Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the modern aerial combat theatre,as countries  vie for total domination of the skies, innovation  

    現代の空中戦では、各国が空の覇権を競うように、技術革新が求められています。

  • and technology might just be our greatest weaponsIn the unlikely event of all-out aerial warfare,  

    技術が最大の武器になるかもしれません 万が一、全面的な空中戦が行われた場合には

  • will Russia's newest entry into the  fighter jet history books be enough  

    ロシアの最新戦闘機の歴史の本への参入は十分なのだろうか

  • to achieve total air superiority? Russian Su-57  versus Eurofighter Typhoon - which would win?

    総合的な航空優勢を実現するためには?ロシアのSu-57対ユーロファイター・タイフーン、どちらが勝つ?

  • As the Second World War was winding  down, the jet age was just taking off.  

    第二次世界大戦が終わろうとしていた頃、ジェット時代はちょうど離陸したところでした。

  • The first of jet-powered aircraft were developed  for the war effort, and these first generation  

    戦時中のために開発されたジェット機の第一世代であり、これらの第一世代の

  • planes were a far cry from the machines  that dominate the air today - they closely  

    飛行機は、今日の空を支配する機械とはかけ離れたものでした。

  • resembled the last generation of propeller-driven  fighters, using the same aerodynamic principles  

    前世代のプロペラ戦闘機に似ていて、同じ空力原理を使っています。

  • and construction materials, like wood and fabricAs jet engines improved significantly, future  

    と木材や布地のような建築材料を使用しています。 ジェットエンジンが大幅に改良されたことで、将来的には

  • generations of fighter aircraft saw improvements  to the planes' structure and avionics systems.  

    世代の戦闘機では、機体の構造やアビオニクスシステムの改良が行われました。

  • The most advanced 4th and 5th generation planes  that are in use today feature advanced materials,  

    現在使用されている最新鋭の第4世代、第5世代機には、先進的な素材が採用されています。

  • systems and designs that allow for supersonic  flight and exceptional maneuverability.

    超音速飛行と卓越した操縦性を可能にするシステムとデザイン。

  • The goal of today's air forces is air superiority  - total domination of the aerial arena so as to  

    今日の空軍の目標は、空の優位性、すなわち、以下のような空中戦場の完全な支配である。

  • discourage other nations from even attempting  aerial combat - and the Typhoon and the Su-57  

    タイフーンとSu-57

  • are Europe's and Russia's current best  hopes for achieving such superiority.

    は、そのような優位性を達成するためのヨーロッパとロシアの現在の最善の希望である。

  • Militaries may be hoping to discourage conflictbut that's not to say there isn't tension. When  

    軍隊は紛争を抑止したいと思っているかもしれませんが 緊張感がないわけではありませんいつのまにか

  • Russia annexed the Ukranian territory of Crimea  in 2014, the world very nearly found out who would  

    ロシアは2014年にクリミアのウクライナ領土を併合し、世界は非常にほぼ誰が判明しました。

  • triumph in all-out aerial warfare. Thankfullymajor conflict was avoided, but this situation was  

    全面的な空中戦で勝利を収めた。ありがたいことに大規模な紛争は回避されましたが、この状況は

  • a reminder to the world's powers that technical  military superiority is as important as ever.

    技術的な軍事的優位性がこれまでと同様に重要であることを世界の列強に思い出させる。

  • The Eurofighter Typhoon is the result of the  Future European Fighter Aircraft program,  

    ユーロファイター・タイフーンは、未来のヨーロッパ戦闘機プログラムの成果です。

  • a 1983 collaboration between the UK, GermanyItaly, Spain and France - although disagreements  

    1983年のイギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、フランスの共同制作。

  • over design authority would eventually cause  France to leave the program. The aircraft  

    設計権限をめぐる問題は、最終的にはフランスがプログラムから離脱する原因となります。航空機の

  • is manufactured by a consortium of three major  European aerospace corporations - Britain's BAE  

    は、欧州の主要航空宇宙企業3社(英国のBAE社)のコンソーシアムによって製造されています。

  • Systems, Italian firm Leonardo, and multinational  company Airbus - under a joint holding company  

