Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Imagine you're working at a diner in the 1930s, and you've just given the check to

    1930年代のダイナーで働いていると想像してみてください。

  • a well-dressed frequent customer who works at the bank down the street.

    通りの銀行で働いている身なりの良い常連客。

  • You're waiting for him to pay for his eggs, bread and coffee, which at 1930s prices comes

    あなたは1930年代の価格で来る彼の卵、パン、コーヒーの代金を支払うために彼を待っています。

  • out to about 35 cents.

    約35セントになりました。

  • The customer keeps rustling around in his pockets, getting increasingly embarrassed,

    お客さんはポケットの中をゴソゴソし続けて、ますます恥ずかしくなってくる。

  • seemingly unable to find a few coins or a $1 bill so he can pay.

    小銭も1ドル札も見つからないようなので、払えるようになっている。

  • Suddenly, he feels a piece of paper in his pocket and his face lights up.

    突然、ポケットの中に紙切れを感じ、顔が明るくなる。

  • He pulls out a crisp $100,000 bill and hands it over.

    彼はパリッと10万ドル札を取り出して、それを手渡す。

  • You don't know whether to laugh at such an obvious scam, or be incensed at the fact

    こんな明らかな詐欺を笑っていいのか、それとも憤慨していいのかわからない。

  • that the man expected you to find $99.999.65 in change.

    その男はあなたが99.999.65ドルのお釣りを見つけることを期待していました。

  • Your manager comes over and shocks you by telling you that even though you can't accept

    あなたの上司が来て、あなたにショックを与え、あなたが受け入れられなくても

  • it and the customer shouldn't be carrying it in the first place, the $100,000 bill he

    そもそも持ってはいけない十万ドル札

  • pulled out is, in fact, real.

    抜かれたのは、実際には本物です。

  • Why did the US ever issue such astronomically large dollar bills?

    なぜアメリカはこれほど天文学的に大きなドル紙幣を発行したのか?

  • And why did they stop?

    そして、なぜやめたのか?

  • Well, we gathered up our team of top financial experts and economists to discover what happened

    さて、私たちは、トップの金融専門家とエコノミストのチームを集めて、何が起こったのかを発見しました。

  • to the $100,000 bill.

    10万ドル札に

  • You might be surprised to know that in 1928, the government started issuing currency in

    年に政府が通貨発行を開始したことを知って驚くかもしれません。

  • all sorts of large denominations, including $1,000, $5,000, and $10,000 bills.

    1,000ドル、5,000ドル、10,000ドルのお札を含むあらゆる種類の大規模なデノミネーション。

  • Apparently the economy was running so hot in the notoriously reckless 1920s, that people

    どうやら1920年代は無謀と言われるほど経済が熱を帯びていたようで、人々の間では

  • thought a $10,000 bill would somehow be useful to have circulating around.

    1万ドル札があれば 何かと便利だと思ったんだ

  • Little did the US know that the next year, it was about to experience a small financial

    翌年、米国が小さな金融危機に見舞われようとしていたことは、ほとんど知られていませんでした。

  • setback known asThe Great Depression”.

    として知られる挫折。

  • To be fair, there were practical reasons for the introduction of such bills.

    公平に言えば、このような法案を導入するには現実的な理由があった。

  • Banks and financial institutions relied on wire transfers to complete large transactions.

    銀行や金融機関は、大規模な取引を完了するために電信送金に頼っていました。

  • However, in the 20s and 30s, those transfers were so slow and unreliable that many institutions

    しかし、20~30年代には、これらの送金は非常に遅く、信頼性が低いため、多くの機関では、以下のようになっています。

  • preferred to simply hand over a $5,000 or $10,000 bill to take care of a debt or loan.

    借金やローンの世話をするために、単純に5,000ドルや1万ドルの手形を渡すことが好ましい。

  • So when did the $100,000 bill come into play?

    で、10万ドル札はいつ頃から出てきたの?

