Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • BOOK SEVENTH. CHAPTER I.

    BOOK SEVENTH。 CHAPTER I.

  • THE DANGER OF CONFIDING ONE'S SECRET TO A GOAT.

    ヤギに使用して秘密を忌憚の危険性があります。

  • Many weeks had elapsed. The first of March had arrived.

    何週間が経過していた。月の最初の到着していた。

  • The sun, which Dubartas, that classic ancestor of periphrase, had not yet dubbed

    Dubartas、冗漫に話すのクラシックな祖先が、まだ呼ばれていなかった太陽、

  • the "Grand-duke of Candles," was none the less radiant and joyous on that account.

    "キャンドルのグラン公爵、"そのアカウントにはあまり晴れやかand楽しいどれもなかった。

  • It was one of those spring days which possesses so much sweetness and beauty,

    それは、そんなに甘さと美しさを持っているそれらの春の日の一つだった

  • that all Paris turns out into the squares and promenades and celebrates them as

    すべてのパリは、広場や遊歩道に判明し、それらを迎えることに

  • though they were Sundays.

    彼らは日曜日れたか。

  • In those days of brilliancy, warmth, and serenity, there is a certain hour above all

    輝き、暖かさ、そして静けさの当時では、すべて上記の一定の時間がある

  • others, when the facade of Notre-Dame should be admired.

    ノートルダム大聖堂のファサードは賞賛されるべき他、。

  • It is the moment when the sun, already declining towards the west, looks the

    それは太陽が、既に西に向かって減少し、見える​​瞬間です。

  • cathedral almost full in the face.

    顔のほぼ完全な大聖堂。

  • Its rays, growing more and more horizontal, withdraw slowly from the pavement of the

    その光線は、より多くの水平方向の成長、の舗装から徐々に撤退

  • square, and mount up the perpendicular facade, whose thousand bosses in high

    その千ボス高で、正方形、および垂直のファサードをマウントします。

  • relief they cause to start out from the

    彼らはから開始させる救済

  • shadows, while the great central rose window flames like the eye of a cyclops,

    影、偉大な中央のサイクロプスの目のようにウィンドウの炎をバラしながら、

  • inflamed with the reflections of the forge. This was the hour.

    鍛冶屋の反射と炎症。これは時間であった。

  • Opposite the lofty cathedral, reddened by the setting sun, on the stone balcony built

    高尚な大聖堂の向かいに、構築された石のバルコニーに、夕日で赤くなった

  • above the porch of a rich Gothic house, which formed the angle of the square and

    正方形の角を形成した豊富なゴシック様式の家、のポーチ上記と

  • the Rue du Parvis, several young girls were

    いくつかの若い女の子がいたリュデュパルビス、

  • laughing and chatting with every sort of grace and mirth.

    笑って恵みと笑いのすべての並べ替えとチャット。

  • From the length of the veil which fell from their pointed coif, twined with pearls, to

    彼らの先のとがった頭巾をかぶせるから落ちたベールの長さから、に、真珠と絡まった

  • their heels, from the fineness of the embroidered chemisette which covered their

    彼らを対象と刺繍chemisetteの細かさから彼らのかかと、

  • shoulders and allowed a glimpse, according

    肩や許可されて垣間見ること、したがっ

  • to the pleasing custom of the time, of the swell of their fair virgin bosoms, from the

    から、その公正なバージンbosomsのうねりの時間の心地よカスタム、、へ

  • opulence of their under-petticoats still more precious than their overdress

    彼らの厚着をするよりも、より多くの貴重な彼らの下で、ペティコートの華やかさ

  • (marvellous refinement), from the gauze,

    (素晴らしい改良)、ガーゼから、

  • the silk, the velvet, with which all this was composed, and, above all, from the

    このすべてが作曲、そして、上記のすべて、から使用されたシルク、ベルベット、

  • whiteness of their hands, which certified to their leisure and idleness, it was easy

    彼らの余暇と怠惰に認定手の白さは、それが簡単だった

  • to divine they were noble and wealthy heiresses.