    システムズ社、イタリアのレオナルド社、多国籍企業エアバス社の3社が共同持株会社を設立

  • called Eurofighter. A technical demonstration  test flight took place in August 1986,  

    ユーロファイターと呼ばれた。1986年8月に技術実証試験飛行が行われた。

  • but the first Eurofighter prototype  wouldn't take to the skies until March  

    しかし、最初のユーロファイターの試作機が空を飛ぶのは3月になってからでした。

  • 1994. The aircraft was dubbed theTyphoonin  1998, the same year that the first production  

    1994.同機は1998年に「タイフーン」と命名されました。

  • contracts were signed. Despite collaboration  among some of Europe's brightest minds,  

    契約が締結されました。ヨーロッパで最も優秀な人材が集まっているにもかかわらず

  • the development of the Typhoon was plagued  by delays, including bickering over cost  

    タイフーンの開発は、コストを巡って口論になるなど、開発の遅れに悩まされていました。

  • and work sharing between participating nationsThe sudden end to the Cold War in 1991 didn't help  

    と参加国間のワークシェアリングを行っています。 1991年の冷戦の突然の終結は、この問題を解決するのに役立ちませんでした。

  • matters, either, as reduced demand and urgency  saw military projects around the world falter.

    しかし、需要の減少と緊急性の高さから、世界中の軍事プロジェクトが停滞しています。

  • The Typhoon officially entered operational  service in 2003, and is now in service with  

    タイフーンは2003年に正式に運用開始され、現在は

  • air forces in Austria, Italy, Germany, the UKSpain, Saudi Arabia and Oman. The Typhoon is  

    オーストリア、イタリア、ドイツ、イギリス、スペイン、サウジアラビア、オマーンの空軍。台風は

  • a twin-engine canard-delta wing fighter that  can be operated by 1 or 2 crew members - the  

    1人または2人の搭乗員で運用可能な双発カナードデルタ翼戦闘機。

  • termdeltarefers to the triangular shape of  the plane's wings, which resembles the Greek  

    デルタとは、ギリシャ語の翼の三角形の形を指します。

  • character delta, and the smaller forewing  above the main wing is called a canard.

    キャラクターデルタ、主翼より上の小さい前翅はカナードと呼ばれています。

  • The Typhoon is a multirole combat aircraft, which  means that it can perform a number of duties,  

    タイフーンは多役戦闘機であり、多くの任務をこなすことができます。

  • including aerial reconnaissance, air  support and, of course, attack missions.  

    航空偵察、航空支援、そしてもちろん攻撃任務を含む。

  • The Typhoon is a highly agile fighter jet  designed to excel in a dogfight situation,  

    タイフーンは、ドッグファイトを得意とするように設計された俊敏性の高い戦闘機です。

  • though later models are better equipped for  air-to-surface missions, too. The Typhoon  

    後期型の方が空対地ミッションにも優れた装備を備えていますが。タイフーン

  • demonstrated its versatility in its 2011 combat  debut in Libya, when the UK's Royal Air Force,  

    2011年にリビアで戦闘デビューを果たした英国空軍では、その汎用性が発揮されました。

  • or RAF, and the Italian Air Force performed aerial  reconnaissance and air-to-ground strike missions.

    イタリア空軍は航空偵察と空対地攻撃任務を遂行した。

  • A total of 623 Typhoons have been produced as  of 2019. Back in 1985, the UK estimated that  

    2019年現在、合計623個の台風が発生しています。1985年に戻って、英国では推定

  • the total cost of the 250 planes they planned  to buy would be $7 billion dollars. By 1997,  

    買収を計画していた250機の総コストは70億ドルであった。1997年までには

  • that had risen to $17 billion, and by the time  the first Typhoons went into service in 2003,  

    それは170億ドルに上昇し、最初の台風が2003年にサービスを開始したときまでに。

  • the cost had ballooned to $20 billion  dollars - more than $80 million dollars  

    費用は200億ドルに膨れ上がり、8000万ドル以上になった。

  • per aircraft. That's certainly not a small  number, but it's a bargain compared to the  

    機あたり。それは確かに小さな数字ではありませんが、それは

  • market price for outside buyers - countries  who haven't shared in the development costs  

    外部バイヤーの市場価格 - 開発コストを共有していない国

  • can expect to pay more than $105 million  dollars to get their hands on a Typhoon.

