Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Everyone needs a summer job, but you just had to go and get a part-time position at

    誰もが夏のバイトは必要だが、ただのバイトで

  • The SCP Foundation, didn't you?

    SCP財団じゃないのか?

  • Technically, you're massively underqualified, but the employee turnaround at that company

    技術的には大量の不適格者だが、その会社の従業員回転率は

  • is so crazy that they can't exactly turn applicants away.

    は、正確には応募者を追い返すことができないほど頭がおかしい。

  • Sure, you may die horribly at the hands of a number of beingsor get terminated for

    確かに、あなたは多くの生き物の手で恐ろしく死ぬかもしれません - またはのために終了されます。

  • knowing too muchbut the pay is decent, and the dental coverage can't be beat.

    あまりにも多くのことを知っている - しかし、給与はまともなものであり、歯科医療保険に勝つことはできません。

  • However, you're now staring down the barrel of your first containment breach, and three

    しかし、あなたは今、最初の封じ込め穴のバレルを見つめています、そして3つの

  • of the foundation's most terrifying creatures are on the loose: SCP-173, SCP-096, and the

    財団の最も恐ろしい生き物が逃亡していますSCP-173, SCP-096, そして

  • dreaded SCP-682.

    恐るべしSCP-682

  • Talk about a trial by fire.

    炎上裁判の話をしよう

  • But don't worrywe're here for you, with all the tips, tricks, and techniques

    しかし、心配しないでください - 私たちはあなたのために、すべてのヒント、トリック、テクニックをここにあります。

  • you need to get these monsters back in their cells, or better yet, wiped from the face

    怪物たちを牢屋に戻すか 顔から消し去る必要がある

  • of the earth.

    地球の

  • So, steel yourself, agent, things are about to get horrifying.

    気を引き締めてください、捜査官、事態は恐ろしいものになりそうです。

  • Are you ready to Secure, Contain, and Protect?

    確保、封じ込め、保護の準備はできていますか?

  • First up, we have SCP-173 – a creature you should really be keeping an eye on.

    まずはSCP-173 - あなたが本当に目を光らせておくべきクリーチャーです。

  • Seriously.

    真面目な話

  • If you take your eyes off of this spooky statue for even a second, you'll find yourself

    一瞬でもこの不気味な像から目を離すと、あなたは自分自身を見つけるでしょう。

  • laying on the ground with a snapped neck.

    首を折られて地面に横たわっている。

  • While it may look like a giant concrete fetus, this beast has left hardcore Class D personnel

    巨大コンクリート胎児のように見えても、この獣は筋金入りのD級要員を残している。

  • mined straight from Death Row in crumpled heaps on the ground.

    デス・ローから直接採掘したんだ

  • If you were going against this thing in a hand-to-hand battle, or with small arms like

    こんなものに手刀で対抗していたとしたら、あるいは、小型の武器で

  • a handgun or a standard rifle, you'd be better off turning the weapon on yourself

    拳銃や普通のライフルなら自分で撃った方がいい

  • before the entity had a chance to get its hands on you.

    君に手を出す前にね

  • Thankfully, you've got the nigh unlimited resources and state-of-the-art weapons technology

    ありがたいことに、あなたは無限の資源と最先端の武器技術を手に入れています。

  • afforded to you by the Foundation, so you at least have a fighting chance.

    基金があなたに与えてくれるので、少なくともあなたには戦うチャンスがあります。

  • But, no weapon in the fight against these mysterious beings is greater than knowledge

    しかし、これらの神秘的な存在との戦いでは、知識よりも優れた武器はありません。

  • Withknow your enemyalways being the first rule of conflict.

    - "敵を知る "ことが常に紛争の第一のルールであると。

  • So, let's get to know this nightmarish living statue, and see whether there are any cracks

    というわけで、この悪夢のような生きた像を知って、ひび割れがないかどうか確認してみましょう

  • in its concrete armour.

