Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You're on a school trip to a museum, and to be honest, not taking the tour all that

    修学旅行で美術館に行っているのに、正直言ってツアーに参加していないのは

  • seriously, laughing at how stern that curator guy is when describing the magnificence of

    の素晴らしさを語る学芸員さんの厳しさに笑う。

  • centuries-old European paintings.

    何世紀も前のヨーロッパ絵画

  • At one point that curator tells your group that you are now looking at one of the most

    ある時点で、その学芸員はあなたのグループに、あなたが今見ているのは最も

  • remarkable and most expensive paintings that exists in the world today, so naturally, as

    今日世界に存在する注目すべき最も高価な絵画は、当然のことながら

  • your group moves on, you decide to take a selfie with it.

    あなたのグループが移動すると、あなたはそれと一緒に自撮りをすることにしました。

  • This doesn't end well, because as you turn to take the shot you trip, fall backwards,

    これはうまくいかない、なぜなら、あなたがショットを取るためにターンすると、あなたがトリップ、後方に落ちるからです。

  • and stick your free hand right through that multimillion dollar piece of art.

    自由な手をその数百万ドルの芸術品に突き刺す。

  • Oops,” you say, wondering how you'll get the $68 million to pay for it.

    "おっと "と、あなたは言います。どうやって6800万ドルを手に入れるのかと。

  • This kind of thing has actually happened, and today you'll hear more about the dumb

    このようなことが実際に起きていて、今日はそのおぼろげな

  • and the clumsy destroying things.

    と不器用な破壊をしています。

  • 10.

    10.

  • Pink Grass It's not always about money, some things

    ピンクの草 それはいつもお金のことではありません、いくつかのこと

  • that get destroyed are more beautiful than costly.

    壊されてしまうものは、コストがかかるものよりも美しいものです。

  • As this story goes, in 2016 a city in China decided it wanted to create an area of beauty.

    この話にもあるように、2016年に中国のある都市が「美のエリア」を作りたいと決めた。

  • The plan was to import special pink grass seeds from Australia and then plant those

    オーストラリアから特別なピンク色の草の種を輸入し、それを植えるという計画でした。

  • seeds in one of the city's parks.

    市内の公園の一つで種まきをしています。

  • The caretaker responsible for cultivating the area said it took her 3 years to get the

    栽培を担当した管理人は、3年かかったと言っていました。

  • place looking how it should, and that meant caring for the pink grass paradise each and

    それはピンクの草の楽園の世話をすることを意味していました。

  • every day.

    毎日のように

  • Then came the problems, notably hordes of Chinese tourists that wanted to have themselves

    その後、問題は、特に自分自身を持っていたいと思っていた中国の観光客の大群が来た

  • photographed in that pink paradise.

    あのピンクの楽園で撮影。

  • The caretaker was screaming and shouting so much to make them stop her voice finally went,

    管理人は、彼らを止めさせるために大声で叫んでいたので、彼女の声はついに行ってしまいました。

  • and then she just had to give up.

    諦めるしかなかった

  • The hordes couldn't be stopped.

    大群は止められなかった。

  • That photo in the pink grass was just soooo important to them.

    ピンクの芝生の中での写真は、彼らにとってとても大切なものでした。

  • This is what that caretaker later told the media:

    これは、その管理人が後にマスコミに語ったことです。

  • “I've been caring for the growth of this grass, but I never imagined they'd get demolished

    "草の成長を気にしていたが、まさか解体されるとは...。

  • in just two to three days.

    わずか2~3日で

  • To me, they are like my son and daughter.

    私にとっては、息子と娘のような存在です。

  • It's like witnessing my sons being beaten by barbarians, but I can do nothing to help.”

    息子たちが蛮族に殴られているのを 目の当たりにしているようなものだ。 しかし、私は何もできない。"

  • The moral to this story is never, ever, underestimate what narcissistic selfie-takers will do to

    この話の教訓は、ナルシストの自撮り屋が何をするかを過小評価してはいけないということです。

  • get a “likeon a social media platform.

    ソーシャルメディアで「いいね!」をもらう

  • The caretaker said she still had some seeds and will start the project again.

    管理人さんは、まだ種が残っていると言っていたので、また始めようと思います。

  • We can't put a cost on this damage, but we can say in two days the tourist hordes

    この被害にコストをかけることはできませんが、二日間で観光客の大群は

  • destroyed three years of work.

