Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For us, life unfolds on human scales.

    私たちにとって、人生は人間の尺度で展開されます。

  • Miles...feet...inches.

    マイル...フィート...インチ

  • But beneath the surface of things is another

    しかし、物事の表面の下には、もう一つの

  • realm a billion times smaller than we are. A dimension that holds the secrets to understanding our world.

    我々の10億倍も小さい領域だ私たちの世界を理解するための秘密が隠されている次元です

  • What makes steel strong...

    鋼を強くするのは...

  • ...why ice cream is delicious...

    ...アイスクリームが美味しい理由...

  • ...what makes life possible.

    ...人生を可能にするもの

  • Secrets that help us create what we imagine.

    私たちが想像しているものを創造してくれる秘密

  • "The human creativity of chemistry. There's just nothing more beautiful than them."

    "化学の人間の創造性。There's just nothing more beautiful than them.&quot.

  • This is the realm of chemistry and these are it's greatest discoveries.

    これは化学の領域であり、これは化学の最大の発見です。

  • Ancient Greek philosophers believed there were just four elements; earth, air, fire and water.

    古代ギリシャの哲学者たちは、土、空気、火、水の4つの要素だけがあると信じていました。

  • And that air was the underlying element.

    そして、その空気が根底にあった。

  • A single substance responsible for the make up of everything in the world.

    世界のすべてのものを構成する単一の物質。

  • Centuries later Leonardo Da Vinci was among the first to suggest that instead of being

    何世紀も後にレオナルド-ダ-ヴィンチは、代わりにされていることを示唆している最初のうちの一つであった。

  • an element, air might consist of two different gases. It remained a mystery until our first great discovery.

    空気は2つの異なるガスで構成されているかもしれませんそれは最初の大発見まで 謎のままでした

  • England, the latter part of the eighteenth century, clergymen and sometimes

    イングランド、18世紀後半、聖職者、時には

  • scientist Joseph Priestley conducted a series of experiments searching for new 'airs' what today we call gases.

    科学者のジョセフ・プリーストリーは、今日では気体と呼ばれている新しい空気を探す一連の実験を行いました。

  • To find out more about what Priestley was up to, I paid a visit to

    プリーストリーが何をしようとしていたのかを知るために、私は訪問しました。

  • Arnold Thackray. President and historian at the Chemical Heritage Foundation in Philladelphia Pennsylvania.

    アーノルド・サックレイペンシルベニア州フィラデルフィアのケミカルヘリテージ財団の理事長兼歴史家。

  • "Priestley wrote and wrote and wrote on every subject that you've ever thought of.

    "Priestleyは、あなたが今までに考えたことがあるすべての主題について書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて書いて。

  • He wrote about history, he wrote about religion, he wrote about politics, he wrote..

    歴史のことを書いたり、宗教のことを書いたり、政治のことを書いたり

  • "Science?" He wrote about science endlessly and Priestley was the man who knew everything.

    "サイエンス? "彼は無限に科学について書いたとプリストリーはすべてを知っていた男だった。

  • He would tell you the practice of it, the history of it, the theory of it and he was quite literally

    彼はそれの実践や歴史、理論を教えてくれたし、彼は文字通り

  • the man who knew everything."

    すべてを知っていた男。

  • But along with everything else Priestley did this famous experiment right?

    しかし、他のすべてのものと一緒にプリーストリーは、この有名な実験をしましたか?

  • "That's exactly correct, and there are two things that go into that experiment.

    その通りで、その実験には2つのことがあります。

  • The one is Mercury. This strange substance that's simultaneously a liquid and metal.

    それは水星ですこの奇妙な物質は液体と金属を同時に持っています

  • And that's just crazy. Who ever heard of a liquid metal and so it was really puzzling.

    そして、それは正気の沙汰ではありません。誰が液体金属なんて聞いたことがあるのか、それは本当に不可解でした。

  • What is this thing? People were fascinated by it and so they wanted to explore it. Of

    これは何なんだろう?人々はそれに魅了されたので 探検したいと思ったのですそのうちの

  • course the other thing that went into it was the technology to deal with gases and here

    もちろん、他にもガスを処理する技術がありました。

  • in Priestley's experiments and observations on different kinds of air we have the technology

    我々は技術を持っている異なる種類の空気のプリーストレーの実験と観測で

  • of collecting gases over liquids. "In tubes that you can see through." Exactly, so you

    液体の上にガスを集めることの。 "In tubes that you can see through.

