Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Book the Third: The Track of a Storm Chapter VIII.

    第三の予約:嵐第VIIIのトラックを。

  • A Hand at Cards

    カードでのハンド

  • Happily unconscious of the new calamity at home, Miss Pross threaded her way along the

    自宅での新たな災害の幸せに意識不明、ミスプロスは、一緒に彼女の方法をスレッド化

  • narrow streets and crossed the river by the bridge of the Pont-Neuf, reckoning in her

    狭い路地や橋、ポンヌフの橋で川を渡って、彼女の報い

  • mind the number of indispensable purchases she had to make.

    彼女がしなければならなかった不可欠購入数を気に。

  • Mr. Cruncher, with the basket, walked at her side.

    氏クランチャーは、バスケットで、彼女の側で歩いた。

  • They both looked to the right and to the left into most of the shops they passed,

    これらは両方とも、彼らが渡されたお店のほとんどに右に左に見えた

  • had a wary eye for all gregarious assemblages of people, and turned out of

    人々のすべての社交的な群集for用心深い目を持っていた、および判明した

  • their road to avoid any very excited group of talkers.

    話し手のいずれか非常に興奮したグループを避けるために、彼らの道。

  • It was a raw evening, and the misty river, blurred to the eye with blazing lights and

    それは生の夕方であり、霧川、燃えるライトで目にぼやけと

  • to the ear with harsh noises, showed where the barges were stationed in which the

    過酷な音で耳に、バージがどのに駐留された場所を示した

  • smiths worked, making guns for the Army of the Republic.

    スミスは、共和国の軍隊のために銃を作り、働いた。

  • Woe to the man who played tricks with _that_ Army, or got undeserved promotion in

    これくらいの軍隊とのトリックを再生、またはに不相応な昇進を得た人は災い

  • it!

    それ!

  • Better for him that his beard had never grown, for the National Razor shaved him

    彼のひげが成長していなかったことを彼のためのより良い、国立カミソリのために彼を剃った

  • close.

    閉じる。

  • Having purchased a few small articles of grocery, and a measure of oil for the lamp,

    食料品のいくつかの小さな記事を購入し、ランプの油の尺度なく、

  • Miss Pross bethought herself of the wine they wanted.

    ミスプロスのbethinkの過去過去分詞形彼らが望んでワインの彼女。

  • After peeping into several wine-shops, she stopped at the sign of the Good Republican

    いくつかのワインショップにのぞきした後、彼女はグッド共和党〜という看板のある店で停止

  • Brutus of Antiquity, not far from the National Palace, once (and twice) the

    古代のブルータス、それほど遠くない国立宮殿から、一度(二度)

  • Tuileries, where the aspect of things rather took her fancy.

    物事の側面は、むしろ彼女の空想を取ったチュイルリー、。

  • It had a quieter look than any other place of the same description they had passed,

    それは、彼らが通過した同じ記述の他の場所よりも静かな外観を持っていた

  • and, though red with patriotic caps, was not so red as the rest.

    そして、愛国的なキャップと赤いものの、残りの部分とそう赤ではなかった。

  • Sounding Mr. Cruncher, and finding him of her opinion, Miss Pross resorted to the

    ミスターCruncherを鳴らし、そして彼女の意見の彼を見つけること、ミスプロスはに頼っ

  • Good Republican Brutus of Antiquity, attended by her cavalier.

