Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In my past life as a soccer coach,

    サッカーのコーチをしていた過去の人生の中で

  • once you won a national championship,

    全国大会で優勝したことがある

  • everyone wants to come play for you.

    誰もがあなたのために遊びに来たがっています。

  • Really not true.

    本当にそうではありません。

  • Once you paid them $ 25,000 a year in scholarships,

    一旦奨学金で年間25000ドル払ったら

  • everybody wants to come play for you.

    誰もがあなたのために遊びに来たがっている

  • And parents would always come to me and they'd say:

    そして、親は必ずと言っていいほど私のところに来てくれます。

  • "Okay, my son or my daughter wants to come play at your university,

    "よし、息子か娘があなたの大学に遊びに来たい。

  • what is it that we have to do?

    どうしたものか

  • You know, what are you looking for?"

    "何を探しているんだ?"

  • And being the Socratic professor that I am,

    ソクラテスの教授である私は

  • I say, well, what does your son or daughter do?

    私が言うには、まあ、息子さんや娘さんは何をしているの?

  • What do they do really well that we'd be interested in?

    私たちが興味を持つような、本当に良い仕事をしているのでしょうか?

  • And typically their answers are, well, they've got great vision.

    そして、彼らの答えは大抵、素晴らしいビジョンを持っているということです。

  • They're really good.

    彼らは本当に良い人たちです。

  • They can see the entire field.

    彼らはフィールド全体を見ることができます。

  • Or, my daughter is the fastest player, there's nobody that can beat her.

    あるいは、娘が一番速い選手で、娘に勝てる人はいない。

  • Or, my son's got a great left-footer.

    それか、息子の左足がすごい。

  • Really great in the air and can hit every ball.

    空中では本当に素晴らしいし、すべてのボールを打つことができます。

  • I'm like: "Yeah, not bad;

    私はこうだ"うん、悪くないよ。

  • but to be quite honest with you,

    でも、正直に言うと

  • those are the last things I'm looking for.

    それが私が探している最後のものです。

  • The most important thing?

    一番大事なこと?

  • Self-confidence."

    自信を持って"

  • Without that skill, and I use the word skill intentionally,

    そのスキルがなければ、わざとスキルという言葉を使っている。

  • without that skill, we are useless as a soccer player.

    その技術がなければ、サッカー選手としては役に立たない。

  • Because when you lose sight or belief in yourself,

    なぜなら、自分を見失ったり、信念を失ったりすると

  • we're done for.

    俺たちは終わりだ

  • I use the definition of self-confidence

    自信の定義を使う

  • to be the ability or the belief

    能力がある

  • to believe in yourself, to accomplish any task,

    自分を信じること、どんな仕事でもやり遂げること。

  • no matter the odds, no matter the difficulty,

    確率はどうあれ、難易度はどうあれ

  • no matter the adversity.

    どんな逆境でも

  • The belief that you can accomplish it, self-confidence.

    達成できるという信念、自信。

  • Some of you are saying, "Great, I don't have it. I'm so shy.

    中には、「いいね、持ってないよ」と言っている人もいます。私は人見知りなんです。

  • I'll never do that, bla, bla, bla."

    そんなことは絶対にしない、ブラブラ、ブラブラ、ブラブラ。"

  • And you start to drag all the way down here.

    そして、あなたはここでずっと引きずっているようになります。

  • But, I use the word skill

    しかし、私はスキルという言葉を使って

  • because

    と言うのも

  • I believe it can be trained.

    鍛えられると思います。

  • And I'll show you a couple of ways in which we do.

    そして、その方法をいくつか紹介します。

  • Hopefully I won't run out of time.

    時間切れにならないといいけど。

  • I don't use any slides

    スライドは使わない

  • because my speech always goes here, or here, or here.

    なぜなら、私のスピーチはいつもここか、ここか、ここか、ここに行くからです。

  • So we'll see which way we get to.

    どっちに行くか見ものですね。

  • The easiest way to build self-confidence:

    自信をつける一番簡単な方法

  • there's no magic button.