    その具体的な鎧の中で

  • SCP – 173 is a Euclid class beingmeaning that the object has a certain degree of sentience,

    SCP - 173はユークリッド級の存在 - 対象物がある程度の感覚を持っていることを意味しています。

  • is difficult to contain, and is often unpredictable due to our lack of understanding of said object.

    は、封じ込めることが難しく、私たちの理解不足のために予測できないことが多いです。

  • SCP – 173 was moved onto the containment site in 1993, and has caused a number of brutal

    SCP - 173は1993年に格納容器内に移設され、多くの残忍な事故を引き起こしました。

  • deaths since then.

    それ以来の死。

  • The exact origin of the creatureand how it's able to move and cause damageare

    クリーチャーの正確な起源と、それがどのように移動してダメージを与えることができるかは

  • still a mystery, as it never moves while under direct observation.

    直視している間は動かないので、まだ謎です。

  • Despite apparently being a sentient creature, Foundation tests indicate that it's constructed

    感覚のある生き物であるにもかかわらず、財団のテストでは、それが構築されていることが示されています。

  • from concrete and rebar, with the addition of some Krylon-brand spray paint.

    コンクリートと鉄筋から、クリロンブランドのスプレー塗料を追加しました。

  • It also somehow produces blood and feces, despite having no obvious digestive or vascular

    また、明らかな消化器や血管がないにもかかわらず、どうにかして血と糞を出します。

  • system.

    システムを使用しています。

  • That's just one of the many perplexing things about the biology of this seemingly impossible

    この一見不可能に見える生物学についての多くの不可解な点の一つに過ぎない

  • creature.

    クリーチャー

  • Typical containment procedures involve confining SCP-173 in a locked container, under perpetual

    典型的な封じ込め手順としては、SCP-173をロックされた容器に恒久的に封じ込めることが挙げられます。

  • direct supervision from at least three Foundation personnel.

    少なくとも3名の財団職員から直接監督を受けなければならない。

  • When the observation personnel are relieved from their duties to change shifts, at least

    観測担当者がシフト変更のために職務を解かれる場合は、少なくとも

  • two are required to maintain direct line of sight observation of the creature until the

    になるまで、二人は生物の直接の目線での観察を維持する必要があります。

  • other personnel have safely vacated and locked the chamber.

    他の職員は無事に退去し、部屋をロックしました。

  • The creature is exceptionally fast and strongeven the half-second it takes to blink

    このクリーチャーは例外的に速くて強い - 瞬きをするのにかかる半秒でさえも

  • is enough to get your neck brutally broken by this snap-happy statue.

    は、このスナップハッピーな像であなたの首を残酷に折られるのに十分です。

  • But these containment procedures apparently weren't enough, and now this wannabe-Weeping-Angel

    しかし、これらの封じ込め手順では 不十分だったようで、今ではこの「哭きの天使」が

  • is on the loose, snapping its way through every SCP Agent who can't maintain constant

    は逃亡中だ 常に維持できないSCPエージェントを 狙撃している

  • eye contact.

    アイコンタクト。

  • How can you possibly fight a creature you can't look away from, even for a fraction

    目をそむけることもできない生き物と どうやって戦うのか ほんの少しでも

  • of a second?

    秒の?

  • As the creature apparently lacks a conventional vascular system and doesn't appear to have

    この生物は明らかに従来の血管系を欠いていて

  • standard, carbon-based biological organs, it can't be poisoned or gassed into submission.

    標準的な炭素系の生体器官では、毒を盛ったり、ガスで服従させることはできません。

  • You could go in guns blazing with a heavy artillery weapon likeThe Metal Storm.”

