Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Two American AWACs planes cruise two  hundred miles off the Chinese coast,  

    アメリカの2機のAWACSが中国沖200マイルを巡航しています。

  • blasting a significant portion of the hostile  coastline with radar and feeding that information  

    吹っ飛ばし

  • to American combat assets in the air all  across the South China Sea. For the Chinese,  

    南シナ海全域の空にあるアメリカの戦闘資産に中国にとっては

  • they are a critical target that must be eliminated  ASAP. For the Americans, who have no ground-based  

    早急に排除しなければならない 重要な標的ですアメリカ人にとっては

  • installations to fall back on, they are  vital resources to be protected at all costs.

    落下するためにインストールされている場合、それらはすべてのコストで保護される重要なリソースです。

  • Whether the two big birds live or die in  the coming moments might just determine  

    二羽の大きな鳥がこれからの瞬間に生きるか死ぬかを決めるのは

  • who reigns supreme in the  skies over China's coastline.

    中国の海岸線の空に君臨する者

  • A flight of Chinese J-15s scream towards the  American planes, armed with long-range missiles  

    長距離ミサイルで武装した中国のJ-15がアメリカ機に向かって叫ぶ

  • they only need to get to within 150 or so miles  to down their targets. The Chinese fighters have  

    彼らは150マイル以内で目標を撃墜する必要があります中国の戦闘機は

  • taken off from military airfields on Hainan  island, hastily repaired after the initial  

    海南の軍用飛行場から離陸した後、急遽修理された

  • American strike against military bases all across  Southern China's coast by US Navy submarines  

    米海軍潜水艦による中国南部沿岸の軍事基地への米軍攻撃

  • utilizing tomahawk cruise missiles. While  not fully operational, the air fields are  

    トマホーク巡航ミサイルを利用しています。完全には稼働していませんが、飛行場は

  • able to launch several sorties a day- enough to  threaten the all-important American AWACs planes.

    一日に数回の出撃が可能で、重要なアメリカのAWACs機を脅かすのに十分なほどです。

  • Now the Eight J-15s scream at full afterburner  towards their targets. US strikes weren't able  

    8機のJ-15が目標に向かって 全速力のアフターバーナーで 叫んでいます米軍の攻撃は

  • to disable all of China's ground-based radar  capabilities, and the systems the People's  

    中国の地上レーダー能力をすべて無効にするために、中国の地上レーダー能力と

  • Liberation Air Force still has operational tell  the J-15 pilots that the big birds are currently  

    解放空軍はまだ運用上、J-15のパイロットに大きな鳥がいることを伝えています。

  • alone. None of the veteran pilots are fooled  though, the AWACS won't be alone for long.

    単独で。ベテランパイロットのどれもがだまされていない、しかし、AWACSは長い間一人ではありません。

  • The US Air Force has been operating from airfields  in the Philippines, which China has been hesitant  

    米空軍はフィリピンの飛行場から運用しているが、中国は躊躇している。

  • to strike at out of fear of driving the  Philippines from a passive ally of the US,  

    アメリカの消極的な同盟国から フィリピンを追い込むことを恐れて攻撃するために

  • to a fully combat-committed one. Somewhere  near the AWACS, Chinese long range radar now  

    完全に戦闘にコミットされたものに。AWACSの近くのどこかで、中国のロングレンジレーダーは今

  • picks up a small flight of US Air Force  F-15s, likely there to provide cover  

    米軍のF15の小便を拾い上げる

  • for the vulnerable planes. The Chinese jets  aren't looking for a dogfight, they hope to  

    脆弱な飛行機のために中国のジェット機は空中戦を求めているのではありません

  • get to within long-range striking distance and  down the AWACs before the F-15s can respond.

    長距離攻撃が可能な距離に到達して F -15が対応する前にAWACを撃墜します

  • To accomplish this the planes first fly east, away  from their targets, then loop around to the south  

    これを達成するために、飛行機は最初に目標から離れて東に飛行し、その後、南にループします。

  • before turning north on the AWAC'S six o'clocksan unexpected attack vector. The F-15s which  

    6時の方向に北上する前に 予期せぬ攻撃経路があったF-15は

  • have been expecting an attack from the east are  completely out of position to defend the AWACs,  

    東からの攻撃を期待している AWACs を守るために完全に位置からです。

  • despite being vectored in on the  approaching J-15s. The big, slow,  

    接近してくるJ-15にベクトルを合わせたにもかかわらず大きくて遅い

  • and extremely vulnerable American  Airborne Warning and Control planes  

    と非常に脆弱なアメリカの空挺警報管制機

  • are easy pickings as the Chinese  jets cruise towards firing range.

