Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • War.

    戦争だ

  • War never changes, but the weapons to wage it with are constantly evolving- and they've

    戦争は決して変わることはありませんが、戦争をするための武器は常に進化しています。

  • never evolved faster than in modern times.

    現代ほど速く進化したことはありません。

  • Even as new technology has unlocked all manner of improvements to our life, it's also created

    新しいテクノロジーは、私たちの生活にさまざまな改善をもたらしてきましたが、同時に、それは、私たちの生活にさまざまな改善をもたらしてきました。

  • the most lethal military weapons ever invented.

    史上最も致命的な軍事兵器だ

  • But which top the list of most lethal modern military weapons?

    しかし、最も致死的な現代の軍事兵器のリストのトップはどれですか?

  • What weapon rules the modern battlefield?

    現代の戦場を支配する武器とは?

  • Let's find out.

    調べてみましょう。

  • America's F-22 Raptor Pound for pound, the American F-22 Raptor

    アメリカのF-22ラプターのパウンド・フォー・パウンド、アメリカのF-22ラプター

  • is the undisputed ruler of the skies.

    は紛れもなく天空の支配者である。

  • While originally detracted for its inability to dogfight, the fact is that the days of

    元々はドッグファイトができないことが引き金になっていたものの、実際には

  • close-range dogfighting are well and truly over.

    近距離でのドッグファイトは完全に終わりました。

  • Modern anti-air weapon systems, long-range acquisition and tracking, and the sheer speed

    現代の対空兵器システム、長距離の捕捉と追尾、そしてその圧倒的なスピード。

  • of modern fighter jets make a traditional dogfight a thing of fiction.

    現代の戦闘機は、伝統的なドッグファイトをフィクションにしています。

  • That is why the US military went all-in on optimizing the F-22 to be a stealthy long-range

    だからこそ米軍はF-22をステルス性の高い長距離戦闘機に最適化することに全力を注いだのです。

  • assassin.

    暗殺者だ

  • While its stealth characteristics vary- just as with any stealth aircraft- on the angle

    ステルス性は他のステルス機と同じように角度によって変化しますが

  • the plane presents to incoming radar waves, at its most optimal angles the F-22 gives

    飛行機はその最も最適な角度で、入ってくるレーダー波に提示し、F-22は与えます。

  • off the same radar signature as that of a flying marble.

    飛んでいる大理石のような レーダー信号を発します

  • While no plane is truly invisible, the F-22 is the most survivable stealth fighter in

    どの飛行機も本当に見えないが、F-22は世界で最も生存率の高いステルス戦闘機である。

  • the skies today.

    今日の空は

  • But stealthiness is only half of the equation, because what makes the F-22 truly lethal is

    しかし、ステルス性は方程式の半分に過ぎません。F-22を真に致命的なものにしているのは、そのためです。

  • its incredible ability to detect targets at extremely long range and network with other

    その信じられないほどの能力は、非常に長い距離で目標を検出し、他のネットワークで

  • battlefield assets, including drones, airborne radar, other planes, and even satellites.

    ドローン、空中レーダー、他の飛行機、さらには人工衛星を含む戦場の資産。

  • With such low observability and beyond visual range engagement capabilities, the F-22 is

    このような低い観察力と、視覚的な範囲を超えた交戦能力を持つF-22は

  • a first-look, first-shoot aircraft, with missiles incoming to enemy fighters before they've

    先制攻撃機

  • even detected the F-22.

    F-22を検出したことさえある。

  • Unfortunately, the F-22 was only built in small numbers, with the US Air Force operating

    残念ながら、F-22は少数しか製造されておらず、米空軍が運用していました。

  • 187 out of a planned fleet of hundreds.

    数百の計画艦隊のうち187

  • With the advent of the global war on terrorism, funding priorities quickly shifted elsewhere,

    世界的な対テロ戦争の出現により、資金調達の優先順位は急速に他の場所に移った。

  • and the costly aircraft- coming in at $150 million a unit- was nixed to the current operational

    そして、1機1億5,000万ドルの高額な航空機は、現在の運用には採用されませんでした。

  • fleet.

    艦隊のことです。

  • It was decided at the time that the F-22 was simply so advanced that no other nation presented

    当時、F-22は他の国が提示していないほどの先進性を持っていると判断されました。

  • a realistic threat against it, and thus large numbers of it were unnecessary.

