Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hi, I'm Todd Phillips, director of "Joker," and today we're gonna do a couple [of] scene breakdown[s] from the opening of the movie.

    こんにちは。「ジョーカー」の監督のトッド・フィリップスです。今日は映画のオープニングからいくつかのシーンを一緒に見ていきましょう。

  • -Yo, what's up with your shoes bro, if you're going to be a clown the least you could be is a good one, you know that right? -Nice outfit man.

    なぁ、その靴どうしたんだ?クラウンになるなら少なくともしっかりしろよ…ダサい服だ。

  • Grab it!

    捕まえて!

  • Go go go!

    行け!

  • Hey!

    おい!

  • The main job of a director, even all this stuff we talk about, cameras and depth of field and sets and wardrobe, I think really what a director is, is a purveyor of tone and I think the thing I'm most proud about this film is that unsettling tone.

    監督の主な仕事は話される全ての事やカメラだったり、被写界深度やセット、衣装などですが、本当の監督の仕事とは何かと言ったら、映画にトーンを与えることで、この映画の落ち着かないトーンに誇りを持っています。

  • That sort of slow, ramp up into insanity.

    ゆっくりとして、狂気に満ちたトーンです。

  • It's day 18 of the garbage strike, with 10,000 tons of garbage piling up everyday, even the nicest sections of the city are looking like...

    ゴミストライキの18日目、毎日1万トンのゴミが山積し、市の一番美しい場所も…

  • So I always obsess over the opening shots of movies.

    だから私は、映画のオープニングにこだわりをもっているのです。

  • My movies, the movies I watch, I think it's a great way... it's a great storytelling device, the very opening of a film.

    私の映画や私の見る映画は、素晴らしい物語装置です。映画の冒頭にあるのです。

  • We have the benefit in this scene of the local news playing underneath it and we meet Arthur there alone at the mirror as he's putting on his makeup.

    この動画の優れているところは背景では地元のニュースが流れていて、我々はそのように鏡の前で一人で化粧をしているアーサーに出会うのです。

  • So this was scene was shot pretty early in our schedule and it's a practical location, meaning it's not a build, we're in a real second floor storage facility up in Harlem on the far west side of Manhattan.

    このシーンは計画のかなり早い段階で撮られたもので、実際にある場所です。つまり作られた環境ではなく、私達は実際にマンハッタンのずっと西にあるハーレムの倉庫の2階にいるのです。

  • It was a beautiful space with this very sparse view of the underside of the West Side Highway, this sort of structure that holds up the West Side Highways, these things we're seeing out the window there.

    ウェスト・サイド・ハイウェイの下の人がまばらな景色のある美しい空間です。私たちが窓から見えているこういった構造がウェスト・サイド・ハイウェイを支えています。

  • And we thought it was a great place for Haha's, which represents the agency that kind of rents out clowns and strippers and magicians and it's where Arthur works and we find him at the beginning of the film.

    そしてここは Ha-Haの店としてはとても合っていると思います。Ha-Haの店は道化師やストリッパー、マジシャンなどを貸し出している代理店です。アーサーはここで働いており、映画の最初に確認することができます。

  • It affects my business when customers can't get in here because of the garbage situation.

    ゴミの問題が発生したせいで客が入れなくなってしまった場合、私のビジネスに影響がでます。

  • I'm not out there long enough to smell it, but I think to look at it it's terrible.

    「ずっと外で匂いを嗅いでいてたわけではないが、見るだけで耐えられないです。」

  • Everything in the movie is meant to be unsettling.

    映画の全てが不安感を与えます。

  • So anytime we kind of move the camera intentionally, like this, it was always to give off this kind of unsettling vibe of this guy who's pretty much separated from everybody else, even in this locker-room space.

    ですからこの男の不安定さを表現するために、我々はこのように意図的にカメラを移動します。たとえこのロッカールームにいるとしても、彼はいつも孤立させられているのです。

  • You hear the voices of four or five guys over here playing cards and talking about whatever and Arthur's here, alone, kind of not part of the group, figuring out how to keep a smile on his face.

    5人の男がカードゲームをしたり色々話している声が聞こえるのですが、アーサーはこのグループに所属しない様に笑い続ける方法を一人で考え続けていました。

  • And one of the themes in the film is smile and the idea of putting on a happy face, his mother told him that he was born to bring joy and laughter into the world.