    中国のジェット機が射程距離に向かって巡航しているように、簡単に収穫があります。

  • Suddenly, four of the J-15s receive missile lock  warnings. The pilots scan the horizon wildly as  

    突然、4機のJ-15がミサイルロックの警告を受けました。パイロットたちは地平線を荒々しくスキャンしています

  • their onboard alerting systems work out range  and heading. There- 3'oclock, thirty five miles  

    彼らの船内警報システムは 射程距離と方位を把握しています3時の方向に35マイル

  • out and closing extremely rapidly- American AIM  120 Amraams. The J-15s dump flares and chaff,  

    アメリカのAIM120アムラムが 急速に接近してきていますJ-15はフレアとチャフを捨てています

  • breaking off their attack to outmaneuver  the incoming missiles. This however means  

    攻めてくるミサイルを凌駕するために攻撃を断ち切っています。これは、しかし、意味するのは

  • turning away from the incoming missiles  and from their current direction of travel,  

    侵入してくるミサイルから離れ、現在の進行方向から離れること。

  • which bleeds large amounts of airspeed  which must be very quickly made up.  

    これは、非常に迅速に構成されている必要があります大量の対気速度をブリードします。

  • The other Chinese pilots panic brieflythey know of only one plane that could  

    他の中国のパイロットはパニックに陥ります。

  • have remained undetected on radar long  enough to ambush them- the American F-22.

    レーダーに探知されずに残っています 待ち伏せするには十分な時間があります アメリカのF-22です

  • A hundred miles away, four American F-22 Raptors  supercruise at over twice the speed of sound.  

    100マイル先には、アメリカのF-22ラプター4機が音速の2倍以上の速度で超臨界航行しています。

  • Had the J-15's been pointed in their directiontheir front-facing radar may have briefly detected  

    J-15が彼らの方向に向けられていたならば、正面のレーダーが一瞬だけ検知したかもしれません。

  • the presence of the F-22s by the opening of  their weapon bays. Even so, the brief contact  

    F-22の存在が武器庫を開けたことによりたとえそうであっても、短い接触は

  • may not even have been enough to alert the Chinese  pilots they were being targeted and under fire.

    中国のパイロットが標的とされ、砲撃を受けていたことを警告するには十分ではなかったかもしれません。

  • Given the AIM 120's kill rate of around  30% against actively defending aircraft,  

    AIM120の積極的な防衛機に対する殺傷率が30%前後であることを考えると

  • each F-22 has launched  three missiles at each bird,  

    F-22はそれぞれの鳥に3発のミサイルを発射しています。

  • with a second volley targeting the  remaining 4 J-15s just seconds later.

    その数秒後、残り4機のJ-15を狙った2度目のボレーを放った。

  • The Chinese formation is in chaos, as the  second group of J-15s realize they've been  

    中国の陣形は大混乱に陥っており、J-15の第二陣が気付いた時には

  • targeted as well. The planes dive to put  on airspeed as they dump flares and chaff-  

    と同様に標的にされています。飛行機は対気速度を出すために 潜ります 彼らはフレアとチャフを捨てるように...

  • most of the American missiles explode harmlessly  into the decoys- but many don't, and six J-15  

    アメリカのミサイルのほとんどは無害に爆発しますが、多くは爆発しません。

  • pilots are forced to eject. The other two break  off the attack and decide to cut their losses.

    パイロットは脱出を余儀なくされる。他の2人は攻撃を断ち切り、ロスを削ることにした。

  • The American F-22s have accomplished  their mission, but suddenly their  

    アメリカのF-22は任務を達成しましたが、突如として

  • powerful long-range radars detect the  unmistakable ping of a stealth aircraft  

    ぴょんぴょん

  • opening its weapons bay doors to fire. The  F-22 computers immediately recognize the few  

    兵器室のドアを開けて発砲しますF-22コンピューターはすぐに少数の

  • seconds of the return signal as a Chinese  J-20 stealth fighter- and the Raptors with  

    中国のJ-20ステルス戦闘機とラプターズとのリターン信号の秒数。

  • their 6 medium-range missile capacity per  plane are completely spent on AIM 120s.

