Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • December 8, 2012, Laghman Province, AfghanistanHostage Rescue Force Team Member and Navy SEAL,  

    2012年12月8日、アフガニスタンのラグマン州。 人質救出部隊のチームメンバーであり、ネイビーシールズ。

  • Edward C. Byers, Jr., is part of a mission to free  an American hostage, physician Dr. Dilip Joseph,  

    エドワード・C・バイヤーズJr.は、アメリカ人の人質である医師ディリップ・ジョセフを解放するためのミッションの一部を担っています。

  • who'd days earlier been captured by the Taliban. Through the night Byers and his team march for  

    その数日前にタリバンに捕らえられていた夜を徹して バイヤーズと彼のチームは

  • more than four hours through an unforgiving  wilderness. It's pitch-black. All the men are  

    容赦のない荒野を4時間以上走りました真っ暗です男たちは皆

  • wearing night vision goggles. The  temperature drops below zero when  

    暗視ゴーグルをつけて気温が氷点下になるのは

  • the men get close to the compound where  it's believed the hostage is being kept

    人質がいると思われる場所に 男達が近づきました

  • Almost there, 75 feet (23 m) to  the entrance of the compound,  

    もう少しで、化合物の入り口まで75フィート(23メートル)。

  • but then the men are spotted by the insurgentsPetty Officer 1st Class Nicolas D. Checque  

    しかし反乱軍に見破られてしまいます 兵曹一等兵曹ニコラス・D・チェック

  • races forward and shoots a guard. He enters  the compound with Byers right behind him

    前に出てガードを撃ったバイヤーズの後ろにいた彼は屋敷の中に入る。

  • Shots are fired, Checque falls. He's mortally  wounded. Byers doesn't stop. He kicks down the  

    銃声がして、チェケが倒れた。致命傷を負っている。バイヤーズは止まらない蹴り倒して

  • door where the hostage is, firing at a man  and killing him. Another insurgent tries  

    人質のいるドアから発砲して人質を殺しました別の反乱軍が

  • to pick up a rifle. Byers lurches forwardgrabbing the man, and killing him up close

    ライフルを拾うためにバイヤーズは前方に突進して男をつかみ、間近で彼を殺す。

  • Bullets are flying. It's chaos, chaos without  light. Byers jumps on Dr. Joseph, shielding  

    弾丸が飛んでいる。光のない混沌とした状況だ。バイヤーズはジョセフ博士の上に飛び乗って

  • him from harm, but at the same time, he's got  another insurgent by the neck, pinning him to  

    危害を加えないようにすると同時に 別の反乱軍の首を掴んで 釘付けにしている

  • a wall. Another SEAL enters the room, killing the  insurgent who's trapped by the iron grip of Byers

    壁がある。別のシールズが部屋に入り、バイヤーズの鉄のグリップに捕らわれた反乱軍を殺す。

  • Fast forward to 2016. President Obama is placing  the Medal of Honor around Byers' neck. He saved  

    2016年に早送りします。オバマ大統領は名誉勲章を バイヤーズの首にかけています彼が救ったのは

  • a hostage, he took out the enemy; he showed  undaunted courage and an intrepid fighting spirit

    人質をとって敵を倒し、不屈の勇気と精悍な闘志を見せた。

  • Mr. Byers was one of the last people to receive  the Medal of Honor, and while his story is  

    バイヤーズ氏は名誉勲章を受けた最後の一人であり、彼の物語は、その一方で

  • straight out of a Hollywood movie, as you will  see, there are crazier stories out there. Today  

    ハリウッド映画のようなストレートな話ですが、見ての通り、もっとクレイジーな話が出てきます。今日は

  • you'll meet the Badasses. Men who knew no fear. 10. Henry Johnson

    あなたは悪党に会うことになる恐れを知らない男たち10.ヘンリー・ジョンソン

  • You've all heard the expressionbeyond the  call of dutyand what Mr. Johnson did in the  

    皆さんも「義務の範囲を超えて」という表現を聞いたことがあるでしょうし、ジョンソン氏が

  • first world war was absolutely beyond what  is expected of a soldier. He would go down  

    第一次世界大戦は 兵士の期待を絶対に超えていました彼は下に降りるだろう

  • in history as the first African American  soldier to receive the Medal of Honor

    歴史上、アフリカ系アメリカ人兵士として初めて名誉勲章を受章した。

  • On May 15, 1918, he was serving with Charlie  Company, 369th Infantry Regiment, 93d Infantry  

    1918年5月15日、第369歩兵連隊第93歩兵隊チャーリー中隊に従軍していた。

  • Division, of the American Expeditionary Forces on  the front lines of the Western Front in France.  

