Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Being able to navigate is an extraordinary gift,

    航海できるということは、並外れた才能です。

  • and there is nothing like it in the world.

    と、これほどのものは世界にはありません。

  • I get no more sense of satisfaction greater than leaving a port

    出港以上の満足感は得られない

  • and knowing that I can get my team and my boat

    自分のチームとボートを手に入れることができることを知り

  • safely from that port to another port,

    そのポートから他のポートへ安全に移動することができます。

  • maybe three, four, five, six thousand miles away.

    3,4,5,6,000マイル離れているかもしれない

  • Being at sea, for me, is ...

    私にとって海にいることは...

  • it's total freedom,

    それは完全な自由です。

  • and it is the ultimate opportunity to be you,

    そして、それはあなたがあなたであるための究極のチャンスです。

  • because you can't be anything else.

    他の何者にもなれないからだ

  • You are naked in front of your peers on a boat.

    船の上で仲間の前で裸になる。

  • It is a small area.

    狭い範囲です。

  • Maiden is 58 feet long.

    メイデンの長さは58フィート。

  • There's 12 women in a 58-foot boat.

    58フィートのボートには12人の女性が乗っています。

  • I mean, you are literally up against each other,

    文字通り対立しているんですね。

  • and so you have to be you.

    だから、あなたはあなたでなければなりません。

  • The greatest moment for me when I'm sailing

    セーリングをしている時の最高の瞬間

  • is the moment that the land disappears.

    は土地が消える瞬間です。

  • It's an indescribable moment of --

    何とも言えない瞬間で...

  • (Gasps)

    (あえぎ)

  • adventure and no turning back,

    冒険と後戻りできない

  • and just you and the boat and the elements.

    そして、あなたとボートとエレメントだけ。

  • I wish everyone could experience this at least once in their lives.

    誰もが人生で一度は経験してほしいと思います。

  • The further you get away from land,

    陸から離れれば離れるほど

  • the more you kind of fit into yourself.

    自分にフィットしていればいるほど

  • It is you,

    それはあなたです。

  • how do we get to the next place,

    どうやって次の場所に行くの?

  • how do we stay alive,

    どうやって生きていくか

  • how do we look after each other

    どうしたらいいか

  • and what do we do to get to the other side.

    と、あの世に行くためにはどうすればいいのか。

  • So the question I get asked the most when I go and do talks

    だから、話をしに行って一番聞かれるのは

  • is "How do you become an ocean-racing sailor?"

    は "どうやって海洋レースのセーラーになるのか?"

  • And that's a really good question.

    そして、それは本当に良い質問です。

  • And I've always wanted to say "I had a vision,

    そして、「ビジョンを持っていた」と言いたいと思っていました。

  • which became a dream,

    夢になった。

  • which became an obsession,"

    "夢中になった"

  • but, of course, life's not like that,

    が、もちろん人生はそんなものではありません。

  • and one thing I'm really anxious for people to know about me

    そして、私のことを知ってもらうために、本当に不安なことが一つあります。

  • is that my life hasn't gone from A to B --

    私の人生がAからBになっていないことだ

  • because how many people can say their lives just go from A to B;

    自分の人生はAからBへと進むだけだと言える人がどれだけいるだろうか。

  • they think, "I'm going to do this," and they go and do it?

    と思って実行に移すのでしょうか?

  • So I tell the truth.

    だから本当のことを言う。

  • And the truth is that I was expelled from school when I was 15 years old,

    そして、本当は15歳の時に退学になってしまったのです。

  • and my long-suffering headmaster sent a long-suffering note

    と長文の校長から長文の手紙が届きました

  • to my long-suffering mother,

    苦労している母に

  • basically saying that if Tracy darkens these doors of the school again,

    基本的には トレイシーがまた学校のドアを 暗くしたらと言っている

  • then we will call the police.

    そうしたら警察を呼びましょう

  • And my mum took me and she said,

    ママが私を連れて行って言ったの

  • "Darling, education is not for everyone."

    "ダーリン、教育は誰にでもあるものではない"

  • And then she gave me the best piece of advice anyone has ever given me.

    そして、彼女は今までの誰よりも優れたアドバイスをしてくれました。

  • She said, "Every single one of us is good at something,

    彼女は「一人一人が何かに長けている。

  • you just have to go and find what that is."