    3年間の仕事を破壊した

  • 9.

    9.

  • The Curse Of The Soap Opera One of Thailand's most cherished ancient

    ソープオペラの呪い タイで最も大切にされている古代のものの一つです。

  • temples is called Wat Chaiwatthanaram (Chai-wat-an-aram).

    寺院はワット・チャイワット・アン・アラム(チャイワット・アン・アラム)と呼ばれています。

  • For the most part, people walk around that magnificent structure and by no means would

    ほとんどの場合、人々はその壮大な構造物の周りを歩いていて、決して

  • they ever start walking on top of the thing.

    その上を歩き始めたことはありません

  • But then in 2018 the temple suddenly started seeing 10,000 tourists a day, many more people

    しかし、2018年になって突然お寺には1日1万人の観光客が訪れるようになり、多くの人が訪れるようになりました。

  • than had come in the past.

    過去に来ていたものよりも

  • The reason for the mass of tourists was because it had been featured in a very popular soap

    観光客が殺到した理由は、超人気ソープで取り上げられていたからです。

  • opera calledLove Destiny.”

    オペラ "愛の運命"

  • This had been watched in translation all over Asia.

    これは翻訳でアジア中で見られていました。

  • Tourists even turned up wearing Thai traditional costume, because that soap opera depicted

    観光客もタイの民族衣装を着て現れた。

  • older times.

    古い時代。

  • That was fine, but these new tourists went a bit too far and started climbing all over

    それはそれで良かったのですが、この新しい観光客は少し行き過ぎて、あちこちに登り始めました。

  • the temple, and in doing so, destroyed parts of it.

    寺院の一部を破壊しました。

  • They weren't exploring of course, and only wanted to get that perfect shot for Instagram.

    彼らはもちろん探検をしていたわけではなく、インスタグラム用の完璧なショットを撮りたかっただけなのです。

  • The temple started looking like a scene out of World War Z, albeit the zombies were armed

    寺院は、ゾンビが武装していたにもかかわらず、第二次世界大戦Zの一場面のように見え始めました。

  • with smartphones.

    スマートフォンを使って

  • Authorities didn't put a cost on the damage, but when you've ruined parts of a cultural

    当局は損害にコストをかけていませんでしたが、文化の一部を台無しにしてしまった時には

  • treasure, it's a cost to the country.

    宝の持ち腐れ、国の代償だ。

  • The authorities eventually had to temporarily close the temple off to tourists so they could

    当局は、最終的には一時的に観光客に寺院を閉鎖しなければならなかったので、彼らができるように

  • begin putting the parts back together.

    部品を元に戻す作業を始めます。

  • 8.

    8.

  • Hangover Part 4 Ok, so again, this wasn't about the moneyand

    二日酔いパート4 OK、だからまたしても、これはお金のことではありませんでした...と。

  • we'll get to money soon, but this story is just too good not to tell.

    すぐにお金の話が出てくるけど、この話は あまりにもいい話だから、 話さない方がいいと思う。

  • Two British tourists in 2012 were on vacation in Australia and they decided that they'd

    2012年に2人のイギリス人観光客がオーストラリアで休暇を過ごしていたのですが、彼らが決めたのは

  • visit Sea World.

    シーワールドを訪れる。

  • As anyone in their right mind would do, the pair thought it best to drink an entire large

    彼らの正常な心の誰もがそうするように、二人はそれが最善だと考えた、全体の大規模な

  • bottle of vodka each before they went to see the marine life.

    海の生物を見に行く前にウォッカを一本ずつ。

  • We don't really know what happened next, and neither do the drunk guys.

    次に何があったのか、酔っぱらいの連中もよくわからない。

  • What we do know is when they woke up the next morning, hopping around their hotel room was

    分かっているのは、翌朝起きた時には、ホテルの部屋を飛び回っていたことです。

  • a penguin.

    ペンギン

  • One guy said to the other, “Mate, why is there a penguin in the room?”

    ある男は他の男に言った "メイト、なぜ部屋にペンギンがいるんだ?"

  • CCTV had all the answers, and that showed that these two guys first set a fire extinguisher

    CCTVは全ての答えを持っていて この二人が最初に 消火器をセットしたことを示していた

  • off in the shark enclosure.

