Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Some people call me crazy; I think I'm lucky.

    狂っていると言われる人もいますが、私はラッキーだと思っています。

  • My passion drives me every day:

    私の情熱が毎日を動かしています。

  • I'm an ultra-distance trail runner.

    私は超長距離トレイルランナーです。

  • What's ultra-distance trail running? Ultra-distance:

    超長距離トレイルランニングとは?超長距離

  • I run distances that are longer than your typical marathon.

    私は一般的なマラソンよりも長い距離を走っています。

  • 50 kilometers, 100 miles, ranges, miles in between those distances,

    50キロ、100マイル、距離、その間のマイル。

  • that's what gets me going every morning.

    それが毎朝の活力になっています。

  • And I don't do it on the roads, I choose to be on the trails.

    そして、私は道路ではなく、トレイルを選んでいます。

  • This is my playground.

    ここは私の遊び場です。

  • This is where I get to go train on a daily basis.

    これで毎日のように電車に乗れるようになりました。

  • It's not a paved path, it's rocky, it's rooty,

    舗装された道じゃないし、岩だらけだし、根っこの部分もあるし。

  • there's a chance of falling,

    落ちる可能性があります。

  • but there's also this amazing ability to get to places,

    しかし、この驚くべき場所に行く能力もあります。

  • on your own two feet, but nobody else will ever get to see.

    自分の二本足で、でも誰にも見てもらえない。

  • Those beautiful high alpine meadows,

    美しい高山の草原。

  • lakes, vistas that just take my breath away.

    湖、息を呑むような景色。

  • I finished my twelfth 100 mile race last weekend.

    先週末に12回目の100マイルレースを終えました。

  • Yeah, it was pretty cool.

    ええ、かなりかっこよかったです。

  • (Applause)

    (拍手)

  • What I want to share with you today is two 100-mile race stories that happened

    今日お伝えしたいのは、100マイルレースで起こった2つの出来事です。

  • the summer of 2009. I had the opportunity

    2009年の夏。 機会があったので

  • to compete in two of the most competitive 100-mile races in the world.

    世界で最も競争力のある2つの100マイルレースに出場するために。

  • In end of June, I traveled to California for the Western States 100-Mile

    6月末にカリフォルニアで開催されたWestern States 100-Mileに参加してきました。

  • and then the end of August, eight weeks later, I traveled to France,

    そして、8週間後の8月末にフランスに旅行に行ってきました。

  • for the Ultra-Trail du Mont Blanc which is 103 miles around the Mont Blanc massif.

    モンブラン山塊の周囲103マイルのウルトラトレイル・デュ・モンブランのために。

  • So Western States, it starts at the base of Squaw Valley,

    だから西州、それはスクーバレーの麓から始まる。

  • it's an amazing ski resort, you look up at this 4-mile climb,

    ここは素晴らしいスキー場で、この4マイルの登りを見上げてみましょう。

  • 3000 feet of gain and that's the start of your race,

    3,000フィートのゲインを得て、それがあなたのレースのスタートです。

  • so you get to the top, you got 96 miles to go.

    頂上まであと96マイルだ

  • And I got to this race and I'd been racing for ten years at that point.

    このレースに出て、その時点でレースを始めて10年になります。

  • This is the start of my tenth 100 mile race,

    10回目の100マイルレースのスタートです。

  • and I decided to abandon my fundamental strategy.

    と、根本的な戦略を放棄することにしました。

  • My fundamental strategy is first to smile,

    私の基本戦略は、まず笑顔です。

  • I love what I do, I love running,

    走ることが大好きなんです。

  • so why would I be out there being grumpy or anything?

    なぜ私が外で不機嫌になるの?

  • But, I smile, that's my first thing.

    でも、私は笑顔で、それが第一です。

  • My second is to make sure that everybody else around me is enjoying what I'm doing,

    2つ目は、自分がやっていることを周りのみんなが楽しんでいるかどうかを確認することです。

  • because this is an opportunity not only to inspire myself

    これは自分を奮い立たせるだけでなく

  • but hopefully to inspire others.