  • can see the gas, you can see what's happening to the gas and now you really are in business.

    はガスが見えてきて、何が起こっているのかがわかりますし、今は本当に商売になっています。

  • What Priestley does is he takes a burning glass to give it heat, a lens. He focuses it on

    プリーストレイは燃えるガラスに 熱を与えてレンズを作ります彼はそれを

  • this orange powder, the mercuric calx, he heats it, it changes into this metal mercury

    このオレンジ色の粉、メルカリックスを加熱すると、この金属水銀に変化します。

  • and a gas comes off. But Priestley doesn't really realize what it is that he's found."

    とガスが出てくる。しかし、プリーストリーは本当にそれが何であるかを実現していない彼は's found.&quot.

  • The answer would emerge in 1774 after Priestley paid a visit to Paris and shared

    答えは、プリーストレーがパリへの訪問を支払った後、1774年に現れるだろうと共有した

  • the story of his discovery with another scientist... Antoine Lavoisier. "Paris is a marvelous place

    もう一人の科学者との発見の物語...。アントワーヌ・ラヴォワジエ。

  • for Priestley to visit because Antoine Lavoisier is in Paris, talk of the town, doing the work

    アントワーヌ・ラヴォワジエがパリにいるので、プリーストリーのために訪問し、町の話をして、仕事をしています。

  • that will end up as his elementary text on chemistry. And Lavoisier who is also mucking

    化学の初歩的なテキストとして 終わるだろうラヴォワジエもまた

  • about with gases, hears what Priestley has done, is fascinated by the report of this

    ガスを使って、プリーストレーが何をしたかを聞き、この報告書に魅了されています。

  • new air, decides he'll repeat the experiment. He has lots of apparatus, better apparatus.

    新しい空気は、彼が実験を繰り返すことにしました。彼はたくさんの装置を持っていて、より良い装置を持っています。

  • He's a meticulous experimenter. And among other things he weighs things. Lavoisier, by

    彼は細心の注意を払って実験をしています。そして、他のものの中では、彼は物事を量っています。ラヴォワジエは

  • weighing says something is being emitted. He calls the thing emitted oxygen. He rewrites

    計量は何かが放出されていると言います彼は放出されたものを酸素と呼びます彼は

  • a whole script of chemistry and he creates a list of elements that we still use today;

    化学の全体のスクリプトを作成し、彼は私たちが今日も使用している要素のリストを作成します。

  • Oxygen, Hydrogen, Sulfur. You can correctly say Priestley discovered Oxygen but Lavoisier

    酸素、水素、硫黄。あなたは正しく言うことができます プリーストリーは酸素を発見したが、ラヴォワジエ

  • invented it. So with Priestley's experimental work on gases, with discovery of Oxygen,

    を発明しました。だから、酸素の発見とガスのプリーストリーの実験的な仕事と。

  • with Lavoisier's articulation of a system of language, we have the whole conceptual

    ラヴォワジエの言語システムのアーティキュレーションで、私たちは全体の概念的な

  • scheme in which Nineteenth Century academic work is built. Twentieth Century industrial

    19世紀の学問が構築されたスキーム20世紀の産業

  • innovation. We have pharmaceuticals, we have biotechnology, we have cell phones. "Plastics?"

    イノベーションがあります。私たちは医薬品を持っています、私たちはバイオテクノロジーを持っています、私たちは携帯電話を持っています。 "Plastics?

  • We have plastics. That's exactly right. And all these things begin with the discovery

    プラスチックを持っています。その通りです。そして、これらすべてのものは、発見から始まります

  • of Oxygen. That's where it starts. "That's a lot to breathe in".

    の酸素。そこから始まるんだよ "That'That's a lot to breathe in".

