Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • ["No one has ever become poor by giving,"Anne Frank.]

    「与えることで貧しくなった人はいまだかつて一人もいません」 ― アンネ・フランク

  • In 1881, doctor William Halsted rushed to help his sister Minnie, who was hemorrhaging after childbirth.

    1881 年、ウィリアム・ハルステッド医師は、出産後に出血していた妹のミニーを助けようと急ぎました。

  • He quickly inserted a needle into his arm, withdrew his own blood, and transferred it to her.

    彼はすぐに腕に針を刺して自分の血を抜き、彼女に輸血しました。

  • After a few uncertain minutes, she began to recover.

    不安定でしたが数分後、彼女は回復し始めました。

  • Halsted didn't know how lucky they'd gotten.

    ハルステッドは、自分達がどれほど幸運であるかを知りませんでした。

  • His transfusion only worked because he and his sister happened to have the same blood typesomething that isn't guaranteed, even among close relatives.

    彼と妹が偶然血液型が一緒だったので輸血はうまくいきました―近親者の間でさえ保証されないことです。

  • Blood types hadn't been discovered by Halsted's time, though people had been experimenting with transfusions for centuriesmostly unsuccessfully.

    人々は何世紀にもわたって輸血を試みてきましたが、ほとんど成功していないとはいえ、ハルステッドの時代には血液型が発見されていませんでした。

  • In 1667, a French physician named Jean-Baptiste Denis became the first to try the technique on a human.

    1667 年に、フランス人医師のジャン=バティスト・デニがこの技術を最初に人間に試しました。

  • Denis transfused sheep's blood into Antoine Mauroy, a man likely suffering from psychosis, in the hopes that it would reduce his symptoms.

    デニは、精神病にかかっている可能性があったアントワーヌ・モロワという男の症状を軽減することを期待して、羊の血液を輸血しました。

  • Afterward, Mauroy was in good spirits.

    その後、モーロイは元気になりました。

  • But after a second transfusion, he developed a fever, severe pain in his lower back, intense burning in his arm, and he urinated a thick, black liquid.

    しかし、2 回目の輸血の後、彼は発熱し、腰に激しい痛みを訴え、腕がひどく厚くなり、黒色の濃い液体を排尿しました。

  • Though nobody knew it at the time, these were the signs of a dangerous immune response unfolding inside his body.

    当時は誰も分からないことでしたが、これらは体内で展開する危険な免疫反応の兆候でした。

  • This immune response starts with the production of proteins called antibodies, which distinguish the body's own cells from intruders.

    この免疫反応は、抗体と呼ばれるタンパク質の産出から始まります。体自身の細胞と侵入者を区別するものです。

  • They do so by recognizing the foreign proteins, or antigens, embedded in an intruder's cell membrane.

    侵入者の細胞膜に含まれる非自己タンパク質、または抗原を認識することで区別をします。

  • Antibodies latch onto the antigens, signaling other immune cells to attack and destroy the foreign cells.

    抗体は抗原に食らいつき、他の免疫細胞に信号を送り、異物細胞を攻撃して破壊します。

  • The destroyed cells are flushed from the body in urine.

    破壊された細胞は、体から尿に排出されます。

  • In extreme cases, the massive breakdown of cells causes clots in the bloodstream that disrupt the flow of blood to vital organs, overload the kidneys, and cause organ failure.

    極端なケースでは、細胞が大量に分解することで血流に血栓が生じ、重要な臓器への血流を妨げ、腎臓に負荷をかけ、臓器不全を引き起こします。

  • Fortunately, Denis's patient survived the transfusion.

    幸いにも、デニの患者は輸血を生き延びました。

  • But, after other cross-species transfusions proved fatal, the procedure was outlawed across Europe, falling out of favor for several centuries.

    しかし、異種間の輸血は致命的であることが証明された後、この手法はヨーロッパ全域で非合法化され、数世紀にわたって認められなくなりました。

  • It wasn't until 1901 that Austrian physician Karl Landsteiner discovered the blood types, the crucial step in the success of human to human blood transfusions.