    フランス西部戦線の前線にいたアメリカ遠征軍の師団。

  • He would become a hero, but perhaps, an unsung  hero. You see, at the time, there was a lot of  

    彼は英雄になるだろうが、たぶん、知られざる英雄になるだろう。ほら、当時は、たくさんの

  • racism in the military, as well as at home. Some  white soldiers gave black soldiers a hard time,  

    軍隊内だけでなく家庭内でも人種差別がありました白人兵士の中には黒人兵士に苦言を呈する者もいました。

  • and worse, the American Expeditionary  Forces circulated a pamphlet in France  

    さらに悪いことに、アメリカ遠征軍はフランスでパンフレットを流通させた。

  • titledSecret Information Concerning Black  American Troops.” That information related  

    "黒人アメリカ兵に関する秘密情報 "と題してその情報は

  • to African American soldiers allegedly being  immoral in society and inferior in battle

    アフリカ系アメリカ人兵士が社会では不道徳であり、戦闘では劣っていると主張しています。

  • That pamphlet couldn't have  been further from the truth

    そのパンフレットは真実とはかけ離れていた。

  • Johnson's all-black regiment, nicknamed  theHarlem Hellfighters”, were told by  

    ジョンソンの全黒人連隊は、「ハーレム・ヘルファイターズ」の愛称で呼ばれていました。

  • the French Army to head to the Argonne Forest  in the region of Champagne. On the night of  

    フランス軍はシャンパーニュ地方のアルゴンヌの森に向かう。の夜には

  • the heroics Johnson was at the observation  post when the regiment came under attack by  

    ジョンソンは、連隊が攻撃を受けたときに見張り所にいました。

  • German soldiers belonging to a raiding party. Johnson didn't have much time to think and he  

    襲撃隊に所属していたドイツ兵。ジョンソンには考える時間がなく、彼は

  • threw a grenade at the Germans. They still moved  in, so Johnson used the butt of his rifle to  

    ジョンソンは手榴弾をドイツ軍に投げつけた彼らはまだ移動していたので ジョンソンはライフルの尻を使って

  • repel the men. He then threw that down and pulled  out his bolo knife, stabbing whoever came close.  

    男たちを撃退した。そして、それを投げ捨ててボロナイフを取り出し、近づいてきた者を刺した。

  • At times he had to use his other handsmacking the invaders with his fist

    時にはもう片方の手を使い、拳で侵略者を叩きつけなければならなかった。

  • Then he noticed that one of his fellow soldiers  had been injured and two Germans were trying to  

    その時、彼は仲間の兵士の一人が負傷し、二人のドイツ人が

  • pull the man away. Johnson ran at the men  with the knife and with his bare fists he  

    男を引き離した。ジョンソンはナイフを持って男たちに向かって走っていきました。

  • wounded two Germans and managed to drag the  injured American soldier back to safety.  

    2人のドイツ兵を負傷させ、負傷したアメリカ兵を安全な場所に引きずり戻すことに成功しました。

  • During his ordeal he suffered 21 injuries. It was later said that Johnson faced almost  

    その試練の間、彼は21人の負傷者を出した。後に言われたことですが、ジョンソンはほとんど

  • certain death, but with a mighty heart and  a fearless attitude he not only saved the  

    しかし、強大な心と恐れを知らない態度で、彼はただ単に彼を救っただけではなく

  • injured man but also the rest of the menHad he not been so brave the Germans would  

    負傷した男だけでなく、残りの男たちも。 彼が勇敢でなかったら ドイツ軍は

  • have surely captured that outpost. That's why he got the nicknameThe  

    確かにその前哨地を捕獲した。というあだ名がついたのは、それが理由です。

  • Black Deathand that's why he becamehero when he returned home to the U.S. 

    黒死病」、それがきっかけでアメリカに帰国した彼はヒーローになった。

  • There he was expected to talk about how blacks and  whites fought together in harmony, but Johnson was  

    そこで彼は、黒人と白人がどのように調和して戦ったかを話すことを期待されていたが、ジョンソンは

  • a brave man again. Instead he talked about racism  and the rough treatment he and other African  

    勇敢な男に戻った代わりに彼は人種差別と 彼や他のアフリカ人の荒療治について話しました

  • Americans had experienced. He fell out of favor  then with the military and was even arrested for  

    アメリカ人が経験したことです。彼は当時、軍部の寵愛を受けていなかったために、以下のような理由で逮捕されました。

  • wearing his uniform when giving those talks. He died in 1929 from tuberculosis. It wasn't  