    神のために、攻撃者は、高貴で裕福なheiressesでした。

  • They were, in fact, Damoiselle Fleur-de-Lys de Gondelaurier and her companions, Diane

    彼らは、実際には、DamoiselleアヤメデGondelaurierと彼女の仲間、ダイアンいた

  • de Christeuil, Amelotte de Montmichel, Colombe de Gaillefontaine, and the little

    デChristeuil、AmelotteデMontmichel、コロンブデGaillefontaine、と少し

  • de Champchevrier maiden; all damsels of

    デChampchevrier乙女、のすべてのdamsels

  • good birth, assembled at that moment at the house of the dame widow de Gondelaurier, on

    で、貴婦人未亡人デGondelaurierの家で、その瞬間に組み立て良い出産、

  • account of Monseigneur de Beaujeu and Madame his wife, who were to come to Paris

    パリに来ていた僧正デBeaujeu、マダム彼の妻、のアカウント

  • in the month of April, there to choose

    4月中には、そこを選択する

  • maids of honor for the Dauphiness Marguerite, who was to be received in

    で受信されることになっていた王太子妃マルグリットの名誉の女中、

  • Picardy from the hands of the Flemings.

    フレミングの手からピカルディ。

  • Now, all the squires for twenty leagues around were intriguing for this favor for

    今二十リーグのすべての従者は、周りのためにこの好意のために興味深いだった

  • their daughters, and a goodly number of the latter had been already brought or sent to

    彼らの娘、そして後者のかなりの数は、既に持っまたはに送信されていた

  • Paris.

    パリ。

  • These four maidens had been confided to the discreet and venerable charge of Madame

    これらの4つの乙女は、マダムの控えめな、由緒ある電荷に打ち明けていた

  • Aloise de Gondelaurier, widow of a former commander of the king's cross-bowmen, who

    AloiseデGondelaurier、王のクロスbowmenの元司令官の未亡人、誰が

  • had retired with her only daughter to her

    彼女に彼女の唯一の娘でリタイアしていた

  • house in the Place du Parvis, Notre-Dame, in Paris.

    テルトルパルビス、パリのノートルダム寺院、の家。

  • The balcony on which these young girls stood opened from a chamber richly

    これらの若い女の子が立っているバルコニーは、豊かなチャンバーからオープン

  • tapestried in fawn-colored Flanders leather, stamped with golden foliage.

    黄金の葉でスタンプ、淡黄褐色のフランダース革でタペストリーを掛けた。

  • The beams, which cut the ceiling in parallel lines, diverted the eye with a

    平行線の天井をカットビームは、、と目を流用

  • thousand eccentric painted and gilded carvings.

    千偏心塗装と金色の彫刻。

  • Splendid enamels gleamed here and there on carved chests; a boar's head in faience

    華麗なエナメルが刻まれた胸に、あちこちgleamed、ファイアンス陶器のイノシシの頭

  • crowned a magnificent dresser, whose two shelves announced that the mistress of the

    その2つの棚の愛人と発表した壮大なドレッサーを、戴冠

  • house was the wife or widow of a knight banneret.

    家は旗騎士の妻や未亡人だった。

  • At the end of the room, by the side of a lofty chimney blazoned with arms from top

    部屋の最後に、上から腕でblazoned高尚な煙突側の

  • to bottom, in a rich red velvet arm-chair, sat Dame de Gondelaurier, whose five and

    底に、豊かな赤いベルベットのアームチェアーで、その5とルダムGondelaurierは、座っ

  • fifty years were written upon her garments no less distinctly than upon her face.

    fifty年は彼女の顔にはあまりはっきりとより彼女の衣服によって書かれなかった。

  • Beside her stood a young man of imposing mien, although partaking somewhat of vanity

    虚栄心の多少参加などが彼女の横にある振る舞いを課すの若い男は、立っていた

  • and bravado--one of those handsome fellows whom all women agree to admire, although

    と虚勢 - すべての女性が賞賛することに同意それらのハンサムな仲間のひとつ、ものの

  • grave men learned in physiognomy shrug their shoulders at them.