    しかし、うまくいけば、他の人を鼓舞することができます。

  • And the third, and only once the first two are completed,

    そして3つ目、そして最初の2つが完成した時だけ。

  • is to be competitive, I can't help it, it's just part of my makeup.

    それは私のメイクアップの一部です。

  • I can't help but count the ponytails that go up the hill.

    坂道を上っていくポニーテールを数えずにはいられません。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Make sure that I'm still up there.

    私がまだそこにいることを確認してください。

  • So I started the Western States 100, there's this amazing countdown,

    それでウエスタンステーツ100を始めたんだけど、このすごいカウントダウンがあるんだ。

  • all this energy standing on the starting line of this 100 mile race,

    この100マイルレースのスタートラインに立って、このエネルギーを全て出し切りました。

  • these people,400 people start the Western States 100.

    これらの人々は、400人の人々が西部州100を開始します。

  • And it's just this amazing pulse, can you imagine your heartbeat,

    脈がすごいんですよ、あなたの鼓動を想像してみてください。

  • like my heartbeat's racing right now,

    今、私の心臓の鼓動がドキドキしているようだ。

  • just pulsing with 400 people

    400人で脈打つ

  • that have no idea what that first step is going to feel like,

    その最初の一歩がどんな感じになるのか見当もつかない。

  • or the step at mile 86 or when you finish on the track in Auburn.

    86マイルのステップか オーバーンのコースでフィニッシュした時か

  • And that unknown is pretty amazing. The countdown, 10 to 1, and off we went.

    そして、その未知の部分がかなりすごい。カウントダウンで10対1になって出発しました。

  • And I wasn't smiling, cos I was so focused, I wanted to win the Western States 100.

    ウェスタンステーツ100で優勝したいと思っていたからだ。

  • And I figured if I had to do it, I had to be competitive,

    やるなら競争相手になるべきだと思ったんだ

  • I had to go straight to number 3

    三番に直行して

  • right from the get go, and I raced up that mountain

    私はその山を駆け登っていった

  • and found myself at mile 30 completely depleted.

    そして30マイル目で完全に消耗していることに気がついた。

  • My crew, met me at mile 30. A crew in an ultra-distance race

    30マイルで出会ったクルー超長距離レースのクルー

  • is a group of people that are there to support you

    応援してくれる人たちの集まりである

  • and mine is like a NASCAR pit crew.

    そして私のはNASCARのピットクルーのようなものです。

  • I pull in, arms out, I've got new water bottles in each hand, new gels,

    両手には新しい水筒と新しいジェルを持っている。

  • energy food in my pockets, slap on the bottom, and out I go.

    私のポケットの中のエネルギー食品、底に平手打ち、そして私は行く。

  • (Laughter)

    (笑)

  • It's really cool, but I left,

    本当にかっこいいんだけど、辞めてしまいました。

  • and all the energy that they gave me I couldn't harness,

    彼らが与えてくれたすべてのエネルギーは、私には利用することができませんでした。

  • because I'd been running too hard, I'd been running too competitive,

    なぜなら、私はあまりにも競争力のある走りをしていたからです。

  • I hadn't been smiling, I missed the beautiful sunrise that morning.

    笑っていなかった私は、その日の朝の美しい日の出を見逃していました。

  • It wasn't the right way to go, but I still had to keep moving forward.

    それは正しい道ではありませんでしたが、それでも私は前に進み続けなければなりませんでした。

  • They were there for me, my mom was waiting to see me later on down the trail,

    彼らは私のためにそこにいて、私の母は後でトレイルを下って私を待っていました。

  • so I kept moving forward. From this mile 30 you have 20 miles down

    だから私は前に進み続けましたこの30マイルから20マイル下って

  • through these amazing hot canyons.

    これらの驚くべきホットな峡谷を通って

  • It's just like a hairdryer being blown down your throat.

    ドライヤーを喉に吹き付けられているようなものです。

  • And without having the proper nutrition and hydration

    そして、適切な栄養と水分補給をしないと

  • going through my body, my quads felt like they were being ripped apart

    大腿四頭筋がボロボロになったような感覚

  • on every stride down into these canyons,

    峡谷に降りるたびに歩を進める

  • then I had to get myself back up the other side.

