Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It towered over 38 feet (11.6 metres) high. It  weighed 1,490 US tons (metric 1,350 tonnes) or  

    高さ38フィート(11.6メートル)以上の高さにそびえ立っていました。重さは1,490 USトン(メートル法1,350トン)または

  • about the same as 198 male African  elephants. It's barrel was 106 feet  

    アフリカゾウの雄198頭と同じくらいの大きさですバレルの長さは106フィートでした

  • and 8 inches (32.5 metres) in length and  fired 12-foot-long (3.6 metre) shells

    と8インチ(32.5メートル)の長さの砲弾を発射し、12フィート(3.6メートル)の長さの砲弾を発射した。

  • Schwerer Gustav or Heavy Gustav, the  largest artillery gun ever built. An  

    シュヴェラー・グスタフまたはヘビー・グスタフ、史上最大の大砲。砲塔の

  • immense weapon of war designed with one major  purpose--to knock out France's Maginot Line.

    フランスのマジノラインを破壊するために設計された巨大な戦争の武器。

  • Haunted by how their country was occupied during  World War I and alarmed by how Germany seemed to  

    第一次世界大戦中に自分たちの国がいかに占領されていたかに悩まされ、ドイツがどのように見えているのかを警戒していました。

  • be rearming in violation of the Treaty  of Versailles, in 1929 the French began  

    ベルサイユ条約に違反して再軍備することになったため、フランスは1929年に

  • building the Maginot Line, a complex defensive  network. Over the next 9 years France built some  

    複雑な防衛網であるマジノラインを建設しました。それからの9年間、フランスはいくつかの

  • 900 miles (1,448 km) of fortifications, with  280 miles (450 km) of defenses specifically 

    九百里

  • on the border with Germany. The Maginot  Line included bunkers, above and underground  

    ドイツとの国境にあるマジノ線には地下と地上のバンカーがありました

  • fortresses as well as concrete gun emplacementsobservation posts, depots and rail lines.

    要塞だけでなく、コンクリート製の砲台、展望台、発着所、鉄道の線路などがあります。

  • Realizing that the Maginot Line would make  it tough to invade France, in 1934 Germany  

    1934年、ドイツは、マジノ線がフランスへの侵攻を困難にすることを認識していました。

  • set out to make an artillery gun that could fire  from beyond the range of the French artillery.  

    フランス砲の射程距離を超えて砲撃できる砲を作ろうとした。

  • Furthermore, to take out larger fortificationsthe gun's shells had to be able to penetrate 23  

    さらに、より大きな要塞を取るために、砲の砲弾は23を貫通することができなければならなかった

  • feet (7 meters) of reinforced concrete or  3.28 feet (1 meter) of steel armour plate.

    フィート(7メートル)の鉄筋コンクリートまたは3.28フィート(1メートル)の鋼製の鎧板。

  • However, it took German weapons  manufacturer Krupp AG far longer to design,  

    しかし、それはドイツの武器メーカーのクルップAGの設計にはるかに長い時間がかかりました。

  • prototype and construct such an immense  artillery gun than originally planned.  

    このような巨大な大砲を試作し、当初の予定よりも大きく構築しています。

  • Unfortunately Schwerer Gustav wasn't ready when  Germany attacked France in the spring of 1940.  

    残念ながら、1940年春にドイツがフランスを攻撃した時には、シュヴェラー・グスタフは準備ができていませんでした。

  • However, in the end Germany successfully  invaded France by going around the Maginot  

    しかし、最終的には、ドイツはマジノを迂回してフランスへの侵攻に成功した。

  • line and sending troops into France  through Belgium and the Netherlands.

    線を引き、ベルギーとオランダを経由してフランスに軍隊を送り込む。

  • But Gustav's wrath would  still be felt by the Allies.

    しかし、グスタフの怒りは連合国にも伝わっていた。

  • It wasn't until 1942 that Gustav was ready for  duty. By this time, Germany was invading the  

    グスタフが任務に就けるようになったのは1942年のことだった。その頃には、ドイツは

  • Soviet Union. Gustav was sent to Sevastopol, a  well fortified port city in Crimea. Due to the  

    ソビエト連邦グスタフはクリミアの要塞化された港町セヴァストポリに派遣された。のために

  • size of the gun, it took 25 rail cars to ship  it. Once Gustav arrived in the region, over  

    砲の大きさから、輸送に25両の鉄道車両を要した。グスタフがこの地に到着すると

  • 3,000 German soldiers spent over 3 weeks layingspecial railway spur line used for assembling the  

    3,000人のドイツ兵が3週間かけて、組み立てに使われる特殊な鉄道のスパーラインを敷設しました。

  • gun and positioning it to strike at targets. They  also dug a 26-foot (8 meter) tunnel for sheltering  

    砲を設置し、目標に向かって攻撃するように配置しました。彼らはまた、シェルターのために26フィート(8メートル)のトンネルを掘った。

  • the weapon as it would be vulnerable to aerial  attack. Additionally, two anti-aircraft battalions  

    兵器は航空攻撃を受けやすいため、この兵器を使用しています。さらに、2つの対空大隊が

  • set up positions surrounding Gustav to help  protect it. It took a 500 man crew of engineers,  

    グスタフを守るために周囲に陣地を敷いた500人の技術者の乗組員が必要だった

  • scientists and workmen some 54 hours to  set the gun up and prep it for firing.

