Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • JG: "Ladies and gentlemen, from the Beatles-- John Lennon and Paul McCartney!"

    JG: "ビートルズからご列席の皆様、 - ジョン·レノンとポール·マッカートニー! "

  • (excited screams and applause as they walk out)

    (興奮した叫び声と拍手彼らが歩くように アウト)

  • JG: "Good evening, good evening. Can I ask you something? How did you get here? Not from

    JG: "こんばんは、こんばんは、私はお願いできます もし何か?どうやってそこに着いたの?ではないから

  • England, but from the hotel with all the people out there?"

    イングランドが、ホテルからのすべての人々と そこに? "

  • JOHN: "Uhh, car."

    ジョン: "うっ、車。"

  • JG: "Car. Did you have any problems?"

    JG: "車は何か問題がありましたか?"

  • JOHN: "No, no. All under control. (jokingly) Well how are you, Johnny?"

    ジョン: "いや、いや全ての制御下(冗談)。 さて、どのように、ジョニーですか? "

  • JG: "Well, I figure you've been interviewed all day-- if there's any questions you'd like

    JG: "まあ、私はあなたがインタビューしてきた把握 一日中 - あなたが好む何か質問があったら

  • to ask us..."

    私達に尋ねるために... "

  • JOHN: "What are you doing?"

    ジョン: "あなたは何をしているのか?"

  • (laughter)

    (笑)

  • PAUL: "Mmm, where's Johnny?"

    ポール: "うーん、ジョニーはどこですか?"

  • JG: "Where is he? Gaithersburg!"

    JG: "彼はどこにあるのゲーサーズバーグ!"

  • ED McMAHON: "Gaithersburg!"

    エドマクマホン: "ゲーサーズバーグ!"

  • JG: "A wonderful town."

    JG: "素晴らしい町。"

  • TB: "May I ask you, a big favorite all over the world, a question? Are the other two gentlemen...

    TB: "私はあなたを聞いても、すべての上に大のお気に入り 世界では、質問ですか?他の二人は...

  • of the four of you... are they still in India?"

    あなたの4つの...彼らはインドではまだですか? "

  • JOHN: "No, they're in England."

    ジョン: "いいえ、彼らはイギリスにいます。"

  • TB: "I want to ask you something, because I wish I'd learned to meditate, and I can't...

    結核: "私はあなたに何かをお願いしたい、なぜなら 私は瞑想を学んだと思いたい、と私はできません...

  • I don't know how you do it. I would love to."

    私はあなたがそれを行う方法がわからない。私がするのが大好きだ。 "

  • JOHN: "Well you gotta go and find out, haven't you."

    ジョン: "まあ、あなたが行くと見つける奨めは、持っていない あなた。 "

  • TB: "Well I'm not going that far."

    結核: "まあ、私はそこまでするつもりはない。"

  • JOHN: "Oh well."

    ジョン: "まあ。"

  • (laughter)

    (笑)

  • PAUL: "Forget it."

    ポール: "それを忘れてください。"

  • TB: "If it's taken me this long, and couldn't do it, I couldn't learn there."

    TB: "それは私にこの長いを取られ、できなかったなら それを行うことが、私はそこに学ぶことができませんでした。 "

  • JOHN: "Well, you can't learn to swim if you keep inland, can you? Unless you've got a

    ジョン: "さて、あなたは泳ぐことを学ぶことができない場合 内陸保つ、することができますか?あなたは持っていない限り

  • pool around you."

    あなたの周りのプールを提供しています。 "

  • TB: "Oh honey, I can float sitting up. Don't be silly."

    結核: "蜂蜜ああ、私は座って浮くことはしないでください 愚かなこと。 "

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "I get the feeling there are two different conversations here!"

