Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There's no question that the British royal family is wealthy.

    イギリスの王室が裕福なのは、言うまでもありません。

  • Look at their homestheir transportation, their weddings, their jet-setting ---

    家、移動手段、結婚式、飛行機で飛び回る様子…

  • They live the lifestyles of the richest people on earth.

    地球上で最も裕福な人の、ライフスタイルを送っています。

  • So, when Prince Harry and Meghan Markle announced they wanted a new financial relationship with the monarchy, it opened up questions about how the British family really makes their money, and what exactly are Harry and Meghan leaving behind?

    ハリー王子とメーガン・マークルが、君主制との間に新たな財務関係を築きたい、と発表した時には、ロイヤルファミリーがどのようにお金を儲けているのか、そして、ハリーとメーガンは、何を後に残すことになるのか、疑問が生じました。

  • It turns out, the search for those answers starts with some of the most iconic royal real estate.

    この疑問の答えを探るには、まず、最も象徴的な王室の不動産に目を向けることになります。

  • This map shows some of the real estate in the UK that is associated with the royal family.

    この地図には、王室と関連のある、イギリスの不動産の一部が示されています。

  • This is Balmoral castle in Scotlandwhere the Queen spends her summers.

    これは、スコットランドのバルモラル城です―女王が夏を過ごす場所です。

  • This is the Savoy chapel, nestled between buildings in central London.

    これは、ロンドン中心部で建物の間にある、サヴォイ・チャペルです。

  • And this is Windsor castle, just outside of London, where the Queen often hosts foreign leaders

    これはウィンザー城で、ロンドンのすぐ外にあり、女王はここで、外国のリーダーたちを、よくもてなしています。

  • Each one of these three properties represents a different way the royal family makes their fortune.

    これら3つの資産は、それぞれ異なる形で、王室の富につながっています。

  • The first is one of two that falls in the Queen's private wealth - which means if she were to leave the throne, it would still be hers.

    まず1つ目は、2種類ある女王の私有財産のうち、1つに該当します。女王が王位を離れたとしても、この財産は女王のものです。

  • These can be traced back to the 1800s when Queen Victoria bought them and they've been passed down through generations

    その歴史は、ビクトリア女王がこれらの資産を購入した、1800年代にまで遡ります。そして、世代を超えて受け継がれてきたものです。

  • The other set of properties that contribute to their private wealth are the Duchies…   Am I saying that right? Duchies?

    もう1つ、王室の私有財産に貢献する資産は、ダッチー(公領)と呼ばれるものです。正しく発音できていますか?ダッチー?

  • Duchies that's rightThere is something called the Duchy of Lancaster.

    はい、ダッチー(公領)ですね。ランカスター公領と呼ばれるものがあって、

  • This is an old estate, ancestral estate dating back to the 14th century. It's now a portfolio of property and it provides a private income for the queen.

    これは古い資産で、14世紀から続く、先祖伝来の土地です。現在は資産のポートフォリオで、女王の私的収入になっています。

  • That portfolio includes historic sites and land throughout the UK - which is a lot.

    そのポートフォリオには、イギリス中にある史跡や土地が含まれます―数も多いです。

  • But the most profitable property are these blocks of commercial real estate in central London, which includes Savoy Chapel

    しかし、最も利益のある資産は、ロンドン中心部にある、一連の商業不動産で、ここにサヴォイ・チャペルも含まれます。

  • There's also the Duchy of Cornwall, 130,000 acres of property that includes castles, holiday cottages and a cricket stadium in London.

    また、コーンウォール公領は、ロンドンにある13万エーカーの資産で、お城や別荘、クリケット場が含まれます。

  • Over the past 60 years, the Duchies have become increasingly profitable. In 2019 they each made just over 20 million pounds for the royal family.

    ここ60年以上にわたり、公領の利益はますます増えています。2019年には、各公領で2000万ポンド以上が、王室の利益となりました。

  • The income from the Duchy of Cornwall goes to the heir to the throne, Prince Charles.

    コーンウォール公領の収益は、チャールズ皇太子に渡ります。

  • About 5 million pounds of that went to his sons, William and Harry, in 2019.

    2019年には、そのうち約500万ポンドを、息子のウィリアムとハリーが受け取りました。

  • And the income from the Duchy of Lancaster goes to the Queen.

    ランカスター公領の収益は、女王に渡ります。

  • But there's a catch.  "She only gets that becauseshe's queen.

    でも、問題があります。「彼女がこの収益を受け取るのは…彼女が女王だからです。

  • It goes with the job. If she abdicated tomorrow, she wouldn't get 30 million dollars a year. It goes with the Crown, as it were.

    女王の仕事に付随するものです。もし、女王が明日退位すれば、年間3000万ドルを受け取ることはありません。言ってみれば、王冠と共にあるものなのです。

  • And because it goes with the crown, it's not really, totally a private estate.

