて

  • and step-mom, Beatrice took her father out by  bludgeoning him to death and throwing his body off  

    殴り殺して父を連れ出し、遺体を投げ捨てた。

  • a balcony. You have to remember this was an awful  man. He'd already been imprisoned for incest,  

    バルコニー。酷い男だったことを忘れてはいけない近親相姦ですでに投獄されていた

  • but he managed to get out early due to the fact  he was wealthy and could grease the right palms

    しかし、彼は裕福で右の手のひらに油を差すことができたため、なんとか早々に退散しました。

  • Beatrice and co tried to make it look like  suicide, but the papal police were suspicious.  

    ベアトリーチェとコーは自殺に見せかけてみたが、法王庁は不審に思っていた。

  • Her lover was horrifically tortured but died  without snitching. Others were soon charged  

    彼女の恋人は恐ろしい拷問を受けたが、密告せずに死亡した。他の者はすぐに告発された

  • with being co-conspirators to the murder and  they were sentenced to death. The people of  

    殺人の共犯者として 死刑を宣告されましたの人々は

  • Rome protested about this because they knew what  the horrible father had done to his kids. The  

    ローマがこれに抗議したのは、恐ろしい父親が子供に何をしたかを知っていたからだ。そのため、ローマでは

  • Pope wouldn't budge an inch, for the reason that  he didn't want parricide to become widespread.  

    教皇が一歩も動じないのは、親日罪が広まらないことを望んでいなかったからだ。

  • There had been other recent cases of kids  killing parents, so he had to make an example  

    最近では他にも子供が親を殺す事件があったので、例のように

  • of Beatrice and her brothers and stop-mom. That he did, in the most brutal fashion

    ベアトリスとその兄弟と ストップ・ママのことを彼は最も残忍な方法でそうした。

  • Her elder brother was tortured in the public  square for everyone to see. After that,  

    彼女の兄は公共の広場で拷問を受け、誰もが見られるようになっていました。その後

  • his head was smashed with a mallet. The spectators  saw what might happen to them if they ever got any  

    彼の頭は木槌で叩かれました観客は自分たちがどうなるかを見ていました

  • ideas about killing a parent. The brother was  then torn apart limb from limb. Beatrice and her  

    親を殺すという考えその後、弟は手足をバラバラにされてしまいました。ベアトリスとその

  • step-mom got off lucky with a relatively gentle  beheading, while the youngest of the brothers,  

    義母は比較的穏やかな斬首で済んだが、兄弟の末っ子は運が良かった。

  • only aged 12, was spared. His punishment  was watching his family die and then  

    まだ12歳だったが 赦された彼の罰は家族が死ぬのを見て

  • doing a short stint as a galley slave. We included that least bleak tale because  

    汽船の奴隷として短い期間を過ごしていたその最も悲惨な話は

  • we want to hammer home to you just how serious  parricide was taken. It wasn't just a matter of,  

    パリコイドがどれだけ深刻な犯行だったかを 伝えたいんですただの問題ではありませんでした

  • How could they do that to their own flesh and  blood”. The powers that be at the time didn't want  

    "自分たちの生身の人間に、どうやってそんなことをするのか"当時の権力者たちは

  • kids thinking they could whack a parent and get  the riches and power they thought they deserved.  

    親を叩いて自分が思った通りの富と権力を手に入れられると思っている子供たち。

  • This is why the worst kind of punishment was  sometimes metered out to children that committed  

    そのために、最悪の種類の罰を犯した子供たちには、時にはメーターアウトされることがありました。

  • this crime. The establishment were the powerfulso it's not surprising they created strict laws  

    この犯罪。創設者は権力者だったので 厳格な法律を作ったのは 当然のことです

  • that might prevent them from being killed by  their own offspring. The crime was also seen  

    自分の子孫に殺されるのを 防ぐことができるかもしれませんこの犯罪はまた

  • as the most unnatural crime a person could do, so  it warranted the most unnatural kind of execution

