Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You've taken up a job as a New York City window washer.

    ニューヨークの窓拭きの仕事に就いたんだな

  • Congratulations, it's an honourable profession.

    おめでとうございます、立派な職業です。

  • Sure, you can be performing death-defying feats of cleaning for a starting wage as little

    確かに、死に至るほどの大技である掃除の初任給はわずかだが

  • as twelve dollars an hour.

    時給12ドルで

  • But underappreciated as you are, you have a vital joband you're more committed

    しかし、あなたは重要な仕事をしているので、過小評価されています。

  • to maintaining transparency than most world governments.

    世界のほとんどの政府よりも透明性を維持することに力を入れています。

  • On your first day, you face a daunting challenge: Cleaning the windows on the 47th floor of

    初日、あなたは困難な課題に直面します。テルテルの47階の窓を掃除するというものです。

  • a New York City skyscraper.

    ニューヨークの高層ビル

  • Hope you're not afraid of heights.

    高所恐怖症にならないことを祈る。

  • But, while you're busy being the thin Windex line between cleanliness and grime, disaster

    しかし、清潔さと汚れの間の薄いウィンデックスラインになるのに忙しい間に、災害は

  • strikes: You lose your footing, and tumble 472 feet/ 144 metres to the unforgiving concrete

    が襲ってくる。足元を失い、472フィート(144メートル)もの高さのコンクリートの上に転がり落ちる。

  • below.

    の下にあります。

  • You probably assume your next stop is being scraped-up and power-washed into a gutter,

    次の停車駅は、おそらく側溝に削られてパワーウォッシュされていると思っているのでしょう。

  • but nope!

    然し乍ら

  • You survived.

    あなたは生き残った

  • You will live to wash windows another day.

    窓を洗うために、また別の日に生きることになるでしょう。

  • Seems far-fetched, right?

    俄かには考えられないことだろう?

  • But this actually happened to 37-year-old veteran New York window washer Alcides Moreno

    しかし、実際に起こったのは37歳のベテランの窓拭き職人 アルキデス・モレノです

  • in 2007.

    2007年には

  • We're going to tell you the incredible story of how he survived the seemingly un-survivable

    彼がどのようにして生き延びたのか、信じられないような話をお話しします。

  • today.

    今日は

  • First, let's talk about Moreno.

    まずはモレノについて。

  • He arrived in the US from Ecuador in the 1990s with his wife, Rosario, and his three children.

    1990年代にエクアドルから妻のロサリオと3人の子供を連れて渡米。

  • This is a man who's truly committed to his job, and more than that, he downright loves

    彼は本当に仕事に専念している男で、それ以上に、彼は本当に愛しています。

  • it.

    それを

  • When interviewed about his profession after his life-defining accident, he said “I loved

    命に関わる事故の後、自分の職業についてインタビューを受けた時、彼は「大好きだった」と答えた。

  • to see the windows really clean.

    窓が本当にきれいになっているのを見るために

  • I liked the water and the soap, how you press the squeegee.

    水と石鹸、スキージの押し方が好きでした。

  • We would start at the top and clean all the way to the bottom, I loved it.”

    上から始めて下まできれいにするのが好きだった"

  • It was with this intensely positive mindset that he and his younger brother, 30-year-old

    その強烈なポジティブマインドで、30歳の弟と一緒に

  • Edgar Moreno, took on the Solow Tower apartment block in Manhattan's Upper-East Side.

    エドガー・モレノは、マンハッタンのアッパーイーストサイドにあるソロータワーの団地を担当した。

  • At 50 stories and 689 feet/ 210 metres, it's a formidable structure, though still only

    50階建て、689フィート(210メートル)の巨大な構造物です。

  • the 71st tallest building in New York.

    ニューヨークで71番目に高いビル。

  • The Moreno brothers took the elevator to the top floor with all their equipment.

    モレノ兄弟は、装備を揃えてエレベーターで最上階へ。

  • The roof was dizzyingly high, even for these experienced window-washers.

    このような経験豊富な窓拭き職人でも、屋根の高さには目がくらむほどでした。

  • The temperature was freezing.

    気温は氷点下でした。

  • The air was thin.

    空気が薄かった。

  • But this was nothing unusual for this line of work, so they just got on with it.

