Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For years, you'd heard tales of the glamorous princess who mysteriously washed up in the

    何年も前から、不思議なことに

  • next village over.

    隣の村を越えて

  • Allegedly, she'd come all the way from an exotic island in the middle of the ocean after

    伝えられるところによると、彼女は海の真ん中にあるエキゾチックな島からはるばるやってきたという。

  • pirates kidnapped her and she escaped.

    海賊に誘拐された彼女は逃げ出した

  • She must have liked it here in England, because she decided to move in permanently, setting

    彼女はここイギリスが好きだったに違いありません 永久に引っ越すことを決めたからです

  • up camp by the village lake and spending all day swimming and meditating.

    村の湖畔でキャンプをして、一日中泳いだり瞑想したりして過ごしています。

  • Tourists came from near and far to see her.

    観光客が近くから遠くから彼女の姿を見に来ていました。

  • Tourists like you.

    あなたのような観光客

  • One day, you finally got round to visiting the village to lay your eyes on the elusive

    ある日、あなたはついに村を訪問して、捕まえられそうにない魚を見つけるために

  • princess.

    お姫様

  • And there she was, sitting on the ground by the lake just a few meters away from you.

    そこに彼女がいて、あなたから数メートル離れた湖のほとりの地面に座っていました。

  • You can't believe your eyesthis Princess looks oddly familiar.

    あなたはあなたの目を信じることができます - このプリンセスは奇妙に見覚えがあるように見えます。

  • Is thatit can't bewhy, that's just the girl that used to work for you!

    それは......ありえない......なんでだよ、それはお前の元で働いていた女だぞ!?

  • But before we get to the bottom of one strange tale, let's launch into another.

    しかし、奇妙な物語の真相を知る前に、別の物語を始めよう。

  • 1918 was the year of revolution in Russia, and unsurprisingly, the royals were on the

    1918年はロシアの革命の年であり、当然のことながら王族は

  • receiving end of the proletariat uprising.

    プロレタリアートの蜂起の受信側。

  • One of the royals killed was Anastasia Romanov, the daughter of the last Russian tsar ever,

    殺された王族の一人はアナスタシア・ロマノフ、ロシア最後の皇帝の娘である。

  • Nicolas the second.

    2番目のニコラス。

  • But for some reason, people refused to believe that she and her brother had truly died.

    しかし、なぜか人々は、彼女とその兄が本当に死んだと信じることを拒否していました。

  • This paved the way for claims that Anastasia had risen from the grave.

    これはアナスタシアが墓から蘇ったという主張に道を開いた。

  • It was the perfect rumor for posers to capitalize on.

    ポーカーが利用するには完璧な噂だった

  • I don't think I'd fancy pretending to be somebody who authorities had executed,

    当局が処刑した人のふりをしているとは思えないわ

  • but hey, each to their own.

    でもね、人それぞれだよ

  • A few years after Anastasia supposedly died, a woman emerged claiming to be her, and she

    アナスタシアが死んだ数年後、彼女を名乗る女性が現れた。

  • had come fromwait for it — a mental asylum.

    精神病院から来ていた。

  • Always a promising sign for credibility.

    信頼性を高めるためには、常に有望な兆候です。

  • Then again, if Anastasia genuinely had survived her execution by some miracle and started

    もしアナスタシアが本当に奇跡的に処刑されて生き残っていたとしたら

  • telling everyone who she was, I guess she would end up in an asylum.

    自分の正体を明かしたら 亡命するんだろうな

  • So, we can't rule out this claim outright.

    だから、この主張を完全に否定することはできない。

  • In fairness to the woman, she did look an awful lot like the young Princess.

    公平に見て、彼女は若い王女に酷似していました。

  • She also seemed to know plenty about the personal details of her life.