    サメの囲いの中で

  • After that, they decided they wanted to take a swim with some dolphins.

    その後、イルカと一緒に泳ぎたいということになりました。

  • Sometime later they were in the penguin enclosure and that's where they found a penguin named

    その後、彼らはペンギンの囲いの中にいましたが、そこでペンギンを見つけました。

  • Dirk.

    ダーク

  • They liked Dirk, and decided to sneak him out of the place.

    彼らはダークを気に入っていて、こっそりと彼を連れ出すことにした。

  • Once in their hotel room they took some selfies with Dirk and then the drunks collapsed.

    ホテルの部屋に入ると、彼らはダークと自撮りをし、その後、酔っぱらいは倒れた。

  • The pair were arrested and had to pay around $1000 in fines.

    このペアは逮捕され、約1000ドルの罰金を支払わなければならなかった。

  • Dirk was returned, and Sea World's main concern was that those guys were pretty close

    ダークが戻ってきて、シーワールドが一番気にしていたのは、あいつらがかなり接近していたこと

  • to jumping into the polar bear enclosure.

    ホッキョクグマの囲いの中に飛び込むことに。

  • That would have been what you call a mortal s elfie.

    それは死すべき人間のエルフィーと呼ばれるものだっただろう。

  • 7.

    7.

  • It Seemed Like A Good Fit In 2017 a British family had taken their small

    それは、2017年にイギリスの家族が彼らの小さなを取っていたグッドフィットのように見えました。

  • child to see an exhibit that was an 800-year sandstone coffin.

    800年の砂岩の棺だった展示を見るために子供に

  • It is believed that this coffin had once been the resting place of a British monk.

    この棺は、かつてイギリスの僧侶が安置していたとされています。

  • Obviously, you're not supposed to touch something that old, but the family wanted

    明らかに、そんな古いものに触ってはいけないが、家族が欲しがっていたのは

  • to take a pretty morbid photo of their child lying in the thing.

    子供が横たわっている写真を撮るために

  • That didn't end well and the coffin fell over, breaking a part of it.

    それがうまくいかず、棺が倒れて一部が折れてしまった。

  • That family is still at large, but the good news is, the cost of fixing the coffin was

    その家族はまだ大きくなっていますが、良いニュースは、棺を固定するための費用が

  • only $130.

    たったの130ドル

  • 6.

    6.

  • Parental Guidance In 2014 a sculpture calledAngel in Waiting,”

    保護者の方への指導 2014年に彫刻「待ちぼうけの天使

  • created by a famous Chinese artist was on show at the Shanghai Museum of Glass.

    上海ガラス美術館では、中国の有名なアーティストが制作した作品が展示されていました。

  • This thing had been painstakingly put together with tiny fragments of glass and it took the

    これは、ガラスの小さな破片と一緒に苦労して組み立てられたもので、それが

  • artist 27 months to complete.

    アーティスト完成まで27ヶ月。

  • What happened next is beyond belief.

    次に起こったことは、信じられないほどです。

  • Two mothers of two boys took their little angels to see the sculpture, but then asked

    二人の男の子の母親が、小さな天使を連れて彫刻を見に行きましたが、その時は

  • the boys to go and play with it.

    と遊びに行く男の子たち。

  • The mothers actually videoed this.

    実際にお母さんたちが動画を撮ってくれました。

  • Not surprisingly, the kids brought the whole thing down and it smashed into small pieces,

    驚くことではありませんが、子供たちが丸ごと持ってきて、細かく砕いてしまいました。

  • rendering it completely unfixable.

    を使用すると、完全に修正不可能になります。

  • The kids actually yanked the precious artwork from the wall, as the mothers kept their smartphones

    母親がスマホを持っていたため、子供たちは実際に貴重なアート作品を壁から引っ張ってきました。

  • trained on them.

    彼らに訓練を受けています。

  • The media didn't say how much this sculpture was worth, but given that the artist was well-known

    メディアはこの彫刻にいくらの価値があるか言わなかったが、アーティストが有名であることを考えると

  • and the fact it took over two years to make, we are thinking it was worth many thousands.

    作るのに2年以上かかったという事実を考えると、何千ドルもの価値があったと考えています。

  • 5.

    5.

