Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In December 1978, Chicago police were just  beginning to uncover the evidence of one of  the most heinous crimes their city had ever seen

    1978年12月、シカゴ警察は、彼らの街がこれまでに見たこともないような凶悪犯罪の証拠を暴き始めたばかりだった。

  • As body after body was pulled out from under the  floorboards of a seemingly ordinary suburban  home, investigators realized that they were  dealing with America's most evil serial killer

    一見普通の郊外の家の床下から次々と死体が引っ張り出され、調査員たちは、彼らがアメリカで最も邪悪な連続殺人犯を相手にしていることに気付いた。

  • John Wayne Gacy, also known as the Killer Clown,  had murdered more people than any one person  in U.S. history at that point in time.

    キラーピエロとしても知られるジョン・ウェイン・ゲイシーは、その時点でアメリカの歴史上、誰よりも多くの人を殺害していた。

  • John Wayne Gacy was a well-known and well-liked  figure in his suburban community North of Chicago.  

    ジョン・ウェイン・ゲイシーは、シカゴの北にある郊外のコミュニティでよく知られた人物でした。

  • He owned a successful construction businessattended church faithfully, and was involved in  the local Polish community.

    彼は建設業を営み、教会にも忠実に出席し、地元のポーランド人コミュニティにも参加していました。

  • He was married to his  second wife and seemed to be a devoted stepfather  to her 2 daughters.

    地元のポーランド人コミュニティで二人目の妻と結婚し、彼女の2人の娘に対して献身的な義父のように見えた。

  • Through his position as  a precinct captain for the Democratic Party,  Gacy had the opportunity to meet and be  photographed with First Lady Rosalynn Carter  in early 1978 - the very same year that  his horrific crimes would become public.  

    民主党の選挙区幹事を務めていたゲイシーは、1978年初旬にファーストレディのロザリン・カーター氏と会い、写真を撮られる機会に恵まれましたが、その年はまさに彼の恐るべき犯罪が公になる年でした。

  • At that time, though, Gacy was loved and admired  by his neighbours, friends and the police,  and had been known for hosting elaborate parties  for his entire neighborhood.

    しかし当時、ゲイシーは近所の人や友人、警察からも愛され、慕われていて、近所中で手の込んだパーティーを開くことで知られていました。

  • Gacy's alter-ego,  Pogo the Clown, was often a feature of these  parties, and neighbours recall that he seemed  to enjoy dressing up in his clown costume  and makeup and entertaining local children.

    ゲイシーの分身であるピエロのポゴは、これらのパーティーでよく登場し、近所の人たちは、彼がピエロの衣装と化粧をして地元の子供たちをもてなすのを楽しんでいたと記憶しています。

  • But underneath Gacy's idyllic suburban lifehe was hiding a dark past.

    しかし、ゲイシーののどかな郊外生活の下には、暗い過去が隠されていました。

  • Prior to moving to  Chicago, Gacy had been living in Iowa, where he  was arrested for assaulting 2 young men while his  first wife was in the hospital giving birth to his  child.

    シカゴに移る前、ゲイシーはアイオワ州に住んでいたが、最初の妻が病院で子供を出産している間に若い男性2人に暴行を加えたとして逮捕されていた。

  • He was sentenced to 10 years in prison, but  after serving 18 months in jail, a now-divorced  Gacy was released on parole and he received permission from the courts to relocate to Chicago  for a fresh start

    懲役10年の実刑判決を受けたが、18ヶ月間の服役の後、離婚したゲイシーは仮釈放で釈放され、再出発のためにシカゴへの転居の許可を裁判所から得ました。

  • Soon, though, Gacy's community  and the world at large would learn that these  secrets paled in comparison to the sadistic double  life that Gacy had been leading for years.

    しかし、すぐに、ゲイシーのコミュニティや世界は、これらの秘密が、ゲイシーが何年にもわたって過ごしていたサディスティックな二重生活と比べても遜色ないことを知ることになるでしょう。

  • After  telling his second wife that he was bi-sexual,  the two divorced in 1976, and Gacy, now free  to indulge his most sick and twisted fantasies,  

    彼はバイセクシャルであることを彼の2番目の妻に言った後、2人は1976年に離婚し、ゲイシーは彼の最も病んでねじれた空想にふけるために自由になりました。

  • soon learned that killing was more  satisfying to him than anything else,  and he would spend the next several years trying  to get hisfixin the most horrific ways.

