Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • If you were hoping to join up with Russia's special forces, then you might have one hell

    ロシアの特殊部隊に参加したいと思っていたなら地獄を見ることになるかもしれない

  • of a challenge getting through their brutal training regime.

    残忍なトレーニング体制を乗り越えるための挑戦。

  • Seriously.

    真面目な話

  • You better be ready for literal blood, guts, and the threat of actual death lingering around

    文字通りの血と根性と実際の死の脅威に備えるべきだ

  • every corner.

    隅々まで

  • The physical and mental requirements to join up with the Spetsnaz are said to be extremely

    スペツナズに参加するには、肉体的にも精神的にも非常に厳しいと言われています。

  • high, so only the best of the best make it into the Russian military's special forces

    兵力が高いからロシア軍の特殊部隊には優秀な者しか入れない

  • units, and the rest are left bloodied and broken.

    部隊は血まみれになり、残りは壊れたままです。

  • In fact, it's widely believed that this training is some of the toughest, if not the

    実際、このトレーニングは最も過酷なものであると広く信じられています。

  • toughest, in the entire world.

    世界で一番タフだ

  • Still think you've got what it takes?

    まだ必要なものを手に入れたと思ってるのか?

  • Let's find out.

    調べてみましょう。

  • We're taking a look at why you wouldn't survive Russian special forces training.

    ロシアの特殊部隊の訓練に耐えられない理由を調べています。

  • The training one has to go through in order to become a part of the Spetsnazthe common

    スペツナズの一員になるために必要な訓練。

  • expression for all Russian special forces groupscan only be completed after a hopeful

    ロシアのすべての特殊部隊グループのための表現は、希望に満ちた後にのみ完成することができます。

  • recruit has already undergone the basic level of military training required of a standard

    兵役に必要な基本的な軍事訓練を受けた者

  • soldier.

    兵隊さん。

  • It also involves inflicting a lot of pain.

    また、多くの痛みを与えることも含まれています。

  • And we mean a lotthink the worst pain you've ever felt, and add a sergeant named

    今までに感じた最悪の痛みを考えて、軍曹の名前を追加します。

  • Dmitri kicking you in the groin with a steel-toed combat boot.

    ドミトリーは鉄のつま先のコンバットブーツで股間を蹴る。

  • If you were hoping to join a Spetsnaz unit, you'd better not be the sort of person who

    スペツナズのユニットに入りたいと思っていた人は

  • cries when you stub your toe or get a papercut.

    足の指を刺したり、切り紙をされると泣く。

  • For one, the Spetsnaz training regimen includes completing an assault course.

    一つには、スペツナズのトレーニングレジメンには、突撃コースを修了することが含まれています。

  • Sounds easy, right?

    簡単そうだよね?

  • Anyone can get through an assault course.

    突撃コースは誰でも突破できます。

  • A little mud never hurt anyone, right?

    少しの泥は誰も傷つけないだろ?

  • Well, you might think twice about taking your turn when the instructors start shooting at

    まあ、インストラクターが撮影を開始したときに自分の番を取ることについては、二度考えるかもしれません。

  • you with live ammo.

    実弾で

  • And if you thought that was as bad as it gets, maybe you'll fare better in the martial

    それが悪いと思っていたら格闘技の方がいいかもしれませんね

  • arts classes that are also required to make the cut.

    カットを作るためにも必要とされる芸術のクラス。

  • After all, that's all done on comfy foam mats to break your fall, so you wouldn't

    結局のところ、それはすべてあなたの秋を破るために快適なフォームマットで行われているので、あなたはしません。

  • possibly get hurt doing those!

    痛い目に遭うかもしれない

  • Think again, comrade.

    よく考えろ 同志

  • These aren't the kind of martial arts classes you can take at your local gym: Spetsnaz classes

    地元のジムで受けられる格闘技のクラスではありません。スペツナズクラス

  • use real knives too!

    本物のナイフも使え

  • No foam mat is going to stop you getting a nasty stab woundand if you don't make

    発泡マットは、あなたが刺された厄介な傷を得るのを止めるつもりはありません - そして、あなたがしない場合は

  • the cut, it's probably because you literally got cut.

