Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is sponsored by Audible, the World's number one provider of spoken word entertainment and audiobooks.

    この動画は、話し言葉のエンターテイメントやオーディオブックを提供する世界No.1のAudibleがスポンサーとなっています。

  • Audible has every genre and type of audio book you could want, from history to comedy to True Crime, to romance.

    Audibleでは、歴史、コメディ、トゥルークライム、ロマンスなど、あらゆるジャンルのオーディオブックをご用意しています。

  • I just finished listening to Skunk Works, A Personal memoir of My Years of Lockheed by Ben Rich.

    私はちょうどベン・リッチのロッキードの私の年の個人的な回顧録であるSkunk Worksを聴き終えました。

  • And if you like the topics we cover here on the Infographic show, then you're gonna love this.

    そして、このインフォグラフィックショーで取り上げているトピックが好きなら、きっと気に入るはずです。

  • And now, to make things even better, they've got podcasts to everything you need for your audio entertainment needs in one easy place.

    そして今、物事をさらに良くするために、彼らはあなたのオーディオエンターテイメントのニーズに必要なすべてのものを一つの簡単な場所にポッドキャストを持っています。

  • But the most exciting of all is there.

    でも、一番ドキドキするのはそこです。

  • New service audible plus with audible plus.

    オーディブルプラスで新サービスオーディブルプラス。

  • You get full access to the new plus catalog, an incredible collection filled with thousands and thousands of select audible originals, audiobooks and podcasts, which include ad free versions of some of the most popular shows in the world.

    あなたは、世界で最も人気のある番組の広告無料版を含む、何千も何千もの厳選されたオーディブルオリジナル、オーディオブック、ポッドキャストで満たされた信じられないほどのコレクションであるニュープラスのカタログにフルアクセスすることができます。

  • Along with exclusive Siri's, now is the absolute best time to try Audible Plus with this special holiday offer, just 4 95 a month for the first six months and only 7 95 a month after to download and stream thousands of audiobooks, originals and podcasts So What are you waiting for?

    この特別なホリデーオファーを利用してAudible Plusを試すには今が最高のタイミングです。

  • Sign up now by visiting audible dot com slash infographics or by texting infographics to 505 100 One day in 1912 Frantz Reich Health had a sudden flash of inspiration.

    今すぐオーディブルドットコムのスラッシュインフォグラフィックスを訪問したり、インフォグラフィックスを505 100にテキストでサインアップすることで、1912年のある日、フランツ・ライヒの健康はインスピレーションの突然のフラッシュを持っていた。

  • Today would be the day he became the first man in history to glide from the Eiffel Tower to the ground, wearing nothing but a flying suit.

    今日は、エッフェル塔から空飛ぶスーツ以外は何も着ずに地上へと滑空した史上初の男となった日だろう。

  • What could ever go wrong?

    何が間違っているのか?

  • He hadn't had the time to test his innovative suit yet, but he was a professional Taylor.

    まだ革新的なスーツを試す時間はなかったが、彼はプロのテイラーだった。

  • He had faith in his work and the conviction that he'd reached the ground successfully.

    彼は自分の仕事に信念を持ち、無事に地に足をつけたという確信を持っていた。

  • As his colleagues put a stool in place for him to mount at the top of the 1000 ft tower, he took a gulp and slowly climbed to the top.

    同僚が1000フィートのタワーの頂上にマウントするためにスツールを置くと、彼はガブ飲みしてゆっくりと頂上に登っていった。

  • It was a long way down, but let's leave Franz at the summit, contemplating his rash decision for a while.

    下りは長かったが、フランツの軽率な決断をしばらく考えながら、山頂に置いておこう。

  • He's not the only lunatic.

    狂人は彼だけじゃない

  • Sorry.

    ごめんね

  • I mean innovative inventor.

    革新的な発明家という意味です。

  • The human race is known.

    人類は知られている。

  • Thomas Miceli was an acclaimed engineer and chemist who obtained over 100 patents, and he certainly had a knack for creations that would turn out to be dangerous, destructive or toxic first, he had the genius idea of adding Tetra ethyl lead to gasoline to solve the problem of engine knocking in cars.