    また、彼女は自分の生活の個人的なこともたくさん知っているようでした。

  • Anastasia's living relatives dismissed the woman as a fraud, but for some reason a group

    アナスタシアの生前の親族はその女性を詐欺師と解雇したが、なぜかあるグループが

  • of wealthy and powerful Russians who had left the country decided to believe the woman anyway,

    国を離れた裕福で権力のあるロシア人たちは、とにかくその女性を信じることにした。

  • even supporting her as the rightful heir to the throne.

    彼女を正当な王位継承者として 支持していたことさえあります

  • The ruse went pretty well.

    策略はうまくいった

  • The former mental asylum patient ended up moving to the US and starting a new life under

    元精神病棟の患者が渡米して新しい生活を始めることになりました。

  • the name of Anna Anderson.

    アンナ・アンダーソンの名を

  • Naturally, she made no effort to actually become heir to the throne or reunite with

    当然のことながら、実際に王位継承者になろうとも、再会しようともしませんでした。

  • her family, but she did inspire various books and movies.

    彼女の家族は、しかし、彼女は様々な本や映画を刺激しました。

  • Well played, Anna.

    よくやった アンナ

  • Eventually, the wonders of science put this absurd theory to the test once and for all.

    やがて、科学の驚異は、この不条理な理論を一度は試してみることになりました。

  • A DNA test carried out after the woman's death confirmed what, apparently, the ability

    女性の死後に行われたDNA検査では、どうやら能力が確認されたようです。

  • of a family to recognize their own relative couldn't.

    自分の親族が認識できなかったことを認識するために

  • Anna wasn't Anastasia.

    アンナはアナスタシアじゃなかった

  • Shock horror.

    ショックホラー。

  • So, who was she?

    で、彼女は誰だったの?

  • That, nobody truly knows

    それは誰にもわからない...

  • It's pretty crazy to successfully pose as a royal for most of your life.

    人生の大半を王室のポーズで成功させるのはかなりクレイジーです。

  • But not as crazy as pretending to be a royal from a place that doesn't even exist.

    でも、存在しないところから王族のふりをするほど狂ってはいない。

  • In the early nineteenth century, there was a man called Gregor MacGregor, and I guess

    19世紀初頭にグレゴール・マクレガーという人がいました。

  • he had a bit of a chip on his shoulder from having such a stupid name.

    くだらない名前をつけていたことで、彼は少し肩に傷を負っていました。

  • Poor guy.

    かわいそうな人。

  • So, he told everyone in London who'd listen that he wasn't just some dumb Scotsman whose

    それで彼はロンドンの誰もが耳を傾けるだろう、彼はただの間抜けなスコットランド人ではないと言った

  • parents hated him, but he was in fact the prince of a mysterious country called Poyais.

    両親に嫌われていたが、実はポヤスという謎の国の王子様だった。

  • By mysterious, I mean that nobody but Gregor knew anything about this country and whether

    神秘的というのは、グレゴール以外の誰もこの国について何も知らなかったということと、

  • it actually existed.

    実際に存在していた

  • The things people got away with before Google Maps

    Googleマップの前に人々が逃げ出したもの...

  • According to Gregor, Poyais was a small country in Central America with fertile land, lovely

    グレゴールによると、ポヤスは中米の小国で、肥沃な土地と愛らしい

  • people, and even a working government.

    国民、そして働く政府までもが

  • Weird that nobody had ever heard of such a prosperous nation.

    こんなに豊かな国があるなんて、誰も聞いたことがないのが不思議だ。

  • Oh, and they called princes of Poyais like Gregor Caziques.

    ああ、そして彼らはポヤスの王子たちをグレゴール・カジークのように呼んでいました。

  • It's all about the small details.

    細かいことが大事なんだよ。

  • The Cazique even produced various maps, drawings, and writings about his homeland to prove it

    カジークはそれを証明するために、故郷についての様々な地図や図面、文章を作成しました。

  • was real.

    は本物だった。

  • Seems legit.

