Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Welcome to The Infographic's Horrorpiece Theater!

    インフォグラフィックのホラーピース劇場へようこそ!

  • Today we're taking a look at another of the internet's most famous urban legends-

    今日は、インターネット上で最も有名な都市伝説の一つである

  • Laughing Jack, the Demonic Killer- and exploring his origins to discover, was this hideous

    笑うジャック、悪魔のようなキラーと発見するために彼の起源を探る、この恐ろしいだった

  • monster real?

    怪物は実在するのか?

  • Could he be out there right now, probably behind you or under your bed this very second,

    彼は今そこにいるかもしれない おそらく君の後ろかベッドの下に 今にもいるかもしれない

  • waiting to claim his next victim?

    次の犠牲者を待っているのか?

  • Stay tuned and find out!

    チャンネルを変えずに探してみてください

  • It was Christmas Eve in the late 1800s.

    1800年代後半のクリスマスイブでした。

  • In a small wooden home in the poor outskirts of London, Isaac, a seven year old boy, looks

    ロンドンの貧しい郊外にある小さな木造の家で、7歳の少年アイザックは、次のように見ています。

  • wistfully out the window into the dark night.

    窓の外の暗闇の夜に、うららかに

  • He can still see families celebrating together through the grimy windows of the apartments

    アパートの不気味な窓から家族が一緒に祝っているのが見えます。

  • and homes around him, joyfully singing as they wait together in anticipation for the

    周りの家や家々を見渡しながら楽しく歌いながら

  • Christmas morning to come.

    来るべきクリスマスの朝。

  • In young Isaac's home though, there is no singing, no warmth, and no celebrating.

    しかし、若いアイザックの家では、歌はなく、暖かさもなく、お祝いもありません。

  • There is only the silence that normally pervades, silence that is only occasionally broken by

    そこにあるのは、普通に浸透している沈黙だけであり、沈黙は、時折

  • his mother's shrill voice calling for him to come and do some chore, or to attend his

    おふくろの声

  • daily homeschooling lessons.

    毎日のホームスクーリングレッスン。

  • That is, until inevitably, Isaac's father comes home.

    それは、必然的にイサクの父親が帰ってくるまでのことです。

  • He can always tell it's him by the heavy boot steps that follow the front door opening,

    玄関のドアが開いた後に続く 重いブーツのステップで いつも彼だとわかるんだ

  • shuffling and erratic, his father wavering and stumbling as he throws off his heavy overcoat

    おやじのふらふら

  • and lurches towards a chair or straight to bed.

    と椅子に向かって、あるいはベッドに向かって真っ直ぐに身を乗り出す。

  • Sometimes he can hear his mother yelling at him, blaming him for spending their meager

    時々、母親が怒鳴っているのが聞こえてくる。

  • income on alcohol and other vices.

    酒などの悪徳で収入を得ている。

  • He'll hear his father's thunderous response, and then the fighting really starts.

    父親の雷鳴のような反応が聞こえてきて、本当に戦いが始まる。

  • In the morning, Isaac would exit his room to join his mother for breakfast and discover

    朝になるとアイザックは部屋を出て母親と一緒に朝食を取りに行くと

  • her with a black eye or some other fresh bruise.

    彼女の目には黒目や他の新鮮なアザがあった。

  • Staring out at the happy homes and saying goodbye to the warm singing of Christmas tunes

    幸せな家庭を見つめ、クリスマスソングの温かい歌声に別れを告げる

  • from the families inside, Isaac retreated to his bed, covering himself with a threadbare

    中にいる家族から、イサクはベッドに退き、糸の切れたもので身を覆いました。

  • blanket and surrendering to sleep.

    毛布をかけて寝ることに身を委ねる。

  • Shortly after sunrise, Isaac was awoken by a strange feeling.

    日の出後まもなく、アイザックは奇妙な感覚で目を覚ました。

  • His nose twitched at a pleasant fragrance in his room, almost like a perfumed lady had

    彼の部屋には、香水をつけた女性のような心地よい香りが漂っていた。

  • walked by him on the street.

    通りすがりの彼の横を通りかかった。

  • It was a comforting, pleasant smell, and familiar too.

    心地よい、心地よい香りで、親しみやすさもありました。

  • He thought he'd even felt the soft brush of lips on his cheek, as if some flowered stranger

    彼は頬に柔らかな唇のブラシを感じたとさえ思った花のような見知らぬ人のように

  • had kissed him good morning before disappearing into the ether.