    王冠と共にあるものなので、完全な私有地ではありません。

  • The best guess of the net worth of the Queen, the richest royal family member, is about $370 million pounds

    王室で最も裕福な、女王の純資産は、3億7000万ポンドとされます。

  •  That's obviously rich, but it puts her nowhere near the richest people in the world.

    これは明らかに裕福なのですが、世界で最もお金持ちな人たちには、遠く及びません。

  • The illusion of the royal family's wealth is greater than their actual wealth because of the third way they make money: These properties are part of what's called the "Crown Estate.” 

    王室の財産に関する期待が、実際の状態よりも大きいのは、王室がお金をもうける3つ目の方法があるからです。これらの資産は、「クラウン・エステート」と呼ばれるものの一部です。

  •  The Crown Estate includes iconic landmarks, like Windsor Castle, Buckingham palace and the Tower of London. It also includes commercial real estate in London. And lots of land, including the seabed around the UK.

    クラウン・エステートには、象徴的なランドマークが含まれます。例えば、ウィンザー城、バッキンガム宮殿、ロンドン塔などです。また、ロンドンの商業不動産や、多くの土地、イギリス周辺の海底も含まれます。

  • This group is worth billions of pounds - but - it doesn't actually figure into the Queen's wealth.

    これらに、何十億ポンドという価値があるのですが、女王の財産には含まれません。

  • And the reason behind that can be traced back to a time the royals really needed money.

    その理由は、王室にとって本当にお金が必要だった頃にまで遡ります。

  • "In the 18th century, you had a long list of German kings, the Georges. Georges I, II to IVAnd they wasted a lot of money, and they were terrible with money.

    18世紀には、ドイツの王、ジョージが多く名を連ねました。ジョージ1世、2世から4世です。彼らはお金を無駄づかいする、浪費家でした。

  • And they got into lots of trouble with the governmentand in the end, one of the Georges, George III said, 'I'm broke. I'll give you all my crown lands.' These were the personal lands owned by the King. 'And in return you give me a set amount of money.'"

    彼らは政府との間に多くの問題を起こし、最終的に、ジョージ3世が「もう破産だ。王室の土地を渡そう」と言ったのです。これらは、王が所有していた私有地でした。「その代わりに、一定の金額を私に渡すのだ」と。

  • So they gave up ownership of all these lands in exchange for taxpayer money that would pay for the royal family's lifestyle.

    そして、これらの土地の所有権を放棄し、その代わりに、税金で、王室のライフスタイルを維持しました。

  • This part of their income today is called the sovereign grant.

    この種の収入は、今日では、王室助成金と呼ばれています。

  • Between 2018 and 2019, that amounted to about 80 million pounds.

    2018年から2019年の間で、王室助成金は約8000万ポンドにのぼりました。

  • We don't know exactly how much of the sovereign grant went to Harry and Meghan, but it accounts for 5% of the couple's income as part of their royal titles, the other 95% comes from the Duchy of Cornwall

    厳密に、どれほどの王室助成金がハリーとメーガンにわたったのかは分かりませんが、王室の称号を持つ2人の収入の、5%を占めます。残りの95%は、コーンウォール公領からの収入です。

  • The sovereign grant funding doesn't go into the royal family's pockets, it's supposed toenable Her Majesty to carry out her official duties,” like to travel, to pay her staff and tomaintain the royal residencies.”

    王室助成金は、王室の懐に入るものではなく、「女王が公務を遂行するため」、つまり、旅費や人件費、「王宮の維持費」として使われるべきものです。

  • Even so, taxpayer support for the monarchy has long been controversial. And that became evident when Windsor Castle caught fire in 1992.

    とは言え、税金によって君主制を支えることに関しては、長く議論されてきました。そして、1992年にウィンザー城が火事に遭った時、それが明らかになりました。

  • Smoke continued to roll from gaping holes in the roof

    「屋根に大きく空いた穴から、煙が出続けました。」

  • "15 hours and 1.5 million gallons of water later, as the royal treasures littered the lawn like an upmarket garage sale, it was learned there was no fire insurance.”

    「15時間と150万ガロンの水を費やした後、高級ガレージセールのように、王室の宝が散らかりました。そして、火災保険に加入していなかったことが判明したのです。」

  • Radio host: “Should you, will you, pay for the repair of Windsor Castle. Patricia in Notting Hill, Hello.” "Hello." "Hello, what do you think?" “No, absolutely not.”

    ラジオホスト:「ウィンザー城の修繕費、負担すべきでしょうか?負担しますか?ノッティング・ヒルのパトリシアさん。もしもし?」「もしもし。」「どう思いますか?」「いえ、絶対に払いませんよ。」

  • “I don't see why, us as the taxpayers, should pay for the Windsor Castle fire, when it's actually her house.”

