Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The date is August 14th, 1961. The location:  a dingy basement in the American Central  

    日付は1961年8月14日。場所はアメリカの中央部の薄暗い地下室。

  • Intelligence Agency's West Berlin headquartersJust a few miles distant lies the Soviet KGB's  

    諜報機関の西ベルリン本部 ほんの数マイル離れたところに ソ連KGBの

  • own headquarters, both sides separated by  a political demarcation splitting Germany  

    本拠地

  • into East- under influence of the Soviet Unionand the democratic West- under the protection  

    ソビエト連邦の影響下で東に、保護の下で民主的な西に

  • of the United States and its allies. For years,  a secret spy war has waged between both sides,  

    アメリカとその同盟国の何年もの間、双方の間で秘密のスパイ戦争が繰り広げられてきました。

  • the life of each operative always just  a single trigger-pull away from ending.

    それぞれの工作員の人生は、常に終了のトリガープル一つで終わります。

  • And now, sitting at a table lit only by two 40  watt lights hanging from the ceiling, is one of  

    そして今、天井からぶら下がっている2つの40ワットのライトだけで照らされたテーブルに座っているのは、そのうちの1つです。

  • those trigger pullers- the Soviet assassin Bohdan  Stahynsky, and he wants to flip to the Americans.

    ソ連の暗殺者 ボウダン・スタヒンスキーが アメリカに寝返ろうとしている

  • Or, at least that's what the man claims to be  and want. He appears to be in his late thirties  

    少なくとも男はそう主張しているし、それを望んでいる。彼は30代後半に見える

  • or early forties, a tall handsome man with dark  hair, a clean shaven face, and an easy going  

    40代前半、黒髪で清潔感のある顔立ちの長身のイケメン、そして気楽な

  • manner. Nothing about him screams assassinand yet the man insists that he is the one  

    態度が悪い暗殺者とは思えないが、彼は自分が犯人だと主張している。

  • responsible for at least two major political  assassinations on the Soviet side of Europe.

    ヨーロッパのソビエト側の少なくとも2つの主要な政治的な暗殺の責任があります。

  • The American agents interrogating  him are skeptical. The West German  

    彼を尋問するアメリカの捜査官は懐疑的だ。西ドイツの

  • intelligence officer assisting his  American partners is less skeptical.

    アメリカのパートナーを支援する諜報員は 懐疑的ではありません

  • Go on”, the German officer  nods, “Tell us how it happened.”

    "続けて" ドイツ人将校はうなずいた "どのようにして起こったのか話して"

  • Stashynksy takes a sip of  water and clears his throat...

    スターシンクスィーは水を一口飲んで喉を澄ませる......。

  • It's now October 1957 and the weather  is pleasantly cool. Stashinsky sits  

    1957年10月になりましたが、天気はとても涼しくなりました。スタシンスキーは座っています

  • on a park bench in the middle of Munichnewspaper on his lap. To all appearances,  

    ミュンヘンの真ん中の公園のベンチで 新聞紙を膝の上に置いていましたどう見ても

  • he's nothing more than another German citizen  enjoying the mild weather. In reality,  

    彼は穏やかな気候を楽しんでいる ドイツ国民に過ぎません現実には

  • he is a dangerous predatory animal, carefully  eyeballing every man who crosses his path.  

    彼は危険な捕食動物で、通り過ぎる人間を注意深く観察しています。

  • He's looking for his prey, and  he knows he'll find him soon.

    獲物を探していて、すぐに見つかると思っている。

  • Originally, Stashinsky was  instructed to abduct Lev Rebet,  

    もともとスタシンスキーはレフ・レベトを拉致するように指示されていた。

  • the editor of a Ukranian nationalistic  newspaper that called for independence  

    独立論者

  • for Ukraine from the Soviet Union. Needless to say  this didn't sit well with the Soviet government,  

    ソビエト連邦からウクライナのために言うまでもなく、これはソビエト政府には不評でした。

  • and with the paper's growing influence  something had to be done to stop the agitators.

    新聞の影響力が大きくなってきたので 扇動者を止めるために 何かをしなければならなかったのです

  • Six months after his original  tasking to abduct Rebet,  

    レベトの誘拐という最初の任務から半年後。

  • the KGB changed its mind and encouraged  the assassination of Rebet instead.  

