Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Transcriber: Emi Kamiya Reviewer: David DeRuwe

    翻訳: Emi Kamiya 校正: Noriko Yasumoto

  • Do you know of any children

    お知り合いの中に

  • who can speak English and another language fluently?

    英語など複数の言語を 流暢に話す子どもはいますか?

  • These children may have moved with their families

    家族と一緒に外国へ あるいは外国から引越してきた経験を

  • from or to another country.

    持つ子たちかもしれません

  • Or their parents may be an international couple.

    親が国際カップルという場合もあります

  • These children grow up with exposure to multiple languages and cultures

    そういう子たちは多言語と多文化に 同時にさらされながら

  • at the same time.

    育っています

  • And while this kind of childhood is getting very common,

    そんな環境で育つのは ごく普通になってきていますが

  • if you actually ask one of these children,

    実際に当事者である子に

  • "Hey, are you enjoying the experience?"

    「ねえ その経験は楽しい?」 と聞いてみると

  • he or she might tell you,

    こう答えるかもしれません

  • "No, it's actually very tough, and I'm struggling.

    「楽しくない ものすごく大変で苦労が多いよ

  • And my parents are struggling with me."

    両親も私のことで悩んでる」

  • Twenty years ago, I was one of these children,

    20年前の私も そんな子どもでした

  • and as I was being back and forth between the United States and Japan,

    アメリカと日本を往復しながら

  • I have to tell you that, back then, I hated my life.

    当時の私は自分の境遇に うんざりしていました

  • Each move was traumatizing,

    どちらの国に行くのもトラウマで

  • and I fell way, way behind academically.

    勉強は遅れに遅れていました

  • But today, now that I'm an adult,

    しかし今日 大人になった私にとって

  • the same experiences have become a gift that helps me in many ways.

    その経験は贈り物となり 私は様々な意味で助けられています

  • So, what is it that makes an international childhood so hard?

    国をまたいで育つ子ども時代が つらい原因は何でしょうか

  • My family gave me their full support throughout the journey,

    私の家族は その間ずっと 全力で私を支えてくれました

  • and I was very lucky to have them.

    家族に恵まれた私は とても幸運でした

  • But now that I reflect on it,

    でも今 振り返ると

  • I kind of think that it was way too hard

    あれは誰にとっても つらすぎる経験だったような

  • for all of us.

    気がします

  • So, as soon as I got to Harvard Business School

    ハーバード経営大学院に

  • as a Fulbright scholar,

    フルブライト奨学生として 入学した私は すぐに

  • I started working on an idea that later became my startup.

    後々 起業へとつながる あるアイディアに着手しました

  • It's an educational service that supports international children

    国をまたいで暮らす子たち特有の 困難に寄り添い

  • through their unique challenges, both academic and psychological.

    勉強と心理の両面から 支援する教育サービスです

  • So what is it that makes an international childhood so hard,

    国をまたぐ子ども時代はつらいけれど 後々 よかったと思わせる

  • but later, rewarding?

    要因は何でしょう

  • The first thing is language.

    第1は言語です

  • Do you know how they say that,

    こんなふうに言われるんです

  • "Oh, young children, they can pick up a language so quickly.

    「ああ 小さい子は あっと言う間に言語を覚えるよ

  • He or she will be speaking in no time."

    すぐ 喋れるようになるでしょ」

  • You've heard that before?

    聞いたことありますよね?

  • Yeah, so that's true if the question is:

    「その言語でコミュニケーションできるか」 という意味なら確かにそうです

  • "Can they communicate in that language?"

    「その言語でコミュニケーションできるか」 という意味なら確かにそうです

  • But if the question is:

    でも もし問題が

  • "Can they think and learn in that language?"

    「その言語で考えたり学んだり できるか」なら

  • the answer is that it actually takes a lot longer.

    答えは 「実はかなり長い時間がかかる」です

  • Research tells us that it can take five to seven years for a person

    研究によると この言語レベルに達するには

  • to reach this level of proficiency.

    5~7年かかります

  • Now, one of our students,

    うちの生徒の中に

  • he's been in an English environment for six years.

    英語の環境で6年暮らしていた 男の子がいます

  • His English is so fluent,

    英語はとても流暢ですから

  • you won't believe this is not his native tongue.