    すぐに、殺すことが自分にとって何よりも満足感があることだということを知り、それからの数年間は、最も恐ろしい方法で自分の "癒し "を手に入れようとしていました。

  • It all started to unravel for Gacy with the  disappearance of Robert Piest.

    ロバート・パイストの失踪をきっかけに、ゲイシーについてのすべてが解明され始めました。

  • On December 11th,  1978, Robert's mother arrived to pick him up  from his shift at the pharmacy where he worked.  

    1978年12月11日、ロバートの母親が、彼がシフト制で働いていた薬局に彼を迎えに来ました。

  • When his shift ended, Robert told his mother  that he was going to talk to a man about a  potential construction job that would pay more  than double what he was making at the pharmacy.  

    シフトが終わると、ロバートは母親に、ある男性が薬局で稼いでいた給料の倍以上の給料が出る建設の仕事につかないかと相談されていると話しました。

  • He told her it would only take a few minutes, and  then they could go home and enjoy his mother's  birthday celebration.

    彼は母親に数分で済むし、その後は家に帰って母親の誕生日のお祝いを楽しもう、と言っていました。

  • She waited outside  the pharmacy, but Robert never came back.  

    彼女は薬局の外で待っていましたが、ロバートは戻って来ませんでした。

  • His panicked mother went home and returned to  the pharmacy with her husband, other children,  and the family's 2 German Shepards, but  they could find no sign of Robert.

    パニックに陥った母親は家に帰り、夫や他の子供たち、家族のジャーマンシェパード2頭を連れて薬局に戻りましたが、ロバートの姿は見当たりませんでした。

  • The  worried family then drove immediately to the  police station to report their son missing.

    心配した家族はその後、息子が行方不明になったことを報告するために、すぐに警察署に車を走らせました。

  • Lieutenant Kozenczak, whose son attended the  same high school as Robert, took their report.  

    コゼンザック中尉の息子がロバートと同じ高校に通っており 彼らの報告を受けました。

  • One of the first calls he made was to John Wayne  Gacy.

    彼が最初に電話をかけたのはジョン・ウェイン・ゲイシーでした。

  • Gacy's friends and neighbors may have been  oblivious to his dark past, but the police  were not.

    ゲイシーの友人や隣人は彼の暗い過去に気づかなかったかもしれませんが、警察はそうではありませんでした。

  • Not only were they aware of his past  convictions, but they had also received numerous  complaints about Gacy in recent years.

    警察は彼の過去の前科を知っていただけでなく、近年ではゲイシーに対する苦情も多数寄せられていたというのです。

  • In 1975,  after an employee of Gacy's construction  company went missing, the man's family  pleaded with police to investigate Gacybut their pleas were ignored.

    1975年には、ゲイシーの建設会社の従業員が行方不明になった後、男性の家族は警察にゲイシーの捜査を懇願しましたが、彼らの懇願は無視されました。

  • In 1976,  police had run surveillance on Gacy's home related  to the disappearance of a 9 year old boy, but they  were unable to build a case against him.

    1976年、警察は9歳の少年の失踪に関連してゲイシーの自宅を監視していましたが、事件を立件することはできませんでした。

  • In 1977,  a young man complained to the police about Gacy,  alleging that Gacy had kidnapped him at gunpoint  and assaulted him.

    1977年、ある若者がゲイシーについて警察に訴え、ゲイシーが銃を突きつけて誘拐し、暴行を加えたと主張しました。

  • Gacy was arrested, and even  admitted to his encounter with the young man, but  he claimed that it was consensual and prosecutors  declined to press charges.

    ゲイシーは逮捕され、青年との出会いも認めましたが、合意の上でのことだったと主張し、検察は告発を辞退しました。

  • Police were also  beginning to suspect that Gacy was behind a string  of complaints about a man named John who had been  cruising local parks and picking up young men,  many of whom seemed to disappear after their  encounter with John.

    警察はまた、地元の公園を巡回して若い男性をナンパしていたジョンという男に対する一連の苦情の背後にゲイシーがいるのではないかと疑い始めていましたが、その多くはジョンとの出会いの後に姿を消したように見えました。

  • Despite these incidents,  Gacy had managed to stay one step ahead of the  law so far, but his luck was about to run out.