  • In December 1934, the US, or more specifically, the Bureau of Engraving and Printing, started

    1934年12月、アメリカ、より具体的には製版印刷局が開始されました。

  • printing Series 1934 $100,000 gold certificates.

    印刷シリーズ1934年10万ドルの金券。

  • They only printed these certificates for three weeks in total, ending production in January

    これらの証明書は合計で3週間しか印刷されず、1月に生産が終了しました。

  • of 1935.

    1935年の

  • Although to us the certificates look less realistic than Monopoly money, at the time

    私たちには証明書は、時間で、独占的なお金よりも現実的ではないように見えるが

  • they were valid legal tender.

    有効な法定通貨でした。

  • However, the $100,000 bill could not be privately carried or used for personal transactions,

    しかし、10万ドル札は個人的に持ち歩いたり、個人的な取引に使うことはできませんでした。

  • meaning the diner customer in our opening story would have been in big trouble with

    冒頭の話に出てくるダイナーの客は

  • his bank for carrying a $100k bill with him.

    100万ドル札を持ち歩いていた彼の銀行が

  • Only certain Federal Reserve Banks could use the certificates for official transactions.

    特定の連邦準備銀行だけが公的取引に証明書を使用することができました。

  • The banks who wanted to use these bills had to prove to the US Treasurer that they had

    これらの紙幣を使おうとする銀行は、米国の財務長官に以下のことを証明しなければなりませんでした。

  • an equivalent amount of gold bullion held in the Treasury.

    財務省に保管されている金地金の相当額。

  • In fact, the $100,000 bill can't even be held by private citizens in the present day.

    実際、10万ドル札は今の時代、民間人が持つことすらできません。

  • Most of the 42,000 bills printed have been destroyed by the government by now, and the

    印刷された4万2千枚の紙幣のほとんどは、今頃になって政府によって破棄されており

  • few remaining ones are accounted for and held by the Reserve.

    残っているものはほとんどなく、積立金に計上され、保有されています。

  • Private ownership of a $100,000 bill is actually illegal, and the government would have a lot

    10万ドル札の私有化は実際には違法であり、政府には多くの

  • of questions as to how you might have found one in the first place.

    どのようにして最初に1つを見つけたかについての質問をします。

  • Since the few remaining copies can be found in branches of the Federal Reserve, or prestigious

    残っているコピーが少ないため、連邦準備銀行の支店や名門の支店で見つけることができます。

  • institutions like the Smithsonian Museum, finding a real $100,000 bill would most likely

    スミソニアン博物館のような機関では、本物の10万ドル札を見つけることは、ほとんどの場合可能性があります。

  • involve a Nicholas Cage, “National Treasuretype of situation.

    ニコラス・ケイジ、「国宝」タイプの状況を巻き込む。

  • Which no one should ever be involved in.

    誰も関わってはいけないことだ

  • The $100,000 bills printed by the Bureau featured a portrait of Woodrow Wilson, who served as

    局が印刷した10万ドル紙幣には、当時の大統領を務めたウッドロウ・ウィルソンの肖像が描かれています。

  • US President from 1913 to 1921 and led the US through World War I.

    1913年から1921年までアメリカ大統領を務め、第一次世界大戦を通じてアメリカを導いた。

  • The bill was printed on a blend of 75% cotton and 25% linen which - surprise! - is actually

    お札は綿75%と麻25%の混紡素材にプリントされています。- 実は

  • what our money today is printed on as well.

    今日の私たちのお金は何に印刷されているのでしょうか?

  • That's right; even though we refer to and think of our money as paper, it is in fact

    その通りです。私たちがお金を紙と呼んだり、考えたりしていても、実際には

  • printed on material closer to the T-shirt you're wearing than actual paper.

    実際の紙よりも着ているTシャツに近い素材にプリントされた

  • Other large denomination notes also featured notable politicians such as William McKinley

    その他の大額紙幣には、ウィリアム・マッキンリーなどの著名な政治家が描かれています。

  • on the $500 bill, Grover Cleveland on the $1,000 bill , founding father James Madison

    500ドル札にグローバー・クリーブランド、1000ドル札にグローバー・クリーブランド、建国の父ジェームズ・マディソン

  • on the $5,000 bill , and on the $10,000 bill….Salmon P. Chase?