    合法的なようだ

  • But Gregor wasn't just doing this for the fun and gameshe was a savvy businessman

    しかし、グレガーはゲームを楽しむためだけにやっていたのではなく、彼は精通したビジネスマンでした。

  • with a plan.

    計画を持って

  • Once he convinced Europeans that Poyais would be the perfect country to visit and invest

    彼はヨーロッパの人々にポエは訪問して投資するのに最適な国であると確信させたことがあります。

  • in, he sold them land.

    で、彼は彼らに土地を売った。

  • Damn, he was good.

    くそ、彼は良かった。

  • We can only assume that he dug himself into a bit of a hole and things escalated too far

    彼は自分で穴を掘ってエスカレートしたとしか思えない。

  • for him to control them because eventually, his investors decided to actually head across

    彼の投資家が 実際に彼の投資家が

  • the Atlantic to begin their ventures.

    大西洋に出て事業を始めるために

  • Gregor said nothing, maybe hoping they'd die on the perilous journey.

    グレゴールは何も言わなかった、多分彼らが危険な旅で死ぬことを願っていた。

  • The investors arrived in jungles where Poyais was supposed to be, and many died of local

    ポヤスがあるはずのジャングルに投資家が到着し、多くの投資家が現地の

  • diseases.

    疾患のことを指します。

  • Tragic for them, but very handy for Gregor.

    悲劇的だが、グレガーにとってはとても便利だ。

  • He fled to France and tried his luck at the same swindle a second time, only this time

    彼はフランスに逃げ、同じ詐欺に二度目の挑戦をしたが、今回だけは運がなかった。

  • round he was promptly arrested.

    彼はすぐに逮捕されました。

  • It's all very well making some dollars or fooling people, but imagine creating a delusion

    ドルを稼いだり、人を騙したりするのはとても良いことだが、妄想を膨らませるのは想像してみてほしい。

  • so successful that it actually landed you the throne?

    それが成功して、実際に王位に就いたのか?

  • That's what the man now known as False Dmitri the first managed to achieve.

    今では偽ドミトリと呼ばれている男がなんとか成し遂げたことだ。

  • Let's go back to Russia, this time in the seventeenth century.

    ロシアに戻りましょう、今度は17世紀に。

  • The infamous Ivan the Terrible had died, and challengers to the throne had assassinated

    悪名高いイワン・テリブルが死に、王位への挑戦者が暗殺された。

  • his son Dmitri.

    彼の息子ドミトリー。

  • Feodor the first, the son of one of Ivan's favored leaders during his reign, was ruling

    フェオドル1世は、イワンの寵愛を受けた指導者の息子であり、統治者でもありました。

  • as the Tsar of Russia.

    ロシアのツァーリとして

  • Luckily, Russia's royals have a useful tendency to rise from the dead.

    幸いなことに、ロシアの王族は死者の中から蘇るという便利な傾向があります。

  • Some guy in Poland turned up out of nowhere one day claiming to be Dmitri.

    ポーランドの男がある日どこからともなく現れて ドミトリーだと言っていた

  • Apparently, he'd fled from his captures before they could murder him.

    どうやら殺される前に捕まっていたところから逃げ出したようだ

  • Convenient.

    便利なんですよ。

  • Amazingly, when the supposed Dmitri arrived in Russia, the public actually believed his

    驚くべきことに、ドミトリがロシアに到着したとき、世間は実際に彼のことを信じていました。

  • story.

    の話。

  • His speeches charmed them and, against all odds, he assumed power.

    彼の演説は彼らを魅了し、どんな状況にもかかわらず、彼は権力を手に入れた。

  • In 1605, he became Tsar.

    1605年にはツァーリとなる。

  • Unfortunately, False Dmitri just couldn't resist taking things too far.

    残念なことに、偽ドミトリは、あまりにもやり過ぎたことを我慢できなかった。

  • Instead of going about his reign quietly to avoid arousing suspicion, he decided to go

    疑念を抱かせないように、静かに治める代わりに

  • about implementing all kinds of radical reforms and policies, like restoring a day where serfs

    あらゆる種類の抜本的な改革と政策を実行することについて、例えば、奴隷の日を復活させるような。

  • were allowed to move to another lord.