    英語ネイティブでないとは 信じがたいほどです

  • And he has straight A's in all of his English subjects.

    英語で受ける教科の成績は オールAです

  • But when it comes to math and physics,

    でも数学と物理については

  • he still prefers that we teach him in Japanese.

    今でも日本語で教えてもらう方が 良いそうです

  • According to him, "Oh, it's just faster that way.

    彼は言います 「だって日本語の方が早いんだもん

  • You know, it's easier to learn these, like, hard conceptual ideas.

    そういう概念的で 難しいことを学ぶ場合には

  • They're easier to manipulate in my head

    日本語の方が簡単だし

  • when they are in Japanese."

    頭の中で動かしやすいんだ」

  • So, in short, it's easier to think.

    つまり考える時は 日本語の方がラクなのです

  • So if you are a child learning in a language

    ということは 子どもが まだおぼつかない言語で

  • that you are not completely comfortable with yet,

    勉強している場合

  • that can limit your cognition, your ability to learn.

    その子の認知能力 すなわち学ぶ力は 制限されている可能性があります

  • So, for any multilingual student growing up,

    ですから 多言語の環境で 育つ児童 生徒にとって

  • it's essential that they catch up with the school language

    学校で使われる言語に できるだけ早く追いつくことは

  • as fast as possible

    何よりも重要です

  • so that they can learn what they should be learning

    言語が追いつけば 自分の学年に応じた学習内容が

  • at that grade level.

    学べるようになります

  • Meantime, they also need to maintain their native tongue at the grade level,

    その一方で母語も学年相応に 使いこなす必要があるわけで

  • and that is very hard.

    これは実に大変なことです

  • It's not something that just happens on its own either.

    いずれも自然にできるように なるものではありません

  • It requires commitment and planning and investment,

    子ども本人だけでなく 家族も一緒に最大限の努力をして

  • not just from the child, but also from the family.

    計画や投資をすることが 求められます

  • A child going through this stage needs help, deserves help.

    この局面にいる子どもは 助けが必要ですし 助けられるべきです

  • And it's either the family provides it,

    家族が助けても良いですが

  • or professionals can help them provide it.

    プロが入って家族の助けを サポートする手もあります

  • And I remember

    私自身は

  • that going through the stage, it was very confusing.

    その局面に置かれ ひどく困惑していたのを覚えています

  • It almost felt as if that it was a personal problem.

    自分に問題があると 思ってしまうほどでした

  • Like, "Maybe I'm not smart enough

    「私は頭が良くないのかも

  • because I'm spending so much time working,

    こんなに時間をかけて 頑張っているのに

  • but I'm not good enough in either."

    どっちの言語でも いまいちだもの」

  • Language barriers can also be very hard

    言語の壁は 子どもの学校における

  • on a child's social life at school as well.

    社会生活の面でも 大きく立ちはだかります

  • Do you ever feel like there are aspects of your personality

    自分の個性や性格の中で 第二言語では

  • that you can't really fully express in your second language?

    表現しきれない部分があると 感じたことはありませんか?

  • You know, maybe you can't be as funny,

    たとえば本当の自分ほど 面白くないとか

  • or seem as intelligent,

    賢そうに見えないとか

  • or be as interesting as you really are

    周りに興味を持ってもらえないとか

  • because language limits you.

    言語が自分を狭めているからです

  • Now, imagine you are a teenager, and you need to do that five days a week.

    自分が今10代で 週に5日 そんな経験をしなくちゃならないとしたら

  • Yikes!

    イヤですよね

  • So, learning a language is a long and hard journey.

    言語を学ぶのは 厳しく長い道のりです

  • The gift, of course, is access.

    それによって得られる贈り物は アクセスです

  • Once you've mastered two languages,

    2つの言語を習得してしまえば

  • you can go to school or work in two different countries.

    2つの異なる国で学校に行ったり 仕事したりできるようになります

  • You can access information and knowledge created in two languages.

    どちらの言語で生み出された情報や知識にも アクセスできますし

  • And you can build relationships with two very different groups of people.

    まったく異なる2組の人々と 関係を築くこともできます

  • There's so much richness in the bilingual world.

    バイリンガルの世界は 豊かさに あふれています

  • It's almost like you're living two lives at the same time.

    まるで2つの人生を 同時に生きているかのようです

  • The second challenge is culture.