    古代の良い共和党ブルータスは、彼女の騎士が参加。

  • Slightly observant of the smoky lights; of the people, pipe in mouth, playing with

    、人々の口のパイプ、と一緒に遊んで、少々スモーキーライトの観察

  • limp cards and yellow dominoes; of the one bare-breasted, bare-armed, soot-begrimed

    ぐったりカードと黄色のドミノ、一つ裸の胸を、裸の武装、すす - 汚れたの

  • workman reading a journal aloud, and of the

    声に出して雑誌、とのを読んで職人

  • others listening to him; of the weapons worn, or laid aside to be resumed; of the

    彼に聞いて他の人、武器の着用、または再開するにはさておき敷設; of

  • two or three customers fallen forward asleep, who in the popular high-shouldered

    誰が人気が高いショルダーで眠って前方に倒れた二、三の顧客、

  • shaggy black spencer looked, in that

    シャギーブラックスペンサーはという点で、見

  • attitude, like slumbering bears or dogs; the two outlandish customers approached the

    熊や犬を眠るような態度、、2風変りな顧客が近づいて

  • counter, and showed what they wanted.

    カウンター、そして彼らが望んで示した。

  • As their wine was measuring out, a man parted from another man in a corner, and

    彼らのワインが出て測定したように、男は隅に別の男から別れて、

  • rose to depart. In going, he had to face Miss Pross.

    出発まで上昇した。行くで、彼はミスプロスに直面しなければならなかった。

  • No sooner did he face her, than Miss Pross uttered a scream, and clapped her hands.

    ミスプロスが悲鳴を口にし、彼女の手を拍手やいなや、彼は、彼女を直面していませんでした。

  • In a moment, the whole company were on their feet.

    現時点では、会社全体が自分の足にあった。

  • That somebody was assassinated by somebody vindicating a difference of opinion was the

    誰かが意見の相違をvindicating誰かによって暗殺されただった

  • likeliest occurrence.

    最も可能性の発生。

  • Everybody looked to see somebody fall, but only saw a man and a woman standing staring

    誰もが誰かの秋見て見ましたが、唯一の男と見つめて立っている女性を見た

  • at each other; the man with all the outward aspect of a Frenchman and a thorough

    お互いに、すべてのフランス人の外側面と徹底を持つ男

  • Republican; the woman, evidently English.

    共和党、女性、明らかに英語。

  • What was said in this disappointing anti- climax, by the disciples of the Good

    グッドの弟子で、この期待はずれのアンチクライマックスで何が言われて

  • Republican Brutus of Antiquity, except that it was something very voluble and loud,

    それは非常に容易に回転すると大きなものだったことを除けば古代共和党のブルータス、、

  • would have been as so much Hebrew or

    またはそんなにヘブライ語のようになっていた

  • Chaldean to Miss Pross and her protector, though they had been all ears.

    彼らはすべての耳をしていたもののカルデア人は、プロスと彼女のプロテクターを欠場する。

  • But, they had no ears for anything in their surprise.

    しかし、彼らは彼らの驚きに何のための耳がなかった。

  • For, it must be recorded, that not only was Miss Pross lost in amazement and agitation,

    の場合、それは、だけでなく、ミスプロスは驚き、動揺で失われたことを、記録する必要があります

  • but, Mr. Cruncher--though it seemed on his own separate and individual account--was in

    しかし、氏のクランチャーは、 - それは彼自身の独立した個々のアカウントに見えたのに - にあった

  • a state of the greatest wonder.

    最大の驚異の状態。

  • "What is the matter?" said the man who had caused Miss Pross to scream; speaking in a

    "?問題は何か"ミスプロスが悲鳴を上げる原因となっていた男は言った。で話し

  • vexed, abrupt voice (though in a low tone), and in English.

    、盛んに論じられる(低トーンのだが)声突然、英語で。

  • "Oh, Solomon, dear Solomon!" cried Miss Pross, clapping her hands again.

    "ああ、ソロモン、愛するソロモン!"ミスプロスは、再び彼女の手を叩き、叫んだ。

  • "After not setting eyes upon you or hearing of you for so long a time, do I find you

    "あなたがたの目を設定したり、そう長い間あなたのことを聞いていない後、私はあなたを見つけるのですか

  • here!"

    ここ!"