    "メタルストーム "のような重火器で 砲撃戦をしてもいいぞ

  • This terrifying machine-gun, created by an Australian company with American funding for

    この恐ろしいマシンガンは、オーストラリアの会社がアメリカから資金提供を受けて作ったものです。

  • use on US Navy ships, is a 36-barrel nightmare literally capable of unleashing upwards of

    米海軍の艦船で使用されている、36バレルの悪夢は、文字通り、最大で最大を放つことができる

  • one million rounds of parabolic hellfire within a minute.

    1分以内に100万発の放物線地獄絵図。

  • (use this image: https://tinyurl.com/y942fekw) Surely this would reduce SCP – 173 into

    (この画像を使用: https://tinyurl.com/y942fekw) 確かにこれは、SCP - 173 を以下のように減少させます。

  • rubble, right?

    瓦礫だろ?

  • Well, perhaps, unless the initial blast causes you to blink.

    最初の爆発で瞬きをしない限りはね

  • If that happens, then the creature is equally likely to dodge your firestorm and snap your

    そうなった場合、そのクリーチャーは同じようにあなたのファイアストームをかわして、あなたの

  • neck.

    くびれ。

  • To truly beat this SCP, you won't need a hyper-advanced machine gun, but you will need

    本当にこのSCPに勝つためには、超高性能のマシンガンは必要ありません。

  • a little help from one of mankind's oldest annoyances: The common housefly.

    人類最古の迷惑行為の一つである一般的なイエバエです

  • Unlike humans, whose eyes need moisture to function properlyand thus, need to blink

    人間と違って、目が正常に機能するためには水分が必要で、まばたきをする必要があります。

  • flies have perpetually-open compound eyes.

    - ハエは永遠に開いている複眼を持っています。

  • This not only affords flies a wider field of perception, but the ability to stare forever

    これはハエの知覚範囲を広げるだけでなく、永遠に見つめ続けることができます。

  • without blinking.

    瞬きもせずに

  • If you release a swarm of these annoying little creatures into a room with SCP – 173, it'll

    SCP - 173で部屋にこのような迷惑な小さな生き物の群れを放っておくと

  • essentially be paralysed by the perpetual gaze of its hundreds of tiny guests.

    何百人もの小さな客の永遠の視線に、本質的には麻痺してしまいます。

  • And when this slab of malicious concrete is rendered inert, it can be disposed of the

    そして、この悪質なコンクリートのスラブが不活性化されると

  • same way you'd dispose of any troublesome concrete structure: TNT or C4 charges that

    面倒なコンクリート構造物を処分するのと同じようにTNTかC4爆弾で

  • could blast this prolific strangler to kingdom come.

    この多産な絞殺者を 王国まで吹き飛ばすことができた

  • The resulting rubble could then simply be destroyed in an industrial furnace, leaving

    その結果、瓦礫は工業炉で単純に破壊され、残ったままになります。

  • no trace.

    追跡しないで

  • Quite literallyDone and Dusted.”

    文字通り "完了した後にほこりを払った"

  • But that murderous piece of modern art is child's play compared to your next opponent:

    しかし、その殺人的な現代アートは、次の相手に比べれば子供の遊びだ。

  • SCP – 096, a creature whose chronic shyness could be the death of you, and potentially,

    SCP - 096 慢性的な人見知りがあなたの死を招く可能性があるクリーチャー、そして潜在的に。

  • the death of everyone else, too.

    みんなの死も

  • This is another Euclid, but its combat potential is devastatingly higher than its concrete

    これもユークリッドだが、戦闘力はコンクリより壊滅的に高い。

  • predecessor.

    前身である。

  • According to all physical descriptions, it's a freakishly tall, humanoid creature with

    身体的な記述によると、それは異常なほど背が高く、人型の生き物で

  • white skin devoid of all pigmentation.

    色素のない白い肌

  • Its limbs are incredibly longdescribed by official files as beinggrossly out

    その手足は信じられないほど長い。

  • of proportion with the rest of the subject's body.”

