Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Loudun, France 1632.

    ラウドゥン、フランス、1632年。

  • It's late at night when suddenly, Jeanne awoke from a deep sleep to find a man standing

    深夜、突然深い眠りから覚めたジャンヌは、男が立っているのを見つけた。

  • over her mat.

    彼女のマットの上に

  • The mysterious stranger wept, begging her to pray with him.

    謎の見知らぬ男が泣いて、一緒に祈ってくれと懇願した。

  • Fumbling in terror, she excused herself and fled, fetching another nun who saw nothing….but

    恐怖であわてて逃げ出した彼女は、何も見ていない別の修道女を連れてきた...しかし。

  • for the rest of the night both of them were disturbed by mysterious whispers.

    一晩中、二人は謎の囁きに邪魔されていました。

  • Over the next several days, Jeanne began seeing the phantasm during the daytime.

    それから数日の間に、ジャンヌは昼間からファントムを見るようになった。

  • Sometimes he begged her to pray.

    時には祈ってくれと懇願することもあった。

  • Sometimes he whispered lascivious things to her.

    時々、彼は彼女に淫らなことを囁いていました。

  • Jeanne's skin crawled, it felt like her very bones itched.

    ジャンヌの肌が這うような感じで 骨がかゆくなってきた

  • Soon many of the nuns in the Ursuline convent of Loudun began experiencing similar symptoms.

    まもなく、ラウドゥンのウルスリン修道会の多くの修道女が同様の症状を経験するようになりました。

  • Blood raced through their veins, their hearts pounded.

    血が血管を駆け巡り、心臓がドキドキした。

  • They hallucinated.

    彼らは幻覚を見た

  • Voices urged them to do wicked things.

    声は彼らに邪悪なことをするように促した。

  • No matter how much penance and self flagellation the nuns performed, the symptoms persisted.

    修道女たちがどれだけ懺悔や自旗をしても、その症状は消えませんでした。

  • Their confessor thought they were possessed by demons.

    彼らの告白者は、彼らが悪魔に取り憑かれていると思っていた。

  • He began holding exorcisms; sprinkling the nuns with holy water and praying over them.

    修道女たちに聖水をかけ、祈りを捧げるようになりました。

  • The nuns cried out and mewled like cats.

    尼僧は猫のように泣き叫んで鳴いた。

  • They writhed and contorted their bodies into sexual positions.

    彼らは体を歪ませて性的な体位にしていた。

  • By the authority of God, the priest demanded to know who had cursed the brides of Christ.

    神の権威によって、司祭はキリストの花嫁を呪ったのは誰かを知るように要求した。

  • The eyes of one of the nuns rolled back into her head and a deep voice emanated from her

    修道女の一人の目が頭の中で転がって、深い声を発した。

  • mouth.

    口の中。

  • Urban Grandier,” answered the demon.

    "アーバン・グランディエ "と悪魔は答えた。

  • Father Urban Grandier--the clergy had been betrayed by one of their own.

    アーバン・グランディエ神父--聖職者は自分たちの仲間の一人に裏切られたのです

  • In 1617, Urbain Grandier was appointed the parish priest of the Church of Saint-Pierre-du-Marche

    1617年、ウルバン・グランディエはサン・ピエール・デュ・マルシェ教会の教区司祭に任命されました。

  • in the small town of Loudun.

    ラウドゥンという小さな町で

  • He made a stir when he arrived at his post.

    赴任先に到着して一石を投じた。

  • He was good looking, wealthy and well educated.

    イケメンで裕福で高学歴だった。

  • Over the next few years Grandier garnered quite a reputation.

    それから数年の間に、グランディエはかなりの評判を集めました。

  • Despite the fact that priests were supposed to be celibate, he had secret affairs with

    神父が独身であることが前提であるにもかかわらず、彼は秘密の関係を持っていました。

  • several women of the town.

    町の数人の女性。

  • Quick witted and clever, Grandier was good at criticizing townspeople who disagreed with

    気が利く賢いグランディエは、自分の意見に反対する町人を批判するのが得意だった。

  • him.