    は他の領主に移ることを許された。

  • He even had the audacity to marry a woman who didn't convert to the Eastern Orthodox

    東方正教に改宗していない女性と結婚する大胆さまであった。

  • religion.

    宗教のことです。

  • This angered elites and eventually led to his downfallhe was overthrown and killed

    これはエリートたちを怒らせ、最終的には彼の没落につながり、彼は倒されて殺されました。

  • in less than a year.

    1年足らずで

  • Confusingly, False Dmitri the first was followed by a False Dimitri the second and a False

    紛らわしいことに、最初に偽のドミトリが続いて、二番目に偽のディミトリが続いて、偽の

  • Dimitri the third, who were also pretending to be Ivan the Terrible's son.

    三代目ディミトリもイワン・テリブルの息子に成りすましていた。

  • Together, they're known as the three pretenders.

    彼らは3人のプリテンダーとして知られています。

  • But it was only the OG False Dmitri who actually managed to achieve powerthe Russians

    しかし、それは実際に権力を達成することができたOGの偽ドミトリだけだった - ロシア人

  • aren't quite that gullible.

    そこまで騙されやすいわけではありません。

  • In most of the tales we've told so far, historians have figured out what was really

    これまでに語られた物語のほとんどで、歴史家たちは実際に何があったのかを解明しています。

  • going on.

    続いています。

  • But now for a mystery that we still don't know the truth about.

    しかし、今はまだ真実を知らない謎のために。

  • Richard of York was the great-grandson of King Edward the third.

    リチャード・オブ・ヨークは、エドワード国王の3代目の曾孫でした。

  • He was one of the wealthiest and most powerful nobles in England during his time and had

    彼は当時のイングランドで最も裕福で強力な貴族の一人であり

  • a strong claim to the throne thanks to his royal ties, but never ascended during his

    皇位継承権を主張していたが、その間に昇位しなかった

  • lifetime.

    一生のうちに

  • Although he secured an agreement stating that he would become the King after the current

    現在の王様になった後に王様になるという合意書を確保したものの

  • ruler, Henry the sixth, died, Richard unfortunately died in battle before that was possible.

    支配者のヘンリー6世が死んだが、リチャードは不幸にもそれが可能になる前に戦死した。

  • So close but so far.

    近いけど遠い

  • If only a miracle could happen, like him coming back from the dead

    奇跡が起きれば...彼が死から蘇るような...

  • Oh, wait.

    ああ、待って。

  • He did.

    彼がやったんだ

  • A man called Perkin Warbeck sprang up out of nowhere in 1491 in Ireland and claimed

    パーキン・ワーベックという男が1491年にアイルランドでどこからともなく湧き出てきて主張しています。

  • to be Richard.

    リチャードになるために

  • And people believed him.

    そして人々は彼を信じた。

  • To be fair to them, though, there was a lot of mystery at the time over how and whether

    しかし、公正に言うと、当時は、どのようにして、どのようにして

  • Richard really had died.

    リチャードは本当に死んでいた。

  • Perkin was so talented at bluffing that he even managed to convince James the fourth

    パーキンはハッタリに長けていたので、ジェームズに4代目を説得することさえできた。

  • of Scotland and Maximilian the first of Austria of his plight.

    スコットランドのマクシミリアンとオーストリアのマクシミリアンは、彼の窮状の最初のものです。

  • Whilst not exactly huge names now, they were pretty big deals back in the day.

    今でこそ大物とは言えませんが、昔はかなりの大物でした。

  • Fast forward a few years and Perkinor should I say, Richardhad an entire army

    数年前、パーキンは、私が言うところのリチャードは、全軍を持っていました。

  • consisting of thousands of people.

    数千人で構成されています。

  • He was ready to take back the throne that was rightfully his.