  • In the early Nineteenth Century a British school teacher named John Dalton was hard at work pursuing his fascination

    19世紀初頭、ジョン・ダルトンというイギリスの学校の教師は、彼の魅力を追求するために懸命に働いていました。

  • with chemistry which would lead to our next great discovery. Dalton's experiments showed

    次の大発見につながる化学の力を利用していますダルトンの実験では

  • that the known elements such as Oxygen, Hydrogen, and Carbon combined in definite and constant

    酸素、水素、炭素などの既知の元素が一定の割合で結合していること

  • proportions. From his calculations he hypothesized that the elements must be made up of smaller

    割合を計算してみました。彼はその計算から、元素はより小さな

  • invisible pieces of matter with relative and distinctive weights. He called these pieces

    相対的で独特の重さを持つ目に見えない物質のかけら。彼はこれらを

  • of matter atoms. "So, what did Dalton discover?" Dalton's great discovery was what he called

    ダルトンは何を発見したのでしょうか?

  • the 'relative weights of ultimate particles'. "Ultimate particles." That's what he called

    究極の粒子の相対的な重さ。

  • it. It's a lovely phrase. Later on when he went public it becomes atomic weights. We

    といったところでしょうか。素敵な言葉だ後に彼が公開した時には 原子の重さになっていました私たちは

  • know it as atomic weights. but it was ultimate particles. "So he used the word atoms?" He used the word atoms, the idea

    しかし、それは究極の粒子だった。

  • of an atom of course goes back to Democritus, the problem is, it's an idea. Is it any use?

    もちろん原子の話はデモクリタスにまで遡りますが、問題はそれがアイデアだということです。何の役にたつのでしょうか?

  • And Dalton was the man who made the idea useful. That was his great contribution. "From his

    そしてダルトンはそのアイデアを有用なものにした人でした。それが彼の大きな貢献でした。 "彼の

  • work, Dalton developed what came to be known as his Atomic Theory. A revolutionary new

    ダルトンは、彼の原子論として知られるようになったものを開発しました。革命的な新しい

  • system that defined the relationship between atoms and the elements. And it's an enormously

    原子と元素の関係を定義したシステムですそして、それは非常に

  • simple system and Dalton thinks very simply, very visually. Here are the elements, here

    シンプルなシステムで ダルトンは非常にシンプルに視覚的に考えていますここに要素があります

  • are the weight of the elements. Here are the complex molecules, and it's a wonderfully

    は元素の重さです。ここに複雑な分子があり、それが見事に

  • effective system. It connects the thing that chemists can do, weigh things in balances

    効果的なシステム。それは化学者ができることを繋ぎ 天秤にかけたものです

  • with the things that you can't see; the ultimate world of atoms and that's genius. How important

    目に見えないもので、原子の究極の世界、それが天才です。どれだけ重要なことか

  • was Dalton's discovery? His Atomic Theory helped generations of scientists further unravel

    ダルトンの発見は何だったのか?彼の原子論は、何世代にもわたって科学者たちの間で

  • the mysteries of the atomic and molecular world, including our next great discovery.

    原子と分子の世界の謎、次の大発見を含む

  • In the early 1800's French Chemist Joseph Gay-Lussac was conducting a series of experiments

    1800年初頭にフランスの化学者ジョセフ・ゲイ・リュサックは、一連の実験を行っていました。

  • designed to study Dalton's Atomic Theory when he observed something odd. When he combined

    ダルトンの原子論を研究するために設計されたもので、彼は奇妙なことを観察したときに彼が組み合わせたとき

  • equal volumes of different gases, and measured their reactions, the gases often produced

    異なったガスの等しい容積、およびそれらの反応を測定し、ガスは頻繁に作り出された

  • twice the volume than he expected. How was this possible? The answer was provided in

    彼が予想していたより2倍の量ですどうしてこんなことが可能だったのでしょうか?で答えが出ていました。

  • 1811 by Amedeo Avogadro; a physics professor at the University of Turin in Italy.