    制服を着て講演していました彼は1929年に結核で亡くなりましたそれは

  • until 2003 that he was posthumously  awarded the purple heart, and then  

    2003年には死後に紫綬褒章を受章し、その後は

  • in 2015 he was awarded the Medal of Honor. So, how can we top that? Well, hang in there and  

    2015年には名誉勲章を受章していますで、どうやってトップに立てるのか?さて、頑張りましょう、そして

  • you'll find out. There are a lot of stories  to choose from, given that the award has been  

    を見ればわかります。受賞したことを考えると、選ぶべきネタはたくさんあります。

  • bestowed on over 3,500 people. 9. Thomas Ward Custer

    3,500人以上に与えられた。9.トーマス・ウォード・カスター

  • So, what's so special about this guy? The answer  is he became the first person ever to receive  

    では、この男の何がそんなに特別なのか?その答えは、彼が史上初の

  • the award twice. You're probably more familiar  with his older brother, George Armstrong Custer,  

    二度も受賞しています。兄のジョージ・アームストロング・カスターの方が詳しいでしょう。

  • a man who had big ambitions before he was killed  fighting native Americans at the Battle of the  

    の戦いでネイティブアメリカンと戦って殺される前に、大志を持っていた男。

  • Little Bighorn. You've likely heard ofCuster's  Last Stand”, in which the American soldiers were  

    リトル・ビッグホーンカスターの最後の砦」を聞いたことがある人も多いと思いますが、その中でアメリカ兵は

  • roundly defeated. Thomas died, too, as  did their other brother, Boston Custer

    惨敗したトーマスはもう一人の弟ボストン・カスターと同じように死んだ

  • But let's stick with Thomas. On April 3,  1865, he was fighting the Confederates  

    しかし、トーマスにこだわろう。1865年4月3日 彼は南軍と戦っていた

  • at the Battle of Namozine Church. During a charge  against a Confederate barricade, Custer was  

    ナモジン教会の戦いで南軍のバリケードに突撃していた時、カスターは

  • under heavy fire, but he carried on, leaping the  barricade. He then captured the confederate flag,  

    激しい砲撃を受けたが、彼はバリケードを跳び越えて続行した。そして、彼は連合国旗を捕らえました。

  • and his men followed him. His horse, wellhis horse didn't do too well. It was shot  

    彼の部下は彼の後を追った彼の馬は、まあ、彼の馬はあまり良くなかった。撃たれた

  • and it died. That was Medal of Honor number one. It was only three days later during the Battle  

    そして、それは死んだ。それが勲章第一号でしたそれはわずか3日後の戦いの間に

  • of Sailor's Creek that Custer displayed  similar heroics. Alongside his men he led a  

    セーラーズ・クリークでは カスターも同様の英雄的行為をしました彼は部下と共に

  • charge again, and again he jumped a barricadeHe saw the Confederate flag-bearer and charged  

    彼はバリケードを飛び越えて 再び突撃しました 彼は南軍の旗手を見て突撃した

  • at him, only to get shot in the face. Undeterredhe pulled out his weapon and shot the flag-bearer,  

    顔を撃たれただけだった耐えきれず、彼は武器を抜いて旗持ちを撃った。

  • killing him. After giving the flag to his older  brother he was told to go get treatment, but he  

    を殺してしまった。兄に旗を渡した後、治療を受けに行くように言われたが、彼は

  • refused, so he had to be man-handled to a doctor. 8. William D. Hawkins

    拒否されたので、人手で医師のところに行かされました。8.ウィリアム・D・ホーキンス

  • November 20 and 21, 1943, William Hawkins, Scout  Sniper Platoon attached to the Second Marines,  

    1943年11月20日、21日、第二海兵隊付属スカウト狙撃小隊ウィリアム・ホーキンス

  • Second Marine Division, is fighting the Japanese  in the Gilbert Islands in the Pacific Ocean.  

    第二海兵師団は、太平洋のギルバート諸島で日本軍と戦っている。

  • This became known as the Battle of Tarawa. One of those islands is called Betio Island,  

    これがタラワの戦いとして知られるようになった。その中の一つがベティオ島と呼ばれる島です。

  • and it was there that Hawkins with another 40  men were being fired at from machine gun towers.  

    ホーキンスと他の40人の男たちが機関銃タワーから発砲されていました。

  • They were sitting ducks, and it seemed  that there wasn't much they could do

    彼らはカモにされていて、できることはあまりないようでした。

  • Hawkins said don't worry, and he sneaked offMoments later and he was climbing the first tower.  

