Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Vlad the Impaler was a fifteenth century historical ruler with a well-earned reputation for savagery.

    ヴラド・ザ・インパラーは15世紀の歴史上の支配者で、残忍さのために評判を得ていた。

  • Even hearing the name conjures up two grisly images: Thousands of screaming innocents impaled

    その名を聞いただけでも、2つの残酷なイメージが浮かんでくる。何千人もの叫び声をあげている罪のない人々が 突き刺されている

  • on giant wooden spikes in the fields of Eastern Europe, and shadowy Transylvanian noblemen

    東欧の野原には巨大な木の棘があり、トランシルヴァニアの貴族には影があります。

  • drinking blood in decrepit old castles.

    老朽化した古城で血を飲む

  • But, there's an awful lot more to this brutal Wallachian ruler than fanciful legends about

    しかし、この残忍なワラキアの支配者には、空想上の伝説以上のものがあります。

  • ancient counts and bloodthirsty vampires.

    古代の伯爵と血に飢えた吸血鬼。

  • So, let's strip away the terrifying myths and reveal the even darker truths behind Vlad

    では、恐るべき神話を剥ぎ取り、ヴラドの背後にあるさらに暗い真実を明らかにしていきましょう。

  • The Impaler, thought by many to be one of the evillest men of all time.

    インペラーは 史上最も邪悪な男の一人と 思われている

  • By some accounts, his total number of victims rises as high as 100,000 - many of which were

    犠牲者の総数は10万人とも言われていますが、その多くは

  • killed in unimaginably horrific ways, and overseen personally by Vlad himself.

    想像を絶するほど恐ろしい方法で殺され、ヴラド自身が個人的に監督しています。

  • Vlad's forces were never the largest, often coming in at around 24,000 strong, but he

    ヴラドの軍勢は最大ではなく 24,000人程度であったが

  • compensated for this by building a brutal reputation across all of Eastern Europe as

    これを補うために、東欧全体での残忍な評判を確立することで

  • a man who must be feared and respected on pain of death.

    死を恐れ敬わなければならない男

  • To be captured by Vlad's forces often meant being tortured to death with extreme prejudice,

    ヴラドの軍隊に捕まることは、しばしば極端な偏見を持って死ぬまで拷問されることを意味します。

  • and mounted like a trophy outside his territory to scare off any encroaching enemies.

    侵入してくる敵を追い払うために、トロフィーのように領地の外へと持ち出しました。

  • If you were lucky, he'd kill you before the worst of the mutilation began, but few

    運が良ければ最悪の事態が始まる前に殺されるだろうが、ほとんどいない

  • people who fell into the clutches of Vlad the Impaler could count themselves as lucky.

    ヴラド・ザ・インペラーの手に落ちた人々は 幸運だったと数えられる

  • This is a man so bloodthirsty that rumours circulated about him literally drinking the

    この男は血に飢えていて、文字通り

  • blood of his slain enemies, believing it would grant him strength.

    殺害された敵の血が彼に力を与えてくれると信じていた。

  • While doubt has been cast about whether he actually ever dipped his bread in the blood

    疑いの目が向けられていますが、実際にパンを血に浸したことがあるのかどうかは

  • of his impaled victims, it's a testament to his character that stories like these are

    このような物語があるのは、彼の性格を物語っているからです。

  • entirely believable, considering he made a habit of looting, burning, and slaughtering

    殺戮の常習犯と考えれば納得がいく

  • whole cities if their inhabitants dared to defy him.

    住民が彼に逆らうようなことがあれば、街全体がそうなってしまう。

  • If he ever actually did drink blood, it probably wouldn't even rank among the top ten of

    もし彼が実際に血を飲んだとしたら、おそらくトップ10にも入らないだろう。

  • his most awful atrocities.

    彼の最もひどい残虐行為

  • Especially considering other acts on this list include running people through on huge

    このリストの他の行為を考慮すると、特に、巨大な

  • wooden spikes, total dismemberment, and in some cases even skinning enemies alive.

    木のトゲ、完全にバラバラにして、場合によっては生きたまま敵の皮を剥ぐこともあります。

  • For a man who practically seemed like a monster in human skin, you're probably wondering

    人間の皮を被った怪物のように見えた男にとって、あなたは疑問に思っているでしょう。

  • how he could rise to power?

