Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The date is 1272, and outside a small church in northern England, a crowd has gathered.

    日付は1272年で、イングランド北部の小さな教会の外には群衆が集まっています。

  • Masons are putting the finishing touches on a new extension to the church, and the assembled

    教会の新しい増築工事の仕上げ作業が行われています。

  • crowd peers through the final few holes left in the stone wall they are building.

    群衆は、彼らが建てようとしている石垣に残された最後のいくつかの穴を覗き込んでいます。

  • Through those holes they can see a young woman, sitting on a rough wooden bed, clasping her

    その穴の向こうには、荒れた木のベッドに座っている若い女性の姿が見えます。

  • hands together in prayer.

    手を合わせて祈りを捧げます。

  • Finally, the masons insert the last stone into place, and the woman is sealed away,

    最後に石工が最後の石を所定の場所に挿入し、女は封印される。

  • never to feel the warmth of the sun on her skin or the warmth of a loved one's embrace

    おひさまのあたたかさを肌で感じることもなければ、愛する人の抱擁のあたたかさを感じることもない

  • ever again.

    今までにない

  • She will live out her life and die in the tiny room she has just been entombed within.

    彼女は自分の人生を生き抜いて、今まで埋もれていた小さな部屋で死ぬのです。

  • But what might be most shocking of all is the fact that this isn't a punishment, in

    しかし、何よりも衝撃的かもしれないのは、これが罰ではないという事実です。

  • fact it's an honor.

    それは名誉なことだ

  • And it's an honor that the young woman has chosen for herself.

    そして、若い女性が自分のために選んだのは名誉なことです。

  • Anchorites were a religious group that grew in popularity during the middle to late middle

    アンカライトは、中・後期に人気を博した宗教団体である。

  • ages, and while they attracted both men and women, they were predominantly female with

    年齢層が高く、男女ともに魅了されていましたが、主に女性で

  • as many as twice as many women as men becoming anchorites.

    男性の2倍もの女性がアンカーナイトになるのと同じくらいの数です。

  • These pious men and women dedicated their life wholeheartedly to God, and more specifically

    これらの敬虔な男女は、心を込めて神に、そして特に

  • to prayer for the salvation of the world- and the best way to accomplish this in their

    世界の救いのために祈りを捧げること、そしてそれを達成するための最良の方法は、彼らの中で

  • minds was to seal themselves away, where they could not be tempted or led astray from their

    心を封印することであった。

  • path.

    のパスを使用しています。

  • It's believed that John the Baptist served as inspiration for the Anchorite way of life,

    バプテストのヨハネがアンカライトの生き方の霊感に仕えていたと考えられています。

  • as he was a hermit monk who retreated from the world so that he may come closer to God.

    彼は、神に近づくために世界から退却した仙人の僧侶であったように、彼は神に近づくために世界から退却した。

  • For his faith and devotion, God rewarded him with the privilege of preparing others for

    彼の信仰と献身のために,神は彼に他の人々を準備する特権を与えてくださいました。

  • the coming of Jesus, and ultimately with the baptism of Jesus himself as the latter began

    イエスの降臨、そして最終的にはイエス自身のバプテスマを受けて、イエスの降臨が始まったのです。

  • his earthly ministry.

    彼の地上のミニストリー。

  • Yet while John the Baptist was a famous hermit, he wasn't a recluse by any means, and certainly

    しかし、洗礼者ヨハネは有名な仙人ではありましたが、決して世捨て人ではありませんでした。

  • did not go to the extreme lengths that Anchorites did.

    アンカライトのような極端なことはしませんでした。

  • Hermitdom was also popular during the time of the Anchorites, and for much the same reasons

    隠遁生活もまた、アンカライト人の時代に人気がありました。

  • as John the Baptist's- becoming a hermit was a way of leaving the world behind and enduring

    隠居は世間を捨てて耐え忍ぶことである

  • a life of hardship in a bid to become closer to God.