    1811年 アメデオ・アボガドロによって; イタリアのトリノ大学の物理学の教授。

  • While studying the results of Gay-Lussac's research, Avogadro had an insight. At the

    Gay-Lussacの研究結果を研究している間に、Avogadroは洞察を持っていた。その時

  • time, it was believed that gases were made of single atoms. Avogadro realized this

    当時、ガスは単一の原子でできていると考えられていました。アボガドロはこのことに気付きました。

  • assumption was wrong. The gases were made of multiple atoms. What came to be known as

    思い込みが間違っていましたガスは複数の原子でできていましたとして知られるようになったのは

  • molecules. The realization that atoms could be rearranged to form molecules was the breakthrough

    分子を形成することに成功しました。原子が分子を形成するために再配列されることを発見したことは、画期的なことでした。

  • that enabled scientists to move out of the chemistry dark ages and begin systematically

    科学者たちが化学暗黒時代を脱し、体系的に

  • creating new compounds.

    新しい化合物を作成します。

  • Our next great discovery occurred in the Nineteenth Century

    次の大発見は19世紀に起こった

  • when many chemists believed that organic substances from organisms or living things were somehow

    ばんせいかがくしゃが

  • different from inorganic substances from non-living things, but that was about to change.

    無機物と生物ではないものとは違うが、それは変わろうとしていた。

  • In 1828 Friedrick Wohler was working in his lab when something caught his eye.

    1828年、フリードリック・ヴォーラーは研究室で仕事をしていた時、何かが目に留まった。

  • Wohler had placed two inorganic chemicals in a beaker; Potassium Cyanate and Ammonium Sulfate.

    ヴォーラーは、シアン酸カリウムと硫酸アンモニウムという2つの無機化学物質をビーカーに入れていた。

  • Now when he looked at the beaker it contained a grams worth of small white needle shaped

    今、彼はビーカーを見たとき、それは小さな白い針の形のグラムの価値が含まれていました。

  • crystals. What made this remarkable was that Wolher thought he had seen these exact same

    結晶を見たのです何が注目すべきことかというと、ウォルファーはこれらの全く同じ結晶を見たことがあると思っていたからです

  • crystals once before, but with an important difference. Those crystals had been organic.

    前に一度、結晶がありました。しかし、重要な違いがありました。それらの結晶は有機物でした

  • He had crystalized them while studying the chemistry of various substances found in urine.

    尿に含まれる様々な物質の化学を研究しながら結晶化させていた。

  • To make sure he wasn't mistaken, Wolher analyzed the new crystals. There was no mistake.

    間違えていないことを確認するために、ウォルヘルは新しい結晶を分析した。間違いはありませんでした。

  • These crystals were the same as those he had isolated before. He had made urea, which was something

    これらの結晶は、彼が以前に分離したものと同じだった。彼は尿素を作っていた

  • that had come out of a living thing. He had made it out of inorganic substances. Later

    生物から出てきたものです無機物から作ったのです後に

  • he said in a personal letter not in the paper that he wrote about it that I have made

    彼は、私が作ったことについて書いた新聞ではなく、個人的な手紙の中で言った。

  • urea without a kidney. He knew what he had done. "Meet Roald Hoffmann, winner of the

    腎臓を持たずに尿素を摂取した。彼は自分が何をしたかを知っていました。

  • 1981 Nobel Prize in chemistry for developing a theory to explain organic chemical reactions.

    有機化学反応を説明するための理論を開発したことで1981年ノーベル化学賞を受賞。

  • So why is this discovery of artificially making urea? Why is that a great discovery?

    では、なぜ尿素を人工的に作るという発見があるのでしょうか?なぜ大発見なのか?

  • You know there comes a time when you need a discovery and it's sometimes a single one to cross a

    あなたは、あなたが発見を必要とする時が来ることを知っていると、それは時々横断するために1つのものです。

  • border, to break down a wall. This is what this discovery was. It's not that it was so

    国境の壁を壊すためにこれが今回の発見でした。というよりも、それは

  • important in and of itself but at the time that it came, the simple making of urea out

    それ自体は重要なことですが、それが来た時には、尿素の簡単な製造ができました。

  • of two inorganic chemicals. When it came, it caught people's attention. The whole story

    2つの無機化学物質のそれが来た時 人々の注目を集めました話の全体像

  • of the discovery is about the underlying basis, the building blocks of all matter, organic

    発見の根底にある基礎、すべての物質、有機物の構成要素についてです。

  • and inorganic being the same; atoms.