    「理由が分かりません。納税者が、ウィンザー城の火事にお金を費やす理由なんて。だって、女王の家でしょう?」

  • That debate continues todayevery time the sovereign grant report comes out.

    この議論は、今日も続いています―王室助成金に関する報告が出される度に。

  • The new home of Harry and Meghan, the Duke and Duchess of Sussex, cost the public nearly 2.5 million pounds to refurbish, that's more than $3 million.”

    「ハリーとメーガン、サセックス公爵と公爵夫人の新居についてですが、改修に250万ポンドの税金がかかると。これは300万ドル以上です。」

  • But the argument in favor of public funding usually centers on how much people have always loved the royal familyand are willing to pay for it

    しかし、公的資金の投入に賛成する声の軸となっているのは、人々がこれまで、いかに王室を愛してきたか、そして、王室のために進んでお金を費やしているという点です。

  • The monarchy attracts millions of tourists every year.

    君主制により、毎年何百万人という観光客がイギリスを訪れます。

  • Their baby announcements and their weddings and even their scandals are broadcast around the worldNow, the royal family is all about image.

    出産発表や結婚、スキャンダルさえも、世界中で放送されます。さて、王室というのは、イメージが全てです。

  • They don't actually have that much formal power.

    王室には、公式的な権力は、あまりありません。

  • What they do have is a brandthey've been called one of the most valuable brands in Britain.

    王室にあるのは、ブランドです…イギリスで最も価値あるブランドの1つ、と言われています。

  • But a big part of maintaining that brand is to not exploit it.  … if you are a working royal, you're not really allowed to have a private source of income.

    しかし、そのブランドを維持するうえで重要なのは、それを悪用しないことです。王室の働くメンバーなら、私的な収入源を持つべきではありません。

  • You're not allowed to cash in.

    つけ込むことはできません。

  • That means not working outside of their official royal duties, like diplomacy and charity work.

    つまり、外交や慈善事業など、正式な王室の義務以外で、働かないということです。

  • And that these real estate portfolios are the primary way they make money.

    不動産ポートフォリオが、王室の主な収入源なのです。

  • This is the financial model that Prince Harry and Meghan Markle are leaving behind.

    ハリー王子とメーガン・マークルが後に残していくのは、この財政モデルなのです。

  • In their announcement in early 2020, they said they'd give all this up in favor of beingfinancially independent.”

    2020年始めに2人が発表した内容によると、「財政的に独立」するために、これら全てを放棄すると述べました。

  • What they'd be taking with them is their private wealth, which is a lot.

    彼らが持つのは、私有財産です。それは多額にのぼります。

  • Meghan was a successful actress on the TV series Suits, and Harry inherited millions from his mother, Princess Diana.

    メーガンは、テレビシリーズの「スーツ」で成功した女優で、ハリーは、ダイアナ女王から何百万ドルも相続しました。

  • They may also keep earning income from the Duchy of Cornwall

    彼らには、コーンウォール公領からの収入も入り続けるかもしれません。

  • What they would be giving up is this part of their income

    彼らが放棄するのは、収入のこの部分です。

  • And also breaking free from the limitations of taxpayer funding.

    そして、公的資金の制限から自由になるということです。

  • But with that independence comes the fear that they'll be committing the ultimate royal taboo: capitalizing off the monarchy

    しかし、この独立で恐れられるのは、2人が王室の究極のタブーを犯すことになる、という点です。つまり、君主制につけ込むということです。

  • They could be viewed as using the monarchy to boost their brand.” “They're already in talks with Disney, they are talking to Oprah.

    「ブランド力をつり上げるために、君主制を利用している、と見られる可能性があります。」「彼らはすでに、ディズニーやオプラと交渉中です。」

  • The very future of the monarchy could be at stake here. Especially if the brand that Meghan and Harry have created @SussexRoyal eventually eclipses the brand of the British royals.

    「君主制の将来そのものが、危機に瀕しているのです…特に、メーガンとハリーが作ったブランド、@SussexRoyalが、イギリス王室のブランドを失墜させることになれば。」

  • But in one important respect, it's rather healthy because what it has done, it has raised to the surface a number of issues, not just to do with Harry, but to do with the whole royal family that haven't been properly addressed.

    しかし、ある重要な点に着目すると、この状態はむしろ健康的なのです。これによって、数多くの問題点が表面化しました。ハリーに関することだけではなく、これまできちんと議論されてこなかった、王室全体についてです。

  • How does a royal make a livingAnd maybe it needs to loosen up a bit to be a bit more flexible.

    王室は、どのように生計を立てているのか?そして、もっと柔軟性を高めるために、状態を少し緩和する必要があるのかもしれません。

There's no question that the British royal family is wealthy.

イギリスの王室が裕福なのは、言うまでもありません。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 王室 女王 メーガン ハリー 収入

英国王室の想像を超えた多くの収入源をのぞく

  • 475 17
    Courtney Shih に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語