Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's been twelve years, but you still remember it like it was yesterday.

    12年経っても昨日のことのように覚えているんですね。

  • You and two of your countrymen were in Cambodia, working for a charity that cleared landmines,

    あなたと同胞の二人はカンボジアで地雷除去の慈善活動をしていましたね。

  • but that didn't matter to the Khmer Rouge.

    しかし、クメール・ルージュには重要ではなかった

  • The brutal regime kidnapped you, planning to execute you.

    残忍な政権はあなたを誘拐して処刑を計画しています。

  • You barely escaped with your life.

    辛うじて命からがら逃げてきた

  • So what are you doing back here?

    ここで何をしているの?

  • After a close call, few people would return to one of the sites they came closest to death.

    瀕死の状態になった後、自分が一番近くに来た現場の一つに戻る人はほとんどいない。

  • But you aren't most people.

    でも、あなたは普通の人とは違う。

  • You're Chris Moon, and you've stared death in the eye more than once.

    あなたはクリス・ムーンで、何度も死を見つめてきた。

  • And you're back in Cambodia for one reason only - to come face to face with your captor

    カンボジアに戻ってきた理由はただ一つ誘拐犯に会うためだ

  • and give them exactly what they deserve.

    そして、彼らにふさわしいものを与える。

  • The year was 1993, and Chris Moon was a British army captain looking for his next great mission.

    1993年、クリス・ムーンは次の大作戦を探しているイギリス陸軍の大尉だった。

  • He had served his country with honor, but he wasn't done yet, and his desire to make

    彼は名誉を持って国に仕えていたが、まだ終わっていなかったし、彼の欲求は

  • the world a safer place led him to one of the most dangerous charities in the world

    世界で最も危険な慈善事業の一つに彼を導いた。

  • - the Halo Trust.

    - ハロ・トラスト

  • This high-risk group of volunteers travels all over the world to current and former combat

    この危険度の高いボランティアグループは、世界中を旅して現役と元戦闘員の元を訪れます。

  • zones to remove one of the most pressing threats to civilians - land mines.

    民間人にとって最も差し迫った脅威の一つである地雷を除去するためのゾーンです。

  • With over six thousand volunteers worldwide, they're one of the world's largest anti-mine

    世界中で6,000人以上のボランティアを擁し、世界最大級の反地雷活動を行っています。

  • organizations, and their members have little problem putting themselves in danger for the

    のために自分の身を危険にさらすことはほとんど問題ではありません。

  • greater good.

    より良いものを

  • Active in Africa, Southeast Asia, the Middle East, South America, and the Balkans, they

    アフリカ、東南アジア、中東、南米、バルカン半島で活動しています。

  • often face opposition from the local government.

    自治体からの反対を受けることが多い。

  • But few countries posed a bigger challenge than Cambodia.

    しかし、カンボジアほど大きな課題を抱えている国はほとんどありませんでした。

  • Like many countries in Southeast Asia, Cambodia had a growing communist movement during the

    東南アジアの多くの国と同様に、カンボジアにも共産主義運動が盛んな時期がありました。

  • Cold War.

    冷戦。

  • But their leadership had darker plans, and the Cambodian Civil War brought the Khmer

    しかし、彼らの指導者たちには暗い計画があり、カンボジア内戦でクメール人は

  • Rouge to power.

    ルージュをパワーに

  • A paramilitary organization led by the nationalist Pol Pot, by 1975 he controlled all of Cambodia,

    民族主義者のポル・ポトが率いる準軍事組織で、1975年までにカンボジア全土を支配していた。

  • and he enforced his rule with maximum force.

    そして、彼は最大の力で自分のルールを強制した。

  • Part of that was the extensive use of land mines, which scattered the countryside.

    その一部は地雷が広範囲に使われていて、田園地帯に散らばっていました。

  • Not only did both sides of the civil war use them in combat, but many people used them

    内戦の両陣営が戦闘で使用しただけでなく、多くの人が使用していた

  • to protect sites like temples from looting and invaders.

    寺院のような場所を略奪や侵略から守るために。

  • The problem with land mines is, they're supposed to be hidden.

    地雷の問題は隠されているはずなのに

  • And when you hide that many, you're bound to lose track of them.

    そして、それだけの数を隠していると、見失ってしまいます。

  • The result?

    結果は?

  • Cambodia has more amputees per capita than anywhere in the world.

