Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • My name's Jade Samford and I do Sport and Exercise Sciences and for my third year dissertation

    私の名前はジェイド・サムフォード スポーツと運動科学をやっています 3年目の論文のために

  • project I've done a service evaluation of the Sandwell and West Birmingham Hospitals

    プロジェクト サンドウェル病院とウエスト・バーミンガム病院のサービス評価を行いました。

  • trust Phase 3 cardiovascular rehabilitation programme that's offered at City Hospital

    市立病院で提供されている信頼のフェーズ3心臓血管リハビリテーションプログラム

  • in Birmingham. Cardiovascular disease is a leading cause of mortality in the United Kingdom

    バーミンガムにある。心血管疾患はイギリスの死亡原因の第一位である。

  • and cardiac rehabilitation is put into place as a secondary prevention with the aims of

    を目的とした二次予防として、心臓リハビリテーションを実施しています。

  • restoring patientshealth from their disease condition and also ensuring that their quality

    患者の健康を病状から回復させ、また、患者の質を確保するために

  • of life is brought back to what it was previously. So the aim of this study was to basically

    を以前の状態に戻すことができます。そこでこの研究の目的は基本的には

  • see if the cardiac rehabilitation programme they offer at City Hospital was effective

    市立病院で提供されている心臓リハビリテーションプログラムが効果的であったかどうかを確認します。

  • and see whether there were any differences between sex, ethnicity and also the intervention

    と、性別、民族、また介入の間に違いがあったかどうかを確認してください。

  • of the patients. We had 94 patients in total all of them were referred to the outpatients

    の患者さんを紹介しました。全部で94人の患者さんがいましたが、その全てが外来に紹介されました。

  • for cardiac rehab at CH and they all underwent assessment before they started their exercise

    CHでの心臓リハビリのために、全員が運動を開始する前に評価を受けました。

  • training sessions. These assessments were anthropometric so we measure age, weight,

    トレーニングセッションが行われました。これらの評価は、年齢、体重を測定するので、体組成計を使用しました。

  • height and body mass index. We also did some cardiovascular assessments which included

    身長と体格指数を測定しました。また、以下のような心血管系の評価も行いました。

  • resting heart rate, resting blood pressure, heart rate maximum during exercise and then

    安静時心拍数、安静時血圧、運動時心拍数最大値、その後

  • heart rate recovery and blood pressure recovery at one minute and five minutes post exercise.

    運動後1分5分で心拍数回復と血圧回復

  • Exercise capacity was determined by incremental shuttle walk test. Patients had to complete

    運動能力は増分シャトルウォークテストによって決定された。患者は

  • 24 exercise training sessions and then we did follow up measures. What we found was

    24回の運動トレーニングを行い、その後のフォローアップ対策を行いました。私たちが発見したのは

  • there was a significant increase in the number of shuttles which patients completed after

    の後に患者が完了したシャトルの数が大幅に増加しました。

  • cardiac rehab. There was also significant increase in heart rate recover at one minute

    心臓リハビリ。1分で心拍数回復の著しい増加もあった

  • and five minutes post exercise. There was no difference in anthropometric measures at

    と5分後の運動後に測定した。での体格差測定に差はありませんでした。

  • follow-up and there was also no difference in blood pressure at follow-up either. These

    であり、フォローアップ時の血圧にも差は見られなかった。これらの

  • findings are quite encouraging, we're showing that patients can walk further after cardiac

    の結果は非常に心強いものです。

  • rehabilitation and also that they have a greater reduction in heart rate after exercise, which

    リハビリテーションと運動後の心拍数の低下が大きいことも

  • is really good. We can use these findings as well for best practice in development of

    は本当に良いものです。これらの知見を、開発のベストプラクティスとしても活用することができます。

  • cardiovascular rehabilitation at City Hospital Birmingham.

    バーミンガム市立病院での心臓血管リハビリテーション

  • My name's Alex and for my third year dissertation as part of my Sport and Exercise Sciences

    私の名前はアレックスです。スポーツと運動科学の一環として3年目の論文を書いています。

  • degree I looked at matching energy intake to energy expenditure during different intensity

    度、異なる強度の間のエネルギー摂取量とエネルギー消費量を比較してみました。

  • exercise bouts. So basically we got people to do a VO2 max test. So they run as hard

    運動量を競うのです基本的にはVO2MAXテストをしてもらいましたそこで彼らは全力で走ります

  • as they can so we can work out their fitness levels. Then we get them to run at 60% or

    彼らができるように 私たちは彼らのフィットネスレベルを 鍛えることができますそれから私たちは60%で実行するためにそれらを得るか

  • 90% of their VO2 max. Both energy bouts were expending the exact same amount of energy,