    JG: "私は別の2があるような気がする ここでの会話! "

  • PAUL: "Yeah right, yeah. We had a bit of trouble today-- this fella-- We did an interview for

    ポール: "右のええ、ええ私たちはちょっとしたトラブルがありました。 今日 - このやつ - お客様のためにインタビューをしました

  • the educational program. And he started asking us questions, and they were quite sort of

    教育プログラム。そして、彼は求め始め 私達の質問、そして、彼らはかなりの一種であった

  • serious questions, you know. So it was a choice between just laughing it up, or answering

    深刻な質問は、あなたが知っている。だからそれは選択だった ちょうどそれを笑い、または応答の間に

  • seriously."

    真剣に。 "

  • JG: "So what did you do?"

    JG: "それで、あなたは何をした?"

  • PAUL: "We were a bit serious."

    ポール: "我々は少し真面目だった。"

  • JG: (jokingly) "You? Serious?"

    JG:(冗談めかして) "あなたは深刻な?"

  • PAUL: "Yeah. We were just sort of-- (clears throat comically) --not too serious, you know,

    ポール: "ええ私達はちょうどのソートされた - (クリアされます。 コミカル喉) - あまりにも深刻ではない、あなたが知っている、

  • just sort of."

    だけのようなもの。 "

  • JG: "Listen, of all the..."

    JG: "すべての、聞く..."

  • PAUL: "So tell us a joke!"

    ポール: "だから私たちに冗談を言う!"

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "I don't really have that many jokes, you tell me

    JG: "私は本当に多くのジョークを持っていない、 あなたは私を教えて

  • a joke."

    冗談。 "

  • JOHN: "We don't know any."

    ジョン: "我々は、どんなのか分からない。"

  • TB: "I think they're very serious fellows."

    TB: "私は、彼らは非常に深刻な仲間だと思う。"

  • PAUL: "That's it. We are, you know."

    ポール: "それはですね我々は、あなたが知っている。"

  • JOHN: "We can never remember 'em, you see."

    ジョン: "我々は、 '日を覚えていないことができます、あなたが参照してください。"

  • JG: "Would you like to be a comedian?"

    JG: "あなたはコメディアンになりたいか?"

  • JOHN: "No."

    ジョン: "いいえ"

  • JG: "In many ways you are."

    JG: "あなたはいろんな意味でね。"

  • JOHN: "Well..."

    ジョン: "うーん..."

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "The four of you, socially, are you that close, or are you...?"

    JG: "あなたの4、社会的には、ということです 近く、またはあなたは...? "

  • PAUL: "Yeah."

    ポール: "うん。"

  • JOHN: "We're close friends, you know."

    ジョン: "私たちは親しい友人なら、あなたが知っている。"

  • JG: "Sometimes when you work together-- I've been with groups that when the job's over,

    JG: "時々、あなたが一緒に仕事 - 私はしました 、仕事が終わったグループとされて

  • that's it. Do you have houses pretty much together?"

    それはそれだ。あなたはかなりの家を持っていますか 一緒に? "

  • JOHN: "Within twenty miles all together."

    ジョン: "すべて一緒に20マイル以内"とする。

  • JG: "If you couldn't have been in music-- if it hadn't happened for you-- what do you think you would

    JG: "もしあなた 音楽にされていることができませんでした - それがなかったならば、 あなたに起こった - あなたはなるかと​​思います

  • like to do?"

    やりたい? "

  • JOHN: "Ahh, I don't know. Films for me."

    ジョン: "ああ、私は知らない私のためにフィルム。"

  • (Paul relaxes back comfortably)

    (ポールが快適にバック緩和)

  • JG: (pause) "How about you, Paul... I'm not breaking your mood, am I?"

    JGは:(ポーズ) "あなたはどう、ポール...私ではない あなたの気分を壊し、私は? "

  • PAUL: "No. You're doing great, you know. But, umm..."

    ポール: "あなたはよくやっ号、あなたは知っているしかし、 うーん... "

  • (laughter)

    (笑)

  • PAUL: "So, what would I like to have been?"

    ポール: "だから、私は何をされていますか?"

  • JOHN: "A policeman."

