Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's time for another let's play featuring The  Infographics Show's favorite lab rat. Thanks to  

    The Infographics Showのお気に入りのラボラットをフィーチャーしたレッツプレイの時間です。ありがとうございます。

  • a pandemic we're a bit limited on the challenges  we can send our most expendable writer on,  

    パンデミックが発生したら......我々が最も消耗する作家を送り込める課題は少し限られています。

  • so instead we're having him try out some of  the net's favorite games! Turns out, he was  

    その代わりにネットの好きなゲームを試してもらっています判明したのは、彼は

  • pretty bad at minecraft, but is he any better at  Kerbal Space Program? Stay tuned and find out!

    マインクラフトはかなり苦手だが、彼はケルバル宇宙計画の方が得意なのだろうか?期待していてください。

  • Alright, Kerbal Space Program- now this  game I've had my eye on for a while.  

    さてさて、ケルバル・スペース・プログラム......今、このゲームは私がしばらくの間、私の目を持っていました。

  • It was actually sitting on my steam  wishlist so I was kind of stoked for  

    実は私のスチームのウィッシュリストに入っていたので、これにはちょっと期待していました。

  • Infographics to buy me a copy and  have me play it as a challenge.

    買ってもらってチャレンジとしてプレイしてもらうためのインフォグラフィックス

  • I love space, and I love sandbox style games, plus  I know about space flight already from my general  

    私は宇宙が大好きで、サンドボックススタイルのゲームが大好きで、それに加えて、宇宙飛行については私の一般的な知識からすでに知っています。

  • knowledge and the fact that one of my friends  used to work for NASA before moving to Europe  

    知識と、友人の一人がヨーロッパに移る前にNASAで働いていたという事実。

  • to work for the ESA. No, I don't know where  the aliens are at, and she wouldn't tell me.

    ESAのために働くために。いや、宇宙人がどこにいるか知らないし、彼女は教えてくれない。

  • Ok, so I figured I'd watch some  tutorials before hopping on and  

    Ok, それで、私はいくつかのチュートリアルを見ようと思いました。

  • avoid some of the pain of jumping into  the game blind like I did with Minecraft,  

    マインクラフトでやったようにゲームに飛び込むことの苦痛のいくつかを避けることができます。

  • and the guy I was watching playing  recommended a few mods so I installed  

    とプレイを見ていた人がいくつかのMODを勧めてきたのでインストールしてみました。

  • them to make life easier for myself. Nextit was time to conquer space- Kerbal style.

    自分の生活を楽にするために次は宇宙を征服する時だった ケルバルスタイルで

  • First mission, launch a rocket. Simple enough,  

    最初のミッションは、ロケットを発射すること。簡単なことだ

  • especially given the fact that I have like  three rocket parts to work with. (use video 1)

    ロケットの部品が3つもあることを考えると特にね(ビデオ1を使用)

  • I fired up my booster and in seconds my Kerbal was  having to peel his face off the interior of the  

    私はブースターを起動すると、数秒で私のケルバルは内部から顔を剥がさなければなりませんでした。

  • capsule thanks to the incredible acceleration.  I nearly panicked though when after deploying  

    カプセルのおかげで、信じられないほどの加速ができました。 しかし、私はもう少しでパニックになりそうになりました。

  • my chute it decided to not open up until the  rocket was like six inches from the ground.  

    私のシュートは開かないことにしたロケットが地面から6インチのようになるまで。

  • I owe Jeb a cold one, he rode a rocket  to nearly certain doom like a pro.

    ジェブはロケットに乗って 危うく破滅寸前まで行ってた

  • Next mission- orbit Kerbin. (use video 2)

    次のミッションはケルビンを周回することだ(ビデオ2を使用)

  • Alright, so to get into orbit I know that you  have to move sideways as fast or faster than the  

    軌道に乗るためには、横に移動する必要があることは知っています。

  • planet is pulling you down. Astronauts only appear  weightless in orbit because they're in free fall,  

    惑星があなたを引っ張っている宇宙飛行士が軌道上で無重力に見えるのは 自由落下しているからです

  • perpetually 'missing' the planet as it pulls  them down thanks to their sideways momentum.  