    カンボジアは一人当たりの切断者数が世界のどこよりも多い。

  • That made Cambodia a top priority for the Halo Trust, and Chris Moon was ready to answer

    カンボジアはヘイロー・トラストの最優先事項であり、クリス・ムーンはそれに応える準備ができていました。

  • the call.

    呼び出し。

  • But the Khmer Rouge, which ruled Cambodia until 1999, were deeply distrustful of outsiders

    しかし、1999年までカンボジアを支配していたクメール・ルージュは、部外者に対して深い不信感を抱いていた。

  • and the paramilitary forces were notorious for hostage-taking and executions.

    と準軍事部隊は人質を取って処刑することで悪名高かった。

  • Moon and his team were clearing mines in the area when they were quickly surrounded by

    ムーンたちが地雷除去をしていると、すぐに囲まれてしまいました。

  • gun-toting Khmer Rouge soldiers.

    銃を持ったクメール・ルージュの兵士

  • They wasted no time identifying themselves as civilians with a charity, but it didn't

    無駄に慈善事業で民間人を名乗っているが、それは

  • matter.

    問題。

  • They were taken into custody, and when the locals who they had been helping asked about

    拘束され、助けていた地元の人に聞かれると

  • them, they were told they would be taken for interrogation - and then executed.

    彼らは尋問のために連れて行かれ、処刑されると言われました。

  • Moon knew he had to think fast.

    ムーンは素早く考えなければならないことを知っていた。

  • As a former Army Captain, he had been in tight situations before.

    元陸軍大尉である彼は、以前は窮屈な状況に置かれていた。

  • The Khmer Rouge had many young, radicalized soldiers who wouldn't be open to talking

    クメール・ルージュには多くの若い過激派の兵士がいた彼らは話したがらない

  • to a local, and the gleeful giggling among their captors chilled Moon to the bone.

    と地元の人に聞いたところ、捕虜の間での愉快な笑い声が月を骨の髄まで冷やしていました。

  • Images of being forced to play Russian Roulette like in the movie The Deer Hunter flashed

    映画『ディア・ハンター』のようなロシアンルーレットを強要されるイメージがフラッシュした

  • through Moon's head.

    ムーンの頭を貫いて

  • But something was different about the ringleader of their kidnappers.

    しかし、誘拐犯の首謀者については、何かが違っていた。

  • He seemed calm, intelligent, and cautious.

    落ち着いていて、知的で、用心深い人のように見えました。

  • He had even planted a rose garden in the middle of the jungle, amid all the carnage.

    彼はジャングルの真ん中にバラ園を植えていたこともあった。

  • Moon knew if he and his fellow hostages were going to get out of there, he was going to

    ムーンは知っていた、もし彼と仲間の人質がそこから脱出しようとしていたならば

  • have to focus on the man he calledMr. Clever.”

    彼が "ミスター・クレバー "と呼んだ男に焦点を当てる必要がある

  • There were hard days of interrogation ahead, as Moon was separated from his partners and

    ムーンは相棒から引き離され、尋問を受けることになりました。

  • met with demands about why they were really here.

    なぜ本当にここにいるのか、という要求に応えた。

  • It took hard work, but he maintained their narrative of being civilian workers trying

    苦労しましたが、彼は民間人の労働者であるという物語を維持していました。

  • to clear landmines, and appealed to Mr. Clever's intelligence.

    地雷を除去するために、クレバー氏の知性をアピールした。

  • The execution of three innocent aid workers would bring a lot of unwanted attention to

    3人の無実の援助者の処刑は、多くの不要な注目を集めるだろう

  • the Khmer Rouge, and as a divisional commander Mr. Clever did not want to get blamed for

    クメール・ルージュの責任を問われたくなかったのです。

  • any problems for the regime.

    政権のためにどんな問題でも

  • Pol Pot was notorious for killing his own people, and getting his attention was not

    ポル・ポトは自国民を殺したことで悪名高く、彼の注意を引くことは

  • something an ambitious young soldier wanted to do.

    野心的な若い兵士がやりたかったこと

  • After three days that felt like forever, Chris Moon and his men were led by their captors

    永遠のように感じられた3日間の後、クリス・ムーンと彼の部下は捕虜に導かれていた

  • thirty miles through a mine-filled jungle - to freedom!

    地雷だらけのジャングルを30マイルで自由へ!

  • Chris Moon was free, but he was haunted by the experience.

    クリス・ムーンは自由だったが、その体験に取り憑かれていた。

  • The Khmer Rouge had taken him to the brink of death, repaying his work to help their

    クメール・ルージュは彼を死の淵まで連れて行き、彼らを助けるために彼の仕事に恩返しをしました。

  • country with threats of murder.