    神に近づくための苦難の生活

  • Unlike today where we consider hermits to be creepy weirdos, hermits were largely honored

    わらし仙人をキモい変人とみなす今日とは異なり、わらし仙人は大部分が尊ばれていました。

  • during the Middle Ages, as their seclusion was seen as an act of pious devotion to God.

    中世の間、彼らの隠遁は神への敬虔な献身の行為として見られていました。

  • Hermits were often sought out for their spiritual wisdom and counsel, and received some level

    わらし仙人は、しばしば彼らの精神的な知恵や助言を求められ、ある程度のレベルを受けていました。

  • of honor rather than disdain.

    軽蔑ではなく名誉の

  • For some, hermitdom was too easy a path to follow, and these people decided that they

    ある者にとっては、隠遁生活はあまりにも簡単な道であり、そのような人たちは

  • needed a more extreme form of social isolation in order to get close to God.

    神に近づくためには、より極端な形での社会的孤立が必要でした。

  • To become an anchorite, an individual needed to get the cooperation of a church, as their

    アンカライトになるためには、個人が教会の協力を得る必要がありました。

  • cell where they would spend the rest of their life needed to be constructed on the side

    一生を過ごす独房は、側に建設する必要がありました。

  • of a church where they could still be close to religious services.

    彼らはまだ宗教的なサービスに近いことができる教会の。

  • The anchorite had to prove to the Bishop of the church that they were capable of supporting

    アンカライトは、教会の司教に、自分たちが支えられる能力があることを証明しなければなりませんでした。

  • themselves for a number of years, and had the services of at least one servant to bring

    幾年もの間、自分たちのために、少なくとも一人の使用人のサービスを持っていました。

  • them food and water as well as remove their waste.

    彼らは食べ物や水だけでなく、彼らの廃棄物を削除します。

  • This has led modern researchers to puzzle over the practice, as it is clear that only

    このことから、現代の研究者たちは、その実践に困惑するようになりました。

  • educated, financially well-to-do individuals could afford to engage in such a lifestyle,

    教育を受け、経済的に裕福な人々は、そのようなライフスタイルに従事する余裕がありました。

  • and these aren't the type of people who's lives are so difficult that they might seek

    彼らの人生が困難な人たちのタイプではない

  • to escape them by any means necessary.

    どんな手段を使ってでも彼らから逃れようとしている

  • This is evidence then that the life of an Anchorite was not just chosen by those who

    このことは、アンカライトの生活が、単に以下のような人々によって選ばれただけではなかったことを示しています。

  • participated, but even desired, bizarre as that might seem to us today.

    それは今日の私たちには奇妙に見えるかもしれませんが、参加したが、それを望んでさえいた。

  • Once entombed, the Anchorite was forbidden from ever leaving their enclosure, and given

    埋葬されたアンカライトは 封印された場所から出ることを禁じられ

  • that there was no doorway and they were surrounded in solid stone, escape was a moot point.

    出入り口がなく、強固な石に囲まれていたので、逃げ場がなかった。

  • The only openings to the outside world were two to three slits cut into the rock.

    外の世界への開口部は、岩に切り込まれた2~3本のスリットだけだった。

  • One slit would face into the church, from where the Anchorite could see the altar and

    片方の裂け目は教会に面していて、そこからアンカライトは祭壇と

  • could partake in mass.

    ミサに参加することができました。

  • Another slit would face outwards, from where the Anchorite could receive visitors.

    もう一つのスリットは外側を向いていて、そこからアンカライトは訪問者を受け取ることができます。

  • Sometimes a third slit was cut for the anchorite to receive food and water and to pass their

    時には、アンカライトが食料や水を受け取るために、そして彼らの

  • waste to a servant on the outside.

    外面の下僕にはもったいない

  • The interior of the cell contained only sparse and very rough wooden furnishings, typically

    独房の内部には、まばらで非常に粗い木製の家具のみが置かれていました。

  • just a rough cot to sleep on, a desk, and possibly a chest or set of drawers.