    その時、私は反対側に戻ってきた。

  • Made it into mile 50 and I was having the most amazing pity party in my own head.

    50マイルまで行って、自分の頭の中で 驚くほどの同情会をしていた。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Walking, frowning, but I saw my crew and they are jumping up and down.

    歩きながら、顔をしかめながら、しかし、仲間を見てみると、彼らは飛び上がったり下がったりしている。

  • They're so excited that here I come in, I'm in third place,

    彼らはとても興奮していて、ここに来て私は3位になっています。

  • and the second woman just left and she looked like crap,

    二人目の女性が出て行ってしまったので、彼女はクソみたいな顔をしていました。

  • as far as they were concerned. (Laughter)

    彼らが気にしていた限りでは(笑)

  • I wanted to sit down in a chair, I wanted them to rub my legs

    椅子に座りたかった、足を揉んでもらいたかった

  • and make me feel better and they weren't having it.

    と私の気分を良くしてくれて、彼らはそれを持っていませんでした。

  • They shoved 2 popsicles in me, iced-handkerchief round my neck,

    アイスキャンディー2個を押し込まれて、アイスハンカチを首に巻かれた。

  • new shirt and off I was, down the trail.

    新しいシャツを着て、私は小道を下っていった。

  • At mile 68, you're able to have a pacer join you.

    68マイル地点では、ペーサーが参加してくれます。

  • So one of my crew members, a good dear friend of mine,

    それで、私のクルーの一人である親愛なる友人が

  • his name is Rock, joined me for the next 20 miles down to the river,

    彼の名前はロックで、川までの20マイルの道のりで私と合流しました。

  • and he pieced me back together.

    彼は私を元に戻してくれた

  • Admittedly I took a little bit of Advil, which I don't recommend,

    確かに私は少しだけアドビルを飲んだが、それはお勧めできない。

  • but it helps the pain in my quads. He got me eating again,

    が、大腿四頭筋の痛みに効くのでまた食べさせてくれました。

  • and he got me drinking and by the time I made it down to the American River

    彼は私に酒を飲ませてくれた 私がアメリカン・リバーに降りる頃には

  • and cross the river I was actually a little bit hell-out-of-energy,

    と川を渡ってみると......実はちょっと地獄のようなエネルギーを感じました。

  • and the water rejuvenated me.

    水が私を若返らせてくれた

  • It was like washing all of that pain off me and out the other side of the river

    痛みを洗い流して対岸に出て行くような感じでした。

  • and up, there's a 3 mile climb to the nex t80 mile aid station, where my friend Devin

    と上に、そこには、私の友人デビンは、私の友人のNex t80マイルエイドステーションへの3マイルの登りです。

  • was waiting to take me home.

    が家まで送ってくれるのを待っていました。

  • And we ran really well for the next 10 miles,

    そして、次の10マイルは本当によく走った。

  • and then the reality of what I'd done to myself set in.

    そして、私が自分自身にしたことが現実になりました。

  • And those last 10 miles, I'd told her before don't listen to me,

    最後の10マイルは、彼女に言ったんだが、俺の言うことは聞かないでくれと。

  • anything you I tell you, you tell me to run.

    俺が何を言っても逃げろと言うんだな

  • And she did she, she was awesome.

    そして、彼女は、彼女は、彼女は、彼女は、素晴らしかった。

  • Both of us were yelling at me to keep running, and my body was actually failing.

    二人とも「走り続けろ」と怒鳴っていましたが、実は体が故障していました。

  • By the time I got to the finish line, it was this pathetic shuffle,

    ゴールする頃には、この情けないシャッフルになっていた。

  • and my friends were there running with me for the last mile.

    と友人たちが最後の1マイルを一緒に走ってくれました。

  • And they humored me and kind of ran along with me even though it wasn't really a run,

    走ったわけではありませんが、ユーモアを交えて一緒に走ってくれました。

  • I made my way around the track and basically collapsed onto the race instructor,

    私はコースを周回して、基本的にはレースのインストラクターの上に倒れてしまいました。

  • with, you know, shoulders down, put a medal round my neck and nicely handed me off

    肩を落として メダルを首に巻いてくれて 綺麗にお見送りしてくれた

  • to my mom. And I actually look like I'm smiling

    ママにそして、私は実際に私が笑っているように見えます。

  • but I think I'm near passed out at this point.