    は、台風に手を出すために1億500万ドル以上を支払うことを期待することができます。

  • The Soviet Union recognized the need for  advanced fighter aircraft back in 1979,  

    ソ連は1979年に先進的な戦闘機の必要性を認識していました。

  • and the Russian Aircraft Corporation, or MiGwas tasked with delivering just such an aircraft  

    ロシア航空機公社(MiG)は、まさにそのような航空機を納入することを任務としていました。

  • by 1990. Development was delayed when the collapse  of the Soviet Union led to a lack of funds,  

    1990年までにはソ連崩壊で資金不足に陥ったため開発が遅れた。

  • and the first test flight didn't take  place until the year 2000, 9 years overdue.

    そして、最初の試験飛行が行われたのは9年遅れの2000年でした。

  • Another Russian firm, Sukhoi, had been hard  at work on their own next-gen fighter jet,  

    ロシアのもう一つの企業であるスコイは、独自の次世代戦闘機の開発に懸命に取り組んでいた。

  • the Su-27, since 1983, so when the MiG program was  cancelled in 2002, they were ready to step in and  

    1983年からSu-27を使用していたので、2002年にMiG計画が中止された時には、彼らは踏み込んで

  • take over the project. Using plastic composites  allowed the new plane to have 4 times fewer parts  

    プロジェクトを引き継ぎます。プラスチック複合材を使用することで、新しい飛行機の部品点数を4倍に減らすことができました。

  • than the original Su-27, making it lighterless expensive and easier to mass produce.

    初代Su-27よりも軽量化、低コスト化、量産化が容易になりました。

  • In 2007, the Russian government partnered with  the government of India to jointly develop a 5th  

    2007年には、ロシア政府がインド政府と共同で第5

  • Generation fighter aircraft. Each country was  to invest $6 billion dollars and the project  

    世代の戦闘機。各国が60億ドルを投資することになり、プロジェクトは

  • was expected to take 8 to 10 years, with India  originally planning to buy 214 of the finished  

    は 8~10年かかる見込みで、インドは当初、完成品の 214台を購入する計画だった。

  • planes. The partnership appeared to be successfuland the first prototype test flight took place in  

    の飛行機が登場しました。この提携は成功したようで、最初の試作機のテスト飛行は

  • January 2010. However, after first reducing  their planned order to 144 planes in 2012,  

    2010年1月。しかし、当初予定していた発注を減らし、2012年には144機にまで減らした。

  • India pulled out of the project altogether in  2018, complaining that the plane did not meet  

    インドは2018年にこのプロジェクトから完全に撤退し、飛行機が満たされていないことを不満に思っています。

  • its requirements for stealth, avionics and  weaponry. India's sudden departure led many  

    ステルス、航空電子工学、兵器の要件を満たしています。インドの突然の離脱は、多くの

  • to question the future of the Su-57 programbut development plowed ahead and production of  

    疑問視されていましたが、開発は進み、生産されたのは

  • the first serial planes began in 2019, with  delivery planned for the following year.  

    は2019年に初のシリアルプレーンを開始し、翌年の納入を予定しています。

  • Russia may have spent decades and billions of  dollars developing the Su-57, but the finished  

    ロシアは何十年も何十億ドルもかけてSu-57を開発したかもしれないが、完成したのは

  • product is apparently a real bargain, withreported unit cost of just $35 million dollars.

    製品は明らかに本当の掘り出し物で、報告された単価はわずか3500万ドルです。

  • The Su-57 was designed with one goal in mind  - total air superiority. The 5th generation  

    Su-57は、総合的な空の優位性という一つの目標を掲げて設計されました。第5世代

  • multirole fighter was built to rival the  most advanced military aircraft in existence,  

    マルチロール戦闘機は、現存する最新鋭の軍用機に匹敵するように作られた。

  • like the F-22 Raptor and the Eurofighter Typhoon.  