    どうやって権力を握ったのか

  • Well, like many of history's most terrifying rulers, Vlad the Impaler was quite literally

    歴史上最も恐ろしい支配者の多くがそうであるように ヴラド・ザ・インパラーは文字通り

  • born into it.

    そこに生まれた

  • Born in Wallachia – a historical region in modern Romaniabetween 1428 and 1431,

    1428年から1431年の間に、ルーマニアの歴史的な地域であるワラキアに生まれる。

  • Vlad the Impaler was actually the third Vlad of the House of Drăculești.

    ヴラドは実はドラști家の3番目のヴラドだった。

  • That's a name that probably rings a bell, thanks to Irish gothic horror writer Bram

    アイルランドのゴシックホラー作家のブラムのおかげで、おそらくベルを鳴らしている名前です。

  • Stoker, but we'll get back to that.

    ストーカーだが、話はまた今度。

  • Back during Vlad III's era, Wallachia was caught between two ruling familieshis

    ヴラド3世の時代、ワラキアは2つの支配者の間に挟まれていました。

  • own, the Drăculești, and a rival house of nobles, the House ofnești.

    自家のDăneștiと敵対する貴族のDănești家。

  • These families both descended from the House of Basarab, who founded Wallachia, leaving

    これらの家系は共にワラキアを建国したバサラブ家の子孫であり

  • their descendants with a claim to the throne over which many bloody, Game-of-Thrones-style

    皇位継承権を持つ子孫

  • wars were fought.

    戦争が行われました。

  • Vlad the Impaleror Vlad Tepes, as he was known in his native tonguewas the

    ヴラド・テペスは、彼の母国語で知られているように、インパラーであった。

  • son of Vlad of Wallachia, aka Vlad II, aka Vlad Dracul.

    ワラキアのヴラドの息子、別名ヴラド2世、別名ヴラド・ドラキュール。

  • That last one meansVlad The Dragon”, a name he earned from being part of The Order

    最後の一つは "ヴラド・ザ・ドラゴン "という意味で、彼は騎士団の一員であることから得た名前です。

  • of the Dragon – A group dedicated to protecting Christianity from the perceived threat of

    of the Dragon - キリスト教の脅威からキリスト教を守るために活動しているグループ。

  • the Muslim Ottoman Empire based in Turkey.

    トルコに本拠地を置くイスラム教のオスマン帝国。

  • The nameDracula”, often attached to Vlad the Impaler, doesn't have anything

    ヴラド・ザ・インパラーによく付けられている「ドラキュラ」という名前には、何もありません。

  • to do with vampirism oras some other scholars suggest - Satanism.

    ヴァンピリズムや他の学者が示唆しているように、悪魔崇拝と関係があるのではないでしょうか。

  • It actually meansSon of the Dragon.”

    実際には「ドラゴンの息子」という意味です。

  • The name proved to be prophetic, as Tepes would take after his father as a legendary

    テペスは父の後を継いで伝説的な人物となり、その名は予言的なものであることが証明された。

  • military leader.

    軍事指導者。

  • When you're a ruler, especially a ruler of an embattled territory like Wallachia,

    支配者、特にワラキアのような袂を分かった領土の支配者になると

  • it's important to build yourself a strong reputation.

    自分の評判を上げることが大切です。

  • If you wanted to be taken seriously, the fastest way to do that is to make a grisly example

    真面目に受けようと思ったら、一番手っ取り早いのはグリグリ例を出すこと

  • of someoneand thankfully for Vlad, he was an expert at making grisly examples, particularly

    ヴラドにとってはありがたいことに、彼は悲惨な例を作るのが得意だった。

  • of the Transylvanian Saxons.

    トランシルヴァニア・サクソン人の

  • These Saxons, unlike the British Anglo-Saxons, were German migrants and traders who'd settled

    これらのサクソン人は、イギリスのアングロサクソン人とは異なり、定住していたドイツからの移民や貿易人でした。

  • in the area after it was conquered by Hungary in the 12th Century.

    12世紀にハンガリーに征服された後、この地域の

  • Vlad's first point of contention with the Saxons was a religious difference: The Saxons

    サクソン人との論争の最初のポイントは、宗教的な違いでした。サクソン人

  • were Catholics, and Vlad – a deeply religious manwas a follower of the Romanian Orthodox

    はカトリック教徒であり、ヴラド - 深く宗教的な男 - ルーマニア正教の信者だった。

  • Church.