    でも、この時点で気絶寸前だと思います。

  • The next step from this point was into the medical tent,

    ここから次のステップは医療テントの中へ。

  • where I spent the next 6 hours flat on my back on a cot.

    ベビーベッドに仰向けになって6時間を過ごしたところ。

  • I received 3 liters of IV fluid. I stood up at one point to try and prove

    3リットルの点滴液をもらいました。私は一度に立ち上がって証明しようとしました。

  • that I was OK and I passed out, blacked out, an ambulance was called.

    私は大丈夫だと言って気を失い、気を失って、救急車が呼ばれました。

  • It was a night of drama that I do not wanna repeat.

    繰り返したくないドラマの夜でした。

  • It took weeks. I spent the next couple of weeks

    週間かかりました。私は次の数週間を過ごしました

  • sitting on my couch with my legs up on a couple of pillows

    枕草子

  • my laptop staring me in the face, I was supposed to be working

    仕事をしているはずのノートパソコンが私の顔を睨みつけている

  • but hell I wasn't getting anything done. And I finally took some time to reflect

    しかし、私は何もしていませんでした。そして、私はついに反省する時間を取りました。

  • on what I had done to myself.

    自分がしたことについて

  • And that night when I was lying there in the cot,

    ベビーベッドで横になっていたあの夜も

  • there was a moment where I thought I might never run again,

    もう二度と走れないかもしれないと思った瞬間がありました。

  • like I might I might have just done something completely stupid,

    私は完全にバカなことをしたかもしれません。

  • that I might not even be able to run again

    もう走れないかもしれないほど

  • and so what is running to me, how important is it?

    で、私にとって走っていることは、どれだけ重要なことなのか?

  • I need running in my daily life, it is something that I feel

    日々の生活の中でランニングが必要だと感じていること、それは

  • even if I just get a run in, I have accomplished something.

    走り込むだけでも、何かを成し遂げたことになります。

  • And then when I build on top of that, I'm able to do that much more.

    そして、その上に構築することで、より多くのことができるようになりました。

  • Running is also an opportunity to share.

    ランニングはシェアする機会でもあります。

  • When I show up at the trailhead and meet my buddies,

    登山口に現れて仲間と合流すると

  • like I stand at the start of a race with 400 other people,

    400人のレースのスタート地点に立っているようなものです。

  • we're all in shorts and a t-shirt or in my case in a dress or skirt.

    みんな短パンにTシャツ、私の場合はワンピースかスカートです。

  • And we're all the same, it doesn't matter where we came from,

    どこから来たかは関係ない。

  • if we're a lawyer, a doctor, a secretary or a nurse,

    私たちが弁護士や医者、秘書や看護師であれば

  • we're all there, we're all the same, we're stripped down

    俺たちはみんなそこにいる、俺たちはみんな同じだ、俺たちは剥ぎ取られている

  • to the real, raw, core, pure person of ourselves.

    自分自身の本当の、生の、芯のある、純粋な人に。

  • 8 weeks later I found myself in France

    8週間後、私はフランスにいることを発見しました

  • standing at the start of the Ultra-Trail du Mont Blanc.

    ウルトラトレイル・デュ・モンブランのスタート地点に立つ。

  • 2500 runners start this race, people from all over the world,

    2500人のランナーがこのレースをスタートし、世界中の人々が参加します。

  • and remember that pulsing I was talking about ...

    と私が話していたその脈動を覚えている...

  • It was incredible standing here and not only from the runners,

    ランナーからだけでなく、ここに立っていることが信じられないほどでした。

  • the streets are lined with people just reaching out,

    通りには手を伸ばしただけの人が並んでいます。

  • it was like the star tof the Tour de France.

    それはツール・ド・フランスのスターのようなものでした。

  • They're running out in front of you taking pictures

    彼らはあなたの前で写真を撮って走っています。

  • and then disappearing so that you can make your way by.