    人ができる最も不自然な犯罪として、それは最も不自然な種類の処刑を保証した。

  • That execution in the early  days was called poena cullei

    初期の頃のその処刑はポエナ・キュライと呼ばれていました。

  • It can be translated aspenalty of the  sack”. It's thought it goes back as far as  

    "袋の罰 "と訳すことができます。それは、それは、それがさかのぼると考えられています

  • the first century BC, but there were some modern  cases, too. We'll get around to those later

    紀元前1世紀ですが 近代的なケースもありましたそれについては後ほど

  • Let's start with ancient Rome and the first  cases of the penalty of the sack. It was,  

    まずは古代ローマと最初の刑罰の事例から見ていきましょう。でした。

  • no doubt, a cruel and unusual punishmentwith the emphasis being on unusual

    間違いなく、残酷で異常な罰であり、異常さを強調している。

  • One of the earliest known cases can  be found in an ancient book called,  

    最も古くから知られている事例の一つは、「古書」という書物の中にあります。

  • History from the Foundation of the City.” In itthe historian Titus Livius, aka, Livy, wrote this:  

    "都市の基礎からの歴史"その中で歴史家のティトゥス・リヴィウス、通称リヴィはこう書いています。

  • Publicius Malleolus, who had killed his motherwas the first to be sewn into a sack and thrown  

    "母を殺したピュブリウス・マレオルスは袋に縫い込まれて投げ込まれた

  • into the sea.” It's said this guy was first  fitted with heavy wooden shoes and a wolf's  

    "海の中へ"この男は最初に重い木の靴を履いて、狼の

  • hide was placed over his head. In this casethe leather hide is presumed to be the sack

    皮が頭の上に被せられていました。この場合、革の皮は袋と推定されます。

  • That doesn't sound too unusual and for the Romansnot all that cruel, but things got a lot worse.  

    ローマ人にとっては残酷なことばかりではありませんが、事態は悪化しました。

  • There were a few iterations of getting the sackwith most cases being for the crime of parricide

    袋を手に入れるにはいくつかの反復がありましたが、ほとんどの場合は親殺しの罪で、袋を手に入れることができました。

  • Even though people might have been executed  by being thrown to wild beasts, or burned,  

    人間は野獣に投げつけられたり、焼かれたりして処刑されたかもしれないのに。

  • or crucified, it seems the Romans thought  the sack was about as bad as you could get.  

    ローマ人は袋の中にも悪いものがあると思っていたようですが、十字架につけられていました。

  • In the first century AD, one historian wrote that  Emperor Augustus was reluctant to hand down this  

    紀元後1世紀に、ある歴史家は、アウグストゥス皇帝がこの伝承に消極的だったと書いています。

  • form of the death penalty, and that was before  the sack turned into something much more gruesome

    それは死刑の形であり、袋がもっと恐ろしいものに変わる前のことでした。

  • Emperor Claudius, who came a few decades later,  

    数十年後に来た皇帝クラウディウス。

  • was ok with the sack. The Stoic philosopher  named Seneca the Younger said this about him,  

    袋に入っても大丈夫だった若き日のセネカというストイックな哲学者が 彼についてこう言っています

  • The Emperor Claudius sewed more men into  the culleus in five years than history says  

    "皇帝クラウディウスは5年間で歴史が語るよりも多くの人をキュルスに縫い込んだ

  • were sewn up in all previous centuriesWe saw more cullei than crucifixions.” 

    それまでの世紀では 縫われていた 十字架よりも多くの十字架を見た。"

  • You might now be thinking, surely being  drowned in a sack is much better than  

    今考えているかもしれませんが、確かに袋の中で溺れていることの方が

  • being crucified or burned. Why on earth  did those Romans fear the sack so much

    十字架につけられたり 焼かれたりすることをなぜローマ人は袋を恐れたのか?