    ジョン: "警官。"

  • PAUL: (to John) "...no. Not a policeman."

    ポール:(ジョンへ) "...ないない警官。"

  • (laughter)

    (笑)

  • PAUL: "Uhh, I don't know, you know. I was nearly gonna be a teacher but that fell through,

    ポール: "うっ、私は、あなたが知っている知らない私がいた。 ほとんどが、失敗に終わった先生になるのよ、

  • luckily."

    幸いにも。 "

  • (music swells for a commercial break... Paul begins humming along... girls scream)

    (コマーシャルのための音楽のうねり...ポール 一緒に鼻歌から始まる...女の子の悲鳴)

  • JG: (to John) "Why don't you read that (cue card) and see what the reaction is."

    JG:(ジョンへ) "なぜあなたはその(キューを読んでいない カード)との反応が何であるかを参照してください。 "

  • JOHN: "And now a word from your local stallion."

    ジョン: "そして今、あなたの地元の種馬からの言葉。"

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "...a word from your local STATION!"

    JG: "...あなたの地元の駅からの言葉!"

  • --(commercial break)-- JG: "Listen. Paul, you said something that's

    - (コマーシャル) - JG: "聞くポールを、あなたは何かを言った

  • hard for me to believe. You were in Central Park, and no one recognized you, Sunday?"

    私が信じるのは難しい。あなたは、中央にあった 公園、誰​​も日曜日、あなたを認識? "

  • PAUL: "Yes, that's true. Yes."

    ポール: "はい、本当ですはい。"

  • JOHN: "We were very pleased, you know."

    ジョン: "我々は非常に喜んでいた、あなたが知っている。"

  • JG: "You just kinda wandered around? You just walked around? The police weren't with you?"

    JG: "あなたはただちょっと周りさまよっあなただけ? 歩き回っ?警察はあなたと一緒にいなかった? "

  • JOHN: "No, we just walked out, you know. We often do it. If people don't know-- expect

    ジョン: "いいえ、私達はちょうど出て行った、あなたが知っている私たち。 多くの場合、それを行う。人々がわからない場合は - と期待

  • us, what are they gonna do but see a bit of long hair walking around like all the other

    私達、彼らはのビットを行うが、参照してくださいつもり何ですか 長い髪は、他のすべてのように歩き回る

  • long hair."

    長い髪。 "

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "How long have you been in New York now? We just found out about it."

    JG: "はどれくらい長い間、あなたは現在ニューヨークに行ってたの? 私達はちょうどそれを知った。 "

  • PAUL: "Three days."

    ポール: "三日間。"

  • JOHN: "Is it three, now?"

    ジョン: "それは今、3ですか?"

  • PAUL: "Three days."

    ポール: "三日間。"

  • JOHN: "And we still haven't got a tan."

    ジョン: "そして、我々はまだ日焼けを持っていない。"

  • PAUL: "And it's been enough, you know, actually." (laughs)

    ポール: "そして、それは実際には、あなたが知っている、十分なされている。" (笑)

  • JG: "When you get into a city-- You were on tour, and you got to alot of cities. How much

    JG: "あなたが街に入る - あなたは上にあった ツアー、あなたは都市の多くになった。どの位

  • of it do you really see? It's ballpark to a hotel, I think."

    それから、あなたは本当に見ていますか?それは球場へ ホテル、私は思う。 "

  • JOHN: "You just pick up the vibrations. We never saw it, you know."

    ジョン: "あなただけの振動を拾う私たちは。 それを見たことがない、あなたが知っている。 "

  • PAUL: "The room."

    ポール: "部屋"。

  • JOHN: "A castle full of rooms all over the place."

    ジョン: "全室以上の完全な城 場所。 "

  • JG: "How about this new organization, 'Apple'?"

    JG: "どのようにこの新しい組織について、"りんご "?"

  • JOHN: "Oh yeah. Well you see, our accountant came up and said, 'We got this amount of money.