    惑星が横の勢いに引きずられるようにして、常に「欠けている」状態が続いている。

  • It's like when you're in an elevator that's in  free fall and experience the same weightlessness-  

    エレベーターの中で自由落下して同じ無重力を経験した時のようなものです。

  • only an astronaut's body won't turn into  jello on impact with the bottom floor  

    下敷きになっても宇宙飛行士の体だけはゼリーにならない

  • because they never really stop fallingthey just keep always missing the earth.

    なぜなら、彼らは本当に落ちてくるのを止められず、いつも地球を見落としているだけだからです。

  • So, I had to launch up on a trajectory  with a lot of horizontal speed. Now,  

    ということで、水平速度のある軌道で打ち上げをすることになりました。さて、これで

  • you can go straight up and then at the apex  of your trajectory start pushing sideways,  

    直進して軌道の頂点で横に押し始めることができます。

  • but that's like walking along the sides of  a square building to get from one side to  

    桝形の建物の脇を歩くようなものだ

  • the other. You can cheat instead by cutting the  distance roughly in half and just go diagonal.

    もう片方の代わりに、距離を大体半分にして斜めにすることでごまかすことができます。

  • Thanks to the Kerbal engineer addon I could  see the delta V I needed to achieve orbit,  

    ケルバルエンジニアアドオンのおかげで、私は軌道を達成するために必要なデルタVを見ることができました。

  • and I got the Kerbin values from a handy dandy  subway map I found online. Actually flying the  

    オンラインで見つけた便利でダンディな地下鉄の地図からケルビンの値を取得しました。実際に

  • rocket was a bit hairy, but we got into orbit  no problem. Then, I snatched up my science  

    ロケットは少し毛むくじゃらでしたが、問題なく軌道に乗りました。それから、私の科学をひったくりました

  • from the goo canisters because the tutorial  I watched online warned about stuff getting  

    ネットで見たチュートリアルでは、物が落ちると警告されていたので、グーキャニスターから

  • vaporized on re-entry, and then fired my engine  retrograde to drop out of orbit. Sure enough,  

    再突入時に気化してエンジンを逆行させて軌道を落としました。案の定

  • the goo canisters exploded and I panicked for  a moment thinking my capsule was going kablam

    グーキャニスターが爆発して、カプセルがカブラムになったかと思うと一瞬パニックになりました。

  • My goal was a Munar landing, so the next step  was to achieve a flyby of the Mun. (use video 3)

    私の目標はムナー着陸だったので、次はムナーのフライバイを達成することでした。(ビデオ3を使用)

  • I decided I'd fly a two man missionbringing Jebediah and Bob along so  

    ジェベディアとボブを連れて二人で任務に就くことにした。

  • that Bob could do handy science stuff. I  used my handy delta v subway map again and  

    ボブは便利な科学的なことをすることができた私は便利なデルタV地下鉄の地図を もう一度使ってみました

  • built a multi-stage rocket with liquid fuel  boosters- I decided the solid fuel boosters  

    液体燃料ブースターで多段ロケットを作りました 固体燃料ブースターに決めました

  • were overkill for my current needs and  made my rockets a bit uncontrollable.

    は、今の私のニーズにはやりすぎで、ロケットを少し制御できない状態にしてしまいました。

  • Well, everything was going great until about  8,000 meters when the rocket started flipping  

    8000メートルまでは順調だったが... ロケットが反転し始めた時には...

  • end over end. I realized that in this current  design, as the fuel drained it changed the  

    エンドオーバーエンド。今の設計では、燃料が抜けていくにつれて

  • center of gravity of the rocket and made it  extremely unstable in thick atmosphere. Oh,  

    ロケットの重心を重心にして、分厚い大気の中で非常に不安定な状態にしてしまったのです。おぉー。

  • also, I forgot to put a parachute on the capsule.  I was determined to save my Kerbal's lives though,  

    あと、カプセルにパラシュートをつけるのを忘れていました。 でも、ケルバルの命を救うことを決意しました。

  • so I decoupled the capsule and decided that  the only way to survive was to jump for it.