    ホーキンスは心配するなと言ってこっそりと逃げ出しました。 数分後、彼は最初の塔に登っていました。

  • When he got to the top, he took out the machine  gunner close up. Some shrapnel severely injured  

    頂上に着いた時 機関銃手を近くで倒したいくつかの榴散弾が重傷を負った

  • him, but Hawkins still had a job to do. He managed to do this in seven towers,  

    しかし ホーキンスにはまだ仕事がありました彼は7つの塔でなんとかやり遂げました。

  • although he was shot in the chest at  the last tower. Still, because of his  

    最後の塔で胸を撃たれたとはいえそれでも、彼のせいで

  • brave actions the rest of the men could advance. Hawkins was told that his wound didn't look good,  

    勇敢な行動で残りの兵士は前進することができました。ホーキンスは彼の傷が良くないと言われました

  • although he seemed to think it was only a scratchWhen he was told to get on a boat and receive more  

    ただの傷だと思っているようでしたが。 船に乗ってもっと受け取れと言われた時には

  • medical attention, he replied, “I'm not doing  it, sir! I came here to kill Japs, not go home!” 

    診察を受けると、彼は「私はやっていません!」と答えた。私はジャップを殺すためにここに来たのであって 家に帰るために来たのではない!"

  • He didn't go home and decided to try and take out  an eighth gunner in a tower. He was shot again,  

    彼は家に帰らず、塔の中の第8砲手を討とうとした。彼は再び撃たれた。

  • but this time it was a bit more than a scratchHis last words to his fellow soldiers were,  

    しかし、今回は傷以上のものでした。 彼の仲間の兵士への最後の言葉は

  • Boys, I sure hate to leave you like this.” 7. Roy Benavidez

    "君たち、こんな風に置き去りにしたくないよ"7.ロイ・ベナビデス

  • 6 hours in hell, how does that sound to  you? That's what Mr. Benavidez experienced  

    地獄の6時間をどう思う?ベナビデス氏が経験したことだ

  • when he was fighting in the Vietnam War. The date was May 2, 1968, and a 12-man Special  

    ベトナム戦争で戦っていた時のことです。日付は1968年5月2日で、12人編成の特別

  • Forces patrol along with Vietnamese tribesmen were  patrolling the South Vietnamese-Cambodian border  

    ベトナムの部族と共に部隊が南ベトナム・カンボジア国境をパトロールしていました。

  • when they came up against what you might callbit of a problem. That was a 1,000-man-plus NVA  

    彼らはちょっとした問題に直面した時に 遭遇しましたそれは10000人以上のNVAだった

  • infantry battalion. Talk about being outnumbered. Benavidez wasn't actually in the 12-man unit  

    歩兵大隊のことだ多勢に無勢とはベナビデスは実際には12人の部隊にはいなかった

  • at the time, but when he heard about what had  happened he got in a helicopter and told the pilot  

    その時は、「私たちは、このようなことはしない」と言っていましたが、何が起こったかを聞いた時には、ヘリコプターに乗ってパイロットに伝えました。

  • to drop him close to the mix. When he was dropped  off he started running towards the fight, but was  

    を使って混戦に近いところで落とす。落とされた時、彼は戦いに向かって走り出しましたが

  • injured on the way in his face, head and leg. When he did get to the men, many of them were  

    途中で顔と頭と足を負傷しました彼が男たちのところに行ったとき、彼らの多くは

  • lying on the ground injured. Benavidez went to  their rescue and managed to get them on a Medevac  

    負傷して地面に横たわっていた。ベナビデスは彼らの救助に向かい、なんとか彼らを救急車に乗せることができました。

  • helicopter. But there was another important  mission, because one of the dead men was carrying  

    ヘリに乗っていました。しかし、もう一つ重要な任務がありました。なぜなら、死んだ男の一人が

  • classified documents. He couldn't allow those to  get in the hands of the NVA so he went back to  

    機密文書を手に入れることを 許すことが出来なかったので彼はそれをNVAの手に渡すことを 許すことができなかったので

  • get them, only as he did that the helicopter pilot  was shot and killed, causing the chopper to crash.  

    ヘリのパイロットが撃たれて殺され、ヘリが墜落する原因となったことを、彼がしたように、それらを手に入れるのです。

  • He went back to the now overturned helicopter  and got the injured men out of there. He took  

    彼は横転したヘリに戻り、負傷者を救出した。彼は

  • them to a safer place and tried to hide, hoping  the airstrike he had called would come soon

    彼らを安全な場所に避難させ、彼が呼んだ空爆がすぐに来ることを願って隠れようとした。

  • It didn't. But another helicopter  

    そうじゃないしかし、別のヘリが

  • did arrive. The question was, how to get the  injured men on that thing while under fire.  

