Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Whether she’s describing bickering families,

    翻訳: Risako Nomura 校正: Tomoyuki Suzuki

  • quiet declarations of love,

    彼女が描写するのが内輪揉めでも

  • or juicy gossip,

    穏やかな愛の告白や

  • Jane Austen’s writing often feels as though it was written just for you.

    面白いうわさ話だとしても

  • Her dry wit and cheeky playfulness informs her heroines,

    ジェーン・オースティンの作品は あなたのために書かれたように感じられます

  • whose conversational tone welcomes readers with a conspiratorial wink.

    彼女の飾らない機知と陽気さが 物語のヒロインに会話調で語らせ

  • It’s even been said that some readers feel like the author’s secret confidante,

    読者を引き込み 秘密を 打ち明けられたかのような気にさせるのです

  • trading letters with their delightfully wicked friend Jane.

    読者はオースティンの腹心の友となり

  • But this unique brand of tongue-in-cheek humor

    愉快でお茶目な友達 ジェーンと手紙交換を している気分になると言われています

  • is just one of the many feats found in her sly satires

    しかし 皮肉のこもったユーモアという 独特なスタイルは

  • of society, civility, and sweeping romance.

    社会や礼節 広範囲にわたるロマンスを扱った

  • Written in the early nineteenth century,

    彼女の 茶目っ気のある風刺作品に見られる 多くの特色の一つにすぎません

  • Austen's novels decode the sheltered lives

    19世紀初頭に書かれた

  • of the upper classes in rural England.

    オースティンの小説は 英国の田舎に住む上流階級の人々の

  • From resentment couched in pleasantries

    密かな生活ぶりを つまびらかにしました

  • to arguing that masks attraction,

    恨みの伝わる社交辞令から

  • her work explores the bewildering collision of emotions and etiquette.

    魅力を覆い隠してしまう口論まで

  • But while romance is a common thread in her work,

    彼女の作品は途方にくれる様な 感情と作法の衝突を探求します

  • Austen dismissed the sentimental style of writing so popular at the time.

    しかしロマンスが彼女の作品における 共通のテーマである一方で

  • Instead of lofty love stories,

    オースティンは当時人気だった 感傷的な作風を退けました

  • her characters act naturally, and often awkwardly.

    高尚なラブストーリーの代わりに

  • They trade pragmatic advice, friendly jokes

    彼女の登場人物は自然に そして たびたび不器用に振る舞います

  • and not-so-friendly barbs about their arrogant peers.

    彼女達は実用的なアドバイスや 友好的な冗談

  • As they grapple with the endless rules of their society,

    傲慢な貴族についての 少し意地悪なことを言い合いました

  • Austen’s characters can usually find humor

    無数にもある社会のルールに 向き合う中で

  • in all the hypocrisy, propriety, and small talk.

    オースティンの登場人物は

  • As Mr. Bennet jokes to his favorite daughter,

    あらゆる偽善や作法 世間話に いつでも笑いを見つけます

  • For what do we live, but to make sport for our neighbors

    たとえば ベネット氏はお気に入りの娘に こんな冗談を言っています

  • and laugh at them in our turn?”

    「近所の人を馬鹿にして 笑うこと以外に

  • And though her heroines might ridicule senseless social mores,

    私達に生きる目的はあるのか?」

  • Austen fully understood the practical importance of maintaining appearances.

    ヒロイン達は 無意味な社会的習慣を あざ笑っているかもしれませんが

  • At the time she was writing,

    オースティンは外見を保つことが 現実には大切だと十分に理解していました

  • a wealthy marriage was a financial necessity for most young women,

    彼女が作家だった時代には

  • and she often explores the tension between the mythical quest for love,

    金持ちとの結婚は多くの若い女性にとって 財政的に必要不可欠であり

  • and the economic benefits of making a match.

    結婚相手を見つける時に 空想的な愛と 経済的な利益の追求の間に走る緊張を

  • The savvy socialite Mary Crawford sums this up in "Mansfield Park;"

    オースティンはしばしば探求しています

  • “I would have everybody marry if they can do it properly:

    それは 『マンスフィールド・パーク』で

  • I do not like to have people throw themselves away.”

    社交界の名士メアリー・クローフォードが 放った一言で要約されます

  • Unsurprisingly, these themes were also present in Austen’s personal life.

    「ちゃんとした結婚ができるなら 皆 結婚した方がいいと思うわ

  • Born in 1775,

    投げやりなのはダメですけど」

  • she lived in the social circles found in her novels.

    当然 これらのテーマはオースティンの 私生活にも共通していました

  • Jane's parents supported her education,

    彼女は1775年に生まれ

  • and provided space for her to write and publish her work anonymously.

    自身の小説の様な 社会集団の中で過ごしていました

  • But writing was hardly lucrative work.