    最大VO2の90%のエネルギーを消費しています。両者とも全く同じ量のエネルギーを消費していました。

  • 450 calories. From there we asked them to consume food to the same amount of what they

    カロリーは450キロカロリー。そこから、同じ量の食べ物を消費してもらいました。

  • thought that they and give us an estimation of what they had expended. So we found that,

    と思っていました そして彼らが費やしたものを 推定してくれましたそこで私たちはそれを発見しました

  • actually, a lower intensity or moderate intensity [exercise bout] causes people to, first of

    実際には、低強度または中程度の強度では、人々はまず第一に

  • all, think that theyve expended less energy and consume less energy compared to higher

    比べてエネルギー消費が少なくて済んだと思っている

  • intensities. This has implication on people trying to lose weight. So if choose a moderate

    激しさがあります。これは、体重を減らそうとしている人に意味があります。だから、中程度のものを選べば

  • intensity exercise bout it might actually cause a greater weight loss compared to higher

    強度の運動の試合は、実際に高いと比較して大きな減量を引き起こす可能性があります。

  • intensities. My name is Simon Franklin and I was looking

    激しさの中にも私はサイモン・フランクリンです探していたのは

  • at the effect of footwear on foot strike in middle- and long-distance. Basically we got

    中長距離でのフットストライクの効果で基本的には

  • runners into the lab and focused on kinematics associated between barefoot running and running

    ランナーを研究室に招き、裸足でのランニングとランニングに関連した運動学に焦点を当てました。

  • in shoes. We used our motion capture system that we have in the kinesiology lab to focus

    靴の中でキネシオロジー研究室にあるモーションキャプチャーシステムを使って

  • on differences in technique and style associated between running in barefoot and running in

    裸足とランニングのテクニックとスタイルの違いについて

  • shoes. The results we found from this were that middle distance runners, as they are

    の靴を履いています。そこからわかった結果は、中距離ランナーは、そのように

  • used to running more quickly and with more fore-foot strike which is associated with

    より速く、より多くの前足で走ることに慣れています。

  • barefoot running, that there was very little difference between running barefoot and running

    裸足で走ることと、裸足で走ることの間にはほとんど違いがなかったことを裸足で走ること

  • in shoes. Whereas in longer distance runners they normally adopt a rear-foot strike and

    靴の中で。一方、長距離ランナーでは通常、後足部のストライクを採用し

  • therefore running barefoot changes this and there are significant difference between the

    したがって、裸足で走ることはこれを変更し、そこには有意な差があります。

  • two conditions. Therefore, this has implications on the recommendation for middle- distance

    の2つの条件を満たしています。そのため、中距離推奨の意味合いがあります。

  • and long-distance runners as there is little difference between barefoot and shod in middle

    と長距離ランナーの間では、裸足と中足の違いはほとんどありません。

  • distance runners, the benefits which they'll get from doing barefoot will be very limited.

    距離ランナーは、彼らが裸足で行うことから得る利点は非常に限られています。

  • Whereas for long-distance runners, if they switch to running barefoot, this may alter

    一方、長距離ランナーの場合は、裸足でのランニングに切り替えると、これが変化する可能性があります。

  • their kinematics so they can be beneficial for their performance.

    その運動学は、彼らのパフォーマンスに有益であることができるように、彼らの運動学。

  • My name's Laura Bowen and I'm currently in my third year studying Sport and Exercise

    私の名前はローラ・ボーウェンです。

  • Sciences. My project was looking at how maximal and dynamic strength predicts sprint, shuttle

    科学私のプロジェクトは、最大強度と動的強度がどのようにスプリントやシャトルを予測するかを調べていました。

  • and jump performance in young elite footballers at Aston Villa Academy. It was based on a

    と、アストン・ヴィラ・アカデミーの若手エリートサッカー選手のジャンプパフォーマンス。に基づいていました。

  • previous study which looked at maximal strength and sprint and jump variables in adult elite

    成人エリートの最大強度、スプリント、ジャンプの変数を調べた先行研究

  • footballers. We tested 12 players. They did the one rep and three rep max dead lifts.

    サッカー選手の12人の選手をテストしました彼らは1レップと3レップの 最大デッドリフトをしました

  • They did two ten-metre sprints, two ten-metre shuttles and three counter-movement jumps.