    到着しました問題はどうやって負傷者を乗せるかだ

  • He did his best, ferrying some men on the  vehicle and killing one NVA in hand-to-hand  

    彼は最善を尽くして、車の中で何人かの男を渡して、NVAを一人殺した。

  • combat. He killed another two with his gun. He suffered severe injuries while all this  

    戦闘中に彼は銃で他の2人を殺した彼は重傷を負いました

  • was going on. He might have got the injured  men on the helicopter, but after that he  

    が行われていた。彼は負傷者をヘリに乗せたかもしれないが、その後、彼は

  • just collapsed in a bloody heap. A medic took  one look at him and thought it was game over,  

    血まみれになって倒れていました衛生兵が彼を見て ゲームオーバーだと思った

  • so he put Benavidez in a body bag and zipped  the thing up. As the zip got to the end of  

    彼はベナビデスをボディバッグに入れて ジッパーを上げたジッパーが

  • its journey Benavidez spat in the guy's face. Listen to this for a bunch of injuries. He had  

    ベナビデスは男の顔につばを吐いた怪我の束のために聞いてください彼が持っていたのは

  • suffered a collapsed lung, had major gunshot  wounds in his body, shrapnel in his head,  

    肺が崩壊していて、体に大きな銃創があり、頭に榴散弾がありました。

  • butt, feet, legs, scalp and shoulderIf that wasn't bad enough, he'd taken  

    尻、足、足、頭皮、肩。 それが十分に悪くないならば、彼は取った

  • great big bayonet slashes to both arms. He was first awarded the Distinguished  

    両腕に大きな銃剣の斬撃を受けた彼は最初にディスティングイッシュト

  • Service Cross and then in 1981 he was awarded the  Medal of Honor. Ronald Reagan was the president  

    兵役十字章を受章し、1981年には名誉勲章を受章。ロナルド・レーガンが大統領になったのは

  • at the time, and when talking about that day in  hell he said, “If the story of his heroism were  

    当時、その地獄の日の話をするときに、「もしも彼の英雄譚が

  • a movie script, you would not believe it.” Benavidez died in 1998, not because of his  

    "映画の台本を見たら 信じられないだろう"ベナビデスが死んだのは 1998年で 彼のせいじゃない

  • wartime injuries, but because  of complications of diabetes

    戦時中の怪我が原因ですが、糖尿病の合併症が原因です。

  • Can we beat that story? We think we can. 6. Charles Berry

    あの話に勝てるのか?出来ると思います6.チャールズ・ベリー

  • This is the arguably the saddest  story you'll hear in this show

    この番組で聞くことができるのは、間違いなく一番悲しい話です。

  • On March 3, 1945, Barry was part of a machine-gun  Crew, serving with the First Battalion,  

    1945年3月3日、バリーは第1大隊に所属していた機関銃乗組員の一員であった。

  • Twenty-Sixth Marines, Fifth Marine Divisionon Iwo Jima in the Volcano Islands. That night  

    第五海兵師団第二十六海兵隊 第五海兵師団 硫黄島のボルケーノ島でその夜

  • he was on the front line, nervously waiting  for a possible sneak attack by the Japanese

    彼は最前線にいて、日本軍の奇襲攻撃の可能性を神経質に待っていた。

  • That's exactly what happened. Just after the clock  struck midnight Japanese soldiers came out of the  

    まさにその通りだった。時計が真夜中になった直後に、日本軍の兵士が

  • dark and started throwing grenades at Berry and  his company who were all packed into a foxhole.  

    暗くなってきたので、狐穴に詰め込まれたベリーたちに手榴弾を投げ始めた。

  • Berry and the other men threw grenades back, but  to the horror of American soldiers one of those  

    ベリーたちは手榴弾を投げ返しましたが、アメリカ兵の恐怖のあまり、そのうちの1つを投げ返しました。

  • Japanese grenades landed right by them. Without  thinking, Berry jumped on it and by doing so  

    日本の手榴弾が彼らのすぐそばに着弾した。ベリーは何も考えずにそれに飛び乗り、そうすることで

  • saved his friends. We don't need to tell you that  he was awarded the Medal of Honor posthumously

    友人を救った彼が死後に名誉勲章を受章したことは言うまでもありません。

  • 5. Bryant Womack

    5.ブライアント・ウォマック

  • On March 12, 1952, Womack was involved  in a huge firefight somewhere in Korea.  

