Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • a man is dragged into a prison cell, kicking and screaming, but it's too late for the officers on watch to do anything.

    男が刑務所の独房に引きずり込まれて蹴ったり叫んだりしているが、見張り役の警官が何もしないのでは遅すぎた。

  • The door to the cell is barricaded from the inside, and all those officers can do is plead to the man's captor while the hearing Howell in pain for hours.

    セルへのドアは内側からバリケードされており、すべてのそれらの役員が行うことができますが、時間のための痛みでハウエルを聞いている間、男の犯人に嘆願しています。

  • This goes on until, at some point the victims dead body is held up to the window of the cell cell, doors opened and to the guards, out of disbelief, a spoon is stuck into the victim's exposed brain.

    これは、いくつかの時点で犠牲者の死体が独房の窓まで保持され、ドアが開かれ、警備員に、不信感から、スプーンが被害者の露出した脳に突き刺さっているまで続きます。

  • His head looks not dissimilar from a cracked boiled egg.

    彼の頭は、割れたゆで卵に似ていないように見える。

  • That's just one of the reasons why the protagonist of this story, one Robert Motility, is dubbed Britain's most violent prisoner, a k a.

    それがこの物語の主人公ロバート・モティリティがイギリスで最も暴力的な囚人と呼ばれている理由の一つです。

  • The rial life, Hannibal the Cannibal or, to others, the brain eater.

    リアル・ライフ、ハンニバル・ザ・カニバル、あるいは他の人には、脳を食べる人。

  • Born on the 26th of June 1953 Robert mostly did not get what you might call a good start in life.

    1953年6月26日生まれのロバートは、ほとんどの場合、あなたが人生の良いスタートと呼ぶことができるようなものを得ることができませんでした。

  • He might one day be nicknamed spoons, but he certainly wasn't born with anything close to a silver spoon in his mouth.

    彼はいつかスプーンの愛称で呼ばれるようになるかもしれないが、確かに彼の口の中には銀のスプーンに近いものを持って生まれてきたわけではない。

  • Quite the opposite.

    全くの逆です。

  • In fact, when he was just six years old, he and his siblings were taken into care when the UK Social Services discovered that all the Children had suffered neglect at the hands of their parents.

    実際、彼がちょうど6歳の時に、彼と彼の兄弟は、英国のソーシャルサービスは、すべての子供たちが彼らの両親の手でネグレクトを受けていたことを発見したときにケアに連れて行かれました。

  • He was one of 12 Children in that working class family, but it was his brothers, Paul and Kevin, and his sister, Brenda, who would share the same care home.

    彼はその労働者階級の家庭に住む12人の子供たちのうちの一人だったが、同じケアホームを共有することになるのは、弟のポールとケビン、そして妹のブレンダだった。

  • That was a place called Nazareth House, but Catholic Orphanage in Liverpool, England.

    それはナザレの家という場所でしたが、イギリスのリバプールにあるカトリックの孤児院です。

  • Care homes sometimes don't always have a good reputation in the UK, especially ones from back in those days.

    ケアホームは、イギリスでの評判が必ずしも良いとは限らないことがあり、特に当時のものはそうです。

  • But it was there that the highly intelligent Robert would have a good relationship with the nuns he loved and trusted, and the siblings who lived within their then, after eight years living in the care home disaster struck the parents.

    しかし、それは非常に知的なロバートは、彼が愛し、信頼していた修道女と良好な関係を持つことになることがそこにあった、ケアホームの災害に住んで8年後、その内に住んでいた兄弟は、両親を襲った。

  • A couple already accused of being unworthy to bring up Children took the kids back.

    育てるに値しないとすでに非難されていた夫婦が、子供たちを引き取った。

  • What was passive neglect in the past would now become active torture.

    過去には受動的に無視されていたものが、今では能動的な拷問になっています。

  • Their home became a house of horrors.

    彼らの家は恐怖の家になった

  • The kids were beaten daily, but the extremely violent father, the perpetrator of most of those beatings, like more than anything to take his rage out on young Robert.

    子供たちは毎日殴られていましたが、非常に暴力的な父親、それらの殴打のほとんどの加害者は、若いロバートに怒りをぶつけるために何よりも好きでした。

  • You looked upon this one child with a special kind of hatred.

    あなたはこの子を特別な憎しみで見ていた

  • After all, it was Robert that tried to stick up for his other siblings.