    彼におはようのキスをしてエーテルの中に消える前に

  • Rubbing his eyes awake, Isaac found a large, garishly colored box sitting on his bedroom

    目をこすって目を覚ましたアイザックは、寝室に置いてあった大きな、派手な色の箱を見つけました。

  • floor.

    の床。

  • This wasn't like any gift Isaac had ever received.

    これはアイザックが今までに受けたどんな贈り物とも違っていた。

  • His possessions were all worn and battered, hand me downs from local churches and poor

    彼の持ち物は擦り切れてボロボロになっていて、地元の教会や貧乏人から手渡されたものばかりでした。

  • shops, his toy's paint faded from long, sad years of neglect.

    長い間放置されてきた悲しい年月のせいで、おもちゃの塗料は色あせてしまった。

  • No, this box was covered in fresh, bright paint and adorned with silly clown faces.

    いや、この箱は新鮮で明るいペンキで覆われ、愚かなピエロの顔で飾られていた。

  • The wood was perfectly sanded and expertly joined together, only a very thin seam revealing

    木材は完璧にやすりをかけられていて、継ぎ目の薄い部分だけが見えていました。

  • the lid on top with a small metal crank on one side.

    片側に小さな金属製のクランクが付いた蓋を上にしたもの。

  • Attached to the lid was a simple paper tag on which was written Isaac's name.

    蓋にはアイザックの名前が書かれた簡単な紙のタグが貼られていました。

  • As he examined the box he noticed a small metal panel underneath: Laughing-Jack-In-A-Box.

    箱を調べているうちに、彼はその下に小さな金属パネルがあることに気がつきました。笑うジャック・イン・ア・ボックスだ。

  • Isaac was confused, he'd heard of Jack-in-the-boxes, but he'd never heard of a Laughing-Jack-In-A-Box.

    アイザックは混乱していた、彼はジャックインザボックスのことは聞いたことがあったが、彼は笑うジャックインザボックスのことを聞いたことがなかった。

  • Curious, Jack began to turn the metal crank and heard the turning of gears from within.

    興味津々で、ジャックは金属製のクランクを回し始め、中から歯車の回転音が聞こえてきました。

  • As the gears turned, a slow melody began to build, taking shape as Isaac sped up his cranking.

    歯車が回転すると、ゆっくりとしたメロディーが流れ始め、アイザックがクランキングを加速させている間に形になっていきました。

  • Isaac recognized this tune, it wasPop Goes The Weasel”, and giddily, Isaac began

    アイザックは、この曲を認識し、それは "ポップはイタチを行く "だった、と目まぐるしく、アイザックが始まった。

  • to sing along.

    を歌ってみましょう。

  • Half a pound of tupenny rice, half a pound of treacle.

    "トゥペニーライス "を半分、"トレジャー "を半分。

  • That's the way the money goes.

    それがお金の流れです。

  • Pop!

    ポップ!

  • Goes the weasel!”

    "イタチが行くぞ!"

  • Isaac was laughing along to his singing and winced as he finished the final verse, tensing

    アイザックは彼の歌に合わせて笑っていたし、彼は緊張して最後のヴァースを終えたときに震えた。

  • his body for the expected jack inside the box to come springing out!... but as the song

    箱の中に入っていたジャックが飛び出してくると期待されていたのに......でも歌のように

  • ended and Isaac stopped cranking, nothing happened.

    終わって、アイザックがクランキングを止めても、何も起こらなかった。

  • Sighing, Isaac put the box back down on the floor.

    ため息をついて、アイザックは箱を床に戻した。

  • It was wonderfully decorated, but broken.

    素敵に飾られていましたが、壊れていました。

  • As he changed out of his sleep clothes, Isaac was suddenly startled by a rattling noise

    寝間着を着替えていると、アイザックは突然ガタガタとした音に驚かされた。

  • coming from within the box.

    箱の中から出てくる

  • Eyes wide in surprise, Isaac stared as the box began violently shaking.

    驚いて目を見開いたアイザックは、箱が激しく揺れ始めたのをじっと見つめた。

  • Then, suddenly the box top burst open with a puff of colorful smoke and an explosion

    すると、突然、箱の上が色とりどりの煙を上げて爆発しました。

  • of confetti!