    と消えてしまうので、自分で道を切り開くことができます。

  • I think my favorite part about this race

    このレースで一番好きなのは

  • was that energy from all of the people

    は、そのエネルギーをみんなで

  • and then the ability to be in places like this.

    そして、こんなところにも能力を発揮します。

  • The solitude, the time on my own and at this race,

    孤独、自分の時間、そしてこのレースでの時間。

  • I was there, I was present, I was listening, when I was moving through the town

    町を移動している時に、私はそこにいて、存在して、聞いていました。

  • and in through the people sitting on the streets drinking a beer

    通りに座ってビールを飲んでいる人たちの間を通り抜けて

  • and giving a high-five as you ran through. I heard them yell, like,

    ハイタッチをしながら 走り抜けていった叫び声が聞こえました

  • "That girl's wearing a skirt."

    "That girl's wearing a skirt.&quot.

  • And then I was off in the mountain itself,

    そして、私は山そのものにオフになっていました。

  • this race circumnavigates the Mont Blanc massif.

    このレースはモンブラン山脈を一周します。

  • There's 30,000 feet of elevation change.

    3万フィートの標高変化があります。

  • To put that into perspective, that's like summiting Mount Everest

    それを考えると、エベレスト登頂のようなものです。

  • and then returning to sea level in a day.

    で、1日で海面に戻る。

  • You need to run through 3 countries, so the language is changing

    3カ国を駆け抜ける必要があるので言語が変わる

  • as you're out there. It's pretty cool.

    あなたがそこにいるようにそれはとてもクールなことです。

  • So my time to shine. I was smiling.

    だから私の輝く時間。私は微笑んでいました。

  • Thus making sure that the girls that were crewing me that day

    このようにして、その日に私を操縦していた女の子たちが

  • were having a good time.

    は楽しく過ごしていました。

  • I got into the 110 km point of the race and I was just hungry.

    110km地点でお腹が空いてきたので、それに乗っかった。

  • And I have to admit it's really embarrassing how much I can eat

    そして、私はそれを認めなければならない 私は本当に恥ずかしくて食べられません。

  • and how quickly I can eat when I'm doing one of these things.

    と、このうちの一つをやっている時にどれだけ早く食べられるか。

  • And I'm inhaling a bowl of pasta and they're kinda pulling it out my hands

    パスタを吸い込んでいると、彼らは私の手からそれを引っ張り出してきます。

  • and they're trying to get me, well, "Move out of there, aid station."

    and they're trying to get me, well, "Move out of there, aid station.&quot.

  • "How are the guys doing? My friend Jenny Uehisa,

    "みんな元気にしてますか?友人のジェニー上久です。

  • she's running her first international race, how's she doing?"

    彼女は彼女の最初の国際的なレースを実行している、どのように's彼女はやっていますか?

  • I knew she was back a little ways.

    彼女が少し戻ってきたのは知っていました。

  • And finally they said, "Krissy would you get going, you're leading the race?"

    そして最後に彼らは言った、"クリッシーはあなたが行くようになるだろう、あなたは're leading the race?

  • And I don't know if I threw the bowl down or passed it off to my crew

    そして、ボウルを投げ捨てたのか、それともクルーに渡したのかはわからない。

  • I was cranking, I used poles in that race to help with my stability

    クランキングしてたんだ、あのレースでは安定性のためにポールを使ったんだ。

  • while I was running around the Mont Blanc massif.

    モンブランのマッシフを走り回っている間に

  • I had 3 climbs to focus on to get me to the finish,

    ゴールまでたどり着けるように、3つの登りを重点的にやっていました。

  • and when I got to the top of the third climb

    そして、3つ目の登りの頂上に着いたとき

  • made this long traverse, I looked over my shoulder,

    この長い縦走をしたとき、私は肩越しに見た。

  • but I didn't see anybody but I didn't let that deter me.

    でも、誰にも会わなかったけど、それを気にすることはなかった。

  • I was full-on sprint, my patella tendons hurt like you wouldn't believe,

    全力疾走で、膝蓋骨の腱が信じられないほど痛んだ。

  • but I was able to ignore the pain.