    教会だ

  • However, the true impetus behind Vlad's horrific treatment of the Saxons was a question

    しかし、ヴラドのサクソン人に対する恐ろしい扱いの背後にある真の動機は、疑問であった

  • of loyaltythe Hunyadi family, who ran the military wing of Hungary, were at odds

    ハンガリーの軍部を牛耳っていたフニャディ家とは忠誠心が対立していた。

  • with the nation's monarchs.

    国の君主と

  • The Transylvanian Saxons were supporters of the Hapsburg King of Hungary, whereas Vlad's

    トランシルヴァニア・サクソン人はハンガリーのハプスブルク王の支持者であったのに対し、ヴラドの

  • loyalty lay with the Hunyadis, who'd helped install him into power.

    忠誠心はフニャディスにありました彼を権力に導入するのを助けた人です

  • In 1457, John Hunyadi's widow, Erzsebet Szilagy, was the target of Saxon protests.

    1457年、ジョン・フニャディの未亡人エルツセベト・スィラギーはサクソン人の抗議の対象となった。

  • Vlad happily helped the Szilagy forces rampage through some Saxon villages, where they looted

    ヴラドは嬉々としてサクソン人の村々で略奪されたSzilagy軍の暴れっぷりを手伝いました。

  • and burned the homes of the people suspected of organising the protests.

    抗議活動を組織したと疑われている人々の家を燃やしました。

  • This ended up being a bigger headache for Vlad than he initially imaginedThe Saxons

    これは、彼が最初に想像していたよりも、ヴラドにとって大きな頭痛の種になってしまった - サクソン人

  • responded to his violence by supporting two challengers to his throne: Dan III, and his

    彼の暴力に応えたのは、王位への二人の挑戦者を支援することであった。ダン三世と彼の

  • own half-brother, known as Vlad the Monk.

    自分の異母兄弟は ヴラド・ザ・モンクとして知られている

  • This caused an escalation in Vlad's violence, when his efforts at diplomacy fell flat.

    これが原因で、ヴラドの暴力がエスカレートし、彼の外交努力が水の泡になった。

  • Vlad declared all-out war on his Saxon challengers, and burned several villages of key Vlad The

    ヴラドはサクソン人の挑戦者に全面戦争を宣言し、重要なヴラドのいくつかの村を燃やした。

  • Monk supporters to the ground.

    僧侶サポーターを地面に

  • He also struck against Dan III, by wiping out the village of Bod near Brasov.

    また、ブラショフ近郊のボドの村を全滅させて、ダン3世と戦った。

  • This particular offensive was where Vlad coined his greatest trademark: The few prisoners

    この特定の攻撃は ヴラドの最大のトレードマークだった少数の囚人

  • he took during the battle he had brutally impaled at the city of Targoviste.

    彼はタルゴビステの街で 残忍にも突き刺された戦いの間に 取ったものです

  • And if you picture this impalement as a sharpened stake forced through the chestas many

    そして、あなたがこの突き刺しを尖った杭を胸に突き刺すように想像するならば、多くの人が

  • sanitised depictions tend to showyou're both a kinder and less imaginative man than

    貧乏人には貧乏人の方が似合う

  • Vlad the Impaler.

    ヴラド・ザ・インパラー

  • In his method, victims often had a slightly duller spike forced up their anus, and left

    彼の方法では、犠牲者はしばしば少し鈍いスパイクを肛門に押し込まれて、左に残されています。

  • there.

    そこに

  • Over the following hoursand, if you're really unlucky, daysyour body weight

    それからの数時間、運が悪ければ何日もかけて、体重が増えていきます。

  • would force the stake further into your abdomen, at which point it would horrifically displace

    杭を腹部に突き刺すように 突き刺された時点で 恐ろしいくらいに

  • your internal organs.

    あなたの内臓を

  • It's a gruesome way to die, and thus, makes an incredibly effective psychological warfare

    ぞっとするような死に方だから、信じられないほど効果的な心理戦になる。

  • tactic.

    駆け引きをしています。

  • He was sending a strong message: “If you mess with Vlad, your fate is on the spike.”

    彼は強いメッセージを送っていた"ヴラドに手を出したら 運命がかかっている"

  • But that's far from the only sadistic method Vlad employed in dispatching his enemies.