    結局、他の兄弟を擁護しようとしたのはロバートだった。

  • At one point during his preteen years, Robert was locked in a room for six months.

    10歳前のある時期、ロバートは半年間部屋に閉じ込められていた。

  • The door opened when he was given scraps of food and glasses of water.

    食事のくずと水のグラスを渡されてドアが開いた。

  • If it wasn't feeding time, there was only one other reason why that door was unlocked.

    餌の時間じゃないなら ドアの鍵が開いてなかった理由は 他にもあるわ

  • Speaking to a psychologist from possibly the world's most secure prison cell, Robert would later recall that can always still remember now when he turned that Locke when he came in, he'd have a poker or a piece of wood in his hand or even a rifle, And I could remember he busted that rifle off my back.

    世界で最も安全な刑務所の独房にいた 心理学者と話すと ロバートは後になって思い出すだろう 彼がロックを変えて入ってきた時 彼はポーカーや木片を持っていた ライフルを持っていた

  • And when he beat me, he closed the door, and here the key turn, he'd walk away laughing.

    叩かれてドアを閉められて、ここでキーターンすると、笑いながら立ち去っていく。

  • Such was the depravity that Robert experienced a boy that would become known as a Mr mostly the serial killer.

    そのような堕落は、ロバートが連続殺人犯のほとんどがミスターとして知られるようになる少年を経験したことでした。

  • It was after these Siris of beatings that his mother and father sent him back to social services, and from there Robert lived in various foster homes.

    それは、彼の母親と父親が彼を社会サービスに送り返したことを殴打のこれらのシリスの後だった、そこからロバートは様々な里親の家に住んでいました。

  • The father told his brothers and sisters that Robert had died, and that was that They wouldn't see him again and there would be no funeral.

    父親は、ロバートが死んだことを兄弟姉妹に伝えていましたが、それは、もう二度と会うことはなく、葬式もないということでした。

  • The other kids were too young, too afraid to question what had happened to their brother.

    他の子供たちはあまりにも幼く、弟に何が起こったのかを疑うことを恐れていた。

  • When Robert became a teenager, he left Liverpool.

    ロバートが10代になると、リバプールを離れた。

  • But the scars from his past would prove to be the locus of his future direction.

    しかし、彼の過去の傷跡は、彼の将来の方向性の軌跡となるだろう。

  • He got the bus down to London, hoping that there was something new and exciting waiting for him.

    何か新しい刺激的なことが彼を待っているのではないかと期待して、彼はロンドン行きのバスに乗り込んだ。

  • But in the big city, all he found was more pain.

    しかし、大都会では、彼が見つけたのは、より多くの痛みだけだった。

  • The young man couldn't escape the abominations of his past.

    若者は過去の醜態から逃れられなかった。

  • He didn't exactly thrive on the streets of London and spent two years on and off staying in the city psychiatric hospitals.

    彼はロンドンの街では成功しておらず、2年間は市内の精神科病院に滞在していました。

  • After attempting to take his own life, he became in mashed in hard drugs and to feed his addiction, he offered sexual services to men he met in the city's pubs and clubs while working as a male prostitute.

    自らの命を絶とうとした後、ハードドラッグに手を出し、依存症を養うために街のパブやクラブで知り合った男性に性的サービスを提供しながら、男性売春婦として働いていた。

  • In 1973 he met a man named John Farrell.

    1973年にジョン・ファレルという男と出会う。

  • This is when Roberts, now just 21 years old, killed his first person.

    21歳になったばかりのロバーツが初めての人を殺した時のことです。

  • In what might be considered shameless and vile gloating, Ferrell showed mostly disturbing images of Children he had sexually abused.

    恥知らずで下品なほくそ笑みの中で、フェレルは自分が性的虐待を受けていた子供たちの不穏な映像をほとんど見せていた。

  • This resonated with mostly, he was incensed and he snapped.

    これが大体響いて、彼は激昂してキレた。

  • He was looking at the images of Children that had shared a similar fate to his own.

    彼は自分と同じような運命をたどった子供たちの映像を見ていた。

  • He lured Farrell into a public toilet and with a garage he'd fashion from a necktie.

    彼はファレルを公衆便所に誘い込み、ガレージでネクタイからファッションをしていた。

  • He strangled the abuser to death.

    虐待者の首を絞めて死んだ。

  • This was a very personal kind of crime, mostly watched fixedly as the life force trained from his victim.

