Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • around the world today, there are few weapons as recognizable as the infamous a K 47.

    今日、世界中では、悪名高いK47のように認識できる武器はほとんどありません。

  • To some, it's a symbol of oppression, toe others freedom, a rifle that it's so ingrained in the psyche of the world yet whose origin is surrounded in mystery.

    ある人にとっては抑圧の象徴であり、他の人にとっては自由の象徴であり、ライフルは世界の精神に染み付いているが、その起源は謎に包まれている。

  • But how did the Soviet tanks sergeant with no formal training or schooling and manufacturing helped create the world's most prolific weapon?

    しかし、正式な訓練や学校教育を受けていないソ連の戦車軍曹と製造業は、どのようにして世界で最も多産な武器を作成するのに役立ったのでしょうか?

  • And how is its decades old design remained current.

    そして、その数十年前のデザインはどのように現在のままです。

  • At the end of World War Two, the people of the Soviet Union were feeling a mix of emotions.

    第二次世界大戦末期、ソ連の人々は様々な感情が入り混じっていた。

  • On one hand, they were joyous that the deadliest conflict in history was over, but on the other they were cautious.

    一方では、史上最悪の紛争が終わったことに喜びを感じていたが、他方では慎重になっていた。

  • Soviet government found that no foreign power would ever invade Russian soil again.

    ソ連政府は、外国の勢力がロシアの地に再び侵攻することはないことを発見した。

  • They ensured so by not only claiming over a dozen satellite states in Eastern Europe, but by investing heavily in their defense industry.

    彼らは東欧の十数カ国の衛星国家を主張するだけでなく、防衛産業に多額の投資をすることで、それを確実なものにした。

  • By this time, the Soviets, along with the rest of the world, realized the inferiority of bolt action rifles.

    この頃になると、ソビエトは世界の他の国々と一緒に、ボルトアクションライフルの劣等感に気付きました。

  • Bolt action rifles such as the Russian most in the got were a deadly accurate and packed a huge punch.

    そのような得たロシアのほとんどのようなボルトアクションライフルは致命的な正確さと巨大なパンチを詰め込んだ。

  • But they severely limited the rate of fire of soldiers, as well as the amount of ammunition that could carry Soviet designers had already been experimenting for years to develop a weapon that could give the average soldier a fire rate of a machine gun.

    しかし、彼らは兵士の射撃率を厳しく制限しただけでなく、ソ連の設計者が平均的な兵士に機関銃の射撃率を与えることができる武器を開発するために、すでに何年も実験していたことができる弾薬の量を運ぶことができます。

  • But the accuracy of a rifle all of that would change with the prototypes of Mikhail Kalashnikov.

    しかし、そのすべてのライフルの精度は、ミハイルカラシニコフのプロトタイプで変更されます。

  • Kalashnikov spent most of his formative years in the harsh winters of Siberia.

    カラシニコフは形成期のほとんどをシベリアの厳しい冬に過ごした。

  • It was probably here that he learned the value of being able to operate equipment in the most extreme environments in his early teens, in search of a better life and work outside of his native Siberia, Kalishnikov took over a 500 mile journey in search of work.

    彼が最も過酷な環境で機器を操作できることの価値を学んだのは、10代の初めに、より良い生活と仕事を求めて、生まれ育ったシベリアの外での仕事を求めて、カリシニコフは仕事を求めて500マイル以上の旅に出たのは、おそらくここからだった。

  • He finally found a job at a tractor factory and showed so much promising skill that he was allowed to work with the local Red Army unit to fit rifles into their stocks at the armory.

    ようやくトラクター工場に就職した彼は、地元の赤軍部隊と協力して武器庫でライフルをストックに収める仕事をさせてもらうほどの有望な技術を発揮した。

  • From here, he was drafted into the tank corps in 1938 and when Hitler invaded Russia, he found himself caught up in some of the largest battles of the war after barely escaping a battle with his life in the fall of 1941 Kalashnikov was recovering from his wounds in the hospital when he heard frequent complaints from fellow soldiers about the reliability and capability of their current infantry weapons.

    ここから彼は1938年に戦車部隊に徴兵され、ヒトラーがロシアに侵攻すると、1941年秋に命がけでかろうじて戦いを逃れたカラシニコフは、病院で傷から回復していた時に、現在の歩兵兵器の信頼性と能力について仲間の兵士から頻繁に苦情を聞いていた。

  • Wanting to help answer their problems, he immediately set upon developing a reliable and accurate automatic weapon upon his discharge, Soviet authorities ultimately rejected his first design of a new submachine gun.