    だからカプセルを切り離して 生き残るにはジャンプするしかないと 決めたんだ

  • Now, Jeb's parachute opened no problem, and he  floated serenely down, enjoying the view of an out  

    ジェブのパラシュートは何の問題もなく開き、彼は静かに下に浮かんで、外の景色を楽しんでいました。

  • of control rocket loaded with fuel flying around  over his head. Bob however, well I don't know if  

    燃料を積んだロケットが 彼の頭上を飛び回っていましたボブは、しかし、しかし、私は知らない。

  • it's a bug or maybe only pilots get parachutesbut Bob had no chute. Moving at 50 meters a second  

    バグなのかパイロットだけがパラシュートを持っていますが、ボブにはパラシュートがありませんでした。秒速50メートルで移動して

  • towards a very pancakey death on the oceanall Bob could do was put his helmet back on-  

    海の上でパンケーキのような死に向かって、ボブができることはヘルメットをかぶることだけだった。

  • safety first, kids- and then start firing his RCS  jetpack as furiously as he could. That shaved like  

    安全第一で、子供たち... そして、RCSジェットパックを猛烈に撃ち始めた。それはまるで

  • a whole 1 meter per second off his fall speedbut incredibly, Bob survived his splash down!  

    落下速度が1秒で1メートル落ちましたが、信じられないことにボブは水しぶきを浴びても生き残ったのです!

  • Nevermind that at those speeds a human would have  had every bone in their body shattered, and their  

    その速度では人間は体中の骨が粉々になっていたでしょうし

  • shins would've ended up in their skull if they  hit feet first- somehow Bob actually survived.

    足が先に当たったら、脛骨が頭蓋骨に食い込んでいただろうが...なぜかボブは生き残った。

  • My rocket needed a redesign,  

    私のロケットは再設計が必要だった

  • and Bob needed a loooong vacation. So it was  Mun shot number 2 for me. (use videos 4 and 5)

    ボブには長い休暇が必要だっただから私にとっては ムン・ショット2番だったのです(ビデオ4と5を使う)

  • Attempt number 2, a one-man  mission because Bob and I weren't  

    その2 ボブと私がいなかったから ワンマン作戦だ

  • exactly on speaking terms. Newlighter and improved design,  

    話す言葉で正確に。新しい、軽い、改良されたデザイン。

  • featuring an honest-to-god parachute on  the capsule for a safe return this time!

    今回はカプセルにパラシュートが付いているので、安全な帰還が可能です。

  • Lift off and orbit went without a hitchbut when I began my Munar injection burn I  

    リフトオフと軌道は滞りなく進みましたが、ムナーインジェクションバーンを始めた時、私は...

  • kind of realized... my delta v was looking pretty  low. I knew I hadn't exactly achieved the most  

    気がついたんだ... デルタ値がかなり低くなっていることに達成していないのは分かっていました

  • efficient orbit in the world, but according  to my delta v subway map of the Kerbal system,  

    世界の効率的な軌道ですが、ケルバルシステムの私のデルタV地下鉄地図によると

  • I should've had more than enough delta  v in my final stage to fly by the mun.

    最終ステージのデルタVはムンで飛べるくらいにしておけばよかった。

  • With the engine sputtering to a stop, it was time  to revert to vehicle assembly- wouldn't it be nice  

    エンジンがスパッタリングして停止すると、車両の組み立てに戻る時が来ました。

  • if real missions could do the same? Would save  billions in tax payer dollars that's for sure.

    本物のミッションが同じことをしてくれれば何十億ドルもの税金を節約できるのは確かだ

  • Ok, attempt number 3! (Use video 6)

    OK 試行回数3!(ビデオ6を使用)

  • I skipped recording the liftoff this  time because you guys get it by now,  

    今回はリフトオフの録画をサボってしまったが、それは君たちが今頃になって理解しているからだ。

  • and I successfully completed  a munar injection burn- only  

    と、私は無事にムナール注入の燃焼のみを完了しました。

  • to realize that I again was short on go-juice  to deorbit and land back home. Once more,  

    またしてもゴージュースが不足していたことに気がつき、脱軌道して家に帰ってきました。もう一度

  • revert to assembly. Time for more tinkering- I'm  still coming up short in delta v. There's been so  

    組み立てに戻るデルタVではまだ足りないわ

  • many versions of KSP I found out, that maybe  I was using an old delta v map or something?