    それに対する現実的な脅威であり、したがって大量のそれは不要であった。

  • Even the Chinese Chengdu J-20 and the Russian SU-57 were deemed to be both not threatening

    中国の成都J-20もロシアのSU-57も脅威ではないと判断された。

  • enough and not to be produced in large enough numbers to pose a serious threat against American

    アメリカに深刻な脅威をもたらすほど大量に生産されていない

  • air forces.

    空軍

  • With China's growing ambitions in the South China Sea and rapidly modernizing military

    南シナ海における中国の野心の高まりと、軍事の急速な近代化に伴い

  • though, the US Air Force has already begun planning for a replacement to the F-22 and

    しかし、米空軍はすでにF-22の代替機の計画を開始しており

  • the F-35, through its Next Generation Air Dominance program.

    F-35は、その次世代航空覇権プログラムを通じて

  • Despite its low numbers, for now the F-22 though will remain the deadliest fighter above

    その数が少ないにもかかわらず、今のところF-22は、しかし、上の最も致命的な戦闘機であることに変わりはありません。

  • any battlefield it finds itself in.

    どのような戦場でも、それ自身を見つけることができます。

  • The F-22 may rule the skies, but our next lethal modern weapon is the undisputed king

    F-22は空を支配しているかもしれないが、我々の次の致命的な近代兵器は議論の余地のない王である。

  • of the underwater domain.

    水中領域の

  • American Seawolf-class Submarine

    アメリカシーウルフ級潜水艦

  • Built at the end of the Cold War, the American Seawolf class of submarines remains the most

    冷戦末期に建造されたアメリカのシーウルフ級潜水艦は、現在でも最も多くの潜水艦を建造しています。

  • advanced submarines ever built, outclassing even the modern US Virginia class submarines

    米バージニア級潜水艦にも勝るとも劣らない先進的な潜水艦

  • which are replacing America's Los Angeles class.

    アメリカのロサンゼルスクラスに代わっている

  • Originally developed to counter advanced Soviet ballistic missile and attack submarines, the

    もともとはソ連の先進的な弾道ミサイルや攻撃用潜水艦に対抗するために開発されました。

  • Seawolf was jam-packed with the most advanced technology the US has ever fielded under the

    シーウルフには、アメリカがこれまでに培ってきた最先端の技術が詰まっていました。

  • sea.

    海。

  • Out of 29 originally planned to enter service, only three were ever completed due to the

    当初予定されていた29件のうち、3件しか完成していませんでした。

  • end of the Cold War.

    冷戦終結

  • Much like America's F-22 Raptor, the Seawolf found itself a victim of having no realistic

    アメリカのF-22ラプターのように、シーウルフは現実的ではない犠牲者であることがわかりました。

  • threat to go up against, and thus American budget priorities were shifted elsewhere.

    脅威に直面したため、アメリカの予算の優先順位は他の場所に移ってしまった。

  • At a cost of $5 billion per submarine, they are a whopping 2 billion dollars more expensive

    潜水艦1隻あたり50億ドルのコストで、なんと20億ドルも高くなっています。

  • than modern Virginia class submarines which are soon to become the workhorse of the American

    近代的なバージニア級潜水艦よりも、すぐにアメリカの仕事の主力になるだろう

  • attack sub fleet.

    潜水艦隊を攻撃する

  • All that money was well spent on creating the stealthiest submarine to ever cruise the

    そのお金はすべて、これまでのクルーズで最もステルスな潜水艦を作るためによく使われました。

  • ocean, with an operational Seawolf described as being quieter than a Los Angeles class

    稼動中のシーウルフはロサンゼルス級よりも静かだと言われています。

  • submarine sitting idle at port.

    潜水艦が港に停泊している

  • American sonar operators often joke that if you want to track a Seawolf, follow the silent

    アメリカのソナーオペレーターはよく冗談で、シーウルフを追跡したければ、無音の後を追えばいいと言っています。

  • void cruising around the ocean.

    海の周りをクルージングするヴォイド。

  • All three original Seawolfs remain in service with the US Navy, and their stealth is so

    オリジナルのシーウルフ3機は全て米海軍で現役で活躍しており、そのステルス性は非常に高いです。

  • formidable that they have been modified to allow for shallow water operations such as

    のような浅瀬での操業を可能にするために変更されたことは手ごたえがあります。

  • delivering Navy SEALs and other special forces directly onto enemy beaches.