    映画のテーマの1つに笑顔があります。笑顔を作るのです。彼の母親は、彼は世界に喜びと笑いをもたらすために生まれたのだと伝えました。

  • And is something that Arthur wrestles with throughout the movie.

    そして作中ずっと苦しんでいるものでもあるのです。

  • So in this scene we find him as he's literally pulling up his mouth and putting down his mouth, sort of fighting the comedy, tragedy that is his life.

    このシーンでは彼は文字通り口を引っ張ったり下ろしたりしています。彼の人生の喜劇と悲劇を表しているのです。

  • It was really important to me and Lawrence Sher, my cinematographer, that the movie have a handmade feel.

    私と撮影監督のローレンス・シャーにとってはかなり重要なシーンで、手作り感を感じられます。

  • We wanted it to feel, we thought that would lend itself to the intimacy that we're trying to get with this character study of Arthur.

    私達はその手作り感を以てアーサーというキャラクターに近い鮮明なものとして映し出そうとしました。

  • So you'll see in this scene, you can feel there's an operator there and that's all really intentional, and we also loved these kind of extreme close-ups on Arthur.

    このシーンについては、オペレーターがいてそれがすべて意図的なものであるとわかるでしょう。そして私達はこうやってアーサーを極端にクローズアップすることが大好きでした。

  • The idea of the National Guard moving in and cleaning up is a good idea.

    国家衛兵が入ってきて掃除をするのは良いアイデアです。

  • In other news, the building industry and landlords today...

    別のニュースです。建築産業と地主の今日…

  • That by the way, right here, that tear, it just happened in one take.

    たったの1テイクで涙を撮れました。

  • Joaquin has a really interesting process.

    ホアキンには、1つとてもおもしろいシナリオに入っていくプロセスがあります。

  • He's not as, a lot of people always assume Joaquin would be a method actor and that, people use that term loosely, but where he's lost in the part.

    多くの人はホアキンはメソッド俳優であると思うでしょうが、その言葉を大雑把に使っているように思いますね。彼は役になりきっているのです。

  • The beautiful thing about Joaquin is we, we were shooting this movie and we'd spend half the time just laughing off set and having a good time.

    ホアキンのすごいところは、撮影の合間に30分ほどあって、外でみんなで笑い合っているときでした。

  • But he's so amazing that he's able to then sit down, action gets called, and we do this slow push in and if I think I remember it right, in this particular scene I was playing the score for him, in the room, because we had Hildur Gudnadottir who is our composer, I had her write music before we shot the movie, which isn't done very often.

    彼は我々が驚くほど自分の気持ちを沈めてそのまま座る。「アクション」と同時に、我々はカメラをホアキンに向けて近づきます。私が覚えているのが、特にこのシーンでは、私は彼に映画の音楽を流して彼に聞かせました。映画の音楽は我々が作曲家のヒドゥル・グドナドッティルに頼んで、映画を作る前に作ってもらいました。この様なことは稀ではありません。

  • And she wrote it based on the screenplay and I wanted that because I wanted the music to really affect and infect the set in a way.

    そして彼女はそれを台本通りに書き上げました。私は音楽が映画に本当の意味で影響を与えてほしかったのでそれが欲しかったです。

  • Really kind of even, the camera operators, the set dressers, the wardrobe, everybody to feel this music, and if I remember correctly we were playing her score when we were shooting this.

    撮影係やセットドレッサー、衣装係、皆がこの音楽を感じ、私の記憶が正しければ私達は撮影時にこの音楽を流していましたね。

  • And all of a sudden as Joaquin is struggling with Arthur's smile and his frown and figuring out again if his life is a comedy or a tragedy, this little tear appears and we just had the scene and we moved on.

    自分の人生は一体喜劇かまたは悲劇かともがいている最中、このこのわずかな涙が流れてしまいました。我々はそれを撮影してすぐに次のシーンに進めました。

  • We called this set Gotham Square.

    私達はこのセットを Gotham Square と呼んでいます。

  • And this is sort of our version of Times Square, the busy kind of market of Gotham in 1981.

    私達のタイムズスクエアで、1981年のゴッサムのような忙しい市場です。

  • And this is interesting because we shot this in Newark, New Jersey and here's Arthur down there, this little clown in this big, imposing world.