    1952年3月12日、ウォマックは韓国のどこかで大規模な銃撃戦に巻き込まれた。

  • What's different with this story is that he  wasn't one of the men shooting, rather he was  

    この話と違うのは、彼は銃を撃った男の一人ではなく、むしろ彼が

  • a medic that was attending to the injured men. As the only medic for that battalion it was  

    負傷者の手当をしていた衛生兵ですその大隊の唯一の衛生兵としてそれは

  • important that he didn't get hitbut unfortunately he did get hit,  

    彼が打たれなかったことが重要ですが、残念ながら彼は打たれてしまいました。

  • and hit pretty bad. Nonetheless, he carried  on treating the many injured men, knowing that  

    と、かなりひどく殴られた。それにもかかわらず、彼は多くの負傷者の治療を続けた。

  • he was their only hope. They were severely  outnumbered and were getting shot to pieces

    彼が唯一の希望だった数では劣勢に立たされていたし 銃撃されて粉々にされていた

  • Then the worst thing that could happenhappened. Womack was hit by a mortar and it  

    その時、最悪の事態が起こった。ウォマックは迫撃砲に撃たれて

  • blew his arm right off. He knew what would  happen if he didn't take care of himself,  

    腕を吹き飛ばした彼は自分を大切にしないと 何が起こるか知っていました

  • but instead of trying to save himself he  carried on attending to the injured soldiers.  

    しかし、彼は自分を救おうとせず、負傷した兵士の世話を続けた。

  • Before he died of blood loss he managed to  tell other men how to treat the injured

    失血で死ぬ前に、彼は何とか他の男に怪我人の治療法を伝えた。

  • He died while being carried  on a stretcher to safety

    担架で安全な場所まで運ばれている間に死亡した。

  • 4. Randy Shughart and Gary Gordon

    4.ランディ・シュハートとゲイリー・ゴードン

  • This was a double act and happened in  1993 at the Battle of Mogadishu, Somalia

    これは二番煎じで、1993年にソマリアのモガディシュの戦いで起こった。

  • Both these guys were snipers and the job  that they were given was to take out a  

    どちらも狙撃手で、与えられた仕事は

  • Somali warlord named Mohamed Farrah Aidid  and anyone that stood between him and them

    ソマリアの将軍モハメド・ファラー・エイディッドと彼との間に立っていた人たち。

  • During an operation to kill Aidid 's best  lieutenants, two Black Hawk helicopters  

    エイディッドの最高の中尉を殺すための作戦の間に、2つのブラックホークヘリコプター。

  • were shot down. You may have heard the words,  “Black Hawk Downat some point in your life

    は撃墜されました。ブラックホーク・ダウンという言葉を どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

  • As U.S. forces were trying to deal  with the first helicopter, the other,  

    米軍が最初のヘリを処理しようとしていた時、もう一機のヘリが来た。

  • Super 64, came crashing down. Both Shughart  and Gordon volunteered to head to the crash  

    スーパー64が墜落してきた。シュハートとゴードンが志願して 墜落現場に向かいました

  • site to search for survivors, despite being  outnumbered a thousand to one by local militias

    地元の民兵に千人にも劣るにもかかわらず、生存者を探すために

  • When they got there, all the men aboard the  helicopter were dead except for the pilot,  

    彼らが到着したとき、ヘリコプターに乗っていた男たちは、パイロットを除いて全員死んでいた。

  • Michael Durant, who was wounded but would  survive. Then the worse thing happened.  

    マイケル・デュラントは負傷していたが助かった。その後、悪いことが起こりました。

  • A mob of militants attacked the three menThey fought back as well as they could, but  

    暴徒が3人を襲った。 彼らは全力で反撃しましたが

  • the mob came at them in swarms. Both Shughart and  Gordon were killed, and Durant was taken hostage

    群衆が大群で押し寄せてきたシュハートとゴードンは殺され、デュラントは人質に取られた。

  • Durant was eventually released and he went  back home to the U.S where his wife and kids  

    デュラントは最終的に釈放され、妻と子供のいるアメリカに帰国した。

  • were waiting for him. Concerning what happened  that day he has said this, “Without a doubt,  

    が彼を待っていました。その日に起こったことについて、彼はこう言っています。

  • I owe my life to these two men and their  bravery...Those guys came in when they had to  

    私はこの二人の男たちと彼らの勇敢さに命を救われた。

  • know it was a losing battle. There was nobody else  left to back them up. If they had not come in,  

    負け戦だった他には誰も残っていなかったもし彼らが来なかったら

  • I wouldn't have survived.” 3. Ryan Pitts

    私は生きていなかっただろう"3.ライアン・ピッツ

  • July 13, 2008, Kunar Province, Afghanistan, and  Ryan Pitts is serving as a Forward Observer in 2d  

    2008年7月13日、アフガニスタンのクナル州、ライアン・ピッツは2dでフォワード・オブザーバーとして勤務しています。

  • Platoon, Chosen Company, 2d Battalion (Airborne),  503d Infantry Regiment, 173d Airborne Brigade