    ジョン: "そうそうさてあなたはを参照してください、私たちの会計士。 来て、私たちは、この金額を得た "と言った。

  • Do you want to give it to the government or do something with it?' So we thought..."

    あなたは政府にそれを与えるか、またはしたいですか それを使って何かを? 'だから我々は思った... "

  • JG: "Which government?"

    JG: "どの政府?"

  • JOHN: "Oh... Any old government."

    ジョン: "ああ...任意の古い政府"

  • (laughter)

    (笑)

  • JOHN: "So we decided to play businessmen for a bit, because, uhh, we've got to run our

    ジョン: "だから我々はビジネスマンをプレイすることを決めた ビットが、なぜなら、あー、私達は私達のを実行するんだ

  • own affairs now. So, we've got this thing called 'Apple' which is going to be records,

    現在、自身の問題。だから、私たちはこの事を持っている レコードがあることを行っている "りんご"と呼ばれる

  • films, and electronics-- which all tie-up. And to make a sort of an umbrella so people

    フィルム、エレクトロニクス - すべてのタイアップ。 そして、人々ので傘のようなものを作る

  • who want to make films about... grass... don't have to go on their knees in an office, you

    だれがについての映画を作りたい...草...ない あなたは、オフィスで自分の膝の上に行かなければならない

  • know, begging for a break. We'll try and do it like that. That's the idea. I mean, we'll

    休憩のために物乞い、知っています。我々は試してみて、やる それはそれが好きです。それはアイデアだ。私が言いたいのは、我々はよ

  • find out what happens, but that's what we're trying to do."

    何が起こるかを見つけるが、それは我々がいるものだ やろうと。 "

  • PAUL: "If you want to do something, normally you've got to go to big business and you've

    PAUL: "あなたは何かをしたい場合は、通常 あなたは大企業に行くんだ、あなたがた

  • gotta go to 'them,' the big people, you know."

    大きな人 '、それら'に行かなきゃ、あなたが知っている。 "

  • JOHN: "You don't even get there. Because you can't get through the door 'cuz of the color

    ジョン: "あなたもそこを得ることはありませんので、 色の扉 'cuzを介して取得することはできません

  • of your shoes."

    あなたの靴の。 "

  • PAUL: (laughs) "But you know, people are normally... Big companies are so big that if you're little

    ポール:(笑) "しかし、あなたが知っている、人々は普通にあります... 大企業は、少しなられるように大きいです

  • and good it takes you like 60 years to make it. And so people miss out on these little

    といい、それは作るために60年のように表示されます それ。そして人々は、これらの小さなチャンスを逃す

  • good people."

    善良な人々。 "

  • JOHN: "It just takes 'em longer."

    ジョン: "それはちょうど 'emを長い時間がかかります。"

  • PAUL: "So we're trying to find a few."

    ポール: "だから我々はいくつかを見つけようとしている。"

  • JG: "Paul, is that because of your background? You came from a poor background."

    JG: "ポール理由は、あなたの背景のことですか? あなたは貧しい背景から来ました。 "

  • JOHN: "No, it's no sort of... it's just a common thing."

    ジョン: "いや、それはないの並べ替えのない...それだけだ 一般的なもの。 "

  • PAUL: "There's a little bit of that."

    ポール: "その少しがある。"

  • JG: "If you didn't feel it as a youngster, you wouldn't feel it now."

    JG: "あなたが若者としてそれを感じなかった場合は、 あなたは今、それを感じないだろう。 "

  • JOHN: "Yeah."

    ジョン: "うん。"

  • PAUL: "Yeah that's right, you know. It's just 'cuz, we know what we had to fight to, sort

    ポール: "うんそうだね、あなたが知っているそれだけだ 'cuzを、我々は我々が戦わなければならなかったものを知っている、ソート

  • of..."

    の... "

  • JG: "Was it tough for you to get started?"

    JG: "あなたが始めるためにのためにそれは大変だった?"