    文字通り切られたからだろう

  • It should come as no surprise that these approaches to training have resulted in a number of recruits

    このような訓練への取り組みが、多くの採用者を生み出したことは、驚くに値しません。

  • trying to join Spetsnaz units instead receiving some real serious injuries during training.

    スペツナズのユニットに参加しようとしたが、トレーニング中に重傷を負ってしまった。

  • So, if you have any aversions to accidentally being shot or stabbed, it might just be best

    だから、誤って撃たれたり刺されたりすることに嫌悪感を持っている人は、それが一番いいかもしれません。

  • for you to sit this one out and contemplate if this is really the thing for you.

    これが本当にあなたのためのものなのかどうか、これを座って考えてみてください。

  • Maybe a job at a local artisanal coffee shop would be more your speed.

    地元の職人的なコーヒーショップでの仕事の方がいいかもしれませんね

  • No members of the Russian military will try to shoot or stab you thereunless you

    ロシア軍のメンバーは、あなたを撃ったり刺したりすることはありません。

  • really, really mess up their order.

    本当に、本当に、本当に注文を台無しにしてしまう。

  • Stories about Russia's special forces training are nothing if not intense.

    ロシアの特殊部隊の訓練についての話は、激しくないとは言い切れない。

  • According to Victor Suvorov, a former Soviet officer, young recruits are oftendriven

    元ソ連軍将校のビクトル・スヴォロフ氏によると、若い新兵はしばしば "追い込まれる "という。

  • out into the mud barefoot, and made to sleep in the lavatories.

    裸足で泥の中に出て、便所で寝かされた。

  • They would be beaten with belts, slippers and spoonsanything suitable for causing

    彼らはベルト、スリッパ、スプーンで叩かれるだろう - 原因を引き起こすのに適したものは何でも

  • pain.”

    "痛み"

  • Various other rumours and reports also state that trainees will sometimes have to navigate

    他にも様々な噂やレポートでは、研修生は時々ナビゲートする必要があることを述べています。

  • their way through basements that have been covered in blood or wrestle vicious animals

    血の気の多い地下室を抜け出して悪獣と格闘する

  • as part of their training, which paints a pretty unappealing picture, sounding more

    訓練の一環として、かなり魅力的ではない絵を描いています。

  • like something from a horror movie than regimented military conditioning.

    ホラー映画のようなものだな

  • We're not sure how many vicious animals or blood-filled basements your average Russian

    凶悪な動物や血まみれの地下室がどれだけあるのかはわからないが

  • Special Forces soldier will encounter on the joband we'll go into more detail about

    特殊部隊の兵士が仕事で遭遇することになります。

  • these particular techniques soonbut processes like this are all about desensitising the

    しかし、このようなプロセスは、すべて脱感作のためのものです。

  • potential applicant to violence, fear, and disgust, typically to make them a better killer.

    暴力、恐怖、嫌悪感への潜在的な申請者、通常はより良い殺人者にするために。

  • Oh, and speaking of killing: Another skill supposedly taught to recruits hoping to join

    ああ 殺人といえば入隊を希望する新兵に教えられたとされるもう1つの技術

  • Spetsnaz units is the ability to kill their enemies with a shovel.

    スペツナズのユニットは、シャベルで敵を殺す能力を持っています。

  • Not quite the kind that you would use in your backyard, every Russian soldier is issued

    裏庭で使うようなものではありませんが、ロシアの兵士はみんな

  • a small implement called a 'saperka', which is designed to be used for digging trenches.

    サパーカと呼ばれる溝を掘るために使用されるように設計された小さな道具。

  • Unless you're training to join the Spetsnaz of course, where you'd be encouraged to

    スペツナズに参加するための訓練をしているのでなければ、もちろん、そこでは、あなたは奨励されるでしょう。

  • use this small shovel as a close-range combat weapon, or even to throw it with enough force

    投げもの

  • and precision to kill an enemy combatant.

    敵の戦闘員を殺すための精度と

  • See?

    ほらね?

  • It's not just for pulling weeds.