    彼は正当に彼のものである王座を取り戻す準備ができていた。

  • Supposedly.

    おそらく

  • Actually, he came pretty close.

    実際、彼はかなり接近してきました。

  • But just as he was about to battle the King and his forces, Perkin decided to flee.

    しかし、王とその軍勢と戦おうとした矢先、パーキンは逃げることにした。

  • Imposter's syndrome is a bitch.

    インポスター症候群はクソだな

  • Taking the coward's way out didn't do him any favors either since he ended up being

    臆病者の方法を取ることは、彼のためにもなりませんでした。

  • captured and hanged anyway.

    どうせ捕まって吊るし上げられたんだから

  • But listen up, because this is where things get juicy.

    でも聞いてくれ、ここからが本番なんだ。

  • The only evidence we have that Perkin was an imposter comes from Henry the seventh himself,

    パーキンが詐欺師だったという 唯一の証拠は ヘンリー7世自身にある

  • the king at the time who was almost dethroned.

    危うく退位させられそうになった時の王様。

  • So, some historians have suggested that the so-called imposter could have been the real

    そこで、一部の歴史家は、いわゆる偽者が本物であった可能性を示唆しています。

  • Richard of York after all.

    リチャード・オブ・ヨークか

  • Crazy stuff.

    狂ったようなものだ

  • Now we're back to Russia again, the prime location of royal wannabes and scammers, for

    今はまたロシアに戻ってきました、王室御用達のワナベと詐欺師の一等地です。

  • an even weirder story.

    さらに奇妙な話

  • Catherine the Great is one of Russia's best-known rulers and its longest-ever-ruling female

    カトリーヌ大帝は、ロシアで最もよく知られた支配者の一人であり、その最も長い歴史を持つ女性支配者の一人です。

  • leader.

    リーダーです。

  • But she was almost usurped by a cunning lookalike.

    しかし、彼女は狡猾なそっくりさんにほぼ簒奪されていた。

  • Well, kind of.

    まあ、ちょっとね。

  • Peter the third was the Emperor of Russia preceding Catherine before he was deposed.

    3代目ペテロは、退位する前のカトリーヌに先立つロシア皇帝でした。

  • He was a pretty unpopular guy and there were various conspiracies over his death.

    かなりの不人気者で、彼の死をめぐって様々な陰謀があった。

  • Some said his own wifethat's Catherine herself, who went on to succeed himled

    ある者は、彼の後を継いだキャサリン自身が、彼の妻を率いて

  • an uprising against him that resulted in his assassination.

    彼に対する反乱で彼は暗殺されました。

  • Others said he had a drunken fight with his brother whilst he was captured by uprisers,

    他の人は、彼が反乱軍に捕まっている間、彼は弟と酔って喧嘩をしたと言っていました。

  • and died that way.

    と言って、そのように死んでいきました。

  • Either way, he suffered a cruel betrayal by those closest to him.

    いずれにしても、彼は身近な人からの残酷な裏切りを受けた。

  • The mysterious circumstances surrounding his death provided the perfect opportunity to

    彼の死にまつわる謎の状況は、彼の死を知る絶好の機会となりました。

  • claim that he'd never died at all.

    彼は全く死ななかったと主張している

  • A former Russian soldier called Yemelyan Pugachev had the blessing and the curse of being the

    イエメリャン・プガチョフという元ロシア軍人には、祝福と呪いがありました。

  • spitting image of Peter.

    ピーターの唾を吐くようなイメージ

  • One day he presumably decided oh, what the hell, may as well see where using the identity

    ある日、彼はおそらく、ああ、一体何を決めたのか、アイデンティティを使用してどこにあるかを確認することができるかもしれません。

  • of the former ruler could take me.

    前の支配者が私を連れて行くことができました。

  • And that's what he did.