  • "Don't call me Solomon. Do you want to be the death of me?" asked

    "私にソロモンを呼び出さないでください。あなたが私の死になりたいですか?"尋ねた

  • the man, in a furtive, frightened way. "Brother, brother!" cried Miss Pross,

    ひそかな、おびえたように人、。 "ブラザー、兄弟!"ミスプロスは、叫んだ。

  • bursting into tears.

    涙に崩壊。

  • "Have I ever been so hard with you that you ask me such a cruel question?"

    "私はあなたが私にそのような残酷な質問を依頼することをあなたと一緒に懸命に行ったことがありますか?"

  • "Then hold your meddlesome tongue," said Solomon, "and come out, if you want to

    "それから、おせっかいな舌を保持する、"ソロモンは言った、"あなたがしたい場合は、出てくる

  • speak to me.

    私に話す。

  • Pay for your wine, and come out. Who's this man?"

    あなたのワインのために支払う、と出てくる。この人誰?"

  • Miss Pross, shaking her loving and dejected head at her by no means affectionate

    ミスプロスは、どのによって彼女で彼女の愛情と落胆頭を振っていないと、愛情の意味

  • brother, said through her tears, "Mr. Cruncher."

    兄、彼女の涙を通して言った、"氏たけた。"

  • "Let him come out too," said Solomon.

    "彼があまりにも出来るように、"ソロモンは言った。

  • "Does he think me a ghost?" Apparently, Mr. Cruncher did, to judge from

    "彼は私の幽霊と思うか?"どうやら、氏ランチャーから判断する、でした

  • his looks.

    彼は見える。

  • He said not a word, however, and Miss Pross, exploring the depths of her reticule

    しかし彼は、言葉では言い、ミスプロス、彼女のレチクルの深さを探求

  • through her tears with great difficulty paid for her wine.

    彼女のワインに対して支払われた非常に困難であると彼女の涙を介して。

  • As she did so, Solomon turned to the followers of the Good Republican Brutus of

    彼女がそうそうであったように、ソロモンはグッド共和党ブルータスの信奉者になった

  • Antiquity, and offered a few words of explanation in the French language, which

    古代、およびフランス語の言語での説明のいくつかの単語を提供し、その

  • caused them all to relapse into their former places and pursuits.

    彼らの元の場所と追求に再発するすべてのそれらを引き起こした。

  • "Now," said Solomon, stopping at the dark street corner, "what do you want?"

    "今、"ソロモンは、暗い街角で停止、言った、"あなたは何をしたいのですか?"

  • "How dreadfully unkind in a brother nothing has ever turned my love away from!" cried

    "兄は何もで過去から離れて私の愛をオンにしているか恐ろしく不親切!"叫んだ

  • Miss Pross, "to give me such a greeting, and show me no affection."

    ミスプロスは、"私にそのような挨拶を与え、私には愛情を示すしないように。"

  • "There.

    "がある。

  • Confound it! There," said Solomon, making a dab at Miss

    それを混乱させる! 、"ソロモンはミスでDABを作り、そこに述べて

  • Pross's lips with his own. "Now are you content?"

    彼の自分自身のもの気取るの唇。 "今、あなたは内容ですか?"

  • Miss Pross only shook her head and wept in silence.

    ミスプロスは首を横に振ったが、静かに泣いた。

  • "If you expect me to be surprised," said her brother Solomon, "I am not surprised; I

    "あなたは私が驚かされることが予想される場合、"彼女の兄弟ソロモンは、私は驚いていないです"と言ったが、私は

  • knew you were here; I know of most people who are here.

    ここで知っていた、私はここにいるほとんどの人々を発見された。

  • If you really don't want to endanger my existence--which I half believe you do--go

    あなたは本当に私の存在を危うくしないようにするには - 私は半分あなたが信じている - に行く

  • your ways as soon as possible, and let me go mine.

    あなたの道できるだけ早く、と私は鉱山を手放す。

  • I am busy.

    私は忙しい。

  • I am an official."