    "それが何なのかを探せばいい"

  • And at the age of 16, she let me go backpacking off to Greece.

    そして16歳の時、彼女は私をギリシャへのバックパッカー旅行に行かせてくれました。

  • I ended up working on boats, which was OK --

    結局ボートの仕事をすることになったが、それはそれで良かった -- {a1pos(110,268)} - Yahoo!

  • 17 years old, didn't really know what I wanted to do,

    17歳、自分が何をしたいのかよくわからなかった。

  • kind of going with the flow.

    流れに身を任せているようなものだ

  • And then on my second transatlantic,

    そして2回目の大西洋横断で

  • my skipper said to me, "Can you navigate?"

    船長が言ったんだ "航行できるか?"と

  • And I said, "Of course I can't navigate,

    と言ったら、「もちろんナビゲートはできません。

  • I was expelled before long division."

    ロングディビジョンの前に退学になりました。"

  • And he said, "Don't you think you should be able to navigate?

    そして、「航海できるようにならないといけないと思いませんか?

  • What happens if I fall over the side?

    横転したらどうなるの?

  • Stop being a bystander in your own life,

    自分の人生の傍観者になるのはやめてください。

  • stop looking at what you're doing

    目の前のことに目をつぶる

  • and start taking part."

    と言って、参加を開始します。

  • This day, for me, was the day that my whole life started.

    私にとってこの日は、私の人生の全てが始まった日でした。

  • I learned to navigate in two days --

    私は2日でナビゲートを覚えました。

  • and this is someone who hates numbers

    これは数が嫌いな人

  • and sees them as hieroglyphics.

    と、ヒエログリフとして見ています。

  • It opened up avenues and opportunities to me that I could never have imagined.

    想像もしていなかったような道や機会を開いてくれました。

  • I actually managed to get a ride on a Whitbread Round the World Race boat.

    実際にウィットブレッドの世界一周レースのボートに乗ることができました。

  • It was with 17 South African men and me.

    南アフリカの男性17人と私と一緒でした。

  • I was 21 years old,

    21歳の時のことです。

  • and it was the longest nine months of my life.

    人生で一番長い9ヶ月間でした。

  • But I went as a cook,

    でも、私は料理人として行きました。

  • I managed to survive until the end,

    なんとか最後まで生き延びることができました。

  • and when I got to end of this race,

    そして、このレースが終わった時には

  • I realized that there were 230 crew in this race,

    このレースには230人のクルーがいることに気がつきました。

  • and three women,

    と3人の女性。

  • and I was one of them.

    と私もその中の一人でした。

  • And I'm a lousy cook.

    料理も下手くそだし。

  • I'm a really good navigator.

    本当に良いナビゲーターです。

  • I think the second most profound thought in my entire life was:

    私の人生で2番目に深い考えだったと思います。

  • "No man is ever going to allow me to be a navigator on their boat, ever."

    "誰も私が航海士になることを 許してくれない"

  • And that is still the case today.

    そして、それは今日もそうです。

  • In 35 years of the Whitbread,

    ウィットブレッドの35年で

  • there's only been two female navigators that haven't been on an all-female cruise,

    女性の航海士は2人しかいませんでしたが、女性ばかりのクルーズに参加したことはありませんでした。

  • and that's how Maiden was born.

    と、メイデンはこうして生まれたのです。

  • That was the moment I thought, "I've got something to fight for."

    "私には戦うべきものがある "と思った瞬間でした。

  • And I had no idea that I wanted to have this fight,

    そして、この戦いをしたいと思っていたことは、全く考えていませんでした。

  • and it was something that I took to like a duck to water.

    と、それは私がカモのように水に取ったものでした。

  • I discovered things about myself that I had no idea existed.

    自分では考えもしなかったことを発見しました。

  • I discovered I had a fighting spirit,

    自分に闘志があることを発見しました。

  • I discovered I was competitive --

    私は自分が競争力があることを発見しました...

  • never knew that before --

    知らなかった

  • and I discovered my second passion,

    そして、第二の情熱を発見しました。

  • which was equality.

    平等であった。

  • I couldn't let this one lie.

