Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • and some of the big points in that talk or one was affairs are less about sex and more about desire that the fair sometimes Aaron, antidote for death that even happy people cheat.

    その話の大きなポイントのいくつかのまたは 1 つだった不倫はセックスについてより少ないと欲望については、公正な時々 アーロン、解毒剤も幸せな人々 をごまかす死のために。

  • And you said in the majority of couples with affairs, actually stay together.

    不倫しているカップルの大半は実際には一緒にいると言っていましたね

  • Yes, all very counterintuitive.

    はい、すべてが非常に直観的です。

  • Yes, of course.

    はい、もちろんです。

  • On the one hand, we would we know that infidelity is a leading cause for divorce.

    一方では、不倫が離婚の主な原因であることを知っているだろう。

  • But here is much more infidelity than there are divorces.

    しかし、ここでは離婚よりも不倫の方がはるかに多い。

  • So most people stay together at least the first time around.

    だから、ほとんどの人が最初の頃は一緒にいる。

  • That's you see, this is the same logic as mating in captivity, right?

    つまり、これは飼育下での交尾と同じ理屈なんですよね?

  • I didn't write the book in mating for people who don't get along and also no longer have any sex together.

    仲良くなれない人のために交尾で書いたわけではないし、セックスも一緒にしなくなった人のために書いたわけではない。

  • It's the same about affairs.

    不倫についても同じです。

  • It would be easy to say, Obviously, people have affairs because they don't like their partner and because they have miserable relationships now, if they do, they actually divorced.

    明らかに相手が好きではないから不倫をしている、今は悲惨な関係になっているから不倫をしたら実際に離婚した、と言うのは簡単な話でしょう。

  • These days, they have affairs is because the relationship is good enough for many other things.

    最近は浮気をするのは、他にもいろいろなことがあって関係性が良いからです。

  • And the easy thing would be to say people have no sex because they don't have good connections.

    そして、簡単に言うと、人脈がないからセックスができないということになります。

  • People have affairs because they have bad connections.

    人は人脈が悪いから不倫をする。

  • That's true, but I see people up to people coming in and say, I love my partner The last thing I want to hurt his hurt My partner to that I want to do is hurt my partner, and I am having an affair.

    それは本当ですが、私は人までの人が来るのを見て、私は私のパートナーを愛していると言います 最後のものは、私がしたいことは、私のパートナーを傷つけることであることに私のパートナーを傷つけ、私は浮気をしています。

  • That's a much more complicated question.

    それはもっと複雑な問題ですね。

  • Why would people risked losing everything for a glimmer of What is this link back to your first talk?

    なぜ人はすべてを失うリスクを冒してまでも、そのために、「何もかも失ってしまう」と思ったのでしょうか。 このリンクは、あなたの最初の話に何をもたらしてくれるのでしょうか。

  • Yes, this is same.

    はい、これは同じです。

  • It's the continuation.

    それは継続です。

  • Mating grapples with the dilemmas of desire on the inside of relationships and rethinking infidelity looks at what happens when desire breaks free anyway goes looking elsewhere.

    交尾は、関係の内側に欲望のジレンマに取り組んでおり、不倫を再考すると、欲望がとにかく自由に壊れたときに何が起こるかを見て、他の場所を探しています。

  • So it is a natural continuation.

    なので、自然と続きます。

  • But the up the logical thing is to say people do this because they have problems in the relationship.

    しかし、論理的なことは、彼らは関係に問題があるので、人々はこれを行うと言うことです。

  • It's the symptom model on a fair happens because there's a flawed relationship rather than actually grappling with perch, more complicated imponderables of existential honoree and complexities of love and desire by which actually affairs happen, and sometimes they have nothing to do with the relationship.

    それは、フェア上の症状モデルは、実際に不倫が起こることによって、実際にパーチ、実存的な名誉と愛と欲望の複雑さのより複雑なimponderablesに対処するのではなく、欠陥のある関係があるために起こる、そして時々彼らは関係とは何の関係も持っていません。

  • The relationship is actually perfectly fine.

    実際には全く問題ない関係です。

  • That's not what it's about.

    そういうことではありません。

  • And then you enter into the question of transgression afterward.

    そして、その後に罪の問題に入る。

  • Infidelities, existence.

    不倫、存在。

  • It's marriage was invented.

    結婚が発明されたんだ

  • So marriage has changed continuously, and infidelity has a tin ashes tenaciousness that Paris could only envy, you know, And that's a line that has become very, very clear that there's a robustness of infidelity.