    このような事件にもかかわらず、ゲイシーはこれまで法の一歩先を行くことに成功していましたが、しかし彼の運は尽きようとしていました。

  • After Robert's family made their missing person's  report, officers quickly realized that the man he  had gone to see about a construction job must have  been John Wayne Gacy - his construction company  had just recently finished a renovation job at  the very pharmacy where Robert had worked.

    ロバートの家族が行方不明者の報告をした後、役員はすぐに、彼が建設工事の仕事について見に行った男はジョン・ウェイン・ゲイシーで違いないと気が付きました - 彼の建設会社は、ロバートが働いていた薬局の改装工事を終えたばかりでした。

  • The  coincidence was too much to ignore, and this time  the police seriously considered Gacy as a suspect  in the disappearance of Robert Piest.

    偶然の一致はあまりにも無視できないもので、警察は今回のロバート・パイストの失踪事件の容疑者としてゲイシーを真剣に考えていました。

  • Little did  they know that this particular crime was just the  tip of the iceberg, and they were about to uncover  one of the most gruesome crime sprees in history.

    彼らはこの特定の犯罪が氷山の一角に過ぎないことを知らず、歴史上最も陰惨な犯罪の一つを暴こうとしていたのです。

  • Lieutenant Kozenczak contacted Gacy and asked him  to come into the police station for an interview.  

    コゼンザック警部補がゲイシーに連絡を取り、事情聴取のために警察署に来るように頼みました。

  • Gacy was cordial and agreed to come in, telling  officers he could be there within a half an hour.  

    ゲイシーは礼儀正しく、30分以内に行けると警官に伝えて出頭することに同意しました。

  • Hours went by with no sign of Gacy.

    数時間経ってもゲイシーの姿は見えませんでした。

  • Officers  were beginning to get suspicious when, at 3 a.m.,  Gacy suddenly appeared at the station.

    警官たちが不審に思い始めた午前3時頃、ゲイシーが突然署に現れました。

  • His arrival did little to calm their suspicions - Gacy was more than 4 hours late to his interview, and  when he arrived he was covered in mud and grime.  

    彼の到着は、彼らの疑惑を鎮めるためには少しも役に立ちませんでした。ゲイシーは約束に4時間以上遅刻し、到着したときには泥と汚れにまみれていました。

  • The officer that Gacy had come to see wasn't  available, so he was sent on his way.

    ゲイシーが会いに来た巡査がいなかったので、彼は送り返されました。

  • Later,  officers would learn that Gacy's car had been  towed from a snowbank near the Des Plaines River  at 2 a.m., immediately before he  arrived at the police station.

    その後、警察官はゲイシーの車が午前2時にデスプレーンズ川の近くの雪の堤防から牽引されていたことを知ることになるのですが、彼が警察署に到着する直前の午前2時のことでした。

  • Armed with this information, officers served  Gacy with a search warrant when he returned the  following day for his interview.

    この情報で武装した警官たちは翌日、彼が事情聴取のために戻って来た時に捜索令状をゲイシーに出しました。

  • He reluctantly  handed over his keys and was detained at the  station while officers searched his home.

    彼はしぶしぶ鍵を渡し、警官が家宅捜索をしている間に警察署に拘留されました。

  • Therethey found a receipt for a roll of film that  Robert's family confirmed belonged to him - police  concluded that Robert had been in Gacy's home,  but they could find no evidence of a crime, and so  Gacy was released and placed under surveillance.

    警察はロバートがゲイシーの家にいたと結論づけましたが、犯罪の証拠は見つからず、ゲイシーは釈放され監視下に置かれることになりました。

  • The next day, officers found a ring  that they linked to another missing boy,  and employees of Gacy's construction  company told police about 2 different  employees of Gacy's who had mysteriously gone  missing in recent months.

    翌日、警察は別の行方不明の少年と関連のある指輪を発見し、またゲイシーの建設会社の従業員は、ここ数ヶ月の間に謎の行方不明になったゲイシーの2人の別の従業員について警察に話しました。

  • A few days later,  Gacy had the audacity to invite the officers  on surveillance duty outside of his home inside  for a cup of coffee.

    数日後、ゲイシーは大胆にも自宅の外で監視任務にあたっていた警官をコーヒーを飲むために中に招待しました。

  • Once inside his home, both  officers noticed the unmistakable stench of death.  