  • JOHN: "Well, no tougher than anybody else, you see, but George said, 'I'm sick of being

    ジョン: "まあ、誰よりも厳しくない、 あなたが見たが、ジョージは、私があるのはうんざりだ "と言った。

  • told to keep out of the park.' That's what it's about, you know. We're trying to make

    公園から出ないようにと言った。 'あれはなんだ? それは約です、あなたは知っている。我々は作るしようとしている

  • a park for people to come in and do what they want."

    人々が何を彼らに来て行うための公園 たいと考えています。 "

  • PAUL: (comical voice) "Symbolically speaking."

    ポール:(滑稽な声) "象徴的に話す。"

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "Is he the spokesman, would you say, John?"

    JG: "彼はスポークスマンです、あなたは、ジョンを言うでしょうか?"

  • JOHN: "Well, if his spokes are working, he is. And if mine are..."

    ジョン: "まあ、彼のスポークが作業している場合、彼 です。と鉱山がある場合は... "

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "Do you have the privacy that you're leading me to believe you have, or is it a tough job?"

    JGを:あなたがリードしていること、プライバシーを "持っていますか 私はあなたが持っている、またはそれは大変な仕事であると考えていますか? "

  • JOHN: "We have enough to keep us sane, you know. If we are sane-- we have enough."

    ジョン: "我々は、我々が正気を維持するのに十分持って、 知っています。我々は正気であれば - 私たちは十分に持っている "。

  • (laughter)

    (笑)

  • JOHN: "But it's not like touring. Our life isn't like a tour, or like 'A Hard Day's Night'

    ジョン: "しかし、それはツーリングのようではありません私たちの生活。 ツアーのようではないか、 "ハード·デイズ·​​ナイト"のような

  • or any of those things. That's only what we're doing now. We create that, or that is created.

    またはこれらのもののいずれか。それは私たちがしているものだけだ 今やっている。我々はそれを作成したり、作成されます。

  • But when we're just living, it's calm."

    しかし、我々はただ生きているとき、それは冷静だ。 "

  • JG: "Is it calm, Paul?"

    JG: "それは、穏やかなポールですか?"

  • PAUL: "Yeah. Not at the moment, you know. It's hectic-- New York. Very hectic place.

    ポール: "うん、現時点で、あなたが知っているわけではありません。 ニューヨーク - それは多忙だ。非常に多忙な場所。

  • 'Cuz we came over from England and it's a very sort of quiet place, you know."

    'Cuzのは、我々はイギリスからやって来て、それはだ 静かな場所の非常にソート、あなたが知っている。 "

  • JG: "What's so different about New York?"

    JG: "何がニューヨークそんなに違うのですか?"

  • JOHN: "Louder."

    ジョン: "大声で。"

  • PAUL: "It's very... (imitates cars honking and police sirens) ...you know."

    ポール: "それは非常にです...(模倣車のクラクション と警察のサイレンが)...あなたが知っている。 "

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: (jokingly) "You've got a hit record on your hands already!"

    JGは:(冗談めかして) "あなたは上のヒットレコードを持っている あなたの手はすでに! "

  • PAUL: "You know, that happens alot here."

    ポール: "あなたは知っているが、ここで多くを発生します。"

  • JG: "Don't you like that kind of life?"

    JG: "あなたは人生のようなものを好きではないのですか?"

  • JOHN: "It's alright. You get into it. I mean, three days isn't enough to get used to that."

    ジョン: "それは大丈夫だあなたはそれに入る私が言いたいのは、。 3日はそれに慣れるのに十分ではありません。 "

  • JG: "Would you 'like' to get into it?"

    JG: "あなたがそれに入るために '希望'がですか?"

  • JOHN: "Ahh, not today."

    ジョン: "ああ、今日は説明しません。"

  • TB: (laughs) "Are you nervous on a show like this?"

    TB:(笑) "あなたのような番組で緊張してる これ? "

  • PAUL: "Always nervous."

    ポール: "常に緊張し。"

  • JOHN: "Yeah, sure. Sure."