    魔法のボタンはない

  • I can't say: "Hey, this plane is going down,

    言えません。"おい、この飛行機が墜落するぞ。

  • who can fly?

    飛べる者

  • Put your hand up."

    手を上げろ」

  • "I can, I'm confident!"

    "できる!自信がある!"

  • (Laughter)

    (笑)

  • Repetition, repetition, repetition.

    繰り返し、繰り返し、繰り返し。

  • Right?

    だろ?

  • What does Malcom Gladwell call it, the 10,000-hour rule?

    マルコム・グラッドウェルの言う「1万時間ルール」とは?

  • There's no magic button.

    魔法のボタンがない

  • I recruited a goalie from Colombia, South America one year.

    南米コロンビアのゴールキーパーを1年募集しました。

  • Big, tall 6'3" man.

    身長180センチの大柄な男性。

  • You know, he had hands like stone.

    彼は石のような手をしていた

  • I thought he was like Flipper.

    フリッパーに似てると思った

  • Everytime I threw him the ball, down, onto the ground.

    毎回ボールを地面に投げていた

  • I was like, oh my god, we're in trouble.

    困ったことになってしまった。

  • Simple solution: get to the wall,

    簡単な解決策は、壁に向かうこと。

  • kick a ball against the wall and catch it.

    ボールを壁に蹴りつけてキャッチする

  • kick the ball against the wall and catch it.

    ボールを壁に蹴りつけてキャッチする

  • His goal was 350 a day for eight months.

    彼の目標は8ヶ月間、1日350本でした。

  • He came back, his hands were calloused,

    彼が戻ってきたとき、手には角質がついていた。

  • the moisture on his hands were literally gone,

    彼の手の湿気は文字通り消えていました。

  • he is now playing in Europe.

    彼は現在、ヨーロッパでプレーしています。

  • Magic? No.

    マジック?駄目だ

  • Repetition, repetition, repetition.

    繰り返し、繰り返し、繰り返し。

  • The problem is, we expect to be self-confident

    問題は、私たちが自信を持っていることを期待していることです。

  • but we can't be unless the skill,

    でも、技術がないと無理ですよね。

  • or the task we're doing,

    または、私たちがやっている仕事のことです。

  • is not novel, is not new to us.

    は目新しさがなく、目新しいものではありません。

  • We want to be in a situation

    という状況になりたいと考えています。

  • where we have so much pressure in that

    その中でプレッシャーが大きいところで

  • and what I mean, cause pressure builds diamonds,

    つまり、圧力がダイヤモンドを作るんだ

  • we want to be in a situation where

    になりたいと思っています。

  • "hey, I've done this a thousand times".

    "おい、俺は何度もやってるぞ"

  • I did my speech,

    スピーチをしました。

  • and I practiced in front of a mirror: bla, bla, bla, bla, bla, bla.

    と鏡の前で練習しました。

  • Hey I'm sounding good.

    おい、いい音してるぞ。

  • And then I went in front of my kids, and my wife.

    そして、子供たちの前に出て、妻の前に出た。

  • I said, oh gosh, I got a little nervous.

    と言ったら、あらら、ちょっと緊張してしまった。

  • Then I'd get in front of Glenn Gould,

    そしてグレン・グールドの前に出る。

  • Oh my goodness, I am a little more nervous!

    やれやれ、ちょっと緊張してきました!

  • By the time I get to the ACG,

    ACGに行くまでには

  • where 2,500 people, can't say anymore, right?

    2500人もいるところで、もう何も言えないよね?

  • Twenty-five hundred people,

    2,500人

  • where twenty-five hundred people are there,

    そこには2500人もの人がいる。

  • I won't have a single ounce of nervousness

    緊張感は一度もありません

  • because of my ability to practice.

    実践力があるからこそ

  • Right?

    だろ?

  • Over, and over, and over, again.

    何度も何度も何度も、何度も何度も。

  • The problem with repetition is:

    繰り返しの問題は

  • how many of us bail after the first bit of failure?

    最初のちょっとした失敗の後に、何人の人が救済されますか?