    これは非常に個人的な種類の犯罪で、ほとんどが被害者から訓練された生命力を固定して見ていました。

  • He took pleasure from it.

    彼はそれを楽しんでいた

  • It was revenge for his own childhood suffering and for the suffering of the boys in the photos.

    それは彼自身の幼少期の苦しみへの復讐であり、写真に写っている少年たちの苦しみへの復讐だった。

  • The excitement, the pleasure that mostly derived from this violent act would be felt again when he got up close to other people.

    興奮、この暴力的な行為から得られる快感は、彼が他の人と親しくなった時に再び感じられるだろう。

  • He considered beasts of the earth, mostly undoubtedly unhinged and dangerous.

    彼は地球の獣を考えていたが、そのほとんどは間違いなく動揺していて危険な存在だった。

  • Himself had no scruples about murdering men.

    彼自身は 人を殺すことに何の罪悪感も持っていなかった

  • He viewed as animals following the strangulation, mostly didn't even attempt to hide the crime or run away.

    彼は絞殺に続いて動物として見ていたが、ほとんどは犯罪を隠そうともしなかったし、逃げようともしなかった。

  • He was soon picked up by police, who gave him the nickname Blue due to the color of the man's face we had killed.

    彼はすぐに警察に拾われ、我々が殺した男の顔の色からブルーというあだ名をつけられた。

  • For mostly, he had done the world a favor.

    ほとんどの場合、彼は世界に好意を持っていた。

  • He rid the streets of a man who made innocent Children suffer.

    無垢な子供たちを苦しめた男の路上を追い払った。

  • He'd become a vigilante, deranged rebel with a cause and if you asked him about his actions, he tell you he done the righteous thing in his own mind.

    自警団になって大義名分を持った狂った反逆者になっていて、彼の行動を問えば、自分の中では正しいことをしたと言う。

  • He'd killed his own father, or at least someone that represented the reprehensible things his father had done.

    彼は自分の父親を殺していた少なくとも父親がした非道なことを代表する人物を殺していた

  • Mostly was handed an indeterminate life sentence and later sent abroad more a psychiatric hospital for the criminally insane.

    ほとんどが不定の終身刑を言い渡され、後に海外に送られたのは精神異常者のための精神科病院だった。

  • There he was, locked up among some people he detested the most men who abused Children for some years mostly didn't strike out.

    そこに彼は何人かの人々の間で監禁されていた、彼は何年かのために子供たちを虐待した最も嫌いな男たちの間で、ほとんどの場合、三振しませんでした。

  • But then in 1977 when he was 24 years old, he and an accomplice grabbed a convicted pedophile named David Francis and rushed him into a cell.

    しかし1977年、24歳の時に共犯者と一緒にデビッド・フランシスという有罪判決を受けた小児性愛者を捕まえて独房に押し込んだのです。

  • What followed was a nine hour attack in which the victim was mercilessly beaten and tortured.

    その後、9時間に及ぶ攻撃が行われ、被害者は容赦なく殴られ、拷問を受けました。

  • After the nine hours when the prison officers finally managed to get through the door, Francis was dead.

    9時間後、刑務官がようやくドアを通り抜けた時、フランシスは死んでいた。

  • A spoon had been stuck in his ear and had penetrated his brain.

    スプーンが耳に刺さっていて、脳内に侵入していた。

  • Multiple injuries show that he'd sustained a gradual but extreme attack.

    複数の怪我は、徐々にだが極度の攻撃を受けたことを示している。

  • According to one prison guard, the victim's head had been cracked open like a boiled egg, and bits of the dead man's brain were missing again, mostly was convinced he had done the moral thing, and he'd only taken out another evil person.

    ある刑務官によると、被害者の頭はゆで卵のように割れていて、死んだ男の脳の一部がまたなくなっていたそうですが、ほとんどは彼が道徳的なことをしたと確信していて、別の悪人を連れ出しただけだそうです。

  • For this reason, the authorities said, the crime was premeditated and so mostly was, in fact, not insane.

    このため、当局によると、この犯罪は計画的に行われていたため、ほとんどが実際には非常識ではなかったという。

  • He was moved toe Wakefield Prison at the time a hell hold, nicknamed Monster Mansion and well known as a place feared by criminals.

    彼はウェイクフィールド刑務所に移され、モンスターマンションの愛称で知られ、犯罪者に恐れられている場所としても知られている地獄のホールドであった。

  • Because Mosley had hated being moved as a child back to his parents house, he resented being moved to a prison.