    困難の2つめは文化です

  • So one day, a little girl in Michigan walks into her classroom in the morning,

    ある日の朝 ミシガン州に住む女の子が 自分の教室へ入っていくと

  • and her teacher welcomes her with a big warm hug,

    先生は女の子をギュッとハグして 温かく迎えました

  • just like any other morning.

    いつもどおりの光景です

  • The next week, she moves to Japan,

    翌週 女の子は日本へ引越しました

  • where hugging is not really a thing,

    日本では普通 ハグをせず

  • and we express affection through different means.

    愛情表現には他の方法を使います

  • After one big, awkward social attempt,

    親しみを込めた試みが ひどく気まずい失敗に終わり

  • she notices that you can't really hug people in Japan

    女の子は気づきます 日本でハグをすると

  • without making them feel completely uncomfortable

    もれなく相手に ひどく不快な思いをさせ

  • and also winning the title of "complete social weirdo."

    「完全に・社会不適合の・ヤバいやつ」 という称号を与えられるのだと

  • (Laughter)

    (笑)

  • So she stops hugging people,

    それで女の子はハグをやめましたが

  • but knowing isn't feeling.

    頭でわかっても 心が残ります

  • She still wants to hug people, and she misses it.

    ハグをしたい気持ちも してほしい気持ちもあるのです

  • But she knows that she needs to follow the cultural norm

    でも女の子は知っています まともな一員として受け入れてもらうためには

  • in order to be accepted as a decent member of the community,

    コミュニティー内の文化的規範に 従う必要がありますし

  • and failure to do so would mean that she would be the outcast

    そこをしくじれば ルールを守れない者として

  • who can't follow the rules.

    のけ者にされることが決まっています

  • And because culture is not just about the foods we eat

    文化というのは単に 私たちが口にする食べ物や

  • and the holidays we celebrate,

    年中行事のことだけではなく

  • but it's this all-encompassing thought process

    こうした包括的な 思考プロセスを指します

  • that highlights different aspects of the world

    この思考プロセスにより 様々な見解が浮き彫りとなり

  • and attributes different meaning to these aspects

    そこから それぞれに違う意味が 生まれてくるため

  • and hence creates completely different experiences

    文化の違いにより 同じ世界にいながら まったく違う体験をするという

  • from the same world,

    現象が生じ

  • this kind of difference can exist in anything and everything

    その違いは あらゆる場面で 存在しうるということになります

  • from, let's say, how to be popular at school

    たとえば 学校の 人気者になる方法に始まり

  • to how to sound credible at a job interview,

    就職の面接で 見込みがあると思わせる話し方や

  • all the way up to how to tell somebody that you like them

    「好きだ」という気持ちの伝え方から

  • and how you determine the relationship after a couple of dates with your crush.

    数回のデートを重ねた相手との関係を どう見るかまで

  • And because there is no convenient textbook for all these cultural norms,

    こうした文化的規範を学ぶには 便利な教科書もないので

  • you basically need to learn through trying and making

    とにかく試して 恥ずかしい間違いに間違いを重ねて

  • lots and lots of embarrassing mistakes.

    覚えていくしか ありません

  • The pain is worsened

    苦痛は悪化します

  • because you start to take it personally.

    「自分のせいだ」と 思い始めるからです

  • You start to think, at one point,

    こう思う時期もあります

  • "Hey, oh, I need to watch out for my behavior.

    「おっと 振る舞い方に気をつけなくちゃ

  • I need to constantly check if I'm not being weird,"

    変な人になっていないか 常に自分をチェックしよう」

  • just to be accepted.

    受け入れられたい一心なのです

  • The gift in being brought up in two cultures

    2つの文化の中で育つことによって 贈り物として与えられるのは

  • is this revelation that cultural norms

    「文化的規範とは 社会的に構築されたものである」

  • are a social construct.

    という事実に対する目覚めです

  • You know, people can believe in wildly different things

    人々が信じる内容は とんでもなく多岐にわたり

  • based on where they were born or how they were brought up.

    その根拠は生まれ育ちによって 異なります

  • And what seems to be common sense or even the truth in one culture

    ある文化で常識と言われるものや 真実とされることでさえ

  • may not be that way somewhere else.

