Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A platoon of US Navy SEALs gathers around  the sparse cover at the base of a hill.  

    米海軍特殊部隊の小隊が丘のふもとのまばらなカバーの周りに集まってくる。

  • The commanding officer receives a last minute  transmission, and turns to his men with a grave  

    司令官は土壇場の通信を受け、重厚な表情で部下に向き直る。

  • look on his face. Despite being in almost  constant action for the last four days,  

    という顔をしています。この4日間、ほぼコンスタントに行動していたにもかかわらず

  • and with only four hours of solid sleep to  each man, the orders are in: the SEALs must  

    睡眠時間が4時間しか取れない状態での命令である。

  • take this hill. Leaving it in enemy hands  would endanger friendly forces elsewhere.

    この丘を奪え敵の手に渡れば、他の場所で友好的な軍隊を 危険にさらすことになります

  • With grim determination, the SEALs check and  double-check their equipment. They've got a job  

    シールズは厳しい決意を持って、装備を確認し、ダブルチェックします。彼らは仕事を持っている

  • to do. But as the attack kicks off the weary  men are in for a shock for what awaits them

    しなければならない。しかし、攻撃が始まると、疲弊した男たちは何が待っているのか、ショックを受けることになる。

  • Machine gun rounds whiz over their heads  as artillery drops just meters away. The  

    機関銃の弾が頭上を飛び交い、数メートル先の大砲が落下してくる。砲撃の

  • ear-deafening explosions make them lose track  of where they are or where they are going to.  

    耳をつんざくような爆音で、どこにいるのか、どこに行くのかわからなくなる。

  • The smoke burns their eyes and blurs their  vision. But that will not stop them from  

    煙は彼らの目を焼き、視界をぼかす。しかし、それは彼らを止めることはできません

  • reaching the enemy position on the hill aboveThe only problem is getting there. To do so,  

    上の丘の上の敵の位置に到達する 問題はそこに到達することですそのためには

  • they must crawl through hundreds  of yards of mud and barbed wire;  

    何百ヤードもの泥と有刺鉄線を這わなければなりません。

  • sometimes sinking all the way up to  their neck in dirty water or mud

    汚れた水や泥の中で首まで沈んでしまうことがあります。

  • If that were not enough, they must crawl through  over a hundred feet of piping filled with muddy  

    それだけでは十分ではないとしたら、彼らは泥で満たされた100フィート以上の配管を這わなければなりません。

  • water and possible snakes to get through to the  other side. But even if they survive the hundreds  

    水と蛇の可能性があるからですしかし、たとえ彼らが数百人を生き抜いたとしても

  • of yards of fire-swept barbed wire fields and  muddy ditches they must crawl through, the final  

    何ヤードもの火の海と泥だらけの溝を這いずり回らなければならない。

  • obstacle is a rope bridge they must cross under  fire and ensuring that no man is left behind

    障害物は、火の中で人が取り残されないように、ロープの橋を渡ることです。

  • Despite all these challenges, the men preserve  and take the hill with no casualties; the unseen  

    これらすべての課題にもかかわらず、男たちは丘を維持し、犠牲者を出さずに奪い取る。

  • enemy retreating before they could engage in  the close combat the SEALs desperately wanted

    敵は接近戦をする前に退却したシールズが必死に求めていた

  • While this scenario might come straight out  of a war movie, it is actually based upon the  

    このシナリオは戦争映画から出てくるかもしれませんが、実際には

  • culminating event of Basic Underwater Demolition  School, or BUD/S (pronounced BUDS), Hell Week.  

