Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It can feel good lounging around and doing nothing, sometimes too good.

    それは、<a href='#post_comment_1'>周りにラウンジ<i class="icon-star"></i>と何もしないで、時にはあまりにも良い感じにすることができます。

  • Whether it's to avoid work or escape physical activity, we've all had those days.

    仕事を避けるためか、身体活動から逃れるためか、私たちは皆、そんな日を過ごしてきました。

  • But why are some people way lazier than others?

    しかし、なぜ<a href='#post_comment_2'>他の人よりも、<i class="icon-star"></i>の方がいい加減な人がいるのでしょうか?

  • Is there a couch potato gene that causes lazy behavior?

    怠惰な行動を引き起こすカウチポテトの遺伝子があるのか?

  • Evolution has molded our brains and bodies to respond positively to natural rewards, such as food, sex and even exercise.

    進化は私たちの脳と体を成形し、食べ物やセックス、さらには運動などの自然な報酬に積極的に反応するようにしてきました。

  • Wait, exercise?

    待って、運動?

  • Yep, the pleasure we experience comes largely from the dopamine system in our brain, which conveys these messages throughout the body,

    そう、私たちが経験する快感は、主に脳内のドーパミン系から来ていて、これらのメッセージを体中に伝えるのです。

  • ultimately helping to ensure the survival of our species.

    最終的には種の存続に貢献しています。

  • For many, the pleasure derived from exercise can become just as addictive as food and sex.

    多くの人にとって、運動から得られる快感は、食べ物やセックスと同じように中毒性を持つことになります。

  • But while we're all up for more food and sex, many struggle with the desire for physical activity, even though it's an essential part of human biology.

    しかし、私たちはすべての<a href='#post_comment_3'>up<i class="icon-star"></i>より多くの食べ物とセックスのためにしている間、多くの人は、それが人間の生物学の本質的な部分であるにもかかわらず、身体活動のための欲求に苦労しています。

  • Scientists studying mice have found an interesting genetic connection.

    マウスを研究している科学者たちは、興味深い遺伝的なつながりを発見しました。

  • After separating mice into two groups, those that chose to run on their wheel more often and those that decided not to run as much, the difference was clear in their offspring.

    マウスを2つのグループに分けた後、より頻繁に車輪で走ることを選んだグループと、あまり走らないことを決めたグループに分けたところ、その違いは子孫の中で明らかになりました。

  • After ten generations, the running mice would run on their wheels 75% more often than the other group.

    10世代後には、走っているマウスは他のグループに比べて75%の頻度で車輪で走るようになりました。

  • And by 16 generations, they were running seven miles a day as opposed to the average four miles.

    16世代になると、1日に7マイル走るようになっていたのが、平均4マイルになりました。

  • It seemed their motivation for physical activity was genetic.

    彼らの運動へのモチベーションは遺伝的なものだったようです。

  • We all inherit genes from our parents that play a key role in the development of our brains, and these genes can make some literally crave activity.

    私たちはすべて私たちの脳の発達に重要な役割を果たしている私たちの両親から遺伝子を継承し、これらの遺伝子は、いくつかの<a href='#post_comment_4'>文字通り<i class="icon-star"></i>切望の活動を行うことができます。

  • In fact, the brains of the running mice had larger dopamine systems and regions that deal with motivation and reward.

    実際、走っているマウスの脳は、ドーパミン系や、モチベーションや報酬を扱う領域が大きくなっていました。

  • They needed activity, otherwise their brains would react similar to a drug addicted rodent when deprived of cocaine or nicotine.

    彼らは活動を必要としていた。そうでなければ、彼らの脳はコカインやニコチンを奪われたときに麻薬中毒の齧歯類に似た反応をするだろう。

  • They were genetically addicted to running.

    彼らは遺伝的に走ることにハマっていた。

  • We also inherit genes responsible for our other traits from impulsivity to procrastination to work ethic and straight up laziness.

    我々はまた、衝動性から仕事の倫理とストレートに怠惰に先延ばしに私たちの他の特性のための責任遺伝子を継承しています。

  • And it turns out our physical laziness may be linked to a "couch potato" gene.

    そしてそれは、私たちの肉体的な怠惰が「カウチポテト」遺伝子とリンクしている可能性があることが判明しました。

  • Or rather, a mutation in a normal gene which regulates activity levels.

    というか、活動レベルを調節する正常な遺伝子の変異。

  • This gene is responsible for a type of dopamine receptor.

    この遺伝子はドーパミン受容体の一種である。

  • Without it, you're more likely to prefer sitting around and simply doing less than those who have the properly functioning gene.

    それがなければ、遺伝子がきちんと機能している人よりも、座っているだけの方が好きで、単純にやることが少ない人の方が多いです。

  • So the truth is your desire for activity may not entirely up to you.

    だから、真実は、あなたの活動への欲求は、完全にあなた次第ではないかもしれません。

  • But many environmental factors are also at play, which means you aren't doomed to a life of laziness.

    しかし、多くの環境要因も<a href='#post_comment_5'>at play<i class="icon-star"></i>であり、あなたは怠惰な人生に運命づけられていないことを意味します。

  • Although making a change will be harder for some, knowledge is power!

    変化を起こすのが難しい人もいると思いますが、知識は力になります。

  • So if you think you're genetically lazy, get off the couch and fight your DNA.

    遺伝的に怠け者だと思うなら、ソファから降りてDNAと戦え。

  • Your brain will reward you in the end.

    最後は脳が報いてくれます。

  • Need some help to get there?

    手助けが必要ですか?

  • Check out our past video on the science of productivity, which might help you improve your motivation and fight that laziness.

    モチベーションアップやその怠惰との戦いに役立つかもしれない「生産性の科学」について、過去の動画をチェックしてみましょう。

  • And if you'd like to learn more about the amazing science behind extraordinary athletic performance, check out one of our favorite books The Sports Gene by David Epstein,

    そして、並外れた運動能力の裏にある驚くべき科学についてもっと知りたい方は、デビッド・エプスタインの「スポーツ遺伝子」というお気に入りの本をチェックしてみてください。

  • which was a major source for this episode.

    このエピソードの大きなソースとなった

  • It's a great read and you can get a copy of it using the link in the description below.

    これは素晴らしい読み物で、下記の説明文のリンクから入手することができます。

  • And subscribe for more weekly science videos.

    さらに週刊科学のビデオを購読してください。

  • [visit www.facebook.com/subtitleyoutube to see other videos or to make a request]

    [他の動画を見たい方、リクエストしたい方は www.facebook.com/subtitleyoutube をご覧ください]

It can feel good lounging around and doing nothing, sometimes too good.

それは、<a href='#post_comment_1'>周りにラウンジ<i class="icon-star"></i>と何もしないで、時にはあまりにも良い感じにすることができます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 遺伝 マウス 活動 運動 ドーパミン モチベーション

怠惰の科学

  • 25471 1954
    Halu Hsieh に公開 2015 年 06 月 10 日
動画の中の単語