    彼らの1機あたりの中距離ミサイル容量6発は完全にAIM120に費やされている。

  • China has its own answer to the F-22, largely  due to its espionage of American military  

    中国はF-22に独自の答えを持っています、主に米軍のスパイ活動によるものです。

  • secrets. Head-on as they are  currently approaching the F-22s,  

    の秘密を知ることができます。彼らは現在F-22に接近しているので、真正面から。

  • the J-20's stealth is less effective than the  Americans, but more than good enough to make  

    J-20のステルスは米軍には劣るが十二分に使える

  • long-range targeting impossible if not incredibly  difficult. Picking up on the F-22's own firing,  

    長距離照準は信じられないほど難しいとまではいかないまでも、不可能です。F-22の自爆を拾う。

  • and thus breach of their stealth capabilitiesthe J-20s have fired their own long-range  

    と、こうしてステルス能力を侵害し、J-20は独自の長距離砲を発射している。

  • missiles in the direction of the last  radar contact with the American planes.  

    米軍機と最後にレーダーで接触した方向にミサイル

  • The missiles cannot hope to lock on to the F-22s  at such long range, but once they come within  

    ミサイルはそのような長距離でF-22にロックオンすることを望むことはできませんが、しかし、一度彼らは範囲内に入ってきます。

  • thirty to twenty miles, their on-board radar  could pose serious risks to the American F-22s.

    30マイルから20マイルの距離では、搭載されたレーダーがアメリカのF22に深刻な危険をもたらす可能性があります。

  • The American pilots face a tough choice. They  only have two short-range AIM 9X missiles each,  

    アメリカのパイロットは厳しい選択に直面しています。彼らは短距離ミサイルAIM9Xを2発ずつしか持っていません。

  • only usable when within a few dozen miles of  their target. Meanwhile, the Chinese missiles are  

    目標から数十マイル以内でしか使えません一方 中国のミサイルは

  • screaming across the sky towards them. Turning and  running would mean the loss of a lot of airspeed,  

    彼らに向かって空を横切って叫んでいる旋回して走ることは、多くの対気速度を失うことを意味します。

  • and potentially allow the missiles to catch  up. Plus, while far better than the J-20's, the  

    ミサイルが追いつく可能性がありますさらに、J-20よりも遥かに優れているとはいえ

  • F-22's rear radar cross section is far worse than  its front, and would make them easier targets.

    F-22の後部レーダー断面は前部よりもはるかに悪く、標的にしやすくなるだろう。

  • The F-22s decide to execute a hard  ninety degree turn. Unlike the J-15s,  

    F-22は90度の急旋回を決めています。J-15とは違います

  • they have the advantage of long-range detection  of the hostile J-20's missile launches,  

    敵対するJ20のミサイル発射を長距離で探知できるという利点があります。

  • and while the maneuver bleeds off precious air  speed, there's plenty of time to regain it. Plus,  

    操縦で貴重な対空速度を奪いながらも、回復する時間は十分にあります。それに加えて

  • the incoming missiles can't match the  extremely tight turn rate of the F-22  

    迎撃ミサイルはF22の超タイトな旋回速度には敵わない

  • with its thrust-vectoring engines, and must make  a much wider turn, bleeding off its own airspeed.

    推力ベクトルエンジンを搭載しているため、より広い範囲で旋回しなければならず、自身の対気速度を奪うことになります。

  • The turn is successful, and the Chinese missiles  tumble harmlessly out of the sky, their airspeed  

    旋回は成功し、中国のミサイルは空から無害に転がり落ち、その対気速度は

  • completely exhausted. However, the turn has also  presented the F-22's three and nine o'clock to the  

    を完全に使い果たした。しかし、このターンでもF-22の3時と9時には

  • incoming J-20s, and these are the least stealthy  angles of the large American fighter. With plenty  

    J-20が入ってきますが、これはアメリカの大型戦闘機の中でも最もステルス性の低いアングルです。沢山の

  • of radar-reflective surfaces exposed to the  long-range radar of the J-20s, there's little  

    J-20の長距離レーダーにさらされたレーダー反射面のうち、ほとんどのものは

  • the radar-absorbent features of the aircraft's  skin can do to prevent a good lock by the Chinese.

    機体の皮のレーダー吸収性の特徴を利用して、中国による良いロックを防ぐことができる。

  • As the J-20s move in for the  kill on the helpless F-22s,  

    J-20は無力なF-22を殺すために移動します。

  • the Chinese pilots stare incredulously at  a loudly squawking missile lock warning.  

    ミサイルロック警告を大声で叫ぶ中国のパイロットたちを、信じられないように見つめる。

  • More American AIM 120s are incoming, tearing  through the air at 2500 miles an hour.

    アメリカのAIM120が来ている時速25000マイルで空を切り裂いている

  • Lurking behind the first flight of  Raptors, is a second 4-bird flight,  

    ラプターズの最初のフライトの後ろに潜んでいるのは、2番目の4羽のフライトです。

  • who have just released on the Chinese planesWith the J-20s moving their forward-facing  

    中国機でリリースされたばかりの J-20が前向きに動くことで

  • radar off-axis, they never had a chance  to detect the second flight of Raptors.