    これは嘘をつくわけにはいきませんでした。

  • And it became not just about me wanting to navigate on a boat

    そして、それは私だけではなく、ボートで航海したいと思うようになりました。

  • and having to put my own crew together

    そして自分のクルーをまとめることになる

  • and my own team,

    と自分のチーム。

  • raise my own money, find my own boat,

    自分のお金を調達して、自分のボートを見つける。

  • so that I could be navigator.

    ナビゲーターになれるように

  • This was about women everywhere.

    これはどこにでもある女性の話でした。

  • And this was when I realized

    そして、これは私が気付いた時のことです。

  • that this was probably what I was going to spend the rest of my life doing.

    これが私の人生の残りの時間を 過ごすことになっていたのかもしれません

  • It took ages for us to find the money

    お金を見つけるのに時間がかかった

  • to do the 1989 Whitbread Round the World Race.

    1989年のウィットブレッド世界一周レースを行うために。

  • And as we looked at all the big,

    そして、すべての大きなものを見ていくうちに

  • multimillion pound, all-male projects around us,

    数百万ポンド、周りのオール男性プロジェクト

  • with their brand-new shiny boats designed for the race,

    レースのためにデザインされた新しいピカピカのボートを持って。

  • we realized this was not going to be us.

    私たちは、これが私たちではないことに気づいた。

  • We had to make this up as we went along.

    このままではいけないと思っていました。

  • No one had enough faith in us to give us this kind of money.

    こんなにお金をくれるほどの信仰心を持っている人はいませんでした。

  • So I mortgaged my house,

    だから家を抵当に入れた

  • and we found an old wreck with a pedigree,

    血統書付きの古い残骸を見つけました

  • an old Whitbread boat --

    古いウィットブレッドの船

  • it had already been around the world twice --

    すでに二度も世界を回っていた

  • in South Africa.

    南アフリカで。

  • We somehow persuaded some guy to put it on a ship

    どうにかして誰かを説得して船に乗せるようにした。

  • and bring it back to the UK for us.

    そして、私たちのためにイギリスに持ち帰ってください。

  • The girls were horrified at the state of the boat.

    艦娘たちはその様子にぞっとした。

  • We got a free place in a yard.

    庭に無料の場所を確保しました。

  • We got her up on the hard and we redesigned her,

    彼女をハードに起こして、デザインを変えたんです。

  • we ripped her apart,

    彼女を引き裂いた

  • we did all the work ourselves.

    すべて自分たちでやったんだ

  • It was the first time that anyone had ever seen women in a shipyard,

    造船所で女性を見たことがある人は初めてでした。

  • so that was quite entertaining.

    それはそれで面白かった

  • Every morning when we would walk in,

    毎朝、私たちが入ってくると

  • everyone would just gawk at us.

    誰もが私たちを見ていた

  • But it also had its advantages, because everyone was so helpful.

    でも、みんなが助けてくれたからこそのメリットもありました。

  • We were such a novelty.

    そんなノベルティでした。

  • You know, we got given a generator, an engine --

    発電機とエンジンがあって...

  • "Do you want this old rope?"

    "この古いロープが欲しいか?"

  • "Yep."

    "うん"

  • "Old sails?"

    "古い帆?"

  • "Yep, we'll have those."

    "そうだな、それを食べよう"

  • So we really made it up as we went along.

    だから、本当に、私たちはその通りに作り上げていったんですよ。

  • And I think, actually, one of the huge advantages we had was,

    そして、実は、私たちが持っていた大きな利点の一つがあったのだと思います。

  • you know, there was no preconceived idea

    先入観がなかったんだよ

  • about how an all-female crew would sail around the world.

    女性ばかりの乗組員が世界を航海する方法について。

  • So whatever we did was OK.

    だから何をしても大丈夫だった。

  • And what it also did was it drew people to it.

    そして、それは人々を惹きつけました。

  • Not just women --

    女性だけではなく

  • men, anyone who'd ever been told,

    男の人なら誰でも言ってたよ

  • "You can't do something because you're not good enough" --

    "自分がダメだから何もできない" -- {fnCloisterBlackfe120fs30}L{fnMSPGothicfe128fs14} - Yahoo!

  • the right gender or right race or right color, or whatever.

    性別が正しいとか人種が正しいとか色が正しいとか、何でもいいんです。

  • Maiden became a passion.