    5000ドル札にも1万ドル札にも... サーモン・P・チェイス?

  • For those of you wondering whether your history teacher failed you even more than you thought,

    思った以上に歴史の先生に失敗したのかなと思っている方へ

  • don't worry - most people don't recognize Salmon P. Chase at all.

    心配するな ほとんどの人は サーモン・P・チェイスを全く認識していない

  • However, at one time, he was quite important in US politics.

    しかし、一時はアメリカの政治においてかなり重要な存在だった。

  • In the mid to late 1800s, Chase served as Ohio's governor and senator, Chief Justice

    1800年代半ばから後半にかけて、チェイスはオハイオ州の知事と上院議員、最高裁判事を務めました。

  • of the United States, and Lincoln's initial Secretary of the Treasury.

    の、リンカーンの初代財務長官を務めた。

  • It was this last post that led to Chase being put on the $10,000 bill eventually.

    チェイスが最終的に1万ドルの請求書に乗せられることになったのは、この最後の投稿がきっかけでした。

  • In 1861, the US started issuing the first greenback notes that eventually led to our

    1861年、アメリカは最初のグリーンバック紙幣の発行を開始しました。

  • modern currency.

    現代の通貨。

  • Chase was asked to pick someone whose face would be placed on the all-important $1 bill,

    チェイスは、最も重要な1ドル札の上に顔が載る人物を選ぶように頼まれた。

  • and so Chase picked…(*pause*)...himself.

    で、チェイスが選んだのは...(*一時停止*)...自分。

  • The self-important Chase, who would undoubtedly be trying to get on a FOX reality show if

    自分勝手なチェイスは、間違いなくFOXのリアリティ番組に出ようとしているだろう。

  • he had been born in our times, thought showing his face to everyone in the US via the money

    金でアメリカ中に顔を見せてやろうと思っていた時代に生まれてきた

  • they used would help elevate him to the presidency one day.

    彼らが使ったものは、いつか彼を大統領に昇格させるのに役立つだろう。

  • Clearly, this dream never materialized.

    明らかに、この夢は実現しなかった。

  • However, the Treasury decided to pay a small honor to the man who helped start modern banknotes

    しかし、財務省は、近代紙幣を開始するのに貢献した男に小さな敬意を払うことにしました。

  • by putting Chase's face on the $10,000 bill in 1928, thereby ensuring that literally dozens

    1928年に1万ドル札にチェイスの顔を載せることで文字通り何十人もの人が

  • of people would see it.

    の人が見ることになります。

  • However, Chase did go on to achieve some kind of greater fame, with his name eventually

    しかし、チェイスはある種の大きな名声を得るために進み、彼の名前は最終的には

  • being used by the modern banking behemoth known as Chase Bank.

    チェース銀行として知られる近代的な銀行の巨大企業が使用しています。

  • Anyone who has spent hours listening to horrible covers of Shania Twain songs while on hold

    保留中にシャニア・トウェインの曲のひどいカバーを何時間も聴いていた人

  • with a teller explaining to them why there are four additional fees on their credit card

    クレジットカードに4つの追加料金がかかる理由を説明しながら

  • now, certainly knows Chase's name.

    チェイスの名前を知っている

  • In this way, he leaves behind a legacy as well-liked as he probably was in real life.

    このようにして、彼はおそらく実生活でもそうであったように、好かれていた遺産を残している。

  • So why did the US stop printing all these high-value bills in 1946?

    では、なぜアメリカは1946年に高額紙幣の印刷をすべてやめたのか?

  • Well, the bills were really only useful for bank transfers and real estate deals at that

    まあ、その時のお札は銀行振り込みや不動産取引にしか役に立たなかったんですけどね。

  • time.

