Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • the Creek's Marina, the terrifying naval force of the Third Reich during World War Two, manned by over 800,000 soldiers at its peak with 22 of the particularly feared destroyer class vessels at its disposal.

    第二次世界大戦中の第三帝国の恐るべき海軍力、クリークのマリーナは、特に恐れられていた駆逐艦クラスの艦艇22隻を自由に操り、最盛期には80万人以上の兵士を従えていました。

  • Even one of these would be a formidable opponent.

    一人でも手ごわい相手になってしまう。

  • But several Nazi destroyer ship zeroing in on an allied convoy.

    しかし、ナチスの駆逐艦が連合軍の護衛艦に接近している。

  • Boy, you are really in trouble.

    坊や、本当に困っているんだな。

  • Today.

    今日は

  • A squadron of destroyers approach their prey, preparing for an easy victory until they see a huge shape on the horizon.

    駆逐艦の中隊が獲物に接近し、地平線上に巨大な姿を見るまで、楽勝に向けて準備をしていた。

  • A Nazi commander on the deck asks.

    デッキのナチス司令官が尋ねる。

  • Is that an iceberg?

    それは氷山か?

  • No, no, it couldn't possibly be.

    いやいや、そんなはずはない。

  • Wait, is that.

    待って、それは...

  • But then it's already too late for this hapless Vermont battalion, as dozens of British Spitfires and mosquito bombers seemed to spill out of this massive iceberg bombing and machine gunning the shocked Nazi destroyers into submission.

    しかし、この不幸なバーモント大隊には時すでに遅し、数十機の英国製スピットファイヤーや蚊遣り爆撃機がこの大規模な氷山爆撃からこぼれ落ちてきたようで、ショックを受けたナチスの駆逐艦を機銃掃射して服従させていました。

  • How is this possible?

    これはどうやって可能なのでしょうか?

  • Where did they all come from?

    みんなどこから来たの?

  • Where some of the Craig's marinas, most terrifying ships just brought to their knees by a rogue iceberg?

    クレイグのマリーナで最も恐ろしい船はどこだ?氷山に屈服させられたのか?

  • Well, not quite.

    まあ、そうでもないけど。

  • What we just described was the intended result of Project Tobacco, a crazy brainchild of the British military during World War Two, The Grand plan, an aircraft carrier made of ice project Tobacco was a piece of deranged military beauty.

    先ほど説明したのは、第二次世界大戦中のイギリス軍の狂った発想によるプロジェクト・タバコの意図した結果であり、氷のプロジェクト・タバコで作られた空母「グランド・プラン」は狂乱した軍事美の塊であった。

  • Two miles long, 200 ft deep and 300 ft wide across the beam.

    2マイルの長さ、200フィートの深さ、ビームを挟んで300フィートの幅があります。

  • The project Tobacco aircraft carrier could carry 200 Spitfires, 100 mosquito bombers, 404 British military officers and 3216 petty officers, soldiers and workers.

    プロジェクト タバコ空母は、200のスピットファイア、100の蚊爆撃機、404の英国軍将校と3216の小役人、兵士、労働者を運ぶことができました。

  • This icy beast would be around twice the size of your average aircraft carrier even today, and would be constructed with a practically magical New wonder material pie Crete, a frozen alloy constructed of 14% sawdust and 86% pure ice.

    この氷のような獣は、現在でも平均的な空母の約2倍の大きさで、実質的に魔法のようなニューワンダー素材であるパイ・クレタ(おがくず14%と氷86%の純氷でできた凍った合金)で作られているだろう。

  • The project tobacco aircraft carrier was a creation unlike anything military history has ever seen and would remain to be unlike anything ever seen again.

    プロジェクト・タバコ空母は、これまでの軍事史にはない創造物であり、今後もこれまでにないものであり続けるだろう。

  • You're probably wondering outcome.

    結果が気になるところでしょう。

  • I've never heard of this.

    これは聞いたことがありません。

  • That's because the hare brained plan never truly saw the light of day.

    それは、うさぎの頭脳計画が本当に日の目を見ることがなかったからだ。

  • But it doesn't make it any less fascinating.

    しかし、それだけでは魅力が減ることはありません。

  • It goes without saying that in addition to being some of history's biggest monsters, the Nazis were also huge weirdos, from the sickening experiments of mad men like Joseph Mengele to the absurd and often impractical under vata super weapons, Nazi military plans were quantifiable, crazy and sometimes to defeat crazy.