    雑草を抜くだけではありません。

  • There are also a number of reports and photos of Spetsnaz trainees having to fight dogs,

    また、スペツナズの研修生が犬と戦わなければならないという報告や写真も多数掲載されています。

  • including rumours that recruits will sometimes be locked in a windowless room alone with

    新入生が窓のない部屋に二人きりで閉じ込められることもあるという噂も含めて

  • an angered, or sometimes rabid, dog.

    怒れる犬

  • They're only given a saperka to defend themselves and given one simple instruction: kill or

    彼らには身を守るためのサパーカが与えられているだけで、一つの簡単な命令が与えられています。

  • be killed.

    殺される

  • This horrific treatment of recruits and animals doesn't end there.

    新兵や動物の恐ろしい扱いは、それだけでは終わらない。

  • As part of their training, Spetsnaz are taught the bloody and pragmatic art ofsambo”,

    彼らのトレーニングの一環として、スペツナズは、"サンボ "の血なまぐさいと実用的な芸術を教えられています。

  • which is a form of street fighting that encourages recruits to use any object at their disposal

    殴り合い

  • during a close-quarters fight, including broken bottles and even street signs.

    割れた瓶や道路標識まで含めて、接近戦の最中に。

  • It's encouraged that trainees use this fighting style when locked up with these dogs, but

    それは訓練生がこれらの犬とロックアップされたときに、この戦闘スタイルを使用することをお勧めしますが、しかし

  • it isn't just the dog that these soldiers have to worry about.

    兵士たちが心配しなければならないのは 犬だけではありません。

  • According to Victor Suvorov, who we mentioned before, recruits aren't just locked in a

    前にも触れたヴィクトル・スヴォロフ氏によると、リクルートは単に

  • shed somewhere, they are taken to the cellar of a ruined and abandoned house, the walls

    塀に囲まれた廃墟と化した廃屋の地下室に連れて行かれる。

  • and floors of which have been slathered in raw meat and blood to further drive the attack

    床には生肉と血が散りばめられています。

  • dog into a frenzy.

    犬を狂わせる

  • The dog is then let loose to chase the recruit from this real-world Evil Dead basement, and

    犬はその後、この現実世界のイービルデッドの地下室からリクルートを追いかけるために緩められている、と

  • if they aren't offered a saperka to help them fight, they have to use anything within

    サパーカがなければ何でも使うしかない

  • reach to go hand-to-jaws with the vicious, bloodthirsty animal.

    獰猛で血に飢えた動物と手を取り合うために手を伸ばす。

  • We'd be willing to wager that there's no dog-sitter anywhere in the world that's

    世界のどこにもドッグシッターはいないと 賭けてもいいと思うよ

  • tough enough to deal with something like that.

    そんなことをするには十分にタフだ

  • The primary goal of Spetsnaz training is to push each recruit to their maximum threshold,

    スペツナズのトレーニングの第一の目標は、各リクルートを彼らの最大の敷居に押し上げることです。

  • both physically and mentally, and then drive them even further.

    肉体的にも精神的にも、さらに追い込んでいく。

  • Trainees are taught to develop their skills in infiltration, in order to prepare them

    研修生は、潜入のスキルを開発するために、それらを準備するために教えられています。

  • to undertake some of the more secretive operations that the Spetsnaz undertakes.

    スペツナズが請け負っている、より機密性の高い作戦のいくつかを引き受けるために。

  • That's right, it's not all bloody basements and saperka-tossing.

    その通り、血の気の多い地下室やサパーカ投げばかりではありません。

  • Recruits are given classes in foreign languages and learn about the cultures of other nations,

    採用者は外国語の授業を受け、他国の文化を学びます。

  • alongside techniques that enable them to kill a target in complete silence.

    完全な沈黙の中で標的を殺すことができる技術と一緒に。

  • Parachuting including HALOwhich stands for High Altitude Low Openingalso forms

    HALO(High Altitude Low Openingの略)を含むパラシュートも形成されています。

  • part of the training regimen, as well as outdoor exercises that allow recruits to learn the

    を学ぶことができる屋外での演習だけでなく、訓練レジメンの一部としても使用されます。

  • necessary skills to survive for long periods of time in harsh environments.

    過酷な環境で長く生き抜くために必要なスキル

  • Think the sort of thing Bear Grylls is known for, and then turn it up to eleven.