    とてもおもしろいんですよ。私達はこれをニューアークやニュージャージーで撮影しました。この大きくて印象的な世界の中に小さなピエロのアーサーはいるのです。

  • I would say pretty much everything from here [to] back here is CG world building.

    ここからここまでの殆どがCGです。

  • The only real stuff is what you see here in the foreground.

    実物は前景ですね。

  • We put up things like that, you know we built this theater, changed it into a porn theater of this time, practically we did all that, but yeah, all this deep background stuff, even those cars and the buildings, that's all put in later in post.

    このこういったものを置いて、シアターを造り、それをこの時代のポルノシアターに変えました。ほとんど私達でやりましたね。ですがこの遠くに見えるものや車、建物は後になって付け加えたものです。

  • I always think this shot is particularly beautiful and helps in just setting the stage of Arthur's world.

    このシーンは特に美しく、アーサーの世界をうまく映し出すことに役立っていると思います。

  • And this is really where Arthur is at home.

    これは本当にアーサーのいる世界という感じですね。

  • He's got a mask on, he's pretending to be somebody else and he gets lost in his work.

    彼はマスクを被り、誰かになりすまし、仕事に没頭する。

  • It's also where we learned that Arthur has music in him.

    アーサーに音楽の才能があるということを我々が知る場所でもあります。

  • Something I conveyed to Joaquin was that Arthur is a guy that has music in his soul and that will continue when he transforms in Joker.

    私がホアキンに伝えたのはアーサーは心に音楽があり、ジョーカーになっても続くということです。

  • And this is one of the visual representations of him having that music.

    そしてこれがその音楽を持っていることの視覚的な表現の1つです。

  • Joaquin probably practiced with this sign for about two or three days.

    ホアキンはおそらく2、3日かけてこのサインを練習しました。

  • It was more complicated than it looks.

    見た目よりも難しいんですよ。

  • Grab it!

    捕まえて!

  • Go go go!

    行け!

  • Hey!

    おい!

  • And then the other complicated thing is running in these giant clown shoes.

    これ以外に難しいことは、この大きな道化師の靴で走るということです。

  • Like every movie, you know, we spoke a lot about every element of the movie, and Mark Bridges, who's a fantastic costume designer, designed all the wardrobe in the movie.

    どの映画においても、私達は映画の多くのことを語ってきました。マークブリッジ、彼はすばらしい衣装デザイナーですが、映画の全ての衣装をデザインしました。

  • And we spoke about this particular outfit for Arthur a lot.

    そしてアーサーのこの服についてはかなり話しましたね。

  • And also these shoes and how big can these shoes be, for him to run through the streets of Gotham and how big can this sign be for him to actually pull off being able to do this, like one of those sign guys you see on the street.

    そしてこの靴もですね。この靴をどういうサイズで作ったらそれを履いたままでも走れるのか。またこの看板をどういうサイズにしたら、彼は町中の他の看板と同じように回転したりすることができるのをよく考えていました。

  • And his costume is inspired a little bit by Charlie Chaplin.

    彼のコスチュームはチャーリー・チャップリンからインスパイアされています。

  • There's a grace to Arthur that if he would just let go and take off the mask, he would find.

    アーサーには、自由になってマスクを取ると見つけられるという気品があります。

  • And that's kind of what happens when he becomes Joker, ironically, it's Arthur taking off the mask, even though he's putting on white face paint and dying his hair green.

    そして彼がジョーカーになるとそれは起こるんです。たとえアーサーがマスクを取って、顔に白い色を塗ったり、髪の毛を緑に染めたとしても、その気品はまだ存在しています。それがすごく皮肉なところですね。

  • Go!

    行くぞ!

  • We got the sign!

    やったぞ!

  • Stop them!

    あいつらを止めて!

  • One of the complicated things about doing a period film is actually all these picture cars.

    時代劇をやっていて難しいことは、車をどう表現するかです。

  • All these cars have to be of the time.

    時代に合わせなければいけません。

  • We basically had to take over this whole street in Newark, so this is what I mean, this is a big shot actually with a ton of real, practical picture cars and it goes pretty deep and again, I would say probably all that is CG back there, it's world building.