    寝るだけの簡易ベッドと机、それにタンスや引き出しがあればいい。

  • Fresh hay may have been shoved through the slits for the Anchorite to make a bed with,

    新鮮な干し草は、アンカライトがベッドを作るためのスリットに押し込まれていたのかもしれません。

  • but that was the extent of comfort for the imprisoned.

    しかし、それは投獄された者にとっては慰めの範囲であった。

  • In fact, the more difficult the living conditions the more holy the experience was considered,

    実際、生活環境が厳しいほど聖なる体験が考えられていました。

  • and Anchorites often actively strove for discomfort in order to bring themselves closer to God.

    とアンカーナイトは、自分自身を神に近づけるために、積極的に不快感を与えようと努力することがよくあります。

  • The interior of the cell was typically about twelve square feet, or the size of a small

    セルの内部は、通常、約12平方フィート、または小さな

  • bedroom.

    寝室です。

  • There was no bathroom, largely because this was the middle ages, and the anchorite would

    トイレはありませんでした、これは主に中世の時代だからです、そして、アンカーライトは

  • have to make use of a bucket, living with their waste until it was collected by a servant

    桶暮らし

  • on the outside.

    外側に

  • In summer months with sweltering heat, the cell provided little to no relief from breezes,

    猛烈な暑さの夏の間、セルは風からの救済をほとんど提供していませんでした。

  • as the slits cut into the chamber were far too small to allow much air flow.

    チャンバーに切り込まれたスリットは、空気の流れを許容するには小さすぎました。

  • The insufferable heat must have only been worsened by the stench from the anchorite's

    灼熱の暑さは、アンカーライトの悪臭によって悪化したに違いない。

  • waste, and their own body as Anchorites would be unable to bathe.

    老廃物、そしてアンカロイドとしての自分の体が入浴できなくなってしまう。

  • Some Anchorites did include additional furnishings so that they could pursue a trade craft while

    アンカライト人の中には、工芸品を販売している間に、工芸品を販売するための家具を追加した者もいました。

  • entombed.

    埋葬された。

  • One famous anchorite was a renowned goldsmith, and worked with raw ore brought to him, crafting

    ある有名なアンカライトは、有名な金細工師であり、彼が持ってきた原石を使って細工をしていました。

  • it into jewelry and holy symbols.

    それを宝石や聖なるシンボルに

  • These would have been the time's version of a Louis Vuitton bag today, as Anchorites were

    これらは、今日のルイ・ヴィトンのバッグの時代のバージョンであったであろう、アンカライトは

  • that highly renowned and wearing an item crafted by one would have been a great honor.

    その非常に有名で、1 つによって細工されたアイテムを着用している偉大な名誉であっただろう。

  • For this reason, Anchorite 'guidebooks' encouraged them to limit their crafting or sewing to

    このため、アンカライトの「ガイドブック」は、彼らの手工芸や裁縫を制限することを奨励しています。

  • simple, modest items, as the celebrity of these figures was well known.

    これらの人物の有名人はよく知られていたので、シンプルで質素なアイテム。

  • Celebrity was itself a bit of a problem for the anchorite, and despite being able to receive

    セレブリティはそれ自体がアンカライトの悩みの種であり、受けることができたにもかかわらず

  • visitors through the slit in their cell, they were expressly discouraged from doing so.

    房のスリットからの訪問者は、それをすることを明示的に禁止されていました。

  • Anchorite guide books warned that anchorites were to limit their time spent with visitors

    アンカライトのガイドブックは、訪問者と過ごす時間を制限するように警告していた

  • to a minimum, and churches were instructed to forbid the gathering of large groups of

    を最小限に抑え、教会では大人数の集まりを禁止するように指導されました。

  • visitors.