    でもこれはこの系統の仕事にしては異常なことではなかったので、彼らはそれに乗っかってしまったのです。

  • Alcides and Edgar Moreno climbed onto their 16-foot-wide/ 4.9-metre-wide, 1,250-pound

    アルキデスとエドガー・モレノは、幅16フィート(4.9メートル)、重さ1,250ポンド(1,250ポンド)のバイクに乗り込んだ。

  • cleaning platform and prepared for another honest day's work.

    掃除台に乗って、またまっとうな一日の仕事の準備をしていました。

  • But this wasn't just any other day – a nightmarish disaster was about to strike.

    しかし、これは他の日のことではなかった - 悪夢のような災害が襲おうとしていた。

  • When the two brothers climbed onto the platformforgetting to first put on and fasten

    二人の兄弟がホームに登った時、最初に着ていたのを忘れていたために

  • their safety harnessesthe powerful cables that held the whole operation in place came

    安全ハーネス - 操作全体を保持する強力なケーブルが来ました。

  • dangerously loose.

    危うく緩んでいる

  • First, the cable on the left sidethe side where Edgar Moreno was standingcame

    まず、左側のケーブル - エドガー・モレノが立っていた側 - が来ました。

  • free, causing the entire platform to droop on one side and fling Edgar off of the platform

    フリー、プラットフォーム全体が片側に垂れ下がり、プラットフォームからエドガーを投げ落とす原因となる

  • entirely.

    完全に。

  • Sadly, this isn't the inspiring tale of how two brothers survived a terrifying situation.

    悲しいことに、これは二人の兄弟がどうやって恐ろしい状況を生き延びたかという感動的な物語ではありません。

  • Edgar fell 472 feet/ 144 metres, reaching speeds of around 120 miles-per-hour / 193

    エドガーは144メートルの高さから472フィート落下し、時速約120マイル(193km/h)に達した。

  • kilometres-per-hour before landing in a narrow alley.

    狭い路地に着陸する前に時速何キロ。

  • He landed on a wooden fence, severing his body in two and killing him instantly.

    木の柵に着地し、体を二つに切断して即死させた。

  • Edgar's death is one the 420,000 deaths that occur through falling every single year.

    エドガーの死は、毎年のように転落によって42万人の死者を出している。

  • It's one of the more common accidental ways to die.

    よくある事故死の方法の一つですね。

  • But Alcides didn't even have time to think about this, his mind was more focused on his

    しかし、アルキデスはこのことについて考える時間さえなく、彼の心は彼のことに集中していました。

  • own seemingly-imminent mortality.

    自分の死が迫っているかのように見える

  • His side of the scaffolding came loose and began to hurtle down towards the ground like

    足場の彼の側が緩んで、地面に向かって

  • a screaming comet.

    悲鳴を上げる彗星

  • However, unlike the tragic end of his brother, firefighters found Alcides alive in the hunk

    しかし、彼の弟の悲劇的な最期とは異なり、消防士はハンクの中でアルキデスが生きているのを発見しました。

  • of twisted metal that was once the window-washing platform.

    かつて窓拭きの台だったねじれた金属の

  • Crouched down, fingers twisted in a death grip around the platform, having survived

    屈み込んだまま、指をプラットフォームの周りで死のグリップに絡めて、生き残っていた。

  • by virtue of not striking his head during the fall.

    落下中に頭を打たなかったことで

  • According to witness reports, Alcides even attempted to stand.

    目撃者の報告によると、アルキデスは立ち上がろうとさえしました。

  • The first-responders were as amazed as they were baffled to find him alive, but Alcides

    第一応答者は、彼が生きていることに驚いたと同時に、彼が生きていることに困惑した。

  • was still in grave danger.

    はまだ危険な状態でした。

  • He may have survived the fall, but it wasn't by much.

    彼は倒れても生き残ったかもしれないが、そうではなかった。

  • While he was certainly luckier than Edgar, his injuries were nonetheless extensive and

    彼はエドガーよりは確かに幸運だったが、それにもかかわらず、彼の怪我は広範囲に及んでいた。

  • life-threatening.

    命に関わる

  • Alcides had suffered a traumatic head injury that left him with brain damage, as well as

    アルキデスは頭に外傷を負い、脳に障害を残していました。

  • damage to his neck, spinal column, chest, and abdomen.