    基本的にはニューアークの道をそのまま使うことになるので、車でで臨場感を決めるのです。こういった昔の車や背景などもそうですよ。この辺はCGでしょうね。

  • A lot of our visual references were movies that were late 70s, early 80s films.

    私達にとって70年代後期や80年代前半の映画には参考になるところがたくさんあります。

  • Larry and I really chose to shoot a ton of this really long lens so you have that real shallow depth of field that you see in some of those old school movies.

    ラリーと私は長いレンズを使って撮ることにきめました。そうすることで昔の映画の浅い被写界深度が見えます。

  • So something like this shot is a perfect example of how blurry everything is back here in the background and really the only focus is one, two, three, four, where the guys you really want in focus.

    ですからこのような画像は背景部がどれほどぼやけているかがわかる完璧な例です。1、2、3、4人。これらの人物に焦点を当てるのです。

  • Everything else is kind of blurry, and that's one of those things with those old films that used to basically steal shots on live streets, right?

    他はぼやけていますね。古い映画の良いところは、実際の道で撮るということです。

  • "The French Connection", you know the camera's over here and they're just following a car in real time.

    「フレンチ・コネクション」では、カメラはここにあって、リアルタイムで車を追っているんです。

  • And we tried to give it that look and it gives it a visceral feel.

    そう見せるようにはしていますが、このテクニックは本能的な反応を与えることが出きます。

  • Joaquin has a great stunt double, named Steve Izzi, we call him Izzi, and Izzi did all of Joaquin's kind of near misses and things like that.

    ホアキンには Steve Izzi というすばらしいスタントマンがいます。私達は Izzi と呼んでいますがね。 Izzi はスリリングなシーンを全て担当しています。

  • I like the scope of this shot.

    私はこの視界が好きですね。

  • Again, this is all live done by Mark Friedberg, except weirdly, because I'm obsessive, I didn't like the blank space, so this building's back here, that's all put in.

    繰り返しになりますが、これらは全てマーク・フリードバーグによって現場で指揮されています。ここ以外はですけどね。気になってしまう質なのです。空白はあまり好きではないのでこの後ろの建物は後で付け足しました。

  • Because I wanted it to feel really oppressive and Gotham is always over Arthur and we just didn't love any kind of blank spaces in the skyline, so to speak.

    私は圧迫感があり、アーサーがゴッサムに包まれている感じを出したかったので、背景に空白の部分を作るのはあまりやりたくなかってんですよ。言ってしまえば。

  • Get out of the way!

    どけ!

  • Stop them!

    彼らを止めて!

  • I remember when I was making a movie called Starsky and Hutch with Ben Stiller, I wanted Ben running in this opening thing, I forget what it was, and Ben kept saying, why is he running so much?

    ベン・スティラーと一緒に「刑事スタスキー&ハッチ」を制作した時、ベンにはオープニングで走ってもらいたかったのですがどんなシーンだったか忘れてしまいました。ベンは「なぜこんなに走るんだ?」とずっと言っていましたね。

  • And I said, I feel like you never really know somebody until you see them run.

    私は走っている様子を見て初めてその人を知ることができたように感じると言いました。

  • And there's something about Arthur running in the opening that really, the way Joaquin runs, cause 99 percent of this running is Arthur, the only thing really that Izzi did there was that slip,

    オープニングでアーサーが走るシーンがあるのですが、99%はアーサーの走りで、残り1%の走りは Izzi が滑ったところです。

  • And it's funny because when we tried takes with Izzi running, it just never worked, because he just didn't have Arthur's run.

    面白いのは Izzi の走りを撮ろうとした時、全然だめだったんですよ。アーサーが走っているように見えなかったんです。

  • Joaquin is so specific in the way Arthur's run looked, I thought it was really something.

    ホアキンの走りは本当にアーサーの走りなんです。

  • So the slide, which is tough to do, and impossible for Joaquin to have pulled off, Izzi came in and did, but everything else is really Joaquin.

    ですから難しいスライドやホアキンではできないようなアクションは izzi がやるんですが、ほかは全部ホアキン本人です。

  • Come on!

    来い!

  • Beat his ass up!

    ぶん殴れ!

  • Come on, this guy is weak, he can't do nothing.

    こいつはてんで駄目だ!弱っちい。

  • Harder, harder!