    小隊、第2大隊(空挺)、第503歩兵連隊、第173空挺旅団、第2大隊(空挺)、第2大隊(空挺)、第503歩兵連隊、第173空挺旅団。

  • What's unique about this story is that Pitts  was all alone at the start. He was positioned  

    この話でユニークなのは、最初はピッツが一人だったということです。彼は

  • at a remote post, protecting the Wanat Vehicle  Patrol Base. Early in the morning all hell broke  

    ワナト車両パトロール基地を保護しています早朝にすべての地獄が壊れました

  • loose when the base came under fire from over 200  Anti-Afghan Forces. They hit the base with small  

    基地は200人以上の反アフガン軍の砲撃を受けていた。彼らは基地に小さな

  • arms, machine guns and rocket-propelled grenades. Pitts tried his best to protect his fellow  

    武器、機関銃、ロケット弾の手榴弾。ピッツは仲間を守るために最善を尽くした

  • soldiers, but in doing that he was hit, suffering  severe injuries to his arms and legs. Still, he  

    しかし、その際に殴られ、手足に重傷を負ってしまいました。それでも、彼は

  • got up and opened fire. As the enemy got closerPitts understood that it was do or die. One at a  

    ピッツは立ち上がって発砲した敵が近づいてくると ピッツはやるか死ぬかだと理解しました一人ずつ

  • time, he pulled a pin on a grenade, then waitedwaited, and threw it so it exploded at the right  

    手榴弾のピンを引いて待って待って投げて右で爆発させた

  • time. In doing this he managed to hold them back. But he was so injured that he collapsed.  

    時間をかけてそうすることで、彼は彼らを引き止めることに成功しました。しかし、彼は大怪我をして倒れてしまいました。

  • On the ground, bleeding out, he still managed to  fire at the attackers. Two men came to his aid,  

    地面に倒れ、出血しながらも、彼は攻撃者に向かって発砲することができた。二人の男が彼を助けに来た。

  • and Pitts gave up his gun. Near death, he  then crawled to a radio and asked for back up.  

    とピッツは銃を手放した。死の間際、彼はラジオに這いつくばって援護を求めた。

  • He knew quite well that by making that  call he would be heard and killed

    彼は、その電話をかけることで、自分が聞かれて殺されることをよく知っていた。

  • Because of what he did he saved the base and saved  the lives of many men. He's alive and well today,  

    彼がやったことのおかげで、基地を守り、多くの人の命を救ったのです。彼は今日も元気に生きています。

  • working at the tech company, Oracle. 2. Vernon Baker

    テック企業のオラクルで働く2.バーノン・ベイカー

  • Baker did something extremely brave, something  you might have seen in a Hollywood movie

    ベイカーは、ハリウッド映画に出てくるような勇敢なことをした。

  • On April 5, 1945, with the second world war  almost over, Baker was a 2nd Lieutenant in the  

    1945年4月5日、第二次世界大戦がほぼ終結したとき、ベイカーは少尉として

  • army fighting in the mountains of Italy. There  his unit came under heavy machine gun fire and,  

    イタリアの山中で戦っていた彼の部隊は重機関銃の攻撃を受けていた

  • well, there wasn't much they could do about  it. They were up against a formidable enemy

    まあ、それについて彼らができることは多くはありませんでした。彼らは手ごわい敵に直面していた

  • Baker, knowing his men couldn't move, crawled  to one of the machine gun nests and killed  

    ベイカーは、部下が動けないのを知っていて、 機関銃の巣の一つに這いつくばって、 殺した。

  • the men in it. He then crawled over to an  observation post and killed the guys there

    その中の男たちをそして、展望台に這い上がり、そこにいた男たちを殺した。

  • He was by no means done. With some of his men, he attacked a structure  

    彼は決して終わっていなかった何人かの部下と一緒にある建物を攻撃した

  • where the enemy was shooting from, and then those  guys were dead. But there was still a big problem.  

    敵がどこから撃ってきたのかを確認して、その人たちは死んでいました。しかし、やはり大きな問題がありました。

  • Some enemy machine gunners were still firing  and some of Baker's guys were severely wounded  

    何人かの敵の機銃掃射手がまだ発砲していて、 ベイカーの仲間の何人かが重傷を負った。

  • and needed to get the hell out of there. What to do

    そこから抜け出す必要があったどうすればいいの?