  • Bananagate At an exhibition in Miami in 2019 there was

    Bananagate 2019年にマイアミで開催された展示会では

  • one piece of art that has boggled the minds of many.

    多くの人の心をざわつかせた一枚。

  • That's because the art work consisted of a banana duct-taped to a wall.

    バナナをダクトテープで壁に貼った作品だからだ。

  • This piece of transcendent art was the brain-child of an Italian artist named Maurizio Cattelan.

    この超越した芸術作品は、マウリツィオ・カッテランというイタリア人アーティストの発案によるものです。

  • Yep, you might be thinking that you could have created that, but somehow a French collector

    そう、あなたはそれを作ることができたと思っているかもしれませんが、なぜかフランス人のコレクターが

  • actually bought the work for $120,000.

    実際には12万ドルで買った作品です。

  • One day a man was walking by this piece of art when he decided to take the banana off

    ある日、この作品のそばを歩いていた男がバナナを脱ぐことにした。

  • the wall and eat it.

    壁を見て食べてみてください。

  • Now only the wall was left, so did that mean the thing was destroyed?

    今は壁だけが残っていたので、物が破壊されたということでしょうか。

  • Well, what is even more confounding is the museum said it wasn't a big problem because

    博物館が大した問題ではないと言っていたのは

  • a new banana could replace the one in the man's stomach.

    新しいバナナが男の胃袋の中のバナナの代わりになるかもしれない。

  • The guy was pulled aside, but he was never charged with a crime.

    男は脇に引っ張られたが、罪に問われることはなかった。

  • The artist has since done another 'banana on wall' work and that one was sold for

    このアーティストはその後、別の「壁にバナナ」の作品を制作しています。

  • $150,000.

    $150,000.

  • Let's remember that the art consists of a single, normal, garden variety banana and

    アートは、単一の、普通の、庭の品種のバナナで構成されていることを覚えておきましょう。

  • a bit of tape.

    テープを少し

  • Please don't ask us why this is happening, because frankly we have no idea.

    なぜこんなことになっているのか聞かないでください、率直に言って私たちにはわからないのですから。

  • Here at the Infographics Show we have bananas taped on all the office walls and so far we

    インフォグラフィックス・ショーでは、オフィスの壁にバナナを貼っています。

  • have no buyers.

    買い手がいない

  • Now for some really expensive damage.

    今は、本当に高価なダメージを受けています。

  • 4.

    4.

  • He Just Needed A Hug In 2018, an American family took their child

    He Just Needed A Hug 2018年、アメリカのある家族が子供を連れて行きました。

  • to an exhibition held at the Tomahawk Ridge Community Center in Kansas.

    カンザス州のトマホーク・リッジ・コミュニティ・センターで開催された展示会へ。

  • Everything was going well until their young son saw a statue and decided to give it a

    すべてがうまくいっていたのですが、幼い息子が像を見て

  • hug.

    抱きしめて

  • What happened next is the thing fell over and broke into pieces, although thankfully

    次に起きたのは、物が倒れて粉々になってしまったことです。

  • the child wasn't hurt.

    子供は傷ついていない

  • The bad news is that the statue, calledAphrodite di Kansas City”, was valued at $130,000.

    悪いニュースは、「Aphrodite di Kansas City」と呼ばれるこの像が13万ドルの評価を受けたということです。

  • It was smashed so badly that it could not be repaired.

    修理ができないほどひどく砕けていました。

  • So, who was at fault?

    で、誰に落ち度があったの?

  • The parents said not them because something that valuable should have had a guard rail

    親は、その貴重なものは、ガードレールを持っていたはずなので、彼らではなく、彼らを言った。

  • around it.

    その周りに

  • The city and the artist thought differently, but we're not sure if that family ever had

    都会と作家の考えは違っていたが、その家族には

  • to pay any money.

    金を払わないといけない

  • This is what the mother said about the hug, “Maybe my son hugged a torso because he's

    これは、母親が「息子がトルソーを抱きしめたのは、もしかしたら息子が

  • a loving, sweet nice boy who just graduated from preschool.”

    "卒園したばかりの愛くるしいいい子"

  • 3.

    3.

  • The Souvenir Taker We are going to call the cost of this... priceless.

    スーベニア・テイカー この費用を...プライスレスと呼ぶことにします。

  • It happened in 2008 and a Finnish tourist had travelled all the way to that place we

    2008年に起きたことで、フィンランド人の観光客がわざわざその場所を訪れていました。

  • call Easter Island.