  • It seems the answer is they feared very much  falling to the bottom of the ocean or whatever  

    答えは、彼らが海の底に落ちることを非常に恐れていたということのようです。

  • body of water they were thrown into. It was also  very undignifying, or at least that's what the  

    投げ込まれた水の中にそれはまた、非常に見苦しいものでした。

  • Romans thought. But there was something else, too. Seneca the Younger had a father, who you can guess  

    ローマ人は思った。しかし、それ以外にも何かがあった。若き日のセネカには父親がいた

  • was named Seneca the Elder. It is he who  first mentioned someone getting the sack,  

    長老セネカと名づけられた誰かが袋を手に入れたと最初に言ったのは彼だ。

  • but having a guest put in there with himThis gives the punishment a whole new meaning.  

    しかし、ゲストを一緒に入れてもらうことは、彼と一緒に入れてもらうことになります。 これは罰に全く新しい意味を与えます

  • He wrote that one or more snakes joined  the man in the sack. Just imagine that,  

    彼は袋の中の男に一匹かそれ以上の蛇が加わったと書いていた。想像してみてください

  • being sewn into a sack with a bunch of snakes. But it gets even worse than that

    蛇の群れと一緒に袋の中に縫われていたしかし、それはそれ以上に悪化します。

  • The poet Juvenal talks about a monkey being  put into the sack. This kind of adds a comedic  

    詩人ユヴェナルは、猿が袋に入れられたことを語っています。この種のコメディックな

  • element to getting sacked, at least if the monkey  wasn't big enough to gouge out a person's eyes.  

    猿が人の目を抉り出すほどの大きさでなければ、少なくともクビになる要素はない。

  • Being stuck in a drowning sack withterrified monkey however is far from funny,  

    恐怖に怯えた猿と一緒に溺れる袋の中で立ち往生していることは、しかし、はるかに笑えません。

  • as these incredibly strong animals are known  to tear limbs off people who get too close

    これらの信じられないほど強い動物は、近づきすぎた人の手足を引きちぎることで知られています。

  • We have to go to the 3rd century for things to  get even wilder. The Roman jurist we mentioned  

    3世紀まで行かないともっと荒れてしまう私たちが言及したローマの法学者

  • named Modestinus wrote about the punishment  of poena cullei for the crime of parricide.  

    Modestinusという名前の人は、パリコイドの罪に対するポエナ・キュライの処罰について書いています。

  • We'll let you hear this part in his own wordsor at least his words in translation. Here's  

    この部分は本人の言葉、せめて翻訳で聞かせてあげましょうここにあるのは

  • what he said, according to a law book called  theDigestthat was written after he died

    彼の死後に書かれた「ダイジェスト」と呼ばれる法律書によると、彼が言ったことは

  • According to the custom of our ancestorsthe punishment instituted for parricide  

    "先祖代々の習慣によれば、親殺しの刑罰が制定された

  • was as follows; A parricide is flogged with  blood-colored rods, then sewn up in a sack with a  

    パリクリサイドは血のついた棒で鞭打たれ、袋に入れて縫われています。

  • dog, a dunghill cock, a viper, and a monkey; then  the sack is thrown into the depths of the sea.  

    犬、糞鶏、毒蛇、猿、そして袋は海の深みに投げ込まれる。

  • This is the procedure if the sea is close at  hand; otherwise, he is thrown to the beasts.” 

    これは海が近くにある場合の手順であり、そうでなければ、彼は獣に投げつけられます。"

  • Ok, so now you have to imagine the sceneTry to think about how you'd handle this

    その場面を想像してみて あなたならどう対処するか考えてみて

  • You are whipped and so are covered in welts  and your own blood. You are then forced into a  

    ムチで打たれているから、ウエルツと自分の血にまみれているのです。そして、あなたは強制的に

  • sack with a viper, a venomous snake that no doubt  will bite you. You won't die instantly of course,  

    毒蛇と一緒に袋に入っています 毒蛇は間違いなくあなたを噛みつきますもちろん即死はしない

  • but it's probably not the best day you've had  in your life. To make things worse, a monkey is  

    しかし、それはあなたの人生の中で最高の日ではないでしょう。さらに悪いことに、猿は

  • thrown into the mix. What kind of monkey ismatter of importance. One of those small cute  

    に投げ込まれています。どんなサルかは重要な問題です。小さくてキュートな1匹

  • ones, or a really angry baboon with huge fangs. Or  were the Romans referring to large apes, animals  

    巨大な牙を持った本当に怒っているヒヒのことを指していたのか?それともローマ人は大型の猿や動物のことを指していたのでしょうか?