    KGBは考えを変えて、代わりにレベトの暗殺を奨励した。

  • Soviet premier Nikita Kruschev  personally approved of the killing,  

    ソビエトのニキータ・クルシチョフ首相は、個人的に殺害を承認した。

  • and soon Stashinsky found himself with different  orders- kill Lev Rebet and leave no witnesses.

    そしてすぐにスタシンスキーは別の命令で自分自身を発見した-レフ・レベトを殺し、目撃者を残さない。

  • Stashinsky watches the crowd carefully as it  moves. He's been here in the city center for two  

    スタシンスキーは群衆の動きを注意深く見ている。彼はこの街の中心部に来て2年になる。

  • days, knowing that eventually Rebet will appearHe doesn't have long to wait, and early on the  

    そのうちレベトが現れることを知っています。 彼は待つ時間が長くなく、早い段階で

  • second day, Stashinsky spots Rebet from a distance  as he steps off a tram, and immediately picks up  

    二日目、スタシンスキーはレベが路面電車を降りたところを遠くから見て、すぐに拾い上げた。

  • his newspaper and begins to follow him. Rebet has only minutes left to live now

    彼の新聞を見て 彼の後を追い始めましたレベトの命はあと数分しかない。

  • Hidden in the rolled up newspaper is  a very simple device- a single-shot,  

    巻き上げられた新聞の中に隠されているのは、非常にシンプルな装置-単発のショットです。

  • single-barreled pipe gun of sorts, loaded with  a nearly foolproof tool for assassination:  

    拳銃

  • a capsule of potassium cyanide. The weapon fires  the capsule directly into the face of its victim,  

    青酸カリのカプセルだ兵器は被害者の顔に直接カプセルを発射する。

  • which bursts on impact releasing a small cloud of  the deadly poison. Within seconds the victim will  

    致命的な毒の小さな雲を放出する衝撃で破裂します。数秒以内に犠牲者は

  • be unconscious. Moments later, dead, and best of  all- any medical examination that doesn't look  

    意識がない数分後には死んでいた、そして何よりも、どんな医学的検査でも

  • too closely will determine the cause of death  to be nothing more than a simple heart attack

    死因は単純な心臓発作以外の何物でもないと判断されます。

  • Now, Stashinsky follows Rebet, the  deadly weapon hidden in his newspaper.  

    さて、スタシンスキーは新聞に隠された凶器、レベトを追う。

  • On an ankle holster, Stashinsky  carries a small revolver,  

    足首のホルスターに、スタシンスキーは小さなリボルバーを持ち歩いています。

  • just in case there are any witnesses. Nobody can  be left alive to tell the tale of Rebet's death,  

    目撃者がいる場合に備えてリベットの死を語り継ぐ者は 誰も生きたままではいられない

  • and certainly not to link it back to the people  who most want him dead: the Soviet Union.

    彼の死を最も望んでいる人々である ソ連に結びつけてはいけません

  • Rebet leads Stashinsky through the streets of  Berlin, finally arriving at his apartment block.  

    レベトはスタシンスキーをベルリンの街中に導き、ついに彼のアパートに到着します。

  • He opens the front door and lets himself  in, Stashinsky slipping in behind him  

    玄関のドアを開けて中に入ると、後ろからスタシンスキーが滑り込んできた。

  • just before the door closes. Rebet begins  to climb the stairs to the second floor,  

    ドアが閉まる直前にリベットは二階への階段を登り始める。

  • completely unaware of the deadly  assassin stalking his every step.

    致命的な暗殺者が彼の一挙手一投足につきまとっていることに全く気がつかない。

  • Stashinsky clears his throat. The surprised  Rebet immediately spins around to face him,  

    スタシンスキーは喉を鳴らす。驚いたリベットは、すぐに彼の方に向き直るように振り向いた。

  • only to stare into the barrel of the deadly  poison gun. With a silent hiss, the weapon fires,  

    致命的な毒銃の銃身を見つめるだけである。静かなヒスで、武器が発射された。

  • a potassium cyanide capsule bursting directly  in Rebet's face. Rebet staggers forward,  

    青酸カリのカプセルが レベットの顔面に直撃しましたレベットはよろめきながら前に出る

  • but falls to the floor. The assassination  has been perfect. No witnesses, and the  

    が床に落ちる。暗殺は完璧だった。目撃者もおらず、また

  • medical examiners will discover only a small  amount of potassium cyanide in Rebet's system,  

    検死官はリベットの体内に少量のシアン化カリウムを発見するだろう。

  • not enough to trigger suspicions that  his death was anything but natural.