    レーダーが軸から外れていて、ラプターズの第二飛行を検出する機会がなかった。

  • The J-20s may be cheap copies of the F-22,  but they are still a very stealthy plane,  

    J-20はF-22の安いコピー機かもしれませんが、それでも非常にステルス性の高い機体です。

  • making it hard to get a good weapons lock on them  from long range. That's why while the Chinese and  

    遠距離からの武器ロックが困難になるだから中国と

  • American fighters juked for supremacy, a US  Air Force RQ-170 Sentinel drone quietly snuck  

    アメリカの戦闘機は覇権のために突撃し、米空軍のRQ-170センチネルドローンは静かに忍び寄った

  • behind the Chinese formation. Now, the unmanned  drone activates its radar and blasts the Chinese  

    中国の編隊の背後に無人機がレーダーを作動させて 中国軍を爆破しました

  • stealth fighters, hitting the fighters in their  least stealthy angles. With its remote data link,  

    ステルス戦闘機は、ステルス性の低い角度で戦闘機を攻撃します。その遠隔データリンクで

  • the Sentinel sends targeting data  back to the second flight of F-22s,  

    センチネルはF-22の第2飛行に 照準データを送り返します

  • which feed that data directly to their own  nine AIM 120 missiles already in flight.

    そのデータを直接、既に飛行中の9つのAIM 120ミサイルに供給しています。

  • The American kill network is brutally effectiveand China's limited fleet of J-20s is reduced by  

    アメリカの殺戮ネットワークは残酷なほど効果的で、中国の限られたJ-20の艦隊は

  • another four. Three J-20s remain however, and the  Raptors boost towards the Chinese flight. Neither  

    もう4機。しかし、3機のJ-20が残り、ラプターズは中国のフライトに向かってブーストする。どちらも

  • side has any long-range weapons remaining, but  each plane still carries two short-range missiles.  

    側には長距離兵器が残っているが、各機には短距離ミサイルが2発ずつ残っている。

  • At these ranges, the stealth characteristics  of both planes are largely ineffective,  

    これらの範囲では、両機のステルス特性はほとんど効果がありません。

  • but the F-22's far greater maneuverability  and its superior engines proves dominant,  

    しかし、F-22のはるかに優れた操縦性とその優れたエンジンが支配的であることを証明しています。

  • especially with its ability to vector its  thrust. The J-20's canards allow it great  

    特にその推力をベクトル化する能力でJ-20のカナードはそれを可能にします

  • agility as well, but its inferior  engines proves to be its downfall.

    敏捷性もそうですが、その劣勢なエンジンはその欠点であることを証明しています。

  • Two short-range missiles don't guarantee  a kill even in a dogfight however,  

    しかし、短距離ミサイル2発では、空中戦でも殺傷力は保証されません。

  • which is why the American Raptors have  an onboard cannon. The J-20 does not, and  

    それがアメリカのラプターズに搭載されている理由ですJ-20はそうではありません

  • within a few minutes, one American Raptor has been  downed, with the total loss of all Chinese J-20s.

    数分以内にアメリカのラプターが 1機撃墜されました 中国のJ-20が全滅しました

  • The clash just a few dozen miles from  the Paracel islands has pulled much of  

    パラセル諸島から数十マイル離れた場所での衝突は、多くの人々を引きつけています。

  • the Chinese Air Force's remaining  air power in the area. So far,  

    中国空軍の残された航空戦力であるこれまでのところ

  • the war has been extremely expensive for both  sides in terms of aircraft lost, with hundreds  

    戦争は双方にとって航空機の損失という点で非常に高価なものであり、何百もの

  • downed on both the Chinese and American side. With  their superior technology and capabilities though,  

    中国側とアメリカ側の両方で撃墜されました。彼らの優れた技術と能力をもってしても

  • the American planes are enjoying a far greater  kill ratio- but it is not an easy victory.

    アメリカの飛行機は、はるかに大きな殺傷率を享受していますが、それは簡単な勝利ではありません。

  • Supercruising at 65,000 feet above sea  level, a third flight of F-22s now closes  

    海抜65,000フィートでのスーパークルージング、F-22の第3飛行が終了しました。

  • in on Hainan island and its remaining military  infrastructure. Head-on to incoming radar waves  

    海南島と残された軍事インフラに潜入しました入ってくるレーダー波に正面から

  • from the surviving Chinese radar installationsthe F-22s present their stealthiest side  

    生き残った中国のレーダー設備から F-22は最もステルスな側面を提示しています

  • and won't be detectable until within a hundred or  so miles. Even then, the radar resolution will be  

    100マイル以内でないと 検出できませんその時でさえ、レーダーの解像度は

  • so low that weapons lock won't be achievable  until the planes close to within thirty miles.