    F-22ラプターやユーロファイター・タイフーンのように。

  • The Su-57 was designed for superspeed  and supermaneuverability , and is the  

    Su-57は、超高速・超機動性を目的として設計されたものであり

  • first Russian military aircraft in  history to use stealth technology.

    史上初のステルス技術を用いたロシア軍用機

  • Since the Su-57 is still in production, we don't  yet have any information on how the aircraft fares  

    Su-57はまだ生産中のため、機体の性能についての情報はまだ得られていません。

  • in combat, though we do know that on Christmas  Eve, 2019, the first serial production aircraft  

    2019年のクリスマスイブに初のシリアル生産機が登場することがわかっているが、戦闘では

  • crashed due to a control system malfunction while  performing the final stage of factory trials.  

    工場での最終試験中に制御システムの不具合により墜落した。

  • The pilot was unable to stop the plane's  downward spiral using the manual controls,  

    パイロットは手動操作で飛行機の下降スパイラルを止めることができませんでした。

  • and he was forced to eject at an elevation of  2,000 meters. He was later rescued by helicopter.

    で、標高20000メートルの地点で強制的に脱出させられました。その後、ヘリコプターで救出されました。

  • Now that we know a little about the  history of these two impressive aircraft,  

    さて、この2つの印象的な機体の歴史が少しわかったところで

  • let's see how they stack up against each other.

    互いにどのように積み上げていくのか見てみましょう。

  • At more than 65 feet long, with a wingspan  greater than 46 feet and weighing it at nearly  

    長さ65フィート以上、翼幅46フィート以上、重さはほぼ

  • 40,000 pounds empty, the Russian Su-57 dwarfs its  European counterpart. The Typhoon comes in at 52  

    ロシアのSu-57は4万ポンド(約4,000ポンド)の空母で欧州の機体を凌駕しています。タイフーンは52

  • feet long with a 35 foot wingspan, and an empty  weight of just under 25,000 pounds. This gives  

    翼幅35フィート、長さ1.5フィート、空の重量は25,000ポンド弱です。これは

  • the Su-57 the advantage in terms of capacitythe Su-57's max takeoff weight of 77,000 pounds  

    容量の面でSu-57の利点 - Su-57の最大離陸重量77,000ポンドの

  • is 50% greater than the Typhoon's max capacity of  just over 51,000 pounds. This larger capacity also  

    は、タイフーンの最大容量51,000ポンド(約5万1,000kg)を50%上回っています。この大きな容量は

  • allows the Su-57 to carry more fuel, giving  it a longer range of 2,200 miles compared to  

    に比べて航続距離が2,200マイルと長くなっています。

  • the Typhoon's max range of 1,800 miles. Both  planes have a maximum ceiling of 65,000 feet.

    タイフーンの最大航続距離は1,800マイルです。両機とも最大天井高は65,000フィートです

  • The Russian plane also has the more powerful  engines, with it's 2 Saturn AL-41F1 turbofans  

    ロシア機もより強力なエンジンを搭載しており、2機のサターンAL-41F1ターボファンを搭載しています。

  • with thrust vectoring capable of putting  out nearly 150 kN (kilo-Newtons) of thrust,  

    150kN(キロニュートン)近い推力を出すことができる推力ベクトルを搭載しています。

  • compared to the 90 kN put out by the Typhoon's  twin Eurojet EJ200 afterburning turbofan engines.

    タイフーンの双子機ユーロジェットEJ200のアフターバーニングターボファンエンジンの出力90kNと比較しても。

  • The Typhoon has advantages of its own, the  main one being speed. While both planes are  

    タイフーンにはそれなりのメリットがあり、主なものはスピードです。どちらの飛行機も

  • capable of Mach 2 speeds, the smaller  and lighter Typhoon is able to climb at  

    マッハ2の速度で上昇することができますが、より小型で軽量なタイフーンは、より高速で上昇することができます。

  • more than 62,000 feet per minute and can  reach max speeds of 1,550 miles per hour,  

    1分間に62,000フィート以上、最高速度は時速1,550マイルに達することができます。

  • compared to the Su-57's top speed  of just 1,320 miles per hour.