    紙吹雪の!

  • From the smoke, a figure hopped out, and bent at the waist into an exaggerated bow in front

    煙の中から人影が飛び出し、腰を曲げて大げさなお辞儀をして前に出てきました。

  • of Isaac.

    イサクの

  • Dressed in colorful, and ill-fitting clothes, with bright red hair, and a swirly, rainbow-colored

    色とりどりの、似合わない服を着て、真っ赤な髪に虹色の渦を巻いた

  • nose, the foppish clown held his exaggerated bow before Isaac, before snapping back up

    鼻を鳴らす前に、大げさなお辞儀をアイザックの前でしていました。

  • and spreading his arms wide.

    と腕を大きく広げた。

  • Come one, come all!

    "一人来て、みんな来て!

  • Whether big or small!

    大きくても小さくても!

  • To see the best clown of them all!

    彼らの中で最高のピエロを見るために!

  • The one, the only, Laughing Jack-in-a-box!”

    "唯一の、唯一の、笑いのジャックインアボックス!"

  • Isaac's eyes went wide with delight, “Who- who are you?!”

    アイザックの目は喜びに満ちていた "あなたは誰ですか?"

  • Why I'm your new best friend, Isaac!

    "なぜ私はあなたの新しい親友なのか、アイザック!

  • I'm Laughing Jack, the bestest clown of all the bestest clowns that's ever clowned!

    私は笑うジャック、史上最高のピエロの中でも最高のピエロです!(笑

  • And you and I are going to be best pals for the rest of your life!”

    あなたと私は一生の親友になるのよ!"

  • We can... play together?”

    "一緒に遊べるの?"

  • Isaac asked.

    アイザックが尋ねた。

  • He'd never had a friend, and barely left his room out of fear of his abusive mother and

    彼には友達がいなかったし 虐待する母親を恐れて 部屋を出るのもやっとだった

  • father.

    父親のことだ

  • Play?!

    "遊ぶ?

  • Why, we can do more than play!

    なぜ、私たちは遊び以上のことができるのか!

  • I know every game in the world, even the ones that haven't been invented yet!

    まだ発明されていないゲームまで、世界中のあらゆるゲームを知っています

  • And to boot, I'm a whiz at the accordion and know every song that's ever been sung!”

    それにアコーディオンが得意だし、今までに歌われた曲を全て知っている!"

  • With a magical puff of smoke an oversized accordion appeared in the clown's arms and

    魔法のような煙を上げて、特大のアコーディオンがピエロの腕の中に現れた。

  • he began to play the instrument, albeit very, very poorly.

    彼は、とても、とても下手ではありますが、楽器を弾き始めました。

  • His singing voice wasn't much better, but Isaac was delighted and fell over in laughter.

    彼の歌声はあまり良くなかったが、イサクは大喜びして笑いに倒れた。

  • But then though, the fun and games came to an end as Isaac's mother called out for him.

    しかし、その後、アイザックの母親が彼のために呼んだように、楽しいゲームは終わりを迎えました。

  • Isaac told his new best friend that he wouldn't be able to play this morning.

    アイザックは新しい親友に「今朝は遊べない」と言った。

  • There was homeschooling and endless chores to be done.

    ホームスクーリングがあって、やるべきことが無限にある雑用があった。

  • Maybe though, he could see him again tonight?, Isaac asked.

    多分、しかし、彼は今夜、彼に再び会うことができますか?

  • Laughing Jack smiled at Isaac, pinching him on the cheek.

    笑うジャックは、頬をつまんでアイザックに微笑んだ。

  • You can see me tonight and every day from now on, we'll be best pals forever.”

    "今夜も会えるし、これからは毎日会えるし、永遠に親友だ"

  • Smiling, Isaac hurried out of his room as his mother's voice again rang out, this time

    微笑みながら、アイザックは部屋から急いで出て行きました。

  • louder and angrier.

    もっと大きな声で、もっと怒って。

  • That night Laughing Jack was true to his word, waiting for Isaac as he returned.

    その夜、笑うジャックは約束を守り、イサクが帰ってくるのを待っていました。

  • Isaac and Jack played together every chance they could, and no matter how loud they got,

    アイザックとジャックは機会あるごとに一緒に遊んでいたし、どんなに大声を出しても一緒に遊んでいた。

  • Jack's magic kept Isaac's parents from hearing.