    が、痛みを無視することができました。

  • And I remember this photographer, he was leapfrogging with me down the trail

    この写真家を覚えています 彼は私と一緒に登山道を 飛び跳ねていました

  • and he would take my picture and then jump ahead.

    と言って、私の写真を撮ってくれて、先にジャンプしてくれました。

  • And when we hit the bottom of the trail and the trail opened up to the road,

    そして、その底にぶつかった時に、道が開いた。

  • and I could see the shops of Chamonix ahead of me,

    と、目の前にシャモニーのお店が見えてきました。

  • he'd had his camera poised, but then he put it down and he raised his hand

    彼はカメラを構えていたが、カメラを置いて手を上げた。

  • for the most amazing high-five I've ever had in my life.

    これまでの人生で最も驚くべきハイタッチをしてくれた。

  • Tears are streaming down my face because the reality of putting it all together,

    涙が顔面に流れているのは、すべてをまとめてしまう現実があるからです。

  • my failure, all that pain, that I felt at Western States,

    私の失敗も、西部劇で感じた痛みも。

  • it wasn't for naught, I learned from that experience,

    その経験から学んだことは、決して無駄ではありませんでした。

  • and I applied it, and I ran that last half-mile through

    私はそれを塗り、最後のハーフマイルを走り抜けた

  • the streets of Chamonix six people deep

    シャモニーの路上には6人の人々がいる

  • were leaning out over the finish-line chute to give me a high-five.

    はフィニッシュラインのシュートの上に身を乗り出してハイタッチをしてくれました。

  • That's probably one of my favorite photos from racing.

    レースで撮った写真の中で一番好きな写真だよ。

  • I had just this overwhelming feeling as I ran into the finisher chute

    フィニッシャーシュートに突っ込んだ時の圧倒的な感覚は

  • and into the arms of these girls.

    そして、彼女たちの腕の中へ。

  • But you can learn from yourself when you put yourself in a position

    しかし、自分の立場になってみると、自分から学ぶことができます。

  • to do something that you might first think is impossible and then you make it possible.

    をすることで、最初は不可能だと思っていたことを可能にすることができます。

  • You open yourself up to this pure, raw, real, creative form of yourself.

    あなたは自分自身のこの純粋な、生の、本当の、創造的な形に自分自身を開きます。

  • You see yourself there, you see how you react to the world.

    そこにいる自分を見て、世界への反応を見る。

  • Back to that Western States example, I was in a cranky spot,

    西部劇の例に戻りますが、私は不機嫌になっていました。

  • but those people that have all that energy and they gave it to me that day,

    でも、そのエネルギーを持っている人たちが、その日のうちに私に与えてくれたんです。

  • I could have told them, "No, I'm sitting down in this chair."

    私は彼らに言ったかもしれない、"No、私はこの椅子に座っています。

  • I kept going with them, so I saw how I react in the world.

    私は彼らと一緒に進み続けたので、世界での反応を見ていました。

  • And if you can take that from this place of physical movement

    そして、この物理的な動きの場所からそれを取ることができれば

  • and then apply it to your daily life when you're moving through,

    そして、あなたが通って移動しているときにそれを日常生活に適用します。

  • interacting with your friends, peers.

    友達や仲間との交流

  • You know even today and you can be that real, rock person of yourself,

    あなたは今日も知っているし、あなた自身の本当の、ロックな人になることができます。

  • how beautiful could this world be?

    如何に美しいか

  • I feel really privileged to be here today and share these ideas of learning.

    今日ここに来て、これらの学習のアイデアを共有できることを本当に光栄に思っています。

  • I've learned a lotfrom the people in this crowd,

    私はこの群衆の人々から多くのことを学びました。

  • I just thank you for your time.

    お手数をおかけしました。

  • (Applause)

    (拍手)

Some people call me crazy; I think I'm lucky.

狂っていると言われる人もいますが、私はラッキーだと思っています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マイル レース トレイル クルー 走っ 走り

TEDx】xOTEDverlake - Krissy Moehl - Life in Motion.動きを通して学ぶ

  • 12577 853
    阿多賓 に公開 2014 年 01 月 16 日
動画の中の単語