  • that could do serious damage to you on your way to  the water. In fact, in the modern academic paper,  

    水辺に行く途中で大きなダメージを受ける可能性のある実は現代の学術論文では

  • The Ape in Roman Literature”, apes are mentioned  in relation to the punishment of parricides. Then  

    "ローマ文学における類人猿 "では、パリコイドの刑罰に関連して類人猿が言及されています。その後

  • just for good measure, a cock and dog is thrown  in the sack, which likely wouldn't bother you  

    鷸蚌の争いには犬も同然

  • in the slightest since you'd be busy being  bitten by a highly venomous snake and trying  

    毒蛇に噛まれたりしても

  • to stop an ape from taking off your faceThe drowning part can only be a blessing

    猿に顔を取られないようにするために 溺れる部分は福としか言いようがありません。

  • Some scholars think in the 3rd century the  practice started to die out and much more  

    3世紀には廃れ始めたとする学者もいます。

  • humane punishments such as being thrown  to wild animals or simply being burned to  

    畜生焼身刑

  • death completely replaced the sack. It didn't stay unpopular for long,  

    死は完全にサックの代わりになった。長く不人気のままではありませんでした。

  • because in the 4th century Emperor Constantine  initiated a revival of poena cullei. It's written  

    4世紀にコンスタンティヌス帝が ポエナ・キュライの復活を始めたからですそれは書かれています

  • that he said parricides should get a similar  treatment, although he adds something quite  

    彼はparricidesは同様の治療を受けるべきだと言ったが、彼は非常に何かを追加しています。

  • interesting to the story. He said that the guilty  person should besewn up in a sack and, in this  

    の話が面白い。罪を犯した者を「袋に入れて縫って、この中では

  • dismal prison, have serpents as his companions.” At some point, the person was thrown into the sea,  

    "惨めな牢獄には蛇がいる"いつの間にか海に投げ込まれていました。

  • but the question is, how long would that person  have stayed in the sack prior to being taken to  

    しかし、問題は、その人は、どのくらいの期間 袋の中にいたのでしょうか?

  • the water? That's an important question and there  is no definitive answer. A few minutes sharing a  

    水は?それは重要な質問であり、決定的な答えはありません。数分間の共有で

  • sack with snakes, or possibly with a great ape, a  dog and a cock could almost be bearable, but a few  

    蛇と一緒に袋に入っていたり、もしかしたら大猿と一緒に犬とコックがいれば、ほとんど耐えられるかもしれませんが、いくつかの

  • hours, days, that would be tough going. How long  in thatdismal prisondid the condemned have to  

    何時間、何日も、それは厳しいだろう。死刑囚はどのくらいの時間 「悲惨な刑務所」にいなければならなかったのでしょうか?

  • stay? If it was longer than an hour, a fight with  a bear would have been a much better way to die

    留まるか?1時間以上なら熊との喧嘩の方がよっぽどマシな死に方だっただろう。

  • There are other Roman texts, too, which  describe the law. In the 6th century,  

    他にもローマ時代のテキストには、律法を記述したものがあります。6世紀には

  • Emperor Justinian talked about getting the sackIn the law book, “Corpus Juris Civilis”, it's  

    皇帝ユスティニアヌスは、袋を手に入れることについて語った。 法律の本「Corpus Juris Civilis」には

  • written that those guilty of parricide should be,  “sewn up in a sack with a dog, a cock, a viper,  

    パリコイドの罪を犯した者は "犬、コック、毒蛇と一緒に袋に入れられている "と書かれています。

  • and an ape, ” Ok, so this time we do get an apeHistorians to this day argue about translations,  