    彼のことだ

  • Some felt he was sympathetic to Huguenots, Protestant Christians who believed that simple

    彼はユグノー(プロテスタントのキリスト教徒)に同情的だと感じた人もいました。

  • devout faith was preferable in religious life than the lavish ceremonies of the Roman Catholics.

    敬虔な信仰は、ローマカトリックの豪華な儀式よりも宗教生活の中で好まれていた。

  • There had been an ongoing power struggle between the religious sects for some time and Grandier

    しばらくの間、宗派間の権力闘争が続いていました。

  • found himself in the middle of it.

    気がついたら、その中に入っていた。

  • His sexual escapades and his political beliefs made him a lot of enemies and only added fuel

    彼の性的な逃避行と政治的な信念が彼を多くの敵にし、燃料を増やすだけだった。

  • to the fire.

    火の元へ

  • Meanwhile, in 1626 near Loudun, the Ursuline convent was established.

    一方、1626年にはラウドゥンの近くにウルスリン修道院が設立されました。

  • The convent quickly became a popular place to send noble daughters who couldn't be

    修道院はすぐに人気のある場所になりました 高貴な娘を送る場所として

  • married off due to lack of money for a dowry or other reasons.

    持参金がないなどの理由で婚約破棄

  • One of the few joys of the austere lives of the Ursuline nuns was gossiping about townspeople,

    ウルスリン修道女の禁欲的な生活の数少ない楽しみの一つは、町の人々の噂話をすることでした。

  • the most popular topic being Father Grandier.

    一番の話題はグランディエ神父。

  • After the first prioress passed away, in 1627, a new superior was appointed: Jeanne des Anges.

    1627年に最初の女祭司が亡くなった後、新しい女祭司が任命された。ジャンヌ・デ・サンジュが任命された。

  • She had been sent to the convent because her hunchback and unattractive appearance made

    修道院に送られていたのは、その猫背と魅力的でない容姿が、

  • her marriage prospects poor.

    彼女の結婚の見通しが悪い

  • Ambitious Jeanne manipulated and lied her way into being appointed mother superior.

    野心的なジャンヌは、自分のやり方を操り、嘘をついて母親の上司に任命された。

  • Though the women ran the nunnery themselves, they still confessed to a male priest.

    女性たちは自分たちで尼僧院を運営していたとはいえ、男性司祭に告白していました。

  • Jeanne was apparently obsessed with Grandier and asked him to be the convent's chaplain.

    ジャンヌはどうやらグランディエに執着していたようで、彼に修道院のチャプレンになってほしいと頼んでいた。

  • He declined the honor.

    彼は名誉を辞退した

  • In other accounts, Grandier wanted the position, but due to his behavior he wasn't considered

    他のアカウントでは、グランディエはその地位を望んでいたが、彼の行動のために、彼は考慮されなかった。

  • a suitable confessor for pure, young Brides of Christ.

    キリストの純粋な若い花嫁にふさわしい告白者です。

  • Either way, Father Mignon who had a sterling reputation was selected to be the confessor

    いずれにしても、評判の良かったミニョン神父が告解者に選ばれました。

  • for the nuns of Ursuline.

    ウルスリン修道女のために

  • In 1630, some of Grandier's critics managed to bring charges against him for immorality.

    1630年には、グランディエの批判者の中には、不道徳な行為をしたとして彼を告発する者もいた。

  • An enemy, the bishop of Poitiers found him guilty.

    敵であったポワチエの司教は彼を有罪にした。

  • However, due to his connections to high political figures, Grandier was restored to full clerical

    しかし、グランディエは政治家とのコネがあったために、完全な事務職に復帰した。

  • duties within the year.

    年内の業務。

  • Not long afterwards, the Loudun region was struck by a typhus plague.

    その後まもなく、ラウドゥン地方はチフスの疫病に襲われた。

  • The covent and other areas self segregated to limit exposure to sickness.

    コベントや他の地域は病気になるのを制限するために隔離されています。

  • While the plague mainly subsided after about 6 months, anxiety, paranoia and other mental

    疫病は半年ほどで主に治まったが、不安やパラノイアなどの精神的なものは

  • health issues were rampant among the citizens.