    私は公式のだ。"

  • "My English brother Solomon," mourned Miss Pross, casting up her tear-fraught eyes,

    "私の英語の弟ソロモン、"彼女の涙-満ちて目をキャストミスプロスは、、悲嘆に暮れる

  • "that had the makings in him of one of the best and greatest of men in his native

    "それは彼の母国での男性の最高かつ最高の一つの彼の素質を持っていた

  • country, an official among foreigners, and such foreigners!

    国、外国人、そのような外国人の間で公式!

  • I would almost sooner have seen the dear boy lying in his--"

    私はほとんどすぐに彼に横たわってかわいい男の子を見ているだろう - "

  • "I said so!" cried her brother, interrupting.

    "私がそう言った!"彼女の兄は中断、叫んだ。

  • "I knew it. You want to be the death of me.

    "私はそれを知っていた。あなたは私の死になりたい。

  • I shall be rendered Suspected, by my own sister.

    私は自分の妹で、疑いをしなければならない。

  • Just as I am getting on!" "The gracious and merciful Heavens forbid!"

    私が得る午前と同じように!""優雅で慈悲深い天禁止!"

  • cried Miss Pross.

    ミスプロスは叫んだ。

  • "Far rather would I never see you again, dear Solomon, though I have ever loved you

    私が今まであなたを愛しているのに"極東むしろ私は、ソロモン親愛なる、あなたにもう一度を参照してくださいことはない

  • truly, and ever shall.

    本当に、、これまでものとする。

  • Say but one affectionate word to me, and tell me there is nothing angry or estranged

    と言うが、私への1つ愛情の単語、そして怒っているまたは疎遠になって何もない私に教えて

  • between us, and I will detain you no longer."

    私たちの間に、と私はもはやあなたを拘留することはありません。"

  • Good Miss Pross!

    良いミスプロス!

  • As if the estrangement between them had come of any culpability of hers.

    まるでそれらの間の乖離は、彼女のどんな過失を来ていた。

  • As if Mr. Lorry had not known it for a fact, years ago, in the quiet corner in

    氏ローリーは、数年前、静かなコーナーで、事実のためにそれを知られていなかった場合のように

  • Soho, that this precious brother had spent her money and left her!

    ソーホー、この貴重な兄弟は、彼女のお金を費やして、彼女を残していった!

  • He was saying the affectionate word, however, with a far more grudging

    彼ははるかに渋々と、しかし、愛情の言葉を言っていた

  • condescension and patronage than he could have shown if their relative merits and

    彼はとその相対的な利点場合が示されているものよりも恩着せがましいこととご愛顧

  • positions had been reversed (which is

    位置はである(逆にされていた

  • invariably the case, all the world over), when Mr. Cruncher, touching him on the

    で彼に触れる氏にたけた、必ずケース、)上のすべての世界、

  • shoulder, hoarsely and unexpectedly interposed with the following singular

    かすれた声で、意外に以下の特異with介在さ肩、

  • question:

    質問:

  • "I say! Might I ask the favour?

    "私は言う!私は好意を頼むかもしれない?

  • As to whether your name is John Solomon, or Solomon John?"

    あなたの名前はジョンソロモン、またはソロモンジョンかどうかの?"

  • The official turned towards him with sudden distrust.

    関係者は突然の不信感をもって彼に向かってなって。

  • He had not previously uttered a word. "Come!" said Mr. Cruncher.

    彼は以前に単語を口にしていなかった。 "来て!"ミスタークランチャーは言った。

  • "Speak out, you know."

    "発言、あなたが知っている。"

  • (Which, by the way, was more than he could do himself.)

    (どちらが、方法によって、彼自身が行うことができますを超えていた。)

  • "John Solomon, or Solomon John? She calls you Solomon, and she must know,

    "ジョンソロモン、またはソロモンジョン? 、彼女はソロモンを呼び出し、そして、彼女は知っている必要があります

  • being your sister.

    あなたの姉妹であること。

  • And _I_ know you're John, you know. Which of the two goes first?