    彼の家の中に入ると、2人の警官は紛れもない死の悪臭に気が付きました。

  • That same day, Gacy's lawyers filed a lawsuit  against the police department for harassment,  but before long Gacy would have much  bigger legal issues to worry about.

    その日のうちにゲイシーの弁護士がハラスメントを受けたとして警察署を訴えましたが、いつの間にかゲイシーはもっと大きな法律問題を抱えることになっていました。

  • While he was under 24-hour surveillance, officers  witnessed Gacy selling marijuana to a gas station  clerk, and they jumped on the opportunity  to arrest him.

    24時間監視下にいた時ゲイシーがガソリンスタンドでマリファナを売っているのを警官が目撃しています

  • While Gacy was in custody for  drug-related charges, police officers threaten to  tear up the floorboards in his home, prompting him  to admit to murder.

    ギャシーが麻薬関連の容疑で拘留されている間に警察官が自宅の床板を破り捨てると脅してきて殺人を認めさせました。

  • He tells officers that yeshe did kill a man in his home, but claims that it  was self defense.

    彼は警察に家で殺人を犯したことは認めるが、正当防衛だったと主張しました。

  • He shows police the exact spot  under his garage where he buried the body, and  during their search for this body, officers find  a trap door leading to a crawl space under Gacy's  home - inside, amid the terrible stench of decayofficers find parts of at least 3 other bodies.

    彼は 警察に死体を埋めた自分の車庫の下の正確な場所を教えて、死体の捜索中に警官がゲイシーの下の空間に通じるトラップのドアを見つけました。家の中では、腐敗のひどい悪臭の中で、警官は少なくとも他の3人の死体の一部を見つけました。

  • Once he realized that police had found the  first bodies, Gacy cracked. In a rambling,  hours long confession in which he  referred to himself in the 3rd person,  

    警察が最初の死体を発見したことに気づくと、ゲイシーは口を開いた。漫然とした口調で。3人称で自分のことを語った数時間に及ぶ告白。

  • Gacy told police thatJohnorJackhad killed  at least 32 young men, and that he had buried 27  of the bodies on his property and had disposed  of the rest, including the body of Robert Piest,  in the Des Plaines River.

    ゲイシーは警察に、「ジョン」または「ジャック」が少なくとも32人の若者を殺し、27人の若者を埋めたと話しました。ロバート・ピエストの遺体を含む 残りの遺体は処分しました

  • In fact, Gacy had been  dumping Robert's body in that same river on the  night he was towed out of the snowbank before he  showed up at the police station covered in mud.

    デ・プレインズ川に実際、ゲイシーはロバートの遺体をその同じ川に捨てていました。夜、彼は泥まみれになって警察署に現れる前に雪渓から曳き出されました。

  • Gacy was charged with the murder of Robert  Piest, although police had yet to find his  body.

    ゲイシーは ロバート・パイスト殺害の容疑で起訴されましたが 警察はまだ彼を見つけていませんでした

  • By January 8th, 1979, police had  uncovered the remains of 29 bodies,  but only 7 had been positively identified.

    1979年1月8日までに警察は29人の遺体を発見したが、7人しか身元が特定できませんでした。

  • Gacy  was charged with the murders of 7 young men  as police continued their efforts to identify the  rest of his victims.

    警察が残りの被害者の身元を突き止めようと努力を続ける中、ゲイシーは7人の若者の殺害容疑で起訴されました。

  • Parents of missing boys from  around the world contacted the Chicago police to  find out if their sons among Gacy's victims, and  forensic specialists and dentists were called in  to help identify the bodies using dental records,  which, in the time before DNA testing, was the  most reliable method of identifying victims.  

    警察は残りの犠牲者の身元を確認するために 努力を続けています行方不明の少年の両親は世界中の人々がシカゴ警察に連絡してゲイシーの被害者の中に自分の息子がいるかどうかを調べた。 法医学の専門家と歯科医が呼ばれ、歯の記録を使って遺体の身元を確認しました。 DNA検査が行われる前の時代には、被害者を特定する最も信頼性の高い方法でした。

  • In April 1979, a Grand Jury indicted  Gacy on a total of 33 murders - the  largest number attributed to one  person in U.S. history at that time.

    1979年4月、大陪審は合計33件の殺人事件でゲイシーを起訴した。当時のアメリカ史上最大殺人者数の一人でした。

  • Throughout this, Gacy continued to give interviews  to the police, and even described his first murder  to officers in gruesome detail.