    だから結婚は絶えず変化していくもので、不倫にはパリスが羨ましいとしか言いようのない錫灰のような粘り強さがあるんだよね、そしてそれは不倫にも強靭さがあるということがとてもよくわかるセリフになっているんだよ。

  • No single mother of infidelity of marriage manages to outdo like a race.

    結婚不倫のシングルマザーがレースのように凌駕することはありません。

  • No matter how much marriage tries to adapt to the times, infidelity tops it.

    いくら結婚が時代に合わせようとしても、不倫がトップ。

  • There's always another way.

    他にも方法はある

  • So now we need to look at the power of transgression.

    だから今、私たちは罪を犯す力を見る必要があります。

  • What is it about us from Adam and Eve on that wants to break free out of the very constraints which we have sometimes created, which yesterday we thought where the ones we wanted.

    アダムとイヴからの私たちは、昨日、私たちが望んでいたものがどこにあるのかと思っていたような、私たちが時々作り出した制約から自由になりたいと思っているのは何なのでしょうか。

  • I wanted nothing more than this family and these Children and this secure job and this big hole home.

    私は、この家族と子供たち、この安全な仕事とこの大きな穴の開いた家以上のものは何も望んでいませんでした。

  • I have an all of that, and then one day all of that feels so meaningless.

    私にはその全てがあるのに、ある日、その全てが無意味に感じられるのです。

  • It's been it's been the shackles.

    それは、それはそれは手錠だった。

  • It's been the thing I wanted to be.

    私がなりたかったものになっています。

  • I have done always what was expected of me, and now I want to do what I really want to do.

    いつも期待されていたことをやっていたので、今は本当にやりたいことをやっていきたいと思っています。

  • And that narrative was back to what I talked about when I spoke about what people regret when they die, you know, it's you hear the conversation between the dutiful self and the selfish self, between the thinking about others and the thinking about me and the places where they go together and the places where they clash.

    その物語は、人が死んだときに後悔することについて話したときに話したことに戻っています。それは、従順な自分と利己的な自分の間の会話を聞くことです。

  • And so here is distinct with infidelity, which by definition is an act of entitlement and selfishness.

    そしてここでは、定義によって権利と利己主義の行為である不倫と区別されています。

  • But it is a lot more to do with what I do for me than what I'm actually doing to you.

    でも、実際にあなたにしていることよりも、自分のためにしていることの方が多いですよね。

  • And yet when it is uncovered, what it does to you, it's so shattering and so gutting, so painful, more so that he never waas because socially it breaks everything down.

    それが明らかになった時、それがあなたに何をするのか、それはとても打ち砕かれ、とても根性があり、とても痛々しい、彼はそれ以上に、社会的にそれがすべてを壊してしまうので、決して放棄しない。

  • You know, I was in Morocco last week, Mac ish, and I had a conversation with a young group of young women and young men in their twenties from the village is actually who were working in the city.

    あのね、先週モロッコにいたんだけど、マックで、村の若い女性や20代の若い男性のグループと会話をしたんだけど、実際は村の人たちが都会で働いていたんだよ。

  • And at one point I said, You know, in America in the West in general, the push today is that if a woman can finally leave, she doesn't just have to stay there and bear her misery should just get out.

    ある時点で私は言ったのですが、アメリカの欧米では一般的に、女性が最終的に出て行くことができるのであれば、女性はそこに留まって惨めさに耐えるのではなく、ただ出て行くべきだというのが今日の後押しなのです。

  • And so one of the girls said to me May madam, if we had to divorce all of the unfaithful men, all of Morocco would be divorced had just thought.

    そして女の子の一人が私に言ったように、私たちは浮気性の男性のすべてを離婚しなければならなかった場合、モロッコのすべてが離婚されるだろうと思っていた。

  • Here's the difference.

    ここに違いがあります。

  • You know, I am fascinated by how we one day want certain things and how the next day.

    私はある日、あるものを欲しがり、次の日にはどのようにして欲しがるのかに魅了されています。

  • Those are the things that we think are imprisoning us.

    それらは、私たちが投獄されていると考えているものです。

  • How we can have multiple loves, how we can have different kinds of loves.

    どうすれば複数の愛を持てるのか、どうすれば様々な愛を持てるのか。

  • How we became one person here and then we remember that there are all these other parts of us and they suddenly manifest elsewhere.