    10m走を2回、10mシャトルを2回、カウンタージャンプを3回行いました。

  • We didn't find any relationship in the results for the one rep max or the three rep max predicted

    予測された1回の最大反復回数と3回の最大反復回数の結果には関係はありませんでした。

  • sprint, shuttle or jump. This could have been due to the fact that the players had never

    スプリント、シャトル、ジャンプなどのがなかったことが原因であった可能性があります。

  • had any strength training before so they didn't know how to maximally produce force. It also

    彼らは力を最大化する方法を知らなかったので、前に任意の強度のトレーニングをしていました。また

  • could be due to that fact that they all had different maturity levels. So, it might have

    というのは、それぞれの成熟度が違っていたからかもしれません。だから、それはもしかしたら

  • affecting their functional capacity. What we did find was maximal and dynamic strength

    機能的能力に影響を与えます私たちが見つけたのは、最大強度と動的強度です

  • was strongly related to one another but the sprint and shuttle were only moderately related

    は互いに強く関連していたが、スプリントとシャトルは中程度にしか関連していなかった。

  • and the jump didn't predict either sprint or shuttle. This suggest that we picked the

    とジャンプはスプリントやシャトルのどちらかを予測していませんでした。を選んだことを示唆しています。

  • wrong test to test sprint and jump and that also sprint and jump can't be grouped together

    スプリントとジャンプをテストするために間違ったテストもスプリントとジャンプを一緒にグループ化することはできません。

  • in young elite footballers. In future what we are going to do is use this dissertation

    若いエリートサッカー選手の中で将来的に何をしようとしているのかというと、この論文では

  • as a baseline and do a strength training intervention for a number of weeks and then test them again

    をベースラインとして、数週間の筋力トレーニング介入を行い、再度テストを行う。

  • to then see if a relationship exists. My name's Scott Powell, I'm a third year Sport

    関係があるかどうかを確認するために私の名前はスコット・パウエル スポーツ3年目です

  • and Exercise pupil. I've recently finished my third year dissertation project which is

    と運動部の生徒です。私は最近、3年生の論文プロジェクトを終えました。

  • looking coaches and athletes motivation in a grassroots football setting. What we specifically

    草の根サッカーの設定でコーチや選手のモチベーションを探しています。私たちが具体的に何を

  • wanted to look at was the antecedence of coachesspecific styles. So whether they used controlling

    ここで見たかったのは、コーチの特定のスタイルの先行性でした。つまり、彼らがコントロールを使っていたかどうか

  • styles or autonomy-supportive styles. Autonomy supportive styles are where you are offering

    スタイルまたは自律支援スタイル。自律支援スタイルは、あなたが提供しているところです。

  • your athletes choice and provision and this is very adaptive. Whereas controlling behaviour

    あなたの選手の選択と提供、これは非常に適応性があります。一方で行動を制御するのは

  • is where you give your athletes rewards or you may be threatening them, which is obviously

    は選手に報酬を与えたり、脅しをかけたりするところですが、これは明らかに

  • mal-adaptive to their athletes motivation. So we used a questionnaire which measured

    彼らの選手のモチベーションに不適応。だから我々は測定したアンケートを使用しました

  • a lot of variables for the motivational climate and we specifically found that a coach's basic

    モチベーションを高めるためには多くの変数があり、特にコーチの基本的なことがわかりました。

  • psychological need was associated with their autonomy-supportive style. So therefore you

    心理的な必要性は、彼らの自律支援型のスタイルと関連していました。したがって、あなたは

  • can conclude that the club environment should, sort of, create an environment where these

    クラブの環境は、ある種、これらの環境を作るべきだと結論づけることができる。

  • needs can be satisfied and therefore your coach is more likely to use more adaptive

    ニーズを満たすことができるので、コーチはより適応性の高いものを使用する可能性が高くなります。

  • coaching styles, which is autonomy-supportive. I also investigated for the perceived pressures

    コーチングスタイルは自律性を支えるものである。私はまた、知覚された圧力についても調査しました。

  • in the environment had any effect on the coach's style. We found no significant results in

    環境がコーチのスタイルに影響を与えていた。には有意な結果は見られませんでした。

  • this area but this may be because we looked at a grassroots sample. Future research may

    この分野では、草の根のサンプルを見たからかもしれないが、これは草の根のサンプルを見たからかもしれない。今後の研究では

  • look in a more competitive area of sport, so academy performers where there was high

    スポーツのより競争力のある分野で見て、高いがあったアカデミーのパフォーマー。

  • pressure and see whether this affects the coaching styles of those coaches.

    プレッシャーを感じて、それがそれらのコーチのコーチングスタイルに影響を与えるかどうかを見てみましょう。

My name's Jade Samford and I do Sport and Exercise Sciences and for my third year dissertation

私の名前はジェイド・サムフォード スポーツと運動科学をやっています 3年目の論文のために

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 裸足 強度 運動 スプリント シャトル ランナー

スポーツ・運動科学-3年次論文ポスター発表会

  • 102 7
    Why Why に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語