    トーマス・ミチェリは、100以上の特許を取得した著名なエンジニアであり化学者であり、彼は確かに危険、破壊的または有毒であることが判明する創造物のためのコツを持っていました。

  • It worked, but it also turned out to damage the environment and the public.

    効果はあったが、環境や世間体にダメージを与えることも判明した。

  • The man even gave himself lead poisoning in the process, but he wasn't deterred.

    その男は その過程で鉛中毒を起こしたが彼は 抑止されなかった

  • His next move was the invention of chlorofluorocarbon or CFC.

    彼の次の動きはクロロフルオロカーボンか CFC の発明でした。

  • You know, the stuff that aerosols released that damages the ozone layer.

    エアロゾルが放出したものでオゾン層にダメージを与えるんだよな

  • At the time, CFC was revered as a pioneering invention that would stop refrigerator's leaking dangerous substances and gasses.

    当時、フロンは冷蔵庫の危険物やガスの漏れを止める先駆的な発明として崇められていました。

  • CFC was believed to be inflammable, stable, non corrosive and safe for humans to breathe.

    CFCは炎症を起こしにくく、安定しており、腐食性がなく、人間が呼吸しても安全であると考えられていました。

  • To prove its safety, majorly himself inhaled a sizable amount of the gas.

    安全性を証明するために、主に自分でかなりの量のガスを吸い込んだ。

  • As we now know, he turned out to be misled.

    今わかっているように、彼は誤解されていたことが判明した。

  • But, amazingly, Thomas Mitchell.

    しかし、驚くべきことにトーマス・ミッチェル

  • He wasn't killed by CFC or lead, although his run ins no doubt did him some damage.

    彼はCFCにもリードにも殺されなかったが、彼の暴走が彼にダメージを与えたのは間違いない。

  • Instead, his life took a tragic turn when he contracted polio in 1944 at the young age of 51.

    その代わり、1944年に51歳の若さでポリオに感染したことで、彼の人生は悲劇的な展開を迎えた。

  • Still convinced of his ingenuity as an inventor, Mitchley went ahead and invented something.

    それでも発明家としての創意工夫を確信したミッチリーは、先に何かを発明しました。

  • This time, it didn't involve any chemicals or toxic substances.

    今回は、化学物質や有害物質は含まれていませんでした。

  • It was a simple yet smart system of strings and police to help him pull himself out of bed independently.

    それは、彼がベッドから独立して自分自身を引き出すのを助けるために、紐と警察のシンプルでありながらスマートなシステムだった。

  • Sounds harmless, right?

    無害に聞こえますよね?

  • For a few years, the system worked out great helping me.

    数年の間、システムは私を助けてくれました。

  • Julie retained the modicum of dignity.

    ジュリーは威厳を保っていた。

  • He still had left after poisoning all of humanity twice.

    全人類を二度も毒殺した後、彼はまだ残っていた。

  • But one day he became entangled in the ropes which strangled him to death.

    しかしある日、彼はロープに絡まれて首を絞められて死んでしまった。

  • Once again, he'd done himself in.

    またしても自業自得だ。

  • Okay, so maybe you're asking for trouble when you go around meddling with chemicals and giving huge heavy contraptions to people who have become semi paralyzed.

    化学薬品に手を出したり半身不随になった人に巨大で重い装置を与えたりするのはトラブルの元ですよね?

  • But William Bullock was a much more sensible man.

    しかし、ウィリアム・ブロックはもっと分別のある男だった。

  • He came up with practical inventions like the grain drill seed planter and eventually, the Rotary Printing press designed to increase the speed of printing.

    彼は、穀物ドリルの種まき機や、印刷の速度を上げるために設計された輪転印刷機のような実用的な発明を考え出しました。

  • Surely such a pioneering man wouldn't have such a silly ending.

    確かにそのような開拓者には、そんなくだらない結末はないでしょう。

  • Well, you've seen the title of the video.