    市民の間で健康問題が横行していました。

  • By this time Jeanne had been prioress for about 5 years.

    この頃にはジャンヌは5年ほど前からプリセプターになっていた。

  • She was in charge of 17 nuns with an average age of 25.

    平均年齢25歳の17人の修道女を担当していた。

  • For a long time, Jeanne had stewed over the fact that Father Grandier wasn't the confessor

    ジャンヌは長い間、グランディエ神父が告解者ではないことを考えていました。

  • for the nunnery.

    尼僧院のために

  • She worked herself into hallucinations or lied and claimed she was experiencing hallucinations.

    彼女は自分自身を幻覚に陥れたり、嘘をついたりして、幻覚を体験していると主張していた。

  • Real or not, she confessed to Father Mignon about visions of Grandier tormenting her.

    本当かどうかは別として、彼女はグランディエが自分を苦しめているビジョンを見たことをミニョン神父に告白した。

  • Father Mignon and his assistant Father Barre were not fans of Grandier; they promptly turned

    ミニョン神父と助手のバレ神父はグランディエのファンではなかった。

  • this odd situation to their advantage.

    この奇妙な状況を利用して

  • Later some of the nuns were to claim that Father Mignon harassed and tricked them into

    後に、一部の修道女たちは、ミニョン神父が自分たちを騙して嫌がらせをしたと主張するようになった。

  • being possessed.

    憑依されている

  • It's possible that the Bishop of Poitiers conspired with Father Mignon to get the nuns

    ポワチエの司教がミニョン神父と共謀して 修道女を集めた可能性があります

  • to claim that Father Grandier had bewitched them.

    グランディエ神父が彼らを 操っていたと主張するために

  • The truth is lost to history.

    真実は歴史の中で失われていく。

  • Symptoms spread throughout the nuns and soon most of the nunnery was afflicted with possession.

    症状は修道女たちに広がり、すぐに修道院のほとんどが憑依に悩まされるようになりました。

  • The nuns experienced everything from fits, to beatings from invisible spectres and hives.

    修道女たちはすべてを経験しました 発作から、目に見えない霊やじんましんからの 殴打まで。

  • Curiously some of the nuns seemed to suddenly speak foreign languages or displayed superhuman

    不思議なことに、何人かの修道女は突然外国語を話すように見えたり、超人的な表示されます。

  • strength, and a host of other crazy symptoms.

    強さ、そして他の狂った症状の数々。

  • Father Mignon began holding exorcisms at the convent.

    ミニョン神父が修道院でお祓いをするようになりました。

  • When prayed over or sprinkled with holy water, the nuns reacted, twisting their bodies into

    祈りをかけられたり、聖水をかけられたりすると、尼僧たちは体をくねらせて反応した。

  • odd shapes, uttering blasphemies in deep voices and crudely propositioning the priests in

    異形の姿をして、深い声で神を冒涜し、神父たちに乱暴な口説き方をしていた。

  • graphic sexual terms.

    生々しい性的用語。

  • When questioned, some of the nuns named the demons who had taken over their bodies.

    質問されたとき、何人かの修道女は自分の体を乗っ取った悪魔の名前を挙げた。

  • Others, especially Jeanne claimed that Grandier had seduced them and that he was a magician

    他の者、特にジャンヌは、グランディエが彼らを誘惑し、彼は魔術師だと主張した。

  • practicing the dark arts.

    闇の術を実践している。

  • At first, Grandier was incredulous and laughed off the nuns' claims.

    最初、グランディエは信じられず、修道女の主張を笑い飛ばした。

  • It was a foolish misculation.

    誤爆でした。

  • The Witchcraft Act of 1604 called for the death penalty upon conviction of sorcery,

    1604年に制定された魔術法では、魔術の有罪判決を受けた場合には死刑としています。

  • Witchcraft, and diabolical Pact.

    魔術、そして極悪非道の盟約。

  • As the accusations of witchcraft persisted, Grandier began to take the issue seriously

    魔術の告発が続く中、グランディエはこの問題に真剣に取り組み始めました。

  • and mount a defense.