    海軍シールズなどの特殊部隊を敵の浜辺に直接届ける。

  • Famously, a Seawolf was tasked with the nearly impossible mission of tapping a Russian communications

    有名な話では、シーウルフはロシアの通信を盗聴するというほぼ不可能な任務を任された。

  • cable just offshore from a major Russian base, and the tap remained undetected and active

    ロシアの主要な基地の沖合にあるケーブルが 探知されずに活動を続けていました

  • for years.

    何年も前から

  • American Seawolfs are rapidly approaching thirty years in service, and yet there is

    アメリカのシーウルフは、急速に30年に近づいていますが、それにもかかわらず、以下のようなものがあります。

  • no sign for their imminent retirement, another clue as to just how deadly these extremely

    引退の兆候はありませんが、これは、これらの非常に致命的なことを示すもう一つの手がかりです。

  • classified submarines really are.

    潜水艦の本当の姿を知っていますか?

  • Recognizing the growing submarine threat posed by Russia and China, the US Navy last year

    ロシアと中国がもたらす潜水艦の脅威の増大を認識し、米海軍は昨年

  • announced a plan to purchase a new generation ofSeawolf-likesubs specialized in

    に特化した新世代潜水艦「シーウルフ」の購入計画を発表しました。

  • hunting and destroying enemy submarines.

    敵潜水艦を狩って壊滅させる

  • Despite only three of its kind in service, the American Seawolf is the undisputed king

    この種の船は3隻しか現役で活躍していないにもかかわらず、アメリカン・シーウルフは誰もが認める王様です。

  • of the underwater realm.

    水中の領域の

  • The US may have the advantage in the air and below the waves, but our next weapon threatens

    アメリカは空と波の下では優位に立っているかもしれませんが、次の兵器が脅威となります。

  • any American aircraft finding itself in the wrong sky.

    米軍機が間違った空にいるのを発見したら

  • Russia's S-500 Air Defense System

    ロシアのS-500防空システム

  • The United States has historically held the advantage in combat aircraft, forcing Russia

    米国は歴史的に戦闘機の優位性を保持しており、ロシアを余儀なくされています。

  • to invest heavily- much more so than NATO- in air defense systems.

    防空システムにはNATOよりもはるかに多くの投資をしています。

  • This has given Russia an unrivaled expertise in creating air defense weapons, and its newest

    これにより、ロシアは防空兵器を作る上で他の追随を許さない専門知識を身につけ、最新の

  • surface-to-air/anti-ballistic missile system puts the American equivalent, the Patriot

    地対空・対弾道ミサイルシステムは、アメリカのパトリオットと同等のシステムを搭載しています。

  • missile battery, to shame.

    ミサイル砲台、恥ずべきことに

  • The S-500 was originally planned in the late 1960s, with a requirement to engage enemy

    S-500はもともと1960年代後半に計画されたもので、敵との交戦を前提としています。

  • aircraft up to 62 miles (100 km) away.

    最大62マイル(100km)離れたところにある航空機。

  • The Soviet military however rejected the weapon, requiring that a new air defense system be

    しかし、ソ連軍はこの兵器を拒否し、新しい防空システムを要求した。

  • able to engage not just enemy aircraft, but the growing threat posed by ballistic missiles.

    敵機だけでなく、弾道ミサイルの脅威も増大しています。

  • Thus the Soviets decided to invest in the S-300 family of air defense systems instead,

    このようにして、ソビエトは代わりに防空システムのS-300ファミリーに投資することを決めた。

  • shelving the S-500 for a few decades.

    数十年前からS-500を棚上げにしています。

  • Today technology has caught up with Soviet ambitions, delivering the most advanced air

    今日の技術はソ連の野望に追いつき、最先端の航空技術を提供しています。

  • defense system in the world.