    さて、動画のタイトルを見ていただきました。

  • You already know the answer.

    もう答えはわかっているはずです。

  • Just two years after his brilliant invention that would revolutionize the printing industry, Bullock had a nasty accident while adjusting his rotary press.

    印刷業界に革命を起こすような輝かしい発明をしてからわずか2年後、ブロックは輪転機の調整中に厄介な事故に遭ってしまった。

  • His leg got caught in the machine and was promptly crushed.

    彼の足は機械に巻き込まれ、すぐに潰されてしまった。

  • I guess health and safety regulations were much of a concern.

    安全衛生上の規制はかなり気にしていたのでしょうね。

  • In 18 67 the inventor didn't die instantly, but it was the start of the end.

    18 67年、発明者は即死しなかったが、それが終わりの始まりだった。

  • He contracted gangrene in the wound and ended up dying a few days later.

    彼は傷口に壊疽を起こし、数日後に死ぬことになった。

  • It's a tragic tale now.

    今となっては悲惨な話です。

  • Are you ready for something really crazy?

    覚悟はできていますか?

  • Dying was the last thing Alexander Bogdanov had in mind.

    アレクサンダー・ボグダノフが最後に考えていたのは 死ぬことだった。

  • In fact, he'd hoped to become immortal.

    実際、彼は不死身になることを望んでいた。

  • Bear with me here.

    ここで我慢してくれ

  • A true polymath, Bogdanov was a science fiction writer, doctor and cybernetics enthusiast, but it was his passion for medical research that would lead him down a path of insanity and eventually caused his dire end.

    真のポリマスであるボグダノフは、SF作家であり、医師であり、サイバネティクスの愛好家でしたが、医学研究への情熱が彼を狂気の道へと導き、最終的には彼の悲惨な最期を引き起こしました。

  • Researching blood transfusions, Bogdanov became interested in their application to extending lives or, in other words, making people immortal.

    輸血の研究をしていたボグダノフは、輸血を延命、つまり人を不老不死にするために応用することに興味を持つようになりました。

  • You could tell he was a fan of science fiction.

    彼がSF好きなのが伝わってきましたね。

  • The man was so convinced he was on to something, that he performed multiple transfusions on himself before having any proper evidence.

    この男は 自分が何かを掴んだと確信していて適切な証拠を掴む前に自分自身に何度も輸血をした

  • It seemed to go well at first, and he enthusiastically published study after study about the positive effects of transfusions.

    最初はうまくいっていたようで、輸血の効果についての研究を次々と熱心に発表していました。

  • He was convinced his eyesight had improved and even that he'd stopped balding.

    視力が良くなったと確信していたし、ハゲが止まったことすら確信していた。

  • Unfortunately, Bogdanov didn't pay much attention to where the blood was coming from.

    残念ながら、ボグダノフは血がどこから流れてくるのか、あまり気にしていませんでした。

  • One day he underwent a transfusion from a student who turned out to have malaria, which would lead to his death in 1928.

    ある日、彼はマラリアにかかっていることが判明した学生から輸血を受け、それが1928年に彼の死につながることになる。

  • Would it have really been that terrible Toby bald and wear glasses?

    それは本当に恐ろしいトビーがハゲてメガネをかけていたのでしょうか?

  • You might say these inventors didn't know any better.

    この発明者たちは何も知らなかったと言うかもしれません。

  • But in the case of Horace Huntley, he almost certainly did.

    しかし、ホレス・ハントリーの場合、彼はほぼ確実にそうしていた。

  • Hundley made submarines, which is pretty cool.

    ハンドリーは潜水艦を作っていたが、これがなかなかかっこいい。

  • And what isn't so cool is that he made lousy submarines.

    そして、かっこよくないのは、お粗末な潜水艦を作っていたことだ。

  • His first submarine sank and not in the good submarine E Way, but in a sank to the bottom of the ocean to never be found again way.

    彼の最初の潜水艦は沈没し、良い潜水艦Eウェイではなく、二度と発見されないように海の底に沈んだ。

  • Then he built a second submarine, and that sank to.