    KSPの多くのバージョンで、古いデルタVマップか何かを使っていることがわかりました。

  • Attempt number 4! (use video 7)

    アトライナンバー4!(ビデオ7を使用)

  • Alright, this time I know I overengineered  this mission, with more than enough fuel. If  

    よし、今回は燃料が足りなくてオーバーエンジニアリングしたのは分かっている。もし

  • I came up short again, my flying and  engineering skills must really suck

    またしても足りなくなってしまった。私の飛行技術とエンジニアリングのスキルは本当に最悪だ。

  • But no, I managed to make it out to the moon and  had more than enough fuel to deorbit and make it  

    しかし、いや、なんとか月に出られたし、脱軌道して月にするには十分すぎるほどの燃料を持っていた。

  • back home. As I was cruising within a few thousand  meters of the Munar surface though, I couldn't  

    故郷に戻るムナールの地表から数千メートル以内を 巡航していたので

  • help but think of how awe inspiring this all was.  I mean, I know the graphics are not the best- and  

    このすべてがどれほど畏敬の念を抱かせるものだったかを考えずにはいられない。 グラフィックスがベストではないことは知っていますが

  • they really can't be in games like this or it'll  melt your computer- but there is just something  

    このようなゲームには入れない方がいいと思います。

  • about space flight that's so awesome. I would've  given anything to have been on one of the original  

    宇宙飛行について私は何でもしてあげたかったわ

  • Apollo missions, since apparently the USA has  given up on doing anything awesome in space.

    アポロ計画、どうやらアメリカは宇宙で何か素晴らしいことをするのをあきらめたようです。

  • After exiting the mun's sphere of influence, I  waited to get to apoapsis and fired my deorbit  

    ムンの勢力圏外に出た後、アポアプシスまで待ってデオビットを発射

  • burn. It's always best to fire at apoapsis  since it's more fuel efficient, though to be  

    を燃やす。アポアプシスで燃やした方が燃費が良いので、いつもベストなのですが

  • honest I had so much fuel left over I could've  been as sloppy and inefficient as I wanted to.

    正直.......................燃料が余っていたので、思う存分だらだらと効率の悪いことをしていられました。

  • Everything was going well until I sped up the  game and... I flew straight through Kerbin and  

    ゲームを加速させるまでは全て順調だったが...私はケルビンをまっすぐ飛んで

  • popped out the other side. I guess this  is because the game simulates in chunks  

    が向こう側に飛び出してきました。これは、ゲームがチャンクでシミュレーションするからだと思います。

  • and if it's moving too fast it'll simulate  straight through re-entry... you know what,  

    で、動きが速すぎると直進再突入をシミュレートしてくれるんだけど......あれ?

  • as far as I'm concerned, this  is a mission accomplished.

    私の知る限りでは、これは任務完了です。

  • Time for a Mun landing! (use video 8)

    ムン上陸の時が来た!(ビデオ8を使用)

  • Alright, I designed a multi-stage  rocket with a munar injection stage,  

    さてさて、私は多段式のロケットを設計しました。ムナール注入ステージを備えた。

  • and then a combined descent and return  stage. My tech tree was kind of lacking,  

    下り坂と戻り坂を組み合わせたステージです私の技術ツリーはちょっと物足りなかった。

  • so I don't know if there's better tech out there  to do this with, but I was stuck with what I had.  

    もっと良い技術があるかどうかは知らないが、私は今あるもので行き詰まっていた。

  • This design was definitely inefficientand building something more along the  

    このデザインは確かに効率が悪いし、もっと沿って何かを作るのは

  • lines of an apollo lander would have been  way better. But as I was quickly learning,  

    アポロ着陸機のラインの方が ずっと良かったでしょうしかし、私がすぐに学んだように

  • this was kerbal space program, and there's no  problem that can't be solved with more boosters.