    と_I_はあなたが知っている、あなたがジョンなら知っている。このうちのどちらが先攻?

  • And regarding that name of Pross, likewise. That warn't your name over the water."

    そして同様に、プロスその名前に関して。それが水の上に名前をwarn't。"

  • "What do you mean?"

    "何を意味していますか?"

  • "Well, I don't know all I mean, for I can't call to mind what your name was, over the

    私はあなたの名前が何であったかを気にすることを呼び出すことができないため、"まあ、私は上の、、私の言いたいことすべてを知っていない

  • water." "No?"

    水""いいえ?"

  • "No. But I'll swear it was a name of two syllables."

    "いいえ。私はそれが2音節の名前だった誓うよ。"

  • "Indeed?" "Yes. T'other one's was one syllable.

    "確かに?""はい。 T'other自分の一音節だ。

  • I know you.

    私はあなたを知っている。

  • You was a spy--witness at the Bailey. What, in the name of the Father of Lies,

    ベイリーat証人 - あなたはスパイだった。何を、嘘の父の名の下に、

  • own father to yourself, was you called at that time?"

    自分自身に自分の父親は、その時点で呼ばれていた?"

  • "Barsad," said another voice, striking in.

    "Barsad、"別の声25.40打つ、だ

  • "That's the name for a thousand pound!" cried Jerry.

    "それは千ポンドの名前だ!"ジェリーは叫んだ。

  • The speaker who struck in, was Sydney Carton.

    インを襲ったスピーカーは、シドニーのカートンだった。

  • He had his hands behind him under the skirts of his riding-coat, and he stood at

    彼は彼のライディングコートのスカートの下に彼の後ろに手を持っていた、と彼はにとどまった

  • Mr. Cruncher's elbow as negligently as he might have stood at the Old Bailey itself.

    彼はオールドベイリー自体に立っているかもしれませんが過失として氏のクランチャーの肘。

  • "Don't be alarmed, my dear Miss Pross.

    "私の親愛なるミスプロス、いても心配しないでください。

  • I arrived at Mr. Lorry's, to his surprise, yesterday evening; we agreed that I would

    私は昨日の夜、彼の驚きに、氏はローリーのに到着、我々は、私がすることに合意した

  • not present myself elsewhere until all was well, or unless I could be useful; I

    すべてがうまくなるまで他の場所に自分自身を提示する、または私が役立つ可能性がありますしない限りではない、私は

  • present myself here, to beg a little talk with your brother.

    あなたの弟と少し話を請うために、ここで自分自身を提示する。

  • I wish you had a better employed brother than Mr. Barsad.

    私はあなたが氏Barsadより良い雇用の兄弟があればいいのに。

  • I wish for your sake Mr. Barsad was not a Sheep of the Prisons."

    私は氏Barsadは刑務所の羊ではなかったあなたのために望む。"

  • Sheep was a cant word of the time for a spy, under the gaolers.

    羊はgaolersで、スパイのための時間のカント言葉です。

  • The spy, who was pale, turned paler, and asked him how he dared--

    淡いwasスパイは、、薄いのになり、彼はあえてどのよう彼に尋ねた -

  • "I'll tell you," said Sydney.

    "私はあなたを教えてあげる、"シドニーは言った。

  • "I lighted on you, Mr. Barsad, coming out of the prison of the Conciergerie while I

    "私は私ながら、コンシェルジュの刑務所から出てくる、氏Barsad、あなたに点灯

  • was contemplating the walls, an hour or more ago.

    壁、時間以上前に熟考していた。

  • You have a face to be remembered, and I remember faces well.

    あなたは覚えられているそうな顔をしている、と私はよく顔を覚えている。

  • Made curious by seeing you in that connection, and having a reason, to which

    その接続であなたを見て、そしてそのために、理由を持っていることによって興味が行わ

  • you are no stranger, for associating you with the misfortunes of a friend now very

    あなたは非常に今友人の不幸をご関連付けるために、見知らぬ人ではありません

  • unfortunate, I walked in your direction.