    そして、それが彼のしたことです。

  • Turned out it would take him pretty far because plenty of people got behind Yemelyan and it

    多くの人がイェムリヤンを支持していたので、彼はかなり遠くに行ってしまうことがわかりました。

  • resulted in a huge peasant uprising.

    その結果、大規模な農民の反乱が起きました。

  • One of the biggest in Russian history, in fact.

    実はロシア史の中でも最大級の規模を誇る。

  • Yemelyan promised to give the people what they wanted: an end to the feudal system that

    イエメリャンは、人々が望むものを与えることを約束した。

  • was keeping many peasants poor.

    が多くの農民を貧しくしていた。

  • He managed to take control of a good chunk of Russian territory, between the Volga River

    ヴォルガ川の間にあるロシアの領土を掌握した

  • and the Urals.

    とウラル山脈。

  • Because the move took them by surprise, it took the government a while to respond.

    この動きは彼らを驚かせたので、政府が対応するのに時間がかかった。

  • But eventually, they began to act, and the challengers suffered defeat.

    しかし、やがて彼らは行動を起こし始め、挑戦者たちは敗北を喫した。

  • Then Pulgychin's own lieutenants handed him into the Empress he was pretending to

    そして、プルギチンの部下たちは、彼がふりをしていた皇后に彼を手渡しました。

  • be the wife of, and he was executed.

    の妻となり、処刑された。

  • Oh, how the mighty fall.

    ああ、何と強大な力が落ちていくのか。

  • Now for the most bizarre tale of the video.

    さて、この動画の中で最も奇怪な話をします。

  • We all know one of those people who claims to be way more special than they actually

    私たちは、実際に彼らよりも道をより多くの特別なものであると主張しているそれらの人々の一人を知っています。

  • are.

    である。

  • Well, Karl Willhelm Naundorff was one of those people.

    カール・ウィルヘルム・ナウンドルフもその一人だった。

  • The German watchmaker and clockmaker spent practically his entire life insisting that

    ドイツの時計師であり、時計師でもある彼は、実質的に生涯をかけて、次のように主張しました。

  • he wasn't just some run-of-the-mill tradesman but he was, in fact, the son of Marie Antoinette

    彼はありふれた商人ではなくマリー・アントワネットの息子だったのです

  • and the rightful king of France.

    そして、フランスの正当な王。

  • Right.

    そうだな

  • Another daydreamer who didn't twig that the worst time to pretend to be royalty is

    王族のふりをしている時が一番悪いということを知らなかったもう一人の白昼夢想家は

  • when the royalty you're claiming to be part of are currently being hunted down and killed.

    あなたが主張している王族が現在追い詰められて殺されている時に

  • Karl thought it would be a fantastic idea to head over to Paris and loudly claim he

    カールはそれが素晴らしいアイデアだと思った パリに向かって大声で主張するのは

  • was Prince Louis-Charles.

    はルイ=シャルル王子でした。

  • Don't be like Karl.

    カールのようにならないで

  • I've got to give it to him though, many people believed his tall stories, including

    でも、彼の背の高い話を信じた人はたくさんいます。

  • some powerful figures and the prince's former governess.

    何人かの有力者と、王子の元家庭教師。

  • Unfortunately, nothing came of his grand show, because there was literally no evidence that

    残念ながら、彼のショーでは何も出てきませんでした。

  • he was Prince Louis-Charles other than the vague similarity between the two men.

    漠然とした類似点以外は、彼はルイ=シャルル王子だった。

  • His supposed sister didn't vouch for him, which doesn't bode well.

    彼の妹は 彼のことを保証していなかった それは いい結果にはならないな

  • He was expelled from France, but he should probably count himself lucky that he survived

    彼はフランスから追放されたが 生き残ったのは幸運だったと 思うべきだろう

  • the ordeal with his head intact.

    頭を無傷にして試練を乗り越えた

  • Still, it was sort of a happy ending.