    歴史上最大の怪物であることに加えて、ナチスが巨大な変人であったことは言うまでもありません。ジョセフ・ゲイルのような狂人の気持ち悪い実験から、不条理でしばしば非現実的なアンダー・ヴァータ超兵器まで、ナチスの軍事計画は数値化可能で、狂っていて、時には狂ったものを倒すためのものでした。

  • You have to be a little crazy yourself.

    自分で頭がおかしくなっているのではないでしょうか。

  • The particular kind of crazy that fueled Project Tobacco came to us courtesy of one Mr Geoffrey Pyke.

    特定の種類の狂ったようにプロジェクトタバコを燃料にした 1人のジェフリー・パイク氏の好意で私たちに来ました。

  • Pyke was the kind of guy you'd love to have a beer with.

    パイクはあなたがビールを飲みたいと思うような男だったわ

  • Seeing as spearheading the creation of an iceberg aircraft carrier is only one of the many interesting things he did in his life.

    氷山型空母の創設を主導したことは、彼の人生の中で多くの興味深いことの一つに過ぎません。

  • He escaped a German internment camp in World War One.

    第一次世界大戦でドイツの収容所を脱出した。

  • After a near death experience, he spied on Nazi Germany despite being Jewish and thus an extreme danger to find out what the German people really thought of Hitler and worked on Operation Plow, which was an attempt to use another one of pikes wacky inventions to help liberate Norway from Nazi control.

    瀕死の体験をした後、彼はユダヤ人であるにもかかわらずナチスドイツをスパイし、ドイツ人がヒトラーをどう思っているのかを知るために極度の危険を冒し、ナチスの支配からノルウェーを解放するためにパイクスの奇抜な発明品のもう一つを使用しようとしたプラウ作戦に従事しました。

  • With the incredible resume of a prison breaker, rebel journalist, spy strategist and inventor, Pike made an extremely valuable friend, Admiral Louis Mountbatten.

    脱獄犯、反乱軍のジャーナリスト、スパイ戦略家、発明家という信じられない経歴を持つパイクは、ルイ・マウントバッテン提督という非常に貴重な友人を作った。

  • Mountbatten thought that Pike was a mad genius and believed that his strange strategic mind could be an asset to the British war effort.

    マウントバッテンは、パイクは狂った天才だと考え、彼の奇妙な戦略的思考はイギリスの戦争のための資産になり得ると信じていた。

  • Thankfully for Pike, Mountbatten was the chief of combined operations, a department of the British War office tasked with planning attacks on the Nazi forces in Europe.

    パイクにとってはありがたいことに、マウントバッテンは複合作戦の責任者であり、イギリスの戦局の一部門で、ヨーロッパにおけるナチス軍への攻撃計画を担当していました。

  • It was during his work on the aforementioned project Plow in the United States that Pike was hit by a bolt of inspiration.

    パイクが閃きの一撃を受けたのは、前述のアメリカでのプロジェクト「プラウ」に取り組んでいる最中だった。

  • They were running out of aluminum and steel and cultivating mawr of it was both time consuming and costly.

    彼らはアルミと鉄が不足していて、それのマウを育てるのは時間もコストもかかっていた。

  • But do you know what sturdy material is an awful lot easier to make?

    でも、頑丈な素材って、すごく簡単に作れるの知ってますか?

  • Ice ice could be manufactured for only a fraction of the energy it took to manufacture workable steel.

    氷の氷は、実用的な鋼を製造するのに必要なエネルギーのほんのわずかな量で製造することができました。

  • And numerous case studies had shown naturally occurring icebergs decimating thought to be unsinkable ships.

    そして、多くの事例研究では、不沈船と思われていた自然に発生する氷山を破壊することが示されていました。

  • If nine times out of 10 icebergs beat ships, Pike thought, why not make an iceberg ship hike was so enthusiastic about the idea that he didn't even wait to get back to England to share it, he wrote about his plans and sealed them in a diplomatic bag with a written note that was only to be opened and read by Louis Mountbatten.

    10個の氷山のうち9回が船を打つ場合は、パイクは思った、なぜ氷山船のハイキングを作るのではなく、彼もそれを共有するためにイギリスに戻って取得するために待っていなかったことを考えてとても熱狂的だった、彼は彼の計画について書いて、ルイ・マウントバッテンによって開かれ、読まれるだけであった書かれたノートと外交官の袋に封印しました。

  • Thea Admiral, who seemed to be enamored with the idea that Pipe came up with, immediately took the proposal to the British prime minister, Winston Churchill.