    その後、彼は2隻目の潜水艦を建造し、それは沈没しました。

  • But Hunley wasn't one to lose confidence that easily, so he went on to build a third submarine.

    しかし、ハンレーはそう簡単に自信を失ったわけではないので、第3の潜水艦を建造することにした。

  • He even funded it with his own money because presumably sponsorship money was drying up by that point, and he named it after himself.

    その頃にはスポンサーからの資金が枯渇していたと思われるので、彼は自分のお金を使って資金を調達し、自分の名前を付けました。

  • Bold.

    大胆に

  • Sometimes faith is all you need, but not when it comes to science and engineering.

    信仰さえあればいいということもありますが、科学や工学となるとそうではありません。

  • The submarine sank in 1963 with Hundley and seven other crew members inside who all died.

    潜水艦は1963年に沈没し、フンドリーをはじめとする7名の乗組員が全員死亡しました。

  • He obviously hadn't got the memo that insanity is doing the same thing twice and expecting different results.

    彼は明らかに、同じことを二度やって違う結果を期待することが狂気であるということを理解していませんでした。

  • Speaking of insanity.

    狂気といえば

  • It's now time to look at, possibly the craziest guy on the list.

    今はリストの中で最もクレイジーな男を見る時だ

  • His idea was so mad that even Evel Knievel, one of the best known stunt performers and daredevils ever tried to warn him against it, entered the Czechoslovakian stuntman Corral.

    彼のアイデアはあまりにも狂っていたので、最もよく知られているスタントパフォーマーと向こう見ずな人の一人であるエベル・クナイベルでさえ、それに対して警告しようとしたチェコスロバキアのスタントマンのコラールに入った。

  • So check he had the genius idea to cross the super dangerous Niagara Falls world pool using various vehicles.

    だから彼は様々な乗り物を使って超危険なナイアガラの滝の世界のプールを横断する天才的なアイデアを持っていたことを確認してください。

  • First, he tried a moped along the cables of a trolley, but failed when he hit a bolt and was derailed.

    まず、トロッコのケーブルに沿って原付を走らせようとしたが、ボルトにぶつかって脱線して失敗。

  • Luckily, he was wearing a safety harness, which stopped him from falling into the whirlpool, and he lived to tell the tale.

    幸いなことに、彼は安全装置を身につけていたので、渦の中に落ちるのを防げたし、彼は生きて物語を語ることができた。

  • Then he tried the same thing again in a barrel of steel.

    そしてまた同じことを鉄の樽でやってみた。

  • This time he ended up stranded for hours in the whirlpool.

    今回は渦巻きの中で何時間も足止めを食らってしまった。

  • Eventually he was rescued, and once again he survived, although the police charged him for performing an unlicensed stunt, but he wasn't prepared to give up just yet.

    最終的には救助され、無免許でスタントをしたとして警察に告発されながらも、再び生き延びた。

  • SpaceX idea of fun is clearly very different from ours because he decided to cross the world pool in a barrel again.

    彼は再び樽の中で世界のプールを渡ることにしたので、SpaceXの楽しいという考えは明らかに我々とは大きく異なっています。

  • Only this time he custom built the barrel himself made of lightweight metal in plastic to be shock absorbent.

    今回のみ、彼は衝撃吸収性を高めるために、プラスチック製の軽量金属で作られたバレルを自分でカスタムした。

  • It even had a two way radio and a counterweight in one end to ensure suit check never landed headfirst.

    それは、スーツのチェックが正面から着地しないようにするために、2つの方法のラジオと片方の端にカウンターウェイトを持っていたことさえありました。

  • The barrel may have been well thought out, but crossing the whirlpool in ah homemade contraption was a bad move.

    バレルはよく考えられていたのかもしれないが、あー自作コントで渦を渡るのは悪手だった。

  • That's why evil Knievel tried to step in.

    だからこそ、悪のクナイベルが踏み込もうとしたのだ。

  • But so check wasn't listening to anyone, so he set off.

    しかし、チェックは誰の話も聞いていなかったので、出発しました。

  • But something was wrong.