    彼らの問題に答えるのを助けたい、彼はすぐに彼の放電時に信頼性の高い正確な自動小銃を開発する際に設定し、ソ連当局は最終的に新しいサブマシンガンの彼の最初の設計を拒否した。

  • However, this project was not in vain, since he did gain their respect and admiration that someone with no formal education could create such an impressive prototype.

    しかし、このプロジェクトは無駄ではありませんでした。

  • He was then given a job helping develop new small arms and ammunition for the Soviet military.

    その後、彼はソ連軍のために新しい小火器と弾薬の開発を助ける仕事を与えられました。

  • His first breakthrough came in 1944 when he designed the ammunition for the A K 47 762 by 39 millimeter cartridge.

    彼の最初のブレークスルーは、彼が39ミリメートルカートリッジでA K 47 762のための弾薬を設計した1944年に来た。

  • This cartridge was groundbreaking in that it had a low enough charge to not produce too much recoil, but had enough way to give it a fairly straight flight path and medium to long range.

    このカートリッジは、それがあまりにも多くのリコイルを生成しないように十分に低い電荷を持っていたが、それはかなりまっすぐな飛行経路と中〜長距離を与えるのに十分な方法を持っていたという点で画期的なものでした。

  • The weight recoil are important since this would enable users to sustain accurate, fully automatic fire while also being able to carry large amounts of ammunition into battle.

    これにより、ユーザーは正確な全自動射撃を維持しつつ、大量の弾薬を戦闘に持ち込むことができるようになるので、反動の重さは重要である。

  • Then, just after the end of World War 21 of the country's most famous weapon designers became ill.

    そして、第二十一次世界大戦が終わった直後、この国で最も有名な兵器デザイナーの一人が病気になった。

  • Alexey Sadulayev had grown to national fame throughout the war by helping design a new submachine gun during the siege of Leningrad.

    アレクセイ・サドゥラエフは、レニングラード包囲戦で新しいサブマシンガンの設計に貢献したことで、戦争中に国民的な名声を得ていた。

  • When surrounded by the Germans in starving conditions, the weapon is credited with greatly increasing the firepower of Soviet soldiers and helping to feed the Germans there.

    飢餓状態のドイツ軍に包囲されたとき、この兵器はソ連兵の火力を大幅に向上させ、ドイツ軍を養うのに役立ったとされています。

  • This feat made him a national hero in the Soviet government, asked him to develop a full scale automatic rifle.

    この偉業により、彼はソ連政府の国民的英雄となり、本格的な自動小銃の開発を依頼された。

  • Sidibe's first designed, the S 44 was determined adequate but too heavy.

    シディベが最初に設計したS 44は、十分だが重すぎると判断された。

  • He was asked to make another design, but his illness caught up with him and he passed away in 1946.

    別のデザインを依頼されていたが、病気が追いつき、1946年に亡くなった。

  • Not wanting to stall weapons development after the loss of Russia's most celebrated gun designers, the Soviet authorities decided to hold a competition.

    ロシアで最も有名な銃の設計者を失った後、兵器開発を停滞させたくなかったソ連当局は、コンペを開催することを決定しました。

  • They solicited any and all interested in the army of gun designers currently employed by the government to submit their best proposals desire ing the incredible cash prize and prestige that would come with winning such a contest.

    彼らは、現在政府に雇われている銃のデザイナーの軍隊に興味のある人は誰でも、そのようなコンテストで優勝したときに来ると信じられないほどの賞金と威信を求めて、最高の提案を提出するように募集しました。

  • Kalashnikov decided to enter.

    カラシニコフは入場を決めた。

  • Contrary to popular belief, he was not working by himself, but instead had an entire design team behind him, including a woman who helped put his ideas into technically accurate sketches.

    一般的な考えに反して、彼は一人で仕事をしていたのではなく、彼のアイデアを技術的に正確なスケッチにまとめるのを手伝ってくれた女性を含め、デザインチーム全体が彼の後ろにいたのです。

  • The team worked hard, and they faced fierce competition.

    チームは努力を重ね、激しい競争に直面しました。

  • There were originally over 15 competitors, all vying to have their designs picked up.

    もともと15人以上の競合他社がいて、みんなデザインを拾ってもらおうとしていました。

  • Because there were so many interested, the competition was held in phases, with MAWR and more competitors being eliminated as their weapons went through a series of trials by the government, Thekla on test was held in secret and for good reason.

    非常に多くの関心があったので、彼らの武器が政府によって一連の試験を通過したようにMAWRとより多くの競争者が排除され、段階的に開催され、テスト上のTheklaは秘密裏に、そして正当な理由のために開催されました。

  • In many similar contests of the past, those who had more established names might have been more inclined to be selected in order to please stall it.