    パイプが思いついたアイデアに夢中になったようなテア提督は、すぐにイギリスの首相ウィンストン・チャーチルに提案を持ちかけた。

  • Churchill was apparently taken with the idea to and gave Pike in Mountbatten the go ahead to further explore the idea of an iceberg aircraft carrier.

    チャーチルはどうやらこのアイデアに感銘を受けたようで、マウントバッテンのパイクに氷山空母のアイデアをさらに探求するための前進を与えた。

  • This wasn't the first time a floating ice micro island for storing planes have been pitched as a similar concept was suggested by German scientist Dr Gorka all the way back in 1930 in every iteration.

    飛行機を保管するための浮氷マイクロアイランドが提案されたのは、これが初めてではありませんでしたが、似たようなコンセプトは1930年にドイツの科学者ゴルカ博士によって提案されました。

  • Since then, the idea had essentially been laughed off.

    それ以来、その考えは基本的に笑いものにされていた。

  • Hiking Mountbatten.

    マウントバッテンのハイキング。

  • We're the only ones crazy enough to actually go through with it.

    私たちだけがキチガイなのよ

  • But of course, for every crazy dreamer, you need some more down to earth experts to keep their feet on the ground.

    しかし、もちろん、すべての狂った夢想家のために、あなたは彼らの足を地につけておくためにいくつかのダウントゥアースの専門家が必要です。

  • Max Parachutes, a Nobel Prize winning molecular biologist, was brought in to assess the feasibility of Pikes Floating Ice Fortress.

    ノーベル賞を受賞した分子生物学者のマックス・パラシュートは、パイクス流氷要塞の実現可能性を評価するために連れてこられました。

  • Sadly for Pike, parents didn't see much merit in the idea, as natural icebergs have only a tiny portion of their overall surface area above the water and were prone to tipping.

    パイクのために悲しいことに、自然の氷山は水の上に彼らの全体的な表面積のほんの一部しかなく、傾く傾向があったので、両親はそのアイデアに多くのメリットを見ていませんでした。

  • While this isn't a problem for an iceberg, it would be a catastrophe for an aircraft carrier to make this whole idea work.

    氷山の問題ではないが、空母にしてみれば大惨事になりそうだが、この案を全てうまく機能させるにはどうすればいいのだろうか。

  • An entirely new substance would need to be created in that entirely new substance was piped Crete Pike's sub zero ice sawdust alloy.

    全く新しい物質は、その全く新しい物質がクレタパイクのサブゼロ氷のおがくず合金を配管したことで作成する必要があるだろう。

  • It was stronger, melted slower, and most importantly of all, was significantly more buoyant.

    強くて、溶けるのが遅くて、何よりも浮力がかなりありました。

  • Pike Creek also had the miraculously properties of being able to be carved like wood and set into shapes like metal, making it ideal for pikes ambitious construction project.

    パイク・クリークはまた、木のように彫られ、金属のような形にセットされることができるという奇跡的な特性を持っていたので、パイクの野心的な建設プロジェクトには理想的でした。

  • However, parrots once again found out potentially devastating drawback.

    しかし、オウムは再び潜在的に壊滅的な欠点を発見した。

  • The entire structure would sag, if not constantly cool.

    常に冷えていなければ、構造物全体がたるんでしまいます。

  • In order to solve this project, tobacco would need fitted external insulation and an interior ducting system and refrigeration plant.

    このプロジェクトを解決するためには、タバコは、フィットした外部断熱材と内部のダクトシステムと冷凍プラントが必要になります。

  • This would keep the carrier at a perpetually stable temperature and prevent potentially deadly sagging research on Project A Back again.

    これは、キャリアを恒久的に安定した温度に保ち、プロジェクトAの研究を再び行うことで、致命的なたるみを防ぐことができるでしょう。

  • The Pike Creek that made it possible continued in secret under the Smithfield meat Market in London, where Pike in Peru, its took advantage of the pre existing walk in meat freezers.

    それを可能にしたパイク・クリークは、ペルーのパイクがロンドンのスミスフィールド肉市場の下で秘密裏に続いていた、その肉の冷凍庫で事前に既存のウォークを活用した。

  • If it wasn't absurd enough already, the secret experiments were literally hidden behind a wall of hanging frozen meat.