    最高速度は時速1,320マイルですが、Su-57の最高速度は時速1,320マイルです。

  • In today's highly advanced aerial theatre, speed  alone won't be enough to guarantee domination of  

    今日の高度に発達した空中劇場では、スピードだけでは、以下のような状況になっています。

  • the skies - aircraft also need to be able to avoid  detection. Being truly invisible is impossible,  

    航空機もまた、検知を回避する必要があります。本当に目に見えないということは不可能です

  • but modern stealth technology helps to make  it difficult to effectively track a plane.  

    しかし、現代のステルス技術は、効果的に飛行機を追跡することを困難にするのに役立ちます。

  • Air Forces around the world had been looking  for ways to avoid radar since World War II,  

    世界中の空軍は第二次世界大戦以来、レーダーを避ける方法を模索していた。

  • and the development of new materials like  carbon-fibre and high-strength plastics  

    とカーボンファイバーや高強度プラスチックなどの新素材の開発に取り組んでいます。

  • in the 1960s and 70s kicked the stealth race  into high gear. The first-ever stealth program  

    1960年代と70年代にステルスレースをハイギアに蹴り上げました。初のステルスプログラム

  • was announced by the U.S. in 1980, and their  first stealth planes - the F-117A Nighthawk  

    は1980年に米国によって発表され、彼らの最初のステルス機 - F-117A ナイトホーク

  • ground attack fighter and the B2  bomber - were operational by 1983.

    1983年までには地上攻撃戦闘機とB2爆撃機が運用されていた。

  • Aircraft designers achieve stealth with  a combination of passive low-observable  

    航空機の設計者は、受動的で低観測性の組み合わせでステルスを実現しています。

  • features and active emitter technology. Passive  LO features include using unconventional shapes  

    機能とアクティブエミッター技術を採用しています。パッシブLOの特徴には、型にはまらない形状の使用が含まれます。

  • and avoiding right angles or large  surfaces to reduce radar reflection.  

    と直角や大きな面を避けてレーダーの反射を軽減します。

  • These stealthy design features are at odds with  the principles of aerodynamics and supersonic  

    これらのステルスデザインの特徴は、空力や超音速の原理とは相反するものです。

  • speeds, meaning designers often have to choose  stealth at the expense of speed and agility.  

    つまり、デザイナーはスピードと敏捷性を犠牲にしてステルスを選択しなければならないことが多いのです。

  • Active emitters, like radar, radio  and laser technology, are another  

    レーダー、ラジオ、レーザー技術のようなアクティブエミッターは、他にも

  • layer of stealth protection designed to confuse  surveillance radar and camouflage the aircraft.

    監視レーダーを混乱させ、航空機をカモフラージュするために設計されたステルス保護の層。

  • The Eurofighter Typhoon is not a true stealth  aircraft. Though it was designed with some  

    ユーロファイター・タイフーンは真のステルス機ではありません。それは、それがいくつかの設計されたものの

  • features that make it less detectable by  radar, the Typhoon was built mainly for  

    タイフーンは主にレーダーで検出されにくくするために作られました。

  • speed and maneuverability, and it's canard  delta wings limit the stealth features  

    スピードと操縦性、そしてカナードデルタウィングがステルス機能を制限しています。

  • that can be used in the craft's design. The  Typhoon's stealth features include external  

    工芸品のデザインに使用することができます。タイフーンのステルス機能には、外部の

  • weapons recessed into the fuselage and s-shaped  air-intakes to block the engines from radar.

    兵器は胴体の中に埋め込まれ、エンジンをレーダーから遮断するためにS字型のエアインテークを装備しています。

  • The Su-57 will be the very first  stealth aircraft in Russian history.  