    墓の男性が彼らに人相のすくめて肩で学びました。

  • This young man wore the garb of a captain of the king's unattached archers, which

    この若者は、王のアタッチされていない射手の船長の服装を身に着けていた、その

  • bears far too much resemblance to the costume of Jupiter, which the reader has

    リーダーが持っている木星の衣装にあまりにも多くの類似点は

  • already been enabled to admire in the first

    すでに最初に賞賛することが有効になって

  • book of this history, for us to inflict upon him a second description.

    この歴史の本は、私たちのために彼に第二の説明を与えるために。

  • The damoiselles were seated, a part in the chamber, a part in the balcony, some on

    damoisellesが装着され、チャンバー内の部分、バルコニーに参加、一部の

  • square cushions of Utrecht velvet with golden corners, others on stools of oak

    黄金の角を持つユトレヒトのビロードの正方形のクッション、オークの便の他の人

  • carved in flowers and figures.

    花と図に刻まれた。

  • Each of them held on her knee a section of a great needlework tapestry, on which they

    それらのそれぞれは、彼女の膝に大きな刺繍のタペストリーの一部を開催している人

  • were working in company, while one end of it lay upon the rush mat which covered the

    それの一端がカバーラッシュマットによってレイアウトしながら、会社で働いていました

  • floor.

    床。

  • They were chatting together in that whispering tone and with the half-stifled

    彼らは、ささやくような口調で、ハーフ押し殺したと一緒にチャットしていた

  • laughs peculiar to an assembly of young girls in whose midst there is a young man.

    その真っ只中の若い男性がいるの若い女の子の​​アセンブリに特有笑う。

  • The young man whose presence served to set in play all these feminine self-conceits,

    その存在がすべてのこれらの女性の自己conceitsを再生に設定されているに提供若者、

  • appeared to pay very little heed to the matter, and, while these pretty damsels

    非常に小さな問題に留意支払うように見えたし、これらのかなりdamselsながら、

  • were vying with one another to attract his

    彼を引き付けるために我も我もいた

  • attention, he seemed to be chiefly absorbed in polishing the buckle of his sword belt

    注意、彼は主に彼の剣のベルトのバックルを研磨中に吸収されるように見えた

  • with his doeskin glove.

    彼のドースキン手袋した。

  • From time to time, the old lady addressed him in a very low tone, and he replied as

    時々、老婦人は非常に低いトーンで彼を取り上げ、そして彼はとして答えた

  • well as he was able, with a sort of awkward and constrained politeness.

    彼は不便で制約のある礼儀の一種で、できたも。

  • From the smiles and significant gestures of Dame Aloise, from the glances which she

    彼女の視線からルダムAloiseの笑顔と大幅なジェスチャー、より

  • threw towards her daughter, Fleur-de-Lys, as she spoke low to the captain, it was

    彼女は船長に低いスポークとして、彼女の娘、アヤメに向かって投げた、それだった

  • easy to see that there was here a question

    質問はここにあったことを見るのは簡単

  • of some betrothal concluded, some marriage near at hand no doubt, between the young

    いくつかの結納の若者の間で、、すぐ手の届く所にある結婚疑いを締結

  • man and Fleur-de-Lys.

    人間とアヤメ。

  • From the embarrassed coldness of the officer, it was easy to see that on his

    役員の恥ずかし冷たさから、それは彼の上のものと見て簡単だった

  • side, at least, love had no longer any part in the matter.

    側は、少なくとも、愛はもはや問題でどの部分がなかった。

  • His whole air was expressive of constraint and weariness, which our lieutenants of the

    彼の全体の空気は、制約と疲れの表情豊かで、そのうち私たちの副官

  • garrison would to-day translate admirably as, "What a beastly bore!"

