Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • At the age of 21, Simone de Beauvoir became the youngest person

    21歳の時、シモーヌ・ド・ボーヴォワールは最年少の人物となりました。

  • to take the philosophy exams at France’s most esteemed university.

    フランスで最も尊敬されている大学で哲学の試験を受けるために。

  • She passed with flying colors.

    彼女は見事に合格しました。

  • But as soon as she mastered the rules of philosophy,

    しかし、彼女が哲学のルールをマスターした途端に

  • she wanted to break them.

    彼女はそれらを壊したいと思っていた。

  • She’d been schooled on Plato’s Theory of Forms,

    彼女はプラトンの「形の理論」を学んでいました。

  • which dismissed the physical world as a flawed reflection

    虚像

  • of higher truths and unchanging ideals.

    より高い真理と不変の理想の

  • But for de Beauvoir, earthly life was enthralling, sensual,

    しかし、ド・ボーヴォワールにとって、地上の生活は官能的で魅惑的なものだった。

  • and anything but static.

    と、静的なもの以外は何でもいいのです。

  • Her desire to explore the physical world to its fullest would shape her life,

    物理的な世界を存分に探求したいという彼女の願望が、彼女の人生を形作っていくことになるだろう。

  • and eventually, inspire a radical new philosophy.

    そして最終的には、急進的な新しい哲学を鼓舞します。

  • Endlessly debating with her romantic and intellectual partner Jean Paul Sartre,

    恋愛的で知的なパートナーであるジャン・ポール・サルトルと果てしなく議論を交わす。

  • de Beauvoir explored free will, desire, rights and responsibilities,

    ド・ボーヴォワールは、自由意志、欲望、権利、責任を探求した。

  • and the value of personal experience.

    と個人的な体験の価値を知ることができます。

  • In the years following WWII,

    第二次世界大戦後の数年間で

  • these ideas would converge into the school of thought

    思想の集大成

  • most closely associated with their work: existentialism.

    彼らの作品と最も密接に関連している:実存主義。

  • Where Judeo-Christian traditions taught that

    ユダヤ・キリスト教の伝統が教えてくれた場所

  • humans are born with preordained purpose,

    人間はあらかじめ定められた目的を持って生まれてきます。

  • de Beauvoir and Sartre proposed a revolutionary alternative.

    ド・ボーヴォワールとサルトルは革命的な代替案を提案した。

  • They argued that humans are born free,

    彼らは、人間は生まれながらにして自由であると主張した。

  • and thrown into existence without a divine plan.

    神の計画なくして存在しているのです。

  • As de Beauvoir acknowledged, this freedom is both a blessing and a burden.

    ド・ボーヴォワールが認めたように、この自由は祝福であると同時に重荷でもある。

  • In "The Ethics of Ambiguity" she argued that our greatest ethical imperative

    曖昧さの倫理 "で、彼女は私たちの最大の倫理的命令であることを主張した

  • is to create our own life’s meaning,

    は、自分の人生の意味を創造することです。

  • while protecting the freedom of others to do the same.

    他者の自由を守りつつも

  • As de Beauvoir wrote,

    ド・ボーヴォワールが書いたように

  • “A freedom which is interested only in denying freedom must be denied.”

    "自由を否定することにしか興味のない自由は否定されなければならない"

  • This philosophy challenged its students to navigate the ambiguities and conflicts

    この哲学は、その学生たちに曖昧さと葛藤をナビゲートすることに挑戦しました。

  • our desires produce, both internally and externally.

    私たちの欲望は、内面的にも外面的にも生産します。

  • And as de Beauvoir sought to find her own purpose,

    ド・ボーヴォワールは自分の目的を見つけようとしていた

  • she began to question:

    彼女は疑問を持ち始めました。

  • if everyone deserves to freely pursue meaning,

    誰もが自由に意味を追求するに値するのであれば

  • why was she restricted by society’s ideals of womanhood?

    なぜ彼女は社会の女性としての理想に縛られていたのでしょうか?

  • Despite her prolific writing, teaching and activism,

    彼女の多作にもかかわらず、執筆、教育、活動家としての活動。

  • de Beauvoir struggled to be taken seriously by her male peers.

    ド・ボーヴォワールは、男性の仲間から真剣に受け止められるようになるのに苦労しました。

  • She’d rejected her Catholic upbringing and marital expectations

    彼女はカトリックの教育と結婚への期待を拒絶していた

  • to study at university, and write memoirs, fiction and philosophy.

    を大学で学び、回顧録や小説、哲学などを書く。

  • But the risks she was taking by embracing this lifestyle

    しかし、彼女はこのライフスタイルを受け入れることでリスクを取っていました。

  • were lost on many of her male counterparts,

    彼女の男性の多くは、それを見失っていました。

  • who took these freedoms for granted.

    これらの自由を当たり前のように享受していた人たち。

  • They had no intellectual interest in de Beauvoir’s work,

    彼らはド・ボーヴォワールの作品に知的な関心を持っていなかった。

  • which explored women’s inner lives,

    女性の内面を探った

  • as well the author’s open relationship and bisexuality.