    ベアー・グリルスが知られているものの種類を考えて、それを11にしてください。

  • Additionally, naval Spetsnaz hopefuls are taught an even wider array of specialised

    さらに、海軍のスペツナズの希望者には、さらに幅広い専門知識が与えられる。

  • skills.

    のスキルを身につけることができます。

  • Much like the British Special Boat Service and the US Navy SEALs, any recruit hoping

    イギリスの特殊艇サービスやアメリカ海軍シールズのように、どんな新兵でも期待している。

  • to join the Naval Spetsnaz units are required to be proficient in scuba diving, and are

    海軍のスペツナズ部隊に参加するには、スキューバダイビングに習熟している必要があります。

  • also shown how to use underwater explosives and weapons, methods of storming a beach when

    また、水中での爆発物や武器の使用方法、ビーチを襲撃する方法を示しています。

  • attacking from the shore, how to get inside a submarine, and how to perform in close-range

    岸からの攻撃、潜水艦の中への入り方、至近距離でのパフォーマンスなど

  • combat while swimming.

    泳ぎながらの戦闘

  • This is all done to prepare future Spetsnaz soldiers for elite missions.

    これはすべて、将来のスペツナズの兵士たちがエリート任務に就くための準備のために行われている。

  • According to The Russian Ministry of Defence, Spetsnaz units are deployed when an operation

    ロシア国防省によると、作戦時にはスペツナズ部隊が配備される。

  • calls formethods and ways of fighting not characteristic of conventional forces”.

    通常戦力にはない戦い方や方法」を求めている。

  • This can include reconnaissance and sabotage missions, counter-terrorism operations and

    これには、偵察や破壊工作、テロ対策作戦や

  • a wide array of other missions, many of which are kept highly secretive by the Russian military.

    他にも様々な任務がありますが、その多くはロシア軍によって極秘にされています。

  • Training involves recruits having to learn such a wide range of different skills in combat

    訓練では、新兵は戦闘でこのような広い範囲の異なるスキルを習得する必要があります。

  • and infiltration as a way to prepare them for any mission that being a member of a Spetsnaz

    スペツナズの一員であることが、どんな任務にも備えるための方法として、彼らに潜入をさせている。

  • unit can offer them.

    ユニットがそれらを提供することができます。

  • Of course, training isn't all about causing recruits pain through fighting dogs and live-fire

    もちろん訓練は犬と闘ったり実弾を撃ったりして 新兵を苦しめることばかりではありません

  • assault courses, sometimes the more dangerous and particularly cruel parts of the Spetsnaz

    突撃コース、時にはスペツナズのより危険で特に残酷な部分も

  • training regimen come in the form of physically exhausting, non-combat-based tasks and the

    トレーニングレジメンは、肉体的に疲れる非戦闘ベースのタスクと

  • sheer callousness of the instructors.

    教官の無慈悲さ

  • In 2006, one of the most infamous incidents of a Spetsnaz commanding officer's cruelty

    2006年、最も悪名高いスペツナズ指揮官の残虐事件の一つに

  • resulted in injuries so severe that they changed the life of one recruit forever.

    その結果、一人のリクルートの人生を永遠に変えてしまうほどの重傷を負ってしまいました。

  • Private Andrei Sychyovwho was only nineteen at the timewas awoken at 3 AM by Junior

    当時19歳だったアンドレイ・シーチョフ二等兵は、午前3時にジュニアに起こされた。

  • Sergeant Aleksandr Sivyakov, who was believed to be drunk and determined to teach the private

    酔っ払っていると思われたアレクサンドル・シヴヤコフ軍曹は、二等兵を指導することを決意した。

  • “a lesson.”

    "レッスン"

  • This lesson began by the sergeant ordering the nineteen-year-old to perform a number

    このレッスンは、19歳の巡査部長の命令で始まった。

  • of push-ups.

    腕立て伏せの

  • When Andrei couldn't complete the task, he was made to squat on the balls of his feet.

    アンドレイはタスクを完了することができなかったとき、彼は足の玉の上でしゃがむようにさせられました。

  • If his ankles touched the ground at any point, Sergeant Sivyakov beat the young recruit and

    足首が地面に触れると、シビャコフ軍曹は若い新兵を殴って

  • stomped on his ankles.

