Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The A to Z of isms... individualism.

    イズムのA to Z...個人主義。

  • If someone called you an individualist, would you be flattered or insulted?

    もし誰かに個人主義者と呼ばれたら、お世辞や侮辱されますか?

  • An individualist might be a rugged John Wayne, a pioneer like Amy Johnson, a creative innovator like Kate Bush, or an entrepreneur like Richard Branson.

    個人主義者とは、無骨なジョン・ウェイン、エイミー・ジョンソンのような先駆者、ケイト・ブッシュのような創造的イノベーター、リチャード・ブランソンのような起業家のことかもしれません。

  • People we admire for refusing to follow the crowd, for being true to themselves.

    群衆に従うことを拒み、自分自身に忠実であることを称賛する人々。

  • But individualism is also often said to be the source of Western civilization's degeneracy, accused of leading to selfishness, shallow consumerism, the breakdown of society.

    しかし、個人主義はまた、しばしば西洋文明の退化の源であると言われ、利己主義、浅はかな消費主義、社会の崩壊につながると非難されています。

  • Individualism is a double-edged sword.

    個人主義は諸刃の剣。

  • Many believe its Western roots go right back to early Christianity.

    西洋のルーツは初期のキリスト教にまで遡ると多くの人が信じています。

  • Jesus taught that salvation did not depend on what tribe you belong to, but on how you chose to live your life.

    イエスは、救いはどの部族に属するかではなく、自分の人生をどのように生きるかによって決まると教えました。

  • God had a one-to-one relationship with people, not to groups.

    神は集団ではなく、人と一対一の関係を持っておられました。

  • The 16th Century Protestant Reformation took this further, taking away the need for priests to act as intermediaries between God and ordinary people.

    16世紀のプロテスタント宗教改革では、これをさらに進めて、神と普通の人との間の仲介役としての司祭の必要性を取り除いた。

  • This sowed the seeds for the flowering of the modern individual in the 18th Century Enlightenment.

    これは、18世紀の啓蒙期に現代の個人が開花するための種を蒔いたものである。

  • The Prussian philosopher Kant summed up its key message in the Latin phrase "sapere aude"— dare to know, to think for yourself.

    プロイセンの哲学者カントは、その重要なメッセージをラテン語のフレーズ "sapere aude "にまとめました。

  • Personal autonomy became the central value of Western society.

    個人の自律性は、西洋社会の中心的な価値観となった。

  • We see this in the principles of one person, one vote; civil liberties; and equal rights for all.

    私たちは、一人一票の原則、市民的自由、そしてすべての人に平等な権利を見ています。

  • But this in many ways welcome development has gone hand in hand with the decline of community.

    しかし、これは多くの意味で歓迎すべき発展であり、コミュニティの衰退と手を携えて行ってきました。

  • The growth of independence and autonomy leads to a decline in interdependence and solidarity.

    自立と自律の成長は、相互依存と連帯の低下を招く。

  • In other cultures these communal values have traditionally taken precedence.

    他の文化では、これらの共同体の価値観が伝統的に優先されてきた。

  • Across East Asia, who you are cannot be separated from the groups you belong to.

    東アジアを横断して、自分が誰であるかは、所属するグループと切り離すことはできません。

  • That does not mean you lose your identity in the crowd, you find your identity in it: as a parent, a child, a ruler, a teacher, an apprentice.

    それは、群衆の中で自分のアイデンティティを失うという意味ではなく、親として、子供として、支配者として、教師として、見習いとして、その中に自分のアイデンティティを見出すということです。

  • When we can all be different and yet all come together, we have harmony, the highest value in Confucian philosophy.

    異なっていても皆が一緒になれば、儒教哲学の最高の価値である「和」が生まれる。

  • Across the world individualism is lamented when it turns us into atomized units, cut off from each other, showing little or no interest in our fellow citizens.

    世界中で個人主義が嘆かれているのは、私たちが互いに切り離された原子化された単位になってしまい、仲間の市民にほとんど、あるいは全く関心を示さなくなってしまうことです。

  • But if you can be yourself, while also being part of society, contributing to it, your individualism will be praised and celebrated.

    しかし、自分自身でありながら、社会の一員であり、社会に貢献することができれば、その個人主義は賞賛され、称賛されるでしょう。

The A to Z of isms... individualism.

イズムのA to Z...個人主義。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 主義 個人 社会 自律 アイデンティティ 哲学

個人主義:それは良いことなのか?| 個人主義:良いことなのか?

  • 10147 433
    Seraya に公開 2020 年 04 月 23 日
動画の中の単語