    もっとやれ!

  • Beat him up!

    こてんぱんにしちまうぞ!

  • This shot is very particular because Larry and I felt early on, and we don't do this a lot in the movie.

    このシーンはとても特殊で、ラリーと私も最初からそう感じていました。映画で頻繁にはやりませんね。

  • But we wanted the frame to feel out of a graphic novel, and we don't do this framing a ton, but this felt like a frame of any kind of graphic novel, that you know, you would read and it's not a normal necessarily movie angle, to me it feels very graphic novel.

    ですがここは漫画のように思わせたかったですし、あまりこういった構図は用いないのですが、これは漫画のような視点であって必ずしも普通の映画のアングルでは無いので、かなり漫画らしいなと思います。

  • That was an important shot for us to get.

    これは私達にとってかなり大事なシーンです。

  • So this is one of my favorite shots in the whole movie.

    これは作中でもかなり好きなシーンですね。

  • And it obviously depicts his loneliness and his pain.

    明らかに彼の孤独と痛みを描き出しています。

  • But really the important part of this shot, so first he's trying to reach for the sign, like maybe I can still fix this.

    しかしこのシーンの大事な部分は、はじめに彼はサインに手を伸ばそうとしているのです。まだ手直しできそうです。

  • And then he rolls over.

    そして彼は寝返りを打ちます。

  • And he pushes that little button and the water comes out of the flower.

    彼は小さなボタンを押して花から水が出てきます。

  • Because what we're saying there with the water coming out of the flower, flower, is he's still Joker, he's still there to make people laugh, he's still seeing comedy in this moment of pain.

    花から水が出てくるのは彼は未だにジョーカーであり、彼はまだみんなを笑わせることができるのです。痛みの中にも笑いを見いだせるのです。

  • We shot these titles on film and then filmed them out, and put them back onto the digital negative.

    字幕をフィルムカメラで撮影した後、デジタルネガに戻しました。

  • You see this little bleed you get on the edges of the letters and those, you see the grain in the letters as the film moves, you see the grain, because again, we wanted this movie to feel like it could have come out in the summer of 1979.

    文字の端っこが小さくにじむほか、映画が再生されている間文字に粒子が映るので1979年夏に公開された映画のように感じられることを願っています。

  • So little details like that, like going back and shooting it on an animation stand, the way they shot film titles in the old days was really important to us and all the titles were filmed out that way.

    こういったちょっとした部分、例えばいまお話したようにアニメーションスタンドで作ったような字幕の作り方は方は私達にとってとても大事で、全ての字幕がこのように作られています。

  • Joaquin's performance is so nuanced, so as he shifts from Arthur to Joker, it's not like Clark Kent walking into a phone booth, and he comes out he's Superman, this is something that happens over two hours.

    ホアキンの演技はとても繊細なのでアーサーからジョーカーに変わる時というのは、決してクラーク・ケントが電話ボックスに入っていってスーパーマンになって出てくるのと同じというわけではないですが2時間後に渡って起きました。

  • And when you rewatch the film, I think you really get an appreciation for the work that Joaquin did to slowly turn that dial up the whole movie, and I just tried to match it with our directing style.

    もう一度映画を見る時はホアキンをとても気にいるでしょう。彼はゆっくりと JOKER の世界にあなたを引き込んでいきます。私達はそれを私達の演出スタイルでやろうとしました。

  • So "Joker" is that sort of wild stallion running without a rider.

    「ジョーカー」とは騎手のいない野生の種馬のようなものです。

  • Does that make sense?

    いかがでしょう?

Hi, I'm Todd Phillips, director of "Joker," and today we're gonna do a couple [of] scene breakdown[s] from the opening of the movie.

こんにちは。「ジョーカー」の監督のトッド・フィリップスです。今日は映画のオープニングからいくつかのシーンを一緒に見ていきましょう。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 アーサー ホアキン 映画 シーン ジョーカー 音楽

そして、それは誇大広告に生きていた!ジョーカー』でアカデミー賞を受賞したヴァークン、監督から絶賛される台湾版|台湾ヴォーグ (不負眾望!《小丑》瓦昆榮獲奧斯卡影帝 演技超細緻 導演大讚:我只負責配合他!|拆解經典電影|Vogue Taiwan)

  • 5322 250
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語