    イースター島に電話して

  • We are sure you'll all know that this place is famous for those giant head statues that

    この場所が巨大な頭の像で有名であることは、皆さんもご存知でしょう。

  • are known asMoai.”

    は「モアイ」と呼ばれています。

  • There are something like 900 of these statutes on the island and they date back 1,000 years.

    島にはこれらの法律のうち900のようなものがあり、それらは1,000年前にさかのぼります。

  • To say the least, they are a monumental achievement and are currently a UNESCO World Heritage

    控えめに言っても記念碑的な成果であり、現在はユネスコの世界遺産に登録されています。

  • site.

    のサイトを参照してください。

  • We are quite sure that every single one of our intelligent viewers would know that you

    私たちは、私たちの知的な視聴者の一人一人が、あなたが

  • don't mess with these things, but that Finnish tourist might have been a few fries short

    いたずらしてはいけないが、フィンランド人観光客はフライドポテトが足りなかったかもしれない

  • of a Happy Meal.

    幸せな食事の

  • The tourist went up to one of the statues and decided he wanted to take a piece home

    観光客は像の一つに近づき、その一部を持ち帰ることにしました。

  • with him as a souvenir.

    お土産に持っていきます。

  • He yanked at the ear and indeed bits came off, if not in small fragments.

    彼は耳を引っ張ると、小さな断片ではないにせよ、確かに断片が剥がれてきた。

  • The guy was caught and he was looking at a seven-year prison sentence, but it seems the

    捕まった男は懲役7年の刑期を視野に入れていたようですが、どうやら

  • authorities were lenient and fined him just $18,000.

    当局は彼にわずか18,000ドルの罰金を科しました。

  • If you think that's a lot, keep watching.

    多いと思うなら見続けてくれ

  • 2.

    2.

  • The Painting Needed My Input In 2012, a Polish man was visiting the Tate

    2012年、ポーランド人の男性がテート美術館を訪れていました。

  • Modern Gallery in London.

    ロンドンのモダンギャラリー。

  • What the museum didn't know is that this guy had come to do some of his own handiwork.

    博物館が知らなかったのは、この人が自分の手仕事をしに来ていたということです。

  • His plan was toimprove” a very famous painting calledBlack on Maroon.”

    彼の計画は "マルーンの黒 "と呼ばれる有名な絵を "改良 "することでした。

  • The painting was created in 1958 by an American artist named Mark Rothkoin, and while it might

    1958年にマーク・ロスコインというアメリカ人アーティストによって制作されました。

  • look rather dull to some observers, it's actually worth 15-20 million dollars.

    一部の観測者にはむしろ鈍く見えますが、実際には1500万~2000万ドルの価値があります。

  • That Polish man walked up to it and scrawled over the artwork his name, the number 12,

    そのポーランド人の男はそれに近づき、作品に自分の名前と数字の12を書き込んだ。

  • and the words, “a potential piece of yellowism.”

    "黄ばみの可能性がある "と書いてある

  • The gallery wasn't exactly impressed with this addition and the Polish guy was prosecuted.

    ギャラリーはこの追加に感心していなかったようで、ポーランド人が起訴されました。

  • He ended up spending 18 months in a British prison.

    彼は結局、イギリスの刑務所で18ヶ月を過ごすことになった。

  • After his release, the guy said, “I apologize to the British people for what I did.

    釈放後、男は「イギリス国民に謝罪した。

  • I suppose I wanted to change the art world but of course I did it in a very, very wrong

    私はアートの世界を変えたいと思っていたと思いますが、もちろんそれはとても間違った方法でやってしまいました。

  • way.”

    "方法"

  • Restoration took almost two years and that itself cost $200,000, but now Black on Maroon

    修復には約2年かかり、それ自体が20万ドルの費用がかかりましたが、今ではブラックオンマルーンで

  • is in perfect condition once again.

    はまたしても完璧な状態です。

  • Graffiti can be removed, but large holes and rips are problematic.

    落書きは除去できますが、大きな穴や裂け目は問題です。

  • 1.

    1.