    の訪問者がいます。

  • While Anchorites were highly sought after for spiritual guidance and religious advice,

    アンカライト人は、霊的な指導や宗教的な助言を強く求められていました。

  • they were discouraged from spending their time chatting away as they were supposed to

    閑話休題

  • focus on prayer and religious study instead.

    代わりに祈りと宗教的な研究に焦点を当ててください。

  • Celebrities though, they were, and despite being extreme recluses, Anchorites were highly

    有名人ではあったが、極端な隠遁生活を送っていたにもかかわらず、アンカライトは非常に優秀であった。

  • honored within the Church.

    教会の中で名誉あるものとされています。

  • In a society where women held little to no power, women Anchorites- who outnumbered men

    女性がほとんど権力を持たない社会では、アンカー族の女性は男性よりも数が多かった。

  • by as much as two to one- were seen as the highest spiritual authority within their church,

    2対1の割合で、教会の中で最高の霊的権威とみなされていました。

  • even higher than the Bishop himself.

    ビショップ自身よりもさらに高い

  • Their wisdom was even sought after by nobles, and even kings and queens.

    彼らの知恵は、貴族や王や王妃にさえも求められていました。

  • Some modern researchers postulate that women chose to become Anchorites so that they could

    現代の研究者の中には、女性がアンカライトになることを選んだのは

  • escape the social oppression of their day, and receive prestige and honor in a world

    抑圧から逃れ、世間の威信と名誉を手に入れる

  • where they would have otherwise been nothing much more than a wife, expected to rear and

    そうでなければ妻以上の存在ではなかったであろう場所で

  • raise children.

    子供を育てる

  • Some in fact believe that the life of an anchorite was so popular with women because they sought

    実際には、女性が求めていたからこそ、アンカーライトの生活が女性に人気があったという説もあります。

  • it as a means of escaping forced marriages.

    強制結婚から逃れるための手段として。

  • The term anchorite is believed to have originated from the prestige afforded to these solitaires,

    アンカライトという言葉は、これらのソリテアに与えられた名声に由来すると考えられています。

  • as their wisdom and piety was believed to be the literal anchor of a church.

    彼らの知恵と敬虔さは、教会の文字通りのアンカーであると信じられていたからです。

  • Dedicating their life wholeheartedly to prayer, these men and women were thought to be immune

    心を込めて祈りを捧げることで、彼らは免疫力があると考えられていました。

  • to worldly temptations and deceits, and thus could steer a church through troublesome periods

    世俗的な誘惑や欺瞞に負けず、教会を困難な時期に導くことができました。

  • by being its spiritual anchor.

    その精神的なアンカーとなることで

  • This was a role taken extremely seriously by the Anchorite, with part of their motivation

    これはアンカライトが非常に真剣に取り組んでいた役割であり、その動機の一部は

  • for entombment being a need to pray for the sins of the world.

    埋葬とは、世界の罪のために祈る必要があるということです。

  • By dedicating themselves to praying for the world, the Anchorite hoped to intercede between

    世界のために祈りを捧げることで、アンカライトは世界との間で執り成したいと願っていました。

  • God's judgment and a wicked world, and the Anchorite would spend much of their time in

    神の裁きと邪悪な世界で、アンカライトは多くの時間を

  • supplication for God's mercy.

    神の憐れみのための嘆願。

  • The family and friends of an Anchorite was encouraged to consider their loved one to

    アンカライトの家族や友人は、自分の愛する人のことを考えるように勧められました。

  • be dead, and in fact they were legally considered as such.

    が死んでいて、実際には法的にはそのように考えられていました。

  • As the final stones were laid into place in an Anchorite's cell, the priest would deliver

    アンカライトの独房に最後の石が敷き詰められると、司祭は次のように言った。

  • final rites, the prayers which were said at a person's funeral.