    首、脊柱、胸、腹部の損傷。

  • He also had fractures to his right arm, ribs, and both legs.

    右腕、肋骨、両足にも骨折がありました。

  • Alcides was practically on the edge of death.

    アルキデスは死の淵にいました

  • The firefighters slowly and gently handled him into a vehicle for transport to a nearby

    消防士がゆっくりと優しく彼を車に乗せ、近くの病院に搬送しました。

  • hospital four blocks away.

    4ブロック先の病院

  • When Alcides arrived at the hospital, he was given extensive treatment for his injuries.

    アルキデスが病院に到着すると、彼の怪我のために大掛かりな治療を受けることになった。

  • He was put into an induced coma, and had a catheter inserted into his brain to reduce

    昏睡状態に陥り、脳内にカテーテルを挿入して減弱させた。

  • dangerous swelling.

    危険なむくみ

  • The doctors cut open his abdomen in order to relieve the pressure on his organs.

    医師は内臓への圧力を和らげるために腹部を切り開いた。

  • He was also transfused twenty-four pints of donated blood, which is around twice his entire

    彼はまた、24パイントの献血された血液を輸血されましたが、これは彼の全体の約2倍です。

  • blood volume.

    血量。

  • But the treatments didn't stop there.

    しかし、治療はそれだけでは終わらなかった。

  • He was also given nineteen pints of plasma, platelets, and a drug to stimulate blood-clotting

    血漿、血小板、血液凝固を刺激する薬も与えられた。

  • in order to reduce his life-threatening haemorrhaging.

    命に関わる出血を減らすために

  • He was also given a tracheotomy surgery and a ventilator in his throat, as well as nine

    気管切開手術や喉に人工呼吸器を入れてもらったほか、9

  • different orthopaedic surgeries.

    違う整形外科に行ってきました。

  • Alcides' condition was so fragile throughout most of this process that the doctors couldn't

    アルキデスの状態は、このプロセスのほとんどの間、非常にもろい状態だったので、医師は、このようなことができませんでした。

  • even move him into the operating theatre.

    手術室に移動させることもできます。

  • When later discussing the nature of Alcides' recovery, Dr. Herbert Pardeswho was president

    後日、アルキデスの回復の性質について話し合うとき、社長であったハーバート・パルデス博士は、次のように述べています。

  • and CEO of New York-Presbyterian Hospital at the timesaid, “If you're looking

    と当時のニューヨーク・プレズビテリアン病院のCEOは、次のように述べています。

  • for a medical miracle, this certainly qualifies.”

    "医学的な奇跡のために、これは確かに資格があります。"

  • And Dr. Pardes wasn't exaggerating here, either.

    パードス博士も大げさではなかった。

  • According to the chief surgeon of New York-Presbyterian, Dr. Phillip Barie, the death rate from falling

    ニューヨーク・プレズビテリアンの外科医長、フィリップ・バリエ博士によると、落下による死亡率は

  • three stories is around fifty percent.

    3階建ては5割程度です。

  • At ten stories, the amount of people who survive are statistically insignificant.

    10階建てでは、生き残っている人の量は統計的に重要ではありません。

  • Alcides was a complete, statistical outlier.

    アルキデスは完全に統計上の外れだった。

  • Alcides Moreno remained in his medically-induced coma for three weeks.

    アルキデス・モレノは、医学的に誘発された昏睡状態が3週間続きました。

  • He finally spoke on December 7th of 2007, to Rosario, who'd remained in his room and

    2007年12月7日、部屋に残っていたロザリオにようやく話をして

  • kept him company throughout the recovery process.

    復旧作業の間、彼に付き添ってもらっていました。

  • Because of the head trauma Alcides experienced, he didn't even remember the accident happening.

    アルキデスが経験した頭部外傷のため、彼は事故が起きたことさえ覚えていなかった。

  • He did, however, deduce that his brother had died.

    しかし、彼は弟が死んだことを推理した。

  • Still, in spite of his brother's tragic death, Alcides Moreno was lucky to be alive

    それでも、弟の悲劇的な死にもかかわらず、アルキデス・モレノは生きていて幸運だった。

  • after the whole ordeal.