    "体の残りの部分と比例している"

  • Despite having an emaciated, almost malnourished appearance, the creature has seemingly impossible

    やせ細った、栄養失調のような外見をしているにもかかわらず、この生き物は、一見不可能なように見えます。

  • strength and ferocity during combat mode.

    戦闘モード時の強さと獰猛さ

  • The creature displays no higher intelligence or reasoning, and appears largely docile while

    クリーチャーは、より高い知性や推論を表示せず、主に従順に表示されます。

  • unprovoked.

    挑発されていない

  • Containment procedures dictate that the being must be kept in an airtight steel cube with

    封じ込めの手順では、ビーイングは気密性の高いスチール製の立方体の中に保管されなければなりません。

  • no surveillance equipment whatsoever.

    監視装置は一切ありません

  • Why?

    なぜ?

  • Because this creature becomes truly dangerous when you see its face.

    この生き物は顔を見ると本当に危険になるからだ。

  • That's rightif anyone, anywhere, sees SCP – 096's face, whether it's physically,

    その通りだ--もし誰か、どこかでSCP-096の顔を見たら、それが物理的なものであろうとなかろうと。

  • or in a picture or video, the being enters a state of severe agitation.

    または写真やビデオの中で、激しい動揺の状態に陥る。

  • It will cover its face, and begin crying and wailing loudly.

    顔を覆い、大声で泣き叫ぶようになります。

  • When this period of despair ends, the creature begins a vicious rampage after whoever saw

    この絶望の時期が終わると、その生き物は、誰が見たにせよ、凶暴な暴れ方をし始めます。

  • it, relentlessly tracking down its prey and eviscerating them, regardless of what's

    獲物を執拗に追いかけて 排除していきます 何があろうと

  • in the way.

    邪魔だ

  • Witnesses have reported the creature tearing through doors, walls, and tanks with no effort

    目撃者の報告によると、この生き物はドア、壁、タンクを何の努力もせずに切り裂くそうです。

  • whatsoever, and experiencing severe physical damageconsistent with the destruction

    何が何であれ、深刻な物理的な損傷を経験している - 破壊と一致している。

  • of most of its internal organsand barely even flinching.

    その内臓のほとんどの器官を破壊し、ひるむのもやっとです。

  • The creature's skeletal structure appears almost indestructible, and the only thing

    その生物の骨格構造はほとんど破壊できないように見え、唯一のものは

  • that can stop its rampage is the total annihilation of its target.

    その暴挙を止めることができるのは、ターゲットの全滅です。

  • So, here's rule number one of taking the creature on: You cannot, under any circumstances,

    そこで、クリーチャーを乗っ取るルールその1です。いかなる状況下であっても

  • see its face.

    その顔を見る。

  • So how can such a thing be achieved?

    では、どのようにしてそのようなことが実現できるのでしょうか。

  • How can you fight something you can't really look at?

    よくもまともに見られないものと戦えるな。

  • Well, there is where some key details come into play.

    まあ、そこにいくつかの重要な詳細が出てきます。

  • While, in a combat scenario in which SCP – 096 is in attack mode, it has been shown to recover

    一方、SCP - 096が攻撃モードになっている戦闘シナリオでは、回復することが示されています。

  • from damage sustained from around a thousand .50 calibre bullets and sustained fire from

    約1,000発の50口径の弾丸から受けた損害と、約1,000発の50口径の弾丸から受けた持続的な火災から。

  • an anti-tank gun, it may not have this same level of invulnerability in its docile state.

    対戦車砲の場合、おとなしい状態ではこの程度の不死身さはないかもしれません。

  • Perhaps you could catch this self-conscious creature off-guard by approaching it while

    おそらく、この自意識過剰な生き物に不意打ちを食らわせることができるだろう。

  • using the T7 Thermal Imaging FLIR Binocular Goggle System.