    基礎水中解体学校(BUD/S)の集大成ともいえるイベント、地獄週間。

  • It is a testament of their combat training  so far and incorporates lessons learned from  

    これは、これまでの戦闘訓練の証しであり、以下のような教訓を取り入れています。

  • the entire week while teaching the aspiring  SEALs that even when they are the most tired,  

    志の高いシールズに教えながら、一週間の間、彼らが最も疲れているときでさえも。

  • exhausted, hungry, and weak the most will be  expected out of- combat is unforgiving and does  

    疲弊して空腹で弱っているのが一番の収穫ではないでしょうか。

  • not care what they have already gone through. Even though this scenario sounds intense,  

    彼らがすでに経験したことを気にしないこのシナリオが強烈に聞こえても

  • it is actually just a very small piece of what  actually goes on at BUD/S throughout the seven  

    それはBUD/Sで実際に行われていることのほんの一部に過ぎません。

  • months trainees- affectionately known as tadpoles  by their instructors- attend one of the most  

    数ヶ月間の研修生は、彼らのインストラクターによって愛情を込めてオタマジャクシとして知られていますが、ほとんどの研修生の一つに出席しています。

  • difficult training programs on the planet. From  day one, SEAL instructors are looking to maximize  

    地球上で最も困難な訓練プログラム初日から、SEALのインストラクターは、最大限の効果を期待しています。

  • attrition and for good reason. There is a high  probability that today's trainee could be serving  

    それには正当な理由があります。今日の訓練生が 働いている可能性が高いのです

  • alongside an instructor tomorrow in an active-duty  SEAL Team abroad. So while their methods might  

    明日は海外の シールズチームで教官と一緒に行動するだから、彼らの方法が

  • seem intense, out of the ordinary, or downright  sadistic, they all serve the common purpose of  

    強烈に見える、普通の外、または真逆のサディスティックな、彼らはすべての共通の目的を果たします。

  • crafting some of the world's finest warriors and  ensuring those that do not want to be there quit

    世界最高の戦士のいくつかを作り、そこにいたくない人が辞めることを保証します。

  • While that event might seem toughthe entire process from beginning  

    そのイベントは大変そうに見えるかもしれませんが、最初から最後までのプロセスは

  • to end is meant to find each traineeslimit and then exceed that every day

    とは、それぞれの研修生の限界を見つけて、それを毎日超えることを意味しています。

  • Before training even begins, all prospective  SEAL candidates must attend what is called Indoc.  

    訓練が始まる前に、すべてのシール候補者は、インドックと呼ばれるものに出席しなければなりません。

  • Indoc is a five-week precursor to BUD/S that  each person must pass just to begin training.  

    Indocは、トレーニングを始めるためには一人一人が合格しなければならないBUD/Sの5週間の前駆体です。

  • It is here that candidates receive their first  taste of the SEAL community. Their days are along  

    候補者たちは、ここでSEALのコミュニティの最初の味を味わうことができます。彼らの日々は

  • and regimented, usually starting at 5 o'clock  in the morning and ending twelve hours later

    と規則的で、通常は朝5時から12時間後に終了します。

  • During those twelve hours, they are constantly  being pushed physically. Whether it is group  

    その12時間の間、彼らは常に肉体的に追い込まれています。それがグループであろうと

  • runs on the beach wearing boots and utes  (pronounced oots)- also known as camo pants-  

    迷彩パンツ

  • doing group exercises, swimming for hours in  the pool, basic diving, or tackling the obstacle  

    集団泳ぎ、プール泳ぎ、飛び込み、障害物対策

  • course, the instructors unleash a full barrage of  training to get the most out of their students

    講座では、講師陣が生徒の力を最大限に引き出すトレーニングのフルバラードを放ちます。

  • While these might sound easy at first, the  instructors have a way of making even the  

    最初は簡単そうに聞こえるかもしれませんが、インストラクターは、そのようなことでも

  • simplest of tasks impossibly difficultFor instance, as part of their swimming  

    困難なタスクの最も単純なもの 例えば、水泳の一環として

  • qualifications, students must learn  the practice of drown proofing. The  

    資格を取得するためには、溺れないようにするための練習を学ばなければなりません。には、その

  • purpose of this is to expose students to  a variety of controlled 'in extremis'-  