    試練の末に

  • After a few more spinal surgeries and another surgery to help reconstruct his abdominal

    脊椎の手術と腹部の再建のための別の手術をした後に

  • wall, he'd almost fully recovered.

    壁の上では、ほぼ完全に回復していました。

  • Naturally, the authorities looked into what might have caused this accident in the first

    当然のことながら、当局は、最初にこの事故を引き起こした可能性があるものを調べました。

  • place.

    の場所。

  • The investigations into the circumstances of the incident found that the platform and

    事件の経緯を調査したところ、プラットフォームと

  • cables hadn't been properly maintained over time.

    ケーブルは時間が経つにつれて適切にメンテナンスされていなかった。

  • And the new motorised cables, responsible for lowering the platform down the side of

    そして、新しい電動ケーブルは、プラットフォームを下げるための責任があります。

  • the building, hadn't been properly anchored to the top of the building.

    は、建物の上部に適切に固定されていませんでした。

  • It was a perfect recipe for the worst-case scenario.

    最悪の事態を想定した完璧なレシピでした。

  • Initially, the investigators also placed some of the responsibility for the accident on

    当初、捜査関係者は事故の責任の一部を

  • Alcides and Edgar - Claiming that the fact they weren't wearing their harnesses during

    アルキデスとエドガー - 彼らはハーネスを着けていなかったと主張している

  • the accident made them at least somewhat culpable for what happened.

    事故が起きたことで、彼らは少なくともある程度の責任を負うことになりました。

  • However, this line of reasoning was later dropped, because the investigators couldn't

    しかし、この推論は後に取り下げられた。

  • prove that the brothers weren't just testing the platform before applying their harnesses

    兄弟がハーネスを装着する前に プラットフォームをテストしていただけではないことを証明します

  • and getting back on.

    と言って戻ってきました。

  • Anyway, back to the story.

    とにかく話を戻します。

  • The real question on everyone's mind right now is how Alcides Moreno survived falling

    今、みんなの心の中にある本当の疑問は、アルキデス・モレノがどうやって倒れても生き残ったのかということです。

  • 472 feet/ 144 metres from the 47th floor of the Solow Building.

    ソロービルの47階から472フィート/144メートル。

  • The answer is honestly still unclearmany doctors and first-responders believe that,

    その答えは正直まだはっきりしていません。

  • by all rights, Alcides should absolutely be dead right now.

    アルキデスは今、絶対に死ぬべきだ

  • But some possibilities can be found in science, and in Moreno's basic window washer training.

    しかし、いくつかの可能性は、科学とモレノの基本的な窓ガラス洗浄機の訓練の中に見つけることができます。

  • When asked about why he thought he was able to survive his ordeal, he credited the fact

    なぜ試練を乗り切れたと思うかと聞かれたとき、彼はその事実を信じていました。

  • he was trained to lay flat to the platform and cling onto it during his sudden descent

    落ちぶれないようにしつけられていた

  • towards the New York City streets below.

    下のニューヨークの街並みに向かって

  • The much larger surface area of the platform Alcides was clinging to likely offered air

    アルキデスは、プラットフォームのはるかに大きな表面積は、おそらく提供された空気にしがみついていた

  • resistance that slowed the speed of his descent, compared to his brother.

    弟に比べて下降速度が遅くなった抵抗。

  • Edgar's relatively small surface area had him fire down towards the earth like a bullet

    エドガーの比較的小さな表面積は弾丸のように地球に向かって発射した

  • with little resistance.

    抵抗が少ない。

  • The physics of air resistance gave Alcides a fighting chance against the forces of gravity.

    空気抵抗の物理学は、アルキデスに重力の力との戦いのチャンスを与えた。

  • Some speculated that perhaps the platform bounced against one of the surrounding buildings,

    一部では、プラットフォームが周囲の建物の一つに跳ね返ったのではないかと推測されています。

  • slowing the fall, though this was never conclusively proved.

    落下を遅らせることができたが、これは最終的には証明されなかった。

  • The platform itself may have also acted as a kind of buffer between the force of the

    の力の間の一種の緩衝材としても機能していたのかもしれません。

  • crash and Alcides' body, both dampening the overall force and distributing it evenly

    墜落とアルキデスの体は、全体の力を減衰させ、均等に分散させている。

  • across his body.