    ジェーンの両親は教育面を支え

  • And although she had sparks of chemistry,

    彼女に作家として活動し匿名で 作品を出版する余裕を与えました

  • she never married.

    しかし文筆で収入を得ることは とても難しいことでした

  • Elements of her circumstances can be found in many of her characters;

    ジェーンには相性の合う相手もいましたが

  • often intelligent women with witty, pragmatic personalities,

    一度も結婚しませんでした

  • and rich inner lives.

    彼女が置かれていた状況の様々な要素が 登場人物の多くに見出されます

  • These headstrong heroines provide an entertaining anchor

    それは 聡明で機知に富み 実際的で

  • for their tumultuous romantic narratives.

    精神的に豊かな生活を送る 女性達です

  • Like the irreverent Elizabeth Bennet of "Pride and Prejudice,"

    これらの頑固なヒロイン達は 騒々しく ロマンチックな物語の

  • whose devotion to her sisterslove lives blinds her to a clumsy suitor.

    面白さを支える役割を果たします

  • Or the iron-willed Anne Elliot of "Persuasion,"

    『高慢と偏見』で 姉妹の恋愛に 自らを捧げたために

  • who chooses to remain unmarried after the disappearance of her first love.

    不器用な求婚者に対し盲目であった 不遜なエリザベス・ベネットや

  • And Elinor Dashwood,

    『説得』で初恋の人がいなくなった後 未婚を貫くことを決めた

  • who fiercely protects her family at the cost of her own desires

    鉄の意志を持つアン・エリオット

  • in "Sense and Sensibility."

    そしてエリナー・ダッシュウッドは

  • These women all encounter difficult choices

    『分別と多感』の中で 彼女自身の欲望を犠牲にして

  • about romantic, filial, and financial stability,

    猛然と彼女の家族を守ります

  • and they resolve them without sacrificing their values

    これらの女性は いずれも

  • or their sense of humor.

    恋愛や子供 財政的安定に絡んで 厳しい決断に迫られますが

  • Of course, these characters are far from perfect.

    自らの価値観や ユーモアのセンスを犠牲にすることなく

  • They often think they have all the answers.

    問題を解決します

  • And by telling the story from their perspective,

    もちろん これらの登場人物は 完全とは程遠い人たちです

  • Austen tricks the viewer into believing their heroine knows best

    全ての答えを知っていると 思い込むことがあるのです

  • only to pull the rug out from under the protagonist and the reader.

    彼女達の目線で 物語を紡いでいくことで

  • In "Emma," the titular character feels surrounded by dull neighbors,

    オースティンは巧みに読者を信じ込ませます ヒロインは 主人公と読者を

  • and friends who can’t hope to match her wit.

    突如 突き放してやれば良いだけだと 理解していると思わせるのです

  • As her guests prattle on and on about nothing,

    『エマ』では書名でもある主人公エマが 退屈な近所の人と

  • the reader begins to agree

    彼女の機知に釣り合わない 友達に囲まれていると感じていて

  • Emma is the only exciting character in this quiet neighborhood.

    彼女の客が たわいもない話を 喋り続けるとともに

  • Yet despite her swelling ego,

    読者は

  • Emma may not be as in control as she thinksin life or love.

    エマが静かな近隣の中で唯一 心踊る登場人物だと認め始めるのです

  • And Austen’s intimate use of perspective

    しかし 彼女の自尊心が高まる一方で

  • makes these revelations doubly surprising,

    エマ自身が思っているほどに 人生や恋愛を コントロールできていないかもしれません

  • blindsiding both Emma and her audience.

    登場人物の目線で見させ 親近感を築くオースティンの手法は

  • But rather than diminishing her host of heroines,

    真実を明らかにすることで 二重にも驚きに満ちたものにし

  • these flaws only confirmthe inconsistency of all human characters.”

    エマと読者の両方の弱点を 突いているのです

  • Their complexity has kept Austen prominent on stage and screen,

    しかし数多くのヒロイン達の 名誉を傷つけるというよりも

  • and made her work easily adaptable for modern sensibilities.

    これらの欠点は「全ての人に矛盾があること」 を確認しているのです

  • So hopefully,

    彼女達の複雑さはオースティンを舞台や スクリーン上で卓越した存在にし

  • new readers will continue to find a friend in Ms. Austen

    彼女の作品を現代的な感性に合わせて 脚色しやすいものにしているのです

  • for many years to come.

    ですから願わくば

Whether she’s describing bickering families,

翻訳: Risako Nomura 校正: Tomoyuki Suzuki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed オースティン 読者 エマ 作品 ジェーン

ジェーン・オースティンの邪悪なウィット - イソー・ガレスピー (The wicked wit of Jane Austen - Iseult Gillespie)

  • 620 44
    Vera に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語