    過去の多くの類似のコンテストでは、より確立された名前を持っていた人は、それを失速させて喜ばせるために選ばれる傾向が強かったのかもしれません。

  • But Stalin only wanted the best product this time, so each of the competitors was given a pseudonym.

    しかし、スターリンは今回は最高の製品が欲しかっただけなので、それぞれの競争相手には仮名が与えられました。

  • And the members of the commission judging the contest did not know who was producing the firearms throughout the competition.

    そして、コンテストを審査する委員会のメンバーは、コンテストを通して誰が銃器を製作しているのかを知らなかった。

  • One feature about Kalashnikovs design made it stand out from the rest.

    カラシニコフのデザインについての1つの特徴は、それが残りの部分から目立つようにしました。

  • It's loose tolerances.

    許容範囲が緩いんだよ

  • Most weapons of the day were designed with what were called tight tolerances, meaning all the parts and pieces fit tightly together.

    その日のほとんどの武器は、厳しい公差と呼ばれるもので設計されており、すべての部品やパーツがぴったりと収まることを意味しています。

  • Kalashnikovs team did the opposite by purposefully designing a rifle with loose tolerances which allowed for foreign debris like mud, sand and water to enter the rifle, and it would still work.

    カラシニコフのチームは、意図的に泥や砂、水のような異物がライフルに入ることを可能にする緩い公差でライフルを設計することによって、反対のことをしたし、それはまだ動作するだろう。

  • This ruggedness and reliability would propel it to the final stage of the competition.

    この無骨さと信頼性が、競技会の最終ステージへと突き進むことになる。

  • But before the final stage could begin in 1947 the three remaining designs for all required to go back to the drawing board toe, work out some of the kinks the commission had identified in each one, Kalashnikov was told the rifle was too heavy, so he shortened the barrel.

    しかし、最終段階は1947年に開始することができる前に、すべてのための3つの残りのデザインは、委員会がそれぞれの1つに識別されていたねじれのいくつかを解決し、図面ボードのつま先に戻って行くために必要な、カラシニコフはライフルが重すぎたと言われたので、彼は銃身を短くしました。

  • Significant On also made his most significant design change to date.

    Significant Onもまた、これまでで最も重要なデザイン変更を行いました。

  • He combined the bolt carrier in the gas piston into one unit.

    ガスピストンのボルトキャリアを一つにまとめてくれました。

  • By doing so, he eliminated the number of parts needed, which made manufacturing, repairing and cleaning much easier.

    そうすることで、必要な部品点数が減り、製造・修理・清掃が格段に楽になったそうです。

  • It was this rugged system, combined with the loose tolerances that would eventually cement the AK 40 sevens legendary reputation.

    それは、最終的にAK 40 sevensの伝説的な評判を固めるであろう緩い公差と組み合わせて、この頑丈なシステムでした。

  • Kalashnikov in his partners made three new models of their latest design, as the legend goes, When they took it to the final test and disassembled and reassembled it for the judges, his competitors respectfully bowed out of the competition, realizing that his design was so far superior to anything they had produced.

    伝説が言うように、彼のパートナーのカラシニコフは、彼らが最終テストにそれを取ったと分解し、審査員のためにそれを再組み立てしたとき、彼の競争相手は、彼のデザインは、彼らが生産していた何よりもはるかに優れていたことを認識して、敬意を持って競争の外にお辞儀をした。

  • While this version of events is the subject of much debate and controversy as to if it actually happened or not.

    このバージョンのイベントは、それが実際に起こったかどうかについて多くの議論や論争の対象となっていますが。

  • What is certain is that Kalashnikovs design won the competition and was soon put into mass production for the Soviet Army by 1948.

    確かなのは、カラシニコフのデザインが競争に勝ち、1948年までにソ連軍のためにすぐに量産されたということです。

  • Hence, the infamous a K 47 was born.

    そこで、悪名高きK47が誕生した。

  • Despite all of its technological advances in superior design, that alone does not explain how the A K 47 became the world's most prolific and iconic assault rifle.

    優れたデザインの技術的進歩にもかかわらず、それだけでは、A K 47が世界で最も多産で象徴的なアサルトライフルになった理由は説明できません。

  • How the A K 47 got there was because of mix of politics and idealists as well as opportune timing during the Cold War, the Cold War was not just focused on building a bigger and better nuclear weapon.