    モズリーは子供の頃に実家に帰らされるのを嫌っていたので、刑務所に移されることを恨んでいた。

  • Yet again, many people who inhabited that prison, where the kind of men that made Children suffer in the worst ways imaginable but mostly saw all around where his nemesis ease men who needed to be removed from the planet.

    まだ再び、その刑務所に住んでいた多くの人々は、子供たちが想像できる最悪の方法で苦しむようにした男性の種類が、主に彼の宿敵は、惑星から削除する必要がある男性を楽にする場所のすべての周りを見た。

  • He believed he had every right to do what he did in a letter many years into his imprisonment, mostly wrote, I can say that Guess I have been raped.

    彼は、彼が彼の投獄に何年も手紙で彼がしたことを行うためにすべての権利を持っていたと信じていた、主に書いた、私は私がレイプされていると推測することを言うことができます。

  • And yes, I have been sexually abused by such people, and consequently I do to test these people enough to have killed them in the past.

    そして、はい、私はそのような人々によって性的に虐待されており、その結果、私は過去にそれらを殺したことが十分にこれらの人々をテストするために行う。

  • So we have their circumstances from my childhood and adolescence.

    だから、私の幼少期から青年期にかけての彼らの境遇があるのです。

  • In July 1978 holding around a year after the spoon incident mostly made a plan that was to kill seven child abusers in the space of one day since he's been in Wakefield prison, he'd taken his time to know who was who, and over a few months he picked out certain people and put them on his kill list.

    スプーン事件後の1978年7月の保持の周りの1年で、ほとんどの彼はウェイクフィールド刑務所にされているので、1日の空間に7人の児童虐待者を殺すことだった計画を作った、彼は誰が誰だったかを知るために彼の時間を取っていたし、数ヶ月間で彼は特定の人々を選んで、彼の殺害リストに入れています。

  • On the day he planned his murder spree, he invited a man named Saulny.

    殺人事件を計画した日、彼は ソールニーという男を招待した。

  • Dar would to his cell for a check.

    ダールはチェックのために独房に行った

  • Dar would was serving time for killing his wife no sooner than he entered.

    ダールは妻を殺した罪で服役していただろうな

  • Mostly cell.

    ほとんどがセルです。

  • He was stabbed several times with a homemade knife commonly known as a shiv or a shank in the USA.

    彼はアメリカでは一般的にシブやシャンクとして知られている自家製のナイフで数回刺された。

  • This time, he hadn't actually killed a child abuser, but in most leas mind, he killed the person he believed was scum of the earth.

    今回は実際に児童虐待者を殺したわけではありませんが、大方の心の中では「地球のクズ」だと思っていた人を殺してしまったのです。

  • He thought he'd done the moral thing.

    彼は自分が道徳的なことをしたと思っていた。

  • Criminologists sometimes call this kind of killer the missionary type because they perceive their killing mission as justice being served.

    犯罪学者はこの種の殺人者を宣教師タイプと呼ぶことがあるが、それは彼らが殺人の使命を正義が果たされていると認識しているからである。

  • While mission serial killers are arguably maniacal, it's not common in prison for men to justify the murder of a child or a woman abuser.

    任務の連続殺人犯は間違いなくマニアックだが、男が子供や女の加害者を殺したことを正当化するのは刑務所では一般的ではない。

  • As a righteous act, the act is supposedly mitigated by the offense the victim was convicted of.

    正義の行為として、被害者が有罪判決を受けた罪によって、その行為が軽減されるとされています。

  • Montali wouldn't stop until in his own mind he had cleaned up the prison.

    モンタリは、自分の心の中で刑務所をきれいにするまで、止めませんでした。

  • He pushed the now dead Dar would under the bottom book in the cell and started calling out more names, asking people if they wanted to come for a chat.

    彼は今は死んでしまったダールを独房の本の下に押し込んで、チャットに来たいかどうかを尋ねるために、より多くの名前を呼び始めた。

  • No one accepted the invite, so with knife in hand mostly went on the prowl.

    誰も招待を受け入れなかったので、手にナイフを持ってほとんど徘徊していました。

  • One prisoner would later recall that he could see murder in Moseley's eyes.

    ある囚人は後に、モズリーの目に殺人が映っていたことを思い出すだろう。

  • The toughest men in the prison feared for their lives while walking along the landing.