    Su-57はロシア史上初のステルス機となる。

  • The aircraft's planform edge alignment was  designed to reduce radar cross section,  

    機体の平面形状のエッジアライメントは、レーダーの断面積を減らすために設計されていました。

  • and the plane's leading and trailing  edges are serrated and carefully angled  

    そして、平面の前縁と後縁は鋸歯状になっており、慎重に角度をつけられています。

  • to limit detection. The craft is also  treated with a radar-absorbent material.  

    を使用して探知を制限します。レーダー吸収材で処理されています

  • Still, experts have pointed out some issues with  the plane's fuselage shape, seams and rivets,  

    それでも専門家は、機体の形状や縫い目、リベットなどに問題があると指摘している。

  • making the Su-57 less stealthy than the F22,  arguably the world's stealthiest aircraft.

    Su-57はF22よりもステルス性が低く、間違いなく世界で最もステルス性の高い機体です。

  • When it comes to stealth, it appears that  the Su-57 has the edge in technology,  

    ステルスに関しては、Su-57の方が技術的には優れているようです。

  • though what the Typhoon lacks in stealth it  more than makes up for in maneuverability.  

    タイフーンはステルス性に欠けていますが、それ以上に操縦性で補っています。

  • Of course, speed and stealth are importantbut you can't make an accurate comparison  

    もちろんスピードやステルスも重要だが、正確な比較はできない。

  • between two war machines without  taking a look at their payload.

    2つの戦争機の間には、そのペイロードを見ずに

  • The Eurofighter Typhoon is equipped with  13 hardpoints and can be outfitted with a  

    ユーロファイター・タイフーンは13のハードポイントを装備しており、艤装は

  • huge array of weapons for any type of mission. The  Typhoon boasts a 27mm Mauser BK-27 revolver cannon  

    あらゆるタイプのミッションのための武器の巨大な配列。タイフーンは27mmマウザーBK-27リボルバーキャノンを誇ります。

  • holding 150 rounds, and can carry nearly 20,000  pounds of additional payload. The Typhoon can  

    150発の弾丸を搭載し、約20,000ポンドの追加ペイロードを搭載することができます。タイフーンは

  • handle air-to-air missiles, like the Sidewinder  and the Meteor, as well as air-to-surface missiles  

    サイドワインダーやメテオのような空対空ミサイルや空対地ミサイルを扱う。

  • like the Storm Shadow and Brimstone. It is  also equipped to handle various types of bombs,  

    ストームシャドウやブリムストーンのようなまた、各種爆弾にも対応できるように装備されています。

  • like the laser-guided Spice 250 (two fifty),  with more bombs currently in development.

    レーザー誘導式スパイス250(ツーフィフティ)のように、現在開発中のより多くの爆弾で。

  • The Su-57 is equipped with a 30mm Gryazev-Shipunov  Gsh-30-1 autocannon and has 6 interior and 6  

    Su-57は30mmグリャゼフ-シップノフGsh-30-1オートキャノンを搭載しており、内部と

  • exterior hardpoints to handle additional weaponsThe Russians have designed the Su-57 to handle a  

    外側のハードポイントは追加の武器を扱うためのものである。 ロシアはSu-57を

  • variety of air-to-air and air-to-ground missilesas well as anti-ship and anti-radiation weapons,  

    空対空ミサイルや空対地ミサイル、対艦兵器や対放射線兵器など、さまざまな種類の空対空ミサイルを搭載しています。

  • although most of these more advanced  weapons are still in development.  

    しかし、これらのより高度な兵器のほとんどはまだ開発中です。

  • Despite being the larger aircraft, the Su-57 can  only carry just over 16,000 pounds of ordinance,  

    大型機であるにもかかわらず、Su-57は16,000ポンド(約1万6,000kg)強しか積めません。

  • giving the slight advantage to  the Typhoon in terms of weaponry.