    彼の死が自然なものではないという疑念を抱かせるには不十分だ

  • Back in 1961, the CIA officers look skeptical.  A poison gun that shoots potassium cyanide  

    1961年当時、CIAの将校たちは懐疑的な顔をしている。 青酸カリを撃つ毒銃

  • capsules? That sounds ridiculous to thempure fantasy. They're growing less and less  

    カプセル?彼らには馬鹿げているように聞こえるが、純粋なファンタジーだ。彼らはどんどん成長していない

  • convinced by the minute that this man is truly  who he says he is, let alone a Soviet assassin.

    この男が彼の言う通りの人物であることを 確信している ソ連の暗殺者はおろか

  • The German officer however isn't so sureAn autopsy of Rebet did discover potassium  

    しかし ドイツ軍将校はそうは思っていませんでした レベトの検死ではカリウムが発見されました

  • cyanide in his system. And the same  was discovered in another prominent  

    彼の体内にシアン化合物が入っていましたそして、同じことが別の著名な

  • political enemy of the Soviet Union just  two years later. Could the two be connected?

    ちょうど2年後にソ連の政敵になりましたこの2つはつながっているのでしょうか?

  • Tell me more, Herr Stashinsky.”

    "もっと教えてくれ、スタシンスキーさん"

  • It's once more October, but this time it's 1959,  

    またまた10月になりましたが、今回は1959年です。

  • two years after the assassination of Lev RebetToday, the target is another Ukranian antagonist,  

    レフ・レベト暗殺から2年後のことです 今日のターゲットはもう一人のウクラニア人の敵です

  • a political leader now living in exile from his  former home, and still calling for independence  

    亡命政治家

  • from the Soviet Union, Stepan Bandera. This has  naturally placed him in the crosshairs of the KGB.

    ソ連のステパン・バンデラだ当然、彼はKGBの照準にさらされています。

  • Bandera lives in Munich, on an apartment  block at Kreittmayer Street not far from his  

    バンデラはミュンヘンのクライツマイヤー通りのアパートに住んでいます。

  • office. Stashinsky has been watching Bandera  closely for months, the man is not easy to  

    事務所に所属しています。スタシンスキーは数ヶ月間 バンデラを監視していました 彼は容易ではありません

  • track or to approach. Bandera is all too  aware that there is a target on his back,  

    追いかけたり、近づいたりする。バンデラは背中にターゲットがあることに気付いている。

  • and has been careful to mix up his routines  and maintain tight security at all times.  

    と彼のルーチンをミックスし、常にタイトなセキュリティを維持するために慎重にしています。

  • This has made pinning down his commute and  best places to ambush him, very difficult.

    これで彼の通勤時間と待ち伏せに最適な場所を突き止めるのは 非常に困難になりました。

  • Stashinsky has already tried to penetrate  Bandera's home on a previous occasion,  

    スタシンスキーは以前にもバンデラの家に侵入しようとしたことがある。

  • but the lockpicking tools provided to him by  the KGB failed to open the lock to the front  

    しかし、KGBから支給された鍵開けの道具では 正面の鍵を開けることができませんでした。

  • door of the apartment building. He tried his own  key to see if perhaps they were similar enough,  

    アパートのドアを開けた。彼は 自分の鍵を試してみた おそらく彼らが十分に似ているかどうか 確かめようとしていた

  • but that too failed and actually broke off in  the lock. Panicked, Stashinsky called off the  

    しかし、それも失敗し、実際にはロックでブレークした。パニックに陥ったスタシンスキーは

  • assassination attempt, fearful that the  sabotaged lock might give the plot away.

    暗殺未遂だ 妨害された錠前が陰謀を暴くのを恐れてな

  • Lucky for him, the building inspector  fixed the lock and suspected no foul play.  