    科学者と労働者が54時間かけて銃をセットアップし、発射の準備をしました。

  • Meanwhile, on June 2, 1942 the Germans  launched a new operation on Sevastopol,  

    一方、1942年6月2日、ドイツ軍はセヴァストポリで新たな作戦を開始した。

  • simultaneously attacking the encircled  Soviet forces by land, sea, and air. Finally,  

    陸・海・空で同時に包囲されたソ連軍を攻撃する。最後に

  • on the third day after the battle had  already begun, Gustav was ready for use.

    すでに戦闘が始まって3日目には、グスタフが使えるようになっていた。

  • It had two shelling options: it could fire a high  explosive shell weighing around 10,000 pounds  

    それは2つの砲撃オプションを持っていた:それは約10,000ポンドの重量を量る高爆発性の砲弾を発射することができます。

  • (4,536 kg) with muzzle velocity of nearly 2,700  feet per second (820 m/s) over a range of about 30  

    (4,536kg)で、射程距離約30mで毎秒約2,700フィート(820m/s)の銃口速度を持つ。

  • miles (48 km). These shells contained around 1,543  pounds (700 kgs) of explosives. On impact they  

    マイル(48キロ)。これらの砲弾には約1,543ポンド(700キログラム)の爆薬が含まれていました。衝撃で

  • could create a crater 30 feet (about 9 meterswide and 30 feet deep (about 9 meters) deep!

    幅30フィート(約9メートル)、深さ30フィート(約9メートル)のクレーターを作ることができました。

  • Also Gustav could launch a 15,400 pound  (7,000 kg) concrete piercing shell at  

    また、グスタフは、15,400ポンド(7,000キロ)のコンクリート製の貫通弾を発射することができます。

  • a muzzle velocity of around 2,362 feet per  second (720 m/s) up to 23 miles (37 km) away.  

    23マイル(37km)までの距離で、毎秒約2,362フィート(720m/s)の銃口速度。

  • Packed with about 550 pounds (250 kg) of  explosives and an aluminum alloy ballistic  

    約550ポンド(250キロ)の爆薬とアルミ合金製の弾道弾を詰め込んだ

  • nose cone it could penetrate 23 feet (7 metersof reinforced concrete at maximum elevation.

    ノーズコーンは、最大標高で23フィート(7メートル)の鉄筋コンクリートを貫通することができます。

  • So did Gustav live up to the hype? Kind of.

    グスタフは誇大広告に 応えられたの?まあね

  • During its first day of battle, Gustav fired  and took out some coastal artillery. It  

    初日の戦闘では、グスタフは沿岸部の砲撃を行い、いくつかの沿岸部の砲兵を討ち取った。それは

  • also fired 6 shells at Fort Stalin, a concrete  fortified bunker, but failed to neutralize it.  

    また、コンクリートで固められたスターリン砦にも6発の砲弾を発射したが、無力化には失敗した。

  • The next day Gustav fired 7 shells  at Fort Molotov with mixed results.

    翌日、グスタフはモロトフ砦に7発の砲弾を発射したが、結果はまちまちだった。

  • But then Gustav utterly decimated White Cliff.

    しかし、グスタフはホワイトクリフを壊滅させた。

  • Also known as 'Ammunition Mountain', White  Cliff was an undersea ammunition magazine  

    別名「弾薬山」とも呼ばれるホワイトクリフは、海底弾薬庫だった。

  • nearly 100 feet down (30 meterat the bottom of Severnaya Bay.  

    セベルナヤ湾の底で100フィート近く下った(30メートル)。

  • Also it was encased in nearly 33 feet (20 meterof protective concrete. Gustav penetrated and  

    また、約33フィート(20メートル)の保護コンクリートに包まれていました。グスタフは貫通し

  • destroyed the arsenal, blowing it apart withshots. Also some of the boats in the bay sank.