    この目的は、学生が様々なコントロールされた「極限状態」にさらされることです。

  • latin forthe point of death”- situations and  see how they react. Students must be able to  

    ラテン語で "死のポイント "を意味する "死のポイント" - 状況とその反応を見てみましょう。生徒は以下のことができなければなりません。

  • get to the surface safely if any of their  gear fails while on a mission in the water

    水中での任務中にギアが故障しても、安全に浮上することができます。

  • There are a couple of ways to do this and one  of the most common is having students tie their  

    これにはいくつかの方法がありますが、最も一般的な方法の一つは、生徒が自分たちの

  • feet and hands together then jumping into the pool  to free themselves before they pass out! Another  

    足と手を合わせて、気絶する前にプールに飛び込んで自由になります。別の

  • way instructors place students in extremis is by  purposefully pulling off their diving equipment  

    潜り落とし

  • while in the pool and then watching as the student  clears and replaces it back in working order

    プールに入っている間に、学生がそれをクリアし、動作中の順序でそれを元の状態に戻すのを見ています。

  • Useful for sure but definitely  not for the faint of heart

    確かに便利ですが、気の弱い方には絶対にお勧めできません。

  • The terror in the pool does not end  there. Another seemingly impossible  

    プールの恐怖はそこでは終わらない。もう一つの一見不可能に見える

  • task is to swim 50 meters underwater. While  that might sound easy, it is not uncommon  

    タスクは、水中50メートルを泳ぐことです。それは簡単に聞こえるかもしれませんが、それは珍しいことではありません。

  • for students to pass out during this evolution. The obstacle course is another not so easy task.  

    この進化の途中で気絶してしまう生徒のために障害物コースもそう簡単ではありません

  • There is a wide range of high and low obstacles  that require agility, speed, and endurance to  

    高低差のある障害物が多く、敏捷性、スピード、持久力を必要とするため

  • conquer, including an almost 60-foot rope tower  to climb. Making matters worse is that in BUD/S,  

    登るために60フィート近いロープタワーを含む、征服する。問題を悪化させるのは、BUD/Sにあるということです。

  • it pays to be a winner, and the weakest  students are often punished severely with  

    勝ち組には勝ち組、弱者には負け組

  • more exercises and mind games, with the slowest  runner of the obstacle course usually being buried  

    遅いランナーは埋もれてしまう

  • up to his neck in the sand by his classmates. While the instructors in Indoc may seem like they  

    クラスメイトに砂の中で首までインドックのインストラクターは、彼らのように見えるかもしれませんが

  • are trying to humiliate and beat down the students  for no reason, in reality, they are beating them  

    は意味もなく生徒を貶めて叩きのめそうとしている、実際には叩いている

  • down only to build them back up. The best way they  do this is by assigning each student a partner  

    落ち込んだところで、また立て直すことができます。彼らがこれを行う最善の方法は、各学生のパートナーを割り当てることです。

  • known as a swim buddy, which is to remain with him  at all times. Each swim buddy cannot be more than  

    として知られているスイムバディは、常に彼と一緒にいなければなりません。各スイムバディは

  • several feet away at a time and if they do each  person risks fear of expulsion from training

    彼らは一度に数フィート離れて、彼らが行う場合は、それぞれの人が訓練からの追放の恐怖のリスクがあります。

  • This selfless devotion to another is the beginning  of creating a coherent team. By indoctrinating  

    この無私の献身こそが、まとまりのあるチーム作りの始まりなのです。教化することで

  • students now that at the end of the day all that  matters no matter how tired, stressed, or in pain  

    一日の終わりには、どんなに疲れていても、ストレスを感じていても、痛みを感じていても、すべてのことが重要であるということを、今の生徒たちに伝えています。

  • they are is the person beside them, only then can  they truly begin to grasp what it means to work in  

    傍らにいるのは自分自身であり、その時になって初めて仕事の意味を真に理解することができます。

  • a team. Those that cannot grasp that concept or  who psyche themselves out now leave the program