    これはケバル宇宙計画であり、ブースターを増やせば解決できない問題はない。

  • So sitting on the launch pad I decided I'd  try to snag some quick science using my brand  

    そこで私は発射台に座って、私のブランドを使って簡単な科学実験をしてみることにしました。

  • new science module. It's free science, so why  not? I sent Bob out of the capsule and tried to  

    新しい科学モジュール。自由な科学なんだからいいじゃないか?カプセルからボブを送り出して

  • sloooowwwllly edge him downwards to get in range  of the science module so he could nab the science  

    科学モジュールの範囲内に入るように下に向かって スローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • and reset it- I wanted to use it again in flightAnd that's when Bob totally biffed it, falling off  

    そしてリセットしました。 そしてその時、ボブはそれを完全に壊してしまいました。

  • the capsule and smacking against the boosters  before landing flat on his face on the ground.

    カプセルとブースターを叩きつけて顔を地面に平らに着地させる前に

  • Ok, my science greed needed to get  under control. I'm so sorry- again- Bob,  

    私の科学への貪欲さを 抑える必要があったんだ申し訳ありませんでした...またしても...ボブ

  • I'll make it up to you one day...

    いつか埋め合わせをしてあげよう...。

  • Attempt number 2, and I decided to just launchEverything went peachy until about 9,000 meters,  

    2回目の挑戦で、打ち上げだけにしました。 9,000mくらいまでは全てが桃色になりました。

  • when I tried to do a gravity turn way too early  and the whole thing flipped out of control.  

    重力ターンをしようとしたときに、早すぎて制御不能に陥ってしまった。

  • I figured I'd throw some fins on this bad  boy and sort out the stability problems.

    フィンを付けて安定性の問題を解決しようと思ったんだ

  • Also, it couldn't hurt to put some  booster separators on my big boosters.  

    また、大きなブースターにブースターセパレーターを付けても痛くない。

  • Last thing I needed was a mid-air collision.

    最後に必要だったのは、空中衝突だ。

  • Ok, attempt no. 3, Rome wasn't built in a dayThe fins worked great, booster separation went  

    よし 試みその3 ローマは一日にして作られたものではない フィンはうまくいった ブースターの分離もうまくいった

  • off without a hitch... and then I realized  that my burn to orbit was hugely inefficient.

    何事もなく終わった... そして、私の軌道への燃焼は非常に効率が悪いことに気がついた。

  • Alright, I did some off-camera  research to try to get better  

    さてさて、私はより良いものにするために、いくつかのオフカメラの研究をしました。

  • tech and came back for attempt no.4. (use video 9)

    テクニックを駆使して、トライNo.4のために戻ってきた。(ビデオ9を使用)

  • This time I'd use different boosters and fuel  lines so that my main engine could fire at the  

    今回はブースターと燃料ラインを使い分けて、メインエンジンを

  • same time as my boosters, but use fuel from  the boosters rather than from its own reserve.  

    自分のブースターと同じ時間に、自分のリザーブからではなくブースターからの燃料を使用します。

  • This way I could gain all that acceleration  without using any of my main ascent stage's fuel.  

    そうすれば、メインの上昇ステージの燃料を一切使わずに、その分の加速を得ることができました。

  • Also, I switched to a one-man landerSorry Bob, but you gotta sit this one out.  

    ワンマン着陸機に変えたんだ 悪いがボブ、この件は君に任せるよ

  • I can't spare the delta v andwas getting pretty sick at failing.

    デルタVを惜しむことができず、失敗してかなり気持ち悪くなっていました。

  • Sadly the design was pretty unstable  and inevitably flipped out of control.  

    悲しいかな、デザインがかなり不安定で必然的に暴走してしまいました。

  • Too bad, because the boosters looked pretty slick.

    残念だな、ブースターがかなりスカスカに見えたからな。

  • Ok, complete new design, time for a new attempt.  (use video 10). This time I decided that bigger  

    OK、新しいデザインを完成させる、新しい試みの時間だ。 (ビデオ10を使用)。今回は、私が決めたのは、より大きな

  • was better, and used the brand new size fuel tanks  and a new engine to brute force my way to victory.  