    と防御をマウントします。

  • He wrote the Archbishop of Bordeaux, who ended up sending his personal physician to examine

    彼はボルドーの大司教に手紙を書いたが、彼は検査するために彼の個人的な医師を送ることになった。

  • the nuns.

    修道女たち

  • The doctor found no evidence of true possession.

    医師は真の所有の証拠を見つけられませんでした。

  • In March of 1633, the Archbishop ordered the exorcisms ceased and the convent sequestered.

    1633年3月、大司教は悪魔祓いを中止し、修道院を隔離するよう命じた。

  • The issue died down for several months, but later in the year the hysteria returned.

    数ヶ月間は問題は沈静化したが、その年の後半にはヒステリーが再発した。

  • Cardinal Richelieu, who held power both in the Catholic church and as King Louis XIII's

    カトリック教会とルイ13世の権力を握ったリシュリュー枢機卿

  • chief minister got involved on behalf of the government.

    首相が政府に代わって関与した。

  • Previously Richelieu and Grandier had clashed over Huguenots issues.

    以前、リシュリューとグランディエはユグノーの問題で衝突していた。

  • In November 1633, Richelieu appointed a political crony of his, Jean De Laubardemont, as leader

    1633年11月、リシュリューは彼の政治的取り巻きであるジャン・ドゥ・ローバルデモンを指導者に任命した。

  • of a commission to investigate if Grandier was a witch.

    グランディエが魔女だったかどうかを 調査するための委員会の

  • As a precaution Grandier was arrested and imprisoned in the Castle of Algiers so he

    予防策として、グランディエはアルジェ城に逮捕され、投獄されたので、彼は

  • couldn't flee the area.

    逃げることができませんでした。

  • The priests resumed exorcisms, but with a twist--instead of being held at the convent,

    神父たちは悪魔祓いを再開したが、修道院ではなく、ちょっと変わった形で行われていた。

  • the exorcisms began being held publically.

    お祓いが公に行われるようになりました。

  • In addition to Father Mignon and Father Barres, two other priests who specialized in exorcism-

    ミニョン神父とバレス神父の他にも、悪魔祓いを専門とする二人の神父がいました。

  • Father Tranquille, and Father Lactance- joined the proceedings.

    トランキール神父とラクタンス神父が参加しました。

  • Up to 7,000 spectators came to see the possessed nuns.

    憑依した尼僧を見ようと、最大7000人の観客が集まった。

  • Seeing the sexual acting out of the nuns turned public opinion against Grandier.

    修道女の性的な演技を見て、世論はグランディエに反対するようになった。

  • Also, many of the townspeople converted from Protestant to Catholicism as a result of the

    また、多くの町民がプロテスタントからカトリックに改宗したのは

  • public exorcisms.

    公のお祓い

  • Meanwhile, the commission questioned Grandier, adding further accusations.

    一方、委員会はさらなる告発を加えて、グランディエを尋問した。

  • They forced him to sign statements and denials which were then taken by Laubardemont to the

    彼らは、彼はその後にLaubardemontによって撮影されたステートメントと否定に署名することを余儀なくされました。

  • royal court in Paris.

    パリの王宮で

  • The commission also intercepted letters and petitions from Grandier's supporters.

    委員会はまた、グランディエの支持者からの手紙や嘆願書を傍受した。

  • In May of 1634, Laubardemont returned to Loudun with a Decree of the Council, extending his

    1634年5月、ラウバルデモンは公会議の勅令をもってラウドゥンに戻り、彼は

  • powers and prohibiting Parlement and all other judges from interfering in the matter, as

    権限を与えられ、パルメントおよび他のすべての裁判官がこの問題に干渉することを禁止します。

  • well as forbidding all parties concerned from appealing under penalty of a fine.

    また、罰金の罰則の下では、関係者全員が控訴することを禁じています。

  • In fact, several Grandier supporters chose to flee France because of fear of the authorities

    実際、何人かのグランディエ支持者は、当局を恐れてフランスから逃げることを選んだ。

  • denouncing them as accessory witches.

    アクセサリーの魔女として糾弾しています

  • During the trial an alleged pact made between Grandier and the Devil was brought to light.