    T7サーモグラフィFLIR Binocular Goggle Systemを使用しています。

  • The creature becomes an unstoppable killing machine when its face is seen, but through

    顔を見られたら止められない殺戮マシーンになってしまうが、それを介して

  • utilising a thermal imaging system, you'd merely be viewing its abstract heat signature

    赤外線サーマルイメージングシステムを利用していると、抽象的な熱シグネチャを見るだけではなく、その熱シグネチャを見ていることになります。

  • without any real facial definition.

    本当の顔の定義もなく

  • In other words, thermal imaging goggles like this would allow you to view SCP – 096 without

    つまり、このような赤外線ゴーグルであれば、SCP - 096を見ることができます。

  • really seeing it.

    本当に見ています。

  • And when the creature kills its target and returns to its docile state, you finally have

    そして、そのクリーチャーがターゲットを殺して従順な状態に戻った時に、ついに

  • the opportunity to show it some real firepower.

    これを機会に真の火力を発揮してください。

  • While this SCP is incredibly effective at ground combat, it hasn't shown the same

    このSCPは地上戦では信じられないほどの効果を発揮しますが

  • prowess against aerial vehicleslike the devastating MQ-9 Reaper UAV, a remote-controlled

    壊滅的なMQ-9リーパーUAVのような空飛ぶ乗り物に対する強さ、遠隔操作の

  • drone with ungodly firepower.

    邪道な火力のドローン

  • While this creature may be able to survive an anti-tank gun while in its offensive mode,

    このクリーチャーは攻撃モード中は対戦車砲でも生き残れるかもしれないが、このクリーチャーの場合は対戦車砲でも生き残れるかもしれない。

  • could it survive a volley of immensely powerful AGM-114 Hellfire II Anti-Armour Missiles fired

    猛烈に強力なAGM-114ヘルファイアII対装甲ミサイルの連射に耐えられるか?

  • from above while in its docile state?

    おとなしい状態で上から?

  • We can't be exactly sure, but it's unlikely thateven if it did survivewhatever's

    正確にはわかりませんが、それが生き残ったとしても、何が何だかわからない。

  • left could put up much of a fight.

    左は戦いを挑んできた

  • Injecting the skeletal remains with powerful fluoroantimonic acid, much like a spinal tap

    脊髄穿刺によく似た強力なフルオロアンチモン酸を骨格遺体に注射して

  • procedure, might be the final nail in the coffin for this emotionally volatile monster.

    これがこの感情的に不安定な怪物の最後の釘になるかもしれません。

  • Even the most powerful acids, however, don't mean much to our third and final combatant.

    しかし、どんなに強力な酸でも、第三の最終決戦相手にはあまり意味がない。

  • That's rightthe utterly horrifying SCP – 682, otherwise known by the foreboding

    その通りです - 全く恐ろしいSCP - 682、別の方法では予言で知られています。

  • nicknameThe Hard-To-Kill Reptile.”

    ニックネーム "殺しにくい爬虫類"

  • Even this feels like a gross underestimation of the power of the creature.

    これすらもクリーチャーの力を著しく過小評価しているように感じる。

  • It's the first Keter-class SCP on the list heremeaninganomalies that are exceedingly

    ここに掲載されているのは、ケター級のSCPとしては初のものです。

  • difficult to contain consistently or reliably, with containment procedures often being extensive

    封じ込め手順が大規模であることが多く、一貫して、または確実に封じ込めることが困難である。

  • and complex.”

    "複雑なんだ"

  • That's rightthe other two Euclids were just a warm up.

    そうですね~他の2つのユークリッドはウォーミングアップに過ぎませんでした。

  • The Keter-class are the big daddies, and SCP – 682 is probably the most dangerous and

    ケター級はビッグダディで、SCP-682はおそらく最も危険であり

  • durable of them all.

    すべての耐久性があります。

  • It's an extremely intelligent and ferocious reptile-like creature with unparalleled regenerative

    非常に知的で獰猛な爬虫類のような生き物で、比類のない再生能力を持っています。

  • ability, reflexes, and strength.