    葬儀の際に行われた祈りのこと。

  • Their earthly lives were over, and now were given over for prayer to God until the day

    彼らのこの世の生活は終わり、今はその日まで神への祈りのために委ねられていました。

  • they died.

    彼らは死んだ

  • With so few visitors though, an Anchorite might die without anyone noticing except for

    訪れる人が少なすぎて、アンカライトは誰にも気づかれずに死んでしまうかもしれない。

  • their assigned servant, and last rites seems a bit practical as well as ceremonial.

    と最後の儀式は、儀式としてだけでなく、少し実用的なようです。

  • It's not known what Anchorites felt about their way of life, if they had any regrets

    アンカロイドが自分たちの生き方にどんな思いを抱いていたのか、後悔しているのかどうかは定かではありません。

  • over their entombing or if they gladly accepted such an extreme lifestyle.

    とか、そのような極端なライフスタイルを喜んで受け入れたかどうか。

  • The only surviving text from an Anchoress is that of Julian of Norwich, an Anchorite

    アンカーレスの文章で唯一現存するのは、アンカー派のノリッチのユリアンの文章です。

  • that lived in the late 1300s.

    1300年代後半に生きた

  • The only reference to her personal feelings on her lifestyle is a small comment which

    彼女のライフスタイルについての個人的な感情に言及しているのは、彼女の小さなコメントだけです。

  • reads, 'this place is a prison, this life is penance'.

    は、「ここは牢獄であり、この人生は懺悔である」と読みます。

  • Whether Julian was referring to the earth as a prison, and our earthly lives as penance,

    ユリウスは地球を牢獄として、私たちの地上生活を懺悔と言っていたのかどうか。

  • or her actual life entombed next to a church is unknown.

    教会の隣に埋葬されていたのか、実際の生活は不明です。

  • Anchorites were nothing if not stoic.

    アンカライトはストイックだった

  • It wouldn't matter much if an Anchorite did experience a change of heart anyways, as the

    いずれにしてもアンカライトが心変わりをしたとしても大した問題ではないだろう。

  • church would never allow them to be freed.

    教会は決して彼らの解放を許さないだろう。

  • Anchorism was a deadly serious commitment, and there was no option to fail.

    アンカー主義は致命的なほどの真剣勝負であり、失敗する選択肢はなかった。

  • That being said, some Anchorites did eventually attempt to escape with the help of outsiders.

    そう言われてみれば、一部のアンカーライトは最終的に部外者の助けを借りて脱出しようとしていた。

  • Yet for some, Anchorism was not extreme enough, and a group known as the Stylites had for

    しかし、一部の人にとっては、アンカーリズムは十分に過激ではなく、スタイライトとして知られるグループは、以下のようにしていました。

  • a long time been engaging in an even more extreme lifestyle choice.

    長い間、さらに極端なライフスタイルの選択に従事してきました。

  • Stylities get their name from the world stylos, which means pillar, and from their habit of

    Stylitiesは、柱を意味する世界のstylosからその名前を取得し、彼らの習慣から

  • living out their lives entirely sitting atop stone pillars.

    石柱の上に座って生活しています。

  • Exposed to the elements on a tiny platform, Stylites vowed to spend their entire lives

    小さなプラットフォームの上で風雨にさらされたスタイリストたちは、一生を過ごすことを誓いました。

  • perched atop stone pillars and endure extreme hardship for the sake of closeness to God.

    石柱の上に寄り添い、神との距離を縮めるために苦難に耐える。

  • Much like Anchorites, Stylites were also greatly honored, and one in particular- St. Daniel

    アンカライト人と同様に、スタイライト人も大変名誉な存在であり、特に聖ダニエルはその中の一人です。

  • the Stylite- even received royal visitors who sought out his wisdom.