    すでに十分に不条理ではなかったとしたら、秘密の実験は文字通り、吊り下げられた冷凍肉の壁の後ろに隠されていた。

  • But things were about to take another insane step forward.

    しかし、事態はまたもや非常識な一歩を踏み出そうとしていた。

  • A za coalition of British and Canadian engineers began constructing a large scale model in Jasper National Park of Alberta, Canada, even at only 60 by 30 ft, a minuscule fraction of the intended size of the final carrier.

    英国とカナダの技術者の連合は、カナダのアルバータ州のジャスパー国立公園で、最終的なキャリアの意図したサイズのわずか60×30フィートの大規模な模型の建設を開始しました。

  • The model still weighed around 1000 tons.

    このモデルはまだ1000トン前後の重さがありました。

  • Testing was rigorous, with the main areas of focus being nailing the proper insulation and refrigeration techniques to make project a backache seaworthy and the artillery and ballistics defense to keep it above water during battle.

    テストは、フォーカスの主な領域では、適切な断熱材と冷凍技術を釘付けにされていると厳しい、戦闘中に水の上にそれを維持するために、プロジェクトの背骨の耐航性と砲兵と弾道防衛を作るためにされています。

  • Grunt work of creating this huge model was performed by conscientious objectors to the war who didn't even know what they were making, though even the top brass behind this clandestine military project probably harbor doubts about what they were doing.

    この巨大な模型を作るのは、何を作っているのかも知らない良心的な戦争反対派の人たちだが、この秘密の軍事プロジェクトのトップでさえ、自分たちが何をしているのか疑問に思っているのだろう。

  • All except Jeffrey Pyke, the true believer behind it all.

    ジェフリー・パイクを除いて、すべての背後にある真の信者。

  • He was watching his crazy dream come to life in real time.

    彼は自分の狂った夢がリアルタイムで実現するのを見ていた。

  • However, in April of 1943 Pikes Dream Project ran into trouble.

    しかし、1943年4月、パイクス・ドリーム・プロジェクトはトラブルに見舞われた。

  • Parrots who had just discovered the perfect 14 to 86 sawdust ice ratio for Pike Creek back in the UK, gave the grim warning to Pike that they have no hope of hitting their 1944 deadline.

    イギリスに戻ってパイク・クリークのおがくずの氷の比率が14対86と完璧なことを発見したばかりのオウムは、1944年の期限に間に合う見込みはないとパイクに厳しい警告を与えました。

  • If tests were completed by May and the cost of project, the back was running into the multi million's, with mawr outlays for steel reinforcement and insulation around the hall.

    5月までにテストが完了し、プロジェクトのコストがかかるとすると、バックはホール周辺の鉄筋や断熱材のためのマウルの支出で、数百万ドルにも上っていた。

  • It was quickly becoming clear that if they comparatively tiny scale model was such a huge financial drain.

    それはすぐに彼らが比較的小さなスケールのモデルは、そのような巨大な財政的なドレインであった場合、明らかになってきた。

  • The rial thing would run up some truly monstrous costs.

    リアルのことは、本当に恐ろしいコストがかかるだろう。

  • The whole planning and production process played out kind of like a bizarre dark comedy during the 1943 Quebec Conference where leaders of the Allied forces gathered in Quebec.

    連合軍のリーダーたちがケベックに集結した1943年のケベック会議では、計画と製作のプロセス全体が、奇妙でダークなコメディのように展開されていた。

  • Ah, particularly strange incident played out.

    ああ、特に奇妙な事件が起きてしまった。

  • Prime Minister Winston Churchill and President Roosevelt gathered to see a demonstration of the strength and durability of Pike Creek from Lord Mountbatten.

    ウィンストン・チャーチル首相とルーズベルト大統領が集まり、マウントバッテン卿からパイク・クリークの強さと耐久性のデモを見た。

  • In order to show the two world leaders how resistant the Pike Creek was to conventional arms fire, he pulled out his service pistol and blasted it, sending the bullet ricocheting around the room, according to the diary of one of the witnesses field Marshall Allen Brooke.

    目撃者の一人であるフィールド・マーシャル・アレン・ブルックの日記によると、パイク・クリークが通常の武器による射撃にどれだけ耐性があるかを二人の世界の指導者に示すために、彼はサービス・ピストルを抜いて爆発させ、弾丸を部屋中に跳ね返らせたとのことです。

  • The bullet rebounded out of the block and buzzed round our legs like an angry be according to Max Peru.