    駐屯地は、対日"何がひどいボア!"、見事as翻訳だ

  • The poor dame, very much infatuated with her daughter, like any other silly mother,

    非常に多く、他の愚かな母親のように、彼女の娘に夢中に貧しい貴婦人、、

  • did not perceive the officer's lack of enthusiasm, and strove in low tones to call

    熱意の役員の欠如を認識し、呼び出すために低いトーンでstriveの過去形はなかった

  • his attention to the infinite grace with

    無限の恵みへの彼の注意を払って

  • which Fleur-de-Lys used her needle or wound her skein.

    どのアヤメは彼女の針を使用または彼女のかせ巻き。

  • "Come, little cousin," she said to him, plucking him by the sleeve, in order to

    "、小さないとこが来て、"彼女な目的のためには、スリーブによって彼を摘採、彼に言った

  • speak in his ear, "Look at her, do! see her stoop."

    そう、彼女を見て"、彼の耳で話す!彼女猫背を参照してください。"

  • "Yes, truly," replied the young man, and fell back into his glacial and absent-

    "はい、本当に、"若者を答えた、彼の氷河、存在しない、に戻って落ちた

  • minded silence. A moment later, he was obliged to bend down

    心沈黙。一瞬後、彼は下に曲げることが義務付けられて

  • again, and Dame Aloise said to him,--

    再び、そしてノートルダムAloiseは、彼に言った -

  • "Have you ever beheld a more gay and charming face than that of your betrothed?

    "あなたは今までに、婚約者のそれよりも同性愛者と魅力的な顔をbeholdの過去過去分詞がありますか?

  • Can one be more white and blonde? are not her hands perfect? and that neck--does it

    一つ以上の白とブロンドになることができますか?彼女の手は完璧ではない?その首は - それを行います

  • not assume all the curves of the swan in ravishing fashion?

    ファッションの魅惑的な白鳥のすべてのカーブを負うものでは?

  • How I envy you at times! and how happy you are to be a man, naughty libertine that you

    どのように私はいつでもあなたをうらやましい!そしてあなたという人、いたずら放蕩する方法を幸せに

  • are!

    です!

  • Is not my Fleur-de-Lys adorably beautiful, and are you not desperately in love with

    私のアヤメは、ほれぼれするほど美しいものではなく、恋に必死にyouはありません

  • her?" "Of course," he replied, still thinking of

    彼女の?""もちろん、"彼はまだ考え、答えた

  • something else.

    何か他のもの。

  • "But do say something," said Madame Aloise, suddenly giving his shoulder a push; "you

    "しかし、何かを言うか、"マダムAloiseは突然彼の肩プッシュを与え、言った、"あなたは、

  • have grown very timid."

    非常に臆病な成長している。"

  • We can assure our readers that timidity was neither the captain's virtue nor his

    我々は臆病が船長の美徳もでもないという我々の読者を確保することができます彼の

  • defect. But he made an effort to do what was

    欠陥。しかし、彼は何であったかを行うために努力をして

  • demanded of him.

    彼の要求した。

  • "Fair cousin," he said, approaching Fleur- de-Lys, "what is the subject of this

    "フェアいとこは、"彼は何がこれの対象となっている"、アヤメに近づいて、言った

  • tapestry work which you are fashioning?"

    あなたがfashioning areタペストリーの作品?"

  • "Fair cousin," responded Fleur-de-Lys, in an offended tone, "I have already told you

    "フェアいとこ、"怒った口調で、アヤメが答えた、"私はすでにユーザに通知しなけれ

  • three times. 'Tis the grotto of Neptune."

    三回。 "ネプチューンの洞窟は、TIS。"

  • It was evident that Fleur-de-Lys saw much more clearly than her mother through the

    それは、アヤメが通過はるかに明確に彼女の母親よりも見たことが明らかになった

  • captain's cold and absent-minded manner. He felt the necessity of making some

    船長の寒さとぼんやり方法。彼はいくつかを作る必要性を感じた

  • conversation.