    殺害の脅しを受けた国だ

  • That chapter of his life wasn't closed yet, but there was no time to dwell on it.

    彼の人生のその章はまだ終わっていなかったが、それに浸っている時間はなかった。

  • Despite his family worrying, he went right back to work for the Halo Trust.

    家族の心配をよそに、彼はすぐにハロトラストの仕事に戻った。

  • He continued going on missions for them, clearing mines around the world, and two years after

    彼は彼らのために任務を続け、世界中の地雷を除去し、2年後には

  • his close call in Cambodia he was sent to another dangerous hotspot - Mozambique, where

    カンボジアでの危機一髪で、彼はもう一つの危険なホットスポット、モザンビークに送られました。

  • years of civil war and local conflicts had left the country riddled with almost 200,000

    年の内戦と地域紛争で20万人近くの人々が暮らしていました。

  • stray landmines.

    流れ着いた地雷。

  • Clearing mines is taking your life in your hands every time, but Chris Moon wasn't

    地雷除去は毎回自分の手で命を奪っていますが、クリス・ムーンはそうではありませんでした。

  • scared of this new, mine-filled land.

    この地雷だらけの新天地にビビる。

  • He ran every night along the perimeter of their base, taking in the new landscape.

    彼は毎晩、基地の周囲を走り、新しい景色を眺めていた。

  • But his luck ran out one day while clearing long strips of mine along the former combat

    しかし、ある日、彼の運は尽きた。かつての戦闘に沿って長い地雷を除去している間に。

  • zone.

    嫁さん。

  • In a safety lane - supposedly already cleared - he came across an unknown mine.

    安全な車線に入ったところで、彼は未知の地雷に出くわした。

  • Mine drills are supposed to detect the metal in mines, but this was a newer mine, constructed

    鉱山の金属を検出するための地雷ドリルですが、ここはもっと新しい鉱山で、建設されました。

  • with less metal.

    少ない金属で

  • Chris cleared it as safe, returned to the cleared lane - and triggered it, nearly killing

    クリスはそれを安全なものとしてクリアし、クリアした車線に戻り、それをトリガーにして、もう少しで死ぬところだった。

  • him and causing massive injuries.

    彼は、彼に大怪我をさせてしまいました。

  • With his right leg blown clean off and his right hand shredded, he crawled towards the

    右足が吹き飛ばされ、右手がズタズタになった状態で、彼は這って向かってきた。

  • remnants of the mine to inspect it before the medical team got there and flew him to

    鉱山の残骸を検査するために 医療チームが到着する前に 彼を連れて行って

  • safety.

    安全のために。

  • Chris Moon was no longer in a war zone, but his battle was just beginning.

    クリス・ムーンはもはや戦場ではなかったが、彼の戦いは始まったばかりだった。

  • His leg was left behind in the rubble, and doctors at the Johannesburg hospital treating

    彼の足は瓦礫の中に残されており、ヨハネスブルグの病院の医師が治療を行っています。

  • him quickly determined his hand couldn't be saved.

    彼はすぐに彼の手が救えないと判断した。

  • Another battle was beginning for Moon - adjusting to the loss of two of his limbs.

    月のためにもう一つの戦いが始まっていた--彼の手足の二本を失ったことに合わせて。

  • But he wasted no time tackling rehabilitation with the same determination that he approached

    しかし、リハビリにも無駄なく取り組んでいました。

  • everything else.

    他のすべてのことを

  • Soon he was strapping on an artificial leg and hook, swimming in the rehab pool, and

    すぐに義足とフックをつけてリハビリプールで泳いだり

  • learning to walk so he could get back to his next goal - running.

    歩くことを覚えたので、次の目標である「走ること」に戻ることができました。

  • Moon had a powerful desire to do good, and he was determined to parlay his new circumstances

    ムーンは善を成し遂げたいという強い願望を持っており、新しい状況を利用しようと決意していた。

  • into opportunities.

    機会に。

  • His work in anti-land mine activism even gained the attention of one of the world's most

    彼の反地雷活動への取り組みは、世界で最も注目されている一人である

  • famous activists for the cause - Diana, Princess of Wales, who honored him at an event not

    大義のための有名な活動家 - ダイアナ、ウェールズ王女は、イベントではなく、彼を称えた。

  • long before her death.