    ジャックの魔法のおかげでアイザックの両親は聞いていなかった。

  • One day, unable to hold it in any longer, Isaac finally told his mother about his new

    ある日、もう我慢できなくなって、アイザックはついに母親に新しいことを話しました。

  • magical friend, but she just shushed him.

    魔法の友達だったが、彼女は彼を押しのけただけだった。

  • Such things are fantasies, child, and you ought to keep such nonsense to yourself!”

    "そんなのは空想よ、子供のうちは、自分の中だけに留めておくべきよ"

  • Isaac was crestfallen, but as the afternoon neared he couldn't help himself, and pleaded

    アイザックは落胆していたが、午後が近づくにつれ、自分を助けることができなくなり、懇願した。

  • with his mother to come meet Jack.

    ジャックに会いに来るために母親と一緒に

  • Relenting, she followed Isaac to his room.

    不服そうにしながら、彼女はアイザックの後をつけて部屋に向かった。

  • She opened the door and discovered... nothing!

    彼女はドアを開けて発見した...何もない!

  • No Jack, and no wonderfully colored wooden box either.

    ジャックもいないし、素敵な色の木箱もない。

  • Isaac's mother gave him a swift smack across the face.

    アイザックの母親は彼の顔を叩いた

  • “I am tired of this childish silliness, now you're to stay in your room without supper

    "私はこの子供じみた愚かさに飽きたので 夕食を食べずに部屋にいてください

  • for the evening!”

    宵の口

  • The door slammed behind her leaving a dejected Isaac alone in his room.

    彼女の後ろでドアがバタンと閉まり、落ち込んでいるアイザックを残して部屋に一人残されました。

  • “...I'm sorry, kiddo.”

    "「...ごめんね、君」

  • Isaac turned to see Jack there.

    アイザックはそこにジャックを見るようになった。

  • “I'm not supposed to let anyone else see me, just you.

    "他人には見せちゃいけない "と思っているのは、あなただけ。

  • I'm sorry I didn't mean for you-” But Jack's words were cut off as Isaac threw himself

    すまない、君のためじゃなくて...しかし、ジャックの言葉は、アイザックが身を投げたように切断されました。

  • on the clown, wrapping his arms around him.

    ピエロの上に乗って、腕を巻いて

  • A giant smile spreading across his clown face, Jack hugged his best friend back, holding

    ピエロの顔に広がる巨大な笑みを浮かべながら、ジャックは親友を抱きしめ返した。

  • him tightly as hot tears streamed down Isaac's cheeks.

    アイザックの頬を熱い涙が流れ落ちるように、彼をきつく締め付けました。

  • Playing with Jack everyday, Isaac's loneliness and home troubles were soon forgotten.

    毎日ジャックと遊んでいるうちに、アイザックの孤独や家庭の悩みはすぐに忘れ去られてしまった。

  • One day though, as the two played pirates in the back garden, Isaac spotted the neighbor's

    しかしある日、二人が裏庭で海賊ごっこをしていると、アイザックは隣人の

  • cat prowling across the grass.

    草むらを徘徊する猫

  • Ahoy, matey, we got ourselves an enemy spy off the starboard bow!

    "アホイ!右舷から敵のスパイを見つけたぞ!

  • Snatch 'em up, First Mate Jack, or I'll make ye walk the plank!”, Isaac called out.

    彼らを捕まえて、一等航海士ジャック、または私はあなたが板を歩くようにするだろう!"と、アイザックは呼んだ。

  • Aye, aye, Capn', I'll pluck yonder bilge rat right outta tha' water!”

    "はいはい 船長 このビルジネズミを引き抜いてやる!"

  • Jack's arms began to extend, reaching out and snatching up the terrified cat.

    ジャックの腕が伸び始め、手を伸ばして恐怖に怯えている猫を捕まえた。

  • As the two laughed and giggled, going back and forth in their best pirate speech, Jack

    最高の海賊スピーチを行ったり来たりしながら、二人が笑ってニヤニヤしていると、ジャックは

  • became caught up in the game.

    に巻き込まれるようになった。

  • His arms continued to coil around the helpless cat, tighter and tighter until finally- snap!

    彼の腕は無力な猫の周りに巻き付き続けた。

  • The small, sharp sound stunned Isaac, and Jack quickly returned his arms to normal,

    小さく鋭い音がアイザックを唖然とさせ、ジャックはすぐに腕を元に戻した。

  • dropping the dead cat on the floor, its neck clearly broken.