    AK47がどのようにしてそこに辿り着いたかというと、冷戦時代には政治と理想主義者が入り混じっており、冷戦は単により大型で優れた核兵器を造ることだけに集中していたわけではないのです。

  • Sure, these were more significant, as they could cause mutually assured annihilation on both sides.

    確かに、これらは双方に相互確証のある滅亡をもたらす可能性があるので、より重要であった。

  • But many simultaneous arms races were going on for conventional weapons as well.

    しかし、通常兵器についても多くの軍拡競争が同時進行していた。

  • Tanks, planes, missiles and even infantry small arms were all trying to one up each other.

    戦車、飛行機、ミサイル、歩兵の小火器までもが、お互いに一つ上を目指そうとしていた。

  • The 47 fell right into the middle of this all by being able to be produced chiefly and rapidly.

    47は、主に迅速に生産することができることによって、このすべての真ん中に落ちました。

  • In the late 19 forties and early 19 fifties, the Soviet Union was the standard bearer for communism in the world, as a result, they felt obligated to help out any fledgling communist insurgency or country they could by all means available.

    19 40年代後半と50年代前半には、ソ連は世界の共産主義の旗手であり、結果として、彼らは、彼らが利用可能なすべての手段を使用して可能性があります任意の駆け出しの共産主義の反乱や国を助ける義務を感じていました。

  • The idea was twofold.

    アイデアは2つあった。

  • Firstly, it provided much needed military aid at little cost and would ensure interoperability with Soviet troops in the future.

    第一に、それは多くの必要とされる軍事援助を低コストで提供し、将来的にはソ連軍との相互運用性を確保するだろう。

  • Since they used the same weapons and ammunition by supplying their own weapons to Communist states, the Soviet Union was also forcing them to continue to remain an ally, since they would have to rely on the Russians to provide a continual supply of ammunition, spare parts and replacement rifles.

    自国の武器や弾薬を共産国に供給することで同じ武器や弾薬を使用していたため、弾薬や予備品、交換用の小銃などをロシアに頼って継続的に供給しなければならないため、ソ連も同盟国であり続けることを余儀なくされていた。

  • The Soviets also had a political victory through the proliferation of the A K 47.

    ソ連もAK47の増殖で政治的勝利を収めた。

  • By much of the world using the rifle, especially the vulnerable Third World or unaligned countries, they could claim that Soviet engineering was superior to the West and they had beaten Western defense industries.

    世界の多くがライフルを使用していることによって、特に脆弱な第三世界や未同盟国は、彼らはソ連のエンジニアリングが西洋よりも優れていたと主張することができ、彼らは西洋の防衛産業を打ち負かしていた。

  • It also helped boost public opinion of the regime At home, the Soviet Union was not necessarily known for its high quality manufactured goods.

    それはまた、政権に対する世論を後押しすることにもなりました。

  • Often, most household and domestic goods were far inferior quality to those produced in the West.

    多くの場合、ほとんどの家庭用品や生活用品は、西洋で生産されたものよりもはるかに品質が劣っていました。

  • By having a reliable arms industry that could claim victory over Western products, the home industrial base could gain much needed public confidence.

    西洋製品に対する勝利を主張することができる信頼性の高い武器産業を持つことによって、家庭の産業基盤は、はるかに必要とされる国民の信頼を得ることができました。

  • Despite Russia's desire to flood the world with as many a K 40 sevens as possible, they were optimistically cautious to continue improving the design to keep pace with Western developments.

    ロシアは、できるだけ多くのK40セブンスを世界に氾濫させたいという願望を持っていたにもかかわらず、欧米の開発に合わせてデザインを改良し続けることに楽観的に慎重だった。

  • During the first set of Army trials in 1948 some major changes were made, the ejector was redesigned, and the return spring was sticking to make it more durable.

    1948年に行われた最初の陸軍試験では、いくつかの大きな変更が行われ、エジェクターは再設計され、リターンスプリングは耐久性を高めるために固着していました。

  • Other smaller changes included re casting and changing the handle into a crescent shape.

    その他の小さな変更点としては、再鋳造とハンドルを三日月型に変更したことが挙げられます。

  • The next biggest development in the A K 47 came in the form of its receiver.

    次に大きな展開となったのは、A K 47のレシーブという形で登場した。

  • The receiver is the main body of the rifle, where the trigger group, both assembly and magazine well are located.

    レシーバーはライフルの本体で、トリガーグループ、アセンブリとマガジンウェルの両方が配置されています。

  • Kalashnikovs original design was a stamped receiver.

    カラシニコフのオリジナルデザインは、刻印されたレシーバーでした。

  • That means a piece of sheet metal is stamped into a mold.