    乙女は情熱的になった。

  • And it was hard to raise the money --

    お金を集めるのも大変だったし...

  • hundreds of companies wouldn't sponsor us.

    何百社もの会社がスポンサーになってくれない

  • They told us that we couldn't do it,

    できないと言われました。

  • people thought we were going to die ...

    みんな死ぬと思っていた

  • You know, guys would literally come up to me and say,

    男の人たちは、文字通り私のところに来て、こう言うんです。

  • "You're going to die."

    "お前は死ぬんだ"

  • I'd think, "Well, OK, that's my business, it's not yours."

    "まぁいいか、それは俺の仕事だ、お前の仕事じゃない "と思ってしまう。

  • In the end, King Hussein of Jordan sponsored Maiden,

    結局、ヨルダンのフセイン国王がメイデンのスポンサーになった。

  • and that was an amazing thing --

    それは素晴らしいことだった...

  • way ahead of his time, all about equality.

    彼の時代の先を行く、すべての平等のために。

  • We sailed around the world with a message of peace and equality.

    平和と平等のメッセージを込めて世界中を航海しました。

  • We were the only boat in the race with a message of any kind.

    レースで唯一、何かしらのメッセージを持った船でした。

  • We won two legs of the Whitbread --

    我々はウィットブレッドの2本の足を獲得しました。

  • two of the most difficult legs --

    最難関の二本の脚--。

  • and we came second overall.

    と総合2位になりました。

  • And that is still the best result for a British boat since 1977.

    そして、それは1977年以来のイギリスのボートとしては、今でも最高の結果です。

  • It annoyed a lot of people.

    多くの人に迷惑をかけた。

  • And I think what it did at the time --

    その時にやったことは...

  • we didn't realize.

    私たちは気づかなかった

  • You know, we crossed the finishing line, this incredible finish --

    私たちはゴールラインを越えたこの信じられないようなゴールを...

  • 600 boats sailing up the Solent with us;

    600隻の船がソレント川を航行しています。

  • 50,000 people in Ocean Village chanting "Maiden, Maiden" as we sailed in.

    オーシャンビレッジの5万人が「メイデン、メイデン」と唱えながら出港しました。

  • And so we knew we'd done something that we wanted to do

    それで、自分たちがやりたいことをやったことがわかったので

  • and we hoped we'd achieved something good,

    そして、何か良いことを成し遂げたのではないかと期待していました。

  • but we had no idea at the time how many women's lives we changed.

    しかし、当時は何人もの女性の人生が変わったとは思いませんでした。

  • The Southern Ocean is my favorite ocean.

    南の海は大好きな海です。

  • Each ocean has a character.

    それぞれの海には個性があります。

  • So the North Atlantic is a yomping ocean.

    だから北大西洋はヤンチャな海なんですね。

  • It's a jolly, go-for-it, heave-ho type of --

    それは陽気で、それに向かって進んでいく、ヘーホータイプの...

  • have-fun type of ocean.

    楽しそうなタイプの海。

  • The Southern Ocean is a deadly serious ocean.

    南の海は致命的に深刻な海です。

  • And you know the moment when you cross into the Southern Ocean --

    南洋に渡る瞬間を知っていますか?

  • the latitude and longitude --

    緯度経度

  • you know when you're there,

    そこにいる時にはわかるだろう

  • the waves have been building,

    波が立ってきました。

  • they start getting big whitecaps on the top,

    彼らはトップに大きな白帽をつけ始めます。

  • it becomes really gray,

    本当に灰色になってしまいます。

  • you start to get sensory deprivation.

    感覚を奪い始めます。

  • It is very focused on who you are and what you are

    自分が何者であるか、自分が何者であるかに非常に焦点を当てています。

  • with this massive wilderness around you.

    この巨大な荒野を囲んで

  • It is empty.

    空になっています。

  • It is so big and so empty.

    こんなに大きくて空っぽなのに。

  • You see albatrosses swirling around the boat.

    アホウドリが船の周りを渦巻いているのが見えます。

  • It takes about four days to sail through their territory,

    彼らの領土を航行するのに約4日かかります。

  • so you have the same albatross for four days.