    会話。

  • "And for whom is this Neptunerie destined?" "For the Abbey of Saint-Antoine des

    "そして、誰のためのこのNeptunerieは運命ですか?""サンアントワーヌデの修道院For

  • Champs," answered Fleur-de-Lys, without raising her eyes.

    シャンゼリゼは、"彼女の目を高めることなく、アヤメと答えた。

  • The captain took up a corner of the tapestry.

    船長は、タペストリーの隅を取り上げた。

  • "Who, my fair cousin, is this big gendarme, who is puffing out his cheeks to their full

    "誰が、私の公正ないとこは、彼らの完全に彼の頬をたばこを吸​​うているこの大きな憲兵、です。

  • extent and blowing a trumpet?"

    程度とトランペットを吹く?"

  • "'Tis Triton," she replied. There was a rather pettish intonation in

    ""あわトリトンは、"彼女は答えた。ではなく、不機嫌なイントネーションがあった

  • Fleur-de-Lys's--laconic words.

    フルールドLys's - 簡潔な言葉。

  • The young man understood that it was indispensable that he should whisper

    若い男は、それは彼がささやく必要が不可欠であることを理解さ

  • something in her ear, a commonplace, a gallant compliment, no matter what.

    彼女の耳に何か、平凡な、勇敢な賛辞、関係なく。

  • Accordingly he bent down, but he could find nothing in his imagination more tender and

    従って彼はかがめ、彼はより多くの入札と、彼の想像力には何も見つけることができなかった

  • personal than this,--

    、これよりも個人的な -

  • "Why does your mother always wear that surcoat with armorial designs, like our

    "なぜ、あなたのお母さんは常に私たちの好きな、紋章のデザインでそのサーコートを着用していない

  • grandmothers of the time of Charles VII.?

    シャルル7世の時間の祖母。?

  • Tell her, fair cousin, that 'tis no longer the fashion, and that the hinge (gond) and

    、公正な"もはやファッションあわないいとこ、、、それを彼女に言うヒンジ(ゴンド)と

  • the laurel (laurier) embroidered on her robe give her the air of a walking

    彼女のローブに刺繍月桂樹(ローリエ)は彼女に歩行の空気を与える

  • mantlepiece.

    mantlepiece。

  • In truth, people no longer sit thus on their banners, I assure you."

    真実では、人々はもはや彼らのバナーをこのように座って、私はあなたを保証しません。"

  • Fleur-de-Lys raised her beautiful eyes, full of reproach, "Is that all of which you

    アヤメが非難の完全な、彼女の美しい目を上げ、"すべてのことはあります

  • can assure me?" she said, in a low voice.

    私を保証することができますか?"彼女は低い声で、言った。

  • In the meantime, Dame Aloise, delighted to see them thus bending towards each other

    その間に、ノートルダムAloiseは、それらがこのように互いに向かって曲げて見て喜んで

  • and whispering, said as she toyed with the clasps of her prayer-book,--

    彼女は彼女の祈り本の留め金のおもちゃにとして、ささや​​く、言った -

  • "Touching picture of love!"

    "愛の絵を触る!"

  • The captain, more and more embarrassed, fell back upon the subject of the

    船長、より多くの恥ずかしは、の被写体によって後退した

  • tapestry,--"'Tis, in sooth, a charming work!" he exclaimed.

    タペストリーの,--"'のTISは、真実、魅力的な作品に!"と彼は叫んだ。

  • Whereupon Colombe de Gaillefontaine, another beautiful blonde, with a white

    コロンブデGaillefontaine、白の持つ別の美しいブロンド、、すると

  • skin, dressed to the neck in blue damask, ventured a timid remark which she addressed

    ブルーのダマスク織の首に服を着せ皮膚は、、彼女は対処臆病な発言をあえて

  • to Fleur-de-Lys, in the hope that the

    アヤメに、だといいのだが

  • handsome captain would reply to it, "My dear Gondelaurier, have you seen the

    ハンサムな船長は、これまで見てきた、私の親愛なるGondelaurier"、それに答えるだろう

  • tapestries of the Hotel de la Roche-Guyon?"