    死んだ猫を床に落として首が折れているのがわかる。

  • Horrified, Jack gaped at the dead creature.

    恐怖におののき、ジャックは死んだ生き物をじっと見つめた。

  • “...why, I...

    "...どうして、私は...

  • I didn't mean to...”

    "そんなつもりじゃ..."

  • But Jack's words were cut off by an uproarious laughter.

    しかし、ジャックの言葉は大爆笑で途切れた。

  • Isaac's cheeks flushed red as he laughed at the dead cat.

    死んだ猫を見て笑いながら、アイザックは頬を赤く染めた。

  • Looks like cats really don't have nine lives!”

    "猫には九死に一生はないようだ!"

  • Nervously, Jack began to chuckle as well.

    緊張した様子のジャックは、同様にくすくす笑い始めた。

  • Isaac grabbed the cat and flung it over their fence and into the neighbor's yard.

    アイザックは猫をつかんでフェンスを越えて隣の庭に放り投げた。

  • That evening however, Isaac's father's thunderous voice summoned him from his room.

    しかし、その夜、イサクの父の雷鳴のような声が彼を部屋から呼び出した。

  • Jack pressed his ear to the door and listened but couldn't make anything save for Isaac's

    ジャックはドアに耳を押して聞いていたが、アイザックのために何かを保存することはできませんでした。

  • crying.

    泣きながら

  • After what seemed an eternity, Isaac shuffled back into the room, closing the door behind

    永遠のように思えた後、アイザックはシャッフルして部屋に戻り、後ろのドアを閉めました。

  • him.

    彼のことだ

  • The cat had been discovered and Isaac was blamed.

    猫が発見され、イサクが責められていた。

  • He was now to be sent off to a boarding school for unruly children where he would stay until

    手に負えない子供たちのための寄宿学校に送られることになった。

  • he finished his education.

    彼は教育を終えた

  • His drunk father claimed it was to discipline Isaac, but he knew the truth- his father hated

    酔っぱらいの父はイサクを懲らしめるためだと言っていたが、彼は真実を知っていた-彼の父はイサクを憎んでいた。

  • him and had always wanted him gone.

    彼は、彼がいなくなることを望んでいました。

  • If his mother had had objections, she hadn't voiced them.

    彼の母親が反対していたとしても、彼女は声に出さなかった。

  • Tearfully, Isaac bid his best friend goodbye, telling him that he would be unable to take

    涙ながらに親友に別れを告げたイサクは、「もう無理だ」と言って、親友に別れを告げた。

  • any of his personal belongings with him.

    彼の私物は何も持っていない

  • Jack returned to his box, promising to still be there when Isaac returned one day.

    ジャックは、アイザックがある日戻ってきたときにまだそこにいることを約束して、彼の箱に戻った。

  • The weeks soon turned to months, and into years.

    数週間はすぐに数ヶ月、数年へと変化していきました。

  • From within his box, Jack was still aware of the outside world, and despite the long,

    彼の箱の中から、ジャックはまだ外の世界を意識していた、長い間にもかかわらず。

  • disappointing wait for his best friend, couldn't help but perk up every time he heard the front

    親友の待ちくたびれて、前のめりになってしまった

  • door open, hopeful it was Isaac.

    ドアを開けて アイザックだと思ってた

  • But it never was.

    でも、決してそうではありませんでした。

  • It was Isaac's father coming home night after night, each it seemed drunker than the last.

    アイザックの父親は毎晩毎晩家に帰ってきて、その度に酔っ払っているように見えました。

  • As the years passed, Jack's colored makeup and clothing faded, along with his hopes.

    年月が経つにつれ、ジャックの色のついた化粧や服は、希望とともに色褪せていった。

  • The once colorful clown turned into a sad monochrome version of his old self, the memories

    かつてのカラフルなピエロは、昔の自分の悲しいモノクロ版になってしまった。

  • of his happy times with Isaac seeming more dream than reality now.

    アイザックとの幸せな時間は、今では現実よりも夢のように見えます。

  • One night, there was the usual drunken sound of boots stumbling into the house, followed

    ある夜、いつものように酔っぱらって家の中でブーツがつまずく音がした。

  • by yelling and fighting.