    弾丸はブロックからはね返ってきて、マックスペルーによると怒っているように私たちの足の周りをブンブンと鳴った。

  • It's a similar Pike Creek ricochet Incident almost saw Alan Brooke shot again and combined operations headquarters back in England.

    それは似たようなパイククリークの跳ね返り事件だ アラン・ブルックが再び撃たれたのを見て イギリスに戻って作戦本部を統合した。

  • It was a little less saving Private Ryan in a little more Monty Python, but things were about to get a whole lot worse for Project a backup.

    それはもう少しモンティ・パイソンでプライベート・ライアンを保存することは少なかったが、物事はプロジェクト・バックアップのために全体の多くを悪化させようとしていた。

  • After the Canadian engineers said it was impossible to get the project, Tabaka carrier finished in 1944 Pike Superiors at Combined Operations headquarters felt they needed American funding and participation toe.

    カナダのエンジニアは、それがプロジェクトを取得することは不可能であったと述べた後、タバカキャリアは1944年に終了した複合作戦本部のパイクの上司は、彼らがアメリカの資金調達と参加つま先を必要と感じた。

  • Ever get this project finished?

    このプロジェクトを完成させたことは?

  • While the American government was willing to pitch in and get their own awesome iceberg aircraft carrier for their trouble, their involvement came with a pretty heavy caveat for one member of the team, Jeffrey Pyke, the man behind all this had to go while Lord Mountbatten was a big fan of pikes eccentric style and is off the walls ideas theme Erica forces were not.

    アメリカ政府はピッチで、彼らのトラブルのために彼ら自身の素晴らしい氷山の空母を取得するために喜んでいたが、彼らの関与は、チームの1つのメンバーのためのかなり重い注意事項が付属していたが、ジェフリー-パイク、このすべての背後にある男は、主Mountbattenがパイクエキセントリックなスタイルの大きなファンだったし、壁のアイデアテーマエリカの力ではなかったオフである間に行かなければならなかった。

  • He left a bad taste in their mouth after the failure of Project Plow, causing a rift between him and the United States Army personnel.

    彼はプロジェクト・プラウの失敗後、彼らの口に嫌な味を残し、彼と米軍関係者との間に溝を作った。

  • Some of the top brass at combined operations, such as Pike's old friend John Bernal, had also grown tired of the bizarre inventors antics and supported the motion to remove him from the project.

    パイクの旧友ジョン・バーナルのような複合作戦の幹部もまた、奇妙な発明家の戯言に飽き飽きしており、彼をプロジェクトから外す動議を支持していた。

  • Much to his dismay, Pike was removed and excluded from the project he'd conceived, and the work went on without him under the control of Bernal and Peru s.

    彼の落胆のあまり、パイクは彼が構想したプロジェクトから外され排除され、作品はバルナルとペルーの支配下で彼なしで進行しました。

  • As the demands placed on the project, tobacco aircraft carrier grew, the cost continued to grow with them.

    プロジェクトに置かれた要求として、タバコ空母は成長し、コストはそれらと一緒に成長し続けた。

  • The hull was made 40 ft thick to protect from torpedoes fired by German U boats.

    ドイツのUボートが発射した魚雷から守るために、船体は40フィートの厚さに作られていました。

  • The engineers had to figure out how to create a 100 ft rudder to steer the epic Berg ship spoilers.

    壮大なベルクの船のスポイラーを操縦するための100フィートの舵をどうやって作るか、エンジニアは考えなければなりませんでした。

  • They did not, and combined operations had to choose between Pikes original design or the three designs presented to them by the Canadian naval Architects and engineers.

    彼らはそうしなかったし、統合された操作は、パイクスのオリジナルデザインまたはカナダの海軍建築家やエンジニアがそれらに提示された3つのデザインのいずれかを選択しなければならなかった。

  • The whole project was becoming a chaotic mess, and criticisms from all sides were beginning to pile up.

    プロジェクト全体が混沌とした状態になり、各方面からの批判が積み重なり始めていました。

  • But the team persisted.

    しかし、チームは粘った。

  • Of course, effort and persistence can only take you so far, and not every seemingly great idea is destined to be fulfilled and practice The project.

    もちろん、努力と粘り強さは、あなたをここまでしか連れて行ってくれませんし、一見偉大に見えるアイデアがすべて達成され、実践される運命にあるわけではありません。 プロジェクトを実践します。

  • Tabaka carrier had some huge issues.