    どのようにして私たちはここで一人の人間になり、その後、私たちは私たちのすべてのこれらの他の部分があることを覚えていると、彼らは突然他の場所で表示されます。

  • How sexual revolutions don't happen at home and how the same person who here is completely sexually shut down in this other place is lustful and free and eager and why they can't bring it home.

    性的革命が家では起こらないことと、ここでは完全に性的にシャットダウンされている同一人物が、別の場所では欲情して自由奔放で熱望していることと、なぜ家に持ち帰れないのか。

  • And all these imperfections and some level we would say that infidelity is an imperfect compromise to in perfect lives.

    そして、これらのすべての不完全さといくつかのレベルでは、不倫は完璧な生活の中で不完全な妥協であると言うでしょう。

  • Is it almost just something endemic of us?

    ほとんど私たちの固有のものなのでしょうか?

  • As a society?

    社会として?

  • I was up setting up our own rules and then wanting to break them.

    自分たちでルールを決めて、それを壊したいと思っていました。

  • But it has always existed, and we've always had rules, and we've always wanted to break rules.

    でもそれは昔から存在していて、ルールがあって、ルールを破りたいと思っていました。

  • The rules change and, you know, let's be very clear.

    ルールが変わるし、はっきりさせようよ。

  • Fidelity was an imposition on women in order to know about patrimony and lineage.

    忠実とは、家柄や家系を知るために女性に課せられたものであった。

  • You know now that we can't now that you can't prove it by the Children, you prove it by the exclusiveness.

    今は無理だとわかっていても、チルドレンでは証明できない、排他性で証明するんだよね。

  • But it's changed from an imposition on women toe a dual gender conviction.

    しかし、女性への押し付けから男女二重の信念に変わってしまった。

  • Instead of giving more freedom to women, we've taken the freedoms of men away.

    女性にもっと自由を与える代わりに、男性の自由を奪ってしまった。

  • You could put it like, what was the reaction to your talking?

    喋った時の反応は?

  • What were you trying to get people to take away?

    何を奪い取ろうとしていたの?

  • The I wanted a conversation that will embrace complexity.

    複雑さを受け入れる会話が欲しかったのです。

  • As always, I think I deal with subjects that are complicated and that people often want to simplify toe, make them reductionist, IQ and simplistic and are often very polarized.

    いつものように、私は複雑で、人々がしばしばトーを単純化し、還元主義者、IQと単純化し、しばしば非常に二極化されたものにしたいと思っている主題を扱うと思います。

  • So the conversation about infidelity becomes a conversation about villain and victim and good and bad and perpetrator and ST and I think it is not the truth.

    だから不倫の会話は悪役と被害者と善悪と加害者とSTの会話になってしまい、それは真実ではないと思います。

  • And I don't believe that these kinds of conversations that are polarized that are extreme, in which you take the extreme example, and you make that become the norm, and you think that if you don't condemn, it means that you condone, and if you try to understand, it's as if you're justifying these kinds of discourses, the existing politics, they exist in society.

    極端な例を挙げてそれを規範とし、非難しなければそれを容認することになると考え、理解しようとすると、この種の言説や既存の政治を正当化しているかのように、社会に存在しているものだと思います。

  • They exist in the conversation about infidelity, and they breed narrowness, judgmental nous and discrimination.

    不倫についての会話の中にも存在し、狭量、判断力の鈍さ、差別を繁殖させています。

  • And they don't help couples and families and Children, that's for sure.

    カップルや家族、子供たちを助けてくれるわけではない、確かに。

  • So that's what I see.

    それが私の目に映るということですね。

  • I see these all or nothing conversations, and I'm thinking that's an example of an authoritarian discourse of a rigid narrow.

    こういうオール・オア・ナッシングの会話を見ると、硬直した狭量の権威主義的言説の例だと思うんだが。

  • And I get drawn there and I want to loosen this up because it's it's a lie.

    そこに引き寄せられて、これは嘘だから緩めたい。

  • It's dishonest.

    不誠実だ

  • It's a It's a dishonest way to looking at dishonesty, right?

    これは 不誠実な見方をしているのではないでしょうか?

  • And it doesn't capture the nuances of the human heart, which is really what Infidelities about.

    そして、それは人間の心のニュアンスをキャプチャしていない、それは本当に何についての不倫です。

  • The question is not.

    問題はそうではありません。

  • Is it good or is it bad?

    良いのか悪いのか?

  • That question is, what do we learn about love, lust and commitment by studying infidelity?