    幸いなことに、建築検査官が鍵を直してくれたので、不正行為はなかったと思われます。

  • Bandera remained unaware of just how close he had  come to death. Stashinsky was determined to kill  

    バンデラは、自分が死に近づいていることに気づかないままだった。スタシンスキーは

  • him on this first trip though, and as he followed  closely from behind through the streets of Munich,  

    しかし、この最初の旅では、彼はミュンヘンの通りを通って、後ろから近くについてきました。

  • Bandera happened to glance  behind him and spot Stashinsky,  

    バンデラはたまたま彼の背後に目をやり、スタシンスキーを見つけた。

  • making the assassin fear he'd  been made. The hit was called off.

    暗殺者は自分がされたことを恐れていた殺しは中止された

  • But now, weeks later, Stashinsky is  determined to at last get his victim.  

    しかし、数週間後の今、スタシンスキーはついに被害者を捕まえようとしている。

  • He has filed down one of his own keys to match  the lock to Bandera's apartment building door,  

    彼は バンデラのアパートのドアの鍵と一致するように自分の鍵の一つをファイリングしています。

  • and he undertakes a quick  trial run to ensure it works.  

    彼はそれが機能することを確認するために迅速な試運転を引き受ける。

  • Sure enough, the key fits and the  door opens. The assassination is a go.

    案の定、鍵が合い、ドアが開いた。暗殺が実行される。

  • The next day, Stashinsky takes a yellow pill meant  to protect him from the potassium cyanide he'll  

    次の日、スタシンスキーは青酸カリから身を守るために黄色の錠剤を飲んだ。

  • be using to kill Bandera with. His weapon is an  improved version of the one he used two years ago,  

    バンデラを殺すのに使っている彼の武器は2年前に使ったものを 改良したものです

  • featuring two barrels which will allow  him to ensure a deadly dose is delivered.

    致命的な投与を確実に行うことができる2つのバレルを特徴としています。

  • The assassin makes his way to the Ludwig  Bridge near the German Museum in Munich,  

    暗殺者はミュンヘンのドイツ博物館の近くにあるルートヴィヒ橋に向かう。

  • and from there finds a place to  observe the Ukranian emigre office.  

    そして、そこからウクラニアの移住者のオフィスを観察する場所を見つけます。

  • He spots Bandera's car, and an  hour later at about 1130 hours,  

    バンデラの車を発見し、1時間後の1130時頃。

  • Stashinsky watches a man and a woman exit the  office and enter Bandera's vehicle, driving down  

    スタシンスキーは、オフィスから出てきた男女がバンデラの車に乗り込み、車で下っていくのを見ています。

  • the street. He's not close enough to identify  the man, but is convinced that it's Bandera.

    通りを歩いている。彼は その男を特定するのに十分なほど近くにはいないが バンデラだと確信している

  • Stashinsky decides to simply wait for Bandera at  his home, and takes a streetcar to the apartment  

    スタシンスキーは自宅でバンデラを待つことにし、路面電車に乗ってアパートに向かう。

  • building Bandera lives in under a fake name. He  finds a place to sit and observe the street, and  

    バンデラが偽名で住んでいるビル彼は座る場所を見つけて通りを観察し

  • not long after spots Bandera's car drive past himBandera, who is typically escorted by a bodyguard  

    ほどなくして、スポットBanderaの車が彼を通過した後。 いつもはボディガードに護衛されているバンデラが

  • everywhere he goes, is completely alone. Now is the time to strike.

    どこに行っても完全に一人だ今がストライキの時だ

  • Stashinsky watches Bandera drive into the  apartment building's garage, and quickly  

    スタシンスキーは、バンデラがマンションのガレージに車で乗り込むのを見て、すぐに

  • makes his way inside the building using his  filed-down key. He heads up the stairs and  

    ビルの中に入るために ファイルされた鍵を使っています彼は 階段を上って

  • takes a perch in between the ground and second  floor. It's still early in the afternoon and  

    1階と2階の間に鎮座しています。まだ午後の早い時間で

  • the building is quiet, there is no foot traffic  coming or going- perfect for an assassination.

    ビルは静かで 人の往来もなく 暗殺には最適だ

  • Suddenly there's the sound of a door opening  somewhere above Stashinsky, and two women bidding  

    突然、スタシンスキーの上のどこかでドアが開く音がして、二人の女性が入札をしています。

  • goodbye to each other. Stashinsky tries to calm  his nerves, and wills the woman to quickly move  

    互いに別れを告げる。スタシンスキーは神経を落ち着かせようとしますが、女性はすぐに移動するように意志を示します。

  • to the elevator and take her leave. She  doesn't. She decides to take the stairs.