    ジョン: "うん、確かに確かに。"

  • JG: "Why would you be nervous?"

    JG: "なぜ、あなたは緊張するだろうか?"

  • JOHN: "Because, uhh... It's not natural."

    ジョン: "だって、あー...それは自然ではないです。"

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "I don't know, I'm just kind of visiting with you... I would feel it's natural. I feel

    JG: "私は知らないが、私が訪れただけの種類だ あなたと...私はそれが自然だと感じるだろう。私は感じる

  • like I've read about you and I want to meet you."

    私はあなたについて読んで、私が会いたいと思うように あなた。 "

  • JOHN: "I mean, this 'situation' isn't natural."

    ジョン: "私が言いたいのは、この"状況 "は、自然ではない。"

  • PAUL: "If we meet you and talk at your house, then that's alright you know, because we can

    ポール: "私たちはあなたを満たすために、あなたの家で話をする場合、 その後、大丈夫だとあなたが知っている、我々は可能性があるため

  • actually talk naturally. It's a bit difficult when you know you're going out into a million

    実際に自然に話しています。それは少し難しいことです あなたが知っているときに、万人に外出している

  • homes."

    家。 "

  • JG: "So you're guarded, pretty well, in what you say then?"

    JG: "それで、あなたは何で、かなりよく、守られている あなたは次に言う? "

  • JOHN: "No, not guarded."

    ジョン: "いいえ、守られていない。"

  • PAUL: "No, but it's still difficult, you know. (gesturing to the camera crew) There it is!!

    ポール: "いや、それはまだ難しいですが、あなたが知っている。 (カメラクルーにジェスチャー)がありそうです!

  • Look!! It's going out!!!"

    見て!それは外に起こっている! "

  • (laughter)

    (笑)

  • JOHN: "Well, aren't you nervous at all?"

    ジョン: "まあ、あなたは全然緊張しません?"

  • JG: "I am nervous because of the... uhh..."

    JG: "私はので...あーの緊張しています..."

  • JOHN: (comically) "Well, because-- because-- because!!! But it's the same thing!"

    ジョン:(コミカルな) "まあ、理由 - 理由 - なぜなら!しかし、それは同じことだ! "

  • (laughter)

    (笑)

  • JG: "Except that you are very successful in what you do."

    JG: "あなたは、非常に成功されていることを除いて 何をするか。 "

  • JOHN: "It doesn't make any difference."

    ジョン: "それはすべての違いを確認していません。"

  • JG: "So what you're telling me is that you have fears and anxieties like everybody else?"

    JG: "それで、あなたは私に言っている何をということである 他のみんなのように恐怖と不安を持っている? "

  • JOHN: "Sure! We're human, man!"

    ジョン: "!確かに我々は、人間、男だ!"

  • PAUL: "You know that old showbiz thing everybody says, 'Well, you know, you always get nervous

    ポール: "あなたは、その古い芸能界の事をみんなに知っている さて、あなたは知っている、あなたはいつも緊張する "と言う

  • before you go on the stage.' Uhh, I think we get 'em all the way. When you go on stage

    あなたはステージに上がる前に。 "うう、私は思う 我々は '日のすべての方法を取得します。あなたはステージに行くとき

  • it's just one of those things."

    それはちょうどそれらのものの一つだ。 "

  • JG: "But you get over that alright."

    JG: "しかし、あなたはその無事を乗り越える。"

  • JOHN: "Oh sure. It's part of the game."

    ジョン: "ああ確かに、それはゲームの一部です。"

  • --(commercial break)-- JG: "Listen now, I have something in common

    - (コマーシャル) - JG: "今聞いて、私には共通点が何かを持っている

  • with both of you. I met the guru, the Maharishi. And I noticed that he went out with an act--

    あなたの両方を持つ。私は教祖、マハリシに会いました。 と私は彼が行為と一緒に出かけたことに気づいた -

  • the Beach Boys. And it folded."