  • He thought for a while and knew the answerAfter telling the other men about his plan  

    彼はしばらく考えて答えを知った。 他の男たちに自分の計画を話した後

  • he took a gun and purposely exposed himself  to the enemy. If they were firing at him,  

    彼は銃を手にしてわざと敵に身をさらしましたもし彼らが彼に向けて発砲していたら

  • the other guys would be able to escape. He  actually survived and helped save a lot of people.  

    他の連中は逃げられるだろう彼は実際に生き残って多くの人を救った。

  • Not only that, the next day he volunteered  to lead a battalion through a minefield

    それだけでなく、翌日、彼は志願して大隊を率いて地雷原を通過しました。

  • He didn't get the Medal of Honor until  1997, when he was 77 years old. It was  

    彼が名誉勲章を受章したのは 1997年 77歳の時ですそれは

  • agreed then that some African Americans  should have got the medal back in the day

    アフリカ系アメリカ人の中には、その日のうちにメダルを獲得している人もいるはずだということに同意した。

  • 1. Richard Nott Antrim This one is different from all of the others.

    1.リチャード・ノット・アントリム これは他のどれとも違う。

  • During the second world war Lieutenant  Antrim served on the ship the USS Pope.  

    第二次世界大戦中、アントリム中尉はUSSポープ号に乗船していました。

  • He helped sink a number of Japanese ships  and for that his captain said that he should  

    彼は多くの日本船の沈没に貢献し、そのために彼の船長は彼がすべきであると言われました

  • be commended for hismeritorious  performance of his several duties.” 

    "いくつかの職務の功労を称えられる"

  • But that's not why he received the Medal of Honor. During the Battle of the Java Sea in 1942,  

    しかし、彼が名誉勲章を受章した理由はそれではない。1942年のジャワ海の戦いの時に

  • the successful Pope met its end. It was  sunk and Antrim was injured. Nonetheless,  

    成功したローマ教皇はその最期を迎えた沈没してアントリムは負傷したそれにもかかわらず

  • he was a lodestone when it came to getting  the men on rafts and getting them supplies

    彼は部下をいかだに乗せて物資を調達する時には下駄箱のような存在だった。

  • This didn't mean he was out of troubleThe Japanese Navy picked him and other  

    これは、彼がトラブルから解放されたという意味ではありませんでした。 日本海軍は彼と他の

  • men up and took them as prisoners of war. As you might have heard, the Japanese could  

    兵士たちを捕虜にしたのです聞いたことがあるかもしれませんが、日本人は

  • be brutal at times to their POWsand that happened under the watch  

    時には捕虜にも残忍なことがあり、それは監視下で起こった。

  • of Antrim. One day he witnessed an American  POW being accused of not bowing to a guard  

    アントリムのある日 彼はアメリカ人捕虜が 看守に頭を下げなかったことで 責められているのを目撃した

  • and being told he was going to get 50 lashes. On the 15th lash the man was cut to pieces  

    50本の鞭打ちを受けると言われました15回目の鞭打ちで 男は切り刻まれた

  • and was unconscious. He would  not survive many more lashes

    意識を失っていた彼はもう何本もの睫毛を生き延びることはできないだろう。

  • Antrim stood up and said, “I'll take the  rest.” The Japanese were in shock. Antrim  

    アントリムが立ち上がって "残りは俺がやる "と言った。日本人はショックを受けた。アントリム

  • knew that 35 lashes might well end his lifeStill, he added, “I'll take the lashes.” 

    35本のまつげが彼の人生を 終わらせるかもしれないと知っていた それでも 彼は付け加えた 「私はまつげを取る」と

  • The Japanese soldiers kind of respected  him for this, and he didn't get lashed.  

    日本兵はそのことで彼をある意味尊敬していたし、鞭で打たれることもなかった。

  • That's not where his story ends, thoughbecause having gained this new respect  

    彼の物語はそこで終わるわけではありませんが、この新たな敬意を得たことで、彼の物語は終わります。

  • the Japanese listened to Antrim when he offered  them advice about building some trenches

    日本軍はアントリムが塹壕を作ることについてのアドバイスをした時、アントリムの言うことを聞いていた。

  • They allowed him to build the trenches the  way he wanted, not knowing that when he and  

    彼らは彼が望むように 塹壕を作ることを許した 彼と彼がいつ

  • his men were done from the air you could see the  letters, US. He did that so allied planes wouldn't  

    彼の部下は空から行われました... ...合衆国の文字を見ることができます彼はそれをしたんだ 連合軍の飛行機が

  • bomb the site, and by doing so he might have saved  hundreds of lives. If the Japanese had caught him,  

    現場を爆撃し、そうすることで何百人もの命を救ったかもしれません。もし日本人が彼を捕まえていたら

  • he would have lost his head for sure. Now you need </