    の時間。

  • With prices being much lower in the 40s and 50s than we are used to, and wire transfers

    40代、50代の物価が今よりもずっと安くなっている中、電信送金で

  • becoming faster and more reliable, it didn't seem like a great idea to keep printing such

    より速く、より信頼性の高いものになってきているので、このような印刷を続けていくのは良い考えとは思えませんでした。

  • absurdly high value bills.

    不条理な高額紙幣

  • Not to mention the process for printing large denomination bills was pretty expensive.

    大額紙幣を印刷する工程がかなり高かったのは言うまでもありません。

  • The production runs for large bills were relatively small; after all, a lot more $1 bills are

    大札の生産量は比較的少なく、結局、より多くの1ドル紙幣が生産されました。

  • printed than $1,000 ones.

    1,000ドルのものよりも印刷されています。

  • This means the US had to keep engraving new plates, used to produce the bills, for relatively

    これは、アメリカが紙幣の製造に使用した新しい版を、比較的安価な価格で彫り続けなければならなかったことを意味しています。

  • small production runs.

    小規模な生産が行われています。

  • It was more logical and cost efficient to run a large order of $1, $5, or $10 bills

    1ドル、5ドル、10ドル札の大口注文を実行するのは、より論理的でコスト効率が良かったです。

  • instead.

    の代わりに

  • Even if large denomination bills are not being printed anymore, could you still somehow find

    大額紙幣が印刷されなくなっても、なんとか見つけられないか?

  • a $1,000 or $5,000 bill circulating now?

    1000ドルや5000ドルの紙幣が流通しているのか?

  • Well, most likely no.

    まあ、ほとんどの場合、ないでしょうね。

  • In 1969, the Federal Reserve recalled all large denomination bills from the $1,000 bill

    1969年、連邦準備制度理事会は1,000ドル札から大額紙幣をすべてリコールしました。

  • and up.

    と上へ。

  • The reason behind the Fed's decision was that the President at the time thought such

    FRBの決定の背景には、当時の大統領がこのような考えを持っていたことがあります。

  • large denominations would make counterfeiting easier for criminals.

    大きな額面があれば、犯罪者にとって偽造が容易になる。

  • Additionally, large denomination bills such as the $5,000 and $10,000 bill would make

    さらに、5,000ドル札や10,000ドル札のような大きな額面のお札を使うと

  • undetectable, illegal transactions, such as money laundering by the mafia, all too easy

    マフィアのマネーロンダリングのような違法な取引は、あまりにも簡単に検出されません。

  • as well.

    と同様に。

  • In case you're wondering, the crime-fearing President who gave the order to recall these

    念のために言っておくと、これらのリコール命令を出した犯罪好きの大統領は

  • large bills was Richard Nixon.

    大札はリチャード・ニクソンだった。

  • Even though these large bills have been recalled, people do occasionally come across them in

    これらの大きな紙幣がリコールされているにもかかわらず、人々は時折、これらの紙幣に出くわすことがあります。

  • old family vaults or boxes.

    古い家族の金庫や箱

  • If you find any, you can take them to the bank and get the equivalent amount in cash,

    見つけたら銀行に持って行って、現金で相当額をもらうことができます。

  • in reasonably smaller bills.

    適度に小さいお札で。

  • The large denomination bills will then be sent straight into the Federal Reserve, not

    大額紙幣はそのまま連邦準備銀行に送られるのではなく、連邦準備銀行に送られます。

  • recirculated.

    再循環しています。

  • A wiser course of action would be to sell the old bills to collectors, as most old large

    より賢明な行動は、ほとんどの古い大型紙幣のように、古い紙幣をコレクターに売ることでしょう。

  • denomination bills are worth much more than their actual printed value.

    紙幣は実際に印刷された価値よりもはるかに価値があります。

  • A standard, gently used $1,000 bill is worth around $1,600 on average.

    標準的で軽く使われている1,000ドル札は、平均して1,600ドル程度の価値があります。

  • However, if you find a rarer example that's valuable to collectors, a select few bills

    しかし、コレクターにとって価値のある希少な例を見つけた場合は、少数の紙幣を選択します。

  • have been known to fetch over a million dollars.