  • How many of us bail after the first bit of adversity?

    最初の逆境の後に保釈する奴がどれだけいるんだ?

  • Edison was on that video,

    エジソンがビデオに出てた

  • and it depends who you ask,

    と誰に聞くかによります。

  • there's anywhere from 1,000

    千から千まで

  • to 10,000 tries to build that light bulb.

    その電球を作るために1万個の電球を作ろうとします。

  • 1,000 to 10,000.

    1,000~10,000です。

  • J.K Rowling should be on that video.

    J.K.ローリングはそのビデオに出るべきだ。

  • Do you know how many publishers she took her Harry Potter book to?

    彼女がハリー・ポッターの本を持って行った出版社の数を知っていますか?

  • I believe the number was 12 or 13...

    確か12か13だったと思うのですが...。

  • I am pretty confident but after two or three noes

    かなり自信がありますが、二の三のノーの後に

  • I'd be like: "damn it!".

    私はこうなる"ちくしょう!"

  • After six or seven, I'm like: "maybe not!"

    6つか7つになってからは"もしかしたら違うかもしれない"

  • Definitely after nine or ten

    間違いなく9時か10時の後に

  • I'd be looking to be a soccer coach

    サッカーのコーチになりたい

  • or something else besides an author.

    とか、作者以外にも何かあるかもしれません。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Right?

    だろ?

  • I mean, twelve times somebody said no.

    12回も誰かに断られたんだぞ

  • But, practice, practice, practice, and do not accept failure.

    しかし、練習、練習、練習、失敗を受け入れないこと。

  • Maybe it shouldn't be repetition,

    繰り返しではない方がいいのかもしれません。

  • maybe the answer should be persistence.

    答えは粘り強さなのかもしれません。

  • Because we all repeat something but very few of us really will persist.

    なぜなら、誰もが何かを繰り返しますが、本当に粘る人はほとんどいないからです。

  • So that's one way to build self-confidence.

    それが自信をつける一つの方法なんですね。

  • Get out there.

    外に出て

  • Do what you want to do and do not accept no.

    自分のやりたいことをやって、ノーを受け入れないこと。

  • The other one is self-talk.

    もう一つはセルフトークです。

  • We all have a self-talk tape that plays in our head.

    誰でも頭の中でセルフトークのテープが流れています。

  • Anybody go shopping and put on a pair of pants this week?

    今週は誰か買い物に行ってパンツを履いてきてくれないかな?

  • If you're a woman,

    女性であれば

  • the first thing that always comes:

    いつも最初に来るのは

  • "damn I look fat in these pants!."

    "このパンツでは太って見える!"

  • And if you're a man, it's the opposite:

    そして、男の場合は逆です。

  • "Oh god, I got no muscle, I'm so flabby!"

    "やべぇ、筋肉がない!ぽっちゃりしてる!"

  • Right? We all have this tape that plays in our head.

    だろ?私たちは皆、頭の中で再生されるテープを持っています。

  • As a student, if they asked me the question,

    学生の頃、質問されたら

  • it was like: "Oh, gee please professor don't pick me, I don't know the answer."

    私は、それが好きだった。"教授は私を選ばないでください 私は答えを知りません"

  • I'd look down.

    下を見てしまう。

  • Right?

    だろ?

  • If you're in the b...when I, let me tell you something,

    もしあなたがB...Iの時に、私は、あなたに言わせてください。

  • and the VP of business adminis. here, I shouldn't repeat this,

    ここでは、繰り返してはいけないのですが、事業管理担当の副社長とのことです。

  • but when they hired me as an Athletics director,

    陸上競技の監督として雇われた時には

  • I sat in an architect's meeting,

    建築家の打ち合わせの席に座りました。

  • and I am as dumb as a post

    と、私はポストのように愚かである

  • when it comes to anything to do with numbers and angles.

    数字と角度のことを考えると

  • And they are like:

    そして、彼らは、そのようなものです。

  • the fundibular valve

    腓腹弁

  • of the architectural, uh,

    建築家の、あー。

  • what do you think doctor Joseph?