    エレベーターに乗って彼女を連れて行く彼女はそうしなかった彼女は階段を使うことにしました

  • Stashinsky grips the weapon hidden in his  newspaper roll. It has two barrels, two charges.  

    スタシンスキーは新聞紙に隠された武器を握った。砲身が2つ、電荷が2つ入っている。

  • He could kill two people with it if need be.

    必要ならば、それで二人を殺すこともできる。

  • The woman draws nearer, and at the last secondStashinsky decides against killing her. He moves  

    女が近づいてきて、最後の瞬間、スタシンスキーは女を殺すのをやめることにした。彼は移動して

  • down the stairs and begins to fiddle with the  elevator button, pretending to be waiting for it.  

    階段を降りて、待っているふりをしてエレベーターのボタンをいじり始める。

  • The woman passes by him and exits the buildingThe moment the door closes behind her,  

    女性は彼の横を通り過ぎて建物を出ていく。 彼女の後ろでドアが閉まる瞬間。

  • Stashinsky curses silently and  rushes back towards the stairs.

    スタシンスキーは無言で罵声を浴びせ、階段の方へと急いで戻っていく。

  • But before he can take more than two steps towards  the stairs, the front door once more opens.  

    しかし、彼が階段に向かって二歩以上歩を踏み出す前に、再び玄関のドアが開く。

  • It's Bandera, and he's spotted StashinskyFor one brief moment, the assassin fears  

    バンデラだ!スタシンスキーに目をつけられてしまった。 一瞬、暗殺者は恐怖を感じたが...

  • that the game is up. Maybe Bandera will  run. Maybe he will reach for his weapon.  

    ゲームが上がっていることをバンデラは逃げるかもしれない武器に手を伸ばすかもしれない

  • Stashinsky is only armed with the poison  gun, useless except at point blank range.  

    スタシンスキーは毒銃だけで武装していて、至近距離以外では役に立たない。

  • Bandera would surely kill him  before he could get that close,  

    バンデラはきっと彼を殺すだろう。

  • it's well known that the Ukranian leader in exile  always carries a firearm in a shoulder holster.

    亡命中のウクラニアの指導者は、いつも銃を肩に掛けて持ち歩いていることはよく知られています。

  • The question racing through Stashinsky's  mind is- does he recognize me?  

    スタシンスキーの頭の中を駆け巡っているのは...彼は私を知っているのか?

  • Did he spot me weeks ago as I was  following him and he happened to  

    彼は数週間前に私の後をつけていたので、彼は私を見つけました、そして彼は偶然にも

  • glance over his shoulder directly  at me? Will he remember my face?

    彼の肩越しに直接私を見るのか?彼は私の顔を覚えているだろうか?

  • Bandera does not. He nods briefly  at Stashinsky before turning his  

    バンデラはそうではありません。彼はスタシンスキーに短くうなずいてから

  • attention back to extricating his key  from the front door. His arms are loaded  

    彼の注意を玄関のドアから鍵を取り出すことに戻した彼の腕には 弾が入っている

  • with groceries and he is having trouble  removing the key from the sticky lock,  

    食料品を持って、彼はベタベタした鍵から鍵を外すのに苦労しています。

  • his back turned to the deadly Soviet  assassin standing only a dozen feet away.

    彼の背を向けたのは、たった12フィート離れたところに立っている致命的なソビエトの暗殺者だった。

  • Stashinsky makes his move, it's now or never.

    スタシンスキーが動き出した 今がチャンスだ

  • Walking to the door, Stashinsky grabs the front  door knob as if to help Bandera. “Doesn't it  

    玄関まで歩き、バンデラを助けるかのように玄関のノブを掴むスタシンスキー。"しないのか?

  • work?”, asks Stashinsky, causing Bandera to look  directly at him. “Yes, it works.” comes the reply.