    と無機物は同じである;原子。

  • If these lego bricks had existed in the early part

    これらのレゴブロックが初期に存在していたとしたら

  • of the Nineteenth Century, chemists could have used them to help illustrate something they

    19世紀には、化学者たちはそれを使って何かを説明するのに使っていたかもしれません。

  • were seeing in their experiments. A phenomenon that led to our next great discovery.

    実験で見ていた現象です次の大発見につながる現象です

  • The atoms of particular elements such as Sodium and Chlorine seemed to combine with each other

    ナトリウムや塩素のような特定の元素の原子は、互いに結合しているように見えます。

  • according to fixed ratios. It was this combining power of atoms that inspired German chemist

    一定の比率に基づいて、原子を結合させる力があります。この原子の結合力こそが、ドイツの化学者である

  • August Kekule to develop a system for visualizing the chemical structure of various molecules.

    様々な分子の化学構造を可視化するシステムを開発する8月ケクレ

  • Kekule represented the atoms by their symbols, then added marks to indicate how they bonded

    Kekuleは原子を記号で表し、その記号がどのように結合しているかを示すためにマークを追加しました。

  • with each other. Like links in a chain. It was a simple yet elegant formula. Chemists

    お互いに 鎖のリンクのように それはシンプルでありながら エレガントな公式でした化学者たちは

  • now had a device for clearly illustrating the chemical structures of the molecules they

    は、分子の化学構造を明確に示す装置を持っていました。

  • were studying. There was just one problem. Benzene was the only known chemical that would

    が勉強していました。ただ一つ問題がありましたベンゼンは唯一知られている化学物質でした

  • not fit Kekule's formula. Benzene's chain of Carbon and Hydrogen atoms required more

    ケクレの式には合わなかった。ベンゼンの炭素原子と水素原子の連鎖には、より多くの

  • combining power than the formula would allow.

    式が許す以上の結合力を持っています。

  • "And all these organic chemistry professors are puzzling about it and offering different explanations.

    そして、すべてのこれらの有機化学の教授はそれについて困惑し、異なる説明を提供しています。

  • And one of them; August Kekule sitting by the fire one evening falls asleep and starts to dream about a snake.

    そのうちの一人、アウグスト・ケクレは、ある晩、火のそばに座っていると、眠りに落ち、蛇の夢を見始めた。

  • And if you think about a snake, what Kekule dreams of is the snake catches it's own tail.

    そして、蛇のことを考えれば、ケクレが夢見るのは、蛇が自分の尻尾を捕まえることです。

  • And if you think about this, maybe the thing is a ring and that gives you an answer to the puzzle.

    そう考えると、もしかしたら、その物は指輪であり、それがパズルの答えを与えてくれるのかもしれません。

  • "The six Carbon atoms of the Benzene molecule weren't linked in a chain.

    ベンゼン分子の6つの炭素原子は鎖状につながっていませんでした。

  • Like the snake, they formed a ring. Each with a Hydrogen atom attached, with alternating

    ヘビのように、リングを形成していました。それぞれに水素原子がくっついていて、交互に

  • single and double bonds. Within a short time Kekule's insight was confirmed and its effect

    単結合と二重結合。短時間のうちに、Kekuleの洞察は確認され、その効果は

  • was revolutionary. Chemists knew that all organic substances contained one or more carbon

    は革命的でした。化学者はすべての有機物質が 1つ以上の炭素を含むことを知っていました

  • atoms and their molecules. With Kelkule's discovery they now had the underlying formula

    原子とその分子。ケルクレの発見によって、彼らは今、基礎となる公式を持っていました。

  • to explain how carbon combined with other molecules

    炭素が他の分子と結合する仕組みを説明するために

  • to form a world of chemical compounds. The modern era of organic chemistry was born.

    化合物の世界を形成するために有機化学の現代が誕生しました。

  • Now with this thing being so simple, that is to say the snake bites its tail.