    世界の防衛システム

  • Unlike many Russian military projects of late, such as the SU-57, the S-500 seems to be more

    SU-57のような最近のロシアの軍事プロジェクトの多くとは異なり、S-500は、より多くのように見えます。

  • than just propaganda, and American intelligence sources familiar with details of the system

    単なるプロパガンダではなく、システムの詳細に精通したアメリカの情報源

  • confirmed a successful intercept of an airborne target at a range of nearly 300 miles (482

    射程距離約300マイル(482マイル)の空中目標の迎撃に成功したことを確認しました。

  • km).

    km)である。)

  • The S-500 is designed to be rapidly deployed, with mobile radar and missile vehicles which

    S-500は、迅速な展開を想定して設計されており、移動式のレーダーやミサイルを搭載した車両が

  • can be set up in as little as thirty minutes time, making them very hard to pinpoint and

    は30分程度の時間でセットアップすることができます。

  • eliminate before becoming active.

    アクティブになる前に排除します。

  • Realistic estimates are that the system can track and engage up to ten targets at once,

    現実的な見積もりでは、システムは一度に最大10人のターゲットを追跡し、従事させることができます。

  • and can be used against intercontinental ballistic missiles, hypersonic cruise missiles, aircraft,

    と大陸間弾道ミサイル、超音速巡航ミサイル、航空機に対して使用することができます。

  • and even low earth orbit satellites.

    さらには低軌道の地球周回衛星までも。

  • With an operational range of 370 miles (600 km), the S-500 can seriously threaten any

    航続距離が600kmのS-500は、どのような

  • enemy aircraft attempting to enter its domain, and is without a doubt the most lethal air

    領地に進入しようとする敵機は、間違いなく最も致命的な航空兵器である

  • defense unit in the world.

    世界の防衛部隊

  • The American navy is the most powerful in the world, but even it may not be able to

    アメリカ海軍は世界最強だが、それすらも無理かもしれない

  • defend itself from our next weapon.

    次の武器から身を守るために

  • China's DF-26 Ballistic Missile

    中国のDF-26弾道ミサイル

  • China faces a serious problem in the Pacific- the US Navy.

    中国は太平洋で深刻な問題に直面している-米海軍。

  • Despite having a larger fleet, China's navy remains technologically behind the US, and

    より大きな艦隊を持っているにもかかわらず、中国の海軍は技術的に米国に遅れをとっている。

  • the nation is still incapable of carrying out bluewater navy operations far from home.

    国は未だに遠く離れた場所でのブルーウォーター海軍の活動を行うことができない。

  • This is a serious problem for a nation that gets more than sixty percent of its trade

    これは、貿易の60%以上を占める国にとって深刻な問題である。

  • via the ocean, all coming through trade routes it cannot hope to defend in the case of war

    海路

  • against the US and its allies, or India.

    アメリカとその同盟国やインドに対して

  • In response to the threat posed by the American and Indian navies, China leaned heavily into

    アメリカとインドの海軍がもたらす脅威に対応して、中国は以下のことに大きく傾いた。

  • the development and use of rocket forces, creating the world's only missile service

    ロケット戦力の開発と使用、世界唯一のミサイルサービスを作成しました。

  • with the People's Liberation Army Rocket Force, a military service focused exclusively on

    人民解放軍ロケット部隊との間で

  • missile warfare.

    ミサイル戦争

  • The latest addition to the Chinese rocket forces, the DF-26, may just be the deadliest

    中国のロケット部隊に加えられた最新のDF-26は 最悪かもしれない

  • threat facing American and Indian ships in the South Pacific.

    南太平洋でアメリカとインドの船が直面している脅威。

  • Designated the 'carrier killer', or the 'Guam killer' because of its intended use against

    空母キラー」または「グアムキラー」に指定されています。

  • American aircraft carriers and its forces on Guam, the DF-26 is a dual-use intermediate

    米空母とグアムの戦力、DF-26はデュアルユースの中間機

  • range ballistic missile capable of carrying both a nuclear and conventional warhead.

    核弾頭と通常弾頭の両方を搭載可能な範囲弾道ミサイル

  • With the ability to carry a warhead weighing up to 4,000 pounds (1800 kg), the DF-26 packs

    4,000 ポンド(1800 キロ)までの弾頭を搭載できる DF-26 は、以下のような機能を備えています。

  • enough explosive wallop to devastate American installations on Guam, and possibly even sink

    グアムのアメリカの施設を壊滅的に破壊するのに十分な爆発的な打撃を与え、おそらくは沈没さえする

  • a US aircraft carrier with just one hit.