    4日間同じアホウドリを持っていることになります。

  • And they find us quite a novelty,

    そして、彼らは私たちを非常に目新しさを感じています。

  • so they literally windsurf off the wind that comes off the mainsail

    だから彼らは文字通りメインセイルから来る風をウィンドサーフィンしています。

  • and they hang behind the boat,

    そして、彼らはボートの後ろにぶら下がっています。

  • and you feel this presence behind you,

    あなたの背後にこの存在を感じるのです。

  • and you turn around,

    と言って振り向く。

  • and it's this albatross just looking at you.

    このアホウドリがあなたを見ているのよ

  • We sold Maiden at the end of the race --

    レースの最後にメイデンを売ってしまった--。

  • we still had no money.

    私たちはまだお金を持っていませんでした。

  • And five years ago, we found her,

    そして5年前に彼女を見つけた

  • at the same time as a film director decided

    映画監督が決定したと同時に

  • he wanted to make a documentary about Maiden.

    メイデンのドキュメンタリーを作りたいと言っていました。

  • We found Maiden,

    メイデンを見つけました。

  • she burst back into my life

    彼女は私の人生に戻ってきた

  • and reminded me a lot of things I had forgotten, actually,

    と、実は忘れていたことをたくさん思い出させてくれました。

  • over the years,

    何年にもわたって

  • about following my heart and my gut

    己の心と腹に従うことについて

  • and really being part of the universe.

    そして、本当に宇宙の一部であること。

  • And everything I find important in life,

    そして、私が人生で大切にしていることはすべて

  • Maiden has given back to me.

    乙女は私に恩返しをしてくれました。

  • Again, we rescued her --

    またもや彼女を救出した...

  • we did a Crowdfunder --

    クラウドファンダーをやってみた--。

  • we rescued her from the Seychelles.

    セーシェルから救出しました。

  • Princess Haya, King Hussein's daughter,

    ハヤ姫、フセイン国王の娘。

  • funded the shipping back to the UK and then the restoration.

    イギリスへの輸送資金を調達して、その後の修復を行いました。

  • All the original crew were involved.

    オリジナルのクルーは全員参加していました。

  • We put the original team back together.

    元のチームを元に戻しました。

  • And then we decided, what are we going to do with Maiden?

    そして、メイデンをどうするかを決めた。

  • And this, for me, really was the moment of my life

    これは私にとって本当に人生の瞬間でした

  • where I looked back on every single thing that I'd done --

    自分がしたことを一つ一つ振り返ってみたんだ

  • every project, every feeling,

    すべてのプロジェクト、すべての感情を

  • every passion, every battle, every fight --

    すべての情熱、すべての戦い、すべての戦い

  • and I decided that I wanted Maiden to continue that fight

    そして、私はメイデンにその戦いを続けて欲しいと思いました。

  • for the next generation.

    次世代のために。

  • Maiden is sailing around the world on a five-year world tour.

    メイデンは5年間のワールドツアーで世界を航海しています。

  • We are engaging with thousands of girls all over the world.

    私たちは世界中の何千人もの女の子と関わっています。

  • We are supporting community programs that get girls into education.

    私たちは、女の子が教育を受けるためのコミュニティプログラムを支援しています。

  • Education doesn't just mean sitting in a classroom.

    教育とは、教室に座っているだけではありません。

  • This, for me, is about teaching girls you don't have to look a certain way,

    私にとってこれは女の子に教えるためのもので、見た目を気にする必要はありません。

  • you don't have to feel a certain way,

    と感じる必要はありません。

  • you don't have to behave a certain way.

    決まった行動をしなくてもいいのです。

  • You can be successful,

    成功することができます。

  • you can follow your dreams

    夢を追うことができる

  • and you can fight for them.

    と、彼らのために戦うことができます。

  • Life doesn't go from A to B.

    人生はAからBへと進むものではありません。

  • It's messy.

    面倒くさいですね。

  • My life has been a mess from beginning to end,

    私の人生は最初から最後まで滅茶苦茶でした。

  • but somehow I've got to where we're going.

    でも何となく目的地に辿り着きました。

  • The future for us and Maiden looks amazing.

    私たちとメイデンの未来は素晴らしいものになりそうです。

  • And for me,

    私のためにも

  • it is all about closing the circle.

    輪を閉じることが全てです。

  • It's about closing the circle with Maiden

    乙女との輪を閉じることです

  • and using her to tell girls

    彼女を使って女の子に告白したり