    しかし、それは敵を派遣するために ヴラドが採用した唯一のサディスティックな方法からは程遠い。

  • He was also rather fond of having his men literally hack their victims to bloody pieces,

    また、彼は部下に文字通り犠牲者を血まみれにさせるのが好きだった。

  • such as in the Saxon city of Talmes, and even having people boiled alive in huge cauldrons,

    タルムスのサクソン都市のように、人々は巨大な大釜で生きたまま茹でられていました。

  • as he enjoyed doing to Saxon merchants who didn't follow his trade rules.

    彼は自分の貿易ルールに従わない サクソン商人にするのを楽しんでいました

  • He handed out brutal executions like candyhaving 41 students impaled just for being

    彼はキャンディのように残忍な処刑をした。41人の学生をただの理由で刺したのだ。

  • suspected of subversion.

    倒錯の疑いがある

  • Many accounts have it that Vlad enjoyed dining among his fields of impaled victimsperhaps

    ヴラドは 刺された犠牲者の野原で 食事を楽しんだと言われている

  • as a power move, to further his reputation as a terrifying enemy.

    恐ろしい敵としての評判をさらに高めるための力の動きとして。

  • And this perception worked.

    そして、この認識が働いた。

  • Vlad continued to rampage and slaughter through the Saxon forces until Dan III was finally

    ヴラドは、ダンIIIが最終的にされるまで、サクソン軍を介して暴れ、虐殺を続けた

  • in his clutches.

    彼の魔手に捕まっていた

  • In a truly gangster move, Vlad forced Dan to dig his own grave while a priest read him

    ギャング的な動きで、ヴラドはダンに自分の墓を掘らせ、その間に神父が朗読をした。

  • his own funeral rites.

    自分の葬儀の儀式をしていた

  • Dan was then decapitated and buried, eliminating yet another threat to Vlad's power.

    ダンは首を切られて埋葬され、ヴラドの力への脅威を排除した。

  • After this, Vladhaving thoroughly subjugated his Saxon enemiesdecided to call a truce.

    この後、ヴラドは - 徹底的に彼のサクソン人の敵を征服した - 休戦を呼び出すことにしました。

  • A far more formidable enemy was on the horizon: The powerful Ottoman empire, headed by the

    遥かに手ごわい敵が地平線上にいた。それは、強力なオスマン帝国である。

  • late Sultan Murad's ambitious and ruthless son, Sultan Mehmed II.

    スルタン・ムラドの野心家で冷酷な息子、スルタン・メフメト2世。

  • Mehmed sent a detachment of emissaries to Vlad in order to essentially negotiate his

    メフメドは使者の分遣隊を ヴラドに送りました 本質的に彼と交渉するために

  • surrender, but that wasn't how Vlad Tepes rolled.

    降伏したが ヴラド・テペスのやり方ではなかった

  • His confidence bolstered by his new alliances with the remaining Saxons, and the forces

    彼の自信は、残りのサクソン人との新たな同盟によって強化された。

  • of Hungary, Vlad literally had the emissary's skullcaps nailed to their skulls to send a

    ハンガリーのヴラドは文字通り 使者の頭蓋骨に 釘付けにして

  • message.

    メッセージ。

  • Mehmed was successfully provoked, and all-out war began, but Vlad organized a series of

    メフメトは挑発に成功し、全面戦争が始まったが、ヴラドは一連の戦争を組織した。

  • vicious guerrilla conquestssplitting his army into small groups who'd covertly

    潜伏ゲリラ征伐

  • and ruthlessly attack larger Ottoman strongholds, breaking them apart from within.

    と冷酷に攻撃し、オスマン帝国の大きな拠点を内部から切り離す。

  • Vlad's most infamous act followed shortly after, when Sultan Mehmed, enraged by Vlad's

    ヴラドの最も悪名高い行為は、その後まもなく、スルタン・メフメトがヴラドの

  • victories, sent a powerful force of 60,000 men with top-of-the-line armour and weaponry

    勝利のために、最高級の鎧と武器を備えた6万人の強大な軍勢を送り込んだ

  • straight to Wallachia.

    ワラキアに直行だ

  • Vlad was outnumbered and outgunned, but there was one factor that Sultan Mehmed didn't

    ヴラドは多勢に無勢だったがスルタン・メフメトにはない要因があった

  • take into account: He may have been stronger than Vlad, but nobody was more brutal.