    彼の体中に

  • Edgar, on the other hand, took the full force himself on the razor-edge of a fence, essentially

    一方、エドガーは、フェンスのカミソリの縁に自らの力を全開にして、本質的には

  • assuring catastrophic physical damage.

    壊滅的な物理的な損傷を保証します。

  • Alcides and Edgar essentially provide perfect examples of ideal and nightmare scenarios

    アルキデスとエドガーは、基本的に理想と悪夢のシナリオの完璧な例を提供しています。

  • for falling from a great height without a parachute.

    パラシュートなしで高所から落下するために

  • We can look at a few similar examples to see if they provide any answers for how someone

    似たような例をいくつか見てみましょう。

  • could survive such an insane fall.

    そんな非常識な落ち方をしても生き残れるのか?

  • Joshua Hanson, a bar owner from Wisconsin, drunkenly crashed out of the window of a Minneapolis

    ウィスコンシン州のバー経営者ジョシュア・ハンソンが、酔ってミネアポリスの窓から墜落しました。

  • hotel's seventeenth floor.

    ホテルの17階

  • Hanson suffered a broken leg and a collapsed lung, but walked away fine from the hospital

    ハンソンは足の骨折と肺の虚脱に苦しみましたが、病院から無事に退院しました。

  • a week later.

    一週間後には

  • This is still a miraculous feat of survival, but Alcides fell thirty floors more, so it's

    これでも奇跡的に生き残っているが、アルキデスはさらに30階まで落ちたので

  • a little difficult to compare the two.

    比較するのはちょっと難しい

  • Likewise, Tim Stilwell is thankfully still well after falling from the roof of his apartment

    同様に、ティム・スティルウェルはアパートの屋根から落ちた後、ありがたいことにまだ元気です。

  • building in 2013.

    2013年の建物。

  • His fall was broken by the roof of a nearby building, allowing him to survive with some

    彼の落下は、近くの建物の屋根で壊れていたので、彼はいくつかの生存を可能にしました。

  • broken bones.

    骨折した

  • While having a more solid scientific answer would certainly be more satisfying than maintaining

    もっとしっかりとした科学的な答えがあれば、維持するよりも確かに満足できるでしょう。

  • the mystery, the fact is, the greatest factor in surviving any insane fall is pure luck.

    謎だが、事実、どんな非常識な落下でも生き延びる最大の要因は純粋な運だ。

  • There is no one solid, logical reason that Alcides Morena was able to survive his 47-story

    アルキデス・モレーナが47階建てで 生き残った理由は何もありません

  • fall, baffling everyone from scientists to doctors to first responders.

    科学者から医師、救急隊員まで、誰もが困惑しています。

  • Alcides and Rosario attribute a lot of his tremendous luck to the grace of God, owing

    アルキデスとロサリオは、彼の途方もない幸運の多くを神の恵みによるものとしています。

  • to the fact that Alcides, in the words of Rosario, has never wished anything bad on

    ロサリオの言葉を借りれば、アルキデスは決して悪いことはしていないという事実に

  • anyone.

    誰でもいい

  • In the aftermath of the incident, Edgar Morena was buried in the brothers' home country

    事件の余波で、エドガー・モレーナは兄弟の母国に埋葬された。

  • of Ecuador.

    エクアドルの

  • In the few years following, Alcides struggled greatly with survivor's guilt.

    その後の数年間、アルキデスは生存者の罪悪感に大きく苦しんだ。

  • He'd been close with his brother his whole lifethe two of them having lived together

    弟とは生涯を共にしてきた仲で、二人は一緒に暮らしてきた。

  • in New Jersey and worked as a team since the early 1990s.

    ニュージャージー州で、1990年代初頭からチームとして活動していました。

  • Alcides saidLosing him was a big deal for me…I believe I felt melancholic for

    アルキデスは「彼を失ったことは私にとって大きなことだった...私は彼のためにメランコリックな気持ちになっていたと思う。

  • about three years.

    約3年。

  • That's how long it took me to recover and accept his death.

    それだけ、彼の死を受け入れて立ち直るまでに時間がかかったということです。

  • It was like losing a child, because he was younger than me.”