    刑務所の中で最もタフな男たちは、船着き場を歩きながら命の危険を感じていた。

  • He soon arrived at another sell, this time occupied by a child abuser named William Roberts.

    彼はすぐに別の売り場に到着したが、今回は児童虐待者のウィリアム・ロバーツが住んでいた。

  • Within minutes, Roberts was dead.

    数分でロバーツは死んだ

  • His head had been smashed against a wall several times, and this skull had been hacked at with the shift.

    彼の頭は何度か壁に叩きつけられていたが、この頭蓋骨はシフトでハッキングされていた。

  • Mostly then calmly walked up to the prison officers and said to them, There will be two less people for roll call this evening.

    大抵は落ち着いて刑務官のところに歩いて行き、彼らに言った、今晩の点呼のために2人少なくなるだろう。

  • So in 1978 Mr Mosley, no longer a man the prison staff wanted roaming their landings or exercising in the yard ended up in solitary confinement.

    だから1978年にモズリー氏は、もはや刑務所のスタッフは、彼らの着陸地を歩き回ったり、庭で運動したりすることを望んでいなかった男は、独房に閉じ込められてしまった。

  • To say he would stay there a while would be an understatement, because he's still there now and is Britain's longest serving prisoner.

    彼は今もそこにいて、イギリスで最も長く服役している囚人なのだから、しばらくそこにいるだろうと言うのは控えめな言い方だろう。

  • But that story doesn't stop there because at the time, few people have ever heard of Robert Moseley.

    しかし、当時、ロバート・モーズリーの名前を聞いたことがある人はほとんどいなかったので、この話はそれだけで終わりません。

  • At least the general public had no idea who he waas In the years to come, though, he'd become a household name.

    少なくとも一般の人々は彼が誰であるかを知らなかったが、彼は数年後には有名になった。

  • In 1982 the BBC went toe Wakefield Prison to make a documentary about solitary confinement, and they found a man confined to a cell, a man known as a bomb that the authorities couldn't disarm.

    1982年、BBCは独房監禁のドキュメンタリーを作るためにウェイクフィールド刑務所に行き、独房に監禁された男を発見しました。

  • They discovered someone who had been labeled as a kind of penitential enemy number one, and indeed, the prisons most dangerous prisoner.

    彼らが発見したのは、懺悔の敵ナンバーワンのようなレッテルを貼られていた人物で、確かに刑務所の中で最も危険な囚人だった。

  • Moseley's name was soon all over the British tabloid press, with some of the more spurious story saying that this crazed man had eaten the brains of a fellow prisoner.

    モーズリーの名前はすぐにイギリスのタブロイド紙に掲載され、中には「この狂った男が仲間の囚人の脳みそを食べてしまった」などと、もっとまやかしの効いた話もありました。

  • While that wasn't true, and it's known by most people in the UK that the tabloids often don't let the facts get in the way of a good tale, the prison now felt that had to make an example of.

    それは真実ではなかったし、それはタブロイド紙はしばしば事実が良い物語の方法で取得させないことが英国のほとんどの人々 によって知られているが、刑務所は今、例を作る必要があったと感じた。

  • Mostly it's answer to solving.

    ほとんどが解答です。

  • The problem of mostly infamy was to do something quite drastic.

    ほとんど悪名高い問題は、かなり思い切ったことをすることでした。

  • That was to create a kind of cell that had never been seen in the UK before and perhaps has never been seen anywhere else in the world.

    それは、それまでイギリスでは見たことがない、おそらく世界のどこにも見たことがないような細胞のようなものを作ることでした。

  • It was a place the authorities believes mostly could cause no more harm.

    それは、当局はほとんどがこれ以上の害を引き起こすことができないと考えている場所でした。

  • In 1983 they built a maximum security special unit within a maximum security prison, not in the actual prison but in the basement of the prison.

    1983年には、実際の刑務所ではなく、刑務所の地下に、最高警備の刑務所の中に最高警備の特別部隊を作った。

  • Moseley's new cell was a reinforced bulletproof plexiglass cage, a cage where he was under watch 24 hours a day.

    モーズリーの新しい独房は 強化された防弾のプレキシガラスの檻で1日24時間監視されていた。

  • To get to the cage, guards must open a solid steel door within the cement walls of the cell is yet another cell, and that is the exterior that is the plexiglass cage.