    不幸な、私はあなたの方向に歩いた。

  • I walked into the wine-shop here, close after you, and sat near you.

    私はあなたの後に閉じて、ここでワインショップに歩いて、あなたの近くに座っていた。

  • I had no difficulty in deducing from your unreserved conversation, and the rumour

    私はあなたの無遠慮な会話から推定するには困難がなかった、と噂

  • openly going about among your admirers, the nature of your calling.

    率直にあなたの呼び出しの性質は、あなたの賛美者の間で約行く。

  • And gradually, what I had done at random, seemed to shape itself into a purpose, Mr.

    そして徐々に、私はランダムに行っていたもの、目的、氏に自身を形作るように見えた

  • Barsad." "What purpose?" the spy asked.

    Barsad。""何が目的?"スパイは尋ねた。

  • "It would be troublesome, and might be dangerous, to explain in the street.

    "それは厄介になり、危険かもしれない、通りに説明する。

  • Could you favour me, in confidence, with some minutes of your company--at the office

    オフィスで - あなたの会社のいくつかの分で、信頼感が、私を好む可能性

  • of Tellson's Bank, for instance?"

    例えば、Tellsonの銀行の?"

  • "Under a threat?" "Oh! Did I say that?"

    "脅威の下​​で?""ああ!私はことを言った?"

  • "Then, why should I go there?" "Really, Mr. Barsad, I can't say, if you

    "それから、私はなぜそこに行くか?""本当に、氏Barsadは、私が言うことはできない、なら

  • can't."

    することはできません。"

  • "Do you mean that you won't say, sir?" the spy irresolutely asked.

    irresolutely質問スパイ"あなたは先生、言わないことを意味する?ください"。

  • "You apprehend me very clearly, Mr. Barsad. I won't."

    "あなたは、非常に明確氏Barsad私を逮捕。私はしません。"

  • Carton's negligent recklessness of manner came powerfully in aid of his quickness and

    様態のカートンの過失無謀さは、彼の速さの援助で強力にやってきて、

  • skill, in such a business as he had in his secret mind, and with such a man as he had

    彼は彼の秘密念頭に置いていたようなビジネスのスキル、そして彼が持っていたような男と

  • to do with.

    と関係する。

  • His practised eye saw it, and made the most of it.

    彼の慣れた目にはそれを見て、そのほとんどを作った。

  • "Now, I told you so," said the spy, casting a reproachful look at his sister; "if any

    "今、私はあなたに言った、"スパイは、彼の妹とがめるような視線を投げかけ、言った。"もしあれば

  • trouble comes of this, it's your doing."

    問題は、それがあなたのやっている、これのだ。"

  • "Come, come, Mr. Barsad!" exclaimed Sydney. "Don't be ungrateful.

    "、氏Barsadを来て、是非!"シドニーは叫んだ。 "恩知らずのはいけません。

  • But for my great respect for your sister, I might not have led up so pleasantly to a

    しかし、あなたの妹のための私の尊敬の念のために、私はそう愉快にまでつながっていない可能性があります

  • little proposal that I wish to make for our mutual satisfaction.

    私は私達の相互満足のためにしたいことはほとんど提案。

  • Do you go with me to the Bank?"

    あなたは銀行に私と一緒に行きますか?"

  • "I'll hear what you have got to say. Yes, I'll go with you."

    "私はあなたが言うようになったているものが聞こえます。はい、私はあなたと行くよ。"

  • "I propose that we first conduct your sister safely to the corner of her own

    "私は我々が最初に彼女の自身のコーナーに安全にあなたの妹を実施することを提案する

  • street.