    ホテルHotel de la Roche - Guyonののタペストリー?"

  • "Is not that the hotel in which is enclosed the garden of the Lingere du Louvre?" asked

    "ホテルはLingereルーヴル美術館の庭に囲まれていることではないですか?"

  • Diane de Christeuil with a laugh; for she had handsome teeth, and consequently

    ダイアンデChristeuil笑いながら、彼女はハンサムな歯を持っていたため、その結果、

  • laughed on every occasion.

    あらゆる機会に笑った。

  • "And where there is that big, old tower of the ancient wall of Paris," added Amelotte

    "そして、パリの古代の壁の大で、古い塔があるところ、"Amelotteを追加しました

  • de Montmichel, a pretty fresh and curly- headed brunette, who had a habit of sighing

    ため息の習慣を持っていたデMontmichel、かなり新鮮とブルネットカーリー頭、

  • just as the other laughed, without knowing why.

    他のはなぜか、笑ったと同じように。

  • "My dear Colombe," interpolated Dame Aloise, "do you not mean the hotel which

    "私の親愛なるコロンブ、"デイムAloise"はホテルを意味しな​​い、補間された

  • belonged to Monsieur de Bacqueville, in the reign of King Charles VI.? there are indeed

    国王シャルル6世の治世に、ムッシュデBacquevilleに属していた。?実際に存在する

  • many superb high warp tapestries there."

    そこに多くの優れたハイワープタペストリー。"

  • "Charles VI.! Charles VI.!" muttered the young captain,

    "チャールズVI。!シャルル6世。!"、若い船長がつぶやいた

  • twirling his moustache. "Good heavens! what old things the good

    彼の口ひげをバトンを回すこと。 "グッド天!どのような古いもの良い

  • dame does remember!"

    貴婦人は記憶しています!"

  • Madame de Gondelaurier continued, "Fine tapestries, in truth.

    ポンパドゥール夫人Gondelaurierは真実に、"、ファインタペストリーを続けた。

  • A work so esteemed that it passes as unrivalled."

    仕事はそのためASが他の追随を許さない渡すことを尊敬。"

  • At that moment Berangere de Champchevrier, a slender little maid of seven years, who

    その時点でBerangereデChampchevrier、七年の細長い小さなメイド、誰が

  • was peering into the square through the trefoils of the balcony, exclaimed, "Oh!

    バルコニーのtrefoilsを通して正方形にピアリングされて、ああ"、叫んだ!

  • look, fair Godmother Fleur-de-Lys, at that

    外観、公正なゴッドマザーアヤメ、AT

  • pretty dancer who is dancing on the pavement and playing the tambourine in the

    の舗装の上で踊ってタンバリンを再生しているかなりダンサー

  • midst of the loutish bourgeois!" The sonorous vibration of a tambourine was,

    無骨なブルジョアの真っ只中!"だったタンバリンof堂々とした振動、

  • in fact, audible.

    実際には、音。

  • "Some gypsy from Bohemia," said Fleur-de- Lys, turning carelessly toward the square.

    "ボヘミアの一部のジプシーは、"アヤメは正方形に向かって不用意に回し、言った。

  • "Look! look!" exclaimed her lively companions; and they all ran to the edge of

    "見て! !見ては"彼女の活発な仲間を叫んだ、と彼らはすべてのエッジに走った

  • the balcony, while Fleur-de-Lys, rendered thoughtful by the coldness of her

    バルコニーには、アヤメしながら、彼女の冷たさby思慮レンダリング

  • betrothed, followed them slowly, and the

    婚約、徐々にそれらに続いて、

  • latter, relieved by this incident, which put an end to an embarrassing conversation,

    恥ずかしい会話に終止符を打つこの事件によって軽減後者の、、、

  • retreated to the farther end of the room, with the satisfied air of a soldier

    兵士の満足空気で、部屋の遠くの端に後退

  • released from duty.