    9発で兵器庫を破壊しました湾内のいくつかの船も沈没しました

  • Over the next several days Gustav continued  to provide heavy duty artillery support  

    それからの数日間、グスタフは重装備の砲兵支援を続けた。

  • to help decimate other important targets  around Sevastopol. At times it was rough going,  

    セヴァストポリ周辺の他の重要な目標を 壊滅させるのを助けるために時には荒れていました

  • it took a 300 man crew about 45 minutes to  load each shot. On the best days, Gustav  

    300人のクルーが各ショットをロードするのに約45分かかりました。最高の日には、グスタフは

  • was able to fire 14 shots. Notably the railway gun  bombarded and destroyed Fort Siberia with 5 shots

    は14発を発射することができた。特筆すべきは、鉄道砲がシベリア要塞を5発で砲撃し、破壊したことだ。

  • Also Gustav fired on the Maxim Gorki  Fortresses. With just 5 shells,  

    また、グスタフはマキシム・ゴーリキ要塞にも砲撃しました。たった5発の砲弾で。

  • Maxim Gorki 1 was left in smouldering  ruins and Maxim Gorki 2 damaged.

    マキシムゴーリキ1はくすぶった廃墟のまま、マキシムゴーリキ2はダメージを受けた。

  • By the time Sevastopol surrendered to the  Germans on July 4th, Gustav had 13 days of  

    7月4日にセヴァストポリがドイツ軍に降伏するまでに、グスタフは13日間の

  • operational use and had worn out its original  barrel. It had been fired nearly 50 times in  

    稼動中の使用で、元の銃身が摩耗していました。で50回近く発射されていました。

  • battle and another 250 or so times during  quality control checks during manufacturing.  

    戦闘、製造時の品質管理チェックで250回ほど。

  • The gun was fitted with a spare barrel and the  original barrel was returned to the factory 

    銃には予備の銃身が取り付けられており、元の銃身は工場に戻されていた

  • Schwerer Gustav was a technical marvel, but  also a boondoggle. Although its fire power  

    シュヴェラー・グスタフは技術的には驚異的であったが、それだけではない。その火力にもかかわらず

  • was impressive, the technical and logistical  limitations of the gun restricted its use. It was  

    印象的でしたが、技術的にもロジスティックにも限界があったため、使用が制限されていました。それは

  • incredibly labor intensive to build; it required  more than 1,000 tons of steel, thousands of  

    建設には信じられないほどの労働力が必要で、1,000トン以上の鋼鉄と数千トンの

  • man-hours and an estimated 7 million Reichsmarks  (upwards of 24 million USD in today's money). All  

    工数と推定700万ライヒスマーク(今日のお金で2,400万ドル以上)。すべての

  • this for just 48 shots in a war where  resources were in limited supply.

    資源が限られた戦争の中での48発のためのものだ

  • Gustav was temporarily dismantled and then  later shipped to the northern region of the  

    グスタフは一時的に解体され、その後、北方領土の

  • eastern front, where it was rebuilt in  anticipation of an attack on Leningrad.  

    東部戦線は、レニングラードへの攻撃を見越して再建された。

  • The Russians pushed the Germans back and  the attack never happened. The gun, pending  

    ロシア人がドイツ人の背中を押しても攻撃は起こらなかった。銃は、保留中の

  • further service, was warehoused near Leningrad  in the winter of 1942-1943. It's not clear where  

    は1942年から1943年の冬に レニングラードの近くに保管されていました。どこにあったのかは明らかではありません。

  • Gustav was shipped after that, however there are  unconfirmed reports of it being used in Warsaw.

    グスタフはその後に出荷されたが、ワルシャワで使用されたという未確認の報告がある。

  • Ruins of the artillery gun  were found in April 1945.  

    1945年4月、砲台跡が発見されました。

  • The German had stripped Gustav for parts and  used demolition charges to destroy what they  

    ドイツ軍はグスタフの部品を剥ぎ取り、解体費用を使って破壊しました

  • couldn't take with them so it wouldn't fall  into the hands of the advancing US troops.

    進撃する米軍の手に落ちないように持っていくことができませんでした。

  • German weapons manufacturer Krupp AG was  actually in the process of making an even larger,  

    ドイツの兵器メーカーであるクルップAGは、実際にはさらに大型化していた。

  • longer range artillery gun to be called "Langer  Gustav"--Gustav Long. The weapon was found  

    ランガー・グスタフと呼ばれるようになった長射程砲--グスタフ・ロング。この武器は

  • unfinished in a workshop when the American  forces took the town the company was in.

    アメリカ軍が会社のある町を占領した時の作業場の未完成品

  • For even more insane weapons,  

    さらなる非常識な武器のために

  • go watchWeapons Even The Military Made  Illegalor check out this one instead!

    軍隊でさえ違法にした武器」を見るか、こちらをチェックしてみてください。

It towered over 38 feet (11.6 metres) high. It  weighed 1,490 US tons (metric 1,350 tonnes) or  

高さ38フィート(11.6メートル)以上の高さにそびえ立っていました。重さは1,490 USトン(メートル法1,350トン)または

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 メートル ドイツ フィート 砲弾 発射 コンクリート

1,350トン砲-史上最大の砲塔 (1,350 Ton Gun - Largest Artillery Gun Ever)

  • 5 0
    Summer に公開 2020 年 11 月 13 日
動画の中の単語