    足首を踏みつけた。

  • He didn't complain, out of fear for the sergeant, even when this process continued

    巡査長を恐れて文句を言わなかったこのプロセスが続いても

  • for three whole hours.

    丸3時間。

  • After this time, the private was released but found that he couldn't stand, and within

    この後、二等兵は釈放されたが、耐えられないことがわかり、その中で

  • a few days Andrei couldn't even get out of bed.

    アンドレイは数日、ベッドから起きられなくなった。

  • Things only got worse for Andrei Sychyov from there.

    アンドレイ・シーチョフの状況は悪くなる一方でした。

  • Rushed to hospital as a result of severe and painful swellings in his legswhich were

    彼の足の重度の痛みを伴う腫れの結果、病院に運ばれました。

  • now black and bluethe young private still told no-one of what had been done to him,

    今や黒と青の二等兵は、自分が何をされたのかを誰にも話していない。

  • even when he was told by doctors that both legs were gangrenous due to him being denied

    否定されて両足が壊疽していると医者に言われても

  • medical attention for three days.

    3日間の診察。

  • They had no idea what had caused the young man's injuries.

    若者の怪我の原因が何なのか、彼らにはわからなかった。

  • It wasn't due to a horrific accident or even a combat drill gone awry, the severity

    それは恐ろしい事故のせいでもなければ、戦闘訓練が失敗したせいでもありません。

  • of Andrei's injuries came as a result of the torture that Sergeant Sivyakov had inflicted

    アンドレイの負傷の原因は、シヴィヤコフ軍曹が与えた拷問の結果である。

  • on him.

    彼の上に

  • Unfortunately, surgeons were then forced to amputate both of Andrei's legs as well as

    残念ながら、外科医はアンドレイの両足を切断せざるを得ませんでした。

  • his genitals, almost everything below the waist was infected.

    彼の性器、腰の下のほとんどすべてが感染していた。

  • The brutal mistreatment of Private Andrei Sychyov, given the severity of what had to

    アンドレイ・シーチョフ二等兵の残忍な虐待は、その厳しさを考えれば、そうでなければなりませんでした。

  • be done to save him from gangrene infection, was met with public scandal, and highlighted

    壊疽の感染から彼を救うために行われるべきことは、公共のスキャンダルに会って、強調されました。

  • the abusive discipline utilised within Spetsnaz training.

    スペツナズのトレーニングで使われている虐待的な規律。

  • The Russian military offered Andrei's family a three-bedroom apartment and five-hundred

    ロシア軍はアンドレイの家族に3ベッドルームのアパートと5000ドルを提供しました。

  • thousand rubleswhich is just over twenty-thousand US dollarsas an apology for what was

    千ルーブル(2万ドル強)の謝罪として

  • done to the young private.

    若い二等兵にしたことだ

  • Andrei's mother believed that these were given to them to buy their silence, but she

    アンドレイの母は、これは彼らの沈黙を買うために与えられたものだと信じていたが、彼女は

  • wanted action taken against the sergeant who tortured her son so horrendously.

    彼女の息子を拷問した巡査部長に 対しての措置を望んでいました

  • The family brought the incident to the attention of the news and pressed for a military trial

    家族が事件を話題にして軍事裁判を迫る

  • against Sergeant Sivyakov.

    シビャコフ軍曹に対抗して

  • However, Sivyakov was only charged with 'exceeding his authority' and, while he was still sentenced

    しかし、シヴヤコフは「権限を超えた」という罪で起訴されただけで、判決を受けている間は

  • to four years imprisonment, the trial highlighted a clear presence of what is known as 'dedovshchina'

    懲役4年に、裁判では、「dedovshchina」として知られているものの明確な存在を強調した。

  • deeply ingrained in Russia's military and the training of its younger recruits.

    ロシアの軍隊とその若い新兵の訓練に深く根付いています。

  • You're probably asking what dedovshchina means?

    デドヴシチナの意味を聞きたいんだろう?