    それは、板金の一部を型に押し込んだことを意味します。

  • For a part, doing so drastically cuts down costs by reducing time and labor.

    一部では、そうすることで、時間と労力を削減することでコストを大幅に削減することができます。

  • But when Soviet authorities started the mass produced the rifle, they realized that creating stamped receivers in large quantities is not possible at the time.

    しかし、ソビエト当局がライフルの量産を開始した時に、スタンプ付きのレシーバーを大量に作ることは当時は不可能であることに気付きました。

  • For Soviet technology to compromise, they had to redesign the A K 47 receiver with the classic but more expensive method of milling milling involves taking a solid block of steel and grinding it down into a receiver.

    ソ連の技術が妥協するために、彼らは古典的な、しかしフライス加工のより高価な方法でA K 47レシーバーを再設計しなければならなかったフライス加工は、固体の鋼のブロックを取り、それをレシーバーに粉砕する必要があります。

  • Milk receivers have much tighter tolerances than their stamped counterparts have will take much longer to produce, driving up costs and limiting production capacity.

    ミルクレシーバーは、刻印されたものよりもはるかに厳しい公差を持っているため、生産に時間がかかり、コストが上昇し、生産能力が制限されてしまいます。

  • It would take years for Soviet technology to finally adapts to producing a cost effective and efficient stamped receiver.

    ソ連の技術が最終的に費用対効果の高い効率的なスタンプ受信機を生産するために適応するまでには何年もかかるだろう。

  • But in the meantime, the country had militaries tow arm into revolutions to ignite.

    しかし、その間に、国は火をつけるために革命に軍備を牽引する腕を持っていた。

  • Probably the most substantial boost to the A K 47 production was the formation of the Warsaw Pact in 1955.

    おそらくA K 47の生産を最も大きく後押ししたのは、1955年のワルシャワ条約の成立であろう。

  • This eight country alliance, in response to the creation of NATO, dictated that any country attacked would elicit a response from the others.

    この8カ国同盟は、NATOの創設に呼応して、どの国が攻撃されても、他の国からの反発を引き出すように指示したのである。

  • The agreement also stated that these countries would fall under a unified command by a Russian general and would be supplied with the same arms and ammunition the A K 47.

    協定には、これらの国がロシアの将軍によって統一された指揮下に入り、A K 47と同じ武器と弾薬が供給されることも記載されています。

  • But the Soviet Union simply could not produce the number of weapons needed tow arm all these countries.

    しかし、ソビエト連邦は、これらの国々を武装させるのに必要な数の武器を生産することができませんでした。

  • After all, the Russians at the time only operated to factories for their whole military.

    結局、当時のロシア人は全軍の工場までしか運営していませんでした。

  • As a result, each of these countries was granted licenses to produce their own local derivatives In time.

    その結果、これらの国々は、それぞれの国で自国の派生商品を生産するライセンスを与えられました。

  • As these communist countries became hard up for cash, they turned to one of the few reliable and desirable export commodities.

    これらの共産主義国は、現金のためにハードアップしたので、彼らは数少ない信頼性の高い望ましい輸出商品の一つに変わりました。

  • They had weapons.

    彼らは武器を持っていた

  • In short order, these countries started exporting arms just like the Russians were doing, and in almost no time at all.

    これらの国は、ロシアがやっていたのと同じように、ほとんど時間をかけずに武器の輸出を始めたのです。

  • The A K 47 was, and remains, to this day the most common rifle in the hands of soldiers, while the A K 47 would continue to get upgrades later in life, such as an ammunition change that became the A K 74 or smaller changes that became the A K M family.

    A K 47は、今日まで兵士の手に最も一般的なライフルであったが、A K 47は後年になっても、弾薬の変更がA K 74になったり、小さな変更がA K Mファミリーになったりと、アップグレードされ続けていた。

  • The principle of operation remained the same even with these later designs.

    これらの後の設計でも動作原理は変わりませんでした。

  • The original A K 47 makes up about 75 million of the current 100 K family style rifles in the world today, cementing its continued use for years to come.

    オリジナルのA K 47は、現在世界に存在する100Kファミリースタイルのライフルのうち約7500万丁を占めており、今後何年にもわたって使用され続けることを確固たるものとしています。

around the world today, there are few weapons as recognizable as the infamous a K 47.

今日、世界中では、悪名高いK47のように認識できる武器はほとんどありません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ソ連 ライフル 弾薬 武器 デザイン 設計

AK-47ライフルの進化 (Evolution of AK-47 Rifle)

  • 0 1
    林宜悉 に公開 2020 年 11 月 13 日
動画の中の単語