    別の場所では 受け取られ方が変わるのです

  • And although each culture is this complete, beautiful,

    1つ1つの文化は美しく機能的で 異なる角度から人々の生き方に

  • and functional and different approach to life,

    影響を与えるものとして それぞれ成り立っていますが

  • none of them is universal truth.

    どれ1つとして 普遍の真理ではありません

  • Knowing this can give you two freedoms.

    このことを知っていると 2種類の自由が得られます

  • The first freedom is to choose which rules you want to follow

    1つめは人生の重要な岐路に立った時 どちらのルールに従うか

  • at important junctions of your life.

    選べる自由です

  • My choice to go to Harvard Business School

    ハーバード経営大学院に進学し

  • and become a female entrepreneur

    女性起業家になるという私の選択は

  • does not necessarily fit the typical female gender role in Japan.

    日本の典型的な女性の役割に ぴったり合うとは言えません

  • But I can choose to feel feminine if I want to

    でも女性らしい気分になりたい時は そうすることもできます

  • because I know that femininity can mean different things

    所変われば「女性らしさ」の意味も 変わるということを

  • in different places.

    知っているからです

  • The second freedom is awareness.

    2つめの自由は意識がもたらす自由です

  • The tricky thing about culture is that when you are part of a culture,

    文化を考える上で悩ましいのは 自らが一端を担いながら

  • it's very hard to be aware of it.

    文化全体を意識するなんて 至難の業だという点です

  • You know, they say

    呼吸したり泳いだりする時 空気や水を意識しないのと同じです

  • that it's the air we breathe and the water we swim in,

    ところが 複数の文化に どっぷり浸かる経験をすると

  • but once you are fully immersed in two or more cultures,

    その対比によって突然 視界がひらけ

  • the contrast suddenly makes it easier for you

    文化が自分にどう影響しているか 意識できるようになります

  • to become aware of how they are influencing you.

    文化的な偏見や

  • And if you are more aware

    固定観念に対して さらに意識が高くなると

  • of the cultural biases and the stereotypes we have,

    別の文化で育った人とも

  • that makes you so much better

    すごく上手くつながりを 築くことができるようになります

  • at connecting with somebody from a different culture.

    昨今の分断と境界のムードに 満ちた世界では

  • You know, in today's world of divide and borders,

    文化を超えて人脈を築ける人材の 需要が高まっています

  • we need more people who are good at this.

    最後の要素は アイデンティティーです

  • The final component is identity.

    上海に8年間 住んでいた あるアメリカ人の女の子が

  • An American girl, who had been living in Shanghai for eight years,

    ワシントンに戻りました

  • moves back to DC.

    すると新しくできた友達が ふざけて言ってきます

  • And her new friends there jokingly tell her,

    「中国の子だろ 中国へ帰れ」

  • "Ah, go back to China where you came from."

    彼女が その日の気持ちを 話してくれました

  • That day, later on, she told me,

    「でも私には中国にも 居場所がないんだよ?

  • "Well, I don't belong there either, you know?

    私の居場所なんて もう どこにもないみたい」

  • It looks like I don't belong anywhere now."

    この根なし草のような よりどころのない感覚は心を蝕みます

  • And this sense of being uprooted and rootless can really eat away at you.

    私もそうです 今でも時々

  • I admit that, even to this day,

    疑問に苛まれ 悩むことがあります

  • I sometimes struggle with the question:

    「ねえ 本当の私は何者なの? 私の居場所はどこだろう?」

  • "Wait, who am I really, and where do I belong?"

    私は日本と深いつながりが あると感じていますが

  • because I feel a deep connection with Japan,

    アメリカとも深いつながりを 感じており

  • and I feel a deep connection with the US,

    どちらにも完全に属しては いないからです

  • but I don't fully belong in either.

    私は両国のミックスです

  • I'm a mixture.

    そのため故郷である日本で マイノリティーとなるわけですが

  • And being that makes me a minority in Japan, where I am from.

    これは特に子どもにとって 大変つらい場合があります

  • And that can be very hard, especially for a child

    子どもは自分が何者か はっきり知りたいものですし

  • because you want to be able to clearly define who you are

    自分らしく振る舞えて 受け入れてもらえる場所

  • and have this safe place in the world where you can just be yourself,

    頑張り続けなくてもいい ―

  • and be accepted,

    安全な場所を求めるものだからです

  • and not have to try so hard all the time.