    年下だったので、子供を失ったような感じでした。"

  • While nothing could bring back Alcides' brother, he did at least achieve some financial

    何もアルキデスの兄弟を連れ戻すことはできませんでしたが、彼は少なくともいくつかの財政を達成しました。

  • justice for the company that caused his death.

    彼の死の原因となった会社のための正義のために。

  • Rather than implicating Alcides and Edgar in their own tragedy, a Manhattan Supreme

    アルキデスとエドガーを悲劇に巻き込むのではなく、マンハッタンの最高裁は

  • Court Judge ruled in their favour, finding Tractelthe company responsible for installing

    裁判所の判事は、Tractel - インストールを担当する会社を見つけるために彼らの有利な判決を下しました。

  • the safety features on the window-washing platformliable for poorly installing

    窓拭きプラットフォームの安全機能 - 不十分なインストールの責任を負う

  • the motorised cables.

    モーター付きケーブルを使用しています。

  • They also found that the Solow building was liable for its inadequate safety features.

    また、ソローの建物の安全性が不十分であったことについても責任があることが判明した。

  • As a result, the two entities settled the matter with Alcides out of court for a large

    その結果、2つの事業体はAlcidesとの間で多額の和解金で和解しました。

  • sum of money.

    お金の合計。

  • Alcides Morena has since moved to Phoenix, Arizona, and had a fourth child with Rosario.

    アルキデス・モレナはその後、アリゾナ州フェニックスに移り住み、ロザリオとの間に第4子を授かっている。

  • Morena has said that the warm, dry air in Arizona is better for his bones, but he still

    モレナは、アリゾナの暖かく乾燥した空気が彼の骨のために良いと言っているが、彼はまだ

  • misses the people of New York City.

    ニューヨークの人々が恋しい

  • He no longer works for health reasons, but has maintained that he doesn't have a fear

    健康上の理由で働かなくなったが、恐怖心がないことを維持している。

  • of heights because of the incident.

    事件のせいで高所恐怖症になってしまった。

  • Looking back on his experience, Alcides said, “I have all the scars on my body and because

    これまでの経験を振り返り、アルキデスは「体中に傷跡が残っていて、それが原因で

  • of the back injuries, I can't run, only walk.

    腰の怪我のせいで、走れない、歩けない。

  • I'm not like I used to be.

    昔の自分とは違う。

  • But thank God I can walk, that is amazing for me.”

    でも、歩けるようになったことに感謝しています。"

  • And Alcides has put his life and his ability to walk to good use.

    そして、アルキデスは彼の人生と 歩行能力を有効に活用しています

  • In the years since his accident, he's supported his children in going to college and taken

    事故以来の数年間、彼は子供たちの大学進学をサポートしてきました。

  • part in 5K runs for charity.

    チャリティーのための5Kランに参加します。

  • While he has said that life could never truly be the same, he's regained around eighty

    人生は元通りにはならないと言いながらも、80歳前後を取り戻している

  • percent of the person he used to be.

    以前の自分の何パーセントかだ

  • And for someone who fell to what seemed like certain death from the top of a 50-story building,

    50階建てのビルの最上階から 確実に死ぬかと思われた人のために

  • eighty percent is honestly pretty darn good.

    80%は正直かなりいいですね。

  • Thanks for watching this episode of The Infographics Show!

    The Infographics Showのエピソードをご覧いただきありがとうございます。

  • If you're looking forward to falling for even more of our content about amazing survival

    あなたが驚くべきサバイバルについての私たちのコンテンツのさらに多くのために落ちることを楽しみにしている場合

  • situations, why not check outPlane Crash Leads To Unbelievable Survival Storyand

    状況は、なぜチェックアウトしない "Plane Crash Leads To Unbelievable Survival Story "と

  • Survival Tips That Will One Day Save Your Life.”

    "いつか命を救うサバイバルのヒント"

  • In the meantime, watch your step.

    それまでの間、足元に気をつけてください。

  • It's a long way down from here.

    ここから先は長いですね。

You've taken up a job as a New York City window washer.

ニューヨークの窓拭きの仕事に就いたんだな

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 エドガー プラットフォーム 落下 事故 ニューヨーク ケーブル

窓の洗濯機が47話の落下をどのように生き延びたか - 実話 (How a Window Washer Survived a 47 Story Fall - True Story)

  • 14 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語