    スタイリトは、彼の知恵を求める王族の訪問者さえも受けていました。

  • Perched atop a pillar built specially for him outside Constantinople by Emperor Leo

    レオ皇帝によってコンスタンチノープルの外で 彼のために特別に建てられた 柱の上に置かれている

  • I, St. Daniel gave counsel to Emperors Leo and Zeno of Constantinople, as well as the

    私、聖ダニエルは、コンスタンティノープルの皇帝レオとゼノに助言を与えた。

  • city's patriarch.

    都会の家長。

  • He regularly held sermons and counseled the faithful, partaking in the Eucharist and even,

    彼は定期的に説教をしたり、信仰者に助言をしたり、聖体拝領をしたりしていました。

  • it's claimed, healing the sick.

    病人を癒すと言われています

  • It's said that he came down from his pillar only once in thirty three years, to turn Emperor

    柱から降りてきたのは三十三年に一度だけと言われています。

  • Baliscus away from Monophysitism, a blasphemous belief that Jesus Christ was not God in human

    離れてMonophysitismからBaliscus、イエス-キリストは人間の中で神ではなかったという冒涜的な信念

  • flesh, but was entirely God and had no human nature.

    しかし、完全に神であり、人間の性質を持たなかったのです。

  • For Christians, the belief that Jesus was both part human and part divine is a point

    キリスト教徒にとって、イエスが人間の一部であり、神の一部であったという信念は、ポイントです。

  • of great comfort, as it inspires them to believe in a savior that endured the same hardships

    同じ苦難に耐えた救い主を信じるようになるので,大きな慰めになります。

  • and temptations with the same human frailty that normal people do, and yet triumphed over

    誘惑に打ち勝って、普通の人と同じ人間の弱さを持って

  • them.

    彼らのことを考えてみましょう。

  • Turning away to the blasphemy of Monophysitism then would likely be a good excuse for St.

    その後、Monophysitismの冒涜に背を向けることは、おそらく聖のための良い言い訳になるでしょう。

  • Daniel to abandon his perch briefly, but we bet getting the chance to stretch his legs

    ダニエルは一時的に彼のパーチを放棄するが、我々は彼の足を伸ばすためのチャンスを得ることに賭ける

  • must've felt amazing.

    すごいと思ったでしょうね

  • The life of an Anchorite or a Stylite couldn't have been an easy one, and while this seems

    アンカライトやスタイライトの生活は簡単なものではありませんでした。

  • insane to us today and there is no mention in the Bible of any of these practices being

    今日の私たちにとっては非常識であり、聖書にはこれらの行為が行われていることについての言及はありません。

  • necessary at all, one can't help but admire the conviction and personal discipline it

    なくてはならない

  • must have taken to live out a life of extreme solitude, and the selflessness of dedicating

    孤独な生活を送るために必要なものであり、献身的な無私の心を持っていなければなりません。

  • oneself to a life of prayer for the world.

    世界のための祈りの生活に身を置くこと。

  • Next time you're in your room at home and the internet goes out, close your eyes for

    次に自宅の部屋でインターネットが使えなくなったら、目をつむって

  • a moment and imagine that you now have to spend the rest of your life in that room,

    少しの間、あなたは今、その部屋で残りの人生を過ごさなければならないことを想像してみてください。

  • with no entertainment, no bathroom breaks, and no human contact.

    娯楽もなく、トイレ休憩もなく、人との触れ合いもない状態で

  • Want to hear more stories about religion?

    宗教の話をもっと聞きたいですか?

  • Check out our video, Where could the ark of the covenant be?

    契約の箱舟はどこにあるのでしょうか?

  • Or check out this other video instead!

    または、代わりにこの他のビデオをチェックしてみてください!

The date is 1272, and outside a small church in northern England, a crowd has gathered.

日付は1272年で、イングランド北部の小さな教会の外には群衆が集まっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ライト アンカー 教会 祈り 生活 名誉

なぜこれらの人々は教会の中で生き埋めにされたのか (Why Were These People Buried Alive Inside A Church)

  • 25 2
    Summer に公開 2020 年 09 月 11 日
動画の中の単語