    米空母に一発で命中した

  • With a range of up to 2,500 miles (4,000 km), the DF-26 can not just threaten US forces

    射程距離が2,500マイル(4,000キロ)まであるDF-26は、米軍を脅かすだけではない。

  • in Guam, South Korea, and Japan, but it can target American naval vessels far out at sea,

    グアム、韓国、日本では、アメリカの艦艇を標的にすることができますが、遥か沖合のアメリカの艦艇を標的にすることができます。

  • keeping American naval air power out of the fight altogether.

    アメリカ海軍の航空戦力を完全に戦いから遠ざけるために

  • Its ground-attack variants sport a circular error of probability of between 150 to 450

    地上攻撃型は150から450の間の確率で円形の誤差が発生します。

  • meters, making it less than accurate.

    メートルのため、正確さに欠けます。

  • However as it's designed to be used in overwhelming volleys meant to oversaturate enemy air defenses,

    しかし、それは敵の防空を過剰に飽和させることを意味する圧倒的なボレーで使用されるように設計されています。

  • the wide targeting margin of error is largely meaningless.

    射的誤差の幅が広いのは、ほとんど意味がありません。

  • While it's unknown what the circular error of probability is for its ship-attack variants,

    その艦攻変種の確率の円誤差がどうなるかは不明だが

  • it is estimated that it must be no greater than ten meters if it's to have any chance

    10メートルを超えることはないと推定されている

  • of threatening American or Indian ships.

    アメリカやインディアンの船を脅していた

  • While formidable in theory, the DF-26 is not believed to have been tested against naval

    理論的には手ごわいが、DF-26は海軍に対してテストされたとは考えられていない。

  • targets yet, and requires a long kill chain of assets that China has not proven it can

    まだ目標を達成しておらず、中国ができることを証明していない資産の長い殺戮の連鎖を必要とします。

  • master or defend in case of war.

    兵糧攻め

  • With American carriers presenting a moving target hundreds or thousands of miles away,

    アメリカのキャリアは何百、何千マイルも離れた移動目標を提示しています。

  • China's DF-26 would have to be very precise indeed if it's to succeed at its primary mission

    中国のDF-26は、主要な任務を成功させるためには、非常に正確でなければならないでしょう。

  • of keeping American naval airpower away from its shores.

    アメリカ海軍の航空戦力を海岸から遠ざけるために

  • China's missiles are indeed deadly, but none can top the next weapon on our list of

    中国のミサイルは確かに致命的ですが、次の兵器には勝てません。

  • most lethal modern military weapons.

    最も致命的な現代の軍事兵器

  • Russia's Hypersonic Missiles

    ロシアの超音速ミサイル

  • With the United States spending the majority of the 21st century so far focused on terrorism,

    アメリカは21世紀の大半をテロに費やしている。

  • it has fallen far behind traditional rivals in several key areas, such as anti-submarine

    対潜水艦のようないくつかの重要な分野では、伝統的なライバルに大きく遅れをとっています。

  • warfare and the development of hypersonic weapons.

    戦争と超音速兵器の開発。

  • Of the two, none pose as great a threat to American forces as Russia's next generation

    この2つのうち、ロシアの次世代のように米軍にとって大きな脅威となるものはありません。

  • hypersonic missiles.

    超音速ミサイル

  • Already deploying several variants, some of which are nuclear-capable, the weapon that

    すでにいくつかの亜種を展開しており、そのうちのいくつかは核武装が可能な兵器である。

  • most worries US officials is the Zircon family of hypersonic missiles.

    米政府が最も心配しているのは、超音速ミサイルのジルコンファミリーです。

  • These weapons fly at six times the speed of sound, giving air defense systems as little

    これらの武器は音速の6倍の速さで飛行し、防空システムにわずかな影響を与えます。

  • as a minute to respond to the incoming threat.

    入ってきた脅威に対応するための1分として

  • If fired in large volleys at a target such as a carrier strike group, the group's air

    空母打撃群などの目標に向けて大量に砲撃した場合、その群の航空

  • defense cruisers would have only thirty seconds or less to detect, track, and intercept before

    防衛巡洋艦が探知、追跡、迎撃するまでの時間はわずか30秒以下です。

  • the missile's high speed brings it to its target- a daunting feat for even America's

    ミサイルは高速で目標に到達します アメリカでさえも困難な偉業です

  • AEGIS air defense system.