    オーストリアの医師、カール・ラントシュタイナーが血液型を発見したのは 1901 年のことでした。これは、人から人への輸血の成功における、重要な一歩です。

  • He noticed that when different types were mixed together, they formed clots.

    異なる型が混ざると凝血塊が作られることに気づきました。

  • This happens when antibodies latch on to cells with foreign antigens, causing blood cells to clump together.

    これは、抗体が異種抗原を含む細胞に食らいつき、血球が凝集するときに起こります。

  • But if the donor cells are the same blood type as the recipient's cells, the donor cells won't be flagged for destruction, and won't form clumps.

    しかし、ドナーの細胞がレシピエントの細胞と同じ血液型である場合、ドナーの細胞には破壊のフラグが立てられず、凝血塊を形成しません。

  • By 1907, doctors were mixing together small amounts of blood before transfusing it.

    1907 年までに、医師は輸血の前に少量の血液を混ぜ合わせていました。

  • If there were no clumps, the types were a match.

    塊が発生しなければ、血液型が一致しているということです。

  • This enabled them to save thousands of lives, laying the foundation for modern transfusions.

    これによって数千人の命が救われ、現代の輸血の基礎が築かれました。

  • Up to this point, all transfusions had occurred in real time, directly between two individuals.

    この時点まで、輸血はすべてリアルタイムで、2 人の個人間で直接行われていました。

  • That's because blood begins to clot almost immediately after coming into contact with air—a defense mechanism to prevent excessive blood loss after injury.

    これは、空気と接触した直後に血液は凝固し始めるためです。つまり怪我をした後の過度の失血を防ぐための防御メカニズムなのです。

  • In 1914, researchers discovered that the chemical sodium citrate stopped blood coagulating by removing the calcium necessary for clot formation.

    1914 年に研究者は、化学物質のクエン酸ナトリウムが凝血塊の形成に必要なカルシウムを除去することで血液の凝固を停止したことを発見しました。

  • Citrated blood could be stored for later usethe first step in making large scale blood transfusions possible.

    クエン酸を添加した血液は、後で使用するために保存できます。これは、大規模な輸血を可能にする最初のステップでした。

  • In 1916, a pair of American scientists found an even more effective anticoagulant called heparin, which works by deactivating enzymes that enable clotting.

    1916 年に、ふたりのアメリカ人科学者が、ヘパリンと呼ばれるさらに効果的な抗凝固剤を発見しました。これは、凝固できるようにする酵素を不活性化することによって機能します。

  • We still use heparin today.

    今日でもヘパリンを使用しています。

  • At the same time, American and British researchers developed portable machines that could transport donor blood onto the battlefields of World War I.

    同時に、アメリカとイギリスの研究者達は、ドナーの血液を第一次世界大戦の戦場に輸送できる携帯用装置を開発しました。

  • Combined with the newly-discovered heparin, medics safely stored and preserved liters of blood, wheeling it directly onto the battlefield to transfuse wounded soldiers.

    新たに発見されたヘパリンと組み合わせて、医療関係者は安全に保管および保存された 1 リットルの血液を直接戦場に運び、負傷した兵士を輸血しました。

  • After the war, this crude portable box would become the inspiration for the modern-day blood bank, a fixture of hospitals around the world.

    戦後、この雑な造りの携帯用の箱が、世界中の病院に備えられている現代の血液バンクのインスピレーションを与えたのです。

  • Did you know that horseshoe crab blood plays an essential role in the medical industry?

    カブトガニの血液が医療業界で重要な役割を果たすことをご存知ですか?

  • Find out why we're so dependent on this ancient creature with this video, or continue understanding your circulatory system by learning more about blood types.

    この映像で、なぜ私達がこの古代生物に依存しているのかを理解するか、血液型についてさらに学んで循環器系の理解を続けてください。

["No one has ever become poor by giving,"Anne Frank.]

「与えることで貧しくなった人はいまだかつて一人もいません」 ― アンネ・フランク

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

C1 上級 日本語 TED-Ed 血液 細胞 抗原 ドナー 抗体

輸血の仕組み ― ビル・シャット (How do blood transfusions work? - Bill Schutt)

  • 5614 303
    Mackenzie に公開 2020 年 10 月 04 日
動画の中の単語