    義務から解放。

  • Nevertheless, the fair Fleur-de-Lys's was a charming and noble service, and such it had

    それにもかかわらず、公正なアヤメのは魅力的で高貴なサービスであり、そのようなそれがあった

  • formerly appeared to him; but the captain had gradually become blase'; the prospect

    以前は彼のように見えた、しかし船長は徐々に熱中することのない"になっていた。見通し

  • of a speedy marriage cooled him more every day.

    迅速な結婚から毎日多くの彼を冷却する。

  • Moreover, he was of a fickle disposition, and, must we say it, rather vulgar in

    また、彼は気まぐれな処分であった、そして、我々はそれを言わなければならない、でかなり下品

  • taste.

    味。

  • Although of very noble birth, he had contracted in his official harness more

    非常に高貴な出生のですが、彼はより多くの彼の公式のハーネスで契約していた

  • than one habit of the common trooper. The tavern and its accompaniments pleased

    一般的なトルーパーのものよりも習慣。喜んで居酒屋とそ​​の伴奏

  • him.

    彼。

  • He was only at his ease amid gross language, military gallantries, facile

    彼は総言語、軍事gallantries、容易な中で彼の容易さでだけだった

  • beauties, and successes yet more easy.

    美しさであり、さらに簡単に成功。

  • He had, nevertheless, received from his family some education and some politeness

    彼は、それにもかかわらず、彼の家族からいくつかの教育といくつ​​かの礼儀を受けていた

  • of manner; but he had been thrown on the world too young, he had been in garrison at

    方法のが、彼は若すぎる世界に投げていた、彼は、AT駐屯地にされていた

  • too early an age, and every day the polish

    早すぎる年齢、および研磨毎日

  • of a gentleman became more and more effaced by the rough friction of his gendarme's

    紳士は、より多くなり、より多くの彼の憲兵のの大まかな摩擦〜でこすれて消えているof

  • cross-belt.

    クロスベルト。

  • While still continuing to visit her from time to time, from a remnant of common

    まだ一般の残骸から、時間から時間に彼女を訪問し続け​​ている間

  • respect, he felt doubly embarrassed with Fleur-de-Lys; in the first place, because,

    尊敬、彼は二重にアヤメwith恥ずかしかった;最初の場所で、なぜなら、

  • in consequence of having scattered his love

    彼の愛を散乱したという結果で

  • in all sorts of places, he had reserved very little for her; in the next place,

    場所のあらゆる点で、彼は彼女のためにほとんどを予約していた。次の場所で、

  • because, amid so many stiff, formal, and decent ladies, he was in constant fear lest

    ので、非常に多くの堅い、正式な、とまともな女性の中で、彼はなかれ絶え間ない恐怖にあった

  • his mouth, habituated to oaths, should

    宣誓に慣れて彼の口は、、万が一、

  • suddenly take the bit in its teeth, and break out into the language of the tavern.

    突然その歯のビットを取る、と居酒屋の言語に抜け出す。

  • The effect can be imagined!

    効果は想像することができます!

  • Moreover, all this was mingled in him, with great pretentions to elegance, toilet, and

    さらに、このすべては、エレガンス、トイレに大きなpretentionsで、彼に混ざっていたし、

  • a fine appearance. Let the reader reconcile these things as

    立派な外観。リーダーとしてこれらのものを和解させて

  • best he can.

    最高の彼がすることができます。

  • I am simply the historian.

    私は単に歴史家です。

  • He had remained, therefore, for several minutes, leaning in silence against the

    彼はagainst沈黙の中で傾いて、数分間、それゆえ、残っていた

  • carved jamb of the chimney, and thinking or not thinking, when Fleur-de-Lys suddenly

    突然刻まれた煙突のわき柱、そして思考または思考ではない、時アヤメ

  • turned and addressed him.

    なって、彼を取り上げた。

  • After all, the poor young girl was pouting against the dictates of her heart.