    裁判では、グランディエと悪魔の間で交わされたとされる契約が明るみに出た。

  • The pact which confirmed Grandier's wicked duplicity was said to be stolen from Lucifer's

    グランディエの邪悪な二重性を確認した契約は、ルシファーから盗まれたと言われています。

  • cabinet of devilish agreements by one of the tormenting demons.

    苛められた悪魔の一人による悪魔の合意内閣

  • The agreement allegedly written backward by Grandier in Latin and signed in Blood, outlined

    グランディエがラテン語で逆に書いたとされる契約書と 血で署名されたとされる契約書の概要は、

  • Grandier's duties to the Devil and the benefits he would receive in turn.

    グランディエの悪魔への義務と、彼が順番に受け取るであろう利益。

  • Cosigners were Satan, Beelzebub, Lucifer, ELIMI, Leviathan, and Astaroth, and it was

    コサインはサタン、ベエルゼバブ、ルシファー、エリミ、リヴァイアサン、アスタロトで、それは

  • notarized bysignature and mark of the chief devil, and my lords the princes of hell.”

    "悪魔の長と地獄の王子の署名と印 "で公証されている。

  • Some nuns including Jeanne des Anges began recanting their testimonies of possession,

    ジャンヌ・デ・アンジュを含む何人かの修道女は、憑依の証言を撤回し始めた。

  • proclaiming Grandier's innocence.

    グランディエの無実を宣言する

  • She even appeared in court with a noose around her neck, threatening to hang herself if they

    彼女は首に縄をかけて法廷に出てきて、もしもの時は首を吊ると脅した。

  • didn't let her recant her prior lies.

    彼女の嘘を撤回させなかった

  • Ultimately, 72 witnesses swore evidence against Grandier.

    最終的には、72人の証人がグランディエに対して証拠を宣誓した。

  • Forgoing normal court procedures, the Royal Commission quickly passed a sentence on August

    通常の裁判手続きを経て、王立委員会はすぐに8月に判決を下しました。

  • 18, 1634.

    18, 1634.

  • Urbain Grandier was found guilty of sorcery and placing evil spells to cause the possession

    ウルバン・グランディエは、魔術と邪悪な魔法をかけて所持を引き起こした罪で有罪となった。

  • of the Ursuline nuns.

    ウルズリン修道女の

  • His punishment was to be burned alive at the stake.

    彼の処罰は生きたまま火あぶりにされることだった。

  • However, before his execution Grandier was subjected to various tortures including the

    しかし、彼の処刑の前にグランディエは、以下のような様々な拷問を受けました。

  • boot in order to force him to name his accomplices.

    共犯者の名前を出させるために ブーツを履かせた

  • Though they broke both his legs, Grandier refused to provide names.

    両足を折られたにもかかわらず、グランディエは名前を出すのを拒否した。

  • He apologized for his previous lascivious ways, but steadfastly maintained his innocence

    以前の淫行を謝罪したが、無実を貫き通した。

  • of witchcraft and any contracts with the devil.

    魔術と悪魔との契約のこと。

  • Often the condemned were allowed to make a last statement to the crowd and were compassionately

    多くの場合、死刑囚は群衆の前で最後の声明を発表することが許され、同情的に

  • strangled before burning at the stake.

    絞め殺されて火あぶりにされた

  • However, Grandier was not allowed this small mercy.

    しかし、グランディエはこの小さな慈悲を許されなかった。

  • Once he was on the scaffold the friars deluged him with holy water, preventing him from speaking.

    彼が足場の上にいると、修道士たちは彼に聖水をかけ、彼が話すのを防いだ。

  • Also Father Lactance lit the funeral pyre before the executioner could strangle Grandier,

    また、ラクタンス神父は、死刑執行人がグランディエを絞め殺す前に 葬儀の火鉢に火をつけた。

  • causing him to be burned alive.

    生きたまま焼かれる原因となった

  • But Grandier had the last word.

    しかし、グランディエは最後の言葉を持っていた。

  • As he struggled against the flames, Grandier reportedly told Father Lactance that he would

    炎と格闘していた時、グランディエはラクタンス神父にこう言ったと伝えられています。

  • see God in 30 days.