    ビーチボーイズ。そして、それは折った。 "

  • JOHN: "Yeah. Right."

    ジョン: "うんそうだね。"

  • JG: "What do you think of the Yogi as an act?"

    JG: "あなたが行為としてヨギをどう思いますか?"

  • JOHN: "Yeah. Well, we found out that we made a mistake there."

    ジョン: "うんまあ、我々は我々が作ったことが分かった。 そこに間違い。 "

  • PAUL: "We tried to persuade him against that, you know. I thought it was a terrible idea."

    ポール: "我々は、その意に反して彼を説得しようとし あなたが知っている。私はそれはひどいアイデアだと思いました。 "

  • JOHN: "We believe in meditation, but not the Maharishi and his scene. But that's a personal

    ジョン: "我々は、瞑想を信じてではなく、 マハリシと彼のシーン。しかし、それは個人の

  • mistake we made in public."

    間違いは、我々は公共の場で作りました。 "

  • JG: "When did you find out it was a mistake?"

    JG: "あなたはそれが間違いだったお知りになりましたか?"

  • JOHN: "Well, uhh, I can't remember the date, you know, but it was in India. And meditation

    ジョン: "うーん、あー、私は、日付を思い出せない あなたは知っているが、それはインドであった。と瞑想

  • is good, and it does what they say. It's like exercise or cleaning your teeth, you know.

    良いです、そして、それは彼らの言うことを行います。それはのようなものだ 運動をしたり、あなたの歯を洗浄、あなたが知っている。

  • It works, but uhh, we've finished with that bit."

    これは動作しますが、あー、我々はそれで終わった ちょっと。 "

  • ED McMAHON: "Has he changed? Is that what..."

    エドマクマホンは、 "彼は何が変更されたことを...ですか?"

  • JOHN: "Well, no. I think it's just that we're seeing him a bit more in perspective, you

    ジョン: "いや、まあ、私はそれがちょうど私達がしていることだと思います。 あなたは、視点でもう少し彼を見て

  • know, 'cuz we're as naive as the next person about alot of things."

    cuzを私たちは隣の人と同じくらい世間知らずだ '、知っている 物事の多くについて。 "

  • PAUL: "We get carried away with things like that, though. I mean, we thought he was...

    ポール: "我々は、のようなもので浮かれる それは、しかし。私が言いたいのは、我々は彼が思った...

  • uhh... magic, you know-- just floating around and everything. Flying."

    うう...魔法、あなたが知っている - ちょうど漂っ そしてすべてのもの。飛んでいる。 "

  • JG: "Do you think the kids in America have turned him off?"

    JG: "あなたはアメリカの子供たちが持っていると思いますか 彼をオフにする? "

  • JOHN: "Well, it could be something to do with it. But I wouldn't say, 'Don't meditate' to

    ジョン: "まあ、それはとは何かかもしれない それ。しかし、私は 'に瞑想しないでください "を、言わないだろう

  • them, because alot of them would get a great deal from it."

    それらは、それらの多くは、偉大になるだろうので、 それから対処する。 "

  • PAUL: "You know, the system is more important than all those things."

    ポール: "あなたは知っていると、システムがより重要である すべてのそれらの事よりも。 "

  • JOHN: "He's surrounded with, it seems like, the old establishment that we know so well."

    ジョン: "彼はで囲まれている、それはのように思える、 我々は非常によく知っている古い設立。 "

  • JG: "Are you saying, 'Meditate, but not with the Yogi'?"

