Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For centuries,

    何世紀にもわたって

  • people have consumed bugs,

    人は虫を消費してしまった。

  • everything from beetles

    虫もの

  • to caterpillars,

    を毛虫に

  • locusts,

    イナゴ

  • grasshoppers,

    バッタ。

  • termites,

    シロアリ

  • and dragonflies.

    とトンボが出てきました。

  • The practice even has a name:

    練習には名前までついています。

  • entomophagy.

    昆虫食。

  • Early hunter-gatherers probably learned

    初期の狩猟採集民は、おそらく

  • from animals that foraged

    獲物から

  • for protein-rich insects

    たんぱく質を多く含む昆虫のために

  • and followed suit.

    と続きました。

  • As we evolved

    進化していく中で

  • and bugs became part of our dietary tradition,

    と虫が食生活の一部になりました。

  • they fulfilled the role

    役割を果たした

  • of both staple food

    主食と主食の両方の

  • and delicacy.

    と繊細さを表現しています。

  • In ancient Greece,

    古代ギリシャでは

  • cicadas were considered luxury snacks.

    セミは高級なお菓子とされていました。

  • And even the Romans found beetle larvae

    そしてローマ人でさえ甲虫の幼虫を見つけた

  • to be scrumptious.

    美味しくなるように

  • Why have we lost our taste for bugs?

    なぜ虫の味覚がなくなってしまったのか?

  • The reason for our rejection is historical,

    拒絶の理由は歴史的なものです。

  • and the story probably begins

    と物語が始まるのではないでしょうか

  • around 10,000 BC in the Fertile Crescent,

    肥沃な三日月の紀元前1万年頃。

  • a place in the Middle East

    中東

  • that was a major birthplace of agriculture.

    農業発祥の地であった

  • Back then, our once-nomadic ancestors

    その頃、かつての遊牧民の祖先は

  • began to settle in the Crescent.

    三日月に定住し始めた。

  • And as they learned to farm crops

    そして、農作物の栽培を学んでいくうちに

  • and domesticate animals there,

    とそこでの動物の家畜化。

  • attitudes changed,

    態度が変わった。

  • rippling outwards towards Europe

    ヨーロッパへの波及

  • and the rest of the western world.

    と西欧圏の他の国の人たちが言っていました。

  • As farming took off,

    農業が軌道に乗ったように

  • people might have spurned bugs as mere pests

    虫嫌い

  • that destroyed their crops.

    作物を破壊した

  • Populations grew,

    人口が増えた。

  • and the West became urbanized,

    と欧米が都市化していった。

  • weakening connections with our foraging past.

    狩りの過去とのつながりを弱めている

  • People simply forgot their bug-rich history.

    人は単にバグだらけの歴史を忘れているだけ。

  • Today, for people not accustomed to entomophagy,

    今日は、昆虫食に慣れていない人のために。

  • bugs are just an irritant.

    虫はただの刺激物

  • They sting and bite

    刺されて噛まれる

  • and infest our food.

    と私たちの食べ物をはびこらせます。

  • We feel an "ick factor" associated with them

    私たちは、それらに関連した "ick factor "を感じています。

  • and are disgusted

    呆気にとられる

  • by the prospect of cooking insects.

    昆虫を調理することに期待して

  • Almost 2,000 insect species are turned into food,

    2,000種類近くの昆虫が餌になっています。

  • forming a big part of everyday diets

    日頃の食生活に欠かせない

  • for two billion people around the world.

    世界中の20億人のために

  • Countries in the tropics are the keenest consumers

    熱帯地域の国々は、最も熱心な消費者である

  • because culturally it's acceptable.

    文化的には受け入れられるから

  • Species in those regions are also large,

    それらの地域の種も大きい。

  • diverse,

    違っています。

  • and tend to congregate in groups or swarms

    群をなして集う

  • that make them easy to harvest.

    収穫しやすいように

  • Take Cambodia in southeast Asia

    東南アジアでカンボジアを取る

  • where huge tarantulas are gathered,

    巨大なタランチュラが集まる場所

  • fried,

    揚げる。

  • and sold in the marketplace.

    で販売されています。

  • In southern Africa,

    アフリカ南部では

  • the juicy mopane worm is a dietary staple,

    ジューシーなモペイン虫はダイエットの定番です。

  • simmered in a spicy sauce

    ピリ辛煮

  • or eaten dried and salted.

    または乾燥させて塩漬けにして食べる。

  • And in Mexico, chopped jumiles

    そしてメキシコでは、みじん切りにしたジュミレス

  • are toasted with garlic, lemon, and salt.

    はニンニク、レモン、塩でトーストしています。

  • Bugs can be eaten whole to make up a meal

    虫は丸ごと食べて食事を作ることができる

  • or ground into flour, powder, and paste

    擂り潰し

  • to add to food.

    を料理に加えます。

  • But it's not all about taste.

    でも、味が全てではありません。

  • They're also healthy.