    しかし、何かが間違っていた。

  • The barrel started spinning as it plunged down.

    突っ込みながら銃身が回転し始めた。

  • So instead of landing in the tank that had been placed at the bottom to whether the landing it hit the edge, this made a larger impact in plant giving.

    そのため、底に置いていたタンクに着地して端に当たるかどうかではなく、プラントの与える影響が大きくなりました。

  • So check a fractured skull and crushing his chest.

    頭蓋骨を骨折して胸を潰しているのを確認してください

  • He was rushed to the hospital and died.

    病院に運ばれて死亡した。

  • Worse of all, the spectacle was part of the Thrill Show and Destruction Derby, and there was an entire audience watching the event take place.

    さらに悪いことに、その光景はスリルショーと破壊ダービーの一部であり、イベントが行われるのを見ている観客全員がいました。

  • Since you check was inside the barrel, the Spectators didn't realize what had happened, so they clapped and cheered with the impression that the stunt had been successful.

    チェックが樽の中に入っていたので、観客は何が起こったのか分からず、このスタントが成功したかのような印象で拍手と歓声が沸き起こりました。

  • But I bet they felt bad afterward.

    でも、きっと後々嫌な思いをしたんでしょうね。

  • Believe it or not, things get crazier.

    信じられないかもしれませんが、物事がおかしくなります。

  • Michael Baker had a dream.

    マイケル・ベイカーは夢を見た。

  • His dream was wait for it to build a flying car we've all been there on Lee.

    彼の夢は空飛ぶ車を作るために待っていた我々はすべてのリーにそこにいた。

  • He actually tried to make his dream a reality.

    実際に夢を実現させようとしてくれました。

  • He became a pilot for the British Army and started his own flight crew in service.

    イギリス陸軍のパイロットとなり、現役で飛行隊を立ち上げた。

  • That's when he invented the jet pod, a tiny airplane designed to have a short take off and landing, allowing air passengers to travel straight from airports in the middle of nowhere to city centers.

    彼がジェットポッドを発明したのは、離着陸が短いように設計された小型飛行機で、何もないところにある空港から都心部まで直行できるようにしたのです。

  • One day he was testing his prototype in Malaysia three times in a row.

    ある日、彼はマレーシアで3回連続で試作品のテストをしていた。

  • He tried and failed to set off, but he refused to take this as a warning sign, he kept trying.

    挑戦しては失敗したが、これは警告のサインだと拒否して、彼は挑戦し続けた。

  • On the fourth attempt, Decker successfully set off into the air.

    4回目のトライでデッカーは空中発射に成功しました。

  • But instead of a gradual take off, the vehicle shot up vertically into the sky and plummeted straight down to the earth.

    しかし、徐々に離陸するのではなく、車両は垂直に空へと舞い上がり、真っ直ぐに地球へと急降下した。

  • Baker was killed in the crash because it went so well for Dake er, an engineer called Henry Smolinski decided to give the whole flying car thing another go in 1973.

    ベイカーは墜落事故で亡くなりましたが、それはデーク・アーのためにうまくいったので、ヘンリー・スモリンスキーと呼ばれるエンジニアが1973年に空飛ぶ車のことをもう一度やってみることにしました。

  • 1 day he thought he created the perfect flying machine, so he drove it off the Eiffel Tower as a test run.

    1日、彼は完璧な飛行機械を作ったと思っていたので、試運転としてエッフェル塔から運転しました。

  • Allah Franz.

    アラー・フランツ

  • Now I'm kidding.

    今は冗談です。

  • But Henry did build a prototype.

    しかし、ヘンリーは試作品を作った。

  • He fused afford Pento with the rear end of an airplane.

    彼は飛行機の後端でペントを融合させた。

  • Don't ask me why he chose a Ford.

    なぜフォードを選んだのかは聞かないでください。

  • Pinto is the vehicle of choice for this flagship project.

    ピントは、このフラッグシッププロジェクトのために選択された車両です。

  • The team also developed a set of adapters so the draft could control the ailerons of the plane with the steering wheel.