    JG: "あなたが瞑想"と言ってではなく、使っていますか ヨギ '? "

  • PAUL: (long pause) "Yeah. I mean, he's good. There's nothing wrong with him. But we think

    ポール:(長い沈黙) "うん、私が言いたいのは、彼は良いことだ。 彼には何も問題はありません。しかし、我々は考える

  • the system is more important than all the two-bit personality bit. You know, he gets

    システムは、すべてよりも重要である 2ビットの人格ビット。あなたが知っている、彼が取得

  • sort of treated like a big star. He's on the road with the Beach Boys, and it's all that

    ソートの大スターのように扱わ。彼は上にある ビーチボーイズが付いている道、そして、それはすべてのことだ 0:14:58.350,0:15:0​​4.759 シーン。そしてまた...それは折る、あなたが知っている。ザッツ 愚かなこと。 " 0:15:0​​4.759,0:15:0​​5.339 (笑) 0:15:0​​5.339,0:15:0​​7.749 結核: "できるだけ彼クスクス笑いしていますか..." 0:15:0​​7.749,0:15:0​​8.339 ジョン: "はい、それは彼の自然な資産だ。" 0:15:0​​8.339,0:15:0​​8.589 (笑) 0:15:0​​8.430,0:15:14.269 ジョン: "まあ、あなたを参照してください、それがどのような方法に依存 一度にそれを見ている。それはだ場合

  • scene. And also... It folds, you know. That's the silly thing."

    あなたの神経になっていない、それは "ああ、何だ 幸せな奴。 "それはあなたがどの​​ように感じたときに依存

  • (laughter)

    あなたは彼を見てみましょう。 "

  • TB: "Does he giggle as much as..."

    JG: "私はショーに彼を持っていた、と彼はただ笑った と全体の時間を笑った。私はそこに考え出し

  • JOHN: "Yes. It's his natural asset."

    何かが、多分私のネクタイが緩んでいました。誰 ヨギに会った最初のものでしたか? "

  • (laughter)

    ジョン: "我々は、すべて同時に彼に会った。"

  • JOHN: "Well, you see, it depends on what way you're looking at it at the time. If it's

    JG: "あなたは私たちの状況を教えてもらえますか?"

  • not getting on your nerves, it's 'Oh, what a happy fellow.' It depends how you feel when

    ジョン: "まあ、彼はただの講義をやっていた ヒルトンでロンドン。だから我々はすべて行って、我々

  • you look at him."

    "なんて素敵な男。"と思ったそして、我々は見ていた そのために。あなたが知っている、誰もが探している

  • JG: "I had him on the show, and he just giggled and giggled the whole time. I figured there

    それが、我々は 'その日'それを探していました 同様に。そして、我々は彼に会って、彼が良かった

  • was something, maybe my tie was loose. Who was the first one that met the Yogi?"

    あなたが知っている。彼は彼の心の中で良いものを持っている。と 我々はそれに同調した。 "

  • JOHN: "We all met him at the same time."

    JG: "しかし、今、あなただけの電車を降り、 えっ? "

  • JG: "Can you tell us the circumstances?"

    ジョン: "右ニース旅行はどうもありがとうございました。"

  • JOHN: "Well, he was just doing a lecture in London at the Hilton. So we all went and we

    (笑)

  • thought, 'What a nice man.' And we were looking for that. You know, everybody's looking for

    JGを:あなたは、あなた自身のキャリアが持っている "と思いますか 交換の種類は?あなたは、グループを失わないこと、

  • it, but we were looking for it 'that day' as well. And then we met him and he was good,

    しかし、あなたはあなたの聴衆を変えているようだ。 "

  • you know. He's got a good thing in him. And we went along with it."

    ジョン: "すべての変更を参照してくださいだから私たちは変更してください。 同様に。そして私達の聴衆の変更も、すべての

  • JG: "But now, you just got off the train, huh?"

    時間。私達は私達の指を置くことでソートすることはありません 上の "何歳のグループか、なぜ。 'しかし、我々は知っている -

  • JOHN: "Right. Nice trip thank you very much."

    あまりにもすべての変更、と私たち。 "

  • (laughter)

    ポール: "我々が最初に始めたとき、我々は革を持っていた 上のジャケットは、あなたが知っている。リトルビッグキャップと

  • JG: "Do you think that your own careers have kind of switched? Not that you lose a group,

    カウボーイブーツ。しかし、その後、私たちは、スーツに変更 あなたが知っている。 "