    100万ドル以上の値がつくことで知られています。

  • The current record for price paid for a $1,000 bill is $3.3 million.

    1,000ドル札の支払価格の現在の記録は330万ドル。

  • Which seems...counterintuitive, but after all, rich people need to spend their pools

    それは...直観的ではありませんが、結局のところ、金持ちはプールを使う必要があります。

  • full of money on something.

    何かにつけて金満

  • In any case, if you were looking for motivation to finally dust off and go through grandma's

    いずれにしても、最終的にほこりを払って、おばあちゃんの

  • old things, use the hope that you could find a $5,000 bill as incentive.

    古いものは、インセンティブとして5000ドル札を見つけることができるという希望を利用してください。

  • Obviously, there are minimal chances of this happening unless grandma was secretly balling

    明らかに、おばあちゃんがこっそりとボールを持っていない限り、このようなことが起こる可能性は最小限に抑えられています。

  • and quirky enough to stash her fortune in a box instead of leaving you a decent inheritance.

    あなたにまともな遺産を残す代わりに彼女の財産を箱に隠しておくのに十分な風変わりさ。

  • So is there ever a chance we will return to printing $100,000 bills?

    10万ドル札の印刷に戻る可能性はあるのか?

  • Most financial experts say it's highly unlikely.

    ほとんどの金融専門家は、その可能性は非常に低いと言っています。

  • After all, most people today prefer to use their credit cards for large transactions

    結局のところ、今日のほとんどの人は、大規模な取引のためにクレジットカードを使用することを好む。

  • instead of cash anyway.

    とにかく現金の代わりに

  • That's partly why the largest bill issued by the US today is $100.

    だからこそ、今のアメリカが発行している最大の手形が100ドルなのも理由の一つです。

  • The conditions under which the government would even consider printing such large bills

    政府がこのような大きな紙幣を印刷することを検討する条件は

  • again would have to be near-apocalyptic.

    またしても、ほぼ黙示録的なものでなければなりません。

  • Either a severe case of hyperinflation spiraling out of control, or the simultaneous crash

    制御不能に陥ったハイパーインフレの深刻なケースか、同時多発的な暴落かのどちらかだ

  • of all digital systems of money transfers.

    金銭授受のすべてのデジタルシステムの

  • And if either of those near-apocalyptic events happened, we'd probably have to go back

    そして、これらの黙示録的な出来事のどちらかが起こった場合、私たちはおそらく戻らなければならないでしょう。

  • to trading fruit and hunting meat anyway, so a $100,000 bill would still be useless.

    果実の取引や肉の狩猟をしているので、10万ドル札はまだ役に立たないでしょう。

  • That's not the financial experts' opinion; just our team's prediction here at The Infographics

    それは、金融の専門家の意見ではなく、私たちのチームが予測したものです。

  • Show, which is why we've been stockpiling apples and hunting knives for years now.

    ショー、だからこそここ数年、リンゴや狩猟用ナイフを備蓄してきました。

  • In other words, a return to $100,000 bills isn't absolutely impossible, especially

    つまり、10万ドル札に戻ることは絶対に不可能ではないということです。

  • during this - so far - quite eventful 21st century.

    これまでのところ、非常に多忙な21世紀の間に。

  • It's just highly unlikely and nothing we would want to see happen.

    可能性は低いし、見たいとも思わない。

  • Ever.

    ずっとね

  • Now that you've learned the fascinating history of money in the US, go discover another

    アメリカのお金の魅力的な歴史を学んだ今、別のものを発見しに行きましょう。

  • incredible story or check out this other video instead!

    信じられないような話ですが、他の動画もチェックしてみてください。

Imagine you're working at a diner in the 1930s, and you've just given the check to

1930年代のダイナーで働いていると想像してみてください。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 紙幣 ドル 銀行 アメリカ 取引 連邦

10万ドル札に何が起こったのか? (What Happened To The $100,000 Dollar Bill?)

  • 13 0
    Summer に公開 2020 年 08 月 19 日
動画の中の単語