    考慮に入れる彼はヴラドよりも強かったかもしれないが 誰も残忍だった

  • He staged a terrifying night attack on an Ottoman encampment outside Targoviste in 1462,

    彼は1462年にタルゴビステの外にあるオスマン帝国の野営地で恐ろしい夜の攻撃を行った。

  • where he took 5,000 men.

    彼は5000人を連れて行った

  • When the full might of the Ottoman forces arrived shortly after, they discovered that

    その後まもなくオスマン帝国軍の全軍が到着したとき、彼らは以下のことを発見しました。

  • Vlad had mounted all 5,000 – in addition to fifteen thousand other Ottoman prisoners

    ヴラドは、他の1万5000人のオスマン帝国の捕虜に加えて、すべての5000人をマウントしていた。

  • - on his trademark spikes.

    - トレードマークのスパイクを履いて

  • This grisly display would later be dubbedThe Forest of The Impaled.”

    この残酷な展示は後に "インパーテッドの森 "と 呼ばれるようになった

  • To the invading Ottomans, Vlad seemed less like an average ruler and more like an inhuman

    侵略してきたオスマン人にとって ヴラドは平凡な支配者というより 非人間的な存在に見えた

  • monsterthe kind of terrifying, legendary figure who makes a perfectly logical inspiration

    怪物-完全に論理的なインスピレーションを与える恐ろしい伝説的な人物のようなもの

  • for the world's most famous vampire.

    世界で最も有名な吸血鬼のために

  • Mehmed ordered his forces to retreat the next day.

    メフメトは翌日、彼の軍に撤退を命じた。

  • The troop's morale just couldn't survive seeing 20,000 of their countrymen turned into

    2万人もの同胞が化けているのを見て、部隊の士気は耐えられませんでした。

  • rotting shish-kebabs.

    腐ったシシケバブ

  • The Ottoman's came to know Vlad as theImpaler King”, an iconic nickname that would live

    オスマン帝国はヴラドを "インパラー王 "と呼ぶようになりました。

  • on in different forms for centuries to come.

    この先何世紀にもわたって様々な形で

  • Vlad continued his bloody reign, on and off, for the rest of his life.

    ヴラドは血まみれの支配を続けた彼の人生の残りの部分のために

  • Even when he was deposed and imprisoned for a time, he was later released by his captors

    退位して一時期投獄されても、後に捕虜によって釈放されています。

  • to once again wage bloody war against the Ottomans.

    オスマン帝国に再び血みどろの戦争を仕掛けるために

  • He'd slaughter, impale, and dismember his enemies with glee all the way up until his

    彼は敵を惨殺し、剥ぎ取り、バラバラにして喜びながら

  • deathwhen he was killed defending his beloved principality from Ottoman invasion

    殉職

  • in January of 1477.

    1477年1月に

  • For many modern Romanians, Vlad is still revered as a powerful ruler and a good man to his

    多くの現代ローマ人にとって、ヴラドは今でも強力な支配者であり、善人として崇められています。

  • citizensthough to his unfortunate enemies, like the Saxons and the Ottomans, you'd

    サクソン人やオスマン人のような彼の不幸な敵には、あなたは

  • be forgiven for thinking he was the most evil man who ever lived.

    史上最高の悪人だと思ってもおかしくない

  • Check outMost Evil ManIvan The TerribleandMost Evil ManJoseph Stalin

    "Most Evil Man - Ivan The Terrible" と "Most Evil Man - Joseph Stalin" をチェックしてみてください。

  • for more information on some of history's most terrifying rulers.

    歴史上最も恐ろしい支配者のいくつかの詳細については、こちらをご覧ください。

  • Sometimes, the reality is a lot more terrifying than the fiction.

    フィクションよりも現実の方が恐ろしいこともある。

Vlad the Impaler was a fifteenth century historical ruler with a well-earned reputation for savagery.

ヴラド・ザ・インパラーは15世紀の歴史上の支配者で、残忍さのために評判を得ていた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 オスマン 支配 恐ろしい スルタン 突き ハンガリー

ヴラドインパラー - 最も邪悪な男 (Vlad The Impaler - Most Evil Man)

  • 4 1
    Summer に公開 2020 年 10 月 15 日
動画の中の単語