    著者のオープンな関係やバイセクシュアリティについても。

  • To convey the importance of her perspective,

    彼女の視点の大切さを伝えるために

  • de Beauvoir embarked on her most challenging book yet.

    ド・ボーヴォワールは、これまでで最も挑戦的な本に乗り出しました。

  • Just as she’d created the foundations of existentialism,

    彼女が実存主義の基礎を作ったように

  • she’d now redefine the limits of gender.

    彼女はジェンダーの限界を 再定義するだろう

  • Published in 1949, "The Second Sex" argues that, like our life’s meaning,

    1949年に出版された『セカンドセックス』は、私たちの人生の意味と同じように、私たちの人生の意味を主張しています。

  • gender is not predestined.

    ジェンダーは宿命ではありません。

  • As de Beauvoir famously wrote,

    ド・ボーヴォワールが有名なように

  • one is not born, but rather becomes, woman.”

    "人は生まれるのではなくむしろ女性になる"

  • And tobecome” a woman, she argued, was to become the Other.

    そして、女性に「なる」ことは、他者になることだと彼女は主張した。

  • De Beauvoir defined Othering as the process of labeling women

    ド・ボーヴォワールは、女性にレッテルを貼るプロセスとして「他者化」を定義した。

  • as less than the men who’d historically defined, and been defined as,

    歴史的に定義されてきた男たち以下の存在として

  • the ideal human subjects.

    理想的な人間の被験者

  • As the Other, she argued that women were considered second to men,

    他者として、女性は男性に次ぐ存在と考えられていると主張した。

  • and therefore systematically restricted from pursuing freedom.

    そのため、自由を追求することが組織的に制限されています。

  • "The Second Sex" became an essential feminist treatise,

    "第二のセックス "は、フェミニストの必須の論説となった。

  • offering a detailed history of women’s oppression

    女流史

  • and a wealth of anecdotal testimony.

    と豊富な体験談を紹介しています。

  • "The Second Sex"’s combination of personal experience

    "セカンドセックス "の体験談の組み合わせ

  • and philosophical intervention

    哲学的介入

  • provided a new language to discuss feminist theory.

    は、フェミニスト論を論じるための新しい言語を提供した。

  • Today, those conversations are still informed by de Beauvoir’s insistence

    今日でも、これらの会話は、ド・ボーヴォワールの主張によって知らされています。

  • that in the pursuit of equality,

    平等を追求する中で

  • there is no divorce between philosophy and life.”

    "哲学と人生の間に離婚はない"

  • Of course, like any foundational work,

    もちろん、他の基礎的な仕事と同じように

  • the ideas in "The Second Sex" have been expanded upon since its publication.

    第二のセックス』の思想は、出版以来、拡大されてきたものである。

  • Many modern thinkers have explored additional ways people are Othered

    現代の思想家の多くは、人が他の人と同じように扱われる方法を探究してきた。

  • that de Beauvoir doesn’t acknowledge.

    ド・ボーヴォワールが認めないことを

  • These include racial and economic identities,

    これらには、人種的・経済的アイデンティティが含まれます。

  • as well as the broader spectrum of gender and sexual identities we understand today.

    また、今日私たちが理解しているジェンダーやセクシャル・アイデンティティーのより広範なスペクトルと同様に。

  • De Beauvoir’s legacy is further complicated

    ド・ボーヴォワールの遺産は、さらに複雑になっています。

  • by accusations of sexual misconduct by two of her university students.

    大学生2人の性的不正行為の告発で

  • In the face of these accusations,

    これらの告発に直面して

  • she had her teaching license revoked for abusing her position.

    彼女は教員免許を剥奪されていました

  • In this aspect and others, de Beauvoir’s life remains controversial

    この点でも、その他の点でも、ドーヴォワールの生涯は論争の的となっています。

  • and her work represents a contentious moment in the emergence of early feminism.

    そして彼女の作品は、初期フェミニズムの出現において、論争の的となった瞬間を表している。

  • She participated in those conversations or the rest of her life;

    彼女はその会話に一生参加していました。

  • writing fiction, philosophy, and memoirs until her death in 1986.

    1986年に亡くなるまで小説や哲学、回顧録を書いていました。

  • Today, her work offers a philosophical language

    今日、彼女の作品は、哲学的な言語を提供しています。

  • to be reimagined, revisited and rebelled against

    再考され、再検討され、反発されるべきである。

  • a response this revolutionary thinker might have welcomed.

    この革命的な思想家が歓迎したかもしれない反応。

At the age of 21, Simone de Beauvoir became the youngest person

21歳の時、シモーヌ・ド・ボーヴォワールは最年少の人物となりました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 哲学 自由 他者 主張 思想

シモーヌ・ド・ボーヴォワールに学ぶ人生の意味 - イソー・ガレスピー

  • 1717 60
    812653216 に公開 2020 年 03 月 14 日
動画の中の単語