    今、これはとても単純なことで、蛇が尻尾を噛むということです。

  • Why is this considered a great discovery? --Here's a recipe for new drugs, new medicines,

    なぜこれが大発見とされているのか?--これが新薬、新薬のレシピです。

  • new understanding. If you go back in time in Dalton's day couple of hundred compounds.

    新しい理解。ダルトンの時代にタイムスリップすると、数百の化合物が出てきます。

  • Soon it's a couple of thousand, soon it's 10,000. Astonishing. Soon it's a hundred thousand.

    すぐに数千人、1万人になってしまう驚くべきことです。すぐに10万になる。

  • Last year 15 million new compounds were registered, all built on this simple template.

    昨年は1,500万の新しい化合物が登録され、すべてこのシンプルなテンプレートに基づいて作られています。

  • This is a work of genius.

    これは天才的な作品です。

  • In 1869, a Russian chemistry professor named Dmitri Mendeleev was writing

    1869年、ドミトリー・メンデレーエフというロシアの化学教授が書いていました。

  • a text book for his students, when he began to wonder how we could best explain to them

    生徒のための教科書を作っていた時、どうやって説明すればいいのかと考え始めたそうです。

  • the 63 elements that were known at the time. To help formulate his thoughts

    当時知られていた63の元素の中から彼の考えを定式化するために

  • he constructed a card for each element. On each card he wrote the name of the element,

    彼は各要素のカードを作りましたそれぞれのカードに要素の名前を書きました

  • its atomic weight, it's typical properties, and its similarities to other elements.

    その原子量、代表的な性質、他の元素との類似性などを紹介しています。

  • He then laid the cards out like a game of solitaire and began arranging them over and over, searching for patterns.

    そして、ソリティアゲームのようにカードを並べ、何度も何度も並べてパターンを探し始めた。

  • Then came the moment of discovery.

    そして、発見の瞬間が訪れた。

  • Before him was something extraordinary. The elements fell into 7 vertical groupings.

    彼の前には何か特別なものがありました。要素は7つの垂直方向のグループに落ちました。

  • Each periodic grouping had members that resembled one another,

    それぞれの周期グループには、互いに似たメンバーがいました。

  • both chemically and physically. Mendeleev had discovered the periodic table of the elements,

    化学的にも物理的にもメンデレーエフは元素の周期表を発見していました

  • a map showing how all of the elements related to one another.

    すべての要素がどのように関連しているかを示すマップ。

  • A map so precise that Mendeleev believed he could also use it to predict the

    メンデレーフはそれを使って 予測することができると信じていました

  • existence and properties of three elements no one had yet discovered.

    まだ誰も発見していなかった3つの要素の存在と性質。

  • One would be like Boron he said. One like Aluminum, and one like Silicon.

    一つはホウ素のようなものだと彼は言った。一つはアルミニウムのようなもの、もう一つはシリコンのようなもの。

  • Eventually the elements were discovered and Mendeleev was proven right.

    やがて元素が発見され、メンデレフの正しさが証明された。

  • There was actually a little bit of controversy because a German chemist and Lothar Meyer

    ドイツの化学者であるLothar Meyer氏との間では、実際にはちょっとした論争がありました。

  • had come up with roughly the same idea but Meyer didn't quite have as much courage. So

    は大体同じようなアイデアを思いついたが、マイヤーはかなりの勇気を持っていなかった。だから

  • that's actually an interesting thing.

    それは実は面白いことなんです。

  • Here's this German who comes up with the same idea of periodicity

    ここに、周期性についての同じ考えを思いつくドイツ人がいます。

  • of which there were hints already before, but he doesn't make the predictions

    その中にはすでにヒントがあったが、彼は予測をしない。

  • that Mendeleev does. So here we see the power of a risky prediction in

    メンデレーフがすることそこで、ここではリスキーな予測の力を

  • having people except a theory. There is nothing more powerful

    理論以外に人を持つことこれ以上強力なものはない

  • than making a prediction that's not obvious. --And then have it come true."

    予測を立てるよりも明らかではありません。--そして、それが現実になることを持っています。

  • And have it come true. The periodic table is our icon. I mean that

    そして、それを実現させてください。周期表は私たちのアイコンです私はそれを意味します

  • it's what we associate with chemistry. You go into any chemistry room and you see it.