    とスタシンスキーが尋ねると、バンデラは彼を直視しました。"はい、効きます」と返事が返ってきました。

  • As Bandera turns to look and answers Stashinsky's  question, he's met by both barrels of the  

    バンデラが見て、スタシンスキーの質問に答えるためにターンしたように、彼は両方のバレルの

  • poison gun. Two capsules of potassium cyanide  burst at point blank range in Bandera's face,  

    毒銃青酸カリのカプセル2個がバンデラの顔面に至近距離で炸裂した。

  • and the Ukranian leader staggers backwardsGroceries fall to the floor as Bandera struggles  

    とウクラニアのリーダーが後方によろめきます。 食料品は床に落ちます バンデラは苦戦しています

  • to free his pistol from its holster hidden  under his jacket. It's too late for him though.

    上着の下に隠されたホルスターから 拳銃を取り出そうとしましたしかし、彼には遅すぎた。

  • Stashinsky doesn't even wait to confirm Bandera's  death. He walks out the door and closes it behind  

    スタシンスキーはバンデラの死を確認するのを待たずに彼はドアの外に出て、後ろでドアを閉める。

  • him as Bandera falls to the floor. The massive  dose of poison takes only seconds to kill him,  

    バンデラが床に落ちると、彼は毒の大量投与で彼を殺すのに数秒しかかからない。

  • the police will find him with his hand still  clutching at the weapon in its holster.

    警察は彼がホルスターの中の武器を握りしめているのを見つけるだろう。

  • Back in 1961 once more, the Americans still aren't  buying it. “A poison gas gun? Whoever heard of  

    1961年にもう一度、アメリカ人はまだ信じていません。"毒ガス銃?誰でも聞いたことがある

  • such a thing. What a load of hooey.” The CIA  agents do not believe Stashinsky or his stories,  

    そんなもの"うそつきの塊だ"CIA捜査官はスタシンスキーや彼の話を信じていない。

  • and make a recommendation to headquarters  that he is useless as a double agent  

    二重スパイの役にも立たないと本部に勧告する

  • and is possibly a Soviet mole  himself. His stories don't add up,  

    ソ連のスパイかもしれない彼の話は辻褄が合わない

  • and the CIA releases him to the  West German intelligence service.

    そしてCIAは彼を西ドイツの諜報機関に解放した。

  • The Germans however aren't as skeptical of  Stashinsky's stories. They have Stashinsky  

    しかし、ドイツ軍はスタシンスキーの話に懐疑的ではない。彼らはスタシンスキーを

  • walk them through a recreation of the murders  and become increasingly convinced that he's  

    殺人事件の再現を通して 彼らを歩かせ、次第に彼が

  • the real deal given his incredible  familiarity with the murder scenes.  

    殺人現場に精通していることを考えると本物だな

  • Maybe he can be a valuable intelligence assetbut first, he has to answer for his crimes.

    彼は貴重な情報提供者になれるかもしれないが、その前に罪を償わなければならない。

  • As a valuable asset, Stashinsky is jailed for  only eight years. Shortly after his release,  

    貴重な資産として、スタシンスキーはわずか8年の間に投獄されました。釈放されて間もなく

  • the CIA changes its mind on Stashinsky and brings  him into the fold. They eventually provide new  

    CIAはスタシンスキーの件で考えを改め、彼を傘下に入れる。彼らは最終的に新しい

  • identities for him and his German wife and fly  them to South Africa, where he is granted asylum.

    彼とドイツ人の妻の身元を確認し、南アフリカに逃がして亡命を認めてもらいます。

  • But not before he delivers a goldmine of  intelligence to the West on Soviet operations

    しかし、彼はソ連の作戦で西側に諜報の金鉱を提供する前には、そうではありません。

  • Now that you've made it to the end, comrade, check  out what happens if you displease the great Soviet  

    最後までやったからな、同志よ 偉大なソビエトを失望させたらどうなるか見てみろよ

  • premier with The Horrible LIfe Of People IN Soviet  Gulags. Or check out this other video instead!

    The Horrible LIfe Of People IN Soviet Gulagsのプレミアビデオです。または、この他のビデオをチェックしてみてください

The date is August 14th, 1961. The location:  a dingy basement in the American Central  

日付は1961年8月14日。場所はアメリカの中央部の薄暗い地下室。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ソ連 ソビエト ドア ドイツ カプセル 新聞

実生活の暗殺者の非常識な、しかし本当の話 (Insane But True Story Of A Real Life Assassin)

  • 109 1
    Summer に公開 2020 年 09 月 20 日
動画の中の単語