    その間もゲイシーは警察の事情聴取を続け、初の殺人事件を警官たちに残酷なまでに詳細に説明していました。

  • He admitted that  he had stabbed his victim to death in his bedroom,  before burying him in the crawlspace, and police  found a large blood stain on the underside  of the bedroom carpet that matched his story.

    彼は被害者を床下空間に埋める前に寝室で刺し殺したことを認め、警察は寝室のカーペットの下側に大きな血痕があり、それが彼の話と一致したことを発見しました。

  •  Investigators also found a red light and a police  radio in Gacy's car, prompting them to conclude  that he had posed as a police officer in order  to kidnap his victims.

    捜査官はまた、ゲイシーの車から赤信号と警察無線を発見し、被害者を誘拐するために警察官を装っていたと結論づけました。

  • As the trial date loomedpolice still had not found Robert Piest's body,  but they had found his jacket under  the floor of Gacy's laundry room.

    裁判の日が近づくにつれ、警察はまだロバート・パイストの遺体を発見していなかったが、ゲイシーのランドリールームの床下から彼の上着を発見しました。

  • In January 1979, during the height of the  investigation into the Killer Clown, the Chicago  Metropolitan Clown Guild held a press conferencestating that the Gacy investigation was negatively  impacting the city's professional clowns.

    1979年1月、キラーピエロへの捜査の高潮の中、シカゴ・メトロポリタン・ピエロ・ギルドは記者会見を開き、ゲイシーの捜査が街のプロのピエロに悪影響を与えていると述べました。

  • Parents  were too afraid to have their children near a  clown after the details of Gacy's crimes and his  alter-ego Pogo the Clown were made public.

    ゲイシーの犯罪の詳細と彼の分身であるピエロのポゴが公開された後、親たちは子供をピエロに近づけることを恐れていました。

  • Gacy's  friends and neighbours recalled that he frequently  joked about howclowns can get away with murder”,  though at the time they thought he was referring  to his tendency to grope women while in costume.

    ゲイシーの友人や隣人は、彼が頻繁に「ピエロは殺人罪で逃げられる」と冗談を言っていたことを思い出しましたが、当時は衣装を着ている間に女性に性的な行為をする傾向があることを指していると考えられていました。

  • Gacy's trial began on February 6th, 1980.

    ゲイシーの裁判が始まったのは1980年2月6日。

  • Due to  the graphic nature of the crimes and the evidence,  the judge banned anyone under the age of 16 from  the courtroom.

    犯罪の生々しい性質と証拠のため、裁判官は16歳未満の者を法廷から退出させました。

  • Gacy, who was facing the death  penalty, pled not guilty to the charges and his  lawyers attemptted to launch a defence based on  insanity, but after a 5 week trial, it took the  jury just 2 hours to find John Wayne Gacy guilty  of the heinous murder of 33 young men.

    死刑に直面していたゲイシーは無罪を主張し、弁護団は心神喪失に基づく弁護を試みたが、5週間の裁判を経て、ジョン・ウェイン・ゲイシーが33人の若者を殺害した凶悪な殺人事件の有罪判決を下すのにわずか2時間しか必要ありませんでした。

  • State  Attorney Bernard Carey was quoted as saying  “He certainly qualifies for the death penaltyIf he doesn't, who does?”

    バーナード・キャリー州検事は "彼は確かに死刑を受ける資格がある、そうでなければ 誰が死刑に値するのか?" と述べています。

  • Gacy was sentenced to  death by lethal injection, and sent to Menard  Correctional Center to await his execution.

    ゲイシーは致死量刑で死刑を宣告され、メナード矯正センターに送られて処刑を待つことになりました。

  • Gacy would spend the next several years on death  row while his automatic appeals were exhausted.  

    ゲイシーはその後数年を死刑囚として過ごすことになるが、その間の自動上訴は尽きていました。

  • During his time on death row, Gacy took  up art, painting numerous creepy pictures  of, of course, clowns.

    死刑囚の間、ゲイシーは美術を始め、ピエロの不気味な絵を数多く描きました。

  • Several of Gacy's  paintings were auctioned off along with  other inmates' art to raise money  to buy art supplies for prisoners.  

    ゲイシーの絵のいくつかは、他の受刑者の美術品と一緒に、受刑者のための美術品を購入するための資金を調達するために競売にかけられました。

  • Years later, after Gacy's death, two local  businessmen purchased 30 of these paintings,  and invited the families of his victims  to destroy them in a public bonfire.