    能力、反射神経、強さ

  • It also seems to detest all forms of life in our dimension, and is bent on the destruction

    それはまた、我々の次元の生命のすべての形態を嫌っているようであり、破壊に固執している。

  • of any living being it can get its claws on.

    爪を立てることができる生き物の

  • The beast is also so adaptable that it's almost impossible to use the same method of

    獣も適応力が高いので、ほとんどの場合は

  • attack on it twiceeven other SCPs have proved unable to terminate the creature during

    の間にクリーチャーを終了させることができないことが他のSCPでも証明されている。

  • cross-testing.

    クロステスト。

  • In order to contain SCP-682, it's perpetually kept in a sealed vat of powerful hydrochloric

    SCP-682を封じ込めるため、強力な塩酸の密閉された桶の中に永久に保管されています。

  • acid, continually melting its body to prevent it from reaching its full potential.

    酸は、体を溶かし続けて、その能力を最大限に発揮できないようにしています。

  • If this thing gets out while you're on duty, you better either prepare your last will and

    勤務中にこれが漏れたら遺言書の準備をした方がいい

  • testament or get ready to negotiate a raise.

    遺言書や昇給交渉の準備をしましょう。

  • There is no proven way to take on this nigh-unkillable beast, so any methods of assault would ultimately

    この不死身の獣を相手にする方法は 証明されていないので、どのような攻撃方法でも、結局は

  • just be guesswork and wishful thinking.

    ただの憶測と希望的観測に過ぎない

  • Still, we believe there are a few potential methods for putting this misanthropic immortal

    それでも、このミサンドロピーな不死身を置くには、いくつかの可能性のある方法があると考えています。

  • lizard out of commission, even if not all of them are permanent solutions to the problem.

    トカゲの廃業、全てが恒久的な解決策ではないにしても

  • The first option involves a lot of creativity and a lot of bullets.

    第一の選択肢には、創造性と弾数が多く含まれています。

  • Remember earlier in the video, when we mentioned The Metal Storm, the experimental Navy machine

    先ほどの動画で、海軍の実験機「メタルストーム」について触れていたのを覚えていますか?

  • gun capable of firing a million bullets per minute?

    毎分100万発の弾丸を発射できる銃?

  • Such a weapon would be a lot more useful against the fleshy body of SCP – 682.

    そのような武器は、SCP-682の肉付きの良い体に対しては、より有用なものになるだろう。

  • Coupled with high-intensity flamethrowerswhich are illegal under the Geneva convention,

    ジュネーブ条約で違法とされている高強度火炎放射器と組み合わされている。

  • but hey, legality has never stood in the way of the foundation before.

    でもね、合法性は今まで財団の邪魔をしたことがなかったんだよ。

  • If over 87% of the body is damaged or destroyed, the body will be compromised enough for temporary

    87%以上の損傷や破壊を受けた場合は、一時的な

  • incapacitation.

    無力化。

  • If you act fast, this is when you'll have the greatest chance of survival.

    早く行動すれば、この時が一番生き残れる可能性が高くなる。

  • If the incapacitated body was once again placed in high-intensity acid, this containment unit

    無力化された身体を再び高強度の酸の中に入れた場合、この封じ込め装置は

  • could then itself be transferred to the payload of an autonomous rocketmuch like the

    は、それ自体が自律型ロケットのペイロードに転送される可能性があります。

  • kind used to launch satellites into the far reaches of space.

    遥か彼方の宇宙に打ち上げられる人工衛星の種類

  • If you want to truly be rid of this immortal lizard, firing its desiccated, still-living

    この不死身のトカゲを本当に処分したいのなら、絶望したまま生きているトカゲを発射して

  • carcass into the infinity of space is definitely one way you could go about it.