    それは、私たちが化学から連想するものです。どんな化学の部屋に行っても それを目にします

  • Why is the periodic table of elements significant? it forever changed the way that everyone would

    なぜ元素の周期表は重要なのでしょうか? それは、人々の生活を永遠に変えました。

  • learn and understand the elements.

    要素を学び、理解する。

  • The periodic table of elements is to chemistry as notes of music are to a Beethoven sonata.

    元素の周期表は、音楽の音符がベートーベンのソナタの音符であるように、化学にとって重要なものです。

  • In honor of Mendeleev, his name is now literally

    メンデレーエフに敬意を表して、彼の名前は現在、文字通り

  • attached to the periodic table. The element 101 was named after him. It's called Mendelevium.

    周期律表に付属している元素101は彼にちなんで名付けられましたメンデレビウムと呼ばれています

  • It's not only chemists who like the periodic table, I hear you carry one around.

    周期表が好きなのは化学者だけではありません。

  • --I do carry one, yes sir. --Show me!

    --携帯しています--見せてみろ!

  • --You never know. And I seem to use it a lot." --Let's see.

    --どうかなそして、私はそれをたくさん使っているようです。

  • --It's a small one. --So I'm going to give you a test. Um what is under Nitrogen on the periodic table?

    --小さなものだよ--テストをしてみましょう周期表の窒素の下にあるのは?

  • --Nitrogen is 7. --Yes.

    --窒素は7 --そうだな

  • --Well I have to think a second. "Sulfur."

    --まあ、私は第二に考えなければならない。

  • --No you're wrong. Close, you're one off. --That's why I carry it.

    --いや 君は間違ってる危ない、君は一人違いだ。 --だから持ってるんだ

  • --It's Phosphorus. --Oh Phosphorous, Phosphorus. 15.

    --リンだ --ああ リンだよ リン15.

  • --Phosphorus is 15? -- Yeah, you have to add 8 at that point.

    --リンは15か?

  • See that's why I carry it. I can't remember. So it's

    それが私が持っている理由です。思い出せないだから、それは

  • seven plus 8. 15, Phosphorus. Okay. There's there's a pattern there. I get it now.

    7プラス815、リンだそうかそこにパターンがあるんだ。これで分かったわ

  • At the turn of the 19th century, electricity was all the rage.

    19世紀の変わり目には、電気が大流行していました。

  • people were busy making batteries and connecting them to just about

    人々は電池を作り、それを繋ぐことに忙しくしていました。

  • anything to see the reaction. Electricity was like a new kind of fire.

    反応を見るために何でもします電気は新種の火事のようなものだった。

  • One of the great battery junkies of the day was Humphry Davy, the self taught English chemist.

    当時の偉大なバッテリージャンキーの一人が、独学で英語の化学者をしていたハンフリー・ダヴィだった。

  • In 1807 Davey was performing a battery experiment in his lab.

    1807年、デイビーは研究室で電池の実験をしていた。

  • He melted some potash; a mineral found in the ground,

    彼はカリを溶かしたんだ 地中で発見された鉱物だ

  • that also forms in the ashes of wood. Chemists had speculated that potash was a compound

    木の灰の中でも形成されます化学者はカリは化合物であると 推測していました

  • of several elements, but had not been able to prove it. Davy wanted

    いくつかの要素があるが、それを証明することができなかった。ダヴィは

  • to see if electricity might provide the answer.

    電気が答えを提供するかもしれないかどうかを確認します。

  • He ran some wires from one of his biggest batteries to the melted potash.

    彼の最大のバッテリーから溶けたポタシュにワイヤーを走らせた。

  • Pure Potassium began to emerge. Davy had discovered the power of electricity to react with chemicals and transform them.

    純粋なカリウムが出現し始めた。ダヴィは化学物質に反応して変化させる電気の力を発見していた。

  • Eventually electrochemistry led to the rise of the

    最終的には電気化学がきっかけとなって

  • aluminum industry, the production of semiconductors, solar panels, LED displays, even rechargeable lithium batteries.