    勝利への道をブルートフォースで進むために、新しいサイズの燃料タンクと新しいエンジンを使っていました。

  • The initial thrust to weight ratio was gonna  kill my delta v though low in the atmosphere,  

    低空ではあるが、初期の推力重量比が デルタVを殺しそうだった。

  • so I strapped on a pair of boosters and  lit that firecracker up. To be honest,  

    ブースターをつけて爆竹に火をつけたんだ正直に言うと

  • I didn't expect this design to work for  some reason, probably because it looks so...  

    何となくこのデザインは期待していなかったのですが、たぶん見た目からして

  • dumb. But, sometimes dumb just worksand I was in orbit with delta v to spare.

    馬鹿げているしかし、時々、間抜けなことがうまくいくんだ デルタVに余裕を持って 軌道に乗っていたんだよ

  • Or so I thought. (use video 11).

    とか思っていました。(ビデオ11を使う)。

  • I'm pretty sure my descent burn to the mun  was pretty inefficient, because by the time  

    ムンへの降臨バーンはかなり効率が悪かったと思うんだが、その頃には

  • Valentina touched down she definitely did  not have enough fuel to get back home.  

    ヴァレンティーナは着陸した......帰宅するには燃料が足りなかったのは間違いない。

  • Rather than let poor V die on the mun aloneit was time to revert the launch once more.  

    ムンだけで貧乏Vを死なせるよりも、もう一度打ち上げを戻す時が来た。

  • Man, I'm doing a good job of not crashing  things which I feel is the most important  

    ぶつからないようにすることが一番大事だと思っています。

  • part of this game, but I am crap at  figuring out how to fly efficiently.

    このゲームの一部ですが、私は効率的に飛ぶ方法を考え出すのが苦手です。

  • Alright, attempt number... I forget to  be honest. Let's all be grateful the  

    さてさて 試行回数は...素直になるのを忘れてしまったみんなで感謝しましょう

  • real NASA didn't screw up this  badly. (use videos 12 and 13).

    本物のNASAはここまで失敗していない(動画12と13を使用)。

  • I had meant for Valentina to be the first  Kerbal on the Mun, hashtag girlpower, but  

    バレンティーナがムンの最初のケルバルになると思ってた ハッシュタグのガーパワーだけど

  • when I redesigned the whole ship  I accidentally let Jeb pilot it.  

    船全体の設計を変更したときに、誤ってジェブに操縦させてしまった。

  • At this point, I just wanted to plant  a damn flag on the damn Mun already,  

    この時点でもう糞ムンに糞フラグを立てたくなったわ

  • so it was mission go with Jeb enroute to be  the first Kerbal to stand on a heavenly object.

    ジェブと一緒に天空の物体の上に立つ最初のケルバル人になるための任務だった。

  • The new design worked pretty well and I even  made it into orbit with some spare fuel in the  

    新しいデザインはかなりうまくいって、予備の燃料を入れて軌道に乗せたこともありました。

  • ascent stage. That was good, because I was pretty  sure I would need it for the descent on the Mun.

    上昇ステージ。ムンでの下山ではかなり必要になると思っていたので、それはそれで良かった。

  • I made it to the Mun in one piece and then  eyeballed a good landing spot on the sun side,  

    無事にムンに辿り着き、太陽側の良い着地点を眼球にした。

  • only to realize I was about to go  over the edge of a giant crater  

    気がついたら巨大なクレーターの端を越えていた

  • so I fired to change my trajectory to just  short of the crater. After a few burns to  

    軌道を変更するために発射したんだクレーターのすぐ近くまで数回の火傷の後

  • adjust my landing area, I screamed towards  the surface at over 100 meters a second,  

    着地点を調整して、私は秒速100メートル以上で地表に向かって叫びました。

  • waiting for a last second suicide  burn to land safely. It was ballsy,  

    無事に着地するための最後の特攻を待っていました。度胸がありました。

  • but you know what- I have faith in the mathand the math didn't lie. The suicide burn was  

    でも私は数学を信じているし数学は嘘をついていなかった自殺の火傷は

  • successful and I hit the surface at about 1 meter  a second. Not too shabby for a piloted landing!