    チームであることを忘れてはいけません。その概念を理解できない者や、精神的に追い詰められた者は、今すぐにでもプログラムを去る。

  • Once prospective SEALs make it through Indocthe next, most grueling phase begins. The first  

    前向きなSEALsがインドックを通してそれを作ると、次は、最も過酷な段階が始まります。最初の

  • phase builds upon most of the skills learned in  Indoc and pushes trainees past any sort of mental  

    フェーズでは、Indocで学んだスキルのほとんどを基に構築されており、訓練生は精神的な問題を克服することができます。

  • or physical breaking point they might have  thought they had before. It is here that the  

    あるいは物理的な限界点があると思っていたかもしれません。それはここで

  • students are first introduced to some of the  SEAL pipeline's most legendary challenges

    学生たちは、シールズパイプラインの最も伝説的な挑戦のいくつかを最初に紹介されています。

  • The first challenge they must overcome now and  almost every day throughout their training is  

    彼らが今、そしてトレーニングを通してほぼ毎日乗り越えなければならない最初の課題は、以下の通りです。

  • the infamous PT arena called the grinder. The  grinder does not look imposing at first. It is  

    グラインダーと呼ばれる悪名高いPTの闘技場。グラインダーは一見 堂々としているようには見えませんそれは

  • merely the asphalt courtyard in between where all  the men live in their barracks. One would not even  

    兵舎の間にあるアスファルトの中庭にすぎません。兵舎の間にあるアスファルトの中庭にすぎない。

  • know of its use as an epic training ground minus  the various pull-up and dip bars that adorn its  

    懸垂棒とディップバーを除いても、その場を使うことを知っている

  • sides. But make no mistake. Many thousands  of men have been made and broken upon it

    側面しかし、間違いではありません何千人もの男がその上で 犠牲になってきたのだ

  • Each day the men will train on the grinderThousands of push-ups, crunches, pull-ups,  

    毎日男性はグラインダーでトレーニングします。 数千回の腕立て伏せ、クランチ、プルアップ。

  • burpees, and other bodyweight exercises will  be done here. But that is not all. Throughout  

    バーピーなどの体幹運動はここで行いますしかし それだけではありません全体を通して

  • their time here, instructors will continually  spray them with water to ensure their whole  

    ここでの時間は、インストラクターは継続的に彼らの全体を確保するために水でそれらをスプレーします。

  • time spent here is wet. While this might seem  refreshing in the scorching California summers,  

    ここで過ごす時間は濡れています。灼熱のカリフォルニアの夏には 爽やかに見えるかもしれませんが

  • at night and in the winter this  just adds another layer of misery

    夜になると冬になると、不幸の層が増えるだけです。

  • Speaking of being wet, that is one constant that  trainees can count on their entire time at BUD/S.  

    濡れているといえば、それはBUD/Sでの研修期間中、研修生がずっと頼りにしていることの一つです。

  • In fact, the instructors give it an affectionate  name: wet and sandy. Whenever a trainee fails  

    実際、インストラクターはそれを「ウェット&サンド」という愛称で呼んでいます。訓練生が失敗するたびに

  • to perform, or even at an instructor's whimthe men can be forced to run into the surf and  

    を披露するために、あるいはインストラクターの気まぐれで、男たちは波打ち際に突っ込みを入れられたり

  • roll around to make sure their entire bodies are  covered in sand and water. The added discomfort  

    全身が砂と水で覆われていることを確認するために転がる。追加された不快感

  • of the gritty sand and chaffing to follow serves  to add a constant stressor to their environment

    砂埃の多い砂と籾摺りは、環境に一定のストレス要因を追加するのに役立ちます。

  • The punishment of the First Phase goes beyond just  expanding the physical torment of Indoc but the  

    第一期の罰は、インドックの肉体的苦痛を拡大するだけでなく

  • teamwork aspect as well. Now, SEALs are broken up  into roughly six-man boat crews to an Inflatable  