    と猿は、 "OK、だから今回は猿を取得します。 歴史家は今日まで翻訳について議論しています。

  • as well as when the punishments happened and  if they happened as they were written about

    と同様に、罰がいつ起こったのか、書かれている通りに起こったのかどうかを確認してください。

  • It seems everyone agrees that the practice  died out with the rise of the Byzantine Empire,  

    ビザンチン帝国の台頭に伴い、その習慣は消滅したというのは誰もが同意しているようです。

  • a time when killing your family mostly  resulted in being thrown into the flames

    家族を殺した結果、ほとんどの場合、炎の中に投げ込まれることになった時代。

  • We've not finished yet though  viewers, there's a sequel.  

    視聴者の皆さん、まだ終わっていませんが、続編があります。

  • Let's call it, “Poena cullei 2: After Rome.” A man named Johann von Buch said it was  

    "ポエナ・キュレイ2 ローマの後で "と名付けようヨハン・フォン・ブッフという男が言っていた

  • around in 14th century Germany and again it wasdreaded punishment reserved only for the terrible  

    14世紀のドイツでは、またしても恐るべき処罰の対象となった

  • act of parricide. It was however a rather tame  affair in Germany. No cock or ape was hurt in the  

    パリコイドの行為である。しかし、ドイツではむしろ手なずけた事件でした。怪我をしたコックや猿はいませんでした。

  • execution and instead of a serpent, a picture of  a serpent sufficed. Even if a dog or a cat- hardly  

    と、蛇の代わりに蛇の絵で十分であった。犬や猫であっても

  • anything to worry about for the accused- was  thrown into the animal cocktail they might have  

  • their own compartments in the sack. There's also  another matter. The Romans often used a leather  

    袋の中にそれぞれの区画があります別の問題もありますローマ人はよく革の

  • sack, which was almost watertight, so that the  person would not drown so quickly. The Germans  

    ほぼ水密性のある袋で、すぐに溺れないようにしていました。ドイツ人は

  • used linen, which would allow water in very fast. There was one recorded case in Germany in 1548  

    リネンを使用していたため、水が非常に速く入るようになりました。1548年にドイツで記録された事件があります

  • when a man was thrown into a river inside a sackThe linen sack had been coated with something to  

    袋の中の男が川に投げ込まれた時のことです 麻袋は何かで 覆われていました

  • make it more watertight, but when it hit the water  part of it split. By all accounts, the man died,  

    水密性を高めるためだが、水に当たった時に一部が割れた。誰に聞いても男は死んだ

  • but the dog and the cat that had been sharing  his death sack swam away to their freedom

    しかし、彼の死の袋を共有していた犬と猫は、彼らの自由のために泳ぎ去った。

  • The last cases we can find happened in the 18th  century in Germany. In one case a sheep was put  

    最後の事例は18世紀にドイツで起きたものです。ある事件では羊が

  • into the sack, which must have been much  better than an angry ape. In another case,  

    怒った猿よりもずっと良かったに違いありません別のケースでは

  • a serpent joined the condemned man, but it was  a non-venomous, if not large, colubrid snake

    しかし、それは大きな蛇ではないにしても、無害なコルブレッドの蛇でした。

  • If you think that's the worst punishment  you've ever heard about, watch this,  

    最悪の罰だと思っている人はこれを見てください。

  • Walled up Alive - Worst Punishment  in the History of Mankind.” Or,  

    "生きたまま壁にぶち込まれた-人類史上最悪の罰"それとも...

  • maybe you think this is worse, “The Blood Eagle  - Worst Punishments in the History of Mankind.”

    "血の鷲 人類史上最悪の刑罰 "の方がマシだと思ってるんじゃない?

A few years ago a young American man took three  hits of ecstasy and then used a hammer to beat  

数年前、アメリカ人の若者がエクスタシーを3回も飲んで、ハンマーで殴ったことがある。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ローマ 殺し 世紀 投げ 犯罪 皇帝

バッグの中で縫われている-人類史上最悪の刑罰 (Sewn Up in a Bag - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 1 1
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 20 日
動画の中の単語