    アルミニウム産業、半導体、ソーラーパネル、LEDディスプレイ、さらには充電式リチウム電池の生産。

  • In the 1850s Robert Bunsen and his research collaborator Gustav Kirchhoff

    1850年代には、ロバート・ブンセンと彼の研究協力者であるグスタフ・キルヒホフが

  • conducted a series of experiments to determine why substances

    物質がなぜ

  • emitted specific colors when placed in a flame. The color they determined, indicates what

    炎の中に置くと特定の色を発します彼らが決定した色は、何を示しているのか

  • elements are present in the substance. For example, if Sodium is

    の元素が存在していることを示しています。例えば、ナトリウムが

  • placed in a flame, they observe shades of yellow.

    炎の中に置かれ、彼らは黄色の陰影を観察します。

  • Copper, shades of green. Strontium, shades of red.

    銅、緑の色合い。ストロンチウム、赤の色合い。

  • That was a good one.

    それはそれで良かったですね。

  • While watching the experiments Kirchoff was reminded of how a prism spreads light into a rainbow of colors.

    実験を見ながら、キルチョフはプリズムがいかに光を虹色に広げるかを思い知らされた。

  • So, using a prism and the pieces of a small telescope Bunsen and Kirchoff built the first spectroscope,

    だから、プリズムと小さな望遠鏡BunsenとKirchoffの部分を使用して、最初の分光器を構築しました。

  • an analytical device they hoped would help them see the spectra

    スペクトルを見るのに役立つと期待されていた分析装置を開発しました。

  • coming from heated substances. And it worked. As an element

    加熱された物質から出てくるそしてそれが功を奏しました要素として

  • was put into the flame of a bunsen burner, the light from the heated substance passed

    文泉バーナーの炎の中に入れると、熱した物質からの光が

  • through the prism of the spectroscope where it then spread into a

    に広がった分光器のプリズムを通って

  • ribbon-like spectrum of colors, riddled with dark lines. The combinations

    リボンのような色のスペクトル、暗い線が多い。組み合わせ

  • of bright colors and dark lines were like barcodes, indicating what atoms were present.

    鮮やかな色と暗い線はバーコードのようなもので、どのような原子が存在するかを示していました。

  • When burned, each element produced a completely unique spectrum.

    燃やすと、各元素は完全にユニークなスペクトルを生み出します。

  • Using their spectroscope, Bunsen and Kirchoff were able to discover two new elements; Cesium and Rubidium.

    ブンゼンとキルチョフは分光器を使って、セシウムとルビジウムという2つの新しい元素を発見することができました。

  • One day Bunsen and Kirchoff decided to test their invention with sunlight.

    ある日、ブンゼンとキルチョフは、太陽光を使って自分たちの発明品をテストすることにした。

  • It produced a spectrum that featured two lines that were identical to those in the spectrum

    それは、スペクトルの中にあるものと同一の2つのラインを特徴とするスペクトルを生成しました。

  • produced by sodium. Bunsen and Kirchoff had discovered the presence

    ナトリウムによって生成される。ブンゼンとキルチョフはその存在を発見しました

  • of sodium in the sun 93 million miles away.

    9300万マイル離れた太陽のナトリウムの

  • Suddenly scientists had a tool to help them study the chemistry of the heavens.

    突然、科学者たちは天の化学を研究するためのツールを手に入れた。

  • [Lift off. We have lift off.]

    (誠人の声) 撤収します 撤収しました

  • Today the legacy of this great discovery lives on in the exploration of space.

    今日、この大発見の遺産は、宇宙開発の中で生き続けています。

  • A form of spectroscopy is being used to study the

    一形態の分光法を用いて

  • atmospheres of planets, to search for signs of water. Signs of life.

    惑星の大気、水の痕跡を探すために生命の兆し。

  • Our next great discovery is the story of Joseph Thomson and the electron.

    次の大発見は、ジョセフ・トムソンと電子の物語です。

  • ["Here we are."] --So everything that we can see is made of chemicals.

    ["Here we are."] -So-So that we can see that everything is made of chemicals.

  • --That's right --What's the future?"

    --それは正しい --何が未来なのか?