    着陸に成功し、秒速約1メートルで水面に着水しました。水上着陸にしては悪くない!

  • Now it was time to do a few bounces, plantflag, and discover that the Mun was not made  

    今、それはいくつかのバウンスを行い、旗を植え、ムンが作られていないことを発見するための時間でした。

  • out of cheese after all. Then, well, I hadn't  really brought much science to do or anything,  

    チーズからそれから、まあ、私はあまり科学を持ってきていませんでしたし、何もしていませんでした。

  • it was all pretty bare bones to be honestso there wasn't much to do but fly home.

    正直言って骨の折れるようなことばかりだったので、飛行機で帰る以外には何もすることがありませんでした。

  • Instead of flying straight into an orbit  and wasting fuel, instead I got to a decent  

    軌道に直進して燃料を無駄にするのではなく、代わりにまともな

  • height and burned a trajectory straight back into  Kerbin's sphere of influence. Then I flew back up  

    高さまで飛んでケルビンの影響圏に真っ直ぐ戻ってきたそしてまた上に飛んでいった

  • to apoapsis and with literal fumes left in the  tank managed to successfully deorbit- a bit too  

    にアポアプシスとタンクに残された文字通りのガスで正常に脱軌道することができました。

  • aggressively with my first burn putting me onsuicide run straight into Kerbin's surface at an  

    積極的に、最初の燃焼で自爆して、ケルビンの表面に真っ直ぐ突っ込んだ。

  • extremely steep trajectory. I readjusted  to something a little less.. 'suicidey',  

    極めて急な軌道再調整したんだが...自殺的に

  • and time warped for a nice re-entry into the  atmosphere. Much like the real apollo mission,  

    そして、大気圏に再突入するために時間をワープさせました。本物のアポロ計画のように

  • I let my landing stage burn up in the  atmosphere ahead of my capsule, leading  

    着陸ステージをカプセルより先に大気圏内で燃え尽きさせてしまいました。

  • to one heck of an awesome light show. Man, is  there anything cooler than rockets, or re-entry?

    凄まじい光のショーにロケットよりクールなものはないのか?再突入か?

  • No, the answer is no.

    いや、答えはノーだ。

  • A few minutes later Jebediah was back safely on  the surface of Kerbin, except I realized I left  

    数分後、ジェベディアは無事にケルビンの地表に戻っていた。

  • the Smart A.S.S. On retrograde and his capsule  kept flipping over trying to align retrograde.  

    逆行していてカプセルが逆行していて、カプセルが逆行していた。

  • Oh well, Jeb was safe back home, even if it  was the middle of nowhere, and my mission  

    ジェブは無事に帰ってきた たとえ人里離れた場所であっても 私の任務は無事だった

  • was completed. Mun landing accomplished, and my  Kerbal space program was basically as advanced  

    が完成しました。ムンの着陸が達成され、私のケルバル宇宙計画は基本的には

  • as the US's- despite the US having half a century  to do something other than sit in low earth orbit.

    アメリカが地球の低軌道に座る以外のことをするのに半世紀もかかったにもかかわらず、アメリカのように。

  • I had a blast with this one, I definitely  liked KSP much better than Minecraft,  

    私はこの1つで爆発を持っていた、私は間違いなくMinecraftよりもはるかに良いKSPが好きだった。

  • though in the end, I feel like I'm going  to be playing both games long term.

    とはいえ、最終的には両方のゲームを長期的にプレイすることになるような気がしますが。

  • Ready for more action? Check outplayed Minecraft for the first time!  

    より多くのアクションの準備はできていますか?初めてマインクラフトをプレイしてみました。

  • Or watch this other video instead!

    または、代わりにこの他のビデオを見てください!

It's time for another let's play featuring The  Infographics Show's favorite lab rat. Thanks to  

The Infographics Showのお気に入りのラボラットをフィーチャーしたレッツプレイの時間です。ありがとうございます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 軌道 ボブ 燃料 デルタ ロケット カプセル

ケルバル宇宙計画に初めて挑戦してみた|KPSゲームプレイチャレンジ (I Tried Kerbal Space Program For The First Time || KPS Gameplay Challenge)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 29 日
動画の中の単語