    彼女が死ぬずっと前に

  • When the 1998 Winter Olympics came around, he brought the ceremonial torch into the stadium

    1998年の冬季オリンピックの時には、スタジアムに聖火を持ち込んだ。

  • to start the procession.

    行列を開始します。

  • Moon would have gone back to work clearing landmines as soon as he was equipped with

    ムーンは装備しているとすぐに地雷除去の仕事に戻っていただろう。

  • prosthetics, but there was one problem - the metal in his new hand and leg would interfere

    しかし、一つの問題がありました。

  • with the metal detectors used to dig up the mines.

    鉱山を掘るのに使われた金属探知機で

  • So he would have to help the Halo Trust another way, and he settled on raising money for charity.

    だから、彼は別の方法でハロ・トラストに協力しなければならないだろうし、チャリティーのためにお金を集めることに落ち着きました。

  • He trained relentlessly, learning to run on his prosthetic like it was second nature.

    彼は執拗にトレーニングをして義足で走ることが当たり前のように覚えた。

  • Within a year of being blown up by a landmine, Chris Moon was running in the London Marathon.

    地雷で吹き飛ばされてから1年以内に、クリス・ムーンはロンドンマラソンを走っていた。

  • But he wasn't done - he kept training, and blew past the recovery times for people with

    しかし、彼はまだ終わっていませんでした - 彼はトレーニングを続け、回復にかかる時間を大幅に短縮しました。

  • similar injuries.

    似たような怪我をしています。

  • In 1997, he ran the challenging Marathon De Sables, and since moved on to ultramarathons,

    1997年には、挑戦的なマラソン・デ・サブルズを走り、それ以降はウルトラマラソンに転向しました。

  • including the Badwater Death Valley Ultra - running 135 miles in over 120-degree fahrenheit

    華氏120度以上の環境で135マイルを走る「バッドウォーター・デスバレー・ウルトラ」を含む

  • heat.

    熱します。

  • As an activist against landmines and for greater inclusion for people with disabilities, Chris

    地雷に反対する活動家として、また障害を持つ人々の包摂性を高めるための活動家として、クリスは次のように述べています。

  • Moon became one of England's most prolific fundraisers.

    月はイギリスで最も多額の資金調達者の一人となった。

  • Not only did he raise millions for charity, but he became a popular motivational speaker.

    慈善事業のために数百万ドルを集めただけでなく、人気のある動機づけスピーカーになった。

  • His life story was even profiled in a documentary - I Shouldn't Be Alive: Kidnap in the Killing

    彼のライフストーリーはドキュメンタリー映画「I Shouldn't Be Alive」でも紹介されています。殺戮の中の誘拐

  • Fields.

    フィールド。

  • Despite all he had achieved, and the trauma he had survived after, Moon found his mind

    彼が達成したすべてのこと、そしてその後に生き残ったトラウマにもかかわらず、ムーンは自分の心を見つけました。

  • kept drifting back to those three terrifying days he spent as a captive of the Khmer Rouge

    クメール・ルージュの捕虜として過ごした 恐ろしい3日間を思い出していました

  • - and particularly, to the tense interrogations and negotiations he had shared with Mr. Clever.

    - 特に彼がクレバー氏と共有した緊迫した尋問と交渉に。

  • It was 2005 when he realized what he had to do.

    自分のやるべきことに気づいたのは2005年のことだった。

  • He needed to go back and find Mr. Clever.

    彼は戻って賢者を探す必要があった

  • They had unfinished business.

    彼らにはやり残したことがあった。

  • It wasn't the first time Moon had been back in Cambodia - he had walked the length of

    ムーンがカンボジアに戻ってきたのはこれが初めてではなかった。

  • Cambodia as part of a charity march a few years earlier, after the fall of the Khmer

    カンボジアでは、数年前にクメール王朝が崩壊した後、チャリティー行進を行っていました。

  • Rouge.

    赤だ

  • But this time, he was here on a mission.

    しかし、今回は任務で来ていた。

  • It wasn't easy to track down Mr. Clever, but he managed, and was ready to confront

    巧者さんを追い詰めるのは簡単ではなかったが、何とかして、対峙する準備をしていた。

  • the complex memories he had of the man.

    彼が持っていた複雑な記憶を

  • Mr. Clever was the man who interrupted their mission of mercy and plunged them into three

    慈悲の使命を邪魔して3人を陥れた男だ

  • days of terror.

    恐怖の日々

  • He was also the smart man who eventually understood they were innocents and took them to safety.