  • The Destroyers A painting calledThe Actorby the renowned

    ザ・デストロイヤーズ 著名な画家の「俳優」と呼ばれる絵

  • artist Pablo Picasso had hung peacefully in New York City's Metropolitan Museum of Art

    ニューヨークのメトロポリタン美術館に平和的に吊るされていたパブロ・ピカソ。

  • since 1952, but then in 2010, The actor had a hole ripped right through it.

    1952年からだが、2010年には俳優に穴が開いてしまった。

  • What you have to understand is that this piece of art was part of Picasso's valuable early

    あなたが理解しなければならないのは、この作品はピカソの貴重な初期の作品の一部だったということです。

  • works, and when a woman fell into the thing and ripped it, it was worth over $100,000,000.

    の作品で、女性が物に落ちて破れた時には10万ドル以上の価値があったそうです。

  • The people who were tasked to repair it said with time they could do a good job, but the

    修理を任された人は、時間が経てば良い仕事ができると言っていましたが

  • outcome would be a noticeable line where the 7 inch tear had been.

    結果は、7インチの裂け目があったところに目立った線が出ることになります。

  • We looked at what art experts said about damaged paintings and they said you can't always

    破損した絵画について美術の専門家が何を言っているのか見てみました。

  • say how much a piece of damaged art will lose in value, but one expert said typically it

    破損した美術品の価値がどのくらい失われるかを言うが、ある専門家は、一般的にそれは

  • might depreciate 10 or 20 percent, which for a hundred million dollar painting means 10

    1億ドルの絵が10%、20%の減価償却になるかもしれません。

  • or 20 million.

    または20000万。

  • Add on to that the restorations costs.

    その上に修復費用を追加します。

  • We just can't say how much that tear cost, but it could be in the millions.

    どれだけの費用がかかったかは不明ですが数百万ドルはするでしょうね

  • Since this was a total accident the woman who fell into the painting was not charged.

    完全な事故だったので、絵に落ちた女性は不起訴になりました。

  • We don't think clumsiness is a crime these days.

    最近は不器用が犯罪だとは思っていません。

  • In 2019, another Picasso was beat up, and this time the work was sliced with a knife.

    2019年には別のピカソがボコボコにされ、今回の作品はナイフで切りつけられていました。

  • The painting in question was calledBust of a Woman”,

    問題の絵は「女の胸像」と呼ばれていました。

  • From what we can see that painting is still undergoing surgery in England, but as the

    絵画がイギリスではまだ手術中であることがわかるものからはわかるのですが

  • damage was quite severe we have to wonder if it will ever get the $26 million it was

    被害は非常に深刻でした2600万ドルを手にすることができるかどうか疑問です

  • said to be worth before a man decided to knife it.

    男がナイフで刺そうと決める前に価値があると言われています。

  • We'd like to end this show with a public service announcement.

    今回の番組の最後は公務発表で締めくくりたいと思います。

  • We have millions of viewers at the Infographics Show and we are sure none of you would ever

    インフォグラフィックス・ショーでは何百万人もの視聴者がいますが、誰一人として見たことがないと思います。

  • consider doing some of the things described in this show.

    このショーで説明されていることのいくつかを行うことを検討してください。

  • But just as a word of warning, don't mess with art, or natural wonders, and be careful

    ただ、注意点として、芸術や自然の驚異に手を出さないように、気をつけましょう。

  • where you take your selfies.

    自撮りをする場所

  • Do you have a taste for destruction right now?

    今、破壊の味があるのか?

  • What about the prospect of the world being destroyed?

    世界が滅びるという見通しはどうなんでしょうか?

  • If you want to know how that might happen, take a look at this frightening show, “What

    それがどのようにして起こるかを知りたい場合は、この恐ろしい番組を見てみてください。

  • Is The Nuclear Football (The Briefcase That Can Destroy The World)?”

    核サッカー(世界を滅ぼすブリーフケース)はあるのか?"

  • Or perhaps you'd enjoy this other video here.

    あるいは、こちらの動画をご覧になってみてはいかがでしょうか。

  • Either way, click now now!

    いずれにしても、今すぐクリック

You're on a school trip to a museum, and to be honest, not taking the tour all that

修学旅行で美術館に行っているのに、正直言ってツアーに参加していないのは

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 観光 作品 ドル バナナ アーティスト ペンギン

観光客に破壊されたさらに高価なもの

  • 5 2
    Summer に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語