    通り。

  • Let me take your arm, Miss Pross. This is not a good city, at this time, for

    私はあなたの腕、ミスプロスを見てみましょう。これがために、この時点で、良い街ではないです。

  • you to be out in, unprotected; and as your escort knows Mr. Barsad, I will invite him

    あなたは、で保護されていない切れているために、そしてあなたの護衛氏Barsadを知っているように、私は彼を招待する

  • to Mr. Lorry's with us.

    氏ローリーに私達とです。

  • Are we ready? Come then!"

    我々は準備ができていますか?次に来る!"

  • Miss Pross recalled soon afterwards, and to the end of her life remembered, that as she

    ミスプロスは、その後すぐにリコール、そして彼女の人生の最後に思い出したものと彼女

  • pressed her hands on Sydney's arm and looked up in his face, imploring him to do

    シドニーの腕に彼女の手を押すと彼の顔で見上げ、彼は何嘆願するような

  • no hurt to Solomon, there was a braced

    ソロモンに傷つけるない、ブレースなかった

  • purpose in the arm and a kind of inspiration in the eyes, which not only

    腕の目的と目にインスピレーションの種類だけでなく、

  • contradicted his light manner, but changed and raised the man.

    彼の軽い方法を否定していますが、変更と男を調達。

  • She was too much occupied then with fears for the brother who so little deserved her

    彼女があまりにも多いので少し彼女に値する弟に心配を取り除くことがその後占領され

  • affection, and with Sydney's friendly reassurances, adequately to heed what she

    愛情、そしてシドニーの友好的確信を得ようと、十分に彼女何を留意する

  • observed.

    観察。

  • They left her at the corner of the street, and Carton led the way to Mr. Lorry's,

    、彼らは通りの角に彼女を残して、カートン氏ローリーの方法を導いた

  • which was within a few minutes' walk. John Barsad, or Solomon Pross, walked at

    これは、徒歩数分以内であった。ジョンBarsad、またはソロモンプロスは、AT歩いた

  • his side.

    彼の側。

  • Mr. Lorry had just finished his dinner, and was sitting before a cheery little log or

    氏ローリーはちょうど彼の夕食を終えていた、と陽気な小さなログの前に座っした、または

  • two of fire--perhaps looking into their blaze for the picture of that younger

    火災の二人は - おそらくその若いの絵のために彼らの炎に探して

  • elderly gentleman from Tellson's, who had

    Tellsonの、持っていた人から高齢者男性

  • looked into the red coals at the Royal George at Dover, now a good many years ago.

    何年も前に今、ドーバーのロイヤルジョージの赤い石炭に見えた。

  • He turned his head as they entered, and showed the surprise with which he saw a

    彼は、彼らが入ると頭を変え、彼が見たどのを驚かを示した

  • stranger.

    見知らぬ人。

  • "Miss Pross's brother, sir," said Sydney. "Mr. Barsad."

    "ミスプロスの兄弟、先生、"シドニーは言った。 "氏Barsad。"

  • "Barsad?" repeated the old gentleman, "Barsad?

    "Barsad?"老紳士を繰り返し、"Barsad?

  • I have an association with the name--and with the face."

    私は名前との関連を持っている - と顔で"。

  • "I told you you had a remarkable face, Mr. Barsad," observed Carton, coolly.

    観測されたカートン、冷静に"私はあなたが注目に値する顔、氏Barsadを、持っていたと言ったでしょう"。

  • "Pray sit down."

    "座って祈りなさい。"

  • As he took a chair himself, he supplied the link that Mr. Lorry wanted, by saying to

    彼は椅子自身を取ったとして、彼はに言うことによって、氏はローリーが望んでいるリンクを提供

  • him with a frown, "Witness at that trial."

    彼は顔をしかめて、"その裁判で証人。"

  • Mr. Lorry immediately remembered, and regarded his new visitor with an

    氏ローリーはすぐに覚えて、そして彼の新しい訪問者を考え

  • undisguised look of abhorrence.

    嫌悪のあからさまな外観。

  • "Mr. Barsad has been recognised by Miss Pross as the affectionate brother you have

    "氏Barsadはあなたが持っている愛情の兄のようにミスプロスで認識されています

  • heard of," said Sydney, "and has acknowledged the relationship.