    檻に行くには、警備員がセルのセメントの壁の中で固体のスチールドアを開く必要がありますが、それはまだ別のセルであり、それはプレキシガラスの檻である外観です。

  • A psychologist that visited mostly, they're called him gaunt, emaciated, sunken faced figure with long, straggly hair.

    主に訪問した心理学者は、彼のことを無気力でやせ細った、沈んだ顔の長い髪をした人物と呼んでいた。

  • Although he has a high I Q.

    高いIQを持っているとはいえ

  • And is a fan of reading, he has not allowed any books.

    そして、読書が好きで、彼はどんな本も許可していない。

  • Although he's a fan of classical music, he's not allowed to listen to music.

    クラシック音楽のファンではあるが、音楽を聴くことは許されない。

  • In fact, his own words is there is nothing in this cell but damp walls and cockroaches.

    実際、彼自身の言葉では、この独房には湿った壁とゴキブリしかいない。

  • The guards have been told not to talk to him, so when he does occasionally get an hour outside and yet another kid, she doesn't get to speak.

    警備員は彼と話すなと言われているので、彼がたまに外で1時間、まだ別の子供がいる時には、彼女は話すことができません。

  • If he even looks at the guards.

    彼が警備員を見ても

  • They avert their eyes.

    彼らは目をそらす。

  • When he does go outside because of his violent past, he has to be escorted by 4 to 6 guards.

    暴力的な過去があるために外に出ると、4~6人の警備員に付き添われなければならない。

  • This is going on for years, and because of this absolute isolation and lack of communication, he's developed speech problems.

    これが何年も続いていて、この絶対的な孤立感とコミュニケーション不足のために、彼はスピーチの問題を発展させてしまったのです。

  • He's literally going out of his mind and has been denied a pet budgie so that he might have some company.

    彼は文字通り気が狂ってしまっていて、ペットのセキセイインコを拒否されてしまっているので、仲間がいるかもしれないと思っています。

  • The authorities have also denied his request for a Sinai pill so he can take his own life.

    当局は、自ら命を絶つことができるように、シナイ錠を要求したことも否定している。

  • Robert Mosley is now 66 years old and has served 46 years in prison, with around 40 of those years being in solitary confinement when he's been given the chance to speak.

    ロバート・モズリーは現在66歳で、46年間刑務所に服役しており、そのうち約40年間は独房に入っていたが、話す機会を与えられたときには独房に入っていた。

  • He has said that this solitary confinement is a constant reminder of those six months he spent locked in a room as a child.

    彼は、この独房は、子供の頃に部屋に閉じ込められて過ごした半年間のことを常に思い出させてくれると言っています。

  • It's unlikely he'll ever get out of prison and unlikely that he'll ever get out of his glass cage in the dungeon of Wakefield.

    ウェイクフィールドの地下牢のガラスの檻から出てくることはまずないし、出てくる可能性も低い。

  • Prison mostly believes he's a victim of circumstance more than anything, and that the people he killed was a form of displaced anger related to what happened him as a child in a young man.

    プリズンは彼が何よりも状況の犠牲者だと思っているし、彼が殺した人たちは若い頃に彼に起こったことに関連して、変位した怒りの形であったと考えている。

  • Not surprisingly, he mostly blames his parents Will leave you with these words he wants said when I kill, I think I have my parents in mind.

    驚くことではありませんが、彼はほとんどの場合、彼の両親を責めるでしょう 彼が望んでいるこれらの言葉であなたを残す 私が殺すとき、私は心の中で私の両親を持っていると思います。

  • Had I killed my parents in 1970 None of these people need have died.

    1970年に両親を殺していたので、この人たちは誰も死ぬ必要はありませんでした。

  • If I had killed them, then I'd be walking around as a free man without a care in the world.

    もし私が殺していたら、私は自由人として何の気なしに歩き回っていただろう。

  • Do you believe that?

    信じているのか?

  • Now you need to watch this show man So violent, even other prisoners fearing or this video?

    暴力的なショーを見た方がいいぞ 他の囚人も怖がっているのか?

  • Why was this prisoner kept locked away in permanent total isolation?

    なぜこの囚人は永久に完全に隔離されていたのか?

a man is dragged into a prison cell, kicking and screaming, but it's too late for the officers on watch to do anything.

男が刑務所の独房に引きずり込まれて蹴ったり叫んだりしているが、見張り役の警官が何もしないのでは遅すぎた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 刑務 独房 ロバート 殺し 虐待 子供

ガラスの箱に入れられた最凶の囚人

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語