    死骸を無限の空間に投げ込むのは間違いなく一つの方法です。

  • Not to mention the fact that, given the Foundation has almost unlimited resources, a SpaceX style

    事実は言うまでもなく、財団はほぼ無制限のリソース、SpaceXのスタイルを持っています。

  • private launch would definitely not be out of the financial question.

    プライベートローンチは間違いなく財政的には問題外ではないでしょう。

  • Though, of course, if you want a less complicated solution to your SCP – 682 problem, there's

    もちろん、SCP - 682の問題をより複雑にしないで解決したい場合は、以下の方法があります。

  • another form of rocketry that could come to your aid: Nuclear-armed Intercontinental Ballistic

    あなたを助けるために来るかもしれない別の形態のロケット技術。核武装した大陸間弾道ミサイル

  • Missiles.

    ミサイルだ

  • There's no way of stating with 100% certainty that one or even several Nuclear ICBMs would

    核ICBMが1発、あるいは数発でも、100%の確率で、そのようなことになるとは言い切れません。

  • actually kill the beast, but there's pretty much nothing else these bad boys can't kill,

    実際には獣を殺すが、他に殺せないものはほとんどない。

  • so you're in there with a chance.

    チャンスがあるから、そこにいるんだ。

  • If SCP – 682 was caught within the hypocenter of the blast, which is anywhere within one

    SCP - 682が爆心地内で捕らえられた場合、それは1つ以内のどこにでもある。

  • mile of the direct explosion, there's a good chance that its organic matter would

    直接爆発の1マイル以内であれば、その有機物が

  • be reduced to atoms by sheer force of the blast's thermal energy.

    爆風の熱エネルギーで原子に還元される

  • However, seeing as the SCP Foundation keeps any facility holding SCP-682 around 50 kilometres

    しかし、SCP財団はSCP-682を保持している施設を50km圏内に保持しています。

  • away from developed human settlements, you wouldn't need to stop there.

    先進国の人間の居住地から離れれば、そこで立ち止まる必要はないでしょう。

  • If anything did remain, the area could be salted with napalm and the same powerful hydrochloric

    何かが残っていたら ナパームと同じ強力な塩酸塩で 塩漬けにすることができました

  • acid used to contain it.

    を含む酸を使用しています。

  • In prior tests, the creature had been damaged to the extent that only around 20% of its

    事前のテストでは、クリーチャーは約20%程度しかダメージを受けていなかった。

  • biomass remained prior to regeneration.

    再生前のバイオマスが残っていた。

  • It stands to reason that the most thorough way to ensure the beast's destruction is

    獣の滅亡を確実にする最も徹底した方法は

  • to strike with such rapid and overwhelming force it doesn't even have time to adapt

    腰を抜かす

  • or repair.

    または修理します。

  • In other words, the only way to really kill SCP – 682 is absurd, heavy-artillery overkill.

    つまり、SCP-682を本当に殺すには、無茶苦茶な重砲撃のオーバーキルしかない。

  • But that's a small price to pay for not only your life, but the survival of the human

    しかし、それはあなたの命だけでなく、人類の生存のために支払うべき小さな代償です。

  • race.

    レース。

  • And, of course, your end of year company bonus.

    もちろん年末の会社のボーナスも

  • Check out the rest of ourYou VsPlaylist for more exciting battles between average

    平均的な人と平均的な人のエキサイティングな戦いのために、私たちの "あなた対 "プレイリストの残りの部分をチェックしてみてください。

  • joes and pop culture's most formidable foes.

    ジョーズとポップカルチャーの最も手ごわい敵。

  • Thanks for watching!

    ご覧いただきありがとうございます!

Everyone needs a summer job, but you just had to go and get a part-time position at

誰もが夏のバイトは必要だが、ただのバイトで

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 クリーチャー 生き物 財団 封じ込め 不死身 コンクリート

YOU vs SCP ファンデーション - これらの SCP (SCP 173, SCP 096, SCP 682)を倒して生き延びることができますか?

  • 18 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語