  • Often referred to as the rule of the grandfathers, dedovshchina is a disciplinary system employed

    多くの場合、祖父のルールと呼ばれる、dedovshchinaは、採用された懲戒制度です。

  • within the Russain military, including the Spetsnaz.

    スペツナズをはじめとするロシア軍の中では

  • It effectively grants older conscripts or those of higher rank total authority over

    それは効果的に、年配の徴兵や高位の者に、全体的な権限を与えています。

  • younger, newer recruits.

    若手の新入社員

  • This is, understandably, why Andrei Sychyov was afraid to complain about being made to

    これは当然のことながら、アンドレイ・シーチョフが、自分がされたことに文句を言うのを恐れていた理由である。

  • squat, as Sergeant Sivyakov was entirely in charge and abused the power he was given over

    シビャコフ軍曹が完全に責任者であり、与えられた権力を乱用していたからだ。

  • the young private.

    若き二等兵。

  • The case of Andrei Sychyov wasn't an isolated incident, either.

    アンドレイ・シーチョフの事件は 孤立した事件ではありませんでした

  • According to the Russian military's own numberswhich are suspected to be lower

    ロシア軍の独自の数字によると、より低いと疑われています。

  • than the actual figuressixteen soldiers were killed by dedovshchina-related incidents

    実際の数字よりも、16人の兵士が中国関連の事件で死亡した。

  • the year before what was done to Andrei, and a further two-hundred and seventy-six committed

    アンドレイに何があったかの前の年にさらに276人が

  • suicide in 2005.

    2005年の自殺。

  • Some reports have suggested some deaths that were labelled as suicides or accidents may

    自殺や事故と表示されていた死亡者の中には、以下のようなものがあることを示唆する報告もあります。

  • even have been additional dedovshchina cases that were covered up to avoid attention.

    注意を避けるために隠蔽された追加の dedovshchina の場合もされています。

  • What this tells us is that, as tough and physically demanding as training to join the Spetsnaz

    このことは、スペツナズに参加するためのトレーニングと同じくらい過酷で体力的にも厳しいことを物語っている。

  • can be, it is made all the worse when said training is conducted under a system that

    のシステムの下で研修が行われている場合には、さらに悪いことになります。

  • allows senior conscripts to abuse, torture andin the case of Andrei Sychyoveven

    徴兵を虐待し、拷問し、アンドレイ・シーチョフの場合はさらに

  • mutilate the young trainees.

    若い訓練生を切り刻む

  • The hardest part of the training regimen, arguably, might not be the training itself,

    トレーニングレジメンの中で最も難しいのは、間違いなく、トレーニングそのものではないかもしれません。

  • but the people running it.

    でも、それを運営している人たちのことです。

  • Fighting rabid dogs in bloody basements, committing murder with shovels, performing rigorous tests

    血まみれの地下室で狂犬と戦い、シャベルで殺人を犯し、厳格なテストを行います。

  • of physical endurance, intellect, and willpower, and being bullied by your superiors.

    体力、知性、意志の強さ、上司にいじめられること。

  • And considering the fact that this utterly horrific gauntlet of a training regimen has

    そして、この全く恐ろしい試練のトレーニング法が

  • lead to accidental deaths and suicides, when we say that you won't survive the Russian

    ロシアでは生き残れないと言って事故死や自殺につながる

  • Special Forces training, we really do mean that.

    特殊部隊の訓練、私たちは本当にそう思っています。

  • Maybe that job at the artisanal coffee shop isn't looking so bad after all

    職人喫茶店での仕事も悪くないかもしれない...

  • Check outWhy You Won't Survive NAVY Seal TrainingandAmerican vs Russian Special

    ナビのシール訓練で生き残れない理由」と「アメリカVSロシアのスペシャル」をチェック

  • Forces - Which Are Better?

    力 - どちらが良いですか?

If you were hoping to join up with Russia's special forces, then you might have one hell

ロシアの特殊部隊に参加したいと思っていたなら地獄を見ることになるかもしれない

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 訓練 ロシア 部隊 トレーニング 特殊 地下

ロシアの特殊部隊訓練で生き残れない理由 (Why You Won’t Survive Russian Special Forces Training)

  • 13 1
    Summer に公開 2020 年 10 月 12 日
動画の中の単語