    それでも、ハッピーエンドのような感じでした。

  • Karl moved on to the Netherlands, where he was still claiming to be the Prince, and nobody

    カールはオランダに移ったが、そこではまだ王子を名乗っていて、誰も

  • there knew any better, so they believed him.

    そこにいた人たちは彼のことを信じていた

  • In case there's still any doubt in your mind, a posthumous DNA test has since proven

    念のために言っておくが、死後のDNA検査で証明されている

  • he's conclusively not related to Marie Antoinette.

    彼はマリー・アントワネットとは決定的に関係ない

  • Amazingly, Karl wasn't the only one to attempt this feat.

    驚くべきことに、この偉業を成し遂げようとしたのはカールだけではありませんでした。

  • There were several men claiming to be Prince Louis-Charles around the same period.

    同じ時期にルイ=シャルル王子を名乗る男性が何人もいた。

  • None of them were successful.

    どれも成功しませんでした。

  • But anyway, were you wondering what happened to that princess I was talking about in the

    でも、それはともかくとして、私が話していたお姫様はどうなったのか気になりましたか?

  • intro?

    イントロ?

  • It's time to finally find out.

    やっと気づく時が来た。

  • Who wouldn't be taken in by the tale of a mysterious young woman speaking a foreign

    謎の若い女性が外国語を話す物語に 魅了されない人はいないだろう

  • language and claiming to be a princess from a faraway, exotic land?

    遥か彼方の異国の地から来たお姫様だと主張しているのですか?

  • Apparently, not the small English village of Almondsbury.

    どうやらイギリスの小さな村、アーモンズベリーではないようだ。

  • In 1817, a woman turned up who fit the above description.

    1817年、上記の記述に当てはまる女性が現れた。

  • After using a Portuguese interpreter to figure out what she was saying, it turned out that

    ポルトガル語の通訳を使って、彼女が何を言っているのかを把握した後、それが判明しました。

  • she was Princess Caraboo from an island in the Indian Ocean called Javasu.

    彼女はインド洋に浮かぶジャバスという島のカラブー姫でした。

  • Funny how someone from the middle of the Indian Ocean would look English and speak Portuguese.

    インド洋の真ん中から来た人が、英語に見えてポルトガル語を話すなんておかしい。

  • But anyway.

    でも、とにかく。

  • Apparently, pirates had kidnapped her and taken her away from her homeland and family.

    どうやら海賊が彼女を誘拐し、祖国と家族から連れ去ったらしい。

  • Luckily, she'd managed to swim ashore to safety.

    幸いにも、彼女はなんとか無事に上陸することができました。

  • Everyone lapped the story up.

    みんなで話を盛り上げてくれました。

  • What could be more exciting than a glamorous princess who had escaped from her oppressors

    抑圧から逃れてきた華やかなお姫様よりも興奮することがあるでしょうか?

  • against all odds?

    何があっても?

  • From then on, she slept on the ground in the village, swam in a lake, and prayed to her

    それ以来、彼女は村の地面で寝て、湖で泳いで、彼女に祈りを捧げました。

  • gods from the tops of trees.

    木の上から神々を

  • Word spread and she became something of a tourist attraction.

    口コミが広がり、彼女は観光地のような存在になりました。

  • Eventually, her reputation preceded her, when a woman recognized who she really was.

    やがて、女性が本当の自分を認識した時、彼女の評判が先行した。

  • Mary Bakerthe most painfully ordinary of all names.

    メアリー・ベイカー - すべての名前の中で最も痛々しいほど平凡な名前。

  • Even worse, she was the woman's servant.

    さらに悪いことに、彼女は女の下僕だった。

  • Awkward.

    気まずい

  • For more content like this, check out our videos about insane ways people have faked

    このようなコンテンツについては、人々が偽造した非常識な方法についてのビデオをチェックしてください。

  • their death and the man from a country that doesn't exist.

    彼らの死と、存在しない国の男。

For years, you'd heard tales of the glamorous princess who mysteriously washed up in the

何年も前から、不思議なことに