    数年後、ゲイシーの死後、地元の実業家2人がこれらの絵画30点を購入し、被害者の家族を招待して公共の火葬場で焼き払いました。

  • After nearly 15 years on death row, all of Gacy's  appeals were exhausted, and his execution date was  set for May 10th, 1994.

    15年近く死刑囚として服役していたゲイシーの上訴はすべて打ち切られ、死刑執行日は1994年5月10日に設定されました。

  • Gacy's last meal consisted  of fried shrimp, a pound of fresh strawberries  and a bucket of KFC chicken with fries - prior  to his murder spree and subsequent incarceration,  Gacy had actually managed 3 KFC restaurants owned  by his former father-in-law.

    ゲイシーの最後の食事は、エビフライと新鮮なイチゴ1ポンド、そしてバケツ1杯のKFCチキンとフライドポテトでした。 殺人事件とその後の投獄の前に、ゲイシーは元義父が経営していたKFCレストラン3店舗を実際に経営していました。

  • As he was strapped  to the gurney awaiting his execution, Gacy was  asked if he had any last words.

    担架に縛り付けられて処刑を待っている時、ゲイシーは最後に何か言葉はないかと聞かれました。

  • He snarled at  his executioners: “Kiss my ass”, and at 12:58  a.m., he was executed by lethal injection.

    死刑執行人に向かって"Kiss my ass "と唸り、午前12時58分に致死注射で処刑されました。

  • At the time of Gacy's execution, only 26 of  his 33 victims had been positively identified.  

    ゲイシーの処刑時には、33人の被害者のうち26人しか身元が特定されていませんでした。

  • The advent of DNA testing helped police  identify more of Gacy's unknown victims,  including the 2011 identification of William  George Bundy, a Chicago man who told his family  he was going to a party, and was never seen  again.

    DNA検査の出現により、警察はゲイシーの知られざる被害者をより多く特定することができました。2011年には、家族にパーティーに行くと言っていたシカゴのウィリアム・ジョージ・バンディの身元が確認されましたが、その後は目撃されていませんでした。

  • To this day, 6 victims of the killer  clown remain unidentified.

    今日に至るまで、6人のピエロ殺しの犠牲者が身元不明のままです。

  • As a direct result  of Gacy's unthinkable crimes, Chicago police  spearheaded the creation of a computerized  database of missing and murdered children  and youths to make it easier for various police  departments across the country to communicate  and share information in the hopes that  similar crimes could be avoided in the future.

    ゲイシーの想像を絶する犯罪の直接の結果として、シカゴ警察は行方不明児童・殺人児童のコンピュータ化されたデータベースの作成を主導しました。 全国の様々な警察署がコミュニケーションを取りやすくするために と情報を共有することで、将来的に類似の犯罪が回避されることを期待しています。

  • John Wayne Gacy brutally murdered 33 young men  and buried their bodies under the floorboards of  his home.

    ジョン・ウェイン・ゲイシーは33人の若者を残忍に殺害し、自宅の床板の下に遺体を埋めました。

  • He had appeared to be a successful  businessman and a pillar of his community,  but neighbours would soon learn  that appearances can be deceiving.  

    彼は成功した実業家のように見えて、地域社会の柱になっていたが、近所の人たちはすぐに、外見に惑わされていたことを知ることになりました。

  • Hiding behind the facade was America's most evil  serial killer, John Wayne Gacy, the Killer Clown.

    その影に隠れていたのは アメリカで最も邪悪な連続殺人鬼 ジョン・ウェイン・ゲイシー 殺人ピエロだったのです。

  • Now go watchWho Are the Most Evil Serial Killers  in America?”, or watch this other video instead!

    今すぐ「アメリカで最も邪悪な連続殺人犯は誰か」を見るか、このビデオを見てください。

In December 1978, Chicago police were just  beginning to uncover the evidence of one of  the most heinous crimes their city had ever seen

1978年12月、シカゴ警察は、彼らの街がこれまでに見たこともないような凶悪犯罪の証拠を暴き始めたばかりだった。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 警察 ロバート ピエロ 殺人 死刑 警官

殺人ピエロ「ジョン・ウェイン・ゲイシー」とは

  • 95 3
    Summer に公開 2020 年 10 月 16 日
動画の中の単語