    叫んだり喧嘩したりして

  • This time though, Jack heard a scream, cut short by a swift, heavy thump- and Jack heard

    しかしこの時、ジャックは悲鳴を聞いたが、すぐに重たい音がして短くなった。

  • Isaac's mother's voice no more.

    アイザックの母の声はもうない。

  • The next morning the constable arrived with a squad of armed men, taking Isaac's father

    翌朝、警官が武装した男たちと一緒にやってきて、イサクの父親を連れて行った。

  • away for the murder of his wife.

    妻を殺した罪で逃亡した

  • He too would be dead within the week.

    彼も一週間以内に死ぬだろう

  • The home lay empty and forgotten for what seemed an eternity after that, Jack aware

    家は空っぽで忘れ去られていた、その後永遠のように見えたもののために、ジャックは気づいていた。

  • of every passing second in his lonely prison.

    孤独な牢屋の中で一秒一秒が過ぎていくのを

  • Suddenly, one night the sound of the front door opening raised Jack from his dreary vigil.

    ある夜、突然、玄関のドアが開く音がして、ジャックは退屈な警戒心から立ち上がった。

  • Expecting to hear the heavy, shuffling sound of drunken footsteps, Jack heard something

    酔っぱらった足音が重く、ガチャガチャと音がするのを期待していたジャックは、何かを聞いた。

  • different instead.

    代わりに違う

  • Lighter footsteps, two of them, and the sound of a young woman's giggle.

    軽い足音と、二人分の足音、そして若い女性のゲラゲラとした音。

  • Also, the voice of a man, familiar yet unrecognizable to Jack.

    また、見慣れているがジャックにはわからない男の声。

  • The duo entered Isaac's old room, and Jack immediately recognized his old best friend,

    デュオはアイザックの古い部屋に入り、ジャックはすぐに昔の親友だと認識した。

  • now a fully grown man.

    今ではすっかり大人になりました。

  • Had it really been that long?

    そんなに長かったのか?

  • Jack couldn't believe it!

    ジャックは信じられなかった!

  • Just how much time had he spent in his lonely box?!

    孤独な箱の中でどれだけの時間を過ごしていたのか!?

  • Jack called out to Isaac, “I'm here!

    ジャックはアイザックに「ここにいるよ!」と声をかけた。

  • I'm right here, just like I said I'd be!”

    "ここにいるわよ!"

  • But his voice echoed off the invisible walls of his prison, stuck as he'd been for years

    しかし、彼の声は刑務所の見えない壁に反響し、何年も動けなくなっていました。

  • on the top of a dusty old dresser.

    ほっこりした古いドレッサーの上に

  • Isaac and his new friend moved towards his old bed, and Jack's eyes narrowed.

    アイザックと新しい友人が古いベッドに向かって移動し、ジャックは目を細めた。

  • Who was this person, taking Isaac's attention away from him?

    イサクの注意を引き離すこの人物は誰だったのか?

  • Isaac had promised to come back, to set him free so they could dance and sing and play

    イサクは戻ってくると約束していた 彼を自由にして 踊って歌って遊ぶことができるようにするために

  • together again and now here he was, after so many lonely years, but he was ignoring

    孤独な年月の後、彼はここにいましたが、彼は無視していました。

  • Jack!

    ジャック!

  • And it was all this woman's fault!

    全部この女のせいだ!

  • The two giggled together until the woman accidentally knocked a glass onto the floor, breaking it.

    女性が誤ってガラスを床に叩きつけて割ってしまうまで、二人は一緒に笑っていた。

  • Isaac's face suddenly changed, taking on the look of his dead father.

    アイザックの顔は急に変わり、死んだ父親の顔をしていた。

  • Isaac went into a rage, yelling and screaming at the woman just as his father had done to

    イサクは激昂し、父親が女にしたように、女に向かって怒鳴ったり叫んだりした。

  • his mother so many nights.

    彼の母親は何度も夜を過ごした

  • Jack listened to Isaac's screams becoming louder and angrier until suddenly a THUMP

    ジャックはアイザックの叫び声が大きくなり、突然THUMPが鳴るまで怒りに満ちたものになるのを聞いていました。

  • and then it was quiet.

    と静かになった。

  • A bloody candlestick was on the ground next to the woman,m who now lay dead on the floor.

    血のついた燭台が、床に横たわって死んでいる女性の隣の地面にあった。

  • After thirteen long years, a slow, thin smile began to spread across Jack's face.