    ジョセフ先生はどう思う?

  • Uh, let me look into that for you and get back to you.

    調べてから連絡します

  • (Laughter)

    (笑)

  • Right?

    だろ?

  • I was in a, oh god god, please don't ask me, please don't ask me.

    私は、ああ、神よ、お願いだから聞かないでくれ、お願いだから聞かないでくれ、という状態でした。

  • We all have this negative self-talk that goes in our head.

    私たちは皆、このネガティブなセルフトークを頭の中に持っています。

  • Guess what?

    何だと思う?

  • There's enough people that are telling us we can't do it.

    できないと言っている人が十分にいる。

  • That we're not good enough.

    私たちが十分ではないことを

  • Why do we want to tell ourselves that?

    なぜ自分に言い聞かせたいのか?

  • We know for a fact that thoughts influence actions.

    思考が行動に影響を与えるという事実を知っています。

  • We saw it there with the video Sheldon, Dr. Levy showed.

    シェルドンのビデオで見ましたよ レヴィ博士が見せてくれた

  • We know that our thoughts influence actions,

    私たちの思考が行動に影響を与えることを知っています。

  • why do we want to say that negative self-talk to ourselves?

    なぜ私たちは自分自身に否定的なセルフトークを言いたがるのでしょうか?

  • We need to get our own self-affirmations.

    自己肯定感を得る必要があります。

  • Muhammad Ali, what was his self-affirmation?

    モハメド・アリ、自己肯定感とは?

  • I am the greatest!

    私は最高だ!

  • Who else is going to tell you?

    他に誰が言うんだ?

  • There need to be quiet moments in your bedroom,

    あなたの寝室で静かな時間を過ごす必要があります。

  • quiet moments when you're brushing your teeth.

    歯を磨いている時の静かな時間

  • That we need to reaffirm:

    再確認する必要があることを

  • "I am the captain of my ship and the master of my fate!"

    "私は私の船の船長であり 運命の主である"

  • That is my affirmation.

    それが私の肯定です。

  • I came from a school of one thousand people,

    千人規模の学校から来ました。

  • I lived in a town of one thousand people for fifteen years;

    千人町に15年間住んでいました。

  • there's no reason that I should be in charge of an Athletics department,

    陸上競技部を担当しなければならない理由がない。

  • building maple leaf gardens.

    もみじの葉の庭を作る。

  • But I am the captain of my ship and the master of my fate.

    しかし、私は私の船の船長であり、私の運命の主人です。

  • If I don't say it, if I don't believe it,

    言わなければ、信じなければ

  • no one else will.

    誰もがそうするだろう

  • How do you build self-confidence?

    自信をつけるには?

  • Get away from the people who will tear you down.

    自分を貶めるような人から離れてください。

  • There's enough of that.

    十分にあります。

  • Muhammad Ali, I am the greatest! There is no one better than me.

    モハメド・アリ、俺は最高だ!私より優れた者はいない

  • There's a difference between hubris, and ego, and false pride.

    傲慢と自我と偽りのプライドの違いだな

  • It's just reminding yourself in quiet silent moments,

    それは、静かな静かな瞬間に自分自身を思い出させるだけです。

  • I put it down on a list,

    リストに載せてみました。

  • it's right beside my mirror,

    鏡の横にある

  • right?

    だろう?

  • about all the things that make me who I am.

    私が私であるためのすべてのことについて。

  • Because I make enough mistakes,

    なぜなら、私は十分にミスをするからです。

  • and the newspapers will recognize it,

    と新聞に認められてしまう。

  • and people around me will recognize it;

    と周りの人に認識されてしまいます。

  • and they'll tear me down,

    と言って、私を引き裂いてくれます。

  • and pretty soon I'll begin to believe it.

    すぐに信じ始めるよ

  • There was a time when my confidence was really low.

    本当に自信がなかった時期がありました。

  • There was a time when I took this job

    この仕事に就いた時期がありました

  • when I came from Iowa,

    アイオワから来た時

  • I don't know if I could do it.