    30マイル以内に飛行機が接近しないと 兵器ロックが達成できないほどの低さです

  • The F-22s don't need to get that closeArmed with two 1,000 pound glide bombs each,  

    F-22はそこまで接近する必要はありません。 2つの1,000ポンドの滑空爆弾で武装しています

  • the F-22s open their weapons bay doors at just  under 200 miles and release their payloads.  

    F-22は200マイル弱で武器庫のドアを開き、ペイロードを放出します。

  • Chinese radar immediately picks up the distinct  ping of stealth aircraft firing, followed briefly  

    中国のレーダーはすぐにステルス機の発射の明確なpingを拾い、短い間続いて

  • by a large flash as the planes bank and turn away  from their targets, but due to their stealthy rear  

    飛行機がバンクして、彼らの目標から背を向けるように大きなフラッシュによって、しかし、彼らのステルス性の高い後部のために

  • radar cross-sections, the island's air defenses  are completely confounded and can't respond.

    レーダーの断面図を見ても、島の防空は完全に混乱していて対応できない。

  • Eight 1,000 pound bombs deploy small fins and  begin their satellite guided flight to their  

    8つの1,000ポンド爆弾は、小さなフィンを展開し、衛星誘導飛行を開始します。

  • targets. The four remaining air-defense radars  on the island will receive two bombs each, and in  

    標的を狙う。島に残っている4つの防空レーダーはそれぞれ2つの爆弾を受けます。

  • just a few minutes the giant radars are smoldering  wrecks. With the loss of this last outer ring of  

    数分後には巨大なレーダーが 沈没船を燻らせていますこの最後の外輪を失うことで

  • defenses, China has effectively lost the ability  to monitor and respond to threats along a large  

    防御力が低下しているため、中国は、大規模な脅威を監視し、対応する能力を事実上失っている。

  • section of the South China sea, leaving the US  and its allies with complete air superiority.  

    南シナ海の一部をアメリカとその同盟国に完全な空の優位性を残す。

  • For now, the Chinese Air Force will be forced to  fight a defensive war close to its own shores,  

    今のところ、中国空軍は自国の海岸に近い防衛戦を強いられることになるだろう。

  • where air defenses remain dense enough  to ward off even the stealthy F-22s.

    防空が密集している場所では、ステルス性の高いF22でさえ追い払うのに十分な防空が残っています。

  • At the absolute limits of their combat ranges  from airfields in the Philippines, the F-22s  

    フィリピンの飛行場からの戦闘範囲の絶対的な限界で、F-22は

  • rendezvous with one of dozens of American  airborne tankers before returning to base.  

    基地に戻る前に数十機のアメリカの空挺戦車の一つとランデブーする。

  • With the superior fighter, a larger  AWACS and airborne refueling fleet,  

    優れた戦闘機と、より大きなAWACSと空中給油艦隊で。

  • and the world's most robust battle  management and data link capabilities,  

    と、世界で最も堅牢な戦闘管理とデータリンク機能を備えています。

  • the US military has won the day, despite the high  costs of a war between these two military giants.

    この2つの軍事的巨人の間の戦争の高額な費用にもかかわらず、米軍はその日のうちに勝った。

  • For now though, the F-22 continues to reign  supreme, unmatched by any other weapon in the sky

    今のところ、F-22は空の他のどんな兵器にも負けない最高の君臨を続けています。

  • Want to find out how the mighty Raptor compares  to the Russian SU-35? Check out this video,  

    強大なラプターがロシアのSU-35とどのように比較されるかを知りたいですか?このビデオをチェックしてください。

  • US F-22 Raptor vs Russian SU-35 Fighter JetWho Would Win? Or click this other one instead!

    米国のF-22ラプター対ロシアのSU-35戦闘機-誰が勝つだろうか?または代わりにこの他のものをクリックしてください

Two American AWACs planes cruise two  hundred miles off the Chinese coast,  

アメリカの2機のAWACSが中国沖200マイルを巡航しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ミサイル 距離 アメリカ 飛行 戦闘 マイル

なぜF-22ラプターは未だに最高の地位にあるのか (Why F-22 Raptor Still Reigns Supreme)

  • 21 0
    Summer に公開 2020 年 10 月 10 日
動画の中の単語