    チームワークの面でも注目されています。今、シールズは、インフレータブルに大体6人のボートクルーに分かれています。

  • Small Boat or IBS. The IBS is one of the  foundational platforms SEALs must conquer since  

    スモールボートまたはIBS。IBSは、SEALsが征服しなければならない基礎プラットフォームの一つです。

  • this small, silent craft is what they will use  to creep up on enemy shorelines across the world

    この小さくて静かな船は、彼らが世界中の敵の海岸線に忍び寄るために使うものです。

  • The IBS weighs several hundred pounds, and once  seawater and sand are factored in, it feels like  

    IBSの重さは数百ポンドで、海水と砂が入ると、まるで

  • it weighs a ton since it is required to be carried  over their heads wherever they go. The boat team  

    どこに行っても頭上に運ばなければならないので、1トンの重さがあります。ボートチーム

  • is expected to work together to accomplish tasksThose that perform well are usually rewarded  

    は、協力してタスクを達成することを期待されています。 良い成績を収めた者は、通常、報われます。

  • with extra rest or warmth while those who fall  behind face a variety of punishments from before  

    暖を取る者には前のめり

  • as well as a new one: rock portage. The beaches of Coronado are adorned with  

    また、新しいものとして、ロックポータジュがあります。コロナドのビーチは

  • hundreds of rocks that jut out menacingly  into the shoreline. Often as punishment,  

    威嚇するように海岸線に突き出た何百もの岩。しばしば罰として

  • or at the direction of the instructors, boat  crews are forced to row into the waves by  

    またはインストラクターの指示で、ボートの乗組員は、波に漕ぐことを余儀なくされています。

  • these rocks and get smashed into them as  the undertow flips their boats in the air

    これらの岩に押し付けられて、引き潮がボートを空中で反転させるように、それらに叩きつけられます。

  • The punishments here go far beyond just  physical though. For those that fall behind or  

    ここでの罰は物理的なものだけではなく、はるかに多くのことが行われます。遅れをとったり

  • fail to complete events on time, they are assigned  to what is called the goon squad. The goon squad  

    時間通りにイベントを完了できなかった場合、彼らはグーン分隊と呼ばれるものに割り当てられます。チンピラ隊

  • is the slowest and lowest-performing group of  candidates in a class. These men are singled  

    は、クラスの中で最も成績が悪く、候補者の中でも最も成績が悪いグループです。これらの男性は、シングル

  • out for extraremediationand punishment  workouts that slowly suck their resolve

    余分な「補習」と、ゆっくりと彼らの決意を吸う罰のトレーニングのためにアウト。

  • Here, men are usually forced into a downward  spiral since the extra time it takes to complete  

    ここでは、男性は通常、それが完了するための余分な時間がかかるので、ダウンスパイラルに強制されます。

  • these workouts puts them further behind everyone  else still working towards the events of that day.  

    これらのワークアウトは、その日のイベントに向けて作業している他の人たちよりもさらに遅れをとっています。

  • Ultimately, very few men sent to  the goon squad will ever regain  

    結局のところ、チンピラ部隊に送られた者はほとんどいない

  • their place amongst the rest of the class. Further compounding the mental torture is the  

    クラスの他の人たちの中で自分たちの居場所を見つけることができませんでした。精神的な拷問をさらに悪化させるのは

  • ever-present bell. The bell sits in the center  of the grinder and is a constant reminder that  

    常時存在する鐘このベルはグラインダーの中心にあり、常に次のことを思い出させてくれます。

  • getting out is only three rings of the bell  away. Any trainee at any time can walk up to  

    降りるのはベルを3回鳴らすだけでいい訓練生はいつでも、いつでも、

  • the bell to quit. Doing so ends their misery but  closes the door to the SEAL community forever

    辞めるためのベルそうすることで、彼らの不幸は終わるが、シールズのコミュニティへの扉は永遠に閉ざされる。

  • For those that manage to make it to the  end of First Phase, there is one last  

    第一段階の最後までなんとかやってくれた人には、最後に一つだけ

  • event remaining that sends a chill down the  spine of all who know its name: Hell Week.