    また、ドラフトで機体のエルロンをハンドルで制御できるようにアダプターのセットも開発した。

  • One day, Smolinski went ahead with an impromptu test of his flying car.

    ある日、スモリンスキーは空飛ぶ車の即席テストを行いました。

  • Unfortunately, the car had suffered faulty welding and loose parts, and the wing struck, detached.

    残念なことに、車は溶接不良と部品の緩みに見舞われ、ウイングが激突して外れてしまいました。

  • The weight was also way too much for the engine.

    重さもエンジンにしてはやり過ぎでした。

  • Along with his business partner, Smolinski died in a pillar of black smoke.

    彼のビジネスパートナーと共に、スモリンスキーは黒煙の柱の中で死んだ。

  • You might have noticed a theme here.

    ここにテーマがあることに気づいたかもしれません。

  • People getting into accidents after trying to invent some kind of vehicle.

    ある種の乗り物を発明しようとした結果、事故に遭う人が出てくる。

  • Well, valerian Avakov ski is no exception and no less insane.

    まあ、バレリアンアバコフスキーも例外ではなく、それ以下の非常識なことはありません。

  • He'd invented something called the Aero Wagon, a high speed rail car, complete with an aircraft engine and propeller attraction that he wanted to use to transport Soviet officials between major cities.

    彼はエアロワゴンと呼ばれる高速鉄道車両を発明しました。航空機エンジンとプロペラのアトラクションを備えたもので、ソビエトの役人を主要都市間で移動させるために使用したいと考えていました。

  • One day he gave the vehicle a test run.

    ある日、彼は車に試運転をさせた。

  • I know you heard it all before the test run went fine for the outgoing journey, but on the return, the car was going at high speed when it derailed, killing a Bukovsky and five other Communists.

    往路の試運転は順調だったが、復路では高速走行中に脱線し、ブコフスキー一人と他の共産党員5人が死亡したという。

  • I'm not done yet.

    私はまだ終わっていません。

  • Rocket science has a bad rep for its difficulty.

    ロケット科学の難しさに悪評がある。

  • But that wasn't going to deter Max Valliere.

    しかし、それはマックス・ヴァリエールを抑止することにはならなかった。

  • After reading about the joys of rockets, he set out on a mission to develop a rocket powered car.

    ロケットの楽しさを読んだ後、ロケットを動力源とする車の開発に乗り出した。

  • Don't worry, he wasn't hoping to fly it.

    心配しないで、彼はそれを飛ばすことを望んでいませんでした。

  • He just wanted it to go really, really fast.

    彼はただ、本当に、本当に、早くしたいと思っていました。

  • Eventually, he created a car that could go 250 MPH perfect and so useful if what you're looking for is a car with the capacity to cause road accidents.

    最終的には、彼は、あなたが探しているものは、交通事故を引き起こす能力を持つ車である場合は、完璧な250 MPHを行くことができ、非常に有用な車を作成しました。

  • He then began to work on a rocket assistant aircraft.

    その後、ロケット助手機の仕事を始めた。

  • In 1920 Max was working on a rocket motor made of liquid oxygen gasoline.

    1920年、マックスは液体酸素ガソリンを使ったロケットモーターを作っていた。

  • When the entire thing exploded, a piece of shrapnel flew into one of his arteries, severing it and killing him.

    全体が爆発した時、榴散弾の破片が彼の動脈の一つに飛んできて、それを切断して彼を殺した。

  • The car never came to be, but Max's death wasn't in vain.

    車は実現しなかったが、マックスの死は無駄ではなかった。

  • The technology he worked on helped the first man land on the moon, now ready to hear something gruesome.

    彼が取り組んだ技術は、最初の人間の月面着陸を助けた。今、何か陰惨なことを聞く準備ができている。

  • It's not just the last few centuries that has become in vogue for inventors to kill themselves using their own inventions.

    発明家が自分の発明品を使って自殺するのが流行っているのはここ数世紀だけではありません。

  • A surly is 2 21 BC influential politician Lee C.