    その疑問は、不倫を勉強することで、愛や欲望、コミットメントについて何を学ぶのかということです。

  • It is an amazing window, the same way that sexuality is a window, right?

    セクシュアリティが窓になるのと同じで、すごい窓ですよね。

  • If you look at sexuality from a societal point of view, you would say that the most progressive aspect of a society in agriculture large themselves around the changes that take place around sexuality covering your head, abortion, nakedness, sexual education, homosexual marriage, all of these us around the sexual window and the most traditional archaic site of a society also large themselves.

    社会的な観点からセクシュアリティを見れば、あなたの頭を覆うセクシュアリティの周りに行われる変化の周りに農業の社会の最も進歩的な側面は、中絶、裸体、性教育、同性婚、これらのすべての私たちの周りに性的な窓と社会の最も伝統的な古風なサイトも大きい自分自身を言うだろう。

  • If you want to control a population control, the women control what they can wear.

    人口をコントロールしたいなら、女性が着れるものをコントロールする。

  • How much skin they can show wet comes what kind of interaction they can have with men and who has the education and the information of the Children and the sexuality of Children who owns the sexuality of human and how much Does an adult have a right on the sexuality of Children in abusive way and all of that?

    彼らはどのくらいの肌を見せることができますどのような種類の相互作用は、彼らが男性と持っていることができ、誰が教育と子供の情報を持っている子供と人間のセクシュアリティを所有している子供のセクシュアリティをどのくらい大人は虐待的な方法で子供のセクシュアリティに権利を持っていると、そのすべてを持っていますか?

  • It is so foundational.

    それはとても基礎的なものです。

  • It's almost amazing how little we talk about it when you see how essentially this to progress and change.

    これが本質的にどのように進歩し、変化するかを見ると、私たちがそれについて話すことはほとんどありません驚くべきことです。

  • And two tradition and rootedness and infidelity is right in there with that, because infidelity has been one of the ways we controlled sex, if there is a taboo against infidelity, is because somebody understood human nature.

    そして2つの伝統と根性と不倫は、不倫は我々がセックスをコントロールする方法の1つであったので、不倫に対するタブーがある場合は、誰かが人間の本質を理解していたので、それと一緒に右そこにあります。

  • We are figure, we are curious and we are greedy.

    私たちはフィギュアであり、好奇心旺盛であり、貪欲です。

  • We are not generally meant to stay put in one place.

    一概に一か所に留まることを意味するものではありません。

  • There would be no taboo if there was no sizeable threat.

    脅威の大きさがなければタブーはありません。

  • And what's more threatening than human nature?

    そして、人間の本性よりも脅威なのは何か?

  • What are some of the other myths about sexuality but saying things that we don't talk about it, don't understand.

    他にもセクシュアリティに関する神話はあるけど、それを語らない、理解できないことを言っているのは何なんだろう。

  • To watch the rest of this fascinating interview click on the link below and go to London Real academy dot com.

    この魅力的なインタビューの残りの部分を見るには、以下のリンクをクリックして、ロンドンリアルアカデミーのドットコムに移動します。

  • There you consign him with your social media log in and watch the rest of the episode for free, along with all of our episodes on London riel, my webinars and all of our premium content, all located over at London Real academy dot com.

    そこにあなたのソーシャルメディアのログインで彼を委託し、ロンドンのリエル、私のウェビナーと私たちのプレミアムコンテンツのすべての上にあるすべてのロンドンリアルアカデミードットコムで私たちのエピソードのすべてと一緒に、無料でエピソードの残りの部分を見てください。

  • So click on the link below, You'll be directed there, and you can watch the rest of this fascinating interview and I'll see there.

    下のリンクをクリックすると、そこに誘導され、この魅力的なインタビューの残りの部分を見ることができます。

and some of the big points in that talk or one was affairs are less about sex and more about desire that the fair sometimes Aaron, antidote for death that even happy people cheat.

その話の大きなポイントのいくつかのまたは 1 つだった不倫はセックスについてより少ないと欲望については、公正な時々 アーロン、解毒剤も幸せな人々 をごまかす死のために。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 不倫 離婚 会話 女性 関係 セックス

人間の本質は強欲です:ベルギーの心理療法士エステル-ペレルは、人々が不誠実である理由を説明します。 (HUMAN NATURE IS GREEDY: Belgian Psychotherapist Esther Perel Explains Why People Are Unfaithful)

  • 21 1
    林宜悉 に公開 2020 年 08 月 30 日
動画の中の単語