    彼らも元気です。

  • In fact, scientists say entomophagy

    実際には、科学者たちは昆虫食だと言っています。

  • could be a cost-effective solution

    費用対効果が高い

  • for developing countries that are food insecure.

    食糧不安のある途上国のために

  • Insects can contain up to 80% protein,

    昆虫には最大80%のタンパク質が含まれています。

  • the body's vital building blocks,

    身体に不可欠な構成要素です。

  • and are also high in energy-rich fat,

    と、エネルギー豊富な脂肪も多く含まれています。

  • fiber,

    繊維である。

  • and micronutrients like vitamins and minerals.

    や、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が含まれています。

  • Did you know that most edible insects

    ほとんどの食用昆虫を知っていましたか?

  • contain the same amount

    同量を含む

  • or even more mineral iron than beef,

    または牛肉よりもミネラル鉄分が多い。

  • making them a huge, untapped resource

    膨大な未開拓資源

  • when you consider that iron deficiency

    鉄分不足を考えると

  • is currently the most common nutritional problem

    は、現在、最も一般的な栄養上の問題である

  • in the world?

    世界で?

  • The mealworm is another nutritious example.

    ミールワームも栄養価の高い例です。

  • The yellow beetle larvae are native to America

    アメリカ原産のキクイムシの幼虫

  • and easy to farm.

    と農作業がしやすい。

  • They have a high vitamin content,

    ビタミンが多く含まれています。

  • loads of healthy minerals,

    健康的なミネラルの負荷。

  • and can contain up to 50% protein,

    と最大50%のタンパク質を含むことができます。

  • almost as much as in an equivalent amount of beef.

    牛肉とほぼ同じくらいの量の

  • To cook, simply saute in butter and salt

    調理方法は、バターと塩で炒めるだけ。

  • or roast and drizzle with chocolate

    またはローストしてチョコをかけて

  • for a crunchy snack.

    サクサクのおやつに

  • What you have to overcome in "ick factor,"

    "チック・ファクター "で克服しなければならないこと

  • you gain in nutrition

    養分が増える

  • and taste.

    と味見をします。

  • Indeed, bugs can be delicious.

    確かに、虫は美味しくいただけます。

  • Mealworms taste like roasted nuts.

    ミールワームはローストナッツのような味がします。

  • Locusts are similar to shrimp.

    イナゴはエビに似ています。

  • Crickets, some people say,

    コオロギと言う人もいます。

  • have an aroma of popcorn.

    ポップコーンの香りがする

  • Farming insects for food

    食用昆虫の養殖

  • also has less environmental impact

    また、より少ない環境への影響があります。

  • than livestock farms do

    畜産よりも

  • because insects emit far less greenhouse gas

    昆虫は温室効果ガスの排出量がはるかに少ないから

  • and use up less space, water, and food.

    と、少ないスペース、水、食べ物を使い切る。

  • Socioeconomically, bug production

    社会経済的には、バグ生産

  • could uplift people in developing countries

    発展途上国の人々の心を高揚させることができる

  • since insect farms can be small scale,

    昆虫農場は小規模でもいいので

  • highly productive,

    生産性が高い。

  • and yet relatively inexpensive to keep.

    でありながら、比較的安価に手に入れることができます。

  • Insects can also be turned

    昆虫もまた

  • into more sustainable food for livestock

    家畜のためのより持続可能な食料へ

  • and can be reared on organic waste,

    と有機廃棄物で飼育することができます。

  • like vegetable peelings,

    野菜の皮のように

  • that might otherwise just end up rotting in landfills.

    そうでなければ埋め立て地で腐ってしまうかもしれません。

  • Feeling hungry yet?

    お腹が空いた?

  • Faced with a plate of fried crickets,

    揚げたコオロギの皿に直面して。

  • most people today would still recoil,

    今日もほとんどの人が反動で

  • imagining all those legs and feelers

    足腰を想像して

  • getting stuck between their teeth.

    歯と歯の間に挟まって

  • But think of a lobster.

    でも、ロブスターのことを考えてみてください。

  • It's pretty much just a giant insect

    かなり巨大な昆虫になっています

  • with legs and feelers galore

    あしもふらずにはいられない

  • that was once regarded

    とされていた

  • as an inferior, repulsive food.

    劣った、反発する食べ物として

  • Now, lobster is a delicacy.

    さて、ロブスターは珍味です。

  • Can the same paradigm shift happen for bugs?

    バグにも同じパラダイムシフトが起こりうるのか?

  • So, give it a try!

    ということで、試してみてください。

  • Pop that insect into your mouth,

    その虫を口に突っ込んで

  • and savor the crunch.

    とカリカリを味わう。

For centuries,

何世紀にもわたって

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 昆虫 ミネラル バグ コオロギ ロブスター

TED-Ed】YouTubeに接続する No thanks 虫を食べるべきか?- エマ・ブライス

  • 4166 397
    Go Tutor に公開 2014 年 01 月 06 日
動画の中の単語