    タバカキャリアには大きな問題がありました。

  • For example, because of its insane size, the carrier would only be able to travel it around six knots per hour compared to the typical 30 knots of your standard aircraft carrier, the sheer amount of sawdust pulp it would take to create all the pie.

    例えば、その非常識なサイズのため、空母は、標準的な空母の典型的な30ノットと比較して、1時間あたり6ノットの周りにそれを移動することができるでしょう、それはすべてのパイを作成するために取るであろうおがくずのパルプの膨大な量。

  • Crete would have crippled al I paper production during the war, and the sheer cost of creating even one project tobacco aircraft carrier would equal the time, financial cost and re sources of constructing a whole fleet of more conventional ships.

    クレタ島は、戦争中にアルI紙の生産を不具にしているだろうし、1つのプロジェクトのタバコ空母を作成するためのコストは、より多くの従来の船の艦隊全体を構築するための時間、財政的なコストと再ソースに匹敵するだろう。

  • By December of 1943 it was finally concluded that project tobacco aircraft carriers were too expensive and too impractical to ever be fully conceived.

    1943年12月までに、最終的には、プロジェクト・タバコ空母はあまりにも高価で実用的ではないと結論づけられた。

  • Even Admiral Mountbatten, one of the first figures of the combined operations headquarters to believe in Pike's idea, finally withdrew from the project.

    パイクのアイデアを最初に信じた統合作戦本部の一人であるマウントバッテン提督でさえ、ついにプロジェクトから撤退した。

  • This was officially the end of Pikes Frosty Dreams, and sadly, it wasn't all that long before the end of him, too.

    これが正式にパイクスフロスティードリームスの終わりで、悲しいかな、彼の終わりもそう長くはなかった。

  • Jeffrey Pyke would take his own life with an overdose of sleeping pills in 1948 a mere five years after the end of his most strange and fantastical idea.

    ジェフリー・パイクは、彼の最も奇妙で幻想的なアイデアの終わりからわずか5年後の1948年に、睡眠薬の過剰摂取で自ら命を絶つことになる。

  • Over the course of three hot summers, the 60 ft prototype was melted back down to nothing.

    3つの暑い夏の間に、60フィートのプロトタイプは何もないところまで溶けてしまいました。

  • Could this incredible iceberg aircraft carrier have turned the tide of the war even sooner?

    この信じられないような氷山空母は、戦争の流れをもっと早く変えることができたのでしょうか?

  • Well, nobody can really know.

    まあ、誰にもわからないんですけどね。

  • As the last of the Axis Powers surrendered only two years later in 1945 the one thing can't be denied.

    枢軸国の最後の国がたった2年後の1945年に降伏したように......一つのことは否定できない。

  • While his life might have ended tragically and his ideas went down in history, Maura's curiosity is than life changing innovations the world needs and always has needed people like Geoffrey Pyke.

    彼の人生は悲劇的に終わったかもしれないし、彼のアイデアは歴史の中でダウンしたが、マウラの好奇心は、世界が必要とし、常にジェフリー・パイクのような人々を必要としてきた人生を変えるイノベーションよりもあります。

  • After all, if you wanna have a great idea.

    結局のところ、素晴らしいアイデアを持ちたいのであれば

  • Sometimes you need to be a little bit crazy.

    たまにはちょっとしたおかしさも必要ですよね。

  • Check out there Who fought alongside soldiers in World War Two and Mad Jack, a real life World War two madman for more crazy World War Two fax.

    第二次世界大戦の兵士とマッドジャック、より多くのクレイジーな第二次世界大戦ファックスのための実生活第二次世界大戦の狂人と一緒に戦った人がそこにチェックアウトしてください。

the Creek's Marina, the terrifying naval force of the Third Reich during World War Two, manned by over 800,000 soldiers at its peak with 22 of the particularly feared destroyer class vessels at its disposal.

第二次世界大戦中の第三帝国の恐るべき海軍力、クリークのマリーナは、特に恐れられていた駆逐艦クラスの艦艇22隻を自由に操り、最盛期には80万人以上の兵士を従えていました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 空母 プロジェクト 氷山 タバコ ナチス アイデア

ヒトラーを倒すために設計された氷山の空母 (Iceberg Aircraft Carrier Designed to Take Down Hitler)

  • 17 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 21 日
動画の中の単語