    結局、貧しい少女は彼女の心のおもむくままagainst poutingされました。

  • "Fair cousin, did you not speak to us of a little Bohemian whom you saved a couple of

    "フェアいとこ、あなたはのカップルを保存した小さなボヘミアンの私たちに話すことはなかった

  • months ago, while making the patrol with the watch at night, from the hands of a

    数ヶ月前、の手から、夜には時計とパトロールをしながら

  • dozen robbers?"

    ダースの強盗?"

  • "I believe so, fair cousin," said the captain.

    "私は、その公正ないとこを信じて、"船長は言った。

  • "Well," she resumed, "perchance 'tis that same gypsy girl who is dancing yonder, on

    で、あそこを踊っているのと同じジプシーの少女"よく、"彼女が再開、"ひょっとすると"TIS

  • the church square.

    教会広場。

  • Come and see if you recognize her, fair Cousin Phoebus."

    是非、あなたが彼女の、公正ないとこのポイボスを認識するかどうかを確認してください。"

  • A secret desire for reconciliation was apparent in this gentle invitation which

    和解のための秘密の欲望は、この穏やかな招待状で明らかにされた

  • she gave him to approach her, and in the care which she took to call him by name.

    彼女は名前で彼を呼び出すためにかかった医療に彼は彼女に近づくために与えた、と。

  • Captain Phoebus de Chateaupers (for it is he whom the reader has had before his eyes

    キャプテンポイボスデChateaupers(それは読者が彼の目の前に持っていた彼ISの

  • since the beginning of this chapter) slowly approached the balcony.

    この章の初めから)徐々にバルコニーに接近した。

  • "Stay," said Fleur-de-Lys, laying her hand tenderly on Phoebus's arm; "look at that

    "ステイ、"ポイボスの腕に優しく彼女の手を敷設アヤメは、言った。"それを見

  • little girl yonder, dancing in that circle. Is she your Bohemian?"

    その円で踊る少女のあそこの、。彼女はあなたのボヘミアンだ?"

  • Phoebus looked, and said,--

    ポイボスは、見えた、と言った -

  • "Yes, I recognize her by her goat." "Oh! in fact, what a pretty little goat!"

    "はい、私は彼女のヤギから彼女を認識する。""ああ!実際に、どのようなかわいいヤギ!"

  • said Amelotte, clasping her hands in admiration.

    憧れの彼女の手を抱茎の、Amelotteを言った。

  • "Are his horns of real gold?" inquired Berangere.

    "本物の金の彼の角か?"Berangereは訊ねた。

  • Without moving from her arm-chair, Dame Aloise interposed, "Is she not one of those

    彼女の腕、椅子、ノートルダムAloise介在から移動せずに、"彼女はそれらのいずれでもない

  • gypsy girls who arrived last year by the Gibard gate?"

    Gibardのゲートが昨年到着したジプシーの女の子?"

  • "Madame my mother," said Fleur-de-Lys gently, "that gate is now called the Porte

    "マダム私の母、"アヤメ優しく言った、"そのゲートは、現在ポルトと呼ばれています

  • d'Enfer."

    ドールEnfer。"

  • Mademoiselle de Gondelaurier knew how her mother's antiquated mode of speech shocked

    マドモアゼルドGondelaurierはスピーチの彼女の母の旧式のモードがショックを受けてどのように知っていた

  • the captain. In fact, he began to sneer, and muttered

    キャプテン。実際に、彼は冷笑し始めた、とつぶやいた

  • between his teeth: "Porte Gibard!

    彼の歯の間:"ポルトGibard!

  • Porte Gibard! 'Tis enough to make King Charles VI. pass

    ポルトGibard! "国王シャルル6世を作るのに十分なあわ。渡します

  • by."

    によって"

  • "Godmother!" exclaimed Berangere, whose eyes, incessantly in motion, had suddenly

    "ゴッドマザー!"その目、絶え間なく動いているBerangereは、突然、だった叫んだ

  • been raised to the summit of the towers of Notre-Dame, "who is that black man up

    その黒い男は誰がアップしている"、ノートルダム寺院の塔の頂上に引き上げられました

  • yonder?"

    あそこの?"

  • All the young