    13年という長い年月を経て、ゆっくりとした細い笑顔がジャックの顔に広がり始めた。

  • My, my, what a wonderful little game...”, Jack mused to himself.

    "私の、私の、私の、何素晴らしい小さなゲーム...", ジャックは自分自身につぶやいた。

  • Still forgotten on the shelf, Jack watched as over the next few days Isaac used his learned

    まだ棚の上に忘れられて、ジャックは、次の数日にわたってアイザックが彼の学んだを使用するように見ていた

  • skills as an upholsterer to fashion the remains of the young woman into a small leather chair.

    若い女性の遺体を小さな革の椅子に仕上げるために、布張り職人としての技術を身につけました。

  • Her tanned skin was turned into leather, stretched over a frame made from her own bones.

    彼女の日焼けした肌は革になり、自分の骨で作ったフレームの上に張られていた。

  • Everything else that remained of her was dissolved in caustic chemicals and poured into the sewer

    彼女に残った全てのものは 苛性の化学薬品に溶かされて 下水道に流されました

  • to be washed away.

    洗い流されるように。

  • Over the next few weeks, Isaac grew his macabre collection of human furniture.

    それから数週間の間に、アイザックは人間の家具の不気味なコレクションを増やしていった。

  • Sometimes it was rude children who had been nasty to him in public, abducted and dragged

    時には、人前で意地悪をしていた子供たちが拉致されたり、引きずられたりしていました。

  • back to Isaac's torture chamber in a large burlap sack.

    大きな麻袋に入ったアイザックの拷問室に戻る。

  • Other times it was ladies of the night, paid for their services only to end up as another

    他にも夜の女たちがいて、金を払ってサービスを受けても、また別の女になってしまうこともあった。

  • piece in Isaac's collection.

    アイザックのコレクションの中の一枚。

  • The pain and loneliness of the little boy he had once been had festered in his heart,

    かつての少年の痛みと寂しさが心の中で化膿していた。

  • fed by terrible abuse from the adults at his boarding school, and creating a terrible cancer

    寄宿学校の大人たちからのひどい虐待を糧にして、ひどい癌を作ってしまった。

  • within him.

    彼の中にある

  • This malice slowly infected Laughing Jack as well, and he began to look forward to witnessing

    この悪意が徐々にジャックにも伝染していき、ジャックはその光景を見るのを楽しみにし始めました。

  • fresh torture sessions, still trapped helplessly inside his box.

    新鮮な拷問を受けても 箱の中に閉じ込められたままだ

  • But Laughing Jack longed even more to play the wonderful new games Isaac had been teaching

    しかし、笑っているジャックは、アイザックが教えていた素晴らしい新しいゲームをプレイするためにさらに憧れていた

  • him.

    彼のことだ

  • One night, the rough frame with restraints Isaac had fashioned for his victims collapsed

    ある夜、アイザックが犠牲者のために作った拘束具の付いた荒いフレームが倒れた。

  • on one side, knocking into the forgotten dresser, now home to not just Jack's prison but an

    片方の側で、忘れられたドレッサーを叩いて、今ではジャックの刑務所だけでなく、

  • array of torture implements.

    拷問器具の配列

  • Jack's box teetered for a moment, before finally falling with a crash onto the filthy, bloodied

    ジャックの箱は一瞬揺れたが、最後は血まみれになった汚れた地面に衝突して落下する前に

  • floor along with some of Isaac's tools.

    アイザックの道具と一緒に床に。

  • Curiously, Isaac entered the room, eyeing the collapsed frame with a sigh.

    不思議なことに、アイザックが部屋に入ってきて、崩れたフレームをため息をつきながら見つめていた。

  • Picking up the ice picks, razors, and other torture instruments, Isaac's hands stopped

    アイスピックやカミソリなどの拷問器具を手に取り、アイザックの手が止まった。

  • upon discovering the box.

    箱を発見した時に

  • How curious, he thought to himself, memories flooding back to him.

    何と好奇心旺盛なんだろう、と彼は自分自身に思いを馳せ、記憶が蘇ってきた。

  • His rough, calloused hands worked over the forgotten box, its bright colors faded with

    彼の荒い手は忘れ去られた箱に手をかけ、その鮮やかな色は色あせていきました。

  • age, wooden panels warped with