    サーリーは、2 21 BCの影響力のある政治家リーCです。

  • Got in on the trend.

    トレンドに乗った

  • Li See invented a torture method called the Five Pains, which involved cutting off the nose hand in foot of a person before castrating them and killing them by cutting them in half.

    李世は「五苦」と呼ばれる拷問法を考案し、人の足の鼻手を切り落としてから去勢し、半分に切って殺すというものでした。

  • He was a real charmer.

    彼は本当に魅力的な人でした。

  • Some inventors wanted to make the world a better place.

    世界をより良い場所にしたいという発明家もいました。

  • Others just want to find more ways to bring suffering.

    他の人は、ただ苦しみをもたらす方法をもっと見つけたいだけです。

  • When Lucy was convicted of treason, he got a taste of his own medicine and met the same fate.

    ルーシーが反逆罪で有罪判決を受けたとき、彼は自分の薬に味をしめ、同じ運命をたどった。

  • And they say karma isn't really but back up to our plucky tailor, Franz, who still waiting at the top of the Eiffel Tower, ready to jump.

    そして彼らはカルマは本当ではないと言っていますが、私たちの幸運な仕立て屋、フランツに戻って、まだエッフェル塔の頂上で待っている人は、ジャンプする準備ができています。

  • Franz had designed his wingsuit based on the principle that by adding more surface area to the body, humans would be able to descend to the ground slowly and gracefully.

    フランツは、身体の表面積を増やすことで、人間はゆっくりと優雅に地上に降りることができるという原理に基づいてウィングスーツを設計していた。

  • Luckily, he wasn't so deluded that he thought a special suit alone could enable humans to fly.

    幸いにも、特殊スーツだけで人間が空を飛べるようになると思っていたほど、彼は騙されていませんでした。

  • He also added, in a parachute that would be released during the fall, what could ever go wrong?

    彼はまた、秋の間に解放されるパラシュートの中で、これまでに何がうまくいかないことがあるのだろうか、と付け加えた。

  • Remember this wingsuit had never actually been tested.

    このウイングスーツは実際にテストされたことがないことを覚えておいてください。

  • The original plan was to have a test run with a dummy.

    当初の予定では、ダミーを使った試運転を行う予定でした。

  • But Franz was something of a free spirit for him, it was a matter of pride to show faith in his inventions and take the first jump with no evidence behind him.

    しかし、フランツは彼にとって自由人のようなもので、自分の発明品に信念を示し、背後に何の根拠もなく最初のジャンプをするのはプライドの問題だった。

  • The wingsuit he created looked like a cloak with a big hood.

    彼が作ったウィングスーツは、大きなフードの付いたマントのように見えました。

  • So it's hard to be optimistic about its effectiveness.

    そのため、効果を楽観視することは難しいのです。

  • But what about the parachute?

    でも、パラシュートはどうなんだろう?

  • Surely that would save him right toe, activate the parachute.

    確かにそれは彼の右足のつま先を救うだろう、パラシュートを起動します。

  • All Franz had to do was extend his arms out to put his body into across position Onley.

    フランツは腕を伸ばして体をクロスポジションのオンリーに入れるだけだった。

  • The parachute collapsed around him, so he had a free fall to the ground.

    パラシュートが周りに倒れたため、地面にフリーフォールしてしまった。

  • He died of a heart attack before he'd even reached the bottom.

    底をつく前に心臓発作で死んでしまった。

  • Check out our videos about dreams that could kill you in real life and people who have died by taking selfies.

    実生活で死んでしまうかもしれない夢や、自撮りで死んでしまった人の動画をチェックしてみましょう。

This video is sponsored by Audible, the World's number one provider of spoken word entertainment and audiobooks.

この動画は、話し言葉のエンターテイメントやオーディオブックを提供する世界No.1のAudibleがスポンサーとなっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 発明 スーツ パラシュート ロケット エッフェル オーディオ

発明者を殺した非常識な発明 (Insane Inventions That Killed Their Inventors)

  • 108 4
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 15 日
動画の中の単語