    30日で神を見る

  • Grandier was correct; Father Lactance died within a month.

    グランディエの言う通り、ラクティス神父は一ヶ月以内に死亡しました。

  • In fact Grandier's death seemed to unleash a curse upon several people involved with

    実際、グランディエの死は、何人かの関係者に呪いをかけているように見えた。

  • the trial.Within five years, Father Tranquille, one of the trial judges, Louis Chauvet and

    5年以内に、裁判員の一人であるトランキール神父、ルイ・ショーヴェと

  • Dr. Mannoury, a fraudulent physician, fell into delirium and died insane.

    詐欺師のマンヌーリー医師が錯乱状態に陥り、心神喪失状態で死亡。

  • Father Barre eventually ended up being banished from the church for conspiring to accuse a

    バール神父は最終的に、ある人物を告発するために共謀したために、教会から追放されることになりました。

  • priest of rape on the altar.

    祭壇の上でのレイプの神父。

  • Not long after Grandier's death, Father Jean-Joseph Surin came to Loudon to perform

    グランディエの死後間もなく、ジャン=ジョゼフ・スリン神父がラウドンに来て演奏しました。

  • exorcisms.

    お祓いをします。

  • Jeanne de Anges had flip flopped back and forth between being possessed and claiming

    ジャンヌ・ド・アンジュは 憑依されていることを主張していた

  • that she lied.

    彼女が嘘をついたことを

  • Father Surin attempted an exorcism for her and allegedly became possessed by Jeanne's

    スリン神父は彼女のために 悪魔祓いを試みた そしてジャンヌに 憑依されたと言われている

  • devils.

    悪魔

  • Haunted, he went into a slow decline, eventually becoming unable to eat, dress himself, walk,

    呪われた彼はゆっくりと衰えていき、最終的には食事も服も着られなくなり、歩くこともできなくなった。

  • read, or write.

    読んだり、書いたりします。

  • He tried to commit suicide, but was taken in by the Jesuit College at Saintes, and was

    自殺しようとしたが、サンテスのイエズス会カレッジに引き取られ

  • slowly nursed back to health.

    ゆっくりと看病して健康を取り戻しました。

  • However, Jeanne des Anges recovered from her malady.

    しかし、ジャンヌ・デ・アンジュはその不調から回復した。

  • She ended up travelling France displaying the curious physical sign from God that was

    彼女はフランスを旅することになり、神からの不思議な物理的なサインを表示していました。

  • proof of her exorcism and supernatural healing: the names of Jesus, Mary, Joseph, and François

    彼女の悪魔払いと超自然的な癒しの証拠:イエス、マリア、ヨセフ、フランソワの名前

  • de Sales miraculously and indelibly etched on her left hand.

    ド・セールスは奇跡的に彼女の左手に刻まれました。

  • The exorcisms continued until 1637, 3 years after Grandier's death.

    悪魔払いはグランディエの死から3年後の1637年まで続きました。

  • They had become quite the tourist attraction, twice a day except Sundays, the afflicted

    彼らはかなりの観光地になっていた、日曜日を除いて一日に二回、苦しんでいた

  • nuns were exorcised for the titillation of the crowds.

    尼僧たちは、群衆の心をくすぐるために祓われた。

  • Finally Cardinal Richeliu cut off financial support and the shows ended.

    ついに枢機卿リシュリューが経済的支援を断ち切り、ショーは終了した。

  • Now, check out this video on an ancient torture method, the Roman Candle.:

    古代の拷問法のビデオを見てみましょう ローマン・キャンドルです

  • The Enfield Poltergeist caused panic and fear in a small town in England.

    エンフィールド・ポルターガイスト」は、イギリスの小さな町でパニックと恐怖を引き起こした。

  • But what was really going on?:

    でも、本当のところはどうなっていたのでしょうか?

Loudun, France 1632.

ラウドゥン、フランス、1632年。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 神父 修道女 悪魔 魔術 任命 司教

ラウドゥンの修道女の悪魔の憑依

  • 7 0
    Summer に公開 2020 年 08 月 07 日
動画の中の単語