    兵器の面では、タイフーンにわずかなアドバンテージを与えている。

  • So, now that we know more about the Russian  Su-57 versus the Eurofighter Typhoon,  

    さて、ロシアのSu-57対ユーロファイター・タイフーンについての詳細がわかりました。

  • how would these aircraft fare in head-to-head  combat? The two planes are comparable in terms  

    これらの航空機は正面からの戦闘ではどうでしょうか?この二つの飛行機は

  • of weaponry, but if Russia's claims about it's  new stealth fighter jet prove true, they might  

    しかし、ロシアの新しいステルス戦闘機についての主張が真実であると証明されれば、

  • just be able to claim stealth superiorityat least over the Typhoon. The Eurofighter  

    少なくともタイフーンよりはステルス優位性を主張することができます。ユーロファイターは

  • has superior speed and maneuverabilitynot to mention a more proven track record.

    スピードと操縦性に優れていることは言うまでもなく、より多くの実績があります。

  • The Russian Su-57 certainly sounds like an  impressive piece of aviation machinery, but it's  

    ロシアのSu-57は確かに印象的な航空機械の一部のように聞こえるが、それは

  • just too new and untested to draw a conclusive  comparison between it and the well-established  

    確立されたものとの決定的な比較をするには、あまりにも新しく、未検証である

  • Typhoon. Plus, between India backing out of their  deal and the crash of the first production plane,  

    台風ださらに、インドが取引から手を引いて最初の生産機が墜落しました。

  • it leaves many doubts about the Russian program  and plane. The Typhoon has some problems of its  

    それはロシアのプログラムと飛行機について多くの疑問を残しますタイフーンにはいくつかの問題があります

  • own, not least of which is a lack of stealth  technology, but it has proven itself to be  

    ステルス技術の欠如であることは言うまでもありませんが、それ自体は証明されています

  • a capable and agile aircraft in combat. With  hundreds more Typhoons in service in multiple  

    戦闘機としての能力と機敏性を備えた航空機であることを示しています。数百機以上のタイフーンが複数の地域で

  • countries, and the backing of Europe's brightest  aviation minds, we'd have to give the edge to the  

    諸国と、欧州で最も優秀な航空技術者の支援を受けていることを考えると、私たちは

  • Typhoon. It's important to remember, though, that  in an age of such tight technological competition,  

    台風ですね。しかし、これだけ技術競争が厳しい時代に、忘れてはならないのは

  • the key difference maker might very well  be the man (or woman) behind the machine.

    違いを生み出す鍵となるのは、マシンの背後にいる男性(または女性)かもしれません。

  • When it comes tototal air superiority”,  only time will tell who will claim dominance.  

    完全な空の優位性」となると、誰が優位性を主張するかは時間の問題だ。

  • The rate of aerial innovation  shows no signs of slowing down,  

    航空技術革新の速度が鈍化する気配はない。

  • and with 6th generation aircraft on the  horizon, we can expect to see continual  

    また、第6世代の航空機が登場したことで、今後も継続的に

  • improvements like supersonic speed, adaptive  shapes and dual-mode engine technologies.  

    超音速、適応型形状、デュアルモードエンジン技術などの改良。

  • We can only hope that the competition to build the  best fighter planes will prove distracting enough  

    最高の戦闘機を作るための競争が十分に気晴らしになることを期待するしかありません。

  • to keep the world's air forces from actually using  their new toys and trying to prove it in the air!

    世界の空軍が実際に新しいおもちゃを使って空中で証明しようとしないようにするために

  • If you liked this video, be sure and check out  our other videos, like this video calledUS  

    この動画がお好きな方は、「US」という動画のように、他の動画もチェックしてみてください。

  • Police vs. US Military - Which is More Heavily  Armed?”, or you might like this other video.

    警察と米軍、どっちが重武装なの?

In the modern aerial combat theatre,as countries  vie for total domination of the skies, innovation  

現代の空中戦では、各国が空の覇権を競うように、技術革新が求められています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 航空 戦闘 ロシア ユーロ 飛行 ファイター

ロシアのSU-57対ユーロファイター・タイフーン - どちらの戦闘機が勝つのか? (Russian SU-57 vs Eurofighter Typhoon - Which Fighter Jet Wins?)

  • 5 0
    Summer に公開 2020 年 12 月 08 日
動画の中の単語