    また、最終的には彼らが無実であることを理解し、彼らを安全な場所に連れて行った賢い男でもありました。

  • But Chris Moon wasn't prepared for what happened when he finally looked into his captor's

    しかし、クリス・ムーンは何が起こったのか準備ができていませんでした 彼が最終的に彼の捕獲者を覗き込んだとき

  • eyes again for the first time in twelve years.

    12年ぶりの再会。

  • Moon had never forgotten Mr. Clever, and it turned out Mr. Clever had never forgotten

    ムーンは賢者さんを忘れたことがなく、賢者さんも忘れたことがないことが判明した

  • him either.

    彼もだ

  • He greeted him politely, and the two men began to talk.

    丁寧に挨拶をして、二人は話を始めた。

  • Word had reached Mr. Clever of Moon's exploits in charity work, about his near-death experience

    慈善活動での月の功績が、死の間際にあったという話がクレバー氏のもとに届いていた。

  • in Mozambique, and of his triumphant return to Cambodia.

    モザンビークでの生活と、カンボジアへの凱旋帰国の話。

  • Mr. Clever even took Moon around the sites of Cambodia where he had been captured.

    巧さんはムーンを連れてカンボジアの捕虜となった遺跡を回ったりもした。

  • Many of the buildings had been burned down, and the forest had overgrown some of them.

    多くの建物が焼失し、その一部は森に覆われていました。

  • Moon reflected that the place that had been a site of terror for him all those years ago

    ムーンは、ずっと昔、自分にとって恐怖の場所であった場所を反省していた。

  • was now one of peace.

    今では平和の一つとなっています。

  • The mines had mostly been removed, the young men who were radical soldiers under the Khmer

    地雷はほとんど撤去されていました。

  • Rouge were now finding their own purpose away from war, and the two former enemies were

    ルージュは戦争から離れて自分の目的を見出すようになり、かつての敵同士は

  • able to find common ground.

    共通点を見つけることができる

  • Moon won't share Mr. Clever's real name, but he revealed that the former Khmer Rouge

    ムーン氏はクレバー氏の本名は明かさないが、元クメール・ルージュの

  • soldier had a 21-year-old daughter studying abroad in New Zealand.

    兵士には21歳の娘がいて、ニュージーランドに留学していた。

  • The age of Pol Pot was over, and with it came new opportunities and new freedom for the

    ポル・ポトの時代は終わり、それに伴い、新しい機会と新しい自由がもたらされました。

  • people of Cambodia.

    カンボジアの人々。

  • Moon, too, has made the most of his new start - earning a Masters Degree and founding his

    ムーンもまた、修士号を取得し、自分の会社を設立するなど、新しいスタートを最大限に活用しています。

  • own company, Making the Best.

    自身の会社「メイキング・ザ・ベスト」。

  • Able to finally put the terror of his time in Khmer Rouge captivity behind him, he'll

    クメール・ルージュに捕らわれていた時の恐怖を 忘れることができるでしょう

  • be the first to tell you he regrets nothing about his life and credits all the challenges

    悔やんでも悔やみきれないと最初に言ってしまう

  • he's overcome for making him the man he is today.

    彼は今の彼を作ってくれたから 克服したんだ

  • He even hopes to meet Mr. Clever again one day, and see where their journeys have taken

    いつかまた賢者さんに会いたいと思っています。

  • them since those three days in Cambodia.

    カンボジアでの3日間から

  • But first, there's more marathons and a lot more money for charity ahead for Chris

    しかし、その前に、より多くのマラソン大会があり、クリスのためのチャリティーのためのより多くのお金が先にあります。

  • Moon.

    月だ

  • For more on unlikely survival in a terrifying hostage situation, check outCrazy Rescue

    恐ろしい人質事件でのありえないサバイバルについては、「クレイジー・レスキュー」をチェックしてください。

  • Mission of Hijacked Airplane - Operation Entebbeor check out this video instead.

    ハイジャックされた飛行機のミッション - オペレーション・エンテベ」をご覧になるか、この動画をご覧ください。

  • Thanks for watching, and see you next time!

    ご覧いただきありがとうございました!また次回お会いしましょう

It's been twelve years, but you still remember it like it was yesterday.

12年経っても昨日のことのように覚えているんですね。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ムーン 地雷 カンボジア クメール ルージュ クリス

誘拐されて地雷で爆破された男が復讐のために戻ってきた (Man Kidnapped and Blown Up By Mine, Returns For Revenge)

  • 3 0
    Summer に公開 2020 年 09 月 10 日
動画の中の単語