    私にできるかどうかはわかりません。

  • I had to bring out my self-confidence letter.

    自信満々の手紙を出さなければならなかった。

  • A letter I wrote to myself when I was feeling good.

    体調が良い時に書いた手紙。

  • Ivan, congratulations on getting your PhD before 40.

    イワン、40歳前に博士号取得おめでとうございます。

  • Congra...I am 40, under.

    コングラ...私は40歳以下です。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Congratulations on winning a national championship.

    全国制覇おめでとうございます。

  • Good job on raising three good kids and marrying the right woman.

    3人のいい子を育てて、いい女と結婚してお疲れ様でした。

  • I wrote a letter to myself,

    自分への手紙を書きました。

  • it was my own brag sheet.

    それは私自身の自慢のシートでした。

  • My own letter about the things I was proud of.

    自慢していたことについての自分の手紙。

  • Because there are moments,

    瞬間があるからです。

  • and we'll all experience them in our career, in our lives,

    そして、私たちは皆、キャリアの中で、人生の中で、それらを経験します。

  • in our job hunting, in our relationships;

    就活でも人間関係でも

  • when we are not feeling good about

    調子が悪い時

  • who, and what, and where we are.

    誰が、何を、どこにいるのか。

  • And I had to bring out that letter and read it time and time again,

    そして、その手紙を持ち出して何度も何度も読み返していました。

  • for a period of about two weeks, to weather me through that storm.

    約2週間の間、その嵐の中で私を風化させるために。

  • It was important.

    大事なことでした。

  • Stop the self-talk, the negative self-talk.

    ネガティブなセルフトークをやめろ

  • If you watch you'll see some athletes that have a little bandage,

    見ていると、ちょっとした包帯を巻いているアスリートもいます。

  • or a little brand around them.

    またはその周りに小さなブランドがあります。

  • Lance Armstrong is a perfect one.

    ランス・アームストロングは完璧です。

  • What's his self-affirmation?

    彼の自己肯定感は?

  • Livestrong isn't a brand, it was to remind him of who he was.

    リブストロングはブランドではなく 彼が誰であったかを思い出させるためだった

  • Live strong. Then it became a brand.

    強く生きること。そしてそれがブランドになった。

  • He would move that from one arm to the next arm,

    彼は片腕から次の腕に移動させるだろう。

  • when doubt and fear came into his mind.

    疑いと恐れが心に浮かんだとき

  • Live strong, put it on there, let's go.

    強く生きて、そこに置いて、行こう。

  • We'll all have it, we place it.

    みんなで持って、配置します。

  • Two ways to build self-confidence.

    自信をつける2つの方法

  • I'm worried about my time

    時間が気になる

  • I'm gonna tell you of one way

    一つの方法を教えてあげよう

  • you can build self-confidence in others.

    他人に自信をつけることができます。

  • We are coaches and educators,

    私たちはコーチであり、教育者です。

  • we are teachers, we are people

    我らが教師、我らが人

  • who will create value in the world;

    世の中に価値を生み出す人

  • and in doing that, we are critical by the nature of what we do.

    そうすることで、私たちは、私たちがすることの性質上、批判的になります。

  • I am a coach, I want you to score a goal.

    コーチである私は、ゴールを決めてほしいと思っています。

  • The ball went over high. "Dang it!" The ball went high!

    ボールは高いところを越えた"クソッ!"ボールが高くなった!

  • "Thank you coach, I know that. Feedback tells me that."

    "コーチに感謝しています。フィードバックが教えてくれる"

  • So what do we do?

    で、どうすればいいの?

  • I need you to put your elbow here,

    ここに肘を入れてくれ

  • I need you to put your knee over the ball,

    膝をボールの上に置いてくれ

  • I need you to follow through.

    フォロースルーして欲しい

  • Boom. Land. Great.

    ブームだランド。凄いな

  • Notice, I never made it as a professional.

    注意!プロとして作ったわけではありません。

  • (Laughter)

    (笑)

  • What can we do?

    何ができるのかな?