    イージス防空システム。

  • With large enough numbers, an American carrier strike group would simply be unable to respond

    十分な数があれば、アメリカの空母打撃群は単に対応できないだろう

  • in time to each incoming missile, ensuring multiple hits on friendly ships.

    各受信ミサイルに合わせて、味方の船に複数のヒットを保証します。

  • That's if these missiles can even be tracked by radar in the first place, as the incredible

    このミサイルがそもそもレーダーで追跡できるかどうかは別として

  • high speeds cause the build up of a cloud of plasma around the missile as it tears through

    高速でミサイルを切り裂くようにプラズマ雲を発生させる

  • the atmosphere, absorbing incoming radar waves.

    大気圏に入ってくるレーダー波を吸収します。

  • While it could still be detected by passive systems such as infrared or those that pick

    赤外線などの受動的なシステムによって検出される可能性がありますが、そのようなシステムでは

  • up the missile's electronic emissions, these are very short range in nature and typically

    ミサイルの電子放出物をアップしますが、これらは本質的に非常に短距離であり、一般的には

  • don't provide a high enough fidelity to accurately guide an interceptor missile to its target.

    迎撃ミサイルを正確に目標に導くのに十分な高忠実度を提供していません。

  • While not impossible to defend against, hypersonic missiles provide a significant challenge to

    防衛は不可能ではないが、極超音速ミサイルは、次のような重要な課題を提供する。

  • American ships, prompting the US to invest heavily into alternative interception weapons

    アメリカの艦船は、アメリカが代替迎撃兵器に多額の投資をすることを促した。

  • such as laser systems which operate at the speed of light.

    光速で動作するレーザーシステムなど。

  • However with their low flight profiles, stealth features, and incredibly high speeds, detecting

    しかし、彼らの低飛行プロファイル、ステルス機能と信じられないほどの高速で、検出すると

  • them in the first place remains a significant challenge that right now, the United States

    そもそも、今のアメリカが直面している重要な課題であることに変わりはありません。

  • simply has no answer for.

    は単に答えがないだけです。

  • With only an estimated six of these missiles being required to sink a large US ship, the

    米軍の大型船を沈めるのに必要なミサイルは、推定で6発しかない。

  • American navy finds itself under serious threat for the first time since the Cold War.

    アメリカ海軍は、冷戦以来初めて深刻な脅威にさらされていることに気づく。

  • Despite the threat posed by hypersonic missiles and new Chinese DF-26 ballistic missiles though,

    超音速ミサイルや中国の新しいDF-26弾道ミサイルがもたらす脅威にもかかわらず。

  • the US Navy currently remains confident that it can operate in hostile waters.

    米海軍は現在も敵対海域での運用に自信を持っている。

  • When pressed on the matter, Navy officials have refused to comment on specific measures,

    この件については、海軍関係者が取材に応じると、具体的な措置についてのコメントを拒否している。

  • citing highly classified defensive systems in place or soon to be acquired to defend

    秘匿防衛システムを挙げて

  • against these next generation weapons.

    これらの次世代兵器に対して

  • Still, the threat posed by Russian hypersonic missiles is seen by many as the death knell

    それでも、ロシアの超音速ミサイルがもたらす脅威は、多くの人に死の鐘とみなされています。

  • signaling the end of the aircraft carrier as the preeminent weapon of naval warfare,

    空母が海戦の最大の武器であることに終止符が打たれたことを意味します。

  • the giant vessels simply being too large, costly, and vulnerable to be worth the investment

    巨大な船は、単に大きすぎてコストがかかり、投資に見合うだけの脆弱性を持っています。

  • any longer.

    もはや

  • Ready for more military news?

    軍事ニュースの準備はできていますか?

  • Check out our American vs Chinese Soldiers comparison right now!

    今すぐアメリカ兵と中国兵の比較をチェックしよう

  • Or click this other video instead!

    または、代わりにこの他の動画をクリックしてください

War.

戦争だ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ミサイル アメリカ 海軍 脅威 音速 システム

最も致死的な現代軍事兵器 (Most Lethal Modern Military Weapons)

  • 9 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語