    この困惑した経験が 与えてくれる人生の贈り物は

  • The gift in all this confusion

    困惑に招かれた人だけが得られるもので 実はそれこそが

  • is that the confusion is actually an open invitation

    自分の居場所と感じられる時や場所を 見つけるチャンスなのです

  • for us to find a time and place where we can feel belonging.

    ある空間に自分の居場所を見出す時 支えとなる有意義な関係性とは

  • To define what are the meaningful relationships

    どんなものなのかを知り

  • that help you belong in a space,

    この かなり複雑な人生に

  • what is it that we can do

    目的や意義を与えるために 私たちには何ができるでしょう

  • to give our rather complicated lives purpose and meaning?

    「ああ ここが私の居場所だ」 と感じるための条件は

  • Sometimes, all it takes for you to feel like "Ah, I belong here"

    数人の本当に仲の良い友達で 十分だったりします

  • is a couple of really close friends,

    自分の両面を理解してくれる 親友のことですよ

  • friends that just get you, you know, both sides of you.

    追求したい使命やビジョンがあれば 大丈夫だったりもします

  • Sometimes, it's a mission or a vision you want to pursue.

    必要なのは 自分が その環境にお返ししたいと思う何か

  • It's something that you want to give back to that environment

    その場所と あなたをつなぐ何かなのです

  • that connects you to that place.

    アイデンティティーや 国籍などの概念は

  • And because concepts like identity and nationality

    実は意外と具体性に欠け 明確に決まったものではないですから

  • are actually a lot not as concrete and as definite as you would think,

    その解釈には再考の余地があります

  • there is space for reinterpretation.

    柔軟性もありますから

  • There is plasticity

    居場所を失ったように感じたとしても 自分で別の形にして取り戻せます

  • for you to recreate a sense of belonging that you could have once lost.

    つまり アイデンティティーの危機に 招かれたおかげで

  • So the invitation in this identity crisis

    どんな自分になりたいか 自分の人生をどうしたいか

  • is an invitation to choose who you want to be

    選べるようになるわけです

  • and what you want to make out of your life.

    もし皆さんの周りに 国をまたぐ子どもたちがいたら

  • So if there are any of these international children around you,

    どうか お願いですから 優しくしてあげてください

  • I ask you today, please be kind to them.

    話しぶりが賢くないというだけで

  • Just because they can't speak intelligently yet,

    頭が良くない子だと 思わないでください

  • don't assume they're not intelligent.

    勝手に決めつけたり

  • Please try not to judge them,

    固定観念を当てはめたり 個性を無視したりしないでください

  • to see them through stereotypes, to tokenize them.

    そうではなく 私に力を貸してください

  • Instead, please help me encourage them,

    彼らが くじけず 高みを目指せるよう

  • to tell them to hang in there,

    励ましてやってください

  • to aim higher.

    私と一緒に彼らを包みこみ

  • And join me in embracing these children

    子どもたちの持つ可能性を称えて

  • and celebrating the potential they have

    お互いの絆を強めていきましょう

  • and bringing us so much closer together.

    もし あなた自身が国をまたぐ子なら 私は今日 伝えたいことがあります

  • And if you are one of these children, today, oh my God, I have to tell you

    あなたは今 誰が見ても ものすごく大変なことをやっています

  • that you are doing something that's extremely hard for anyone.

    一人ぼっちでは ありません

  • You are not alone.

    助けを求めて いいんです

  • You deserve help.

    助けてほしければ 遠慮なく申し出ましょう

  • And if you want it, don't be shy to ask for it.

    世界は あなたなら見事に 切り抜けられると確信しています

  • The world is counting on you to make it through.

    ありがとうございました

  • Thank you.

    (拍手)

  • (Applause)

Transcriber: Emi Kamiya Reviewer: David DeRuwe

翻訳: Emi Kamiya 校正: Noriko Yasumoto

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 言語 文化 子ども 日本 ハグ 女の子

The Traumatizing Gift: a Global Childhood / 子供時代の海外経験は贈り物か? | Saeko Mizuta | TEDxFulbrightTokyo (The Traumatizing Gift: a Global Childhood / 子供時代の海外経験は贈り物か? | Saeko Mizuta | TEDxFulbrightTokyo)

  • 18 0
    Takaaki Inoue に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語