    のことを聞いた、"シドニーは、言った、"関係があることを認識しています。

  • I pass to worse news.

    私は悪いニュースに渡します。

  • Darnay has been arrested again." Struck with consternation, the old

    ダーネイは再び逮捕されました。"、狼狽で古いを打った

  • gentleman exclaimed, "What do you tell me! I left him safe and free within these two

    紳士は、あなたが私に教えてください"、叫んだ!私は、これら2つの中で彼は安全で無料のまま

  • hours, and am about to return to him!"

    時間、彼に戻るには約ですか?"

  • "Arrested for all that. When was it done, Mr. Barsad?"

    "すべてのことで逮捕。それが行われたときに、氏はBarsad?"

  • "Just now, if at all."

    "ちょうど今、すべての場合。"

  • "Mr. Barsad is the best authority possible, sir," said Sydney, "and I have it from Mr.

    "氏Barsadが最高の権威であり、先生、"シドニーは、言った、"私は氏からそれを持っている

  • Barsad's communication to a friend and brother Sheep over a bottle of wine, that

    ワインのボトル以上の友人や兄弟の羊にBarsadのコミュニケーションは、その

  • the arrest has taken place.

    逮捕が起こっている。

  • He left the messengers at the gate, and saw them admitted by the porter.

    彼はゲートでメッセンジャーを残し、それらはポーターが認めていた。

  • There is no earthly doubt that he is retaken."

    彼はretakenされていることはこの世の疑いがない。"

  • Mr. Lorry's business eye read in the speaker's face that it was loss of time to

    それは、時間のロスだと話者の顔に読み込ま氏ローリーの事業目

  • dwell upon the point.

    ポイントによって住む。

  • Confused, but sensible that something might depend on his presence of mind, he

    彼は、混乱し、何かが心の彼の存在に依存する可能性のある賢明な

  • commanded himself, and was silently attentive.

    自分自身を命じ、そして静かに気配りだった。

  • "Now, I trust," said Sydney to him, "that the name and influence of Doctor Manette

    "今、私は信頼し、"シドニー"は、彼によると、医師Manetteの名前と影響力

  • may stand him in as good stead to-morrow-- you said he would be before the Tribunal

    - 明日は良い代わりとして彼を立つことがあります - 彼は法廷の前になると述べた

  • again to-morrow, Mr. Barsad?--"

    再び明日に、ミスターBarsad - ?"

  • "Yes; I believe so." "--In as good stead to-morrow as to-day.

    "はい、私はそう信じている。"" - 日にAS -明日へ良い代わりとして[。

  • But it may not be so.

    しかし、それはそうできない場合があります。

  • I own to you, I am shaken, Mr. Lorry, by Doctor Manette's not having had the power

    私はあなたに所有し、私は医師Manetteの力を持っていないもので、、ミスターローリーをとうしています

  • to prevent this arrest." "He may not have known of it beforehand,"

    この逮捕を防ぐために。""彼は、事前にそれの知られていない可能性があります"

  • said Mr. Lorry.

    氏ローリーは言った。

  • "But that very circumstance would be alarming, when we remember how identified

    "しかし、非常に状況は我々が同定されたか覚えているとき、アラームになること

  • he is with his son-in-law."

    彼は彼の義理の息子を使うことです。"

  • "That's true," Mr. Lorry acknowledged, with his troubled hand at his chin, and his

    "本当だと、"ミスターローリーは彼のあごで彼の問題を抱えた手で、認め、彼の

  • troubled eyes on Carton.

    梱包箱のラベルに不安そうな目。

  • "In short," said Sydney, "this is a desperate time, when desperate games are

    "要するに、"シドニーは絶望的ゲームがあるとき、これは、絶望的な時間だ"とし、

  • played for desperate stakes. Let the Doctor play the