    その名を知る者には背筋が凍るようなイベントが残っています、それが「地獄週間」です。

  • Hell Week is the culminating event of the First  Phase. It is a brutal event encompassing a  

    地獄週間は、第一段階の集大成となるイベントです。それは残酷なイベントです。

  • continuous weeklong beat down that tests the mind  and body of all those who dare partake in it.  

    敢えて参加した者の心と体を試される一週間の連続した叩きのめし

  • The week starts with the men eating a large meal  for dinner and then going down to their cots on  

    一週間の始まりは、男たちが夕食のために大食いをしてから、ベッドに降りていくところから始まります。

  • tents on the beach. The instructors give them  a few frightful hours of sleep until sometime,  

    海岸にテントを張る。教官たちは、いつの日かまで恐ろしい数時間の睡眠時間を与えます。

  • usually around midnight, an instructor bursts  into the tent with an M-60 machine gun firing  

    夜中に教官がM-60機関銃を持ってテントに突っ込む

  • blanks and throwing flashbang grenades telling  the trainees to start running. This event, known  

    空砲や閃光手榴弾を投げて訓練生に走り出すように指示しています。このイベントは

  • as the breakout, signals the start of Hell Week. Throughout the entire week, the men will complete  

    をブレイクアウトし、地獄週間の始まりを告げる。この一週間を通して、男性陣は

  • many of the events they have done beforeonly now they will have no rest. The men are  

    彼らが以前にしたことの多くは、今だけは休むことができません。男たちは

  • allowed only two, one-hour naps twice throughout  the whole evolution. The chronic sleep deprivation  

    全体の進化の中で2回、1時間の昼寝を2回しか許されませんでした。慢性的な睡眠不足は

  • makes the men feel disorientated and hopefully  lose focus on the pain and only on the next event

    男性を混乱させ、うまくいけば痛みへの集中力を失い、次のイベントだけに集中することができます。

  • By the end of the week, those who did not quit  or get dropped for medical reasons face their  

    週明けまでに、辞めなかった人や医療上の理由で落とされた人は、その人たちと向き合う

  • last challenge of a simulated combat scenario  known as Not So Sorry. Once this is complete,  

    模擬戦闘シナリオの最後の課題である「Not So Sorry」として知られています。これが完了したら

  • Hell Week is over and then the next  phases of their training can resume

    ヘルウィークが終わり、次の段階の訓練を再開することができます。

  • While the next two phases are no  less grueling than the previous two,  

    次の2つのフェーズは、前の2つに比べればガツガツしたものではありませんが。

  • they are challenging in their own ways. Most of  each class will drop out by the end of the First  

    それぞれのやり方で挑戦しています。各クラスのほとんどの人が、第1回目が終わる頃には退学してしまいます。

  • Phase and very few leave during the next two. Just  exactly why that is, is probably because learning  

    フェーズと非常に少数の次の2つの間に残す。それがなぜ正確になぜかというと、それはおそらく、学習が

  • the actual skills of advanced diving and small  unit tactics are things that can be taught, while  

    アドバンスドダイビングや小隊戦術の実技は教えられるものでありながら

  • the mental and physical toughness of being a SEAL  is something students either have or they do not.

    シールズであることの精神的、肉体的なタフさは、学生が持っているか、持っていないかのどちらかです。

A platoon of US Navy SEALs gathers around  the sparse cover at the base of a hill.  

米海軍特殊部隊の小隊が丘のふもとのまばらなカバーの周りに集まってくる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 シールズ インストラクター 訓練 イベント 研修 生徒

ネイビーシールズの訓練が不可能に設計されている理由 (Why Navy SEALs Training is Designed to be Impossible)

  • 8 1
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 24 日
動画の中の単語